エクセル 別シート 計算 反映。 【Excel】セルを参照する方法(別シート・別ファイルも対応)

エクセル商品コードから商品名や単価をVLOOKUP関数で自動入力

エクセル 別シート 計算 反映

リンクした時の数式の説明 同じワークシート内、別のワークシート、別のブック。 それぞれリンクした時の数式は異なります。 一覧で見てみましょう。 xls ]シート名! xls ]Sheet1! 同じシート内の場合 同じワークシート内でのリンクは単純です。 例えば、「G2」に左の「売上」を参照するリンクを貼りたい場合は、 「=」を自分で入力して、 参照する場所をクリックすれば、セル番地が入力されます。 そのまま 「Enter」を押すだけ。 簡単にリンクが貼れます。 ちなみに、 フィルハンドルを引っ張れば、 普通にオートフィル機能でのコピーも使用できます。 リンクが貼られると、元のデータが変更されると自動で結果が反映されます。 下の2か所のデータを、それぞれ 「200」と「2000」に入力し直すと、 ちゃんと結果が反映されます。 注意したいのは、 計算式がコピーされたのではなく、計算の結果がコピーされているということですね。 別のシートの場合 では、「Sheet1」の表の一部を、別のシート「Sheet2」にリンクしてみましょう。 操作は難しくありません。 参照先の 「Sheet2」に移動して、 リンクを貼りたいセルをクリックして自分で「=」を入力します。 そのまま 参照元のセルをクリックすればOK。 ポイントは青丸の番号を振った場所。 それぞれ画像で確認してください。 「Enter」で確定すればリンク完成です。 別のブックの場合 別のブック(ファイル)にリンクを貼ることもできます。 下の2つのファイルを使用して説明します。 「三毛猫商店」ブックを開き、「数量」の場所を、 「白猫デパート」ブックの「売上個数」の場所とリンクさせます。 まず、「三毛猫商店」ブックのリンクしたい場所に 「=」を入力します。 つづいて 「白猫デパート」ブックを開き、リンクしたいセルをクリック。 「Enter」を押せばリンク完了です。 赤枠の場所に注目です。 xls]シート名! セル番地 となります。 xlsx]Sheet1! ファイル名は[]で囲まれる• シート名とセル番地の間は「!」で区切る• セル番地は絶対参照になる この3つがポイントです。 そして、この別ファイルの数式ですが、 参照元を開いていない場合はさらに長くなります。 ファイルを閉じているので、そのファイルがどこに保存してあるか、 場所が分かるようになるのですね。 この数式は、参照元のファイルが開いているときと、閉じているときと、 自動で切り替わります。 表全体をリンク貼り付けする方法 下に2つのブックがあります。 「三毛猫商店」の表の下に、 白猫デパートの表の赤枠部分をリンク貼り付けしてみます。 まず、 コピー元を選択して、 コピーします。 貼り付け先を選択して、 [貼り付け]の場所をクリックします。 表示された一覧から [リンク貼り付け]をクリック。 これでリンク貼り付けは完了です。 しかし、残念ながら 色などの書式は全て削除されます。 書式も必要であれば、 リンク貼り付けの直後に[貼り付け]の一覧から[形式を選択して貼り付け]を選び、 [書式]にチェックを入れて[OK]。 これで書式も上から貼り付けられます。 少し気になるのが、表の左上と右下の角。 元は空白の場所だった箇所に、両方とも「0」が表示されています。 その場所だけ「Delete」キーで数式を削除してまえばよいのですが、「0」を表示しない別の方法もあります。 興味のある方は、をご覧ください。 まとめ リンク元のデータが変更された場合は、即座に反映されます。 別のブックからリンクした場合も、両方のファイルを開いている場合は即座に反映されます。 また、同時に開いていない場合も、リンク先を開いた時に、リンク元のデータをチェックして自動で最新のデータに反映されるので安心ですよ。

次の

エクセルで打ち込んだ数字を自動で別シートに表示したい

エクセル 別シート 計算 反映

エクセルは複数のシートを含んだブックというファイルで保存されますが、シートの中の特定のセルの値を同じブックシートは当然として他のブックのシートにもコピーして反映させることができます。 別シートのセルに内容を反映させる3つの方法 Excelで作業をしているとき、特定のセルの内容を別のシートのセルに反映させたいことがあります。 また、月別に記録してあるシートなどを年次のシートを作成してまとめるとき、各月毎のシートからの集計結果のセルの値を年次シートに呼び込んで表示させたり、さらにその値を比較や合計したいときに別シートの値や計算結果を簡単反映させる方法は3種類あります。 引用したいセル名」と入力します。 同じブックの別シートのセルに反映させる-その3 なお、計算式などがうまく反映されない場合は以下の方法で形式を選択して貼り付けを行うこともできます。 】先ずは反映元のセルを選択します。 】選んだセルをマウスで右クリックし、表示されたメニューから「コピー」をクリックします。 】次に反映先の他のシートを選びます。 】コピーしたセルの内容を反映させたいセルを選択します。 】選んだセルを右クリックして表示されたメニューから「形式を選択して貼り付け」をクリックします。 】すると新しく下の画面が表示されるので、「リンク貼り付け」をクリックします。 なお、このときに反映元のセルに罫線が有り、反映先で不要の場合は、「貼り付け」の「すべて」を「罫線を除くすべて」に変更してから、「リンク貼り付け」をクリックします。 】元セルの内容が反映されます。 コピーされただけのように見えますが、リンクにしているので元セルの値を変更すると反映先のセルの内容も変更されます。 なお、この方法では、数字や数式などの値のほか、下の例のように文字列なども同様にして反映させることができます。 異なるブックのセルに反映させる 異なるブックのセルの内容を他のセルに反映させるには、最初の方法でセルに他のブックのセルへのパスを入力することもできますが、ブックの入っているフォルダが異なる場合は難しくなるので、以下の方法がおすすめです。 コピーしたいブックのセルを選択してコピーした後、異なるブックのセルにマウスカーソルをを合わせて右クリックして「形式を選択して貼り付け」を選ぶと同じブックの場合とは異なるメニューが表示されるので「リンク貼り付け」を選択した後に、「Exせlワークシートオブジェクト」を選択して「OK」をクリックします。 なお、各ブックを別のフォルダに移したり、フォルダの構成等を変更して2つのブックの相対位置が変わるとリンクは無効になるので、コピー前同じフォルダに収納する等しておきましょう。

次の

エクセルで打ち込んだ数字を自動で別シートに表示したい

エクセル 別シート 計算 反映

今回のブログの見出しはコチラです!• [自動]をクリックします。 いかがでしたか? 意外と簡単に解決できます。 計算方法の設定が変わってしまう2つの原因 原因1 計算方法の設定はファイルごとに保存されます。 Book1. xlsxは「自動」に設定して保存し、 Book2. xlsxは「手動」に設定して保存してあるとします。 この場合 Book2. xlsxを先に開いた状態で、このファイルを閉じずに、 Book1. xlsxを開くと、なぜかBook1. xlsxの計算方法の設定が「手動」に変わってしまいます! 原因2 複数シートに一括で同じ操作ができる「作業グループ」機能。 作業グループ機能を使うためには複数シートを選択しますが、複数シートを選択したままの状態で「閉じる」ボタンでファイルを閉じる際に、保存しますか?と聞いてきますが、そこで「保存」を選択すると、計算方法の設定が「手動」に変わってしまいます! ふむー、なぜこんな仕様になっているのでしょうか、、、 何はともあれ、直すのは簡単です! 勝手に計算方法の設定が「手動」に変わってしまったときは、サクっと直してしまいましょう!.

次の