地形 類語。 「形」の用例一覧 例文検索 使い方:類語・類義語(同義語)辞典

地図の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

地形 類語

測量法で定めた地形測量の範囲は、公共測量-作業規程の準則における現地測量及び車載写真レーザ測量のことを指しているが実際の地形測量は トータルシステム 等や GNSS 測量機により基準点を設け、それを基準として トータルシステム 等や GNSS 測量機による地形と地物の細部調量を行い数値地形図データを作成することになる。 車載写真レーザ測量は準則では自動車に自車位置姿勢データ取得装置及び数値図化用データ取得装置を搭載して一般車両と同等の速度で走行しながら道路及び道路周辺の地形、地物等を測定すると定めている、新しい測量技術。 この地形測量の分野において GIS は 地形測量を実施することで得た点・線 道路 ・面 街区 というものの位置関係をコンピュータが認識して、データベースとして用いることができるように、データを整理して構築するための位相構造に関するものである。 平板測量 狭い地域の地図を作成するための測量。 三脚の上に平板・図面を設置、を用いて測点を目視し、図面上に実際の地形を記述する。 雨や風に弱いが、内業を行う必要がない。 最近ではの普及により、あまり使われることがなく、試験・試験では平成20年度より問題から削除されているが、等の実習で放射法などの基礎を学ぶために使用されることは多い。 1860年代のラッセルのタンクでの鉄道測量隊 局地的な狭い地域の平面測量には、器具も操作も簡単な平板測量が便利である。 現地の地形を対象としながら、直接紙上に図化していくために必要な測量を忘れることがなく、また測定に誤りがあればすぐに発見でき図面の正確さを確かめながら作業ができる。 欠点としては見通しのきかない場所では効力が発揮できず、外業が多いため天候条件に大きく左右され、また結果も精密さに欠けるところがある。 補助用具としては測量針 マチ針 、その他、作図用具の三角定規、三角スケール、鉛筆、消ゴム、ナイフ、メモ用ノートなどがいる。 測量作業を始めるにあたっては、準備作業が必要である。 区域全体について境界や地形を調査して、現地の概略の見取図を描く、最も能率よく実施できる測点の位置を選定し、測量杭 鋲 を打つ、作業の手順を計画する、など。 その他、土地所有者の了承を得たり、必要な手続きがあれば済ませる。 平板の据付けについて、平板据付けの3条件というのがあり、一般に定向、致心、整準の順に誤差の影響が大きい。 1918年の中に調査したドイツのエンジニア 致心 求心 は、他上の測点と平板上の測点とが同一鉛直線中にあるようにする操作で、前述の求心器および錘球によって行う。 実際の作業では、次の定向操作とは互いに影響し合うので、この2つの条件を同時に満足させるためには、何回か並行して操作を繰り返すことになる。 平板を何回も据え替えて測点を移動する間、常に平板の方向は最初に据え付けた方向と同一でなければならな。 その方法としては、磁針によってもよいが、精度を考えると、据え替える前の測点とを結ぶ方向線に沿わせてアリダードの定規縁を合わせ、視準板の見透線を利用してその測点に立てたポールを視準しながら平板を回転させて方向を正す方法が確実である。 整準は、平板を水平にする操作である。 脚頭の3本ある整準ネジのうち底辺に当する2本のネジを結ぶ方向と平行にアリダードを置き、この2本の多準ネジを操作して気泡を中央に導き左右方向の水平を正す。 左右のネジは互いに反対の方向に回し、気泡は左手親指の回す方向に動く。 次にアリダードを今の方向と直角に置きかえ、残りの整準ネジ1つを用いて縦方向の水平を正す。 以上の操作を数回繰り返し調整する。 整準は標高差のある区域を何回も据え替えて移動するとき、影響が大きく現われる。 写真測量 写真撮影によって記録された写真データに基づき地物の大きさ・形状・位置等、空間を測定する技術。 fig. net. 2016年2月17日閲覧。 BC Punmia 2005. 2014年12月9日閲覧。 N N Basak 2014. 542. 2016年7月28日閲覧。 BC Punmia 2005. 2014年12月9日閲覧。 2011年4月18日. 2013年10月14日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年10月13日閲覧。 2018年3月26日. 2018年3月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2018年3月26日閲覧。 長谷川昌弘; 今村遼平; 吉川眞; 熊谷樹一郎 『ジオインフォマティックス入門』 理工図書、2002年。 公共測量作業規程の準則では第4編に応用測量があり、第339条の2により 「応用測量とは、道路、河川、公園等の計画、調査、実施設計、用地取得、管理等に用いられる測量をいう。 」としている。 応用測量の区分は第340条で、目的によって 一 路線測量、二 河川測量、三 用地測量、四 その他の応用測量 と区分されている。 そして同条の2によると応用測量はに付随する測量ごとに、必要に応じて路線測量、河川測量及び用地測量並びにその他の 測量を行うものとするとしており、使用する成果を第341条で、基本測量成果に加え、基準点測量、水準測量、地形測量及び写真測量の成果を使用して行うものとしているがただし、基準点測量成果等が必要な場合には、当該測量を実施し、必要な成果を取得して行うものとするとしている。 Ronalds, B. 2016. Sir Francis Ronalds: Father of the Electric Telegraph. London: Imperial College Press. Kahmen, Heribert; Faig, Wolfgang 1988. Berlin: de Gruyter. 2014年8月10日閲覧。 縮尺が大きい順からみて編集として2万5千分の1地形図から5万分の1地形図を作る。 このとき基になる2万5千分の1地形図は基図であり、5万分の1地形図は編集図ということになる。 このようにして同じ要領で、5万分の1地形図から20万分の1地勢図を作る場合、5万分の1地形図を基図とし、20万分の1地勢図が編集図となる。 A History of the Rectangular Survey System by C. Albert White, 1983, Pub: Washington, D. : U. Dept. of the Interior, Bureau of Land Management : For sale by Supt. of Docs. , U. Richards, D. 1995. Use of extrinsic evidence to aid interpretation of deeds. Journal of Surveying Engineering, 121 , 178.

