八重樫 あきら。 八重樫幸雄は野球少年に伝えたい「オープンスタンスはマネちゃだめ」|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

井岡一翔 対 八重樫東戦

八重樫 あきら

溢れる家族愛 八重樫東の嫁は美人 一見すると強面だけど、笑顔が素敵な八重樫東選手。 そんな八重樫東選手は 2010年10月に結婚されていますね。 2010年当時、八重樫東選手は、日本ミニマム級王者だったんですが、 実は戦績を見てみると、7戦目2007年時点で一度WBC世界ミニマム級 タイトルマッチに挑戦・失敗しているんですね。 世界王者になってから結婚ってのはよく聞きますが、 将来、世界王者になるのか分からない時点での結婚ですから、 奥さんは八重樫東選手の将来性をしっかりと見抜いていてのかもし れませんね。 実際、結婚から約1年後、2011年10月にポンサワン・ポープラムッ クを破り、WBA世界ミニマム級タイトルマッチに勝利し、悲願のタ イトル獲得となっています。 きっちりと結果を残し、男の意地を見せ付けた八重樫東選手なのか、 奥さんがあげまんなのか。 どちらだったんでしょうか? 八重樫東の妻は美人妻!? さて、八重樫東選手の奥さんは、どんな方なんでしょうか? 奥さんは一般の方ということで、情報はあまりないんですが、 分かっている範囲で調べてみました。 お名前は「彩」さん。 生年月日は1983年12月30日。 八重樫東選手とは同い年の学年違いですね。 ツイッターの自己紹介によりますと オタクで、お絵描きが好きということで、 確かにツイッターを拝見しますと、彩さんが描いたと思われる 絵がよくアップされていますね。 ちなみに、 彩さんの成分は 「漫画40%アニメ30%ガンプラ5%八重樫東5%その他20%」 らしいですね。 漫画40%アニメ30%・・・結構なオタクやなと思うんですが、 女性の方でガンプラが5%って、結構凄いなと。 同じく5%が八重樫東選手ということで、 成分的にはチャンピオンは薄いようでして・・・ ちなみに、現在はAKIRA boxing web広報担当ということで、 八重樫東選手のマネージメントみたいなことをしているんでしょう か? ギャル系美人の夫人は再婚!? (画像は「八重樫彩Twitter」より引用) 写真を見ると、とても30歳を超えていると思えないくらい 若々しい彩さん。 というか、ちょっとギャル系が入ってますかね。 実は、彩さんは初婚ではないらしいですね。 若々しいんで、 再婚ってのがより一層びっくりしてしまいますね。 長男の圭太郎君は2005年生まれ。 八重樫東選手との結婚は2010年なので、圭太郎君は 彩さんの連れ子というわけですね。 圭太郎君の下には、八重樫東選手の実子となる 長女の志のぶちゃんと、次女の一永ちゃんがいまして、 現在、5人家族のようですね。 特に、八重樫東選手は次女の一永ちゃんを可愛がっている らしいんですが、子供が何人かいて、一番の下の子が 女の子だったら男親は、一番下の子にメロメロですよね。 子供たちに優越があるというんじゃなくて、 上の子が成長して生意気になっていけばいくほど、 小さい末っ子が可愛くみえるものです。 スポンサーリンク 圭太郎君と八重樫東選手との関係は 圭太郎君は2005年生まれということで、 八重樫東選手と彩さんが再婚された時に5歳。 5歳で新しいお父さんとの生活が始まるというのは、 圭太郎君にとっても、八重樫東選手にとっても きっと何かしらの壁を越えなきゃならない時があったんじゃないで しょうかね。 実際に、八重樫東選手と圭太郎君は 最初はギクシャクした そんな感じだったそうです。 5歳といったら、もう小さいながらに立派に家族のことを 考えられる年齢ですもんね。 大人の八重樫東選手としても、どう接すればいいのか? 圭太郎君がどういう風に考えているのか? 結構、考えてしまったんじゃないでしょうかね。 圭太郎君を叱ることができなかった!? 八重樫東選手と圭太郎君の関係を象徴するような話があります。 八重樫東選手は、最初、圭太郎君をうまく叱ることができなかった そうです。 これは仕方ないかもしれませんよね。 八重樫選手としては、家族として圭太郎君と仲良くしていきたい。 でも、叱ってしまったら嫌われてしまうかもしれない。 当然の事ですよね。 子供に嫌われたくないって思うのは。 でも、圭太郎君の本当の親になるためには、 やっぱり圭太郎君のために悪いことは悪いと叱る時も必要。 それが出来なければ、親として失格。 今、八重樫東選手はしっかりと、圭太郎君のために叱ることが 出来ているようですよ。 本当の親子になったってことでしょうね。 圭太郎君もボクシングをやっている! 今では、圭太郎君はしっかりと八重樫東選手を尊敬しているようで、 お父ちゃんのようになりたいと、ボクシングも習っているそうです。 いつも、八重樫東選手の試合の時には 会場でお父さんを応援していますから、そして、世界で一番強い お父さんを知っているんですから、そりゃ尊敬しますわね。 強さに加え、八重樫東選手は強面からは想像できないくらい 落ち着いた方ですし、実際に人間的にも優しい方なのが 画面からも伝わってきます。 そんなお父さんがいれば、そりゃお父さんのようになりたい! と思うのは当然のことですよね。 子供も息子さん一人、娘さん二人と、とても仲がよさそうな家族。 30日に行われる、2度目の防衛戦。 相手がなかなか決まらなくて、発表もだいぶ遅れましたが 相手はタイのサマートレック・ゴーキャットジムに正式にきまりま した。 井上尚弥選手とも対戦したことがある選手で、 井上選手との対戦は11回TKO負け。 ですが、井上選手相手に11回まで戦ったってことは、逆に強いん じゃないかと思ってしまいますね。 井上戦から成長しているとしたら、八重樫選手にとっても楽な相手 ではないかもしれません。 それでも、家族のためにも、強い姿を八重樫選手には見せてもらい、 すっきりKO勝ちで年を越してもらいたいところですね。

