興和 麻生。 【アベノマスク】製造元の残り一社はどこ?公表できない理由は麻生太郎?ミャンマーとの関係は?Twitter憶測まとめ|ドラママ

【アベノマスク】製造元の残り一社はどこ?公表できない理由は麻生太郎?ミャンマーとの関係は?Twitter憶測まとめ|ドラママ

興和 麻生

466億円のマスク。 4月22日の福島瑞穂党首のツイッターでは以下のコメントがありました。 布マスクについて厚生労働省に確認。 予備費で233億円補正予算で233億円。 補正予算の審議はこれからです。 予備費の233億円分のマスクで90・9億円です。 発注企業については3社であり4社目はないとのことです。 事務費や発送代についてはこれから回答をもらいます。 補正予算の分については聞いていきます — 福島みずほ mizuhofukushima 「発注企業については3社であり4社目はない」 4社に発注したと公表していたのに発注企業は3社だけってどういうことでしょうか? 非公開の部分が多くて詳細がよくわかりません。 隠したいことがあるから公開できないのではないかと感じてしまいますね。 利権がからんでいるのでは?という声も出ています。 スポンサーリンク 公表しない理由は麻生太郎の利権と関係? 残りの1社を公表しない理由として利権が絡んでいるのではないかという声が多くあります。 その中で 麻生太郎大臣が関連してるのでは?という声もありました。 どういうことでしょうか? 3月にミャンマーで日本向けのガーゼマスクが生産されることが発表されました。 ミャンマーで日本向けのガーゼマスクが4月から1か月あたり5,000万枚生産されることがわかった。 7Day Dailyが伝えたもの。 マスクを生産するのは、名古屋市に本社がある医薬品・繊維事業の興和で、3月中に1,500万枚を生産し4月には5,000万枚に増産する予定。 日本政府・経済産業省からの要請に応えたもので、既に第1便は日本に到着済み。 使い捨ての不織布マスクに対し、ガーゼマスクは洗濯して何度も使うことができる。 興和の現地工場は、ヤンゴン市郊外シュエピーター工業団地内にある。 出典: アベノマスク用として興和が生産するという内容です。 一方、そのミャンマーと繋がりがあるのが 麻生太郎大臣。 経由でミャンマーに受注。 またまた利権絡み。 ここまで来ると政界一の税金泥棒。 アベノマスクの詳細を非公開にしているのは麻生太郎大臣の利権が関係しているのでは?と疑問を持たれています。 世間の反応は? 今回のアベノマスクの情報が公開されないことに対する世間の反応を見ていきます。 配ってるのは郵便局。 どっちもトップに君臨してるのは麻生太郎。 この期に及んでもなお利権ですか?総理にとってもはやアベノリスクでしかないのでは? — jogsusu jogsusu 製造元も仕様も明かさない 実はアベノマスクを受注したのも、麻生太郎の関係会社。 興和㈱経由でミャンマー協会が受注。 ミャンマー協会の役員名簿を見てみたら、 最高顧問は「麻生太郎」。 有事の際にも、利権で動く安倍政権。

次の

麻生 (企業)

興和 麻生

466億円のマスク。 4月22日の福島瑞穂党首のツイッターでは以下のコメントがありました。 布マスクについて厚生労働省に確認。 予備費で233億円補正予算で233億円。 補正予算の審議はこれからです。 予備費の233億円分のマスクで90・9億円です。 発注企業については3社であり4社目はないとのことです。 事務費や発送代についてはこれから回答をもらいます。 補正予算の分については聞いていきます — 福島みずほ mizuhofukushima 「発注企業については3社であり4社目はない」 4社に発注したと公表していたのに発注企業は3社だけってどういうことでしょうか? 非公開の部分が多くて詳細がよくわかりません。 隠したいことがあるから公開できないのではないかと感じてしまいますね。 利権がからんでいるのでは?という声も出ています。 スポンサーリンク 公表しない理由は麻生太郎の利権と関係? 残りの1社を公表しない理由として利権が絡んでいるのではないかという声が多くあります。 その中で 麻生太郎大臣が関連してるのでは?という声もありました。 どういうことでしょうか? 3月にミャンマーで日本向けのガーゼマスクが生産されることが発表されました。 ミャンマーで日本向けのガーゼマスクが4月から1か月あたり5,000万枚生産されることがわかった。 7Day Dailyが伝えたもの。 マスクを生産するのは、名古屋市に本社がある医薬品・繊維事業の興和で、3月中に1,500万枚を生産し4月には5,000万枚に増産する予定。 日本政府・経済産業省からの要請に応えたもので、既に第1便は日本に到着済み。 使い捨ての不織布マスクに対し、ガーゼマスクは洗濯して何度も使うことができる。 興和の現地工場は、ヤンゴン市郊外シュエピーター工業団地内にある。 出典: アベノマスク用として興和が生産するという内容です。 一方、そのミャンマーと繋がりがあるのが 麻生太郎大臣。 経由でミャンマーに受注。 またまた利権絡み。 ここまで来ると政界一の税金泥棒。 アベノマスクの詳細を非公開にしているのは麻生太郎大臣の利権が関係しているのでは?と疑問を持たれています。 世間の反応は? 今回のアベノマスクの情報が公開されないことに対する世間の反応を見ていきます。 配ってるのは郵便局。 どっちもトップに君臨してるのは麻生太郎。 この期に及んでもなお利権ですか?総理にとってもはやアベノリスクでしかないのでは? — jogsusu jogsusu 製造元も仕様も明かさない 実はアベノマスクを受注したのも、麻生太郎の関係会社。 興和㈱経由でミャンマー協会が受注。 ミャンマー協会の役員名簿を見てみたら、 最高顧問は「麻生太郎」。 有事の際にも、利権で動く安倍政権。

