アーラシュ 聖杯。 【FGO】アーラシュさん(☆1アーチャー)について【ステラの人】

【FGO】【議論】アーラシュに聖杯入れるのはそこまで性能に目がくらむかとさすがに禁忌中の禁忌感あるwww

アーラシュ 聖杯

【効果】 自身のNPを増やす [Lvで強化] 自身のHPを回復 [Lvで強化] 【CT】 Lv1 「8」ターン,Lv6 「7」ターン,Lv10 「6」ターン 解放条件 強化クエスト1をクリアで開放 自身のNPを増やす Lv1: 20 Lv2: 21 Lv3: 22 Lv4: 23 Lv5: 24 Lv6: 25 Lv7: 26 Lv8: 27 Lv9: 28 Lv10: 30 HPを回復 Lv1: 1000 Lv2: 1200 Lv3: 1400 Lv4: 1600 Lv5: 1800 Lv6: 2000 Lv7: 2200 Lv8: 2400 Lv9: 2600 Lv10: 3000 カード性能 【Step1】 Lv. 1 Lv. 1 Lv. 6 まずはスキル3。 宝具を使用しやすくなる。 【Step2】 Lv. 1 Lv. 1 Lv. 10 このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。 伝承結晶を最優先してスキルLvを上げたい。 【Step3】 Lv. 6 Lv. 1 Lv. 10 周回目的の場合、他のスキルを上げる必要はないがアーラシュはストーリーや高難易度でも活躍可能。 その場合はスキル1の育成をすすめると自身のHPの低さを補える。 【Step4】 Lv. 10 Lv. 9 Lv. 10 防御系スキルはCT1の差が大きな差となる。 周回以外の用途でのアーラシュ起用は稀なため、優先順位は非常に低い。 スキル2はヒット数の少なさと倍率の低さから現状おすすめできない。 あくまで余裕があればとなる。 OCで宝具倍率が強化され、伸火力を伸ばせる全サーヴァントでも例外的な効果も特徴的。 宝具の【デメリット】が活かせる 宝具デメリットとして自身即死効果があるが、 即死を利用して4人目のサーヴァントを狙った状況で登場させられるので基本的には大きなメリット。 編成段階で次に登場させるサーヴァントを準備しておこう。 いつも1waveを終わらせてくれてありがとう…。 自身のNPを増やせる「弓矢作成A」 最終再臨後の強化クエスト習得になるが、自身のNPを最大で30%増やすスキル「弓矢作成A」が超優秀。 装備する礼装や組み合わせ次第では、 スキルを使うだけで開幕から宝具を発動できるので周回だけでなく高難易度でも活躍できる。 しぶとく戦い続けられるスキル「頑健EX」 宝具がOCでダメージが上がる希少なサーヴァントなので、じっくりNPを貯めていく戦い方も有効。 防御力UPの「頑健EX」とHP回復効果もある「弓矢作成A」でしぶとく戦える。 中の人A 私は蒼銀推しだったので、つい聖杯を入れて全スキルMAXにしてしまったので全然死なないです。 そういう運用も、一応できます。 アーラシュの弱い点 1. スキル「千里眼」が活かしづらい スター発生率UPなのだが、スター発生はヒット数に依存する部分が非常に大きい。 スキルLVを上げても、 ヒット数の少ないアーラシュにとって恩恵は少ない。 アーラシュの運用 1. 周回で使い続けよう! 高火力全体宝具とNPチャージスキルに加えて、 宝具による退場が行えるので全サーヴァントの中でも特筆して周回役に向く。 絶対損しないですよ。 宝具ダメージを上げる手段が豊富 アーラシュは自身宝具火力を伸ばすスキルを一切所持していない。 そのため味方からのサポートで効率よくダメージを伸ばせる。 他にも宝具チェインや、OC2上昇できる「魔性菩薩」礼装など火力を伸ばせる手段が豊富なので、有効活用しよう。 中の人B 本当に役に立ってくれたので速攻で絆10になりました。 「お前は間違っちゃいない」と何度励まされたことか。

次の

fgoの種火周回にアーラシュは使えるってまじ?

