セフカペンピボキシル 歯茎の腫れ。 歯茎の腫れについてです。先月29日に歯医者へ行き、歯茎が腫れている...

抗生物質で虫歯も治る!?虫歯と抗生物質の関係性

セフカペンピボキシル 歯茎の腫れ

・特に大きな差は感じておりません。 勤務する病院で採用されている薬剤の中で使用するため、私の勤務する病院で多く使用されるセフェム系としてフロモックスを使用しているのが正直なところです。 内服は基本的に外来治療のため大きな差を感じません。 仮に比較して大きな差を示したエビデンスがあり、それをプロモーションしてくれた場合には、処方様式を変えるかもしれません。 (40歳代病院勤務医、呼吸器内科)• ・副作用の少ない安全性の高い抗生物質です。 ショックなどのアレルギー症状もペニシリン系に比べれば少ないです。 腎臓から排泄されるので、肝臓に負担をかけません。 小児にも使えます。 (50歳代開業医、眼科)• ・経口吸収率は低いにも関わらず頻用されている印象。 翻せば理論上は薬理効果がそこまで期待できないはずなのに、患者からも医師からも文句が出ずに淡々と普及している不思議な存在。 (30歳代病院勤務医、腎臓内科)• ・バイオアベイラビリティが低いことは知っているが、これまでの経験で特に問題を生じることなく、期待した効果が得られることが多かったため。 (70歳代病院勤務医、呼吸器外科)• ・最近第3世代は評判が悪いが、使用実感としては問題なく、切れはいいし副作用なく、使い慣れた感がある。 (50歳代病院勤務医、一般内科) セフェム系抗菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2018年10月更新)• ・外来診療で抗生物質の内服薬を処方する機会は減少しましたが、やはり不安な場合はセフェム系では使い慣れたフロモックスです。 これまで大きな副作用の経験がありません。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・錠剤、細粒の両方でアドヒアランスが良好。 扁桃炎、皮膚感染症、リンパ節炎などで有効性を認める。 (50歳代診療所勤務医、耳鼻咽喉科)• ・効能が幅広く、腎機能低下患者などでも使用できるので、重宝しています。 ただ、何でもかんでもセフェムという風潮があるので、対象患者は吟味するように心掛けてはいます。 (30歳代診療所勤務医、一般内科)• ・切れも良く効果が実感できる一方、特に問題となるような有害事象の経験がありません。 以前から有る薬剤であり、安心して使用できる点が気に入っています。 (50歳代病院勤務医、呼吸器外科)• ・最近第3世代のセフェム系経口抗生剤についてあまり効果が期待できないという意見が目立っているが、病院ではその経口抗生剤しか採用していないところが多い。 (60歳代病院勤務医、一般内科) セフェム系抗菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年3月更新)• ・慣れているからとしか言えないです。 単なる感冒に対してむやみに処方しないよう心がけたいし、経営サイドから処方を増やすよう圧力があるわけでもないのですが、患者側から処方して欲しい圧力を感じることが多いです。 どうにかなりませんかね…。 (40歳代病院勤務医、総合診療科)• ・副作用が少なく使いやすいが、耐性菌も増えている印象。 (50歳代診療所勤務医、一般内科)• ・他の抗生物質が効きにくい耐性肺炎球菌や耐性インフルエンザ菌に対しても高い効果を示すから。 (60歳代病院勤務医、代謝・内分泌科)• ・なんとなく惰性で処方していますが、耐性菌のことも考えて、セフェム系の処方頻度は減らしています。 (50歳代病院勤務医、精神科)• ・小児用があり、皮膚感染症への高い効果を実感しているから。 (50歳代開業医、皮膚科)• ・副作用が少なく、効果も優れていると感じる。 しかし最近「だいたいうんこになる」と聞いたので、処方を控えるようになった。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・最近はニューキノロンを処方するので、セフェム系の処方は減っています。 しかし、セフェム系の中からであればフロモックスを処方すると思います。 (40歳代病院勤務医、精神科)• ・小児用細粒がイチゴ味で気に入っています。 (50歳代病院勤務医、小児科) セフェム系抗菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2015年10月更新)• ・抗菌力が強く、内服しやすい剤形で、目立った副作用がないから。 (60代勤務医、循環器内科)• ・副作用が少なく、小児でも服用しやすい味である。 切れもよい。 (50代勤務医、小児科)• ・使い慣れているが、食事摂取不良時は、低血糖が気になります。 (60代開業医、小児科)• ・乳汁中への移行がほぼ全くといっていいほど無いので、授乳中の患者にも安心して使用できる。 (50代勤務医、一般内科)• ・特に膀胱炎に対して頻用します。 カバー領域も広く、膀胱炎の起炎菌をきっちりカバーしているけれども、腎機能への影響は少なめなので、高齢の女性にも処方しています。 (30代勤務医、その他の診療科)• ・呼吸器感染症及び尿路感染症の両方に有用なので、重宝しています。 また、散剤もあり、嚥下機能に問題があっても使えるので、ありがたいです。 ただ、1日3回きちんと服用しないと効能を発揮しにくくなるので、注意を要します。 (30代勤務医、一般内科)• ・かぜ症状から軽度肺炎まで、いろいろな場面で使用。 あまり多くは期待していませんが「へーこんなに効くの?」ということが時々あります。 (50代勤務医、一般内科)• ・当院の採用薬であることから処方機会が多いのですが、実はそんなに効果がよいとは思っていません。 尿路感染や胆道系にはある程度効果がありますが、頻度の多い上気道系にはやはり弱い気がします。 上気道系には、外来ならアモキシシリンとかの方がよい気がします。 (30代勤務医、総合診療科)• ・当院採用薬のセフェム系経口抗菌薬はセフゾンとフロモックスしかないのですが、生物学的利用率が低いので経口セフェムは処方していません。 どうしてもというときに、利用率がわずかに高いフロモックスを処方します。 (50代勤務医、総合診療科) 効果・効能 (添付文書全文) 1.表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症。 2.外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍。 3.咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染。 4.膀胱炎、腎盂腎炎。 5.尿道炎、子宮頚管炎。 6.胆嚢炎、胆管炎。 7.バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎。 8.涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎。 9.外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎。 10.歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎。 <効能・効果に関連する使用上の注意> 咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、副鼻腔炎への使用にあたっては、「抗微生物薬適正使用の手引き」を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与する。 副作用 (添付文書全文) 承認時における安全性評価対象例3,207例中、副作用は111例(3. また、臨床検査値の異常変動は、検査を実施した安全性評価対象例2,458例中、199例(8. 再審査終了時における安全性評価対象例5,766例中、臨床検査値の異常変動を含む副作用は149例(2. 1.重大な副作用 1).ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、呼吸困難、血圧低下等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2).急性腎障害:急性腎障害等の重篤な腎障害が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 3).無顆粒球症、血小板減少、溶血性貧血:無顆粒球症、血小板減少、溶血性貧血が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 4).偽膜性大腸炎、出血性大腸炎:偽膜性大腸炎、出血性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎が現れることがあるので、腹痛、頻回の下痢が現れた場合には直ちに投与を中止するなど適切な処置を行う。 6).