連絡する 敬語。 敬語:他のスタッフから聞いたことを伝える時

メールの文章について

連絡する 敬語

「連絡が欲しい」という気持ちを伝える表現は多数あります。 「連絡してください」はその中で比較的、気の置けない相手へ使うことが多い表現です。 より丁寧な形で敬語にすると「ご連絡いただけますでしょうか」「ご連絡をお願いいたします」などになります。 敬語の種類 「連絡してください」は丁寧語です。 謙譲語にすると「ご連絡いただきたい」になります。 丁寧語と謙譲語だと、謙譲語がより丁寧な表現とされています。 「連絡してください」よりも「ご連絡いただきたい」の方が丁寧な敬語表現だと言えます。 使い方 「お伝えした電話番号に連絡してください」「戻られましたら折り返しご連絡いただきたいです」「折り返しご連絡いただけますでしょうか」「折り返し連絡してくださいとお伝え願えますか」などの使い方をします。 「連絡してください」のシーン別の例文 相手に「連絡して欲しい」ということを伝える場面は非常に多いです。 また、連絡が欲しい、ということを伝える敬語表現は「連絡してください」もありますが、他にも多数あります。 「連絡してください」とその他の連絡が欲しいということを伝える敬語表現をご紹介します。 メールでの使い方 メールで相手の連絡が欲しい、という場合は「連絡してください」と伝えることもありますが、「返信してください」と伝えることもあります。 「メールを確認されましたら、ご連絡お願いいたします」「メールを確認されたら折り返し連絡してください」「ご返信をお願いいたします」「メールを見られたらすぐに返信してください」などの使い方をします。 ビジネスでの使い方 「Aさんに連絡してください」「先ほど先方から電話がありました。 折り返すと伝えたので連絡してください」「着信に気づかれましたら折り返しご連絡をお願いいたします」「本社に戻られたら一度確認の連絡をしてください」などの使い方をします。 「連絡してください」の類語の敬語表現 「連絡してください」は「連絡をお待ちしています」に言い換えることができます。 「連絡してください」よりも「連絡をお待ちしています」の方がやや丁寧な敬語にあたります。 「メールを見られましたら返信くださいましたらと存じます。 ご連絡をお待ちしております」「本社に戻られたら一度こちらにお電話をいただけますでしょうか。 ご連絡をお待ちしております」などの使い方をします。 連絡をお願いします 「連絡をお願いします」は「連絡してください」とほぼ同じ意味の敬語です。 「お願いします」は謙譲語の形で敬語にすることができます。 謙譲語にすると「ご連絡お願いいたします」になります。 丁寧な敬語表現ですので目上の人などには「連絡してください」よりも「ご連絡をお願いいたします」というようにした方が良いと言えます。 「恐れ入りますが、一度ご連絡をお願いいたします」などの使い方をします。 連絡いただけると幸いです 「連絡してください」と似通った意味ですが、「連絡いただけると幸いです」は「連絡してください」よりも丁寧な敬語表現です。 取引先からの連絡が欲しい時などには「連絡してください」ではなく「連絡いただけると幸いです」の方を使う場合が多いです。 「本日お話いたしました件がお気に召しましたら、またどうぞご相談くださいませ。 ご連絡いただけると幸いです」「何か気になることがございましたら私の方にご連絡いただけると幸いです」などの使い方をします。 連絡「いただきたい」と「してください」はどちらが丁寧か 「連絡してください」は「連絡して欲しい」を丁寧語の形で敬語にした表現です。 より丁寧にする場合は謙譲語の形で敬語にします。 「連絡いただきたい」は「連絡してください」よりも丁寧です。 しかし「連絡いただきたい」「ご連絡いただきたいです」よりもさらに丁寧に相手に伝えたいという場合もあると考えられます。 そのような場合は、「連絡してください」をこれ以上丁寧な敬語表現にすることはできないので、丁寧な表現になるような言葉を添えるという方法をとります。 疑問形にする 何かを頼むときには「してください」と伝えます。 「してください」は「してほしい」を丁寧語の形で敬語にした表現ですので、このままでも丁寧な表現です。 しかし、より丁寧に言いたいという場合は疑問形にします。 「連絡してください」は「連絡してくれますか」というと少し丁寧な印象になります。 「ご連絡いただきたいです」は「ご連絡いただけますでしょうか」という形に言い換えることができます。 こちらも丁寧な表現です。 よろしくお願いします 「ご連絡いただけますでしょうか」は、非常に丁寧な敬語表現です。 さらに丁寧な印象の言い回しにしようとする場合は「よろしくお願いいたします」を言い添えるという方法があります。 「明日までにご連絡いただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします」などの使い方をします。 恐れ入りますが 「恐れ入りますが」などの言葉を言い添えても表現が丁寧になります。 「明日までにご連絡いただけますでしょうか。 恐れ入りますがよろしくお願いいたします」などの使い方をします。 「ご連絡していただけると嬉しいのですが」「明日までにご連絡していただけると嬉しいです」などの使い方をします。 「助かります」という表現を使う場合もあります。 「嬉しいのですが」と同じ使い方をします。 「ご連絡していただけると助かります」「明日までにご連絡していただけると助かるのですが」などの使い方をします。 お手数ですが.