次の

八重樫東の美人嫁は再婚・連れ子あり。深い家族愛が王者の力の源!

八重樫 あきら

しかし、色々調べてみると、初めて世界チャンピオンになった場合などは、次の2試合分の興行権は前チャンピオンが握っている為、その権利を買ったりすると初防衛戦などはほとんど利益は無いそうです。 ただ、それ以外にもテレビの放映権や試合会場の規模など、色々複雑な条件が絡んで来ると金額はガラッと変わるようです。 また、選手の人気度や所属ジムの規模によっても金額は変わってくるので、全ての世界戦のファイトマネーが 2000万円~3000万円とは言い切れないのが現状です。 そのファイトマネーのからくりが良く分かる例が、内藤大助選手と亀田大毅選手の世界戦です。 この世界戦のファイトマネーの分配は、当時世界チャンピオンだった内藤大助選手が 約 1000万円で、挑戦者の亀田大毅選手が 約 1億円だったと言われています。 なので、よく言われてるような 2000万円~3000万円とは違います。 なぜこうなるのかと言うと、世界チャンピオンだった内藤大助選手側が前チャンピオンから防衛戦の興行権を買う必要があり、相手に提示された金額は 6000万円でした。 しかし、この金額を出せなかった内藤側のジムは、亀田側からその興行権を 1億円で買い取る提示を受けます。 亀田側から1億円を貰い、前チャンピオンに6000万円払っても 4000万円は残るので、内藤側のジムはこの話に乗り、 1億円で世界戦の興行権を亀田側に売りました。 すると、亀田側は買い取った権利をフル活用して、試合の入場料やテレビ放映権などで 約3億円の利益があったようです。 なので、そのうち 1億円は内藤側に、残りの 2億円をジムと亀田家で折半したので亀田大毅選手のこの時のファイトマネーは、 およそ 1億円だったと言われています。 ただ、これも当時は亀田人気が凄かった事もあり、話題性もあったのでこれほどの金額になったのだと思います。 テレビ局も話題性があって視聴率が取れる事を見越して、破格の金額を亀田側に出したのではないでしょうか。 もし、内藤大助選手と見知らぬボクサーとの世界戦なら、ここまでの金額にはまずならなかったと思います。 なので、やはり 「人気」と言うのは、ボクサーのファイトマネーに大きく関わってくるのだと分かります。 そして、八重樫東選手の世界戦のファイトマネーを見てみると、八重樫東選手は今までに12回世界戦を行っていて、そのうち4回は負けています。 しかし、負けてもファイトマネーは貰えるので単純に負けた分を 2000万円、勝った分を 3000万円として考えると、今まで八重樫東選手が獲得した世界戦のファイトマネーの総額は、およそ 3億2千万円くらいではないかと推測します。 ただ、これも初防衛戦などは興行権などの問題で、もっとファイトマネーは少ないかも知れませんし、3階級制覇後の最近の防衛戦は人気も出てきたのでもっと多いかも知れません。 なので、あくまでも推測するしかないのですが、少なくとも今までに 3億円以上のファイトマネーは得ていると考えても良いのではないでしょうか。 