ゴット オブ ウォー。 ゴッドオブウォー4の序盤の超初心者向けおすすめ攻略法 敵との戦い方

ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲

ゴット オブ ウォー

スポンサーリンク ゴッド・オブ・ウォーでのキャラ強化方法 この世界では、冒頭の通りキャラクターのレベルアップは存在しません。 かといって、初期ステータスのままで進むという訳ではありません。 こちらは3つのルーンを破壊しないと開けることができない宝箱の中にある イズンのリンゴを揃える事で増やす事ができます。 強化方法は簡単ですが、その特殊な宝箱の開封に結構時間がかかるかもしれませんので、ある意味大変です(経験談w) 最大レイジの強化 次にクレイトスがスパルタンレイジという無敵状態で敵をフルボッコにできる技を使用する為に貯める必要があるレイジ(ゲーム中では赤オレンジのゲージで表示されています)。 このゲージの最大値も強化する事が出来ます。 その強化方法は、前述ではイズンのリンゴだったのに対し、こちらは 血の蜜酒というアイテムを同じく3つ集める必要があります。 このアイテムの集め方も同じで、特殊な3つのルーンで封印されている宝箱から入手する事になります。 サブクエストをクリアする事で、そう言った特殊素材の入手が可能です! スキルの強化・習得 次にクレイトスやアトレウスが戦闘で使うことができる各種スキルの習得や強化についてご紹介します。 こちらは、ポーズメニューのスキルから習得することができます。 もちろん、習得には条件があり、XPの消費に加えて、各スキルに設定されている条件をクリアすることで習得が可能でございます。 なお、XPのポイントはメインクエストの進行や敵を倒す事、石碑の発見やタスクやサブクエストの達成で稼ぐことが可能です。 スポンサーリンク 強化に関する感想 この記事を作成している時点では、まだまだゴッド・オブ・ウォーは序盤といえる状態です。

