ニキビ ヘパリン。 乳液 ニキビできる?|オススメのニキビができないローション│VIMENS

【ビーソフテンローション】ニキビへの効果、副作用、使い方は?市販で買える?

ニキビ ヘパリン

Contents• 脂漏性皮膚炎・ニキビ・アトピーの処方薬~顔の薬 プロトピック軟膏 プロトピック軟膏は、ア トピー性皮膚炎に用いる薬です。 体の過剰な免疫反応や炎症を抑える効果があ ります。 要は、アレルギーのお薬なのですが、顔の脂漏性皮膚炎に処方されるケースもあるようです。 (脂漏性皮膚炎の人は、アレルギー体質の人が多いとも聞きます) 皮膚病には明確な境界はないのかもしれませんね。 プロトピック軟膏はステロイドではないですが、ステロイドでいうミディアムクラス~ストロングクラスの強い消炎作用があります。 また、プロトピック軟膏の有効成分の粒は比較的大きいため、角質層の乱れたアトピー性皮膚炎肌には効果がありますが、健康な皮膚内部には入り込むことができず、ほとんど吸収されないという特徴があります。 つまり、「効くべきところにはしっかり効いて、薬が不要な健康な部位には吸収されない」ということです。 すごい優れものです。 ただし、プロトピック軟膏はアトピーの炎症は抑えるものの、免疫反応を抑えるためニキビができやすくなるというデメリットもあります。 私はニキビが出やすいので、プロトピック軟膏は週3回まで、と先生に言われています。 パルデスクリーム 顔のひどい湿疹用には、ステロイドのパルデスクリームを処方されています。 強さはMedium(中くらい)です。 最近はほぼ出番がないのですが、先生から「お守り代わり」と言われて、2ヶ月に1本だけもらっています。 さらっとしたクリームで塗りやすいですが、効き目は穏やかです。 ちょっとプロトピックで対応できない湿疹が出た、でもそれほど酷い症状ではない、という時がパルデスクリームの出番という感じです。 デュアック配合ゲル 最近新しく処方されるようになったニキビの薬が、デュアック配合ゲルです。 こちらは、2015年に承認されたばかりの新薬です。 私は肌が極度に弱いので、ショートコンタクト(塗って15分で洗い流す)で使うように先生から指示されています。 保管は必ず冷蔵庫でする必要がありますが、効き目は抜群で、過去20年間でニキビに処方された薬の中で一番効き目を実感しています。 赤ニキビ、黒ニキビにも効果バツグンのよ うなので、ニキビに悩んでいる方にぜひ使って頂きたいです。 ビーソフテンローション このビーソフテンローションは、皮膚科処方の保湿剤(有名なヒルドイドローションのジェネリック)です。 皮膚には保湿が一番!ということで、このビーソフテンローションが私の肌ケアの基礎になっています。 このビーソフテンローションは、今まで試したどんな高価な化粧水よりも保湿力があります。 さすが皮膚科の保湿剤! 市販品としては、少し前話題になったマツキヨのヒルメナイドローションも、同じくヘパリン類似物質含有のローションです。 このアンテベートローションは乳白色で刺激のないステロイド薬です。 強さはVery Strong(すごく強い)です。 頭皮の湿疹については、なかなか劇的な改善が見られない私ですが(お酒を飲んだり、汗をかくとどうしようもなく痒くなる)、 それでもこのアンテベートローションのおかげで、なんとか状態が安定しているという感じです。 この薬に合わせて頭皮の保湿液を併用する、というのが今のところのベストチョイスです。 こちらはステロイド剤で、強さはvery strong(とても強い)クラスです。 湿疹が出た場所に短期間だけ使用して、ザラザラが取れたらすぐ使うのを止めるように、先生からも言われています。 出番は少ないですが、二の腕や背中に湿疹が出てなかなか治らない時には、この薬が重宝します。 脂漏性皮膚炎・ニキビ・アトピーの処方薬~飲み薬 エピナスチン錠 エピナスチンはアレルギー症状全般に使われる飲み薬です。 私の肌荒れの大きな要因の一つは「アレルギー体質」なので、この薬は欠かせません。 外側からの塗り薬ももちろん大切ですが、 内側からの飲み薬もめちゃめちゃ重要です。 うっかり飲み忘れると、やはりなんとなく肌の調子が落ち込みやすい(プツっと痒い湿疹が出やすい)気がします。 