夏休み風あざみ。 「夏が過ぎ風あざみ」Xblueのブログ | 上を向いて走ろう

夏が過ぎ~風あざみぃ~私の心は夏模様~ | 西宮にある美容院のようなドッグサロン「ブリスカーネ」

夏休み風あざみ

背景 [ ] 制作 [ ] 当初はに提供したシングル「」のB面曲になる予定だったが、B面にしてはとても良い出来だったことと、同時期にの主題歌の話が来たため、この曲は自分で歌うこととし、シングルでリリースすることになった経緯がある。 なお、荻野目のシングルのB面となったのは陽水が代わりに書き下ろした「ON BED」である。 本楽曲の作曲は、飲み仲間であったから直接依頼された。 陽水は「安孫子さん の心をもらった」とコメントしている。 本作を共作した作曲家の平井夏美ことによると、本作はもともと『少年時代』として作ったわけではなく、陽水がハミングした曲をもとに15分ほどで完成していた作品に対し、川原が「あの映画のテーマはこういう曲だよね」と陽水に提案したことで採用されたという。 歌詞 [ ] 本楽曲の歌詞の中の季節は曲の進行によって変化し、夏を過ぎた秋のはじめの歌い出しで始まった後、2番では盛夏に戻り、最後は夏を過ぎた頃に戻る。 曲中に「風あざみ」という言葉が出てくるが、これは陽水による造語で、植物のが直接関係がある訳でもない。 風あざみという品種は存在せず、「アザミ」は元々春の季語でもある(2番の歌詞で同じ箇所に出てくる「宵かがり」も同様に陽水による造語である)。 これについて陽水本人はテレビ番組で「オニアザミという言葉がふと浮かんだ時に、きっとカゼアザミもあるんだろうなと思った。 もしそれが無かったとしてもそれでいい。 実在しない言葉を歌詞に使ったからといって罪に問われることは無いだろうから」と語っている。 陽水の作品にはそのような「造語」が散見されており、のも陽水の歌詞について、「高い音で伸ばすときは、多少詞が変になっても、ウよりもイで終わる言葉の方が、聴いている方は気持ち良い」と指摘している。 パフォーマンス [ ] ピアノは、陽水とは旧知の仲でもあるが演奏している。 依頼した理由として陽水は、この曲の「どこか未完成でまだまだ上達する余地のある少年」というイメージにぴったりだったからと述べ、実際、望み通りのピアノになったと自らコメントしている。 1999年9月24日に行われた陽水のシークレットライヴにおいて、初めて同曲での共演が実現した。 収録曲 [ ]• 少年時代 (作詞:井上陽水 作曲・編曲:井上陽水・ ストリングス・アレンジ:) 1990年映画『』主題歌。 1991年「ハンディカム105」CF曲。 2008年CF曲。 2014年CF曲。 荒ワシの歌 (作詞:井上陽水・ 作曲:井上陽水・平井夏美 編曲:・平井夏美) YAHATA「EAGLES」のテーマ。 収録アルバム [ ]• 『』( 1)• アルバム未収録( 2)…ただし、ボックスセット『NO SELECTION』,『井上陽水 ReMASTER』には収録されている。 タイアップ [ ]• にのCCD-TR105のCM曲に採用された。 また、同年に放送された系列の大型『』内の特集のエンディングでも使用された。 からまで、ので到着および終着時の車内チャイムとして使用されていた。 さらに、には原盤の内容のままジャケットも原盤を元にした、12cmシングルで再発売された。 ライブベスト盤「弾き語りパッション」と同時発売。 のでは、17時にでこの曲のオルゴール音を流している。 糸田町は、陽水が幼少期から上京まで住んでいた町である。 2013年、「 エメラルドマウンテンブレンド」のCFで、CF出演者全員がこの曲を歌っている。 2014年、が出演する会社、のCMソングとして使用されている。 高倉の生涯最後のCM出演であり、高倉が同年11月に亡くなって以降も高倉の所属事務所の意向で当面の間このCMが放映された。 2016年、「」のCMでとが歌っている。 カバー [ ] 収録作品は初出のもののみ記載する。 (1992年、 アルバム『天衣無縫』))• (2002年) - 「」主題歌。 (2003年、カバーアルバム『』)• (2003年、ミニアルバム『Party 3』)• (2003年3月29日、映像作品『』)• (2004年、『』)• (2007年、アルバム『ウタヂカラ~CORNERSTONES 4~』)• (2007年、アルバム『』)• ・(2007年、アルバム『』)• Salon(2008年、アルバム『My Time』)• (2008年、カバーアルバム『STANDARDS 3』)• (2008年、カバーアルバム『ニカセトラ』)• (2008年、アルバム『春夏秋冬』)• (に行われた、声優ユニットのイベント「Shake X Sphere ~夏の夜の夢~」内にて)• (2009年、カバーアルバム『フォークソングス』)• (2009年、カバーアルバム『』)• (2010年、アルバム『』)• (2012年、シングル『』カップリング)• Platinum Voice All Stars (2012年、カバーアルバム『Platinum Voice~届けたい歌がある~』• (2013年、アルバム『』)• 我那覇響()(2013年、 PART1 F賞景品『ミュージックディスクコレクション』収録)• アルバム『ミナミカゼ』 PCCA-04231。 編曲:。 (2016年、カバーアルバム『』• (2017年、アルバム『』)• (2018年、カバーアルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』)• (2019年、ミニアルバム『TABACAFE』) など。 ・の姉妹もコンサートなどで歌っている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 180、中央公論新社、(2012年8月24日)• 『』2007年12月15日付。 2019年7月15日閲覧。 荻野目洋子のアルバム『』のにも記載。 「軽くて深い井上陽水の言葉」 - 1999年8月2日号。 - ZAKZAK、2006年2月18日• 音楽ナタリー. 2016年6月10日. 2016年6月10日閲覧。 関連項目 [ ]• - 井上陽水の 1. - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. () - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. (限定販売) - 49. - 50. - 51. - 52. アルバム.