八重樫東の再婚妻と子供の関係は? 八重樫東選手は、2010年10月に現在の妻である 八重樫彩(あや)さんと結婚しました。 八重樫彩さんは、1983年12月30日生まれなので、八重樫東選手の1つ年下の女性です。 昨日は東京の後援会の方々に祝勝会をして頂きまして……とっても素敵な会でした!!!!! そしてイケメンに囲まれた私 `• そして、八重樫彩さんは初婚では無く再婚で、2005年に前夫との間に長男の 圭太郎くんが生まれています。 また、結婚した2010年11月には長女の 志のぶちゃんが生まれているので、子供が生まれる前月に入籍したと言う事になります。 さらに、2013年には次女の 一永(ひとえ)ちゃんも生まれているので、現在、八重樫東選手は3児の父親です。 そして、妻の八重樫彩さんと八重樫東選手がどこで知り合ったのかは分かっていませんが、結婚したのはちょうど、八重樫東選手がジムから引退を促されていた時期でした。 その頃の八重樫東選手は、2007年に7戦目での世界戦に失敗して、その後何とか日本王座を獲得して、そこで防衛戦を繰り返している状態でした。 しかし、何かとケガが多く今ひとつやる気も感じられない状態だったので、このままやり続けて大けがをするくらいなら結婚を機に引退した方がいいと、会長に言われていたようです。 ただ、 「もっとボクシングをしている姿が見たい」と妻の八重樫彩さんに言われた為、現役を続ける決心をして現在に至ります。 なので、今の3階級チャンピオンの八重樫東選手があるのは、妻の八重樫彩さんのお陰と言う事になりますね! そして、八重樫彩さんの連れ子である長男の圭太郎くんとの関係は、結婚当初はすでに5歳だった為、自分の親では無い事を認識できる年なので、最初はあまりうまくコミュニケーションが取れてませんでした。 具体的には、八重樫東選手も自分の本当の子では無い為か、悪い事をしてもうまく叱りつける事ができなかったようです。 しかし、今ではすっかり本当の親子のようになっていて、現在、長男の圭太郎くんは八重樫東選手をとても尊敬していて、 「自分も大きくなったらボクサーになる」と言っているそうです。 やはり身近にこれだけ偉大な父親がいると、その父親に憧れない子供はいないと思います! なので、将来は圭太郎くんも八重樫東選手のような、すごいチャンピオンになるかも知れませんね! 将来が非常に楽しみです! こちらの関連記事もどうぞ! 終わりに 八重樫東選手は、親や兄弟がボクシングをやっていた訳でも無く、小学校、中学校は野球とバスケットをやっていました。 そして、仲の良い友達に「一緒にやらない?」と誘われた事で、高校からボクシングを始めています。 そんな風にしてボクシングを始めた人が、後に世界を3階級も制覇するボクサーになるなんて、本当に世の中どうなるのか分からないものです・・・。 これからどこまでやるのか分かりませんが、今後も八重樫東選手の活動には注目です!.

次の

八重樫東の世界戦ファイトマネーの総額は?再婚妻や子供との関係は?

