子宮 口 指 一 本 分 出産 まで。 子宮口が開くとは?1・2・3センチの開きから出産までのカウントダウン!

子宮口が開くとは?1・2・3センチの開きから出産までのカウントダウン!

子宮 口 指 一 本 分 出産 まで

子宮口はどうやって、どれくらい開いていく? 出産は、子宮口が全開になると、いよいよ赤ちゃんとのご対面!と言われます。 が、実際、妊娠をしてみて、出産の時期が近付くと、出産の具体的なことが気になります。 子宮口ってどうやってどれくらい開いていくの?というのもその疑問の一つですよね。 今回は、この子宮口の開き方について、どれくらい開くかなどを具体的にご紹介していきたいと思います。 子宮口の開き方は3段階 子宮口は、出産の進行にともない、ぴったりと閉じた状態から徐々に開いていきます。 そして最終的には全開大となり、子宮口は柔らかく伸びます。 その開き方は次の3段階に分類されます。 第1期 開口期• 第2期 娩出期• 第3期 後産期 このうち第1期 開口期 は子宮口の開き方によってさらに準備期、進行期、極期の3段階に分かれます。 子宮口が次第に開くのと同様に、陣痛が徐々に強まり、陣痛の間隔も狭まっていきます。 では、この3段階をそれぞれ、陣痛の進み具合や赤ちゃんの様子とともに詳しく見ていきます。 そして、その時を過ごすポイントも添えますので、参考にしてみてくださいね。 第1期 開口期 準備期:子宮口0〜3cm 第一期の開口期の中でも、子宮口が3センチまで開くまでの時期を準備期と呼びます。 この準備期は、数日~数週間続く人もいる一方で、2~6時間という短い時間で3センチまで開く人もいて、人それぞれです。 また、不規則だった陣痛が、規則的になり、10~15分の間隔で、20~60秒連続するようになります。 ママは、下腹部が少しずつ痛くなり、生理痛のような鈍痛を感じるでしょう。 まだ破水していなければ入浴しても大丈夫です。 眠れる場合で眠気があれば、寝ておきましょう。 この時期のポイント まだ生理痛のような鈍痛で、動くことができ、リラックスできるママも多いと思います。 これから始まる出産に向け、リラックスできる体勢を取り、好きな音楽を聴くなど心身を休めて過ごすように心がけましょう。 経産婦のママはこの段階で入院します。 第1期 開口期 進行期:子宮口4~7cm 準備期が過ぎ、子宮口が7センチにまで開いていく時期を進行期と呼びます。 また、子宮の収縮が強まるため、3~5分の間隔で、40~60秒の連続した陣痛が起きるようになります。 準備期よりも強く、下腹部に収縮を感じます。 同じ体勢のままでいるのではなく、ときどき姿勢を変えるようにすると赤ちゃんが回旋しやすくなり、お産が進行しやすくなります。 この時期のポイント 初産のママもこの段階まできたら入院をします。 陣痛の痛みが増し不安になったり、呼吸法を意識しきれなくなるかもしれませんが、陣痛が始まったら一点を見つめて落ち着いて呼吸をしましょう。 陣痛の最初と最後に深呼吸をします。 トイレに行きたくなったら我慢せず排尿しておきましょう。 第1期 開口期 極期:子宮口8~10cm 進行期をさらに超え、子宮口が10センチまで開いていく時期を極期と呼びます。 子宮口が完全に開ききる全開大までは、進行期が終わってから15分~1時間かかると言われており、全開大になった時に分娩に移ります。 また、1~3分の間隔で、60~90秒の連続した陣痛が起きます。 このとき、ママは出産のクライマックス。 あまりの痛みに冷静さを失ってしまうかもしれません。 助産師さんの声にしっかりと耳を傾けましょう。 