アレルギーの薬なので、年間通して悩んでいる鼻炎にも効果があり、一石二鳥です。 【番外編】低容量ピル 最後はちょっと番外編ですが、低容量ピルも私の肌荒れ対策の肝です。 通常は生理痛、生理不順などに処方されるホルモンバランスを整える薬ですが、私はニキビ・肌荒れ予防のためにかれこれ10年近くピルを飲んでいます。 ピルを飲み始めてから、本当に肌荒れ(特にニキビ)の頻度が減ったので、これは本当におすすめです! ただし、ピルには血栓のリスクがあるため、半年に1度の検診と血液検査が必要です。 また、日本でピルを処方してもらうには1ヶ月2,200~3,500円ほど(病院によって異なる)かかるのもちょっと難点ですね。 まあ、美しい健康な肌のためと思えば、なんでもないのですが… ちなみに、上に貼った写真は、私が去年まで住んでいたオーストラリアで処方してもらったピルで、お値段はなんと4か月分で7ドル(約500円)! 1ヶ月分125円…日本の20分の1以下です。 脂漏性皮膚炎・ニキビ・アトピー~悩むくらいなら、今すぐ病院へ! 今回は長年皮膚病に悩む私の処方薬を紹介しました。 症状は似ているけれど、こんな薬もらったことないぞ!という方は、ぜひ上記のお薬を試してみてください。 この記事が、あなたの参考になれば大変うれしいです! 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 佐々木優香さん こんばんは!夜分遅くにすみません。 でも、諦めずに根気よく向き合ったら、必ず良くなります! すでに20年の付き合いとなっている私とは異なり、発症してまだ3ヶ月ほどということですので、 適切な治療で綺麗に完治する可能性が高いのではと思います! 私の通っている皮膚科は埼玉の浦和にある「いとう医院」という皮膚科です。 地元では有名な名医の先生がいらっしゃいます。 特に土曜は熾烈な予約争奪戦となりますので、お気を付けください。 予約ページ また、ブログへの記載について病院の許可はとっておりませんので、 後ほどコメントを削除する可能性があります。

次の

一週間でできる大人ニキビの治し方

ニキビ ヘパリン

アイドルだって大変なんですよ…。 さて、前置きはこれくらいにして、ニキビに対する私の考えをまとめていきますね! 私は小学校6年生頃から顔全体にニキビが出るようになりました。 当時はまだ幼かったため、全く気にしていませんでした。 しかし中学に入って、 思春期に入った頃から自分のニキビ顔にコンプレックスを抱くようになりました。 中学生なので食生活の乱れや睡眠不足もないのに、日々できるニキビに一喜一憂しつつ、ニキビ跡にも悩まされていました。 そこからニキビとの格闘の日々が始まったのです。 中学生にとって、ニキビのことを親に相談するのは恥ずかしいことです。 もしかしたら母親が気を使ってくれてケア用品をくれたかもしれません。 しかし親は私のニキビの悩みを気にすることは全くありませんでした。 改善の兆しが出たのはその10年後くらいでしょうか。 大学に入って、自分でアルバイトをして稼ぐようになった時です。 私は大学3年から一人暮らしを始めたのですが、その時にインターネットというのを覚えました。 そこで「ニキビの治し方」を誰にもばれずに調べられることに気づいたのです。 女性でも男性でも、 ニキビの悩みは他人に知られたくないですよね。 だってニキビは私にとって大きなコンプレックスでしたから・・・。 でもご安心ください!私は見つけましたよ!ニキビの治し方を! 一週間でできるニキビケアSTEP• 皮膚科で処方される薬• 食事の見直し• きちんとした睡眠• 肌を清潔に保つ それぞれ具体的に説明していきましょう。 皮膚科で処方される薬 知らない人が多いのですが、 ニキビは皮膚科で診療してもらえます。 ちょっと恥ずかしかったですが、相手は医者ですから安心です。 私がもらったのは「ディフェリンゲル」という塗り薬と「ルリッド錠」という飲み薬です。 ジェネリック医薬品が出てきているので、出される薬の名前(メーカー)は変わるかもしれません。 「ディフェリンゲル」は毛穴が塞がり、 皮脂がたまるのを抑える薬です。 「ルリッド錠」は 細菌による感染症を防ぐ薬です。 毛穴を引き締めたり、皮脂分泌の抑制効果があったり、コラーゲンの合成を促したり色々な効果があるようです。 