アーラシュ 聖杯

概要 [ ] 「」の。 略歴 『』では、1991年の聖杯戦争においてによって召喚された。 奥多摩の山中にてと遭遇。 後にセイバー・と同盟を組みと戦うものの、宝具の使用と引き換えに命を落とすこととなる。 『』第六特異点『神聖円卓領域 キャメロット』では西暦1273年のエルサレムで山の翁たちに協力していたが、無辜の民たちを護るべく、宝具により獅子王の放った『最果てにて輝ける槍』を相殺し、そのまま消滅した。 図らずも遭遇したを奮起させた。 人物 深紅の弓を持ち、褐色の肌と生気に満ちた瞳が特徴の男。 敵を滅ぼすのではなく、戦いを終わらせ人々を救うために生命を費やした英雄と呼ぶにふさわしい人物。 一般人を巻き込むことを嫌って広範囲攻撃の使用を避けるなど、聖杯戦争でもその在り方は変わらない。 マスターにも善を成すことを求める。 その一方で単なる生真面目な朴念仁というわけでもなく、現代文明をいたく気に入ってマスターと飲み屋で杯を交わしたり、バイクに乗って駆け回ったりしている(なお、彼には 騎乗スキルも道路交通法の知識も無い)。 生前はたった一人で世界を救った生き方を体験しており、かつての自分と同じように独りで抱え込んで身を滅ぼしそうな者を見ると、その生き方の息苦しさ・孤独を知るが故に、人柄もあって一言言わずにはいられない。 能力 すでに神代を終えて人の世へと移り変わっていた古代ペルシャにおいて、当時マヌーチェフル王以外で唯一の神代の肉体を持って生まれた。 それゆえに他の常人たちとは隔絶した、生前から英霊時と変わらぬ凄まじい身体能力を誇っていた。 神代の名残ともいうべき強靭な肉体は、あらゆる病や毒に侵されず、数多の戦で傷一つ負うことが無かったという、最高ランクの頑健スキルを有する。 山をも削り取る威力を持った矢を、視認できないほどの超遠距離から高速射撃できる。 その間合いは、東京都内全土を覆い尽くして余りある程。 その威力は、 の風王結界のサポート込みでだが 並の対軍宝具では破壊できないライダーの神殿の外壁をも破壊する。 女神アールマティの加護を受けた彼は伝説的な弓矢の製作者でもある逸話から弓矢作成スキルを持ち、瞬時に魔力から矢を生成し、空を埋め尽くすほどの万の矢を広域に降らせることも可能。 Aランクの千里眼スキルによって、たとえ視線が通っておらずとも敵の位置を精確に把握し、その動向をも認識・把握できる。 さらには短時間の未来視すら可能で、詳しい会話レベルまで見通せる。 直接対面しているならば、思考の内容まで全て把握できる。 ペルシャとトゥランの両国に「国境」を作り、争いを終結させた究極の一矢。 2500kmにも及ぶ射程距離と文字通り「大地を割る」威力を持つ、人ならざる絶技。 その性質から、一点集中ではなく広域に効果を発揮するため対軍に分類されるが、発生する魔力総量と効果範囲は対国宝具に相当し、純粋な威力では対城宝具にも及ぶ。 だが究極の一矢と引き換えに五体四散して落命したように、一度放てばアーラシュ自身が消滅する。 この宝具は、宝具の使用と同時にアーラシュをも壊す二重の「壊れた幻想」の特性が付与されている。 『蒼銀のフラグメンツ』では、令呪三角を宝具の強化に費やした上での『約束された勝利の剣』と同時使用しての『光輝の大複合神殿』の破壊に成功した。 『Grand Order』第六章では、獅子王が東の村に向けて放った『最果てにて輝ける槍』を迎撃するために使用。 この時の『最果てにて輝ける槍』の魔力観測値は3,000,000オーバー 最高クラスの宝具火力は1,000~3,000とされる という圧倒的なエネルギーを持ったものだったが、余波による被害すら周囲に一切出させずに見事その一撃を粉砕してみせた。 