すなちゃんあつし。 EXILE ATSUSHI、デビュー秘話を明かす 松本利夫、MAKIDAIら集結で「UPSIDE DOWN」歌唱

ATSUSHIさんのインスタのストーリーで話題のスナチャとは

すなちゃんあつし

初めまして、子供向け動画の制作をやっております、みーちゃんねると申します。 作りたてのチャンネルですが、多くのお子様に安心してみて頂けるとチャンネルを目指して作っていきますので、よければ動画視聴とチャンネル登録お願い致します。 youtube. youtube. youtube. youtube. ドンキに家族で行って、買い物してる途中便意MAXになってトイレに駆け込んだ訳。 まー、休日でいっぱい店内に人いたし、一つしかない洋式に一人並んでて、早くしてよーと思いながらその人の後ろ行ったら、 「あ、先、どぞ」 って言われて、 「あ、すみません!」 って言って、すぐさま洋式便所んとこはいったんよ。 んで、安心して、便座に座り込んで用を足しているときおかしなことに気がついたんよ。 何であの人トイレ開いてんのに並んでたんだ?って。 そしたら急にドア、バンバン外から叩かれて。 しばらくずーっとバンバンバンバン叩かれて。 こりゃ、早く開けろっていう次元の叩き方じゃないって思い、ずーっとただ、叩き終わるのを待ってたんよ。 20秒ぐらい経って、やっと止まった。 怖くて、5分ぐらい出れなかったけれどwwww 以上です。 ずっと前から夢はよく見るけど、だいたい不思議な夢だったりすることが多い。 いつも見る夢は起きた時にはぼんやり覚えてるけど、すぐに忘れてしまう。 だけど、今日見た夢は本当に印象に残ってて、今でも鮮明に覚えているので書きたいと思う。 私は自分が昔通ってた小学校の廊下にいた。 昇降口から階段を上がると左右にそれぞれの学年のクラスがある。 今は放課後で私は帰ろうとしていたが、教室に忘れ物をしたことに気づいて取りに行った。 その教室は女子生徒が更衣室として利用するような教室で、たまに使われる普段は使われてないような教室だ。 午前の授業にそこの教室を利用することがあったのだろう。 私は教室に忘れ物を取りに行くが、その教室の前で少し止まる。 中から生徒が話すような声が多く聞こえる。 ここの教室は放課後は先輩たちの溜まり場のようなっている。 また、先輩たちはこの世界の中の私にとってとても怖い存在であるようで、私はかなり不安な気持ちになりながらも教室のドアを開けた。 話し声が止んだ。 みんな私を無表情で見つめてる。 私は少し身構えながらも忘れ物を探すために教室に入った。 徐々に話し声が聞こえ始めたもののみんな私をみて、後輩かよ、などと小さな声で言っている。 この時、教室の左の壁側で書道をしている生徒がいた。 展覧会などに出されるような大きなものを書いていた。 私は横を通る時に踏まないように通ったつもりだったが半紙の下にひく下敷きと半紙の端を踏んでいたらしい。 書いていた先輩と周りの女友達らしき2人の先輩がなにかコソコソと話だしていたのに私は気づかなかった。 そして思いっきり下敷きと半紙を引かれた。 半紙はビリビリに破け、作品が一気に壊れた。 その場の空気が静まり私に視線が集まった。 「あーあ、これどうしてくれるの」 先輩たちが冷たい目で私を非難する。 私はこの場にいるのがとても怖くなって、「すみません!」と言い逃げ出した。 忘れ物は結局取れず、気づかないうちに暗くなってきていたため帰ろうとしたら友達のNちゃんが私を待ってくれていた。 私はNちゃんに忘れ物を取りに行ったが結局取りに行けなかったことを伝えた。 すると、Nちゃんが代わりにとってきてあげるといい、2人で教室に向かった。 私が怖がっていたため、教室の前で待っててと言われたため私は教室の前で待つことにした。 私はこの時中から先輩たちの声がするのもはっきりと聞こえていて。 Nちゃんが教室の中に入って行くのもはっきりと見ていた。 このときに、ドアを開けておけばよかったのに、中の先輩が寒いからドアを閉めて欲しいと行ってきたのでドアを閉めていた。 それから1時間ほどがたっていた。 普通なら5分もして来なければ様子を見るが、夢の中の私は1時間も待っていた。 暗くなってきて先生がもう下校の時間だと私に話しかけてきた。 私は、中にNちゃんが入ったのに帰ってこないということを話した。 そして先生と教室を確認した。 中には誰もいなかった。 明かりも付いておらず暗い教室の景色だけが広がっていた。 先輩たちもNちゃんも誰一人いなかった。 私は忘れ物を隈なく探したが結局見つからなかった。 その後、Nちゃんの家に学校から連絡を入れたが帰ってきておらず、行方不明という扱いになった。 それから半年ほど経った。 私は朝、支度を整えてニュースを見ながら朝食を食べていた。 遺体は激しい損傷を伴っており、両足がどちらも折られているということです。 」 私はそのニュースを見て悲しいはずなのに涙が出てこず、ただただ固まっていた。 その後、Nちゃんのご両親と会った。 ご両親は泣き崩れていた。 私はその様子を見て、なぜあの時忘れ物を取りに行かせたんだと自分をただただ責めていた。 その時、警察の人が私に声をかけてきた。 Nちゃんの遺体のそばにこんなものがあったとあるものを渡してきた。 私はそれを見たときに、今まで一度も出てこなかった涙がとめどなく溢れ出てきた。 渡された物は、あの時私が取りに行けなかった忘れ物だった。 Nちゃんは私に半年かけて忘れ物を届けてくれた。 命という大きい代償を払って。 そこで私は目覚めた。 いつもより少し早い時間に起きていた。 汗びっしょりで、ただ震えていた。 ただ、ここまで書いて、不思議なことにどうしても忘れものが思い出せない。 私は何を忘れてはいけない何かを忘れてしまったのかもしれない。