いきみを逃すため、陣痛の最初と最後に深呼吸をする以外は「ヒッヒッフー」と浅めの呼吸と吐き出すのを繰り返す呼吸をします。 この時期のポイント 痛みも激しくなり、辛い時期です。 けれど、待望の赤ちゃんとの対面まであと少し!便意のようないきみたい衝動が出てきて、いきむのを逃すのが辛くなってきますが、助産師さんやパパに腰を強めにさすってもらうと、少し痛みが和らぐ場合もあります。 気が遠くなったり、逃げ出したくなったりすることもありますが、付き添ってくれる家族や助産師さんと協力し合って乗り越えましょう。 第2期 娩出期 :子宮口全開 いよいよ赤ちゃんが下りてきて子宮口が全開になったら、分娩に入ります。 助産師さんの「いきんでいいですよ」という言葉があるまではいきまずに、呼吸法でいきみを逃がします。 「フーウン」という呼吸や「ウーアン」という呼吸で、いきまずに呼吸をしてみましょう。 いきんでよい合図があっても、やみくもにいきむのではなく、陣痛が来た時に合わせていきみます。 2回深呼吸をしたあと、3回目でしっかり息を吸って息を止めていきみます。 いきみ終わって陣痛が遠のいたら深呼吸をして赤ちゃんに酸素を送りましょう。 この時期のポイント 「いきんでよい」と言われるまでいきみを逃がすのがとてもつらいのですが、指示の無い時にはいきまないように注意しましょう。 いきむときには目を開けていきみます。 いきむときの姿勢は、あごを引き、おへそを見るようにします。 肛門をやや上に突き上げるようにしていきみます。 手はレバーをしっかり握り、力をこめましょう。 第3期 後産期 赤ちゃんが出てきた後、胎盤が子宮の壁から剥がれ落ちて出てきます。 これでお産は終了になります。 10~30分ほどで完了するでしょう。 胎盤が出るときに痛みを感じることもありますが、赤ちゃんが出てくる時の痛みよりはずっと弱くママは気が付かないくらいなこともあります。 この時期のポイント 赤ちゃんもママも元気なら、赤ちゃんの様子を見たりカンガルーケアを受けたりする時間です。 家族と一緒に赤ちゃんの誕生を喜び合いましょう。 ママは大仕事を終えましたね。 辛い時間もあったと思いますがよく頑張りました。 本当におめでとうございます。 子宮口が開くまでが大変!でも感動の対面まであと一歩 いかがでしたか?臨月に入ると、ママもいよいよ…という気持ちになり、嬉しい反面、ドキドキ、心配な気持ちも大きくなります。 検診などの際に「子宮口が開いた」と聞くと焦ってしまいがちなものです。 ただご紹介したように、出産には初産婦だと10~12時間、経産婦でも4~6時間かかるのが一般的です。 痛みも徐々に強まっていくもので、最初からマックスの痛みがくるわけではありません。 陣痛が始まったら、病院へ行くタイミングをはかるために陣痛の間隔を調べるようにしてください。 長丁場になりますから、あわてず、赤ちゃんのペースに任せつつ、リラックスして出産に臨みましょうね。 出典元一覧• 岡山中央病院 産婦人科「出産そして赤ちゃん誕生」岡山中央病院 産婦人科()• 身原病院「出産の流れ」身原病院()• 船橋二和病院 産婦人科「出産」船橋二和病院 産婦人科()• 笠松産婦人科・小児科「陣痛時」笠松産婦人科・小児科()• あきたレディースクリニック安田「出産時に行う呼吸法」あきたレディースクリニック安田()• 山本産婦人科「分娩各期の特徴と呼吸法」山本産婦人科()• キッセイ薬品工業「健やかな赤ちゃんをむかえるために」キッセイ薬品工業() 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