次の

ゴッド・オブ・ウォーⅢ攻略 GOD OF WAR3 (Aeris

ゴット オブ ウォー

獲得物について ムスペルヘイムに関連する装備は結構多く、防具に加えて各種ルーンアタックを強化できる呪力、専売のルーンアタック本体なども含まれています。 ぶっちゃけた話、どれも便利かと言われると微妙なんですが、後から解放されるニブルヘイムの方が難易度が高いので、そちらを突破するための準備装備という側面もあるでしょう。 取り敢えず、ルーンアタックくらいは買っておいて良いかと。 ムスペルヘイム防具は3種類ありますが、クールダウンの伸びる沸き立つマグマの肩当てがお勧め。 今後時間当たりのダメージ量が重要になってくるので、防御面はあんまり気にしなくても大丈夫。 ただしニブルヘイム装備、ヴァルキュリア装備に比べて、最終ステータスが微妙なので注意。 またムスペルヘイム防具をレベル8まで強化するに際し、大いなる炎の紋章やら、スルトの紋章やらが要求されるので、登山を終えるまでは最大強化はできません。 また何度かスルトの隠し試練に挑まないと、色々足りてない状況にはなるでしょう。 山頂に居るヴァルキュリア・ゴンドゥルを倒すと、ムスペルヘイムの烈火が手に入ります。 このままだと使い道がないですが、ドワーフ兄弟の店で購入を選ぶと、混沌の炎と引き替えることができます。 ブレイズ・オブ・カオスを最大強化する唯一の方法。 試練攻略 試練毎に謎のお題が付いています。 特に難易度が高いのはノーダメージで間違いないです。 敵はすぐに回復する 試練2のハード、及び隠し試練4で登場。 僅かでも攻撃が途切れると即座に回復してしまうので、スタンからの致命をいれるのが常道。 スタン効果の高い攻撃を主体に組み立てていくのが良いです。 素手のR2長押しや、そこからの派生など、有力なスキルを前もって取っておきたいところ。 最悪、ルーンアタックでカバー出来ますけど、あった方が楽です。 ルーンアタックは「ヘルの指先」、「ナイフの川」、「レイジ・オブ・アルテミス」、「ヒュペリオン・グラップル」辺りがお勧め。 スタンダメージの稼げるものが良いですが、ナイフの川は連続ヒットするので、雑魚ならごり押しで倒せます。 アトレウスは光の矢を最大強化しておいて、取り敢えず猛連射。 かなりのスタンを稼いでくれます。 強化されたアトレウスの凶悪さをまざまざと見せつけてくれる試練。 金色の輪の中にいる敵を倒せ 試練3のハード、隠し試練4で登場。 輪の位置が時間で変化する試練3ハードが一番難しいのかも。 アトレウスに攻撃させると、そっちがヘイトを取ってしまって、輪から離れていくパターンが多いです。 雷の矢や凍結を使って足止めするのが一つの手。 瞬間火力の高いルーンアタックで円の中に入ったら、即座に倒すのがベター。 「ウートガルドの一撃」は火力もあり、横方向へのリーチもありで優秀なダメージソース。 ヘビールーンはダメージ量なら「グレイヴの嵐」。 細かい敵を一網打尽にできます。 ブレイズ・オブ・カオスなら「ランページ・オブ・フューリー」、「ヒュペリオン・グラップル」など。 攻撃を受けるな 相当に難易度が高い試練。 試練5のハードはまだしも、隠し試練1、隠し試練6-1のパターンが非常に難しい。 アトレウスの光の矢、雷の矢と、斧投げを駆使するのが恐らくは最適解。 ルーンアタックも隙の小さいものを選んで、使ったら逃げに徹するべし。 処刑モーション中でもルーンタックは回復するので、それを使って1体ずつ始末するのも手ですが、それにしたって起点はアトレウスの攻撃になるので、とにかく息子を酷使するのが攻略のコツです。 敵を100体倒す 割と長期戦になってしまう試練。 どうしてもダメージが蓄積していくので、レイジを上手く使って体力を回復するのがコツ。 取り敢えず、ベルセルクの蘇生石を持っていれば大丈夫かとは思いますが、失敗すると面倒臭いので、「ギフト・オブ・アポロ ブレイズ・オブ・カオスのヘビールーン 」、「辛辣なリス アトレウスのルーン召還 」を使って保険を掛けるのも。 リジェネが掛かるイーヴァルディ装備、レイジ蓄積が高速化するドワーフ王装備などがあれば、恐らくは余裕。 スルトの隠し試練 装備を充実させるという点においてはここからが本番。 5つある隠し試練のうち3つをクリアして鍵を集めると、山頂の隠し試練6に挑めるようになります。 試練6はちょっと特殊で、挑む度に鍵3個を要求して来ます。 試練 試練1 ダメージを受けずに敵を倒す 試練2 制限時間内に敵を倒せ 試練3 金路の輪の中の敵を倒せ 試練4 敵はすぐさま回復する 試練5 敵を倒すと時間が増える 試練6-0 敵を全て倒せ 試練6-1 ダメージを受けずにすべての敵を倒せ 試練6-2 全ての敵を倒せ 試練6-3 制限時間以内に多くの敵を倒せ 鍵を入手する方法は登山道にある隠し試練1~5を突破することですが、試練1が難しいので2~5をクリアすると良いでしょう。 試練1は再びノーダメージ要求なので、ちょっとしたミスでやり直しになってしまって効率が悪いです。 試練6は初回だけ固定で、以降は3つのパターンがローテーションします。 試練の結果によって報償が4ランクに分けられているんですが、たとえ報償なしの大失敗でも挑戦に使った鍵は戻ってきません。 試練の内容も3パターンあって、ノーダメージの回だけ失敗しやすい。 挑戦する前にセーブしておいて、上手くいかなかったらロードでもよいのですが、ノーダメージはシルバー辺りでも妥協して、確実にゴールドが取れる試練で稼ぐ方が良いのかもしれません。 試練6のクリア報償はゴールドなら、• スルトの紋章x5• 大いなる炎の紋章x12• 炎の紋章x20• 銀の欠片x20000 シルバーだとスルトの紋章が無くなり、他の資源も半分程度になります。

