豆板 醤。 豆板醤

豆板醤と豆鼓醤の違い

豆板 醤

A ベストアンサー あげられているもの以外で思い当たるのは、芝麻醤と豆鼓醤でしょうか。 あとは一部の料理で魚醤(しょっつるやナンプラーのこと)を使うこともあります。 なお、コチュジャンは韓国の辛味噌です。 で、各調味料について簡単に述べると、 豆板醤。 ソラ豆と唐辛子を使った辛い味噌。 マーボー豆腐や海老チリなどの料理に使う。 甜麺醤。 小麦粉を発酵させた甘い味噌状の調味料。 砂糖やごま油が入ったものもある。 ホイコーローや北京ダック・鶏のローストなどに使う甘いタレに使う。 XO醤。 干し貝柱や干しエビ、金華ハムなど多数の食材炒めたり蒸したりした後、熟成させた調味料。 香港ペニンシュラホテルの料理長が作り出したとされる。 炒め物やチャーハン、点心などに少量加えて味に深み加えるほか、そのままご飯にのせて食べる。 「うますぎる調味料」と言われるほどなので、使いすぎるとXO醤の味しかしなくなるので注意。 芝麻醤。 炒った白ごまをすりつぶして、油でのばしたペースト状の調味料。 ゴマの香りが強く、バンバンジーや茹で豚スライス、あるいはサラダにかけるタレや坦々麺のスープに加える。 豆鼓醤。 蒸した大豆を塩漬けにして発酵・乾燥させた豆鼓(トウチ)をペーストにしたもの。 醤油を加えた味噌のような塩辛い味で、ひねた香りがあって、クセがある。 主にイカやホタテなどの海鮮系の炒め物などに使われる。 また、マーボー豆腐に豆板醤と一緒に加えると風味が増す。 といった感じです。 利用法については、大まかに分けて、 辛くするなら豆板醤。 甘くするなら甜麺醤。 XO醤は、万能だが、特に炒め物に。 芝麻醤は、おもに冷菜に。 豆鼓醤は、炒め物(特に海鮮系)の味付けに。 と分類できます。 このほかうまみ出しには、オイスターソース、風味付けにはネギ油などの調味料もあります。 あげられているもの以外で思い当たるのは、芝麻醤と豆鼓醤でしょうか。 あとは一部の料理で魚醤(しょっつるやナンプラーのこと)を使うこともあります。 なお、コチュジャンは韓国の辛味噌です。 で、各調味料について簡単に述べると、 豆板醤。 ソラ豆と唐辛子を使った辛い味噌。 マーボー豆腐や海老チリなどの料理に使う。 甜麺醤。 小麦粉を発酵させた甘い味噌状の調味料。 砂糖やごま油が入ったものもある。 ホイコーローや北京ダック・鶏のローストなどに使う甘いタレに使う。 XO醤。

次の

豆板醤

豆板 醤

A ベストアンサー あげられているもの以外で思い当たるのは、芝麻醤と豆鼓醤でしょうか。 あとは一部の料理で魚醤(しょっつるやナンプラーのこと)を使うこともあります。 なお、コチュジャンは韓国の辛味噌です。 で、各調味料について簡単に述べると、 豆板醤。 ソラ豆と唐辛子を使った辛い味噌。 マーボー豆腐や海老チリなどの料理に使う。 甜麺醤。 小麦粉を発酵させた甘い味噌状の調味料。 砂糖やごま油が入ったものもある。 ホイコーローや北京ダック・鶏のローストなどに使う甘いタレに使う。 XO醤。 干し貝柱や干しエビ、金華ハムなど多数の食材炒めたり蒸したりした後、熟成させた調味料。 香港ペニンシュラホテルの料理長が作り出したとされる。 炒め物やチャーハン、点心などに少量加えて味に深み加えるほか、そのままご飯にのせて食べる。 「うますぎる調味料」と言われるほどなので、使いすぎるとXO醤の味しかしなくなるので注意。 芝麻醤。 炒った白ごまをすりつぶして、油でのばしたペースト状の調味料。 ゴマの香りが強く、バンバンジーや茹で豚スライス、あるいはサラダにかけるタレや坦々麺のスープに加える。 豆鼓醤。 蒸した大豆を塩漬けにして発酵・乾燥させた豆鼓(トウチ)をペーストにしたもの。 醤油を加えた味噌のような塩辛い味で、ひねた香りがあって、クセがある。 主にイカやホタテなどの海鮮系の炒め物などに使われる。 また、マーボー豆腐に豆板醤と一緒に加えると風味が増す。 といった感じです。 利用法については、大まかに分けて、 辛くするなら豆板醤。 甘くするなら甜麺醤。 XO醤は、万能だが、特に炒め物に。 芝麻醤は、おもに冷菜に。 豆鼓醤は、炒め物(特に海鮮系)の味付けに。 と分類できます。 このほかうまみ出しには、オイスターソース、風味付けにはネギ油などの調味料もあります。 あげられているもの以外で思い当たるのは、芝麻醤と豆鼓醤でしょうか。 あとは一部の料理で魚醤(しょっつるやナンプラーのこと)を使うこともあります。 なお、コチュジャンは韓国の辛味噌です。 で、各調味料について簡単に述べると、 豆板醤。 ソラ豆と唐辛子を使った辛い味噌。 マーボー豆腐や海老チリなどの料理に使う。 甜麺醤。 小麦粉を発酵させた甘い味噌状の調味料。 砂糖やごま油が入ったものもある。 ホイコーローや北京ダック・鶏のローストなどに使う甘いタレに使う。 XO醤。

次の

「甜麵醬」「豆板醤」何からできてる?

豆板 醤

麻婆豆腐・担々麺・乾焼蝦仁(エビのチリソース煮)などに使います。 炒め物に使うときは、油の次に炒めて唐辛子の香りを出し、それから材料を入れるのがコツ。 この他、豆腐など淡白なものなら、豆板醤+醤油だけでも合います。 回鍋肉(豚肉とキャベツの炒めもの)・ジャージャー麺の味付けなどに使います。 また、北京ダックの付けタレなど、そのまま使うことも多いです。 生春巻きなどの付けタレにしても良いし、キュウリに添えて、それだけでも。 辛味の中に独特の甘味があります。 辛味がやわらかいので、そのまま生野菜につけたり、鍋物・煮物・炒め物・和え物・薬味まで。 胡麻油との相性がとてもよく、胡麻油とコチュジャンを混ぜるだけで韓国風の味になります。 また、コチュジャン・醤油・ニンニク・胡麻油を混ぜると色んな料理に使えるタレとなります。 野菜のあえ物(ナムル)は、コチジャン・ごま・ごま油・砂糖を合わせたもので味付けします。 チゲ鍋は、大さじ1~2杯で味付けします。

次の