平成 31 年 源泉 徴収 票。 源泉徴収票のわかりやすい見方とチェックポイント【令和元年分(平成31年分)】

源泉徴収票のわかりやすい見方とチェックポイント【令和元年分(平成31年分)】

平成 31 年 源泉 徴収 票

・確定申告書へ添付不要に 平成31年4月1日以降に所得税の確定申告書(修正申告書含む)には、 給与所得・退職所得・公的年金等の源泉徴収票の添付は不要になりました。 (平成31年度 税制改正より) 他にも添付省略の書類はありますが、 添付不要だからと言って「捨てていい」わけではないので、確定申告書と一緒に保管されますように。 ・改元に伴う国税庁の取り扱い さて改元に伴うことで、国税庁ホームページには、 新元号への移行に伴い国税庁ホームページや申告書等の各種様式を順次更新してまいります。 なお、納税者の皆様方からご提出いただく書類は、例えば平成31年6月1日と平成表記の日付でご提出いただいても有効なものとして取り扱うこととしております。 と記載があります。 随時変更されると思いますが、平成のままでも有効なものとして扱います。 ・令和元号のものはいつ? 令和表示のものについては 順次更新をしてまいります とあるので、徐々に更新されるでしょう。 もちろん、年末調整の案内の時期には更新されているものと思われます。 それまでは、• 2020年2月 東京税理士会 税理士記念日特別イベントで登壇• 2019年9月 中学生(母校)にて「税理士の仕事」について話す• 2018年12月 発見!アロマ&ハーブEXPO2018 「確定申告をスムーズに行うコツ」としてセミナーを担当• 2018年5月11日号 速報税理「受験生送るメッセージ」を書かせていただきました。 2018年1月 府中生涯学習センター主催 「かけこみ はじめての確定申告」講座を担当• 2017年7月 府中生涯学習センター主催 「ひとり社長 再認識の税務・経理」講座を担当• 2017年6月号 雑誌セラピスト 「セラピストのマネー講座」と言うテーマで書かせていただきました• 2017年9月号 TACNEWSに取材いただきました• 2016年10月 府中生涯学習センター主催 「複式簿記と経理及び確定申告のしかた」 5回連続講座を担当• 2016年2月 Bloom創業塾 女性起業家のための創業塾 税金を担当• 2016年1月 監修ですが、本を出版いたしました。 「個人事業の経理と節税」西東社• 2015年3月 保険サービスシステム株式会社様からセミナーDVD「米国個人所得税の基礎」担当• 2015年2月 LIGサイトにて「確定申告の期限までに確認したい必要書類・領収書のまとめ方と経費について」を書かせていただきました(殿堂入り)• 2015年2月 ウーマンエキサイトにて 「主婦が扶養の範囲内で働く」原稿を書かせていただきました• 2015年2月 納税通信にて原稿を書かせていただきました• 2015年2月 上野「いいオフィス」さんにてクラウド会計の勉強会 マネーフォワードを担当• 2015年1月 自社開催 記帳とクラウド会計の勉強会を開催• 2014年12月 NP通信社エグゼクティブビューティーにて ハワイに物件を買った時の税金について書かせていただきました.

次の

源泉徴収票平成31年(令和元年版)・給与支払報告書(令和2年版)エクセルシート

平成 31 年 源泉 徴収 票

給与所得者の源泉徴収票を計算します。 平成28年 平成29年 平成30年 平成31年 令和2年• <受給者>• 支払金額 障害者• 一般 特別 でない• 勤労学生• である でない• <配偶者>• 控除対象• 無 有 一般 有 老人70歳〜• 配偶者合計所得• 除く必要経費(給与所得控除など)• <扶養親族の数>(配偶者除く)• うち同居• <障害者の数>(受給者除く)• 一般障害者• 特別障害者• うち同居• <保険料等の控除>• 社会保険料等の金額• 含む小規模企業共済等掛金• 生命保険料の控除額• 地震保険料の控除額• 最高5万円• <住宅取得等の控除>• 住宅取得等特別控除額•

次の

源泉徴収票 確定申告書添付不要と平成・令和の訂正

平成 31 年 源泉 徴収 票

電話での再交付申請 源泉徴収票の再交付の受付は、(0570-05-1165)で令和2年1月から承ります。 お問い合わせの際は、基礎年金番号をお知らせください。 ただし、一般の固定電話以外(携帯電話等)からおかけになる場合は、通常の通話料金がかかります。 通常の通話料金がかかります。 確定申告が必要となる方 公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、かつ、その公的年金等の全部が源泉徴収の対象となる場合において、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税および復興特別所得税の確定申告は必要ありません。 2か所以上の年金の支払者に対して扶養親族等申告書を提出している方や年金以外に給与所得がある方などは、多くの場合、所得税および復興特別所得税の確定申告が必要です。 平成31年4月より確定申告の際、源泉徴収票の添付は不要となりましたが、確定申告書には源泉徴収票の内容を記載する必要がありますので、税務署等において確定申告書を作成する場合には、源泉徴収票の持参をお願いしています。 住民税に関する詳しいことはお住まいの市区町村におたずねください。 確定申告書の提出期限 令和元年分の所得税および復興特別所得税の確定申告の相談および申告書の受付は、 令和2年2月17日(月曜)から同年4月16日(木曜)までです。 ただし、税務署の閉庁日(土曜・日曜・祝日等)は、税務署では相談及び申告書の受付は行なっておりません(日曜日も確定申告の相談・申告書の受付を行う一部の税務署があります。 詳しくは、 をご確認願います)。

次の