ベイングローリー。 10万円分のAmazonギフト券もらえる!『ベイングローリー』Steam版リリースを記念し動画コンテスト実施決定 [ファミ通App]

vainglory(ベイングローリー)攻略wiki

ベイングローリー

は、Super Evil Megacorpが運営しているである。 は、ヒーローと呼ばれるユニットを操作し、マルチプレイで相手とバトルするとなっている。 バトルは3対3に分かれ、敵陣の拠点を破壊すれば勝利となるMOBAで行われる。 単純なゲームではなく、敵味方ともに他プレイヤーとプレイすることが基本となっており、仲間との協力や戦術の読み合いが勝敗を左右する。 頭を使いながら戦っていく過程は、ハラハラドキドキ感を得ることができるのだ。 バトルごとにレベルがリセットされる方式のため、プレイヤースキルが強さに直結してくるぞ。 課金要素は見た目の変更などに絞られているので、課金者/無課金者のギャップが少ないことも特徴だ。 または、本格的なMOBAをスマホで再現しているため、1回の戦闘で20分から30分ほどかかる。 がっつり遊びたい人はオススメの作品となっている。 バトルの流れは、マップの両端に各陣営が分かれた状態からスタートする。 プレイヤーが動かすヒーローは1体。 操作は動かしたい先をタップするのみとシンプルで、移動と攻撃はオートで行われる。 相手チームより先に、各陣営の奥に存在するベインクリスタルを破壊すれば勝利となる。 が気になった人は、やなどもチェックしてみてほしい。 ベイングローリーについて ベイングローリーのおすすめポイント は、Super Evil Megacorpが運営しているである。 は、3対3のオンライン対戦がメインとなる、MOBA(マルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ)と呼ばれるジャンルのだ。 特殊なアビリティを持つヒーローとなって、他プレイヤーたちと協力しながら、敵の陣地を攻め落とすのが主な目的となる。 資金を貯め、装備やアイテムを強化したり、アビリティをレベルアップさせたりして、ワンランク上のヒーローを目指そう。 のプレイヤー同士の戦闘だけでなく、仲間のNPCを強化するための鉱山や金鉱など、陣地の取り合いで刻一刻と変化していくバトルの形勢を見極めながら、有利なポジションを突いてゆくのがこのゲームの醍醐味。 秒間60フレーム、130万を超えるポリゴンによって描き出される圧倒的な世界観と、やり込むほどにアツくなるリアルタイムバトルを今すぐ体験しよう!.

次の

「Vainglory (ベイングローリー)」PC・タブレット・スマホでも違和感なく遊べる人気MOBA!|オンラインゲームPLANET

ベイングローリー

課金額ではなく、スキルとチームワークが勝利の鍵とされている通り、課金してもプレイヤースキルがなければ勝つことは難しいという、 やりこみ度が非常に高く、e-sports要素が強いタイトルに仕上がっています。 プレイヤーは、48体以上用意されている『ヒーロー』と呼ばれる個性的なキャラクターから1体を選択し、 リアルタイムに敵チームと戦って、相手陣地のクリスタルを破壊していきます。 2018年12月には、将来的には家庭用ゲーム機向けのリリースも予定されていることがアナウンスされています。 本作は、 課金額ではなく、スキルとチームワークが勝利の鍵とされている通り、 課金してもプレイヤースキルがなければ勝つことは難しいという、 やりこみ度が非常に高く、e-sports要素が強いタイトルに仕上がっています。 MOBAと言うと難しいと感じる方も多くいると思いますし、簡単とかではないのですが、 プレイ人口も多く、カジュアルに楽しむこともできるので気軽にはじめられる MOBAとなっています。 7 GHz デュアルコア 以上 Intel i5 — 6402P 2. ゲームシステム 「Vainglory ベイングローリー 」は、 PC向けとなることで期待される戦略的な深みとテクニカルな操作スキルを備えているだけでなく、 全プラットフォーム共通で、 ・極めて美しいグラフィックス ・正確な操作性 ・対戦ゲーム を実現しているため、 外出先・自宅など、いつでもどこからでも、 プレイデバイスに関係なく、仲間やフレンドと一緒に世界中のプレイヤーと対戦できます。 プレイヤーは、 48体以上用意されている『ヒーロー』と呼ばれる個性的なキャラクターから1体を選択し、 リアルタイムに敵チームと戦って、相手陣地のクリスタルを破壊していきます。 PCでもタブレットでもスマホでも違和感なく遊べるシンプルなMOBAなので、 5分間でサクっと終わるクイックバトルモードから、25分間のディープなバトルまで、 5v5の本格バトルアリーナを手軽にも真剣にも遊ぶことができます。 用意されている 48体以上の『ヒーロー』には、『コンボシステム』と『プレイスタイル』が異なるので、 ゲーム序盤で各ヒーローの個性を覚えるのは大変ですが、ゲームに慣れていくと、 この豊富にいるキャラは、プレイ戦略の幅が広がるので、面白いと思います。 また、プレイモードによって、所持していなくても選択可だったり、所持ヒーローから選択したりなど、 変わってくるので注意が必要ですが、ヒーローバランスは良く、 『このキャラを使えば絶対に勝てる』みたいなヒーローは存在しないので、 どんなプレイスタイルでもユニークで魅力的なヒーローに出会えると思います。 その他にも、様々な目標物がいるマップや、 オリジナルのファンタジーな世界観やヒーローの物語が用意されています。 腰を据えてじっくりプレイしたいときはPC版、移動中などのちょっとした空き時間にはスマホ版など、 その時の気分に合わせて、自由なプレイスタイルで遊ぶことができます。 Copyright C 2019 All Rights Reserved. Super Evil Megacorp. このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム•