次の

少年時代 (井上陽水の曲)

夏休み風あざみ

特徴 [ ] は深い切れ込みがあるものが多い。 また葉や総苞にトゲが多く、さわるととても痛いものが多い。 触れれば痛い草の代表である。 は管状花のみで作られていて、多くのキクのように周囲に花びら状の舌状花がならばない。 花からは雄蘂や雌蘂が棒状に突き出し、これも針山のような景色となる。 花色はやをしている。 種子には長い冠毛がある。 若いときには根出葉があり、次第に背が高くなり、茎葉を持つが、最後まで根出葉の残る種もある。 草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しない。 別名刺草。 名前の由来は、アザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説がある。 文化 [ ] では、そのトゲによって外敵から国土を守ったとされとなっている。 は「 独立、報復、厳格、触れないで」。 を象徴する花となっている。 地方や青森市、東北町を中心とするや長野県の一部では、春先にアザミの若芽がに並び、食用として売られ、主にの具として使われる。 新や根は、などにしてとして食べられる。 「 山ごぼう」や「」などといわれることもあり、などの加工品として山間部の・温泉地などで販売される「山ごぼう」は多くの場合、栽培されたモリアザミの根である。 種 [ ] 世界に250種以上があり、北半球に広く分布する。 地方変異が非常に多く、日本では100種以上あるとされるが、現在も新種が見つかることがある。 さらに種間の雑種もあるので、分類が難しい場合もある。 以下の種は比較的分布が広いものである。 japonicum DC. :春のアザミは大体これと考えてよい。 本州〜九州。 この種の園芸品種をドイツアザミというが、実際はドイツとは無関係である。 nipponicum var. incomptum:大薊。 大きなアザミのことで、別名、トネアザミ(利根薊)という。 ナンブアザミの変種で関東地方に多い。 purpratum Maxim Matsum. :花の直径が8cmにも達する。 関東〜中部地方の山地。 tanakae :秋に花を咲かせる。 本州中部地方以北の山地。 martitimum Makino:海岸性のアザミで、葉が厚くてつやがある。 本州中部以南、九州までの太平洋岸。 dipsacolepis Maxim Matsum. :本州〜九州の草原。 時に食用に栽培される。 nipponicum Maxim Makino:本州中北部では普通。 変種を含めると、四国まで一帯に分布。 borealinipponense Kitam. :中部地方、東北地方の日本海側。 sieboldii :湿原。 yezoense :近畿以北の日本海側沢沿。 inundatum Makino: 北海道から本州の日本海側の湿地。 suffltum Maxim. Matsum. :九州では一番普通なアザミ。 四国、九州に分布。 pendulum Fisch. ex DC. :北海道、本州の北部に分布。 東アジアにも分布する。 ごく分布の限られたものも多い。 chokaiensis Kitam. :東北の高山の草原。 homolepis Nakai:およびその周辺の湿地のごく一部区域。 aidzuense Nakai ex Kitam. :本州日本海側のごく一部区域。 okamotoi Kitam. :群馬県、新潟県の県境の山域のごく一部区域。 南方島嶼には以下の種がある。 breviaule A. Gray:に分布。 boninense Koidz. :に分布。 繁殖方法 [ ] 根が冬越しする他に、綿毛(冠毛)の着いた果実が風で飛散して増える。 受粉は昆虫による虫媒花である。 近縁な群 [ ] アザミ属の植物とよく似ていたり、名前に「アザミ」が付いたりするが、アザミ属の植物でない物もある(、、、、など)。 また、やもよく似た花を咲かせる。 も花はよく似ている。 (アーティチョーク)はアザミ属ではなく、チョウセンアザミ属である。 有毒植物との区別と注意 [ ] 学術上の種名、とはいずれもではなく、モリアザミなどのアザミとは類縁関係の遠いであり、薬用にはなるが、食用になるどころかであり、混同して誤食しないよう注意を要する。 その他の画像 [ ].

