おたふく の デーツ。 お好みソース原料「デーツ」オタフクがドライフルーツ発売へ

「あさイチ」デーツの効果や栄養は?スーパーフルーツの食べ方は?

おたふく の デーツ

なつめとは? まずは、なつめ(棗)について。 ナツメは、 クロウメモドキ科の植物です。 私たちが乾燥した状態でよく見かけるのは、ナツメの実ですね。 中国周辺が原産地の植物なんですって。 日本では、乾燥した状態のものしかほとんど見かけませんが、韓国では、サムゲタンに入っていたり、テチュ茶(なつめ茶)としても飲まれているため、一般的にも広く知られている食材なんですよ。 また、漢方でも古くから、乾燥させた実や種を薬として使用しているんです。 うーん、意外と知らなかったけど、改めてナツメって凄いんですね~。 デーツは、 ヤシ科の植物であるナツメヤシの実のことです。 なつめと同じく、私たちが見るのは、乾燥させたドライフルーツの状態がほとんど。 北アフリカや南西アジア辺りが原産と言われていますが、古くから栽培されていて定かではないそう。 アフリカや中東でよく食べられているんだそうですよ。 なつめとデーツ、栄養対決! 実の形はそれぞれ似ているのに、ナツメとデーツは、植物の種類からして全くの別物だったんですね! そんなナツメとデーツ、見た目は似ていますが、栄養はどうでしょうか? 栄養を表にして比較してみました。 10mg 0. 07mg ビタミンB2 0. 21mg 0. 5g 7. 0g (それぞれ、乾燥したもの可食部100gの成分) 主だった成分は、こんな感じです。 意外だったのが、 なつめの方がデーツよりもカロリーが多いこと。 ナツメよりもデーツの方がねっとりした甘さがあるから、カロリーも高いんだと思っていました。 抗酸化作用が強くて、老化防止やアンチエイジングにも良いと言われている、ベータカロテンがデーツはとても多いですね。 でも、それ以外はナツメに軍配が上がりそう・・。 デーツはネットリとした甘さがあります。 これは、どちらが良いというよりは、好みによりますね。 なので、なつめの方が食べやすいです。 うちの旦那は、濃厚な甘さが好きなのでデーツが良いそうですよ。 一度食べ比べて味の違いを実感してみると良いかもしれませんね。 最近は、業務スーパーでもデーツを置いているところがあるみたいですよ。

次の

お好みソース原料「デーツ」オタフクがドライフルーツ発売へ

おたふく の デーツ

なつめとは? まずは、なつめ(棗)について。 ナツメは、 クロウメモドキ科の植物です。 私たちが乾燥した状態でよく見かけるのは、ナツメの実ですね。 中国周辺が原産地の植物なんですって。 日本では、乾燥した状態のものしかほとんど見かけませんが、韓国では、サムゲタンに入っていたり、テチュ茶(なつめ茶)としても飲まれているため、一般的にも広く知られている食材なんですよ。 また、漢方でも古くから、乾燥させた実や種を薬として使用しているんです。 うーん、意外と知らなかったけど、改めてナツメって凄いんですね~。 デーツは、 ヤシ科の植物であるナツメヤシの実のことです。 なつめと同じく、私たちが見るのは、乾燥させたドライフルーツの状態がほとんど。 北アフリカや南西アジア辺りが原産と言われていますが、古くから栽培されていて定かではないそう。 アフリカや中東でよく食べられているんだそうですよ。 なつめとデーツ、栄養対決! 実の形はそれぞれ似ているのに、ナツメとデーツは、植物の種類からして全くの別物だったんですね! そんなナツメとデーツ、見た目は似ていますが、栄養はどうでしょうか? 栄養を表にして比較してみました。 10mg 0. 07mg ビタミンB2 0. 21mg 0. 5g 7. 0g (それぞれ、乾燥したもの可食部100gの成分) 主だった成分は、こんな感じです。 意外だったのが、 なつめの方がデーツよりもカロリーが多いこと。 ナツメよりもデーツの方がねっとりした甘さがあるから、カロリーも高いんだと思っていました。 抗酸化作用が強くて、老化防止やアンチエイジングにも良いと言われている、ベータカロテンがデーツはとても多いですね。 でも、それ以外はナツメに軍配が上がりそう・・。 デーツはネットリとした甘さがあります。 これは、どちらが良いというよりは、好みによりますね。 なので、なつめの方が食べやすいです。 うちの旦那は、濃厚な甘さが好きなのでデーツが良いそうですよ。 一度食べ比べて味の違いを実感してみると良いかもしれませんね。 最近は、業務スーパーでもデーツを置いているところがあるみたいですよ。