いずれも皮膚科で診療したあとに処方箋を出してもらえれば、健康保険で安く買えます。 ちなみに、ドラッグストアで買える「ニキビに効く薬」は、あまり効果ないようです。 体に影響が出やすい薬はそもそも、処方箋なしでは買えませんからね。 ニキビを治す最初のステップとしては結構重要です。 でも、仕事が忙しいと病院に行く時間がなかなか取れないですよね。 もし皮膚科で診察を受ける時間がなくても、次の 2~4の取り組みを真面目に続ければ大丈夫です。 時間ができたら早めに皮膚科に行くようにしましょう。 食事の見直し 皮膚科の先生との問診で、「お菓子は好きですか?」と聞かれました・…。 どうやら お菓子を「食べ過ぎる」と、ニキビができやすい肌質になるようです。 逆に、野菜を食べなさいとかは言われませんでしたね。 水分は1日1~1. 5リットルほどしっかりと摂取すると新陳代謝が良くなると言われました。 とりあえず私は美肌を目指すためだけでなく、 ダイエットも兼ねて朝と夜は必ずサラダを食べるようにしました。 コンビニの「サラダ」+「ドレッシング」で200円くらいなので、仕事帰りに夜と翌朝用を買うようにしました。 ただし、野菜にはビタミンCが豊富にありますが、一度に摂取できる栄養には限りがあります。 朝昼晩それぞれに野菜をバランスよく食べて正しい食生活を送ることが大事です。 ニキビの治し方のSTEPとして、頑張って取り組むべき内容です。 きちんとした睡眠 これはニキビの治し方のSTEPとしては、間違いありません。 私は学生時代、ずっとネットゲームで夜ふかしをしていましたし、日常的な睡眠不足でした。 そして 夜更かしをした翌朝、気づいたらポツポツとニキビができていたことがよくありました。 これを頑張って、 夜12時くらいには寝て、最低6時間は寝るようにしました。 実際、 医学的に最適な睡眠時間は夜10時から深夜2時を含む6~8時間と言われています。 この夜の適切な時間に寝ることで、新しい肌を作る活動(ターンオーバー)が正常化するし、睡眠中に肌の再生活動は最も活発化します。 だからこの時間帯は「 お肌のゴールデンタイム」とも呼ばれています。 新しい肌が生まれてくればことにもつながり、憧れの美肌へ近づくでしょう。 また、 快適な睡眠はストレスの解消にもなります。 ストレスが溜まると肌の健康に必要なホルモンの分泌が抑えられてしまい、肌荒れやニキビができやすくなります。 学業や仕事、悩み事などで溜まるストレスは快適な睡眠で吹き飛ばしましょう。 肌を清潔に保つ これはニキビの治し方のSTEPとしては最重要です。 なぜなら、 ニキビの原因は毛穴につまる皮脂や汗、埃、メイクの残りなどの汚れを好む「アクネ菌」が増加することにある からです。 とは言え私にとって、最もハードルが高かったのがこの「肌を清潔に保つ」ことです。 以前の私は、ビオレではダメなのか?保湿?何それ、美味しいの?状態でした。 ドラッグストアにも、閉店間際を狙ってこっそり化粧水コーナーに行きましたよ。 しかし、 一体どれがどんな効果があるのかわからないし、種類がたくさんありすぎ!あとなんか、やはり私が買うにはちょっと…店員さんの視線が痛い…。 結局、原点回帰でインターネットで調べたら解決しました。 通販なら誰にもばれずに簡単に買えるじゃないか! 通販と言うと抵抗がある人がいるかもしれませんが、例えば『』のような有名なものは通販専売です。 また、洗顔料と化粧水、保湿液などセットで販売されるのが一般的で、 統一されたコンセプトに基づいてニキビケアできるのがポイントです。 化粧水と保湿液(クリーム)は肌に潤いを与えて乾燥を防ぐので、ターンオーバーを正常化して肌トラブルを予防することにもつながります。 店頭販売と違い通信販売では 1週間お試しセットが用意されているものが多いので、当記事の趣旨にも合致します。 おすすめのニキビケアセット とりあえず私でも知っているメジャーなところから、初めて聞くものまで色々と試してみました。 その中から、 私が使って肌の状態が最も安定したニキビケア用品を2つご紹介します。 ビーグレン『ニキビケアセット』 ビーグレンは 「QuSome(キューソーム)」という新しいテクノロジーを応用したニキビケア商品を開発しました。 