安倍 総理 マスク 配布。 布マスク2枚配布でドヤ顔の安倍晋三。布マスク業界から献金でも貰って

ファクトチェック:マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

安倍 総理 マスク 配布

これにはライブなどのイベントを開催できず、倒産・破産の危機に立たされている芸能関係者からも猛批判が起きている。 小中高校の全国一斉休校要請など、方針を急転換させた政府に日本中が振り回されている。 安倍晋三首相が大規模イベントの自粛を要請したのは26日。 「Perfume」の東京ドーム公演、「EXILE」の京セラドーム大阪公演が当日直前になって中止になるなど、芸能界も大混乱だ。 それでも政府の「これ以上、感染を拡大させない」という強い意思に共鳴して、莫大な損害を被ることになりながらも、泣く泣く中止や延期を決めたのだが…あきれることに秋葉補佐官は当日夜に、地元の仙台市内で出版記念パーティーを開いていた。 しかも政府の専門家会議が、集団感染が起きやすい例として挙げていた立食パーティー形式だった。 当然批判が集まり、安倍首相は28日の衆院予算委員会で苦言を呈した。 ただ、更迭に関しては否定した。 怒りを買っている秋葉氏は「パーティーの中止は難しかった。 同氏は26日、都内のホテルでパーティーを開催。 出席者同士が対面しないよう立食形式からテーブルとイスを横に並べたセミナー形式へ、食事はビュッフェから弁当へと切り替えたが、出席者の一人によれば「テーブルの各席に弁当が用意され、その上にマスクが添えられていた。 数百人分はあった」という。 小野寺氏の国会事務所は本紙の取材に、マスクは各席に300枚置いたと説明しつつ、同氏のモノではないと回答。 「事務所スタッフに重度の花粉症の者がいる。 事務所スタッフが昨年の段階で数百枚単位で備蓄していた私物のマスクを出席者に提供したという。 マスクは需要に生産が追い付かず、プレミアムが付いている。 そのため、小野寺氏のパーティーで提供されたマスクは「閉会後、1人で5、6枚こっそりくすねて持ち帰った人もいた」(前出出席者)という。 この切実な現状が政府には分からないのか。 首相の右腕である麻生太郎財務相は28日の閣議後記者会見で、臨時休校要請に関する対応を質問した記者に対して「つまんないこと聞くねえ」と発言。 「働く母親などがいる家庭では(勤務先の)企業活動にも影響がでる可能性があるのではないか」などと質問した記者とのやりとりが終わった後、小声でつぶやいた。 さらに質問をした記者に対し「上(司)から(質問をするよう)言われてるわけ。 かわいそうだね」とも発言した。 政府の超絶ノーテンキな姿勢に国民の怒りは爆発寸前だ。

次の

コロナ:安倍首相、マスク2枚配布の思考回路…国民が望むものを察知する能力が欠如

安倍 総理 マスク 配布

安倍のマスク報道 アベのマスクについてフジテレビ系(FNN)が報じました。 安倍首相は、布製マスクを全ての世帯に2枚ずつ配布すると表明した。 安倍首相「全国で5,000万余りの世帯全てを対象に、日本郵政の全住所配布システムを活用し、 1住所あたり2枚ずつ配布する」 対策本部の会合で安倍首相は、自らも着用している布製マスクは、 洗濯すれば再利用可能だとしたうえで、1住所あたり2枚ずつ、再来週以降、感染者数の多い都道府県から配布を始めると表明した。 安倍首相は、「必ずしも十分な量ではなく、洗濯などの不便をおかけするが、国民の不安解消に少しでも資するよう、速やかに取り組みたい」と理解を求めた。 引用元:フジテレビ系(FNN)|2020年4月2日 安倍晋三総理がつけている小さいマスクがネット上では アベノマスクと呼ばれています。 写真でみても分るように ちょっと小さいし変ですよね。 もっと大きめに作って欲しかったです。 マスクと顔の間に隙間もかなりあるような感じです。 これが 1世帯あたりに2枚づつ配布されると言うことです。 いったいどのようなマスクなのか見ていきましょう。 スポンサーリンク アベノマスクとは? 安倍総理がつけている小さいマスクがネット上では アベノマスクと呼ばれています。 アベノマスクはいつ配布されるのかも明らかになってきました! 再来週以降と言うことなので 2020年4月13日からの週から配布されます。 現在感染者の多い地域である東京都や千葉県、大阪府、兵庫県などから優先的に配布されると発表されました。 配布方法は 日本郵便によってポストに投函されるとの事。 よって4月13日以降の郵便ポストにマスクが入ってないかチェックしてみましょう。 スポンサーリンク テレビでもアベノマスクが報道 TBSのNスタでアベノマスクが紹介されていました。 マスクの費用は 1枚200円なので総額200億円です。 郵送料が1世帯100円とした場合、5000万世帯あるので50億円かかりそうです。 またマスクを製造した会社も紹介されていました。 マツオカコーポレーションというアパレル企業のようで、これまでアスク製造の経験は無いとのこと。 しかし2月に国から要請を受けて頑張って作ってくれたそうです。 このマスクは洗うことで繰り返し使用する事ができるのです。 洗い方も判明しましたので確認していきます。 スポンサーリンク アベのマスクの洗い方 1世帯2枚づつ配布される布マスク(通称アベノマスク)の洗い方があるようです。 簡単に言うと洗濯機を使わずにつけ置き手洗いのようです。 経済産業省がYouTube動画でマスクの洗い方を公開しています。 下記がNスタで紹介されたマスクの洗い方の要約です。 kikku0426 スポンサーリンク アベノマスクのまとめ アベノマスクとは安倍首相が付けていた 小さい変な布マスクの事を指しています。 このマスクが4月の中旬から 1世帯2枚づつ、5000万世帯に配布されることが決まりました。 このマスクの特徴は布でできているので洗って何度でも使えると言うことです。 洗い方の動画も判明しました。 マスクを作った会社の1つがアパレル企業の マツオカコーポレーションでした。 マスク製造の経験が無いのに日本国民の為にマスクを作ってくれて感謝ですね^^ アベノマスクを大事に使わせていただきます。 メルカリやヤフオクなどで転売などはしてはいけません。

次の

安倍首相が布マスクを2枚ずつ配布!画像とメーカーがこちら!

安倍 総理 マスク 配布

菅義偉官房長官の会見での説明によると、1枚あたりの単価は200円程度。 配達費用も含め単純計算で数百億円かかるとみられる。 再来週以降、日本郵便の配達システムを活用し、5千万余りの全世帯に配る。 菅氏は「このシステムは北海道ですでに実施されており、その経験を生かして速やかに配布できる」と胸を張った。 総務省の2019年の統計によると、1世帯あたりの平均構成人数は2・18。 単身世帯から子育て世帯と人数にはばらつきがあるが、菅氏は、一律2枚の根拠について、小中学生には別途優先供給しているとし、平均的な世帯人数から計算したと説明した。 実はこの構想は1カ月以上前から首相官邸内で浮上していた。 「全国民に布マスクを配れば、不安はパッと消えますから」。 首相にそう発案したのは、経済官庁出身の官邸官僚だった。 2月上旬ごろから、官邸幹部ら….

次の