お 声 がけ させ て いただき ます。 お客様からいただきました お客様の声#41~#50

お客様からのお声をいただきました。 | 居易庵ーおりやすいあんー|岡山県北の一棟貸切の宿

お 声 がけ させ て いただき ます

お声がけ(お声掛け)の意味とは? お声がけ(お声掛け)の意味とは声をかけること お声がけ(お声掛け)の意味とは、声をかけることです。 「声かけ」は「声をかけること、話しかけること、呼びとめること、誘うこと」を意味しています。 そこに丁寧にする「お」がつけられているので、目上の方や敬意を示したい人にも使える表現になります。 ただし「お声がけ(お声掛け)」をビジネスシーンで使うときには、その意味は少し異なります。 新しい意味を持ちますから、詳しくご紹介していきましょう。 お声がけ(お声掛け)の意味とはビジネスシーンでは質問や用命すること お声がけ(お声掛け)の意味とは、ビジネスシーンでは「質問や用命すること」になります。 先ほどご紹介した「声をかけること」は日常生活で使われますが、ビジネスシーンで「お声がけください」と使われるときには、声をかけるというよりも「いつでも質問してください」「いつでもご用命ください!」という意味を持ちます。 「お声がけください」とは、「声をかけてくださいね」という意味の敬語表現になり、丁寧な言い回しなので上司などの目上の方や、取引先の方、お客様に使うことができます。 たとえば仕事を任してもらいたいときには「何かありましたらぜひお声がけください」と伝えておくことができます。 これは「自分にできそうなことがあったらいつでもご用命ください」という意味になります。 「いつでも」がつくことで、「どんなタイミングでもご質問ください」「思いついたときにご用命ください」という意味の敬語表現になります。 たとえばあなたが店員をしているお店に来てくださったお客様に対して、「いらっしゃいませ。 いつでもお声がけください」と声をかけるときに使います。 ビジネスシーンでも「いつでもお声がけください」と伝えると、質問やご用命はいつでもOKですとウェルカムな雰囲気を出すことができます。 「何かありましたら」は「気づいたことがあれば、気になることがあれば」という意味になりますので、相手のタイミングでいつでも声をかけてくださいねという意味の敬語表現になります。 たとえば購入した商品のアフターサービスについて説明している最後に、「何かありましたお声がけくださいませ」と付け足しておくと、いつでもフォローさせていただきますという気持ちも相手に伝えることができるでしょう。 「また」は「この次の機会、もう一度」という意味がありますので、「またお声がけください」は「また次の機会にも声をかけてくださいね」という敬語表現になります。 具体的にはビジネスシーンで取引が終わったタイミングで、また次もよろしくお願いしますという意味を込めて使われることが多いです。 たとえば「この度はありがとうございました。 何かありましたら、ぜひまたお声がけください。 」と使います。 実際に声をかけてもらって、質問や指名をしてもらえたら、そのお礼を伝えましょう。 そのときにも「お声がけ」を使ってそのまま「ありがとうございます」につなげることができるのです。 たとえば以前からアプローチしていた企業から、仕事の依頼を実際にもらえたときには「お声がけいただきありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 」とメールを返信すると、選んでくださったことへのお礼を伝えることができるでしょう。 こちらも先ほどご紹介した「お声がけいただきありがとうございます」と同じ意味ですが、「感謝します」と言いかえることでより丁寧な表現にすることができます。 たとえば「この度はお声がけくださり感謝します。 精一杯努めさせていただきます。 よろしくお願いします。 」というように使います。 「感謝します」を「お声がけいただき感謝申し上げます」とより丁寧な表現にすることも可能です。 ぜひ誘ってもらいたいときや、声をかけてほしいときには疑問形で相手に投げかけることもできます。 たとえば「もしまた不具合が起こったら、お声がけいただけますか」は、「不具合が起きたときに連絡してください」と言い換えることができます。 また「今回は出席できず残念ですが、また機会がありましたらぜひお声がけいただけますか。 」というと、残念な気持ちと、次こそ参加したい気持ちを表現することができます。 「幸いです」は「嬉しいです」の意味になりますので、「声をかけてもらえたら嬉しいです」という表現になります。 「いただけましたら」と丁寧んが敬語表現を使っているので、目上の方や取引先の方にも使えます。 