次の

風あざみの意味とは?造語?広辞苑に載ってる?歌の歌詞も解説!

夏休み風あざみ

井上陽水 最大のヒット曲『少年時代』 1990年9月にリリースされた井上陽水の『少年時代』は、自身の最大のヒット曲であり、代表曲の一つに挙げられている。 意外なことに、発売当初はオリコンの週間シングルチャートでも最高20位程度であったが、1991年にソニーのハンディカムCCD-TR105でCM曲に採用されたことにより、最高4位まで上り詰めた。 そんな『少年時代』を大ヒット曲に導いたのには、井上陽水が作り出した造語が寄与しているかもしれない。 …そもそもこの曲に造語なんてものが存在したことは、あなたはご存じだろうか? 実は「風あざみ」「夏模様」「宵かがり」「夢花火」などの言葉は井上陽水が独自に作った造語である。 井上陽水がインタビューで「響きのよさで作った言葉で、意味ないんだよ。 」と答えていることからも事実である。 しかし、本当に響きのよさで作られた言葉なのだろうか?少なくとも井上陽水はその言葉に意味を含ませているはずだ。 このことを出発点に歌詞を解釈し、これら造語の意味を追求していく。 実際にアザミの開花期は4月~7月であり、この曲の背景と一致している。 しかし、この曲では具体的な植物としてのアザミを示しているのではないのだ。 アザミの花言葉は、「独立」「報復」「厳格」「触れないで」とネガティブなイメージで語られ、孤独を感じさせる。 夏が過ぎさった少年時代の虚無感というものを「風あざみ」という言葉で井上陽水は表現している。 「青空に残された私の心は夏模様」の歌詞も夏休みが終わったあとのあの虚しい感情を表している。 子供のころの夏の思い出は大人になっても楽しい思い出として記憶される。 青空という記憶装置に子供のころの楽しい夏の思い出 =夏模様 を残している。 このように、井上陽水は造語を使って歌いやすくかつ記憶に残りやすい言葉を用いているのだ。 「夏まつり」は夏祭りという解釈で間違いない。 では、「宵かがり」の意味はというと、宵とかがりで分解して考えると分かりやすい。 かがりとは、照明のために燃す火、つまりかがり火のことを指している。 これらから分かることは、夏まつりと宵かがりが並列に置かれていることからも、夏まつりの行われる前日の高揚感を宵とかがりを組み合わせることによって作り出しているということだ。 そして、「八月は夢花火」である。 夢花火もおそらく井上陽水の造語であろう。 しかし、これまでの造語とは異なり解釈は容易である。 夢のような八月の楽しかった思い出を花火の儚さにかけている。 簡単に言うと、夢って想い出のあとさきなんだよということだ。 しかし、あとさきという言葉の意味がよく分からなければ、ここで井上陽水が言っていることの解釈は不可能だろう。 このことから「夢はつまり想い出のあとさき」の意味内容が分かってくるはずだ。 井上陽水は歌詞上で夢とは、思い出の延長線上にあるものと考えており、夢は想い出の一つとしている。 井上陽水が、なぜこのような造語を用いたのかということに関して私なりの見解を明らかにしたい。 私は、造語を用いることによって聴き手側に想像の余地を与えていると考えている。 聴き手側の少年時代の楽しかった日々を想像させるような言葉でもあるのだ。 『少年時代』を聴ききながらみなさん自身がこの言葉の意味を解釈し、余韻深めてみてはどうだろうか。

次の