ワニ くん 100 日。 ワニくん100日後に死ぬ理由の考察!まさかの結末を予想がやばい?【twitterまとめ】

100日後に死ぬワニ

ワニ くん 100 日

めっちゃ話題になってますね。 ってか、炎上...... してますね。 これ、そもそもなんだけど「書籍化されない」「MVで使われない」「映画にならない」と本気で考えてた人ってどれくらいいるんですかね。 多分、本気の本気で「作者はお金にしない」と思ってた人は少ないんじゃないでしょうか。 いい大人がタダでずっと漫画描くほうが不自然でしょう。 当たり前。 それなのに「結局カネもうけかよ」的な批判が百出するというのは、ほんと民度が低いなーって、ぼくは最初思ってたわけですよ。 つーか、タダで100日間も楽しませてもらってたやつらが何をグダグダ言ってんだって。 頭悪いんだろうなーって。 そう思って、ワニ、読んでみたんですよ。 1話から100話まで。 ツイートも読んでみたんですよ。 この最後のカネ儲けに批判的な人の投稿をいくつか。 で、読んでくうちに、彼らが何に怒ってるのか、だんだん理解できるようになってきて。 しかも、その怒りはある意味、非常にもっともだなと思うようになったんですね。 あ、もちろん批判は結構ですが、嫌がらせはダメですよ。 なんでも作者のきくちゆうき先生や、スッキリ!で自身が予想する最終回を描いた犬山紙子先生に対して悪質な嫌がらせが大量にあると聞きました。 そういうのは絶対にダメです。 でも「100日目に死んだと思ったら映画化したワニ」に「ふざけるな」と思うのは自由だし、それがなぜなのかを考えるのは、別に誰も傷つけないですし、何より「死について」我々が考えている、非常に重要なポイントに触れている。 そう思うんですね。 単なる金儲けが悪いわけではない 今回の展開について、Twitterで批判している人のツイートを冷静に見てみると、 単なる金儲けが悪いと言っている人ばかりじゃないんですよね。 「金儲け自体悪!」みたいな人もひょっとしたらいるかもしれないけど、多くの人はどちらかというと、その「手法」に「ガッカリ」を表明していると感じました。 1)死んですぐ 2)電通案件 ここらへんに「ガッカリ」と言っている人が多い印象です。 まあ、確かに、これ、わかりますよね。 100日目で「ワニくん..... 」ってなってるところに「はーい!ワニくんロスのみんな! 映画化も書籍化も決まってるからね!」って。 多分、きくちゆうき先生にお金渡したい人なんて、ナンボでもいると思うんですよ。 下手したら映画化、グッズ化などしないほうが、カネも評価も手に入ったかもしれない。 ただ、このやり方が気に入らなかった。 「100日目で死んだワニくんで100日目からカネを稼ぐ」こと自体は悪くない。 でも「やり方が汚ねえよ!」というわけです。 もうちょっと掘り下げて考えてみます。 自分たちが「ワニくん死んでほしくない...... 」などと切に思っている間、「売る」側は「そういう気持ちの連中からいかにして全方位からカネを巻き上げるか」ばかり考えてた。 そして、そのことを隠そうともしてない。 だからワニが死んだその日に「祝!映画化!」「ビバ!書籍化!」と言っちゃうわけです。 ワニくんに感情的に強烈にコミットしていればいるほど、そしてその「死」を、単なる漫画の「オチ」ではなく、本物の「それ」に近く感じていればいるほど、また、作者のきくちゆうき先生の漫画が上手ければ上手いほど---いきなり「100日後に死ぬ」と言われてほのぼのとした絵柄のワニくんの漫画が登場するところから、 たった4コマ x 100日で「ワニくんの死に耐えられない」まで持っていく技量が高ければ高いほど---読者は逆説的にも「動員された」と強く感じるはずです。 ただの漫画キャラ「ワニくん」に対し、これだけの気持ちを起こさせる人なんだから、その気持ちから購買意欲をわかせるところまで持ってくのだってわけないよな、ということです。 そうすると、読者としては、ワニくんに対する強い愛着と、その愛着を用いた動員との間に認知的不協和が起きる。 その不協和を「金儲けだ」という批判で断ち切ろうという。 そういう反応だったのではないかと思います。 これは1つ目の理由よりも、さらに抽象的です。 ワニくんは同じ日にふたたび「殺された」。 それが許せない。 どういうことでしょう。 作中、残念ながらワニくんは死にました。 が、そのことに文句を言う人はいないでしょう。 最初から「100日後に死ぬ」と宣言されていたのだから。 問題は 書籍化、映画化した場合、この「100日後」という設定が、Twitter上で発表したようには機能しない、とうことです。 