次の

ATSUSHIさんのインスタのストーリーで話題のスナチャとは

すなちゃんあつし

初めまして、子供向け動画の制作をやっております、みーちゃんねると申します。 作りたてのチャンネルですが、多くのお子様に安心してみて頂けるとチャンネルを目指して作っていきますので、よければ動画視聴とチャンネル登録お願い致します。 youtube. youtube. youtube. youtube. ドンキに家族で行って、買い物してる途中便意MAXになってトイレに駆け込んだ訳。 まー、休日でいっぱい店内に人いたし、一つしかない洋式に一人並んでて、早くしてよーと思いながらその人の後ろ行ったら、 「あ、先、どぞ」 って言われて、 「あ、すみません!」 って言って、すぐさま洋式便所んとこはいったんよ。 んで、安心して、便座に座り込んで用を足しているときおかしなことに気がついたんよ。 何であの人トイレ開いてんのに並んでたんだ?って。 そしたら急にドア、バンバン外から叩かれて。 しばらくずーっとバンバンバンバン叩かれて。 こりゃ、早く開けろっていう次元の叩き方じゃないって思い、ずーっとただ、叩き終わるのを待ってたんよ。 20秒ぐらい経って、やっと止まった。 怖くて、5分ぐらい出れなかったけれどwwww 以上です。 ずっと前から夢はよく見るけど、だいたい不思議な夢だったりすることが多い。 いつも見る夢は起きた時にはぼんやり覚えてるけど、すぐに忘れてしまう。 だけど、今日見た夢は本当に印象に残ってて、今でも鮮明に覚えているので書きたいと思う。 私は自分が昔通ってた小学校の廊下にいた。 昇降口から階段を上がると左右にそれぞれの学年のクラスがある。 今は放課後で私は帰ろうとしていたが、教室に忘れ物をしたことに気づいて取りに行った。 その教室は女子生徒が更衣室として利用するような教室で、たまに使われる普段は使われてないような教室だ。 午前の授業にそこの教室を利用することがあったのだろう。 私は教室に忘れ物を取りに行くが、その教室の前で少し止まる。 中から生徒が話すような声が多く聞こえる。 ここの教室は放課後は先輩たちの溜まり場のようなっている。 また、先輩たちはこの世界の中の私にとってとても怖い存在であるようで、私はかなり不安な気持ちになりながらも教室のドアを開けた。 話し声が止んだ。 みんな私を無表情で見つめてる。 私は少し身構えながらも忘れ物を探すために教室に入った。 徐々に話し声が聞こえ始めたもののみんな私をみて、後輩かよ、などと小さな声で言っている。 この時、教室の左の壁側で書道をしている生徒がいた。 展覧会などに出されるような大きなものを書いていた。 私は横を通る時に踏まないように通ったつもりだったが半紙の下にひく下敷きと半紙の端を踏んでいたらしい。 書いていた先輩と周りの女友達らしき2人の先輩がなにかコソコソと話だしていたのに私は気づかなかった。 そして思いっきり下敷きと半紙を引かれた。 半紙はビリビリに破け、作品が一気に壊れた。 その場の空気が静まり私に視線が集まった。 「あーあ、これどうしてくれるの」 先輩たちが冷たい目で私を非難する。 私はこの場にいるのがとても怖くなって、「すみません!」と言い逃げ出した。 忘れ物は結局取れず、気づかないうちに暗くなってきていたため帰ろうとしたら友達のNちゃんが私を待ってくれていた。 私はNちゃんに忘れ物を取りに行ったが結局取りに行けなかったことを伝えた。 