『蒼銀』での使用描写からすれば、恐らく真っ向から競り勝ったというより魔力の塊を撃ち抜く形と思われるが、それでもここまでの偉業は類を見ない。 真名:アーラシュ [ ] アーラシュ。 古代ペルシャにおける伝説の大英雄。 西アジアでの神代最後の王とも呼ばれるマヌーチェフル王の戦士として、六十年に渡るペルシャ・トゥルク間の戦争を終結させ、両国の民に平穏と安寧を与えた救世の勇者。 異名はアーラシュ・カマンガー。 英語表記すればアーラシュ・ザ・アーチャー。 アジア世界に於いて弓兵とはすなわち、両国の民に平穏と安寧をもたらせしアーラシュをこそ指し示し、現代でも彼は西アジアの人々に広く敬われ、愛されている。 伝説において、その名と偉業は複数の伝説に刻まれ、時には歌として唄われる。 彼はこの目で見える者達全てを、地上の人間を、世界を救おうと、ソレを為そうと、竜殺しフェリドゥーンの末裔であるマヌーチェフル王の下で一人戦い続けた。 何せ、彼はヒト以上の力を持った故に、肩を並べられる相手も、仲間もいなかった。 だから彼は最後まで孤独を選んだ。 人間を守るために。 何十年も続いた戦争により、ペルシャとトゥランはすっかり疲弊しきり、殺し合いを誰も望んでいなかった。 それを終わらせるために、アーラシュはダマーヴァンド山の頂上に立ち、究極の一矢によってペルシャとトゥランの両国に「国境」を作り、大地を割った。 その矢は最も速き流星より疾く、その射程距離、実に2500km。 ジェイフン川の向こう側が、新たな境界となり、両国はその川の周りに平和を築いた。 関連 [ ] 女神アールマティ ゾロアスター教において崇拝される善神の一柱。 彼はその加護を受けており、「弓矢作成」スキルを有している。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] アーチャーのサーヴァントとして登場。 [ ] 稼働当初からの実装サーヴァント。 ストーリーでは第六章に味方側として登場。 日本での知名度から本人は謙遜と冗談を交えて「マイナー英霊」などと自称することがあるが、数々の強豪サーヴァントから勇者としてリスペクトされている。 詳しくは後述だが、ゲーム的にもサービス初期から一筋の流星の如く輝いていった男であった。 イベント• ぐだぐだ本能寺 ぐだぐだ粒子に汚染されたサーヴァント「松平 アーラシュ 元康」として登場。 ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊 ジャンヌオルタにとして召喚された。 付与されたロールは「隣に住む年上の文系幼馴染」。 アーサー・ペンドラゴン体験クエスト• ネロ祭再び ~2017 Autumn~ 第一話で解説されるゲスト英霊。 本漫画がどういう主旨なのかを表すチュートリアルも兼ねて彼に白羽の矢が立っている。 が、説明の方はかなりざっくりしており、後半は解説をマシュに任せて自身は聞く側に回る。 また「流星一条」によりR指定がかかりそうな描写を塞ぐファインプレーを見せることも。 その他 [ ] 弓道部所属。 『蒼銀のフラグメンツ』での活躍回直後ではあるが、Grand Order組サーヴァントとして登場する。 「流星一条」の副作用は死亡から瀕死に緩和された。 子を喪った母である彼女の苦しみに感づいており、彼女がに憑かれた事を察しつつも彼女の「東京を守って」という願いに応えることとなる。 最大の敵。 活躍したのが同じ時代だったこともあり、その実力をよく知っている。 ライダーと戦う上での同盟相手。 ライダーと戦う上での同盟相手。 彼の最期の言葉はセイバーに影響を与えた。 『』では彼とライダーの衝突を避けるため密かに立ち回っていた。 