イチャイチャ タクティクス。 BORUTO ボルト 127話「イチャイチャタクティクス」感想・ネタバレ

イチャイチャタクティクス

イチャイチャ タクティクス

Contents• アニメBORUTO 第127話『 イチャイチャタクティクス』のあらすじ・感想~ネタバレ有? アニメBORUTO公式HPの 第127話『 イチャイチャタクティクス』 予告!! アニメBORUTO公式HPの 第127話『 イチャイチャタクティクス』 の予告はこんな感じですよね。 父ナルトのかつての師匠、自来也(ジライヤ)の話を聞いたボルトは、自来也について知りたくなる。 作家の人柄を知るためにはその著書を読んでみるのが手っ取り早い。 ということで、早速本を探し始めるボルトたち。 引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」公式HP アニメBORUTO 第127話『 イチャイチャタクティクス』』の見どころ~ちょっとネタバレ! アニメBORUTO第127話『イチャイチャタクティクス』の見どころは… アニメBORUTO第127話は、父・ナルトの師・自来也に興味をもったボルトが、 サラダと共に自来也の代表作・イチャイチャタクティクスを求めて行動するストーリーです。 イチャイチャタクティクスを求めて里を捜し歩く二人は、 途中で出会ったナルトの同期生(キバ、シノ、チョウジ、サスケ)に自来也のことを尋ねます。 皆が異口同音に自来也は素晴らしい忍だったと褒め称えますが、 なぜか果心居士の著作・イチャイチャタクティクスの内容のことになると言葉を濁します。 そんなに素晴らしい忍の著作なら、内容も凄いに違いない! 自来也の評判を聞くたびに期待を大きく膨らませる二人は、 無事に自来也の代表作・イチャイチャタクティクスを手に入れることができるのか? って言うか、ナルトの同期生の面々ときたら、 ちなみに、自来也は、綱手、大蛇丸とともに木ノ葉の伝説の三忍と呼ばれ、他里に一目置かれた忍びでした。 また、ナルト名付け親であり、師匠として、ナルトの忍道に深い影響を与えた人物でしたね。 豪胆で奔放、どスケベ?な性格の自来也は、普段はナルトにエロ仙人と呼ばれていましたけどねw 大ガマ仙人の予言を信じて、戦乱の世の忍界を旅しながら、 自来也が書き上げた官能小説が、イチャイチャ タクティクス シリーズ三部作です。 確かに、子供にエロ小説的な感じの作品は勧められないけど…。 のちに成長した三人の手によって暁が結成され、この暁(ペイン戦)の手にかかり殉職することに…。 ただ、自来也は、雨隠れの里で、ペインの手にかかり、 水中深く沈んで殉職するのですが、遺体は発見されていないのですよね。 そんなところから、将来ボルトたちが対峙することになる 殻という組織に所属する果心居士という人物が自来也ではないかと言う疑念を持たれていますね。 そう考えると、将来のストーリーの伏線として、 このタイミングで、自来也のデティールに触れておく感じなのかもしれないなって思いました。 それと、第127話で気になることがもう一つありますよね? 前回、第126話でも同じ場面があったのですが、 里の巨大モニターに映されていたニュースで言っていた古代遺跡って何なのかな? 引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」 何某かの封印が施された遺跡と言うことですが、 中央に描かれた九つの〇の紋様って、大筒木一族に関連する遺跡の特徴に似ていますよね? 大筒木ウラシキとの戦いが避けられない状況の中、 この古代遺跡が、どういう役割を担うのか?気になるところですよね。 伝説の三忍の命名の由来は…? 山椒魚の半蔵から木ノ葉の三忍と称されたときの1シーン。 左から、若き日の大蛇丸、綱手、自来也。 引用元:TV東京 アニメ「NARUTO」 雨隠れの里長、山椒魚の半蔵と交戦した折のこと、 劣勢にも拘らず良く戦い貫く三人の実力を認めた半蔵が、その武勇を称え、木ノ葉の三忍という言葉を贈ったのが始まりです。 