無名草子。 男女が性転換し成長する異色の王朝文学「とりかへばや物語」にはさらに古い原典があった!

無名草子(むみょうぞうし): ラフェットの備忘録

無名草子

鎌倉前期の文学評論書。 『建久物語』『無名物語』などの別名がある。 著者は明確でないが、藤原俊成 しゅんぜい の女 むすめ の可能性が強い。 1200年(正治2)かその翌年の成立であろう。 83歳で出家しその後多年仏に仕える老女が、京都東山あたりで花摘みをし、最勝光院近くの檜皮屋 ひわだや で女房たちの語る物語、撰集 せんじゅう 、女性論を聞く構成からなっている。 『大鏡』『宝物集 ほうぶつしゅう 』などの影響が考えられる。 若い女房の発問に他の女房が答える形式で論は多く進められる。 まず、この世において第一に捨てにくいものは何かという問いに答えて、月、文、夢、涙、阿弥陀仏 あみだぶつ 、『法華経 ほけきょう 』があげられ、『法華経』の句が『源氏物語』に引用されていない不満から、『源氏物語』についての多面的批評(巻々の論、登場人物論、感銘深い箇所の論)に転ずる。 ついで、『狭衣 さごろも 物語』『夜の寝覚 ねざめ 』『浜松中納言 はままつちゅうなごん 物語』などのほか、現在は伝わっていない散佚 さんいつ 物語を含めた多くの物語、『伊勢 いせ 物語』『大和 やまと 物語』などの歌物語、八代集、私撰集、百首などの歌集、さらに、小野小町 おののこまち 、清少納言 せいしょうなごん 、小式部内侍 こしきぶのないし 、和泉 いずみ 式部、伊勢、紫式部などの女房や、皇后定子 ていし 、上東門院、大斎院 だいさいいん 、小野皇太后宮などの貴女の論が行われ、男性の論に入る糸口で終わっている。 平安期の物語、歌集、女性についての総括的評論書ともみられ、ユニークである。 『松浦宮 まつらのみや 物語』の著者に藤原定家 ていか 、『うきなみ物語』の著者に藤原隆信 たかのぶ の名をあげている点も注意されるし、散佚物語研究の資料としても貴重である。 鎌倉初期に藤原定家が《源氏物語》の歌に当時流行の10物語の歌を合わせて《拾遺百番歌合》を作ったが,その中の8物語は散佚,同じ鎌倉初期に成ったという《》という物語評論書に見える28物語のうち19物語は散佚している。 現在知られている240種の散佚物語の中には,名だけしか残らぬものも多いが,残存資料をつなぎ合わせて,ある程度,筋などの再建できるものもある。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