交戦した敵サーヴァント。 あまりに無軌道な戦い方が見るに堪えず、腕を直接掴み止めてまで諭そうとした。 なお、EXランクの頑健スキルは彼女の毒性をも無効化する。 八年後の弓兵。 八年後の聖杯戦争においてはのしもべとして造り直されたアーラシュが、同じく造り直されたと共にと交戦することが示唆されている。 彼のことを「ハサン殿」と呼んで全面的に信頼している。 なお、それは向こうも同じであり「この地で出会った、我が最大の盟友よ」とまで言われた。 ストーリー六章『神聖円卓領域 キャメロット』で出会い、円卓の騎士であることから警戒するハサンらとの仲介を務める。 千里眼によって彼の隠している事柄を見抜いており、さりげなく体調を気遣う、忠告をするなどして最後まで気にかけていた。 ストーリー六章『神聖円卓領域 キャメロット』にて敵対した相手。 劣勢になり「暴走」のギフトを利用して自爆を行おうとした彼女を叱り飛ばし、勇士としての「命の使いどころ」を説いて撤退させる。 モードレッドは決着を望んでいたが、アーラシュは獅子王の聖槍から村を守るために「流星一条」を放って消滅してしまったため、「生前自分が出来なかった、ロンゴミニアドの一撃を破るという偉業を為して勝ち逃げした」と悔しそうな表情を浮かべていた。 ストーリー六章『神聖円卓領域 キャメロット』で敵対した相手。 互角の遠距離戦を繰り広げる。 ストーリー六章『神聖円卓領域 キャメロット』で敵対した相手。 中盤で傷口に魔剣の魔力を叩き込む『縛鎖全断・過重湖光(アロンダイト・オーバーロード)』をまともに喰らった上で崖から転落し、流石の頑健EXの肉体にもかなりの深手を負わされた。 現状、ステラの使用以外で彼が流血するほどの手傷を負わされた唯一の相手。 生前 [ ] マヌーチェフル王 生前仕えていた相手。 悪竜を打ち倒した勇者フェリドゥーンの直系たる偉大なる大王。 アーラシュと同じく神代の肉体を持った先祖返りであり、統治者であると同時に武人でもあった。 建物も多けりゃ人も多い。 それに面白い。 移動に鉄の箱を使うのも初めは面食らったが、見慣れれば味わい深いぜ」 現世に召喚されて、秋葉原の街をマスターに連れられて感想を述べる。 自動車を「鉄の箱」、電車を「鉄の竜」というあたり、「現代に召喚された古代の人間」のお約束であるが、この手のカルチャーギャップネタはFateシリーズでは初めてである。 そもそもサーヴァントは召還された時代・場所の基本知識及びその土地の言語を聖杯から与えられており、カルチャーギャップが起きないようになっている。 私を原始人か何かと勘違いしていますね?サーヴァントとして現界した私には現代の知識が与えられています」と呆れている。 (泣くな。 いいさ、お前は間違っちゃいない) エルザから、令呪三画すべてを使用した魔力増幅を用いた宝具の真名開放を命じられて。 泣きながらはじめて真名を呼んだエルザに、念話ではない部分の思考で呟きながら。 争いを終わらせる為に放つ、人ならざる絶技。 かつて俺たちが守った愛すべきあいつらと、なんの違いもあるものか」 「俺はここまでだ。 なあ、騎士の王。 「…………ッ」 に従うしもべとして造り直された彼が発した声なき声。 拒絶は許されない。 と共にを斃すために触れるものすべてを砕く黒色の雨を降らせることを示唆されている。 よろしくな!」 召喚時。 両国の民を救った大英雄は、人理を救う戦いにおいて召喚された。 「マスターか。 もう誰のサーヴァントになることもないと思ったんだがな」 「前にもな、実はサーヴァントとして現界したことがある。 マスターは女だったな…」 マイルーム会話。 『蒼銀のフラグメンツ』での出来事をある程度覚えているようで、「」について触れる。 