次の

「脚色」の意味と使い方、類語、語源、競馬用語、「着色」との違い

地形 類語

日常生活で、会話をしたり文章を読んだりしていると、さまざまな言葉を見聞きすることになります。 中には、自分がこれまでに使用した言葉がない言葉や、意味が分からない言葉と出会うこともあるでしょう。 意味や使い方がよく分からない言葉と出会った時、そのままにして放置したり、知ったかぶりをしたりすると、予想外のミスやすれ違いを生んでしまう危険性があります。 ですから、分からない言葉は、放置せずに意味や使い方を調べたり学んだりすることが大切です。 今回は、意味などが分かりづらいと考えられる言葉の中から、「湾曲」という言葉をピックアップして、意味や使い方、由来や類語などをご紹介していきます。 「湾曲」の意味や使い方に自信がないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 「湾曲」の意味と使い方 早速、「湾曲」という言葉がどのような言葉なのか、意味や使い方について見ていきましょう。 「湾曲」という言葉は、日常生活ではあまり使用しない言葉だと考えられます。 そのため、何らかの機会で使用された場合に、意味などを正しく解釈できる自信がある方は、少ないと予想できます。 ですから、この機会にぜひ、「湾曲」の意味や使い方について、確認しておくことをおすすめします。 「湾曲」の意味 まずは、「湾曲」とはどのような意味を持っている言葉なのか、基本的な意味について確認していきましょう。 「湾曲」という言葉の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように説明しています。 引用の内容から、「湾曲」とは、弓なりに曲がっている状態や形を意味する言葉だと読み取れそうです。 地形や物の形などに使われるケースが多い言葉ですが、人の姿勢や体勢に対して使われることもあると考えられます。 弓なりに曲がること。 「湾曲」の使い方【1】:湾曲表現 続いて、「湾曲」という言葉の基本的な使い方について考えていきましょう。 今回は、より具体的な使い方を学ぶため、実際に会話や文章で使われている言い回しや例文を参考にして、使い方などを考察していきます。 「湾曲」という言葉を使用した言葉の1つとして、「湾曲表現」という言葉を目にしたり耳にしたりしたことがある方もいらっしゃるでしょう。 しかし、「湾曲表現」という言葉は、実際にはあまり使用されない言葉とされています。 中には、「婉曲表現」という言葉と混同しているという見解もあり、公ではあまり使用されない言葉となっています。 「婉曲表現」とは、以下の引用のような意味を持つ言葉とされています。 引用から、「婉曲」とは、遠回しな言い方や伝え方を意味する言葉であることが読み取れます。 ですから、「婉曲表現」とは、遠まわしな言い回しや、断定せずにやんわりと表現する文法や表現方法を意味する言葉だと言えるでしょう。 文語で助動詞「む」「めり」などを付けて言い表す。 「湾曲」の使い方【2】:湾曲して伝わる 「湾曲」という言葉は、上記でもご紹介したとおり、地形や物の形、人の姿勢といった目で見えるものが、弓なりに曲がっている状態や形であることを表現する言葉です。 しかし、中には「湾曲して伝わる」という言い回しを、目にしたり耳にしたりしたことがある方も、いらっしゃると考えられます。 「湾曲して伝わる」という表現は、公にはあまり使われない表現だと予想できます。 似ている言葉を使用した表現の1つに、「歪曲して伝わる」といった言い回しが挙げられます。 そのため、「歪曲」という言葉と混同している可能性もあると言えるでしょう。 「湾曲」という言葉は、物の形などが弓なりに曲がっていることを表現する言葉なので、事実や思考、物の見方などに対しては、使用されづらい言葉だと言えそうです。 「湾曲」の意味の由来 続いて、「湾曲」という言葉の意味の由来や語源について考察していきます。 意味の由来や語源を学ぶことで、「湾曲」という言葉について、深く理解するヒントや鍵が見つかる可能性もあります。 