ホテル スクランブル エッグ。 ホテル風スクランブルエッグ(加熱時間:5分)

ホテルの朝食で好みの卵料理をオーダーする英語は?

ホテル スクランブル エッグ

もくじ• 最初に訊かれる質問 ホテルの朝食で卵料理を食べようとすると、「How would you like your eggs? (卵をどのようにいたしましょうか?)」と親切にこちらの好みを訊いてくれます。 そこで自分の好みを伝えるだけというシンプルな会話場面ですが、 返答するためには適切な英語表現を知っておかなければなりません。 ) 以下に、 卵の調理法の好みを英語で伝える表現をご紹介していきます。 そもそもどんな調理法があるのかを訊きたいときは「What options do I have? (どんな調理法があるのですか?)」などといってください。 英語で表す卵料理メニューあれこれ ところで、 卵料理の話題に入る前に「生卵」を表す英語も確認しておきましょう。 「生卵」は英語で「raw egg」といいます。 日本人ならではの卵の食べ方の一つ「卵かけご飯」は、あらゆる世代に根強い人気がありますね。 「raw」は 「生の、未調理の」という意味です。 魚を生で食べる「刺身」は「sliced raw fish(スライスした生魚)」と表現されます。 さて、次はいよいよ、 朝食に付きものの卵料理の名前を英語で挙げていきます。 焼き方いろいろ目玉焼き 最もポピュラーな卵料理の一つ、「目玉焼き」は英語で「fried egg(フライドエッグ)」です。 「油焼きにした卵」という意味です。 目玉焼きには「片面焼き」と「両面焼き」があります。 片面焼きは英語で 「sunny-side up」といいます。 「黄身がお日様のように輝いている(=sunny)面を上向きに」ということです。 両面焼きは 「 flipped over(=ひっくり返した)」といいます。 両面焼きの場合、卵の焼き加減は様々です。 英語では 次のような呼び方で好みのものをオーダーしてください。 over-easy(黄身は半熟状)• over-medium(黄身は中程度に火が通っている)• over-hard(黄身にはしっかり火が通っている) オムレツとトルティーヤ フランス語由来の名前「オムレツ」は、「omlet」と書かれていることもあれば、「omelette」と書かれていることのあります。 しかし、 どちらもスペルミスではありません。 アメリカ式のスペルでは「omlet」、イギリス式では「omelette」と書かれることが多いです。 オムレツは「tortilla(トルティーヤ)」と呼ばれることもあります。 「オムレツ」を意味するスペイン語です。 オムレツには様々な好みの具を入れて調理してくれます。 ジャガイモ入りのオムレツは、 「Spanish omelette(スパニッシュオムレツ)」と呼ばれます。 他にも 「frittata(フリッタータ)」と呼ばれるイタリア風オープンオムレツもあります。 「frittata」はイタリア語で「揚げる」の意味です。 主なオムレツの具の種類も英語で挙げてみましょう。 「具」は「filling」と呼びます。 cheese(チーズ)• mushrooms(マッシュルーム)• bell pepper(ピーマン)• olives(オリーブ)• onions(タマネギ)• asparagus(アスパラガス)• spinach(ホウレンソウ)• parsley(パセリ)• chives(チャイブ、ワケギのようなもの)• ham(ハム) パイ生地(crust)に卵液や具を入れてオーブンに焼いたものは「quiche(キッシュ)」になります。 日本でもカフェメニューなどで人気がありますね。 スクランブルエッグ 「スクランブルエッグ」は英語で「scrambled eggs」と書きます。 英語で発音するときは最後に「-ed」が付いて、「スクランブルド」となっていますね。 「scramble」には「かき混ぜる、いっしょくたにする」といった意味があります。 ポーチドエッグ 「poach」という調理法は、熱湯の中に食材を落とし入れて形をキープしながら火を通す茹で方です。 この方法で仕上げた卵が「poached egg」です。 日本語で「落とし卵」と呼ばれています。 「poach」の調理法は卵以外の食材にも使われます。 poached fish(ポーチドフィッシュ)• poached peach(ポーチドピーチ) 日本でもポピュラーになってきた軽食メニュー「エッグベネディクト(eggs Benedict)」は、イングリッシュマフィンにハムや卵をのせて、マヨネーズに似た「オランデーズソース(hollandais sauce)」をかけたメニューです。 ここで使われている卵が 「poached egg」になります。 なお、 カタカナでは「エッグベネディクト」といいますが、英語では「エッグズ(eggs)」になることに注意しましょう。 また、「Benedict」は人の名前なので大文字から始まります。 ゆで卵 「ゆで卵」は、文字通り「boiled egg」です。 「boil」は「茹でる」という意味です。 ゆで卵がのせられて出てくる小さなカップは「eggcup」といいます。 ゆで卵の茹で加減は 「soft」と 「hard」で表現します。 soft-boiled egg (半熟卵)• hard-boiled egg (固ゆで卵) 小説や映画のジャンルの一つに「ハードボイルド」というのがありますが、「固い=タフで感情的でない」というイメージから派生した表現です。 ) ゆで卵を使った料理の一つに 「devilled egg(デビルドエッグ)」もあります。 ゆで卵を半分に切り、黄身にマヨネーズやピクルスなどの混ぜ物をして白身の穴に戻したオードブルです。 卵についての英語表現あれこれ とても身近な食材「卵」についての英語表現はどのくらいご存知ですか? 一緒に確認してみましょう。 「卵を割る」は「break」または「crack」を使います。 卵白:egg white• ) 「卵をかき混ぜる」は「beat」を使います。 「beat」は「叩く」という意味で使われることが多いですが、卵やクリームを「泡立てる、かくはんする」というときはこの単語を使います。 ) まとめ 以上、 「ホテルの朝食でオーダーする卵料理に関する英語の知識」をご紹介しました。 卵料理は「簡単に出来る」というイメージですが、そのメニューにはたくさんの種類があります。 いろいろな英語表現を覚えて、 次回ホテルの朝食を食べるときはいつもと違ったメニューを楽しんでみてください!.