次の

「あさイチ」デーツの効果や栄養は?スーパーフルーツの食べ方は?

おたふく の デーツ

オタフクとデーツの出逢い オタフクソースとデーツの出逢いは1975年。 コク深い甘みをもつ果実としてお好みソースの原料として使い始めました。 さらに、デーツの持つ栄養価にも着目し、以来40年以上にわたり、お好みソースの原料として大切に使い続けてきました。 今ではソースのみならず、酢の原料としても使用しています。 厳選したデーツの一部は、手間ひまかけて自社でペースト状に加工もしています。 また、実のままでその良さを味わっていただけるよう、デーツも販売しています。 オタフクにとって、デーツは欠かせない大切な果実。 今後もデーツにこだわり、商品づくりを続けてまいります。 デーツの栄養成分 デーツの高い栄養価 デーツは砂漠の過酷な条件で生育し、その生命力の強さから「生命の木」と呼ばれています。 また、デーツは栄養価として、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルや食物繊維が含まれ、中でも、食物繊維とカリウムが豊富に含まれています。 その他のミネラル類(リン、亜鉛等)やビタミン類(E・B1・B2・B6・ナイアシン、葉酸、パントテン酸等)など、デーツ一粒にさまざまな栄養素が含まれています。 また、デーツに多く含まれる糖の成分は、吸収の速いブドウ糖・果糖なので、運動や仕事・勉強中の即効性の高いエネルギー補給として適しています。 さまざまな栄養素 デーツのチカラ ・砂漠を移動するキャラバンでは、何日もデーツとラクダの乳で飢えをしのぎ、旅を続けていました。 ・イランでは、妊娠中の女性が毎日2~3個のデーツを食べると、生まれてくる子が丈夫に育つと言われています。 ・ラマダン(断食月)明けには栄養補給としてジュースにして飲まれることもあります。 デーツの生理機能に関する研究 デーツは世界中で食され、特に中近東諸国では必要不可欠な食品です。 海外では以前からデーツに関する研究が盛んに行われています。 近年では動物や細胞を使った試験等により、健康への効果が期待される結果も得られているようです。 近年特に、スーパーフードや健康食品としても注目されています。 デーツ(実)の食べ方 デーツは、ドライフルーツで、干し柿や黒糖に似た甘みがあります。 手軽にそのまま召し上がっていただけます(中に種があります)。 まずは、ぜひそのままでお楽しみください。 朝食時やおやつに、刻んでヨーグルトやスムージーに混ぜるのもおすすめです。 チーズやナッツとよく合うので、デーツを半分に切って種を抜いて、チーズやナッツをはさむ食べかたもぜひお試しください。 キーマカレーに刻んで加えたり、焼き菓子の材料としても自然の甘みとコクを楽しめます。 商品のご紹介 女性にうれしい栄養素を含む、甘くておいしい、わたしのミカタフルーツ! オタフクソースのデーツ部が厳選した、デーツ。 <2020年3月2日新発売> 大粒のマジョール種を選別、サウジアラビアから冷蔵輸送し、国内で丁寧に加工・包装。 ぜひ、そのままコク深い甘みをお楽しみください。

次の