間質性肺炎、好酸球性肺炎:間質性肺炎、好酸球性肺炎が現れることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難等の症状が現れた場合には投与を中止し、速やかに胸部X線検査、速やかに血液検査等を実施し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 8).横紋筋融解症:筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症が現れることがあるので、このような場合には、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行う。 2.その他の副作用 1).過敏症:(0. 2).血液:(0. 3).肝臓:(0. 4).腎臓:(0. 5).消化器:(0. 6).菌交代症:(0. 7).ビタミン欠乏症:(頻度不明)ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向等)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎等)。 8).その他:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (原則禁忌) セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 1.ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者。 3.高度腎障害のある患者[血中濃度が持続するので、投与量を減らすか、投与間隔をあけて使用する]。 4.経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状が現れることがあるので観察を十分に行う]。 5.高齢者。 (重要な基本的注意) ショックが現れる恐れがあるので、十分な問診を行う。 (高齢者への投与) 高齢者には、次の点に注意し、用量並びに投与間隔に留意するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 1.本剤は腎排泄型の薬剤であり、高齢者では一般に生理機能が低下していることが多く、高齢者を対象とした本剤の薬物動態の検討において、副作用は認められなかったが、健康成人に比べ尿中回収率はやや低く、血中半減期も延長する傾向が認められている。 2.高齢者ではビタミンK欠乏による出血傾向が現れることがある。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 また、妊娠後期にピボキシル基を有する抗生物質を投与された妊婦と、その出生児において低カルニチン血症の発現が報告されている]。 (小児等への投与) 1.低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない[使用経験がない]。 2.小児(特に乳幼児)においてピボキシル基を有する抗生物質(小児用製剤)の投与により、低カルニチン血症に伴う低血糖が現れることがある。 血清カルニチンが低下する先天性代謝異常の小児であることが判明した場合には投与しない。 (臨床検査結果に及ぼす影響) 1.テステープ反応を除くベネディクト試薬、フェーリング試薬による尿糖検査では偽陽性を呈することがあるので注意する。 2.直接クームス試験陽性を呈することがあるので注意する。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (その他の注意) 1.動物試験(イヌ)でCK上昇(CPK上昇)を伴う筋細胞障害(骨格筋の病理組織学的検査)が認められている。 2.本剤を含むピボキシル基を有する抗生物質(セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物、セフジトレン ピボキシル、セフテラム ピボキシル、テビペネム ピボキシル)の投与により、ピバリン酸(ピボキシル基を有する抗生物質の代謝物)の代謝・排泄に伴う血清カルニチン低下が報告されている。 また、小児(特に乳幼児)においては、ピボキシル基を有する抗生物質(小児用製剤)の投与により、低カルニチン血症に伴う低血糖が現れることがあるので、ピボキシル基を有する抗生物質の投与に際してはカルニチンの低下に注意する。 (取扱い上の注意) 防湿性の高いPTPとアルミ袋により品質保持を図っているため、アルミ袋開封後はPTP包装のまま保存する。 (保管上の注意) 気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