その後の第三次忍界大戦でも自来也、綱手、大蛇丸の三人は数々の武勲を上げ、 その圧倒的な実力を他国からも認められ、伝説の三忍の呼び名を確固たるものとました。 自来也 引用元:TV東京 アニメ「NARUTO」 自来也は、下人時代は猿飛ヒルゼンに師事していた木ノ葉隠れの里の上忍です。 時空間忍術の修行中に誤って蝦蟇の里・妙木山に迷い込んだことが縁で仙術も身に付けます。 無類の女好きで、綱手からはインテリエロ助、ナルトからはエロ仙人と呼ばれていました。 自来也は、蝦蟇の里・妙木山の大ガマ仙人の予言を授かって以降… 小説を書きながら全国を放浪し、この世に変革をもたらす者を探し世を安定に導きたいと願っていました。 自来也は、ペイン戦で殉死しますが、その願いは、 紆余曲折を経て、弟子となった長門とナルトによって叶えられたといえるのでしょう。 自来也の著書~ド根性忍伝とイチャイチャタクティクスシリーズ 自来也の主な著書は、処女作「ド根性忍伝」とイチャイチャタクティクス シリーズです。 自来也の処女作・ド根性忍伝のモデルは、雨隠れの里で出会い自来也の弟子となった戦争孤児・長門でした。 ド根性忍伝に感銘を受けたミナト(四代目火影)とクシナ(九尾の人柱力)夫妻は、 自来也師匠の了承の元、ド根性忍伝の主人公の名前を取って二人の子をナルトと命名します。 ナルトと長門は、後年ペイン戦で戦うことになりますが、 ド根性忍伝が二人の触媒となり、長門の心を開き、この戦いに終止符がうたれます。 イチャイチャシリーズは、アニメNARUTOの世界の大ベストセラーで、カカシの愛読書として屡々登場しています。 イチャイチャパラダイス(上・中・下)• イチャイチャバイオレンス• 下人時代は猿飛ヒルゼンに師事していました。 忍界随一の医療忍術のスペシャリストで、桜花衝による怪力の破壊力は強大です。 また、百豪の術で額にチャクラを貯め続け、印(百豪の印)を結んでいます。 有事には百豪の印(額のひし形の文様)を開放することで忍法・創造再生を発動できます。 第三次忍界対戦後で最愛の弟・縄樹と恋人・加藤ダンを失った綱手は、 失意から、綱手に師事するシズネを付き人として放浪の旅に出ていました。 無類の博打好きなのに博才はゼロ、放浪中、その道の人々に伝説のカモと呼ばれていました。 しかし、大蛇丸が仕掛けた木ノ葉崩しで三代目火影猿飛ヒルゼンが殉死したことから、 自来也の要請を受け入れ、五代目火影就任のため里に帰還しました。 第四次忍界大戦中にサクラ(サラダの母)の強い要望を受け弟子入りを許します。 その後、サクラは、百豪の術や桜花衝も会得し、自来也から綱手二号と称されるほど成長します。 余談ですが、綱手とサクラは、 百豪の術で溜め込むチャクラを流用することで、いつまでも若い容姿を維持しています。 註:ヒルゼンは、波風ミナト(ナルトの父)に火影の座を譲り一度隠居しますが、 九尾(九喇嘛)が木ノ葉の里を襲った際、ミナトが殉死したため再び火影の任につきました。 それ故、ヒルゼンの後任として火影に就任した綱手は五代目火影となります。 大蛇丸 引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」 大蛇丸は、かつては自来也、綱手(後の五代目火影)とともに、 木ノ葉隠れの里の『伝説の三忍』と呼ばれ、将来を嘱望された忍界最強の忍でした。 ボルトたち第七班の一員であるミツキの創造主でもあります。 両親の死をきっかけに、この世の全ての忍術を極めたいという野望をもつようになった大蛇丸は、 木ノ葉のの忍びであったときに里人を拉致して人体実験をしながら、 禁術や不老不死の研究をしていたことが発覚し、木ノ葉の里を追われる身になりました。 里抜け後は、音隠れの里を創設、『不屍転生』の術を開発し事実上の不老不死を可能にしました。 ミツキを造り出したクローン技術の土台は、このころからの研究の成果なんでしょうね。 その後、四代目風影を抹殺し、砂隠れの里を欺き、 木ノ葉の里に戦争を仕掛ける(木ノ葉崩し)事件を起こしたことがあります。 大蛇丸が画策した木ノ葉崩しは失敗に帰しますが、 この時の大蛇丸との戦闘で、三代目火影猿飛ヒルゼンが殉死します。 