次の

【家でホテルの朝食を】シェフが教える「本格スクランブルエッグ」の作り方レシピ

ホテル スクランブル エッグ

ホテルの朝食みたいなスクランブルエッグを作ってみよう! 朝食の定番メニュー「スクランブルエッグ」。 せっかく作るなら、単に卵を炒めるだけでなく、ふわとろ食感の美味しいスクランブルエッグに挑戦してみませんか? 火加減や炒り方を工夫するだけで、まるでホテルの朝食のようなスクランブルエッグに仕上がりますよ。 また朝食やブランチにおすすめな、ふわとろスクランブルエッグをもっと楽しめるアレンジレシピもご紹介します。 ふわとろスクランブルエッグの作り方 【材料】 卵(Mサイズ) 3個 牛乳 大さじ1 塩 少々 バター(無塩) 15g 【作り方】 1、ボウルに卵と牛乳、塩を入れたら、泡立て器でよく溶きほぐします。 卵黄と卵白をしっかり混ぜ合わせることで、色のキレイなスクランブルエッグになります。 2、中火で熱したフライパンにバターを入れて溶かします。 サラダ油やオリーブオイルでも代用できますが、バターで風味良く作ることでよりホテルのようなスクランブルエッグに近づきますよ! またフライパンはテフロン加工のものがおすすめです。 卵がくっつきにくいので、誰でも失敗なく作ることができます。 3、弱火〜弱めの中火にし、1の卵液をフライパンに流し入れます。 しばらくすると、卵の底が薄く固まってくるので、ヘラなどで底からすくい上げるように優しく返しながら混ぜます。 火加減が強いと卵がすぐに固まってしまいます。 じんわりゆっくり火を入れるような気持ちで加熱してくださいね。 再度底が固まってきたら、同じようにヘラで返しながら混ぜます。 少し時間はかかりますが、この作業を何回も繰り返すことで、ふわとろ食感のスクランブルエッグに変化しますよ。 4、写真のように卵が半熟かつ、まとまりが出てきたら火を止めて完成です。 スクランブルエッグをのせるだけで、包む手間なく簡単にオムライスが作れます! 朝食やブランチにおすすめですよ。 卵の優しい味と、ヨーグルトベースのマヨネーズソースでさっぱりと食べやすく仕上げました。 スクランブルエッグを合わせてボリュームのあるサンドイッチに。 ちょっぴり贅沢なこの味をぜひご自宅で楽しんでみませんか。 「卵料理」の記事はほかにも。 このコラムを書いたNadia Artist happyうちごはん tomoko キーワード.