【我慢できない】歯痛に効果が期待できる処方薬と市販薬【2020年】

セフカペンピボキシル 歯茎の腫れ

この記事の目次• 歯茎がぶよぶよに腫れるのは 若い人の健康な歯茎は、ピンク色で引き締まっている。 ところが、歯茎が腫れブヨブヨしていると、見た目が悪いですよね。 ブヨブヨに歯茎が腫れている場合には、歯茎の色もピンク色ではなく紫色のような暗い色になっているのではないでしょうか。 歯茎が腫れていると、見た目だけではなく口臭も強くなります。 見た目が悪いうえに口臭もするようになれば、いっぺんに老けたような気分になるかもしれません。 ところが、 歯茎が腫れていても、ほとんどの人は「痛くない」と言います。 歯茎が腫れていれば痛みがあるように思いますが、実は痛くないことのほうが多いのです。 (歯周病の程度によっては、何もしていなくても痛い場合もあります。 ) 歯ぐきが腫れる原因は、歯槽膿漏(歯周病)だけではありません。 次のような病気でも歯茎が腫れます。 歯茎の腫れる原因• 歯肉炎・歯周炎• 根尖性歯周炎• 歯根膜炎• 歯髄炎• 歯根破折• 口内炎• 膿瘍(のうよう) ところが、歯茎がぶよぶよに腫れる症状のケースでは、たいていが歯周病です。 歯周病の症状・原因については… 歯周病が進行しているサイン 歯茎が腫れる原因で一番多いのは歯周病です。 歯周病は進行する病気で初期段階では痛みはほとんなく、歯茎の部分を指で押さえると少し痛みを感じる程度です。 歯肉炎が少し進むと、歯ブラシ時に軽い出血を伴います。 この状態をほっておくと、歯肉炎が進み、歯茎がぶよぶよに腫れた状態になります。 この状態を放置すると、歯周炎になり歯槽骨が溶けて歯がぐらついてしまいます。 悪化すると、最終的には歯が抜けてしまうので、歯周病は早目に治療とケアを行い、進行を止めることが重要です。 ところが、歯周病はほとんど痛みがないため、知らないうちに進行することが一番の問題です。 この進行度合いを目で確認できるのが、「歯茎のぶよぶよ」。 早目に予防すれば、歯周病の進行を止めることができるし、ぶよぶよ歯茎を引き締めることもできます。 しかし、膿や血が出ることが多くなっているケースでは、治療をしても再発することが多くなります。 関連記事 ぶよぶよ歯茎の治し方 歯科医院を受診する 歯周病で歯茎がぶよぶよに腫れている場合には、歯医者さんで治療しないといけません。 先ほども申しましたが、歯周病を放置すると悪化するからです。 歯医者さんでは、歯周病の程度によって治療が異なりますが、基本的には、歯周ポケットの中をきれいにする治療になります。 歯科の主な治療は、歯石除去、歯のクリーニング、殺菌になります。 歯茎を引き締めるには、これを定期的に受けることが大事です。 できれば、2~3か月に一度は受けられることをおすすめします。 歯科で歯石除去やクリーニングを受けると、その後痛みを生じることがあります。 歯に付いていた歯石や歯垢が取れたことによって、知覚過敏でしみたり痛むのですが、その場合は、刺激物を食べないようにしたり、ブラッシングを優しくすることが大切です。 歯にしみる痛みは、歯茎が引き締まることで徐々になくなっていきますが、痛みが続くような場合は歯科にご相談ください。 関連記事 セルフケア ブラッシング 歯茎が腫れている場合には、柔らかい毛先の歯ブラシを使用するようにしてください。 歯周病は、歯科治療だけでなおる病気ではありません。 毎日のブラッシングケアが重要です。 どれだけ歯科で治療を受けてもブラッシングがうまくできていなければ、すぐに歯周病が悪化するのでご注意ください。 ぶよぶよの歯茎の場合に強くブラッシングすると血や膿が出ますが、排膿することで歯茎の腫れは治りやすくなります、だからといって、強くブラッシングすると、歯茎を傷め逆効果になることもあるので、磨き過ぎないようにご注意ください。 効果的にブラッシングするには、歯科衛生士さんから指導を受けられると良いと思います。 正しい歯磨き方法について詳しくは、『』をご参考にしてください。 ワンタフトブラシ 歯茎を引き締めるためには、歯ブラシだけでは難しいです。 歯周病菌は歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)にあるので、ワンタフトブラシで磨くと効果的にブラッシングできます。 