八重樫 あきら

八重樫東はボクシング日本史上初の世界3階級制覇!嫁と子供がかわいい! 八重樫東ボクシング史上初の日本人世界3階級制覇!岩手県が生んだ初の世界王者! 八重樫東(やえがしあきら)は、日本人としてはボクシング史上初となる世界3階級制覇を成し遂げた大橋ジム所属ボクサーです。 打たれてもひるまずに前に出るボクシングスタイルで人気を博しています。 八重樫東は、岩手県北上市出身で、1983年2月25日生まれの33歳。 「音速の拳」「激闘王」の通称でも知られています。 身長162cmと小柄な八重樫東の階級は、ライトフライ級。 黒沢尻工業高校時代、2000年インターハイで、モスキート級へ出場した八重樫東は、優勝を飾ります。 拓殖大学に進学後は、2002年国体でライトフライ級優勝を飾り、アマチュア戦績70戦56勝(15KO・RSC)14敗の記録を引っ提げて、大学卒業後に大橋ジム入りしました。 2005年にプロデビューすると、3試合連続2回以内でKO勝ちという幸先の良いスタートを切ってみせた八重樫東。 それ以降、2009年の日本ミニマム級王座獲得など実績を積みましたが、故障も多く、2010年の結婚を機に、とうとう引退勧告を受けます。 しかし、これまでのボクシングスタイルを改造するなどして、現役続行してきた八重樫東。 2011年10月、WBA世界ミニマム級王者ポンサワン・ポープラムックに勝利し、世界王座を奪取すると、岩手県が生んだ初のボクシング世界王者に輝きました。 2012年6月には、WBC王者・井岡一翔とのWBA・WBC王座統一戦に臨み、敗れたものの、白熱した攻防が高い評価を受けることに。 その後も、世界フライ級、世界ライトフライ級王座を奪取した八重樫東は、日本初の世界3階級制覇の偉業で歴史に名を刻みました。 八重樫東はかわいいと評判の嫁の叱咤激励で奮起!子供とも絆で結ばれた家庭に! 八重樫東が2010年に結婚した嫁がかわいいと評判になっています。 八重樫東の嫁の写真は、ネットでも確認できますが、正統派美女という印象で、かわいいと評判になるのも納得です。 結婚した時点で引退勧告を受けた八重樫東が現役を続けているのには、嫁の一言が大きな影響を与えているのだとか。 八重樫東が、ジム会長の大橋秀行から引退勧告を受けたのは、故障が多かったことも理由ですが、実は、ボクサーとしての根幹にかかわる部分が大きかったようです。 それは、勝利への執念と覚悟。 ボクサーにとって、もっとも大事なモチベーションの欠如でした。 大橋秀行会長が、後のインタビューで語ったところによれば、「当時の八重樫からは、『どうしても勝つ』といった強いものがまるで感じ取れなかった」という状態で、試合前の控室も、空気が軽く、緊張感が欠如しているありさまだったそうです。 そんな八重樫東を叱咤激励するかのように、「もっとボクシングをしている姿を見せて欲しい」と言ったのが、新婚間もない嫁でした。 その言葉に打たれたかのように、ボクシングスタイルを、アウトボクシングから極端なインファイターへと改造するなど奮起した八重樫東。 ちなみに、八重樫東の嫁は、初婚ではなかったようで、2005年に生まれた子供がいます。 その子供も母親に似たのか、かわいいと評判です。 最初は、八重樫東とはギクシャクした関係だったといいますが、時間が経つにつれて、八重樫東を父親として尊敬するまでになり、自分も父親のようになりたいと、子供もボクシングを始めたとか。 八重樫東と子供は血こそつながってはいませんが、強い絆で結ばれているといえるようです。 八重樫東対井岡一翔戦は名試合!初防衛戦の結果には納得いかず? 八重樫東対井岡一翔の統一戦は最終ラウンドにもつれ込む名試合に!「人々の心を打つ試合をできて、本当によかった」とリベンジマッチを希望! 八重樫東は、2011年10月にWBA世界ミニマム級王者ポンサワン・ポープラムックに勝ち、初の世界王座の獲得に成功しました。 そんな中、井岡一翔との統一戦というビッグマッチに挑むことになります。 当時、WBCミニマム級チャンピオンの井岡一翔は、切れのあるパンチとフットワーク、精神力を武器に、最強の呼び名も高く、手が付けられないほどの勢いに乗っていました。 世界王座をものにした直後でありながら、一番悪い相手を選択したとしか思えないマッチメイク。 この一戦が組まれた背景には、「一人の挑戦者として、WBAの世界戦を戦いたかった」という井岡一翔の強い要望もあったようです。 