ぼくも話題になったので、あとでまとめて作品を読みましたが、これ、毎日一話ずつ読んできた人とは、まったく体験した世界、違うだろうなと。 1日目には「死」は100日後。 だから「死ぬ」と言われても、どこか「ぼんやり」しています。 実際、100日って3か月程度ですからね。 余命三か月を宣告された人は「実感がない」とよく言います。 自分の死であったとしても、それくらいの感覚だというのです。 そして、これが2日目、3日目...... n日目となっていく。 「死」が近づいてきます。 それなのに、ワニくんの日常に「それ」を思い起こさせるものがない。 言ってみたら、ほとんど1日目と変わらない世界がそこにある。 ところが、ただその「死」が近づいてきてると「知ってる」だけで、同じ日常がまったく異なるものに見えてくる。 それこそがまさに「この作品」のキモだったと言っていいと思います。 100日間。 毎日少しずつクレッシェンドする「死」の足音。 100日間、ほのぼのした日常に触れることで「死のグラデーション」を突き付けられる読者体験は、まさにTwitterというメディアだからこそ生まれたものでした。 これが書籍化されたらどうなるか。 ちょうど「後追い」したぼくがそうだったように、1日どころか、1時間も読むのに時間かけないわけですよ。 その読者体験は、Twitter上でリアルタイムで追っていた人のそれとまったく異なるものになるでしょう。 仮に書籍化されなかったら......。 非常にアーティスティックな作品として「完成」したはずです。 一言で言えば、伝説になった。 ところが、その 伝説になることを、作者や電通は拒否した。 それによって、伝説が死んじゃったんですよね。 つまりワニくんは作中で、そして作品として、同じ日に二度「殺された」というわけです。 ここに納得がいかないという批判です。 2つ目の理由とも重なるのですが、ぼくにはこれが最も本質的な批判だと思われます。 どういうことかというと、非常に抽象的な話になるのですが、 作者は我々から「ワニくんの死」を奪った。 当然のことですが、死は二度とその対象を取り戻すことができない、究極の喪失です。 その究極の喪失を、ワニくんのそれを、読者は一度受け入れた。 100日間かけてじっくり、そしてその最後の日に、それでも突然の出来事を、狼狽しながらも------受け入れたんです。 いや、この言い方も正確じゃないな。 えっと...... そんなに簡単に「死」って受け入れられないんです。 だから、より正確に言うと「これからもしばらくは、時間をかけてその死を受け入れていく」 はずだったんです。 ワニは100日目に死んだけれど、生きている私たちにとって彼の死は100日目で終わらない。 101日目、102日目と続く、 はずだった。 もちろん「ワニくん」は「フィクション」の存在でしょう。 でも、仮にフィクションだとしても、その「死」をこれから時間をかけて受け入れていく。 そういう「楽しみ方」だってあったはずです。 非常に不謹慎な言い方になりますが、「死の熟成」「死のエイジング」とでもいうか。 それは『ワニ』のような作品を100日間、時間をかけて「味わってきた」読者が、作品の根底で理解していたことだったのではないか。 ところが、作者や電通は、そうした読者のメンタリティに真逆のムーブをしてしまいます。 ワニくんロスだろ? 喜べ! 書籍化されるから 映画化もされるよ LINEスタンプだってあるし、 いきものがかりの「いきる」MVも見てね! ナメとんか。 我々読者が望んでいたのは「ワニくんの死」なのに、作者や電通サイド(販売サイド)は「それでもまだ"生きている"ワニくん」を与えることで、読者から「死」を奪ったんです。 それは、たとえフィクションであったとしても「死」を軽んじた振る舞いであり、また「読者のレベル」を低くみた、「ナメとんか」な動きだった。 今回、Twitterで一番多く目にした批判は 「余韻が奪われた」でした。 「余韻」と言うと曖昧ですが、要するに 「1日前に死んだワニ」「2日前に死んだワニ」という楽しみ方を、まだまだこれからずっと続く「死」を読者は奪われてしまった、ということではないでしょうか。 「ワニくんに死んでほしくない」。 読者はそう口にするかもしれない......。 もちろんその「気持ち」に偽りはないのだろうけど、それでも他方でそれは「死んでほしくないもの」だからこその「死」を正しく受け止めたかった、という思いの表出だったのだと思います。 徳島で子ども食堂や私設の図書館を運営しています。 子どもたちが喜ぶゲームや漫画、絵本やLEGOなどの購入に充てたいと思っています。 おもしろかった!と思ってくださった方、よろしければぜひサポートいただければ今後の励みになります。