「ひよこ豆のペースト、うまいぞ?」 マイルーム会話。 中東の伝統料理「フムス」のことであろうか。 なお、ひよこ豆は日本ではあまり馴染みが無いが、植物性の蛋白源としては南アジアから中東・西アジアでは非常にポピュラーである。 ちなみに季節イベントの『復刻:チョコレート・レディの空騒ぎ -Valentine2016- 拡大版』で彼にチョコを渡すと、お返しにアーラシュお手製のフムスがもらえる。 付け合わせのパンはに作ってもらった模様。 「聖杯ってのは、いつだって人間なり英霊なりを惑わすんだろうさ」 マイルーム会話。 聖杯とは願いを叶えるアイテム。 故に、ヒトとサーヴァントは聖杯に望みを抱き、それを手にしようと争っている。 いつの時代においても、どの世界においても。 「『 流星一条 ステラ』ァァッ!!」 宝具発動。 生命を燃やすただ一度きりの究極射撃。 「お前は間違っちゃいない…」 消滅時セリフ。 自身が力尽きてもなお、マスターを肯定し続けるその姿こそ、大英雄の名にふさわしい。 「土台と矢を繋ぐ。 おもいっきり矢を放つ。 矢、20キロ先まで飛ぶ。 一緒に土台も飛ぶ。 西の村がモードレッドに襲撃されたことを確認し、救援に行こうとするも急いでも二日はかかる。 そこでアーラシュが「空を飛べれば」というマシュの発言を聞き、人間も飛べばいいという発想で 宝具・人間大砲発射台を用意した。 この所業ははトラウマになっていたのだが、その時はとは想像だにしていなかった…。 あらゆる叡智、尊厳、力をあたえたもう輝きの主よ。 」 「我が心を、我が考えを、我が成しうることをご照覧あれ」 「さあ、月と星を創りしものよ。 我が行い、我が最期、我が成しうる 聖なる献身 スプンタ・アールマティを見よ。 蒼銀のフラグメンツ版と比べると詠唱に追加がある。 かつて二国の争いを終結させた究極の一矢はが見守る中、獅子王による聖槍の一撃という名の「星」を砕く神技として、己が命と引き換えに一つの村とそこに住む山の民、そして主人公達を救った。 「王は俺に気を遣ってくれたが、結局のところ、俺に、配下はいても仲間はいなかった。 」 「肩を並べられる相手ってのは、何処にもいなかった。 」 「俺自身もひとりを選んだ。 人間以上で生まれちまったからには、それが当然だ。 」 「なぜって?そりゃあ簡単だ。 」 「 人間 みんなは、俺にとって守る対象だったんだ。 だから、寄り添わなかった。 」 幕間の物語『孤独な戦士、獅子の如く勇敢な彼』より。 陽気な性格の快男児に見えるアーラシュだが生前の自らを「神代の残り滓がカタチになったもの」と言う通りに彼の武技、肉体、全てを見通せる眼、更には「英雄たれ」という周囲の重圧に耐えうる強靭な精神力全てがあまりにも人間離れし過ぎていたが故に孤高であった。 「俺には実感してることがある。 俺は、どうやらマスター運ってのが毎回いいらしい。 」 幕間の物語『孤独な戦士、獅子の如く勇敢な彼』より。 確かに聖杯戦争のマスターというとエキセントリックな人格の持ち主が多い中、「」も人理焼却に挑む主人公も倫理観は至極まともである。 善性に呼び寄せられる英霊なのだろうか… その他 [ ] 「よう、マスター。 今日の概念礼装は……へえ、これか。 いいぜ、カレイドスコープの爺さんとはまた、ありがたいじゃねえか。 おまえのとっておきだろう、これ?」 「何をすりゃいいかはわかってるさ。 心配するな。 いくぜ。 」 「敵さんは次から次へとわいてきやがる。 さあて、いよいよ俺の出番だな。 最後まで面倒見れねェのは心残りだが、後は他の連中に任せるぜ。 あらゆる叡智、尊厳、力をあたえたもう輝きの主よ。 」 「我が心を、我が考えを、我が成しうることをご照覧あれ。 」 「さあ、月と星を創りしものよ。 