「QuSome」とは、薬の成分を直径70~150ナノメートル(針の先に50個ほど収まる非常に小さなサイズ)にすることで、 肌の角質層まで浸透させることを可能にしたテクノロジーです。 クレイ洗顔と高濃度ビタミンCの浸透 天然クレイ「モンモリロナイト」という超微粒子の粘土を 毛穴の皮脂やアクネ菌に吸着させて綺麗にして、ニキビの原因を取り除きます。 そして、「QuSome」技術によって高濃度ビタミンCを肌の深層に浸透させることで、 ニキビの炎症を抑えて肌の修復を促し、綺麗な肌を目指します。 最新テクノロジー化粧品を試すチャンス このビーグレンの『ニキビケアセット』には洗顔料・ローション・美容液・モイスチャージェルの4点が含まれています。 この4点が 1週間分試せるトライアルセットが1,800円で購入できます。 FUJIFILM『ルナメアAC』 富士フィルム(FUJIFILM)と言えば写真フィルム分野の第一人者ですが、2000年代から 写真フィルムの技術をヘルスケア分野や医療分野の研究に活用して大きな進展を見せています。 特に化粧品事業では松田聖子さんや中島みゆきさんを起用し、若者から中高年からの評価も高まっています。 最大の武器はファイバースクラブ ルナミアACの特徴は ファイバースクラブという糸状の繊維です。 ファイバースクラブは毛穴より細いため、毛穴上部にもぐりこんで角栓や毛穴を絡み取ります。 そして 毛穴内の皮脂が排除され、ニキビの原因が減り、ニキビを防ぎます。 FUJIFILMだからこそ開発できた最新の研究結果と言えます。 気軽に試せるのが魅力 この ルナメアACの洗顔料・化粧水・ジェルクリームがセットになった「1週間お手入れキット」が1,000円で購入できます。 送料無料でお手軽に購入できるので、まずは1週間ニキビケアにチャレンジしてみようという人にお勧めです。 ざっくりとした説明になりますが、 ビーグレンはアメリカ産、ルナメアは日本産という感じです。 2つとも一週間分のトライアルセットがあるので、両方買って比べてみるのもいいかもしれませんね。 使う際はも心がけてくださいね。 ニキビに悩んでいる男性、女性の方。 ニキビの治し方がわからない、同じ悩みを抱えるみなさん。 とりあえず、一週間頑張ってみましょう。 長すぎると読むの大変なので、詳細は個別の記事にまとめてあるので時間がある人は読んでみてください。 ニキビができる原因 ニキビは毛穴に詰まった皮脂や汗、ほこりなどにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことが原因 です。 アクネ菌自体は人間の皮膚に常駐する菌ですが、異常に繁殖することが問題なのです。 ニキビが悪化する原因としては過剰なスキンケアや肌質に合わないメイクや化粧品を使用することが挙げられます。 炎症を起こしているニキビはもちろん、顔の皮膚は厚いようで刺激には敏感なので大切に扱いましょう。 他にも色々あるのでもっと知りたい人はをご覧ください。 ニキビの種類 ニキビは初期から早期治療が必要な段階まで色々あります。 初期状態はで毛穴に汚れが詰まった状態です。 この汚れが皮膚の表面に出てきて酸化するとになります。 この2種類は日々の洗顔などのスキンケアを徹底すれば改善の見込みがあります。 そこから炎症を起こすると一般的なになります。 よくあるのが赤ニキビですが、しっかり治さないと跡になるし、大きいと痛みを伴うこともあります。 この時に 白血球がアクネ菌を排除する際にできる細胞組織の残骸が膿となって毛穴に貯まるとになります。 黄色ニキビの原因は体が治そうとすることにあるのです。 膿だけうまく潰せば早く治すことができますが、不安な人は皮膚科で面皰圧出器を使った治療を受けるとよいでしょう。 もし ニキビが紫色になっていたら早急に皮膚科で治療が必要です。 このは血と膿がたまって赤紫色に腫れ上がっている状態です。 自然治癒が困難で、切開するか漢方薬を使って治療することもあります。 肌トラブルを予防するには 食生活の乱れや睡眠不足になるとニキビや肌荒れなどが悪化しやすくなります。 また 肌が乾燥していると刺激に対して敏感になり、ターンオーバーも乱れやすくなります。 角質まで綺麗にしようと過剰なスキンケアをするのも逆効果になりやすいので、正しい知識をもって肌を大切に扱うことが重要です。 場所ごとの原因と治し方をまとめた記事.