次の

敬語:他のスタッフから聞いたことを伝える時

連絡する 敬語

A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー No. 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 yahoo. これに「ご」をつける場合、 ・相手が「依頼」する時は 「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。 ・自分が「依頼」する時は 「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。 「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。 理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。 ashir. php? livedoor. html [ですが、自分からの依頼や質問などは、 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、 謙譲の「ご(お)」は不要です。 goo. html 回答No. 3 [ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。 ] ---------------------------------------------- 上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。 (余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。 ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、 謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。 重要なのは「立てている」事です。 例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。 「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も 「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。 ) (別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。 ) これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は 専ら「ご依頼申し上げる」と使います。 「ご依頼する」は使いません。 (難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。 chiebukuro. yahoo. ] Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま... chiebukuro. yahoo. ただし、その一方しか使われない語もあります。 例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」 とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。 ] ---------------------------------------------- 上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。 bunka. pdf 27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お ご ……申し上げる」 の形しか使わないと理解しています。 (ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。 yahoo. cgi? 4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。 なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。 次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、 これは「敬語の指針」 20ページ------------------------------------------ [【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】 謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で, 両方の性質を併せ持つ敬語として「お ご ……いたす」がある。 「駅で先生をお待ちいたします。 」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。 」と同じ 内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。 これは,「お待 ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I) と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる] 28ページ------------------------------------------ [【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の [上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お ご ……いたす」がある。 ]] -------------------------------------------------- にある「お ご ~いたす」の形です。 ここにあるように「お ご ~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。 まず謙譲語 I の「お ご ~する」が成立しないと成り立ちません。 さぁどう解釈するかです。 私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。 なので「ご依頼いたす」は無いです。 ただし下記のような方もいます。 chiebukuro. yahoo. ~~ 理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない] Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた... chiebukuro. yahoo. ] -------------------------------------------------- この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。 本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。 ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。 ただ一般的には自分が依頼する場合は、 題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では 「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」 「〇〇していただけないでしょうか」 「〇〇していただいてよろしいでしょうか」 などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 Q こんにちは。 ある方にお礼状を書きます。 その中で、連絡が迅速だったことに対しての御礼の一文を入れたいです。 」 です。 でも違和感が…。 「ご連絡をする」は謙譲表現ですよね。 そこにプラス「いただく」とするのはおかしいような気がします。 どうでしょうか? 他に候補として思い浮かんだのは 「迅速にご連絡いただき」 「迅速な(に)ご連絡をいただき」 「迅速にご連絡くださり」 「迅速な(に)ご連絡をくださり」 です。 過去ログで「くださる」と「いただく」の違いも見たのですが、いまいちわかりません。 どう書けばいいでしょうか? A ベストアンサー 二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 一つの文の中で、一つの対象物に対して用いる敬語は一つでよい、というものです。 」の場合ですと、『ご連絡』と『いただき』が敬語に当たります。 ここはどちらか一つで良いのです。 で、次にどちらの敬語を残すか?が問題となってきます。 名詞の頭に「お」や「ご」は付けないのが、本来の敬語の在り方です。 」とするのが、作法にかなった敬語表現となります。 」くらいの簡潔な表現が好みです。 ただし、すでにテレビのアナウンサーや新聞、雑誌でさえ、二重敬語が当たり前のように使われるようになってきました。 (特に皇室報道では、三重敬語、四重敬語が頻出しています) 正しい敬語がすでに死語となりつつありますので、使うのは今のうちかもしれません。