我が行い、我が最期、我が成しうる 聖なる献身 スプンタ・アールマティを見よ。 「もしアーラシュが「カレイドスコープ」を渡されて戦線に立つことになったら」というお題で、鶴岡氏による実演が行われた。 メモ [ ]• 東京都全土が間合いとあるが、東京の中心から円で覆う感じに考えても45~50kmはあり、宝具抜きでも破格の射程である 東京の端から端という意味になるとさらに射程が長くなる。 新都で一番高いビルから冬木大橋まで視認出来るエミヤは4km 新都内は全て射程範囲と言ってるが4kmあるなら辻褄は合う。 本人曰く隣街の凛の家を視るのは流石に無理 、アルケイデスが20km以上先からギルガメッシュを狙撃している。 アーラシュ空飛ぶ事件の時にも「いい着地地点も見えたからな!」と言い20㎞先まで主人公達を飛ばしている。 東京都内というのが23区だと半径17㎞、多く見積もっても半径20㎞くらいになるが、ドクターが「だいたい10や20キロくらいの距離、彼にとって準備運動みたいなもんだよ。 」と語っていることから『「東京都」内全土』だと思われる。 『ステラ』はラテン語で星を意味する単語であり、彼の出身地であるペルシャとは文化圏の違う言葉であるが、『教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー』によると「聖杯戦争が西洋由来の儀式だから合わせた」のだとか何とか。 全く字の違う宝具名でも発動させるゴールデンといい、この辺は意外と好きに決められるのかもしれない。 『蒼銀のフラグメンツ』本編に先駆け、TYPE-MOONエースVol. 10の『Grand Order』記事にてキャラクターデザインが、『Grand Order』にて真名が(『蒼銀のフラグメンツ』のアーチャーと同一人物だとは伏せた上で)公開された。 ただし「東方の大英雄」などのワードから彼らが同一人物であることに気づいたプレイヤーも少なからずいた模様。 ここで言う「東方」とは古代ローマから見て東方にある世界を意味しており、アナトリア、シリア、古代エジプト、古代メソポタミア、ペルシアなどの国が該当する。 TYPE-MOONエースVol. 10で桜井氏本人が「日本では殆ど知られていないので調べるのに苦労した」と語っている様に、日本では非常にマイナーな大英雄であり、『Grand Order』開始時には Wikipedia日本版の独立記事すらなかった程。 FGOで名を知られて以降は、驚くべき速さでが作られた。 アーラシュの原典に相当する史料は未訳が多かったが、森瀬繚氏の協力で詳細な史料調査が出来たらしい。 宝具は2500kmというとてつもない射程を持つがこれは現代における弾道ミサイルの飛距離に匹敵し、蒼銀のフラグメンツの舞台となっている東京を中心とすれば 完全に日本を覆い尽くすばかりかユーラシア大陸にまで届く。 ただし 一発撃ったら死ぬという性質上、普通に勝ちを目指す場合は 宝具を一切使わないという縛りプレイを要求される。 もっとも、描写上では宝具なしでも下手な下級宝具を凌駕する通常攻撃が存在するため、低レア故のステータス・仕様の軛さえなければよほどの相手でもない限りは戦えるだろう。 何しろ連射と速射の合わせ技で山を削るような方ですし。 この際には他では見られなかった演出が入っているなど、スタッフの気合と思い入れが垣間見える。 正体判明後は宝具の仕様から 宝死茶という渾名がついた。 担当声優はの鶴岡氏。 同一人物とは思えないほどの好漢ぶりを発揮している。 一方で若々しい外見に対し低く渋みのある声というギャップに初見で驚く者も多い。 ドラマCD版『蒼銀のフラグメンツ』の収録の際は、普段は別撮りだったがたまたまエルザ役の洲崎氏とアーラシュ役の鶴岡氏が二人で収録する機会があった。 