次の

『100日後に死ぬワニ』の最終回(100日目)の意味は?Twitter考察・伏線まとめ

ワニ くん 100 日

100日後に死ぬワニの結末の読者の感想 100日後に死ぬワニとはどんな漫画かこちらを読んで下さい。 何気ないほのぼのとしたワニの日常生活が印象的ですね・・・ 読者がどんな印象を持ったのか感想をご紹介します。 その1 100日後のワニくんの死を自分に置き換えている 最近目が離せない、きくちゆうきさんの「100日後死ぬワニ」。 🐊くんかわいそう、という感想だけでなく私も100日後死ぬ気で生きてみようと本日100日後を計算、🐊くんの死を悲しんで少し経った2020年4月8日 水 でした。 その2 Twitterの2020年1月13日のyahooニュースより寄せられた感想 【100日後死ぬワニ 作者の思い】 昨年12月12日に連載が始まったあるマンガ「100日後に死ぬワニ」が、Twitter上で連日大きな話題を呼んでいる。 作者が着想のきっかけなどについて語った。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics ・100日を前にして俺らが先に死ぬのでは? ・ワニの死なのに自分に置き換えて読んでしまうのが不思議 ・人が生きられる時間は限られているので1日1日を大切にしたい ・寿命は誰にもわからない ・今日も幸せだったと毎日振り返ることも大切だと思った ・毎日の尊さを教えてくれる このような多くのコメントが寄せられました。 スポンサーリンク 100日後に死ぬワニの結末が何を意味するか 100日後にワニが死ぬから可哀想で見ていられないとか ワニくんは死ぬ前に自殺するのではないだろうか。 このようなコメントも寄せられているのですが、作者であるきくちゆうさんは「生死観」をテーマにすることで、読者が自分に置き換えてくれること、死を意識することで世の中が良い方向に向かって欲しいと思っています。 死を考えることは同時に今を生きることを考え、「死」をマイナスのイメージではなく、「生」に対する前向きな考えを意味しています。 (まとめ) 100日後に死ぬワニ|結末を知らないワニから学ぶ生き方が大反響についてお伝えしました。 ワニは優しい気持ちを持って幸せそうに毎日を過ごしています。 それは自分の死ぬ日を知らないから、だけではなく、人はどう生きるべきかを教えてくれています。 一度、自分に置き換えて毎日の生活を見つめ直して下さい。 どのような生き方をしているか、満足している人、何か違う〜!って思う人、こう生きたい!とか色々な考えが思い浮かぶでしょう。 ワニから何を学ぶかは人それぞれで変わってきますが、改めて「死」を考えた場合、楽しかったと思える人生にしたいものです。

次の

100日後に死ぬワニ最終回の死因考察!LINE返信やネズミくんの迎えに行くの意味は?