無名草子(校註日本文學大系) _Taiju's Notebook

無名草子

もしも『無名草子』が、朝を迎えたとたん、あたかも『千夜一夜物語』の一夜のように終わってしまったら、『無名草子』はこれほど興味深くなかったはずである、と。 しかし『無名草子』が終わるのは朝が訪れたからではなく、テクストの目的は果たされたからである。 女性を論じるためのテクストで男性の問題に話題を転じたことで、テクストの不可能性にぶち当たったからである。 夢幻能の霊的な存在がふと姿を消すように、女房たちも、好き放題に読者を翻弄してきた老尼も、跡形もなく消え去ってしまう。 だが『無名草子』は終わらない。 女房たちの議論は、読者たちのあいだにコミュニケーションの場を移し、無期限に継続されてゆくことになる。 そのコミュニケーションを支えるのは、女房の場合であっても読者の場合であっても同じである。 すなわち過去のテクストの蓄積であり、間テクスト性であり、鎌倉初期という時代の世界観である。 『無名草子』が終わらないのは、『千夜一夜物語』が終わらないことと大きくは違わない。 ボルヘスは『七つの夜』のなかで『千夜一夜物語』に言及しながら、「夜の語り部たち」(confabulatores nocturni)という美しい言葉を紹介している。 夜という非日常の時間は、ひとつの世界が亡びる時間でもある。 語り部たちは新たな世界が生れる夜明けが訪れるまえに、世界を物語のなかに閉じ込めてしまう。 そして再び夜が来ると、また同じことが繰り返されるのだ。 この無限の、そして夢幻の営みは、まさに文学の営みそのものを表象してはいないだろうか。 『無名草子』を興味深いものにしているのはテクストの内と外の境を取り払おうとするその性質にあるのだが、そこは女房たちが、そして読者たちが、自由に往来する言葉の世界である。 女房たちは和歌や『源氏物語』を読み、そこから得たものを伝えるために人を呼ぶ。 集まった人々は自らの考えを発信する。 発信することは詠むことに他ならない。 そして読むと詠むの往還は、やがて言葉の力を解放し、大いなる意味を喚ぶのだ。 筆者は十ヶ月にわたって『無名草子』というテクストを逍遙してきたが、それはひとつの軌跡を後に残すに過ぎない。 そしてそれは次の夜に『無名草子』を訪れる新たな読者の足跡とは、おそらく交わることがないのである。 最後に紹介する画像は、アントワーヌ・ガランが『千夜一夜物語』を翻訳するために利用した十五世紀シリアの手稿である。 おそらくアラビア文字は、日本語を除いて最も絵画に近い文字ではないだろうか。 まさに連綿体と呼ぶべきその筆致は、内容だけでなく、いかに文字を記すかという行為そのもののレベルでも、少なからぬ意味を内包しているように思われる。 余白を取り囲むようにして書き込まれた第二の文字群は、他でもなく、物語に入り込もうとする読者たちの影であろう。 * さて、評論エセーという体裁によりかかり、筆者はこれまで気ままに論を進めてきたが、読者の便宜のために、最低限の文献を示しておきたい。 残念ながら岩波文庫に入っていた『無名草子』は、現在新刊での入手が困難である。 単行本としては、『校注 無名草子』(笠間書院)や日本古典集成(新潮社)のものがある。 ただ、少々値は張るが、新編日本古典文学全集に入っている『松浦宮物語 無名草子』(小学館)が、現時点では最も手に取りやすく、注釈などの内容も充実していると思われる。 『無名草子』は研究書も多くない。 ひとつ挙げるとすれば、複数の研究者で組織された「『無名草子』輪読会」による『無名草子 注釈と資料』(和泉書院)がある。 本文と注釈に加えて、当時の時代背景や引用されているテクストについての解説も豊富だが、こちらも新刊での入手は困難である。 近年の論文では、中村文「『無名草子』冒頭部の構想」(『埼玉大学紀要人間学部篇』第5号、2005)が、テクストの構造をよくまとめて示唆に富んでいる。 また本稿では文学への理論的なアプローチも積極的に利用してきたが、それらの理論については、『ワードマップ 現代文学理論』(新曜社)が入門書としては最適だろう。 そこで論じきれなかった部分を補いつつ、より幅広い読者を想定して筆を運んできたが、かえって万華鏡のようなテクストに迷い込み、帰り道を見失った感がなくもない。 しかしそれもまた一興である。