ある場面では鶴岡氏が台本を見ずに台詞を暗記して収録していた。 鶴岡氏はこだわりがあって、自然と台詞を覚えていたらしい。 千里眼は距離だけでなく人の心を見透かしてしまうほどに強力だが、その能力で屈折した人格に至らない、出来た人物。 同じような能力を持つ者がので彼のような例はかなり珍しい。 キャラクターデザインを担当したBLACK氏曰く、「レアリティを意識した」デザインとなっている様子。 とはいえ、逆に言えば奇を衒ったり奇抜な格好の英霊が多い中、スタンダードなカッコよさで纏まっている。 それが極まった第三再臨の戦闘衣装は、今時珍しいくらいストレートにヒロイックなデザインとなっている。 しかしながら、シナリオでの格好良さや高火力の宝具ステラの周回での実用性などから、重課金のプレイヤーでも聖杯を捧げてレベル上限を突破させた愛用者は多い。 その分、死んでいるということでもあるが 自爆宝具『流星一条』 『Grand Order』では宝具の威力は基本的に全体宝具は「強力な攻撃」、単体宝具は「超強力な攻撃」と威力が分けられており、敵一体へのダメージにはおよそ2倍もの差があるのだが、アーラシュの「流星一条」は全体宝具の中でも片手で数えられる程少ない「超強力な一撃」として設定されている。 加えてNPのオーバーチャージの効果は種別問わずどの宝具も「同時につくバフの効果が上昇する」位が基本で直接ダメージの増加に結び付くものは少ないが、この宝具は他にない「宝具の威力自体が上昇する」という非常に直截的な効果が設定されており、戦闘不能というデメリットと引き換えにするだけはある凄まじい殲滅威力を誇る。 …が、ゲーム的には 宝具を撃って戦闘不能になっても育成したアーラシュが本当に手持ちキャラから消滅するわけでもないので、1戦闘1発限りなだけの、令呪よりも気軽に撃てる切り札となってしまっている。 逆に、設定では五体が爆発四散する程の反動のはずが、戦闘ではガッツなどのHP0になってから耐えて復活できる状態ならば退場しなくて済むため、流星一条を複数回撃つ事も可能。 公式でもネタにしており、概念礼装「ノイジー・オブセッション」のテキストは明らかにこれを意識したような記述であり、挙句の果てに、エイプリルフールにおけるリヨ氏作画のイラスト変更では 幽霊になっていた。 アーラシュは敵として登場した際も他のサーヴァント同様宝具を使用してくるのだが、あろうことかプレイヤー側同様 使用後しっかり死ぬ。 そのためわざと宝具を撃たせてスキル等で躱すか防ぐかすれば勝手に倒せてしまう。 敵アーチャーは宝具のチャージターンが最短の3(つまり4ターン目までの命)であるというのも拍車をかける。 なお、この 反省からためストーリー六章で対戦する際には自爆を防止するために彼のみ「宝具チャージゲージそのものが無い」というかなり珍しい扱いをされている。 イベント『ネロ祭再び 2017 Autumn』では ガッツで4回蘇るアーラシュが相手となり、ステラを5回耐え切らせるという高難易度クエストまで登場した。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

【FGO】聖杯再臨してみた低レアサーヴァント【おすすめ】

アーラシュ 聖杯