大蛇丸は、『不屍転生』の器としてサスケを嘱望していた時期がありました。 詳細は割愛しますが、サスケを『不屍転生』の器として手元に置くために、 約3年の期間をかけて、大蛇丸のアジトでサスケに修行をつけていたことがあります。 その後、大蛇丸に見切りをつけたサスケと大蛇丸は戦うことになりますが、 大蛇丸が転生した肉体が弱っていたことも災いして?戦いはサスケの勝利で終わります。 一度はサスケに敗れた大蛇丸ですが、 サスケの意思で、重吾に抉り取らせた薬師カブトの肉体を利用し、 「解邪法印」で、みたらしアンコの呪印に封印していた仙術チャクラと意識をつかって復活します。 この後、紆余曲折はありましたが、第四次忍界大戦ではナルトらと共闘します。 現在は、大蛇丸も後進の成長を見守る楽しみを覚え、アジトで大人しく?隠居しているようですね。 アニメBORUTO第127話『イチャイチャタクティクス』のあらすじは、こんな感じ… アニメBORUTO第127話は、うずまき家の朝食風景から始まります。 ガツガツと朝ご飯を搔き込み、サスケの元へ修行を付けて貰いに行くと言うボルト。 サスケ君だって、たまに家に帰った時ぐらい、少しはゆっくりしたいんじゃない? ヒナタは、ほとんど里に居ないサスケのこと、 サクラやサラダのことを想い諮り、サスケと家族に団らんの時をと言いますが…。 忍に休息などない! ボルトは、サスケならそう言うに決まっていると断言しますw そんな、ボルトの言い草に、昔のナルトを重ねて、思わず吹き出すヒナタ。 父に似ていると言われて、不服そうなボルトに、 ヒナタは、お父さんもお師匠様に稽古を付けて貰おうと頑張っていたからと言います。 えっ、父ちゃんに師匠なんていたの? 忍界最強の忍と言われる父・ナルトに支障がいたことに驚くボルト。 ボルトから見れば、ナルトは、 生まれた時から最強だったとでも思っていたのでしょうかね(笑 ヒナタから、ナルトの師匠が自来也と言う人だと聞いたボルトは、会ってみたいなと言いだします。 ん…それは無理なの、亡くなられたから。 ヒナタは、少し悲し気に自来也が、既に鬼籍の人であることを告げます。 そうか…。 少し残念そうなボルトに、ヒナタは、写真ならあると言い、アルバムを持ってきます。 ヒナタが広げたアルバムに写る少年期のナルトと同期生たち ヒナタは、思い出のアルバムを持ってくると、膝の上で広げます。 第四次忍界大戦で、ナルトとヒナタを庇い殉職。 ナルトのアカデミー同期生たちの集合写真 引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」 父・ナルトの少年時代の写真を食い入るように見るボルトとヒマワリ…。 同期生が集まった集合写真を見たボルトが、ふと疑問を口にします。 あれ、この写真、サスケさんいないけど…? 集合写真にサスケの姿が無いことを疑問に思うボルト…。 当時のサスケのことを尋ねられたヒナタは、一瞬返事に窮しますが、無難なレスを返して凌ぎます。 実は、この頃のサスケは、兄・イタチを殺すことに執着し、里抜けして大蛇丸の元へ行っていたのですから…。 何だよ、父ちゃんのところか… 残念ながら、サスケは火影屋敷に出かけていました。 応対に出たサラダに不満をぶつけるボルトが自来也の話題に触れると、 サラダは、自来也の著書にイチャイチャタクティクスというのがあるらしいと言います。 サラダ! ボルトは、サラダに合図して、声がした方へと急ぎます。 マテっ! ボルトより早く、キバが泥棒の行く手をふさぎ、背後からシノが手刀で仕留めます。 周囲にいた一般客の拍手に気をよくして、得意満面のキバw ボルトは、丁度よく表れたキバとシノに イチャイチャタクティクスのことを聞いてみることに… それは、その…自来也様が…書いた…本…だよな…。 急に歯切れが悪くなったキバ、シノもどうこたえるべきか困った様子w 自来也様のこと知ってるの? シノとキバが、自来也のことを知っていると知り、興奮意味のボルト。 