今回は、「湾曲」という言葉に含まれている、2文字の漢字の意味をもとにして、「湾曲」という言葉の意味の由来について考えていきます。 「湾曲」の意味の由来【1】:湾 まずは、「湾曲」に含まれている漢字のうち、「湾」という漢字に含まれている意味やニュアンスについて考察していきます。 「湾」の漢字に含まれている意味について、「漢字/漢和/語源辞典」では、以下の引用のような解説を掲載しています。 引用した解説から、「湾」という漢字には、大きく分けて2種類の意味があることが読み取れます。 「湾」という漢字には、水が陸地へと入り込んでいる地形を意味するほかにも、弓なりに曲がっていることを表現する意味も含まれていると言われています。 ですから、「湾曲」という言葉の意味にも、一致している部分があると言えるでしょう。 「曲」という漢字は、音楽の分野でも非常に頻繁に使われており、音楽を数える単位にもなっています。 そのため、身近な言葉の1つと言えるでしょう。 「曲」という漢字の意味について、「goo辞書」では、以下のように説明しています。 引用した説明の内容から、「曲」にはさまざまな意味が含まれており、物などの形が曲がることや、何らかのものを捻じ曲げることなどを表現する漢字であることが読み取れます。 「湾曲」という言葉もまた、弓なりに曲がることを意味する言葉なので、「曲」という漢字そのものの意味と、共通している点があると言えそうです。 1 まがる。 まげる。 2 ねじまげる。 こじつける。 3 入りくんで細かい。 くわしい。 4 曲がって入りくんだ所。 5 音楽のふし。 音楽作品。 6 詩。 7 脚本。 8 変化のある技巧。 「湾曲」と「歪曲」の意味の違い 先述でも取り上げましたが、「湾曲」という言葉と「歪曲」という言葉は、意味や使い方を混同しやすいと言えそうです。 そこで続いては、「湾曲」と「歪曲」の意味の違いについて考察していきます。 この機会に、2つの言葉の違いをはっきりさせ、正しく使い分けられるようにしましょう。 「歪曲」の意味 「湾曲」と「歪曲」の意味の違いを考察するには、それぞれの意味を比較していく必要があります。 「湾曲」の意味については上記でご紹介しましたが、「歪曲」の意味については、確認していません。 そこでまずは、「歪曲」の意味について考えていきましょう。 「歪曲」の意味については、「goo辞書」にて、以下のように解説されていました。 引用した解説の内容から、「歪曲」には、大きく分けて2種類の意味があることが読み取れます。 1つ目は、物をゆがめたり曲げたりすることとなっています。 そして、2つ目の意味は、事実などを捻じ曲げて伝えることとなっています。 1 物をゆがめまげること。 また、ゆがみまがること。 2 事実をわざとゆがめて伝えること。 「湾曲」と「歪曲」の違い 「湾曲」と「歪曲」のそれぞれの意味が分かったところで、続いては2つの言葉の意味の違いについて考察していきます。 「湾曲」とは、上記でご紹介したとおり、弓なりに曲がっている地形や物、姿勢などの形を表現する言葉です。 一方で、「歪曲」の場合は、物などをゆがみ曲げることを意味する言葉となっており、自分の意志で曲げるようなニュアンスが含まれています。 また、事実や真実などに対しても使用されており、「湾曲」と比較すると、意図的なニュアンスが強い言葉だと言えそうです。 上記でも取り挙げたように、「湾曲」と「婉曲」を混同してしまっている方も、少なくないと予想できます。 そこで続いては、「湾曲」と「婉曲」の意味の違いについても考察していきます。 「湾曲」と「婉曲」の意味は、どちらも上記でご紹介しています。 先述した意味をもとに、2つの言葉の違いを考えていきましょう。 何度かご紹介しているように、「湾曲」とは、地形や物の形、姿勢などが弓なりに曲がっていることを意味しています。 一方で、「婉曲」とは、遠回しに物事を表現したり、やんわりとした表現をする方法を意味していたりする言葉となっています。 ですから、「湾曲」とは、そもそもの意味が大きく異なると言えるでしょう。 「湾曲」の意味の類語.