フロス・歯間ブラシ 歯と歯の間は、歯ブラシで磨くのが難しい。 そのため、歯間部の歯茎に炎症が起こりやすいです。 この部分の清掃には、デンタルフロスや歯間ブラシを使用します。 歯磨き粉 歯ぐきが腫れている場合には、歯周病菌を殺菌する歯磨き粉を使用されることをおすすめします。 歯磨き粉の種類は多くありますので、かかりつけの歯科医院でご相談されてはいかがでしょう。 関連記事 マッサージ 歯茎がぶよぶよの場合は、血行が悪いので、マッサージで血流を良くすると効果的です。 マッサージ法は、手指を水道水で良く洗い綺麗な指で、何もつけずに歯茎全体をマッサージします。 毎日、朝と夜マッサージすると良いでしょう。 うがい 歯周病になると、嫌気性菌が増殖して口内環境が酸性化します。 菌を増えないようにするためには、うがいで口内を洗浄するのがいいです。 うがいに用いる水は、水道水でも大丈夫ですが、できればアルカリイオン水の方が口内を中性にしやすくなります。 関連記事 早く治すためには 歯周病は免疫力が低下したときに悪化します。 反対に免疫を高めると歯周病は止まります。 歯茎の腫れを早く治すためには、食生活を見直す、ストレスを軽減する、運動するなどで免疫アップすることが効果的です。 歯茎がぶよぶよの時にやってはいけないこと 汚れた指で触れない 歯茎が腫れていると触って確かめたいものですが、汚れた指で患部に触れるとばい菌に感染し炎症が悪化するかもしれません。 マッサージなどで指で触れるとときには、良く水洗いして清潔な状態で行ってください。 痛みがある場合 歯茎が腫れて痛みがある場合は、我慢しないですぐに歯医者さんを受診することが大事です。 痛みがある時は、細菌が増殖して炎症が大きくなっているからです。 時間が経てば経つほど症状が悪化することが多いです。 応急処置としては、冷たいタオルなどを頬の当てて冷やすといいです。 市販の痛み止め薬もありますが、痛みが治まったからといって放置しないで歯医者さんで診てもらうことが大事です。 注意しないといけないのは、痛みがある時は歯磨きをしないことです。 刺激によって痛みが起きることがあるのでご注意ください。 [PR] 出血する場合 歯茎が腫れると出血したり膿が出るようになります。 歯茎が腫れている患者さんが、歯茎を引き締めようと、強く歯茎や歯との境目の溝を強くゴシゴシとブラッシングすると出血することがあります。 歯茎が腫れている場合は、歯茎が弱っているため強く歯磨きを行うと容易に出血します。 そのため、歯磨きを控えていませんか? いいえ、歯磨きを控えるのは逆効果です。 歯茎から血が出ているときは、「歯磨きをしたらもっと血が出そう」「刺激を与えると治りが悪くなりそう」という気持ちから、多くの方はブラッシングを控えがちになります。 しかし、この判断は正しくありません。 歯茎から血が出ているので、歯周病に罹患している可能性があります。 歯周病にかかっているとしたら、ブラッシングを控えると逆に進行してしまいます。 引用: しかし、歯茎から出血していても歯周病だけとは限りません。 まれに腫瘍や血液の病気のケースもあるので、出血したときは、どちらにしても歯科を受診されることが大事です。 歯茎からの出血原因について詳しくは、『』をご参考にしてください。 歯茎の腫れがひどくなると、リンゴどころかパンをかじっただけでも、パンに血が付くこともあります。 もし、そのような経験をしたことがあれば、「変な病気なのでは?」とご心配されていのではないでしょうか。 まとめ 歯茎の腫れは、ほとんどが歯周病が原因です。 痛みがあると歯科にかかりますが、痛みがなく歯茎がブヨブヨと腫れている程度では、歯医者に行かないかもしれません。 しかし、歯茎が腫れている時には歯周病が進行しているので、口臭もひどくなります。 手遅れにならないためにも、歯科を受診しいつもより丁寧な口腔ケアを心掛けるようにしてください。 歯茎がぶよぶよにならないためには、歯周病を予防することで可能になります。 そのためには、次のようにすると良いでしょう。 定期的に歯科検診(必要に応じて治療)• ていねいな歯磨きケア• 歯周病予防用の歯磨き剤を使用• 食後のうがい• 小まめに水を飲む• 唾液を出すように努力する 特に歯磨きの仕方は、歯周病の予防効果を高めるために重要です。