次の

バイキング・ビュッフェに使われる食品添加物はあの卵料理でわかる

ホテル スクランブル エッグ

もくじ• 最初に訊かれる質問 ホテルの朝食で卵料理を食べようとすると、「How would you like your eggs? (卵をどのようにいたしましょうか?)」と親切にこちらの好みを訊いてくれます。 そこで自分の好みを伝えるだけというシンプルな会話場面ですが、 返答するためには適切な英語表現を知っておかなければなりません。 ) 以下に、 卵の調理法の好みを英語で伝える表現をご紹介していきます。 そもそもどんな調理法があるのかを訊きたいときは「What options do I have? (どんな調理法があるのですか?)」などといってください。 英語で表す卵料理メニューあれこれ ところで、 卵料理の話題に入る前に「生卵」を表す英語も確認しておきましょう。 「生卵」は英語で「raw egg」といいます。 日本人ならではの卵の食べ方の一つ「卵かけご飯」は、あらゆる世代に根強い人気がありますね。 「raw」は 「生の、未調理の」という意味です。 魚を生で食べる「刺身」は「sliced raw fish(スライスした生魚)」と表現されます。 さて、次はいよいよ、 朝食に付きものの卵料理の名前を英語で挙げていきます。 焼き方いろいろ目玉焼き 最もポピュラーな卵料理の一つ、「目玉焼き」は英語で「fried egg(フライドエッグ)」です。 「油焼きにした卵」という意味です。 目玉焼きには「片面焼き」と「両面焼き」があります。 片面焼きは英語で 「sunny-side up」といいます。 「黄身がお日様のように輝いている(=sunny)面を上向きに」ということです。 両面焼きは 「 flipped over(=ひっくり返した)」といいます。 両面焼きの場合、卵の焼き加減は様々です。 英語では 次のような呼び方で好みのものをオーダーしてください。 over-easy(黄身は半熟状)• over-medium(黄身は中程度に火が通っている)• over-hard(黄身にはしっかり火が通っている) オムレツとトルティーヤ フランス語由来の名前「オムレツ」は、「omlet」と書かれていることもあれば、「omelette」と書かれていることのあります。 しかし、 どちらもスペルミスではありません。 アメリカ式のスペルでは「omlet」、イギリス式では「omelette」と書かれることが多いです。 オムレツは「tortilla(トルティーヤ)」と呼ばれることもあります。 「オムレツ」を意味するスペイン語です。 オムレツには様々な好みの具を入れて調理してくれます。 ジャガイモ入りのオムレツは、 「Spanish omelette(スパニッシュオムレツ)」と呼ばれます。 他にも 「frittata(フリッタータ)」と呼ばれるイタリア風オープンオムレツもあります。 「frittata」はイタリア語で「揚げる」の意味です。 主なオムレツの具の種類も英語で挙げてみましょう。 「具」は「filling」と呼びます。 cheese(チーズ)• mushrooms(マッシュルーム)• bell pepper(ピーマン)• olives(オリーブ)• onions(タマネギ)• asparagus(アスパラガス)• spinach(ホウレンソウ)• parsley(パセリ)• chives(チャイブ、ワケギのようなもの)• ham(ハム) パイ生地(crust)に卵液や具を入れてオーブンに焼いたものは「quiche(キッシュ)」になります。 日本でもカフェメニューなどで人気がありますね。 スクランブルエッグ 「スクランブルエッグ」は英語で「scrambled eggs」と書きます。 英語で発音するときは最後に「-ed」が付いて、「スクランブルド」となっていますね。 「scramble」には「かき混ぜる、いっしょくたにする」といった意味があります。 ポーチドエッグ 「poach」という調理法は、熱湯の中に食材を落とし入れて形をキープしながら火を通す茹で方です。 この方法で仕上げた卵が「poached egg」です。 日本語で「落とし卵」と呼ばれています。 「poach」の調理法は卵以外の食材にも使われます。 poached fish(ポーチドフィッシュ)• poached peach(ポーチドピーチ) 日本でもポピュラーになってきた軽食メニュー「エッグベネディクト(eggs Benedict)」は、イングリッシュマフィンにハムや卵をのせて、マヨネーズに似た「オランデーズソース(hollandais sauce)」をかけたメニューです。 ここで使われている卵が 「poached egg」になります。 なお、 カタカナでは「エッグベネディクト」といいますが、英語では「エッグズ(eggs)」になることに注意しましょう。 また、「Benedict」は人の名前なので大文字から始まります。 ゆで卵 「ゆで卵」は、文字通り「boiled egg」です。 「boil」は「茹でる」という意味です。 ゆで卵がのせられて出てくる小さなカップは「eggcup」といいます。 ゆで卵の茹で加減は 「soft」と 「hard」で表現します。 soft-boiled egg (半熟卵)• hard-boiled egg (固ゆで卵) 小説や映画のジャンルの一つに「ハードボイルド」というのがありますが、「固い=タフで感情的でない」というイメージから派生した表現です。 ) ゆで卵を使った料理の一つに 「devilled egg(デビルドエッグ)」もあります。 ゆで卵を半分に切り、黄身にマヨネーズやピクルスなどの混ぜ物をして白身の穴に戻したオードブルです。 卵についての英語表現あれこれ とても身近な食材「卵」についての英語表現はどのくらいご存知ですか? 一緒に確認してみましょう。 「卵を割る」は「break」または「crack」を使います。 卵白:egg white• ) 「卵をかき混ぜる」は「beat」を使います。 「beat」は「叩く」という意味で使われることが多いですが、卵やクリームを「泡立てる、かくはんする」というときはこの単語を使います。 ) まとめ 以上、 「ホテルの朝食でオーダーする卵料理に関する英語の知識」をご紹介しました。 卵料理は「簡単に出来る」というイメージですが、そのメニューにはたくさんの種類があります。 いろいろな英語表現を覚えて、 次回ホテルの朝食を食べるときはいつもと違ったメニューを楽しんでみてください!.

次の