次の

侵食

地形 類語

作るは、「料理を作る」「棚を作る」など、比較的小さなものや、「行列を作る」「社会を作る」「記録を作る」など、無形のもの、抽象的なものに用いる。 「つくる」の一般的な表記は、「作る」である。 造るは、「船を造る」「庭園を造る」など、有形の比較的大きなものに用いる。 また、酒・味噌・醤油などは、「製造」「醸造」というように「造る」を用いるが、家庭でつくる味噌などは規模が小さいため「作る」である。 ロボットは、「人造人間」と訳されるように「造る」だが、子供用玩具のロボットは、形も規模も小さいため「作る」である。 「手づくり」は、弁当やケーキなど、機械を使わないで手でつくる小さいものが対象であるため、基本的には「手作り」と書く。 しかし、ハムや家具、お酒など、ふつうは手作りしないもの(機械で製造したり、大量生産するもの)が対象の場合は、「手造り」と書かれる。 創るは、「芸術作品を創る」「新しい雑誌を創る」など、新しいものが対象で、新しいものであれば有形無形を問わず用いられる。 ただし、常用漢字表では「創」に「つくる」の訓がないため、公用文では「創る」と書かず、「作る」か「造る」と書く。 「学校をつくる」という場合、建物という意味であれば、大きな有形物なので「造る」だが、理想の学校という意味であれば、無形のものなので「作る」。 新しい学校という「創立」の意味の場合、私的文章ならば「創る」か「作る」、公用文ならば「作る」と書く。

次の