ワニ くん 100 日

100日後に死ぬワニの100日目で死んだ理由を考察 気をつけないと死んじゃうよ!!か… こう言う事故で亡くなる人多いからこの注意喚起ってのもあるけど、大半の理由がどちらかの「ながらスマホ」と「よそ見運転」だからな。 ワニ君の場合は最期まで優しいワニ君であってくれて良かったけど、この死に方は来るものがあるね。 このワニが死んでしまった原因に様々な理由が考察されていました。 ひよこを助けて車に 轢かれた? ワニの近くにひよこがいました。 3話目でトラックにひかれそうになったひよこを助けたワニですが、今回は助けたところで轢かれてしまったのでしょうか? 3話ではワニはひよこを助けてこれからは気を付けるようにひよこに言っています。 今回のひよことそのひよこは同じひよこな感じがします。 今回はひよこを助けてワニが変わりに轢かれてしまったのではないでしょうか? ワニの不注意で轢かれた? または歩きスマホにより轢かれてしまった可能性もありますね。 携帯からネズミへの返信がしたところで事故にあったような感じもします。 ツイッターでは「歩きスマホ」がトレンドにも入っていましたので、スマホを見ていて飛び出してしまって轢かれたと予想する人も多くいるようです。 読者に考えさせるという意図があるかと思いますが、情報が少ない分色々と考えさせられる作品となりましたね。 ねずみの前または少し先で事故は起こった? ワニ死の最後の桜風景のコマって『ねずみくん視点の風景(これからワニの死を見る風景)』じゃなくて『事故後の風景を遠くから見たもの』だと思う だから『ねずみくんは目の前で友だちの事故を見てしまった』っていうオチだと思った 信号の位置とか色々考えてみたけどコレがいちばんしっくりくる — はれ HAREdentity 上のツイートの画像がよくわかりますが、ねずみの前方にひよこがいます。 そのことより、ネズミの目の前またはちょっと行った先でワニは事故で死んでしまったのではないでしょうか? ひよこの絵を見ると少し遠いような気もします。 クラクションの音がねずみが信号待ちしているところでも聞こえていますので、すぐそこで事故にあってしまったのではと思われます。 もう少し早くいっていれば助かったかもしれないとねずみの心境を考えるとつらいものがありますね。 しかし地面のスマホでは「よくね?」がなく「スゲー!!」「春に来たって感じー」となっています。 これは桜の写真が別の時間帯のものではと考えられます。 また以下のツイートのようにさらによく見ると時間もだいぶずれています。 の考察 なんかね、なんとなく違和感感じてたのよ。 最終話って時間軸がずれてるコマがちりばめられてるんじゃないかなって。 それが決定付けられたのがワニ君とねずみ君のスマホが描かれてるコマ。 ワニが死んだ日とワニの命日に 悼む会を開いているところが同時に描かれているという可能性もあります。 また地面にあるスマホはひよこのもので、ねずみはひよこを迎えに行ったのではという意見もありました。 その場合はねずみが迎えに行くというのは、ワニを死の世界に迎えに行くということになりますね。 皆でいるときにはもうワニは死んでいて、アリバイ作りのために迎えに行ったという説です。 ねずみの「・・・」もそう考えるとありそうな気もしますが、さすがにないでしょうね。 ですが、もしそうだとしたら怖いですね。 またねずみが信号待ちの時に写真を撮って送ったところでクラクションが鳴っているため、それに驚いたねずみが急発進してワニを轢いてしまったなんて考察もありました。 描かれている車の色が違いましたので、それはないかと思われますが、ねずみを追い越してのワニと衝突したのではという意見もありました。 そして絵を描き始めたということで、交通事故について書きたかったのではと考えられますね。 ということはワニが友達、ねずみが作者だったのではと思われます。 投稿直後はほぼ関連ワードで埋め尽くされていました。 それだけ皆の関心が高かったようですね。 ワニ くん• ワニ 更新• ワニ の死• あと1分• ゆうきさん• ワニ さん• ワニ 待機• あと3分• ワニワニパニック• 交通事故• プップー• 終わり方• ワニの死• ネズミくん• こちらの書籍には、100日間の他にも「0日目」や「100日後の後日譚」などの描きおろしも28ページ収録予定のようです。 100日目の後の話も気になるところなので、手に入れて読みたいですね。 こちらは今のところツイッターには上げられず、本でしか読むことができないので購入必須ですね。 アマゾン他楽天等でも予約可能です。 トレンドなどの勢いを見ると、発売日には売り切れになってしまうような可能性もありますので、今の内に購入しておいた方がいいかもしれませんね。 下のリンクから購入ページに進むことができますので、今すぐ予約しましょう。 なんかセリフがあんまりなくて逆に泣けてくる — こま komaan1005 みんな「ワニくんが…」「ワニくんありがとう…」とか言ってるるるるるやだやだやだTwitter見るのやめます!!!!!お風呂とか諸々終わったらARK放送します!!!!! — 狐宮 comyacomya 100日後に死ぬワニ考察まとめ 「100日後に死ぬワニ」の最後がどうなるのかネットで話題となっていましたが、100日目にワニは死んでしまったようです。 この結末に対して色々な解釈ができることから様々な考察がツイッター上でも見られました。 今回は100日目についての考察をしていきましたがいかがでしたでしょうか? なかなか悲しい結末になってしまいまいたが、作者のきくちゆうきは交通事故について訴えたかったのではないでしょうか? 様々な憶測が憶測を呼んでいますが、書籍も発売され、100日後の後日譚も収録されることがわかりました。 答えがその中に収録されるのではないでしょうか? 以上「100日後に死ぬワニを考察ネタバレ!100日目の結末で最後ワニはどうなった?」と題しお届けしました。

次の