子宮 口 指 一 本 分 出産 まで

子宮口が開くって? 出産が近づくとドキドキしますね。 子宮口が開いてくると赤ちゃんと会えるのももうすぐです。 しかし、子宮口はどうやって開いていくのか、自分でわかるものなのか、いろいろと気になりますよね。 子宮口が開き始めて全開大になるまでを分娩第1期と呼びます。 一般的に分娩第1期は初産婦さんで10~12時間、経産婦さんでは4~6時間が目安です。 子宮口はどうやって開いていくのでしょう。 子宮口が開いていく様子をご説明します。 子宮口が0~3cm:準備期 内子宮口と外子宮口が開いている状態になると子宮口が開き始めたと判断されます。 内診で外子宮口がどれくらい開いているかを検査します。 準備期では子宮口は0~3cmです。 子宮収縮は5~30分とだいぶ個人差があります。 目安として10分おきといわれることもあります。 1回あたりの収縮は30~45秒持続します。 まだ自由に動くことができるでしょう。 下腹部の痛みや腰、背中の痛みがあります。 生理痛や下痢のときの痛みに似ています。 中には痛みなどの症状はなく子宮口が開いていることに気づかない方もいます。 おしるしが出ることもあります。 子宮頸管は薄くなり、ほぼ完全に展退します。 初期の陣痛は初産婦で平均8時間ほど続きますが、2~3時間のこともあれば、2~3日かかることもあります。 子宮口が4~7cm:活動期 子宮収縮の痛みがひどくて、しゃべるのも辛くなってきたくらいなら、陣痛の活動期に入ったといえます。 子宮口の開き具合は4~7cmで、一般的にこの時期の子宮収縮は3~5分間隔で45~60秒続きます。 腰からお尻にかけて痛みがだんだん強くなりますが、まだ赤ちゃんは出てこないので腰をマッサージしたり温めたりして過ごします。 吐き気がしてくる方もいるでしょう。 なるべくリラックスして過ごすようにします。 赤ちゃんの頭が骨盤のしたのほうまで下りてくるので、卵膜が破れる破水はこの段階で起こるのがほとんどです。 子宮口が8~10cm:極期 極期は陣痛が最も激しく、最も短い段階です。 通常は15~90分しか続きません。 活動期よりも間隔が短く、1~3分間隔で60~90秒の収縮があります。 いきみたくなりますがまだ我慢です。 腰やお尻が割れるように痛くなるので、こぶしやテニスボールなどで圧迫していきみ逃しをします。 そして、赤ちゃんが少しずつ産道を回りながら出ようとします。 子宮口が開くとどんな感覚?体験談 「陣痛がきたのに子宮口は開いてなかった」「陣痛がきたらすぐ産まれた」いろんな話を聞きます。 かかる時間も進み具合も人それぞれで、子宮口が開いたからすぐ産まれるというわけでもありません。 わかっていてもやっぱり気になりますよね。 子宮口が開くとはどんな感覚なのか、痛みやお産の進み方はどうだったのか、先輩ママたちの体験談を集めました。 子宮口が0~3cmのとき 先生には『子宮口も柔らかいし、3センチ開いてるね』と言われました。 35W頃から下腹部に生理痛のような鈍痛が日に2~3度あり、腰や恥骨・股関節も痛みます。 それ以外の出産の兆候が他に全くありません。 出典: 子宮口が開き始めていても自覚症状のない方は案外多いです。 子宮口が4~7cmのとき だんだん痛みも増してきました。 最初は腹痛だったのですが、段々とお尻が痛くなってきます。 助産師さんに肛門を抑えてもらうとすごく楽になります。 (でも痛いけど) そして股関節も痛くなってきました。 骨盤がバキバキ開いていくのがわかります。 出典: もう出てくる?という感覚になりますが先はまだ長いです。 すごく痛いのにまだ開いてないの?と気が遠くなります。 -; けど頭出ればもう痛くないのでそれまでの我慢です。 出典: いきみたいのにいきめない時間が特につらかったようです。 痛みの波があると聞きますが、この頃は休憩がないくらいずっと痛みが続きます。