次の

無名草子『清少納言』(1)(2)現代語訳

無名草子

もう一つの質問の方には、自分でやれるように課題を残したけど、 こちらは、要領がわからないだろうから、見本として半分やってみせるね。 後半半分は、もう一つのスレの要領で、自分でやってごらん。 解答に自信がなかったら、返信に書いたら合ってるか見てあげるよ。 繰り言=名詞 の=格助詞、連体修飾格 やうに=比況助動詞、やうなり、連用形 は=係助詞(係り結びに関与しない。 ) 侍れ=ラ行変格活用動詞「侍り」已然形 ど=接続助詞、逆接確定条件 尽き=カ行上二段活用動詞「尽く」連用形 も=係助詞(係り結びに関与しない。 ) せ=サ行変格活用動詞「す」未然形 ず=打消助動詞「ず」連用形 うらやましく=シク活用形容詞「うらやまし」連用形 めでたく=ク活用形容詞「めでたし」連用形 侍る=ラ行変格活用動詞「侍り」連体形 は=係助詞(係り結びに関与しない。 ) 大斎院=名詞 より=格助詞、動作の起点 上東門院=名詞 へ=格助詞、動作の方向 つれづれ=名詞 慰み=マ行四段活用動詞「慰む」連用形 ぬ=強意助動詞「ぬ」終止形 べき=当然助動詞「べし」連体形 物語=名詞 や=係助詞、疑問(結びは、「候ふ」。 ) 候ふ=ハ行四段活用動詞「候ふ」連体形(「や」の結び。 ) と=格助詞、引用 尋ね=ダ行下二段活用動詞「尋ぬ」連用形 参らせ=サ行下二段活用補助動詞「参らす」未然形 させ=尊敬助動詞「さす」連用形 給へ=ハ行四段活用補助動詞「給ふ」已然形(または命令形) り=完了助動詞「り」連用形 ける=過去助動詞「けり」連体形 に=格助詞、時。 (または、接続助詞、単純接続。 ) 紫式部=固有名詞 を=格助詞、対象 召し=サ行四段活用動詞「召す」連用形 て=接続助詞、単純接続 何=名詞 を=(一度出てきたね。 ) か=係助詞、疑問(結びは、「べき」。 ) 参らす=サ行下二段活用動詞「参らす」終止形 べき=適当助動詞「べし」連体形(「か」の結び。 ) と=(一度出てきたね。 ) 仰せ=サ行下二段活用動詞「仰す」未然形 られ=尊敬助動詞「らる」連用形 けれ=過去助動詞「けり」已然形 ば=接続助詞、順接確定条件、偶然条件 めづらしき=シク活用形容詞「めづらし」連体形 もの=名詞 は=(一度出てきたね。 ) 何=(一度出てきたね。 ) か=(一度出てきたね。 ) 侍る=ラ行変格活用動詞「侍り」連体形 べき=推量助動詞「べし」連体形(「か」の結び。 ) 新しく=(「めづらしき」の応用。 「新し」で辞書を引いてごらん。 活用形は、「作る」という動詞(=用言)に係っているから、「連用形」だよ。 ) 作り=(「作る」で辞書を引いてごらん。 活用形は、「て」に接続しているから、「連用形」だよ。 ) て=(一度出てきたね。 ) 参らせ(「参らす」の応用。 活用形は、「給ふ」という動詞(=用言)に接続しているから、「連用形」だよ。 給へ=ハ行四段活用補助動詞「給ふ」命令形 かし=(「かし」で辞書を引いてごらん。 面白い品詞だよ。 ) と=(二度出てきたね。 ) 申し=サ行四段活用動詞「申す」連用形 けれ=(「ける」の応用。 活用形は、「ば」に接続しているから、「已然形」だよ。 ) ば=接続助詞、順接確定条件、偶然条件 作れ=(「作り」の応用。 「作る」で辞書を引いてごらん。 活用形は、なんだと思う?) と=(三度出てきたね。 ) 仰せ=(一度出てきたね。 ) られ=(一度出てきたね。 ) ける=(一度出てきたね。 ) を=(一度出てきたね。 ) 承り=(「承る」で辞書を引いてごらん。 活用形は、「て」に接続しているから、「連用形」だよ。 ) て=〔二度出てきたね。 ) あっ、「何か侍るべき」の「か」は、 「疑問」じゃないね、「反語」にしといて。 ごめんね^^; 口語訳忘れとった。 何度も同じことを言う口癖のようではございますけれども、 何度言っても言い尽くせず、うらやましくもすばらしくもございますことは、 大斎院から上東門院に、 「退屈をきっと紛らわせるはずの(ことができる、でもいいね)物語がありますか」 とお尋ね申し上げなさったときに(なさったところ)、 (上東門院が)紫式部をお呼びになって、 「(退屈しのぎの物語というと、)何差しあげたら良いか」 とおっしゃったところ、 (紫式部が)「(もはや世間の物語はさんざん読み尽された後に)新奇なものなど、何があるでしょうか、いいえ、何もございません。 新しく(物語を)作って、それを差しあげなさいませよ」 と申し上げたところ、 (上東門院が)「ではお前が(新しい物語を)作れ」とおっしゃったのを、お受け申し上げて、.

次の