次の

麻生グループと社長と麻生太郎大臣の関係とは!?病院や専門学校など多角経営企業!土地無償貸与問題が発覚か!?

興和 麻生

マツオカコーポレーションがアベノマスク製造元と判明 【配布マスク受注 3社で90億円】 厚労省は、新型コロナウイルスの感染防止策として政府が全世帯向けに配布する布マスクについて、受注3社と各契約金額を明かした。 政府は当初、製造元などを明らかにしていなかった。 総額は計約90. 9億円。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics この件について、朝日新聞デジタルなどは以下のように報じています。 厚生労働省は21日、新型コロナウイルスの感染防止策として政府が全世帯向けに配布する布マスクについて、受注企業3社とそれぞれとの契約金額を明らかにした。 同省マスク班が社民党の福島瑞穂党首の問い合わせに書面で回答した。 政府は当初、製造元などを明らかにしておらず、野党から開示を求める声が上がっていた。 回答によると、受注したのは 興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で契約金額はそれぞれ 約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円の計約90・9億円だった。 マスクの枚数など契約の具体的な中身は示されていない。 布マスク配布に投じられる予算は約466億円で、福島氏側は3社の契約金額との差額について、さらに問い合わせているという。 3社のなかで最も受注額が大きいのは興和株式会社。 実は、すでにSNSやネット掲示板などでは布マスクの製造元として興和の名前が取り沙汰されていました。 この3社が選ばれたことについて具体的な説明はないですが、当初製造元を伏せるようなことをしたあまり、さまざまな憶測を生む結果となりました。 マツオカコーポレーションとはどんな企業? 政府配布の布マスク、受注3社が判明 計90億円で契約 受注は の3社で金額は約54. 8億円、約28. 5億円、約7. 6億円の計約90. 9億円。 具体的な中身は示されず。 マスク予算は466億円で契約金額との差額について福島議員はさらに追及。 OEMによるユニフォーム製造を中心に、メンズ・レディース問わずカジュアルからフォーマルまで幅広い商品を展開しています。 本社は 広島県福山市宝町4-14。 企業の沿革は以下の通り。 1956年(昭和31年) 株式会社松岡呉服店、従業員10人、資本金100万円。 縫製業を始める 1964年(昭和39年) アメリカ向けブラウス製造・海外貿易を開始。 商号を松岡繊維工業株式会社に変更 1982年(昭和57年) 韓国で委託生産を開始 1986年(昭和61年) 中国北京で委託生産を開始 1990年(平成2年) 浙江茉織華制衣有限公司を設立 1993年(平成5年) 茉織華実業 集団 有限公司を設立 1996年(平成8年) 株式会社マツオカコーポレーションに商号変更 1998年(平成10年) 国内工場を閉鎖 1999年(平成11年) 上海茉織華股份有限公司を設立。 上海証券取引所へB株を上場 2001年(平成13年) 上海証券取引所へA株を上場。 嘉興徳永紡織品有限公司を設立。 本社を広島県福山市宝町に移転 2004年(平成16年) Myanmar Postarion Co. ,Ltdを設立 中国と東南アジアを中心に製造工場を展開しており、 年間6000万枚以上の衣類品を製造しているといいます。 (会社HPより) 安倍首相と政府配布マスクの評判 「これだけ不良品が多いということは、衛生用品の管理が一切されていなかったと言っても過言ではない。 当初、 約200億円のコストが掛かると言われていたアベノマスクですが、実際配布する段階になるとそれを遥かに上回る 466億円という報道が。 これに、『 税金の無駄遣いにもほどがある』『さすがにもうこれ以上無駄なお金の使い方はやめてくれ』といった切実な声がネット上に溢れかえりました。 この他にも日本政府の新型コロナウイルスに対する対策には不満が殺到しており、安倍総理に対する批判にもつながっています。 実際に、NHKなどが行っている政権の支持率調査では最新の4月で下降ぎみ。

次の