シノは、自来也が、三代目火影の弟子で、伝説の三忍の一人、とにかく凄い忍で、 四代目と七代目、二世代にわたる火影の師匠で忍界大戦の立役者であったことを教えます。 父ちゃんだけでなく、爺ちゃんもか…。 自来也が、父・ナルトだけでなく、祖父・波風ミナトの師匠でもあったことに驚きます。 そんな立派な人だったんですか。 シノの話しを聞いたサラダは、素直に自来也の業績を受け止めたようです。 伝説の三忍、自来也のほかの二人、綱手と大蛇丸は何故若いままなの? 少し余談になりますが… 三代目火影・猿右飛ヒルゼンに師事していた自来也たち三忍、 ということは、世代的に言うと、ナルトの父・波風ミナトの一つ上の世代と言うことになります。 つまり、ボルトから見ると、曾祖父の世代に当たるわけです。 綱手と大蛇丸も自来也と同じ世代の忍って…二人ともメチャ若くないですか? 実は、この二人が、いつまでも若々しいのには秘密があります。 綱手は、百豪の術で、額の印(白豪の印)に貯めたチャクラを貫流することで若々しさを保っています。 フリマに古着を出品のチョウチョウとチョウジ父娘、クイ・ダオレと遭遇だw 結局、シノとキバからはイチャイチャタクティクスの内容を聞き出すことはできませんでした。 オマエらにはまだ早い!! シノたちに一喝されてしまったイチャイチャの内容とは? きっと人生経験を重ねないと理解できない難解な本なんだ! ボルトとサラダは、イチャイチャ…の内容にますます期待を膨らませますw と、少し離れたところからサラダを呼ぶ声が… 声のした方を振り向くと、チョウチョウとチョウジがフリマに古着を出店しています。 丁度、今のボルトの年頃だったなぁ~。 話題を変えようとチョウジは、ナルトが自来也の元で修業して、螺旋丸と口寄せの術を会得したことを話します。 おっ、そうか!! チョウチョウの提案を聞いて、ボルトとサラダは古道具屋へ… 父ちゃん、このTシャツ、オレにも着られそうだよ! チョウジの古着屋に突然現れたのは、クーイとダオレの親子です。 チョウチョウは、タイムセールと銘打って、 クーイとダオレ親子に古着を売り付けにかかります。 行くよ、ボルト、サラダ! クイダオレ親子が、買う気になったのを見届けたチョウチョウは、古道具屋へと一目散w 古道具屋についた三人は、店の人にイチャイチャ…を扱っているか尋ねます。 イチャイチャシリーズは5、6作品あるみたいなんだけど… 台帳を調べて、古本コーナーの棚を探す店の人、三人は真剣な眼差しで見つめますw あったあった…コレだよ! やっと見つけた店の人がイチャイチャ…を手に取ってみせます。 オレたちは、自来也さんのことが知りたかっただけなのに… 不服そうなボルトとサラダですが、今日のところは諦めて解散することにしました。 里の巨大モニターの前を二人が通った時に流されていたニュース… 前回のアニメBORUTOでもチラッと同じニュースの画面が映りましたよね? 火の国の考古学研究チームが、 海底から古代の遺物とされる化石のようなものを発見したというニュースなんですが… なんか意味ありげで、今後のストーリーに絡んでくるのでしょうかね? ボルトとサスケの会話、ナルトと自来也の深い師弟の関係… サラダと別れたボルトは、サスケに会えるかも知れないと期待して演習場へ向かいます。 そして…サスケがいた! サスケさん!! 嬉しそうにサスケに駆け寄るボルト。 久し振りに師匠(サスケ)に会えたボルトは、サスケに自来也のことを尋ねます。 自来也のことが知りたい、急にどうした? 訝しがるサスケに、母ちゃんが凄い忍ったって言ってたからだと理由を説明します。 なぁ、父ちゃんやサスケさんより強いって、ホントなのか? それとさ、母ちゃんが、 父ちゃんと自来也さんの関係って、オレとサスケさんと同じ師弟だって言ってたんだけど…。 サスケは、ナルトと自来也の師弟関係の深い部分をボルトに語り始めます。 ナルトは、自分の目的のために、 自来也の元で必死に修行を積み、最終的にはそれが実を結ぶことになった。 オレも螺旋丸とか手裏剣とか習ったから変わらないな、と言うボルト。 サスケはボルトの認識を否定して、そういう問題ではないと言い言葉を続けます。 