すると、Nちゃんが代わりにとってきてあげるといい、2人で教室に向かった。 私が怖がっていたため、教室の前で待っててと言われたため私は教室の前で待つことにした。 私はこの時中から先輩たちの声がするのもはっきりと聞こえていて。 Nちゃんが教室の中に入って行くのもはっきりと見ていた。 このときに、ドアを開けておけばよかったのに、中の先輩が寒いからドアを閉めて欲しいと行ってきたのでドアを閉めていた。 それから1時間ほどがたっていた。 普通なら5分もして来なければ様子を見るが、夢の中の私は1時間も待っていた。 暗くなってきて先生がもう下校の時間だと私に話しかけてきた。 私は、中にNちゃんが入ったのに帰ってこないということを話した。 そして先生と教室を確認した。 中には誰もいなかった。 明かりも付いておらず暗い教室の景色だけが広がっていた。 先輩たちもNちゃんも誰一人いなかった。 私は忘れ物を隈なく探したが結局見つからなかった。 その後、Nちゃんの家に学校から連絡を入れたが帰ってきておらず、行方不明という扱いになった。 それから半年ほど経った。 私は朝、支度を整えてニュースを見ながら朝食を食べていた。 遺体は激しい損傷を伴っており、両足がどちらも折られているということです。 」 私はそのニュースを見て悲しいはずなのに涙が出てこず、ただただ固まっていた。 その後、Nちゃんのご両親と会った。 ご両親は泣き崩れていた。 私はその様子を見て、なぜあの時忘れ物を取りに行かせたんだと自分をただただ責めていた。 その時、警察の人が私に声をかけてきた。 Nちゃんの遺体のそばにこんなものがあったとあるものを渡してきた。 私はそれを見たときに、今まで一度も出てこなかった涙がとめどなく溢れ出てきた。 渡された物は、あの時私が取りに行けなかった忘れ物だった。 Nちゃんは私に半年かけて忘れ物を届けてくれた。 命という大きい代償を払って。 そこで私は目覚めた。 いつもより少し早い時間に起きていた。 汗びっしょりで、ただ震えていた。 ただ、ここまで書いて、不思議なことにどうしても忘れものが思い出せない。 私は何を忘れてはいけない何かを忘れてしまったのかもしれない。

次の

EXILE ATSUSHI、デビュー秘話を明かす 松本利夫、MAKIDAIら集結で「UPSIDE DOWN」歌唱

すなちゃんあつし

「愛しのスナちゃんへ」溢れる愛綴るATSUSHIはこの日、そんな「スナップチャット」と、海外に行くためにしばらくお別れしなければならないことを報告。 「愛しのスナちゃんへ…。 (笑)」と切り出すと、「僕はあなたと出逢えて人生が変わりました…。 過去の経験からなのか、幼い頃からずぅ~っと恥ずかしがり屋。 そして、少し神経質で、不安で心配性。 そして自分を表現することへの恐れ…。 それらを全て変えてくれたのが、スナちゃん、そうあなたでした…」と溢れる思いを綴った。 「みなさんが笑ってくれたり、癒されてくれればそれだけでイイし(限にそういうお声をいただいているので、勘違いでないといいんですが…笑)、顔も声も変わるから、どうでもいい事も、面白く聞こえたり、ちょっとスナチャの時だけはグチっぽいことも、ボヤいてみたりもできるし…。 (笑)いつもインスタをアップする時は、洋服の事や髪型を気にしたり、意外と気を使っていました。 それを一気に変えてくれたのが、スナちゃんでした(笑)」と同アプリへの愛を露わに。

次の