たとえば飲み会に誘ってもらいたいときには「お声がけいただけましたら幸いです」と言うと、行ってみたいと思っていると言う気持ちを伝えることができるでしょう。 相手から声をかけてくれたら、いつでもこちらは動きますという気持ちを表すことができます。 相手の気持ちを尊重しながらも、相手のことを思いやっている気持ちを伝えたいときにぴったりでしょう。 たとえば忙しそうにしている人に、手伝いますよという気持ちを伝えたいときに「お声がけくだされば、いつでも駆けつけます!」というということができます。 「手伝います」とストレートにいうよりも、向こうのアクションを待つことができるのでお互い気持ちにゆとりが持てる表現です。 たくさん人が来店してしまい、試着室が混んでいるときや、すぐに対応できそうにないときなどに使います。 こちらから声をかけるのでと伝えておくことで、待つ側も安心して待つことができますね。 たとえば「こちらからお声がけしますので、しばらくこちらにかけてお待ちいただけますか。 」「お声がけしますので、少々お待ちください。 」と伝えるとよいでしょう。 「お声がけ(お声掛け)」するとは、声をかけることで「誘う」という意味にもなりますから、丁寧にした「お誘い」を類語として使うことができるのです。 類語を使った場合には、たとえば「今回は出席できず残念です。 よろしければまたぜひお誘いくださいませ。 よろしくお願いします。 」というように使います。 ビジネスシーンでは「お声がけ(お声掛け)ください」は、「質問してください」の意味を持ちますから、「質問」を類語として代用することができるのです。 たとえば「何かご不明点がありましたら、いつでもご質問ください」と使うと、「何かご不明点がありましたら、いつでもお声がけください」と同じ意味になります。 ビジネスシーンでは「お声がけ(お声掛け)ください」は「ご用命ください」の意味になりますので、類語として言い換えることができます。 仕事の依頼や指名をしてほしいときに使ってみましょう。 たとえば仕事がもらえそうな相手に送るメールの最後に、「いつでもご用命ください。 よろしくお願いします。 」と添えておくと、「いつでも仕事をお待ちしております。 」という前向きな気持ちを伝えることができるでしょう。 「申しつける」は命令するという意味がある「言いつける」の謙譲表現です。 つまり「何かあればおっしゃってください」という意味の丁寧な敬語表現の類語になるのです。 たとえばホテルにチェックインしたお客様に対して、ホテルマンが「何かありましたらお気軽にお申し付けください」と言うときなどに使われます。 目上の方や、お客様、取引先の方など敬意を示したい方にはとてもおすすめの表現です。 「お声がけ(お声掛け)」の元々の意味である「声を掛ける」に戻ってしまいますが、こちらも「ください」をつけることで目上の方にも使える敬語表現になりますので、類語として使うことができるのです。 社外の方に「お声がけください」とは言いやすいですが、毎日話している上司や社内の人に対して使うは堅苦しいイメージがある方は、「声を掛ける」を使ってみてください。 たとえば「いつでも声をかけてください。 」と伝えるだけで、「気軽にお願いしてもらって大丈夫ですよ」と言う前向きな姿勢を見せることができます。 英語の「let me know」は「おしらせください」と言う意味がありますので、「お声がけ(お声掛け)ください」という日本語の意味と同じ英語表現ができるようになります。 たとえば「東京にまた来ることがあればお声がけください」を英語で伝えると、「Please let me know if you have a chance to come to Tokyo again. 」となります。 「気にせずに話しかけてくださいね」という意味がありますので、「いつでもお声がけください」と同じ意味を持つ英語表現になるのです。 たとえば「Feel free to ask me anytime. 」を英語で表現すると、「気にせずにいつでも声をかけてきてくださいね!」という表現をすることができます。 「お声がけ(お声掛け)」をビジネスシーンで使いこなそう! 「お声がけ(お声掛け)」はビジネスシーンで役立つフレーズの一つです。 声をかけてくださいね、という意味合いから、「いつでもご質問ください」「今後もよろしくお願いします!」という意味合いまで含まれますので、場面に応じて使い分けることができる便利なフレーズになるでしょう。 ぜひ使ってみてくださいね。 ビジネスメールでは、相手との円滑なやりとりをするためのマナーや言い回し覚えておくと便利です。 最初は戸惑ってしまうことも多いかと思いますが、慣れてくると使い回しができるのでとても便利に感じることでしょう。 こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