次の

PS4版ゴッド・オブ・ウォーでクレイトスを強化する方法

ゴット オブ ウォー

彼は「妻子を自らの手で殺めてしまった」という悪夢から 開放してくれなかった神々を酷く憎むようになっていた。 前作で、アテナは「アレスを倒せば貴方の罪は許される」とは言ったが、 「悪夢から開放される」とは言っていないと言い、クレイトスを騙したのだ。 失望したクレイトスは断崖絶壁から身を投げ自殺を図ったが、死すら許されず 強制的に神として君臨させられているのだ。 彼は今までよりも更に冷酷かつ残忍になり、数多くの戦争を引き起こした。 そして今まさにある街に止めを刺すべく、ロードス島へ向かうところだった。 そこへアテネが「クレイトス、神々の怒りが増しています。 今すぐ止めねば、あなたを庇いきれなくなるでしょう」 と諌める。 「余計なお世話だ!」と一蹴するクレイトス。 「スパルタの亡霊だった貴方を神にしたのは私です!!」 「貴様に借りはない!!!」 「ならばこれまでです・・・」 ロードス島へと向かい、破壊の限りを尽くすクレイトス。 そこに一匹の大鷲が・・・ その鳥はクレイトスに雷を落とす。 すると、みるみるとクレイトスの体が縮み、 人間と同じサイズまで小さくなってしまった。 「アテナ!!貴様の仕業か!!!」 大鷲は建造中の巨像 コロッサス にも雷を落とし、生命を与える。 それはゼウスがクレイトスに与えたものだった。 「その剣に全ての力を捧げるのだ・・」 ゼウスの言葉通り、彼は剣に力を捧げ、コロッサスのわき腹を 破壊し、内部に侵入した。 そして見事コロッサスを内側から完全に破壊した。 無事脱出したクレイトスだったが、油断した彼は崩れ落ちる コロッサスの手につぶされ、虫の息となってしまった。 そこへ先ほどの大鷲が現れる。 それはゼウスだった。 多くの戦争を引き起こし、大量の血を流させたクレイトスに憤慨したゼウスは 言葉巧みにクレイトスの力を剣に吸収させ、奪い取ったのだった。 そしてゼウスはその剣でクレイトスを殺害した。 「この報いは受けさせるぞゼウス・・・絶対にだ・・!!!」 冥界からの使者がクレイトスを地下深くに引きずり込む。 薄れ行く意識の中、何者かが語りかける。 それはタイタン族の長である大地の女神ガイアだった。 タイタン族ははるか昔、ゼウスによって地の底奥深くに幽閉された過去を持つ。 過去の栄光を取り戻すためには、クレイトスは絶好の手ごまだった。 ガイアは「4人のタイタン族から力を授かり、ゼウスを討つのだ」とクレイトスに促す。 「まだ死んではいけない・・」 ガイアによって蘇ったクレイトスは冥界から脱出し、ペガサスにまたがり 1人目のタイタン、デュポンのいる島へ向かうのだった。 バトルに次ぐバトルでストーリーというものがあまりないのですが… タイタン族のデュポン、人間にオリンポスの火を与えた罰として 不死人として生きたまま内蔵を食われる永遠の拷問を受けたプロメテウス、 テセウスに監視されていたタイタン族クロノスの亡霊、ゴルゴン族のエウ リュアレ、生前の宿敵バーバリアンキング、黄金の羊毛、ペルセウス、 イカロス、さらに冥界の更に最深部世界を支えるタイタン族のアトラス… 数々の試練を経てゆくクレイトスにガイアは語りかける。 ゼウスは「やがてその地位を息子に奪われる」父殺し・神殺しの預言を 受けたタイタン族の父クロノスの手からからくも逃れ、ガイアによって 育てられ、長じてクロノスを殺め今の地位を得た・しかし彼自身もまた 「父殺し・神殺し」の運命を持ち、それをおそれ息子を手にかけたのだ …その名はクレイトス。 彼もまた「神の子」の1人だったのだ。 ガイアはタイタン族を裏切ったゼウスへの復讐、タイタン族の滅亡を 同じ運命を背負うクレイトスの手によって終わらせるために彼を救った と告白する。 「運命を変えよ」。 それがガイアの偽らざる願いだった。 アテナは父殺し・子殺しの運命を繰り返そうとするゼウスとクレイトスを 止めようとクレイトスをかばうが、両者の刃は無慈悲にも彼女を貫く。 運命の三女神アトロポス・ラケシス・クロトを倒し、彼女達の定める運命を 砕いたクレイトスは時代を遡り、今正にオリンポスの手によって滅びようと するタイタン族の元へ向かう。 「ガイアよ!」「あなたを待っていました、 クレイトス。 スパルタの亡霊よ」 天界・オリンポスではゼウスが父クロノスに飲み込まれていた兄弟(ハーデス・ ポセイドン)そして息子(ヘルメス・アポロン)たちと共に神の勝利を宣言する。 刹那、オリンポスを揺るがす地鳴り。 あわてた神々が地を見下ろすと、そこには クレイトスによって「滅亡の運命」から開放されたガイアたちタイタン族が オリンポスめざし逆襲を開始していた。 「ゼウスよ!貴様の息子・クレイトスが、オリンポスを倒しにきたぞ!!」 時を遡り、すべての宿命を破壊する本当の戦いはこれから始まる… 第3作へつづく。

次の