次の

宇野昌磨がはまっているゲームはベイングローリー!好感度があがった!

ベイングローリー

課金額ではなく、スキルとチームワークが勝利の鍵とされている通り、課金してもプレイヤースキルがなければ勝つことは難しいという、 やりこみ度が非常に高く、e-sports要素が強いタイトルに仕上がっています。 プレイヤーは、48体以上用意されている『ヒーロー』と呼ばれる個性的なキャラクターから1体を選択し、 リアルタイムに敵チームと戦って、相手陣地のクリスタルを破壊していきます。 2018年12月には、将来的には家庭用ゲーム機向けのリリースも予定されていることがアナウンスされています。 本作は、 課金額ではなく、スキルとチームワークが勝利の鍵とされている通り、 課金してもプレイヤースキルがなければ勝つことは難しいという、 やりこみ度が非常に高く、e-sports要素が強いタイトルに仕上がっています。 MOBAと言うと難しいと感じる方も多くいると思いますし、簡単とかではないのですが、 プレイ人口も多く、カジュアルに楽しむこともできるので気軽にはじめられる MOBAとなっています。 7 GHz デュアルコア 以上 Intel i5 — 6402P 2. ゲームシステム 「Vainglory ベイングローリー 」は、 PC向けとなることで期待される戦略的な深みとテクニカルな操作スキルを備えているだけでなく、 全プラットフォーム共通で、 ・極めて美しいグラフィックス ・正確な操作性 ・対戦ゲーム を実現しているため、 外出先・自宅など、いつでもどこからでも、 プレイデバイスに関係なく、仲間やフレンドと一緒に世界中のプレイヤーと対戦できます。 プレイヤーは、 48体以上用意されている『ヒーロー』と呼ばれる個性的なキャラクターから1体を選択し、 リアルタイムに敵チームと戦って、相手陣地のクリスタルを破壊していきます。 PCでもタブレットでもスマホでも違和感なく遊べるシンプルなMOBAなので、 5分間でサクっと終わるクイックバトルモードから、25分間のディープなバトルまで、 5v5の本格バトルアリーナを手軽にも真剣にも遊ぶことができます。 用意されている 48体以上の『ヒーロー』には、『コンボシステム』と『プレイスタイル』が異なるので、 ゲーム序盤で各ヒーローの個性を覚えるのは大変ですが、ゲームに慣れていくと、 この豊富にいるキャラは、プレイ戦略の幅が広がるので、面白いと思います。 また、プレイモードによって、所持していなくても選択可だったり、所持ヒーローから選択したりなど、 変わってくるので注意が必要ですが、ヒーローバランスは良く、 『このキャラを使えば絶対に勝てる』みたいなヒーローは存在しないので、 どんなプレイスタイルでもユニークで魅力的なヒーローに出会えると思います。 その他にも、様々な目標物がいるマップや、 オリジナルのファンタジーな世界観やヒーローの物語が用意されています。 腰を据えてじっくりプレイしたいときはPC版、移動中などのちょっとした空き時間にはスマホ版など、 その時の気分に合わせて、自由なプレイスタイルで遊ぶことができます。 Copyright C 2019 All Rights Reserved. Super Evil Megacorp. このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム•

次の