試合が組まれるまでには、WBAとWBCとの世界タイトル戦ルールの相違や、興行権の持ち方など、数々の大きな困難を解決する必要がありましたが、両陣営の熱意で、試合開催に漕ぎつけました。 この試合に向けては、肉体改造に取り組むなど、並々ならぬ決意を見せた八重樫東。 彼の肉体は、持久力こそ優れていたものの、疲労のピークが早い弱点を抱えていたため、フィジカルトレーナーの指導のもと調整を続け、満を持して王座統一戦に臨みます。 後に名試合と評価される世紀の一戦は、2012年6月20日、大阪市のボディメーカーコロシアムでゴングが鳴らされました。 試合序盤から両者互角の白熱した攻防が展開され、パンチで腫れた目をものともせず、井岡一翔へ打撃を見舞うなど、自らの持ち味を最大限に生かし切った八重樫東。 世紀の一戦にふさわしく、試合は最終ラウンドにもつれ込む熱戦になりました。 両者どちらにも軍配が上がっても不思議ではない際どい判定でしたが、井岡一翔3-0八重樫東という結果に終わり、八重樫東は、初防衛に失敗して王座から陥落します。 この試合中継は、平均視聴率でも関東18. WBA会長ヒルベルト・メンドーサも、「この一戦は、年間でも最高の試合に値するものだ」と称賛。 各メディアからも高い評価がされるなど、名試合の誉れ高い熱い闘いに。 翌日、記者会見に臨んだ八重樫東も、「人々の心を打つ試合をできて、本当によかった」と語り、井岡一翔とのリベンジマッチを希望したことも明らかにしています。 八重樫東が初防衛戦で苦戦!勝利にも「誇れる試合ではなかった」と納得いかず! 八重樫東は、2015年12月にIBF世界ライトフライ級王者ハビエル・メンドーサを破り、日本人初の世界3階級制覇を達成し、2016年5月に初防衛戦に臨むことになります。 挑戦者は、世界ライトフライ級10位のマルティン・テクアペトラ。 彼のこれまでの戦績は、22戦で13勝(10KO)6敗3分けと、それほど図抜けたものではありません。 しかし、KO率が割と高めであることからも分かるように、パンチ力があり、積極的に打って来る右のファイターです。 試合は、挑戦者の伸びるパンチとスタミナに序盤から手を焼き、予想外に苦戦する展開となりました。 しかし、試合中盤からは徐々にペースをつかんで、八重樫東がポイントを稼いでいきます。 終盤2回は、激闘王の名にふさわしい激しい打ち合いを見せた八重樫東は、最終的に2-1の判定で初防衛を達成。 パンチを何度も浴びながら、果敢にヒットを浴びせる姿は、いつもの八重樫東と見えましたが、パフォーマンスは、決してベストとはいえない内容でした。 挑戦者のリズムがつかめなかったこともあり、立ち上がりにはぎこちなさも見られました。 終盤こそ、「ゴールも見え、つぶしてやるつもりでいった」と打ちまくり、八重樫東らしさを見せましたが、結果は僅差判定での勝利。 「生き残ったことが収穫」とベルト死守に成功するも、「誇れる試合ではなかった」と反省する気持ちも垣間見られました。 八重樫東が焼肉デートで「ケンシロウなら」とコスプレに興味?年末にトリプル世界戦実現! 八重樫東が、ゲーム、アニメのコスプレで知られ、テレビ番組のレギュラー出演など活躍中のコスプレタレント・火将ロシエル(かしょうろしえる)との対談企画に、ゲストで登場しました。 対談場所としてセッティングされたのは、神奈川県横浜市にある焼肉店「炭火焼肉ぶち 関内店」。 実はこのお店、八重樫東も所属する大橋ボクシングジム経営の焼肉店です。 インタビューは、絶品の焼肉メニューをほおばりながらの、コスプレ談義で盛り上がりました。 これまでには、イベントで、殿様に扮して街を練り歩いたこともある八重樫東。 その時は「なんで俺が……」という気持ちだったそうですが、「大勢の人に褒めてもらえることが、コスプレを続ける原動力」と語る火将ロシエルに、「ボクシングに通じるものがある」と共感。 「『北斗の拳』のケンシロウならやってみたい」と語り、さらに、「長女が『プリキュア』に夢中で、『プリキュア』ごっこをしているから、このままコスプレに目覚めていくかも」と、子煩悩な様子も覗かせました。 今後の八重樫東は、年末に2度目の防衛戦を控えています。 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥、前東洋太平洋同級王者の井上拓真の兄弟王者とのトリプル世界戦が実現することになりそうです。 井上拓真が王座を奪取すれば、兄弟世界王者という話題性もありますが、ここはぜひ八重樫東の「激闘王」にふさわしいパフォーマンスを堪能したいものですね。

次の