次の

37w2dの経産婦です。今日『子宮口指1本分あいてる。赤ちゃんまだエコーで顔見れるから上の方に…

子宮 口 指 一 本 分 出産 まで

臨月に入ると妊婦健診で腹部の超音波検査以外に内診が加わります。 産まれるまでの間に何回か内診をして、子宮口の様子を確認するためです。 内診があると「子宮口が2センチ開いています」など子宮口の状態を教えてもらった方も多いと思いますが、子宮口2センチ開いてからお産になるまで、どれくらいの時間がかかるかご存知ですか? 今回は子宮口が開いてからお産になるまでにどれくらい時間がかかるのかをお話しします。 妊娠中の子宮口の状態は 妊娠中はお腹の中で10か月間赤ちゃんを育てなければいけないので、子宮口が開いて生まれてしまわないよう硬く閉じています。 通常妊娠中の子宮口は、長さ(子宮頸管長)が4~5センチありしっかり閉じられ、テニスボールくらいの硬さがあります。 臨月になる前にお腹が張ってしまうと、子宮口が柔らかくなったり、開いてきたりしてしまい切迫早産になってしまうのです。 これを前駆陣痛といい、本陣痛の前の準備陣痛です。 これによって子宮口は分娩に向けて少しずつ開いていくのです。 前駆陣痛の程度によって、妊婦健診の内診時に子宮口がまだ開いていないといわれたり、子宮口が2センチ開いているといわれたりするのですが、全く前駆陣痛がない人もいれば、頻繁に張る人もいて子宮口の状態はさまざまです。 前駆陣痛が多ければ前駆陣痛だけで赤ちゃんが産まれることもあるのかと思ってしまいますが、赤ちゃんは本陣痛がないと決して生まれません。 前駆陣痛が頻繁にある人でも本陣痛が無ければ子宮口が開くのは2~3センチくらいまでです。 まれに経産婦さんや切迫早産の人だと前駆陣痛で5センチ以上開く人もいますが、それでも本陣痛がこなければ産まれることはありません。 反対に前駆陣痛が無くて子宮口が全く開いていない人でも、本陣痛がくれば必ず子宮口は開いて分娩に至ります。 妊娠中はテニスボールくらいの硬さがあった子宮口も前駆陣痛が頻繁にあることで少しずつ柔らかくなります。 この柔らかさは、本陣痛がきたときに子宮口がいかにスムーズに開くかのポイントになります。 前駆陣痛が頻繁にあり、準備が整っていると耳たぶくらいの柔らかさにまでなります。 柔らかくなればなるほど、本陣痛がきたときにスムーズに子宮口が開いてくれます。 これも短くなればなるほど本陣痛がきたときにスムーズに開くポイントになります。 つまり子宮口が2センチ開いていてもまだ硬く、厚みがあれば全部開くまでには時間がかかりますが、反対に1センチしか開いていなくても耳たぶのように柔らかく、紙のように薄ければ本陣痛がきたときにかなり早く進むと判断できます。 妊婦健診の内診の時には、子宮口がどれだけ開いているかだけでなく、その柔らかさや長さも聞いておくと自分の分娩の進行の目安になりますね。 平均的な分娩所要時間は初産婦さんで15時間くらい、経産婦さんで8時間くらいです。 子宮口が閉じている人と比べてもあまり変わりはありません。 次の健診までに散歩や掃除など小まめに動いて、子宮口を柔らかく、薄くさせておくと効果的です。 をお守りに飲む方も多いようです。 また、リラックスして分娩のイメージトレーニングも忘れずしておきましょう。 リラックスは本陣痛がきたときにスムーズに子宮口を開大させる最大のポイントです。 アロマなど心地よい匂いをかぐとリラックスしやすいです。 関連記事: 焦らず待つことも大切 分娩が近づくと子宮口の状態や前駆陣痛などちょっとした変化に一喜一憂しがちです。 でも、赤ちゃんは自分が生まれたいタイミングで必ずやってきてくれます。 あまり焦らず、お腹の中にいる赤ちゃんと分娩までの時間をのんびり待つことも大切ですね。 関連記事:.

次の