次の

【ニキビの薬】ゼビアックスローションを皮膚科医がわかりやすく解説

ニキビ ヘパリン

「ヒルドイド」。 美容に関心の高い女性なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 ヒルドイドは、アトピー性皮膚炎による強い肌の乾燥、打撲によるあざの治療、ケガをしたあとのケロイドの予防などに用いられる医療用医薬品です。 健康保険も適用されており、かかった費用の一部(年齢に応じて1~3割)を負担するだけで、薬の処方を受けられます。 ところが1~2年前から、このヒルドイドを「化粧クリーム代わり」にするために皮膚科を受診する女性たちが目立つようになり、今、大きな問題になっています。 究極のアンチエイジングクリーム? 口コミで広がるヒルドイドの評判 ヒルドイドは、マルホ株式会社(以下、マルホ)が製造販売している保湿剤の商品名です。 主成分は「ヘパリン類似物質」と呼ばれているもので、肌への強い保湿力のほか、血行促進、抗炎症作用などの効果が認められています。 こうした薬効が、乾燥肌や加齢によるしわなど、女性が気になる肌トラブルを解消すると口コミで広がり、女性向けの美容雑誌や美容サイトなどでも紹介されるようになりました。 食品メーカーで働くカオルさん(50歳)の職場でも、同僚とのおしゃべりのなかでヒルドイドがたびたび登場するようになり、その日もランチの時に話題になりました。 「美容サイトで、ヒルドイドは究極のアンチエイジングクリームって紹介されていたの。 使ってみたいわ」 「何万円もする美容液よりも美肌効果があるんですってね」 ほかにも、「ひどい乾燥肌だったのが、赤ちゃんの肌のようにツルツルになった」「塗って1週間くらいでハリが出て、毛穴が目立たなくなった」など、使ってみたくなるような話が次々と出てきました。 ヒルドイドを使っている同僚は、「皮膚科で肌の乾燥がひどいといって処方してもらった。 健康保険が使えたので、診察や薬代も合わせて1000~2000円程度」だったとか。 最近、同年代の彼女の肌がしっとりときれいになったのは、ヒルドイドのおかげだったのかと納得するとともに、費用にも驚きました。 究極のアンチエイジングクリームといわれているものが、1000円そこそこで手に入るというのです。 このところシワが目立つようになってきたカオルさんは、同僚たちの話を聞いているうちに「私も使ってみたい!」と思うようになりました。 その夜、カオルさんはさっそくネットで「ヒルドイド」を検索。 女性向けの美容サイトや個人のブログなどがヒットし、同僚たちがいうような美肌効果をうたう書き込みがたくさん見つかりました。 一方で、美容目的で皮膚科を受診し、健康保険を使ってヒルドイドを処方してもらうことに警鐘を鳴らす新聞記事などもありました。 「たしかに、健康保険は病気やケガをしたときに使うものですよね。 シワは気になるけれど病気ではないし。 よく考えてみると、ヒルドイドを化粧クリーム代わりにするために、健康保険を使うのはなんだかちょっと気がひけます。 みんな、気にしていないようですが、美容目的で健康保険を使っても問題ないのでしょうか?」(カオルさん) 美容目的で皮膚科を受診して健康保険を使うのは違法行為 結論からいうと、美容目的で皮膚科を受診し、健康保険を使ってヒルドイドを処方してもらうのは「違法」です。 健康保険法や国民健康保険法では、健康保険を使って給付を受けられる範囲を「病気、ケガ、出産、死亡」としており、「美容」や「予防」で使うことは認めていません。 ところが、ヒルドイドの評判が口コミで広がったことで、ここ1~2年、美容目的での健康保険の使用が疑われるケースが急増しているのです。 薬は正しく使えば病気やケガの回復を助けてくれますが、用量を間違えたり、飲み合わせが悪かったりすると思わぬ健康被害を招くことがあります。 そのため、医療用医薬品は医師が患者を診察したうえで、症状に合わせて処方することになっています。 健康保険を使う場合は、「この薬は、この病気やケガにしか使えない」という適応も決まっています。 