骨盤矯正ダイエットのお客様の喜びの声をいただきました。

お 声 がけ させ て いただき ます

〈2020. 23投稿〉 かごしま相続相談・支援センターへのご意見・ご感想を頂戴しました。 相談会などのご利用・ご予約に当たって、参考にしていただければ幸いです。 この他の、お客様の声はこちらをご覧ください。 お客様の声#43(相続、土地建物などのご相談) 自分では分かりえない内容の相談でしたが、話を聞いて頂き、少しスッキリしました。 親身になって話を聞いて下さいます。 鹿児島市 T様(40歳代・男性) センター長より 相談者の方は、高齢の祖母から頼まれ、十数年前に亡くなった祖父名義の不動産を、おじ・おばに代わって名義変更を行うことになったそうです。 何とか祖母の元気な内に引き継ぎできればとのことから、アドバイスを求められたご相談でした。 おじ・おばの中にも既に亡くなった方がおられるなど、手続きには手間も掛かりそうでしたが、まずはご自身で取り組んでみて、手詰まりのときは改めてお尋ねになるようお話しました。 お客様の声#42(相続、土地建物などのご相談) 何にもわからない情報等を丁寧に説明して下さり、アドバイスしていただき、気持ちが楽になりました。 とても親身にご相談にのって下さるので是非足を運んで下さい。 鹿児島市 T様(60歳代・女性) センター長より つい先日亡くなられたお母様の相続財産について、姉妹でご相談に来てくださいました。 他のご兄弟が相続財産の分割方法を一方的に決めてしまう恐れのある中、相続の仕組みをご案内しつつ、様々なパターンをご一緒に考えるような時間でした。 まずは、相続人のそれぞれの考えを良く聞いた上で、今後の進め方などを検討していかれるようお話しました。 お客様の声#41(相続遺言のご相談) 有意義な情報を提供していただき、ありがたいでした。 お気軽にどうぞ。 鹿児島市 S様(70歳代・男性) センター長より 十数年前に亡くなったお父様に関してやり残した相続手続きのあることが分かったので、滞りなく済ませてしまいたいとしてご来所されました。 他の兄弟姉妹を代表して、亡き父の遺産の整理をしっかり行うための方法をご説明いたしました。

次の

お客様からいただきました お客様の声#41~#50

お 声 がけ させ て いただき ます

【お客様の声】女性 「会員になって半年。 側弯で1年に1度ずつ傾いていくよ、とお医者さまに言われ、絶望的な気持ちで必死にネットで探し当てました。 休みの都合で側湾トレーニングセンターでなく、UPRIGHTに来ています。 姿勢や歩き方を見てもらったり、コツを毎回教えてもらい、普段から気をつけています。 今では鏡に映る自分を見ても、以前のようにすごく傾いている感じではなくなりましたし、手厳しいコメントをしていた娘をはじめとした周囲からも、何も言われなくなりました。 側弯が治るわけではないですが、重力に負けない筋肉が少しは付いてきたかなと、次にお医者さまに診てもらうのが何だか楽しみになってきました。 ここに来ると、今までに習ったことのなかった、正しい姿勢や歩き方などを毎回教えてもらったり、できているかをチェックできて、本当に感謝しています。 見知らぬ人の歩きまで気になってしまいます。 みんなにUPRIGHTを教えてあげたくなります。 」 嬉しいお言葉、ありがとうございます! 皆さまの気づきをより確かにするためにも、UPRIGHTでは、初回アセスメントを受けていただきます。 その方の歪みやクセがどのようなものかを明確にして、原因まで探ります。 だからこそ、その方に合うオーダーメイドのメニューになるのです。 膝痛、腰痛、肩凝りだけでなく、見た目の変化が気になってきた方も、ぜひ初回アセスメントを受けてみてくださいね。

次の