ナルトは、命を懸けて守る者のために修行をしていたんだ。 今のナルトがあるのは、自来也の存在が大きい。 アイツに忍者とは何たるか、そして歩む忍道を教えたのだから…。 ナルトにとって、自来也は、父であり師匠でもある、 オレとオマエは、あの二人の域には達していないだろう。 サスケさんが言うのなら、そうなんだろうな… 暫らく考え込んだボルトは、サスケの言葉を自分なりに噛みしめているようですね。 ところで…サスケが話した、ナルトの目的、命を懸けて守る者って? 自来也と修行をしていた当時のナルトは、 里抜けして大蛇丸の元へ走ったサスケを連れ戻すことが目下の目的でしたよね。 サスケに認められるくらい強くなって、アイツを連れ戻す。 大好きなサクラちゃんとの約束(自分との約束でもある)を果たそうと頑張ったんでしたね。 これは、サスケが自分で答えにくい質問だな~ッと思ったのですが…。 その頃のオレは、道を見失っていた…。 サスケが、言葉を切り出すとすぐ、ボルトが迷子になったんだと早合点します(笑 そんなところだ…。 サスケの早合点に、込み入った過去を話すことなく、会話は終了w でも、サスケの最初の感じだと、当時の自分のことを、ありのままに話すつもりだったのかも知れませんね。 で、このあとボルトは、カカシからイチャイチャを借りてくれと頼みますが…。 あれは、ダメだ! サスケに、バッサリ一刀両断で却下されて終わりますw 父ちゃんって、オレぐらいの時どうだった?ヒナタのおのろけ… ボルトは、夕食の食卓で、ヒナタに少年時代のナルトのことを尋ねます。 父ちゃんって、オレくらいの時、どうだった? 突然のボルトの質問に、訝しがるヒナタ、TVには、海底遺跡のニュースが流れています。 いつも真っ直ぐで… 真っ直ぐ、自分の言葉は曲げねぇ、それがオレの忍道だ!って言うのが口癖でね。 その言葉通り、常に前を向いて、絶対に諦めなかった。 仲間のことを大切に思って、守るって決めて、その言葉に嘘や偽りはない。 お父さんは、その言葉を胸に、ずっと頑張ってきたのよ。 あった! イチャイチャを見つけて喜ぶボルトですが…。 ウッカリ、バランスを崩して椅子から落下、物音に気付いたヒナタも書斎にやってきます。 悪いなぁ、サスケ…。 ナルトは、緊張した面持ちで、緊急でサスケを呼び出した要件を話し出します。 国境付近で警備をしていた忍びからの報告で、 大筒木ウラシキが、里の者(忍?)のチャクラを見境なく奪っていることが判明。 尾獣のチャクラが感じられませんね。 …人間どもがこざかしい真似を。 その時、火影屋敷の上空には、空中を浮遊する大筒木ウラシキの姿がありました。 いよいよ、大筒木ウラシキとの最終対決の日が近そうですね。 アニメBORUTO第127話『イチャイチャタクティクス』を観たファンの感想は? アニメBORUTO第127話『イチャイチャタクティクス』を観た ファンの感想が気になりますよね? 早速、 Twitterを覗いてみました。 ファンの声 あとどうしても自来也って呼ぶよりエロ仙人のほうがしっくりくるの私だけですかw 弟子全員公認 — しゆり mYbBVfMFwY17DwH エロ仙人…自来也懐かしいです イチャイチャシリーズ、どんな内容なんでしょうね~ — ミル 個ツイ Illust121llll サクラ、ナルト、ヒナタで写ってる写真めっちゃ感慨深いなー。 イチャイチャタクティクス読んだときのサラダちゃんの顔とか気になるわ — -焔-ガールズシップ素敵 5pHKSDfr4dJodCy 久しぶりにBORUTOみたけど イチャイチャタクティクスとか懐かしい 自来也もネジも戻ってきて欲しいよね — ひみこ himiko04253 イチャイチャタクティクスへの大人世代達の反応が面白すぎる — 住 sumassyu2 まとめ アニメBORUTO第127話『イチャイチャタクティクス』の見どころは…• Twitterでは、ボルトの親世代の若い頃、自来也、ネジ…懐かしい仲間の写真が沢山と懐かしむ声多数!• Twitterでは、イチャイチャタクティクスを探す子供たちに対応する大人たちの反応がw でした。