次の

病院でもらう抗生物質フロモックス®︎ってどんな薬?

セフカペンピボキシル 歯茎の腫れ

私ドンピシャでした。 レントゲン・CTを撮って確認してみると、近いというかくっついてました。 もし神経を損傷してしまったらしびれが残ってしまうこともあるらしいです…。 確率でいうと100人に1、2人ぐらい。 もし痺れが残った場合、早ければ2、3日、遅ければ1年ぐらい痺れが続くんだそうです。 その場合は薬を飲まないといけないとのこと。 当日、抜歯の様子~病院~ 抜歯開始 14時にスタート。 最初に塗るタイプの麻酔をしました。 これは次にする針タイプの麻酔の痛みを軽減するための麻酔でした。 だんだん痺れてきたところで針タイプの麻酔。 少しチクチクするけど、全然耐えられる痛みでした。 けっこうブスブスと麻酔を打たれたところで、時計の針は14:10くらい。 いよいよ抜歯していきます!まず右上の親知らずから。 顔にタオルをかけられます。 視覚がなくなると、耳が余計によく聞こえる不思議w 先生が器具を使ってものすっごいチカラで歯をグイグイしてきます。 顔をもっていかれそうになるので、わたしも寝そべっている台に手をかけて必死で体を固定w メシメシ…って聞こえてきて、心拍上昇(涙)でも全然痛みを感じない。 先生「痛かったら手あげてね」と言いつつ、思いっきりチカラ入れる。 うあ~もういやや~!!!と思ってたら、 先生「もう抜けたからね~」 知らん間に抜けてました 笑 この時点で14:13くらい。 上はあっという間に抜けました。 痛みはまったくなし。 しかし!問題は神経にくっついてる下の親知らず!しびれが残るかもしれない恐怖で手汗がハンパなかったです。 先生「全然抜けなかったら、砕きながら抜くからね」と…。 とりあえずどんな形であれ、神経が損傷しないように祈ってました。 口に器具を固定されて歯茎を切開。 わたし刃物系が超絶苦手…。 でも全然感覚がなくてわかりませんでした。 そしてまた先生のチカラでグイグイ顔をもっていかれ(涙) 上の歯よりやっぱり時間がかかってる様子。 でも痛みはまったく感じません。 想像しただけで痛いですが、これも痛みはまったく感じず。 最後にガーゼを詰め込みました。 このガーゼは溶けるタイプで、飲み込んでしまっても大丈夫とのことでした。 その上から普通のガーゼを噛んで止血します。 この時点で14:30。 このあと10分間は、血の様子をうかがいながらじっとしていました。 これにて抜歯は終了。 先生から注意事項の説明がありました。 ジクロフェナクNa錠25mg・・・痛み止め7日分• レバミピド錠100mg・・・胃粘膜保護7日分• セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg・・・抗生物質2日分 痛み止めはロキソニンより強い薬のようです。 胃が荒れやすいみたい…。 速効性はロキソニンのほうが強いみたいです。 当日の様子~帰宅後~ 病院の帰りに、夜ごはん用のゼリーやヨーグルトを大量に購入しました。 当日はあまり口が開かないため、柔らかいものが良いみたいですね。 15:30 先生に言われたとおり薬を全種類飲む。 ガーゼを30分おきくらいに替える。 痛みはまだなし。 ガーゼを噛むのをやめた。 口の中は血の味。 鈍痛がはじまる。 だんだん痛みが出てくる。 どくどく痛む感じ。 耐えられる痛み。 お風呂は湯船はやめてシャワーだけ。 軽くハミガキ。 いつものようなうがいはやめて、口の中に水を泳がせるくらいな感じでゆすぐ。 歯が痛くて寝れないのは勘弁だったので、薬を飲んでから寝ました。 前回飲んでから5時間は経過していたので自己判断で。 あとから分かったんですが 寝る直前の服用は避けてください…との記述がネットにありました^^; 大丈夫だったけどマネしないでくださいね(汗) 翌朝 歯は全然痛くない。 顔も腫れてない! ネットで「痛すぎて寝れなかった」とか「顔が食パンマンみたいになった」などの声があったけど、わたしは全然そんなことなかったです。 やっぱり個人差があるんだなと思いました! まとめ 始まるまではとにかく恐怖!恐怖!だったんですが、終わってしまえば全然大丈夫でした。 痛みもほぼほぼなかったですし。 わたしはあともう1回左側の親知らずを抜歯しないといけないので、今回書いた記事の内容をもう一度繰り返してきます。 でも今は全然怖くない。 慣れってすごいですね…笑.

次の