それはレベルの上限が高い分、レベルアップさせるとAtkとHPのステータスが上昇するからです。 「始めたばかりで誰を育てたら良いか解らない?だったらか アーラシュさんじゃない?」 間違いなく、ゲーム初期(私は今でも主力)から最新シナリオまで役に立つサーヴァント。 是非育成をお勧めすると共に、アーラシュさんの魅力・推奨する理由について詳しく解説しようかと思います。 それではどうぞ。 アーラシュ・カマンガーの能力・詳細 東方では弓兵=アーラシュ、と言う程の大英雄。 その一射は文字通りの国境を作り出した、凄まじいまでの飛距離と破壊力。 1部6章の宝具開放は涙なしには見られませんね・・・ コマンドカード。 ヒット数はQ:3 A:2 B:1 EX:3 宝具:1 アーラシュのステータス(聖杯入り) 宝具をひたすら開放してもらう事に特化しているので、HPのフォウ君は入れていません。 アーラシュさんの保有スキル・宝具などの詳細 保有スキル解説 スキルレベルが中途半端なのは、最初期に何をどう強化して良いのか解らなかった頃の名残です。 概念礼装で限凸の【虚数魔術】や、カレイドスコープの有無で第三スキルのレベルをどこまで上げるかが重要。 数値については後述します。 強化必要素材数• 耐久戦や、宝具の使いどころを待つような場合は役に立つスキル。 毒耐性はおまけ程度の認識で、役に立てばOK 第二スキル 千里眼 スター発生率アップ。 しかしながらアーラシュ本人のコマンドカードはヒット数がさほど多いわけではないので、強化せずとも良いので第三スキルを優先しましょう。 礼装の選択肢次第で、スキルレベルをどこまで上げるか?手持ちの礼装と相談しましょう。 アーラシュさんを最高の周回要因の1人たらしめているスキル。 クラススキル 宝具「 流星一条 ステラ」 【敵全体に超強力な攻撃】という Buster宝具はアーラシュさんのみ。 オーバーチャージで更に威力が上がります。 Artsはがいます。 等倍相手でも3万以上、相性有利なら6万少々のダメージが見込める威力です。 この宝具の強みを挙げると、• 後列サーヴァントと入れ替わる事が出来る点。 まずは宝具5にしましょう。 2は周回向けの話。 前列のアーラシュさんが宝具を撃てば、その大火力ゆえにWave1の敵を全滅させる事はたやすいでしょう。 Wave2~3の敵をどうしようか、という点を考えればいいだけなので周回もし易いかと。 具体的な編制例。 スパルタクスは自前でNPが20チャージ出来るので、礼装はアーラシュさんと同じでも。 バニヤンは相性を選ばないバーサーカーという理由で採用。 相手のクラスに合わせて変更できる全体宝具持ちならそちらの方が良いです。 SUPPORT枠は全体にNP20付与のサーヴァントがいれば。 有名どころは・等。 後列二人は自由枠。 アーラシュさんの運用・総評 兎も角、宝具を撃って後列と入れ替わる高速周回向けのサーヴァント。 礼装はやはりNPチャージ系が最優先か。 もちろん、時と場合によっては対セイバー・バーサーカー相手の切り札にもなります。 高威力の全体アーチャーがいない・・・となれば、アーラシュさんを思い出してあげてください。 宝具使用後は即死するので、ガッツ付与が出来れば生き残れます。 それを生かして(?)ステラ・ガッツチャレンジ、等と言うのも一時期あったような無かったような… 以上、恐らくはFGO全ゲームを通して一番使用されているであろう宝具の持ち主、アーラシュさんについてでした。 こんにちは。 管理人です。 FGOのサーヴァントには5つのレアリティがありますが、その 上位2つは聖晶石によるガチャでしか入手できません。 しかも排出率が1%以下のガチャで入手できるのか?という問題があります。 しかしきちんと時間をかけて育てた高レアは強力ですが、逆に戦力にするまでの時間・コストは膨大になります。 名付けてFGOのススメ。 じゃあどんなサーヴァントを育てればいいのさ、という事に関しては ので、まずはこちらをご覧ください。 【Discord】でコミュニティを運営しています。 Twitter でフォロー 今週の人気記事(総合).

次の