ヒルドイドを健康保険で使えるのは、「血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血種・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)」です。 「加齢によるしわ」「肌の乾燥」などで、ヒルドイドを使ってよいとはどこにも書かれていないのですが、患者さんからの強い希望で、仕方なく「皮脂欠乏症」などの保険病名をつけてヒルドイドを処方しているクリニックが少なからずあるようです。 つまり、本当に薬を処方する必要があるのかどうか疑わしい症状(その症状もあるかどうか不明)でも、むりやり病名をつけて健康保険にお金を請求しているのです。 そのため、ヒルドイドを美容目的で使うことは法令違反もさることながら、健康保険の無駄遣いが大きな問題になっています。 具体的な金額を見ていきましょう。 美容目的でのヒルドイド使用は、全国で年間「93億円」になると推計 ヒルドイドには、ソフト軟膏、クリーム、ローション、スプレーの4つの剤形がありますが、いずれも国が決めた薬価は1gあたり23. たとえば、ヒルドイドソフト軟膏25gの1本あたりの薬剤料は590円です。 健康保険を使う場合は、このほかに医療機関の受診料、薬局での技術料なども必要になります。 自己負担額は1060円。 薬局の費用:調剤基本料590円、調剤料100円、薬学管理料380円、薬剤料590円で合計1660円。 自己負担額は500円。 ・70歳未満の人(3割負担)が、皮膚科の診療所をはじめて受診した場合で試算。 処方した薬は1剤のみ。 薬局は、調剤基本料1に加えて後発医薬品調剤体制加算1を算定。 調剤料は外用薬。 薬学管理料は、おくすり手帳を持参した薬剤服用歴管理指導料。 処方薬はヒルドイドソフト軟膏0. 3%(25g)。 これは健康保険適用「前」の金額なので、70歳未満で3割負担の人の自己負担額は1560円。 究極のアンチエイジングクリームといわれる塗り薬が、この金額で手に入るのですから、ヒルドイドを求める女性たちの気持ちもわからないではありません。 でも、残りの3620円は健康保険組合が負担しており、その財源には保険料のほか税金も投入されています。 つまり、国民共有の財産である健康保険料や税金で、命にかかわりのない美容クリームを買っていることになります。 ヒルドイドを使う人からすれば、健康保険が使えるほうがお得かもしれませんが、保険料を納めるに立場に立つと、ルールを破って美容目的でヒルドイドを使った人の医療費を負担させられるのは釈然としないのではないでしょうか。 そのため、美容目的で健康保険を使用する女性たちには今、とても厳しい目が注がれています。 同時に、美容目的であることを薄々察知しながらも、保険病名をつけてヒルドイドを処方している医師の責任も問われています。 「たかが3000~4000円なのだから、ケチケチしなくてもいいじゃない」と思うかもしれません。 たしかに、不正使用がひとりやふたりなら、大きな問題にはならなかったでしょう。 でも、多くの人が同じように考えて美容目的でヒルドイドを求めた結果、健康保険財政には大きな影響が出ているのです。 この調査研究ではヘパリン類似物質の薬剤費の男女比も調べていますが、女性の使用額は男性の1. とくに女性の薬剤費が高額になっているのは25~54歳です。 さらに、2014年9月からの1年間に比べると、2015年9月からの1年間の処方件数が急増していることから、ヒルドイドをはじめとしたヘパリン類似物質の処方が増えた背景には「美容アイテムとしての『ヒルドイド』の流行が考えられる」と結論づけています。 美容目的でのヒルドイド使用の実態が明らかになったことで、健保連では、病名が皮脂欠乏症などの「皮膚乾燥症」で、処方されているのがヘパリン類似物質または白色ワセリンの保湿剤のみ。 ほかの外用薬や抗ヒスタミン薬が同時処方されていないケースでは、今後、健康保険を適用しないことを政策提言しています。 そして、中長期的には、保湿剤そのものを保険適用外にすることを検討すべきと訴えています。 つまり、病気だろうと、美容目的だろうと関係なく、将来的には保湿剤には健康保険を使えないようにしていこうとしているのです。 