次の

第127話 イチャイチャタクティクス|BORUTO

イチャイチャ タクティクス

彼女とイチャイチャしたい男性心理10選の中でも、独占欲と彼女とイチャイチャしたい男性心理とは少し似ているところがあります。 想いの強い独占欲を満たすために、力尽くで実行に移すこともあるので、イチャつく加減もエスカレートしないように注意しないといけません。 彼女が独占欲と思わないように思いやりが必要です。 彼女とイチャイチャしたい男性心理10選では、独占欲が強い傾向があります。 決して、強制的ではありますんが、自分がいるときには、側にずっといて欲しいと思っています。 離れて座るのも納得できない人もいるようです。 お母さんのように、説明をして離れるようにすると、わかってくるます。 初めての人でもしばらくこの空間にいるだけで、打ち解けやすくなり、距離が縮まります。 彼女も彼がイチャイチャしてきても、抵抗無く、嫌な気持ちにはならずに、彼女自身も甘えたくなります。 彼女にイチャイチャしたい男性心理10選を謎とく中でも、車の中でイチャつく男性がとても多いです。 車の中という密室の中にいると、男性の興奮度も高まりますよね。 誰にも見られたくはない、公共の場で彼女とイチャイチャしたいけどイチャつけない男性は、車の中では興奮できるし、見られにくい場所とも言えるでしょう。

次の

第127話 イチャイチャタクティクス|BORUTO

イチャイチャ タクティクス

Contents• 自来也が残した暗号とは? 自来也といえば五代目火影、綱手を木の葉に呼び戻し、暁に本格的に狙われそうなナルトを一人でも戦えるよう指導するなど、木の葉隠れの里にはほとんどいないものの、物語の重要な場面では必ず駆けつけるカッコいいキャラクターです。 そんな自来也が死の間際に残した暗号が上記の画像なのですが、そもそも大蛇丸と互角に戦える程の腕を持つ自来也が死の間際に追い込んだ相手とは誰なのか? それは暁のリーダーであり、自来也の弟子でもあるペインです。 ペインは六人で構成されており、自来也はそのペインの秘密を他の人にばれないように木の葉の伝えようと暗号にして、火影邸に転送しました。 自来也が残した暗号の意味とは? 上記の画像の女性は木の葉の暗号解説部門に所属するシホです。 暗号解読のプロにこのような発言をさせるほど、自来也の暗号は難解なもので、五代目火影、綱手は自来也と最も縁の強いナルトを呼び寄せ、ヒントを得ようとします。 すると、最初の文字がカタカナのタではなく、数字の9だと判明、ナルトと自来也の関係が深い数字として出たのがカカシの愛読書、イチャイチャシリーズ最新作、イチャイチャタクティクスというちょっぴりHな小説でした。 そう、暗号とはこのお子様や女性にはあまりお見せできない本のページ数を表したもので、 指定されたページの最初の文字を組み合わせる事で一文が完成するとてもシンプルかつ自来也らしい暗号だったのです。 暗号解読には偶然、イチャイチャタクティクスを持ち合わせていたカカシが朗読する事でその内容がわかったものの、その中身は『ほんものはいない』というよくわからないものでした。 しかし、ペインが木の葉を襲い、ナルトがペインと実際戦った事で六体のペインには本体がいない、つまり、本体の長門は別のどこかにいる事に気づき、結果的にナルトは木の葉の英雄という名声を手に入れ、その後、第四次忍界大戦に向けて木の葉が一つにまとまっていきました。 自来也が死んだ後、穢土転生しないのは何故か? 自来也はペインに殺されてしまいましたが、何故かカブトの穢土転生では復活しませんでした。 歴代五影や暁、人柱力など強力な忍はほとんど復活させられたのに、何故か自来也だけ復活しないわけですが、それは穢土転生の仕組みにあります。 カブトが使う穢土転生は生贄(大量のゼツ)と復活させる忍の遺伝子情報、つまり血液や体液などが必要なのです。 しかし、自来也は雨隠れで戦闘を行い、死亡時、深い水の中に沈んでいきました。 また、この自来也の戦闘自体は多くのものが知りますが、戦闘した詳細な場所を知るものはほとんどいません。 つまり、カブトは自来也が亡くなった場所を探り当て、海底に沈む遺体を見つけないと穢土転生できなかったのです。 時間的にもあまり余裕がなく、その生死すら未確認の人間の遺伝子情報を探す余裕がなかった為、カブトは自来也の穢土転生を諦めたので、自来也は復活しなかったのです。 まとめ ナルトの師匠にしてカッコいい忍の代表格である自来也ですが、その死には未だ謎が多く残されており、先程説明した穢土転生されていないのは実は生きているからであり、BORUTOでは敵として現れるのではないかと言われています。 しかし、自来也の人生観やナルト本編での活躍ぶりからその可能性は低く、残念ながら自来也の活躍を見る機会は今後あまりないものと思われます。

次の