次の

「送る」の敬語は?謙譲語・尊敬語で表現する手紙やメール・送迎・荷物での使い方【例文あり】

連絡する 敬語

相手の「自分に敬語を使っている」というのは、ニュアンスが少し分からないですが、目上の人に「ご連絡ください」では、確かに尊敬の念が低く取られてもしかたないですね。 「ご連絡ください」だと、単なる丁寧語または、他の方の指摘にもあるように美化語の範囲でしかないと思います。 目上の人と自分という1対1の会話の場合、尊敬語か謙譲語を使わないと、「敬語を使っていない」と思う人もいるかと思います。 特に目上の人がある程度地位の高い人で、敬語を使われることに慣れていると「失礼な言い方だ」と思われることもあるかもしれません。 また、書き言葉と話し言葉でも違ってきます。 電話や会話の流れの中で「ご連絡ください」とさらっと言われると、あまり気にならないかもしれません。 が、メールや書面などの場合は、より丁寧な言葉遣いをしないと、文章で見るとアラが目につきやすいという面があると思います。 メールの時に電話をほしいと相手(目上の人や外部の人)に伝えるなら、「ご連絡をいただけますでしょうか」とか、「ご連絡いただけますようお願いいたします」「ご連絡いただけますようお願い申し上げます」など、少し堅いくらいの表現をした方が間違いないと思います。 もちろん外部の人でも、そこまで堅苦しくしなくていいのなら別ですが。 それでも「ご連絡いただけますか」などにします。 すでに指摘がありますが、「ください」というのは命令だと取られる場合があると聞いたことがあります。 なので、気を遣う相手には「~してください」「~ください」は使わないようにしてますよ。 勉強中の身ですが、わかる範囲で回答させていただきます。 「ご連絡ください」は決しておかしくありません。 「お(ご)~くださる」で尊敬語の形になります。 「ご覧ください」 「お伝えください」 など、よく使います。 相手の行動「連絡」をたてる表現です。 「ご連絡して ください」 の場合は「お(ご)~する」の形で謙譲語となり「連絡される側」をたてる表現になります。 くださいが言い切りで命令形になってしまうので、相手に何かを依頼する場合には より丁寧な形を使うと良いかもしれません。 「ご連絡くださいますようお願いいたします」や 「ご連絡いただけますようお願いします」あたりでしょうか。 また、意向を尋ねる形「ご連絡お願いできますでしょうか」にするとより柔らかな表現になるようです。 間違いではないですよ 「ご連絡下さい」 「お電話下さい」 先方の方はこれらを謙譲語のように認識して「自分を謙っている」と言ったのでしょうが、これらは美化語というちょっと特殊な敬語表現として認知されています。 美化語というのは、簡単に言えば敬う表現ではなく「言葉尻を上品に仕立て上げる表現」を言います。 下記のページなどがわかりやすいかもしれません。 例えば、こんな文 「お買い上げ頂き、まことにありがとうございます。 商品に不備などありましたら、連絡下さい」 こういう表現だと上品とは言えません。 これを上品に仕立て上げるのが美化語という敬語表現(もっとも敬語として見なさない説もあるようですが)です。 相手の方が気にされるようであれば、別の言い回しを使うのがよいかもしれませんね。 「メールして頂ければと思います」とかそんな感じに。 A ベストアンサー 「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、 「お申し込み頂きますようお願いいたします」 としなければなりません。 これが本来の表現でしょう。 ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。 そこで、 「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」 という意図で、 「お申し込み頂けますようお願いいたします」 という文が作られたのではないか、と推測します。 この意味で、おっしゃるように可能の用法のつもりで使っているのでしょう。 この場合、「申し込む」の主語と「いただく」の主語は異なることになります。 しかし、この「いただく」は「お申し込み」の補助動詞として使われているため「お申し込みいただく」は一つの動詞とみなされるべきです。 つまり、ひとつの動詞に2つの主語が混在していることになり、それが違和感の原因であり誤用たる理由にもなるのでしょう。 こういった文を作ってしまう方は多いですが、「強制的ニュアンスを消したい、薄めたい」という意図を表わすためには、「お申し込みを賜りますようお願いいたします」などとすれば効果が多少は出るように思います。 「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、 「お申し込み頂きますようお願いいたします」 としなければなりません。 これが本来の表現でしょう。 ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。 そこで、 「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」 という意図で、... Q 営業のアシスタント業務を行っています。 代理でメールを送信する場合について教えてください。 添付する見積書に 外出中の上司の承認をもらってから送信するのですが、上司が帰社する前に 担当営業が外出してしまうため、代理でメール送信することになりました。 今回は急いでいたため 自己判断で文章に加筆して送信してしまったのですが、今後のこともあるのでご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた).

次の