ヒルドイドが保険適用外になると、本当に病気の人たちに被害が及ぶ もしも、これが現実のものとなれば、困るのは本当にヒルドイドを必要としている皮膚の病の患者さんたちでしょう。 美容目的なら必ずしもヒルドイドを使わなくてもいいけれど、アトピー性皮膚炎などで肌に強い乾燥がある患者さんのなかには、ヒルドイドを手放せない人もいます。 それなのに必要性の低いヒルドイドの処方が横行したせいで、保湿剤には一律に健康保険が適用しないことになると、病気で苦しんでいる人の負担が増えることになってしまいます。 こうした事態を重く見たヒルドイドの発売元であるマルホは、美容目的での使用が増えている背景に「一部の雑誌やインターネット上に、美容目的での使用を推奨していると受け取られかねない記事」があるとして、10月18日に「ヒルドイドの適正使用に関するお知らせ」を発表。 ヒルドイドを美容目的などの適応外使用を推奨することは、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」の第六六条(誇大広告等)に抵触するおそれがあることを注意喚起しています。 マルホでは、継続的に雑誌やネットの記事をモニタリングし、ヒルドイドの美容目的使用を推奨するような記事を見つけた場合は、発行元や配信元に対して意見書を送って、ヒルドイドを化粧品のように紹介することを控えてもらうようにお願いしてきたそうです。 ところが、一向になくならない記事に加えて、健康保険財政の悪化を懸念し、今回のお知らせを発表するに至りました。 健康保険は国民共通の財産です。 医療の高度化や人口の高齢化などで、日本の医療費は上昇し続けており、健康保険は厳しい財政運営を強いられています。 みんながルールを守って使わなければ、今以上に財政が悪化して保険給付の範囲が狭められ、自分が病気やケガをしたときに、必要な医療が受けられなくなる可能性も否定できません。 ヒルドイドを美容目的で使っている人は、すぐにやめてほしいと思います。 そして、あなたの周りにヒルドイドを美容目的で使っている人がいるなら、「それは違法行為だ」ということを教えてあげてください。 ヒルドイドを使いたいなら、全額自費か市販薬の利用を検討したい それでも、どうしても化粧クリーム代わりにヒルドイドを使いたい人は、全額自費で処方してもらえないかどうか、医師に相談してみてはいかがでしょうか。 ヒルドイドは医療用医薬品なので、お金さえ出せば誰でも使えるというものではありませんが、医師が診察したうえで問題がなければ、処方してもらうことは可能です。 ただし、健康保険は利用できないので、費用が高くなることは承知のうえで医師にご相談を。 また、薬局やドラッグストアでは、ヒルドイドの主成分であるヘパリン類似物質が配合された市販薬が販売されているため、これらを利用することも検討してみましょう。 たとえば、グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンの「HPクリーム」は、ヘパリン類似物質の含有量がヒルドイドと同じです。 価格はオープン価格で、25g入りが1本あたり900~1300円程度。 健康保険を使うのと同じ程度の価格で入手できます。 ヘパリン類似物質を主成分とする市販薬は、ほかにもゼリア新薬の「ヘパリンZクリーム」、ロート製薬の「ヘパリペア」などがあります。 ジェネリック医薬品なら価格設定の低いものもあるので、薬剤師に相談しながら使いたいものを選んでいくといいでしょう。 日本で、国民皆保険が実現したのは1961年。 それでも、この半世紀間、日本が国民皆保険を守ってきたのは、健康保険が国民にとってなくてはならないもので、絶対になくしてはいけないものだからです。 それでも、医療の高度化や人口の高齢化によって健康保険財政は、年々厳しさを増しています。 美容目的での健康保険の無駄遣いは、厳しい保険財政をさらにひっ迫させることにつながります。 「あのとき健康保険を無駄遣いしたから、病気やケガをしたときに必要な医療が受けられなくなってしまった」といった事態が起こらないように、健康保険は正しく利用したいものです。 関連記事•

次の