クリトリス いじり 方。 【図解】クリトリスの愛撫。女が教える本当に気持ちいい愛撫とは

【女性向けオナニー講座】クリ(クリトリス)で簡単にイク方法

クリトリス いじり 方

クリトリスってどこにあるの? 絵で表現するとこんな感じ。 女性器の手前についている小指の先くらいの大きさの豆のような部位で、男性のペニスに相当します。 クリトリス開発のポイント 焦らして快感を感じやすくする ただでさえ快感を感じやすいクリトリスですが、しっかり焦らすことで興奮を高めることができます。 またじらすことで、しっかりと濡らしてから愛撫を始めるという目的もあります。 胸やお尻は定番ですが他にも性感帯になる場所はたくさん。 クリトリスの愛撫に入る前におすすめな場所をピックアップしてみました。 指先でそーっと撫でるように動かすのがポイントです。 おしりの割れ目はアナルというよりも腰から、割れ目に入る部分に触られると感じてしまう女性が多いようです。 しっかり濡らして、豆腐を触るような気持ちで 指が乾いた状態で愛撫すると指との摩擦で刺激を強く感じ、痛みを感じることも…。 十分に濡れているのなら愛液をたっぷりと絡めて、濡れにくい彼女なら唾液やローションをつけた指で愛撫しましょう。 指とクリトリスの間に愛液のクッションを作るようなイメージで指を動かします。 とっても分かりにくいのですが、図にするとこんな感じ。 クリトリスの上を愛液で滑らせるように動かします。 指の摩擦で刺激するよりも、こちらのほうが快感を強く感じることが出来ます。 快感を感じるポイントは側面にも ピンク色の丸がクリトリス。 紫色の矢印や指の動かし方を表しています。 もちろんこれも気持ちいいのですが、実はクリトリスの側面にも快感を感じるポイントが隠れています。 こんなふうにされたらあっという間にイッちゃうかも まずはしっかりじらす しっかりねっとり焦らすところからのスタートです。 ベッドに横になり彼女を前からギュッと抱きしめた状態から背中を愛撫してみましょう。 手のひら全体を使って背中から腰へ何度か撫で、安心感を与えてから愛撫に移ります。 安心感を感じると女性は格段に感じやすくなりますよ。 愛撫をするときはフェザータッチを使いましょう。 手のひらは浮かせて指の先だけをそっと彼女の肌にあてます。 触れるか触れないかぐらいで十分。 その手の形を保ったまま、背中から腰へゆっくり動かします。 あせらず「じらす」ことを意識しましょう。 右手で愛撫をするなら左手は彼女の頭を撫でたり、抱き寄せられていると尚良し。 女性は愛されていると思うと気持ちよさを感じるのです! 彼女が抱きついてきたり、甘えるような仕草をしたり、感じてるというサインを感じたらクリトリス周辺の愛撫に進みます。 手を前から彼女の太ももの間に滑り込ませ、太ももから足の付根を撫でます。 ひょっとしたらここで濡れているのを感じられるかもしれません。 でも、まだクリトリスには触れません。 焦らしはねっとりと、しっかり時間をかけて行いましょう。 中途半端は駄目ですよ。 ここで一回キスしましょう。 まずは軽く。 キスでも焦らしていきます。 頬や額にも忘れずに。 女性は唇以外へのキスに愛情を感じます。 キスについては「」も参考にしてみてくださいね。 軽いキスで十分に彼女を満足させたところでディープキスへ。 彼が自分に興奮していると感じることで、女性も一気に興奮が高まるのです。 愛撫+キスで彼女をトロけさせる ディープキスを続けながら、クリトリスの愛撫をしてみましょう。 これだけしっかり焦らすことができれば、トロトロになっているはず。 しっかりと焦らされた状態で触れられることで、快感が何倍にも膨らむのです。 じらされた後の愛撫は、びりっと全身に電気が走るようなそんな気持ちよさ。 どうしても声が抑えられなくなってしまいます。 愛液をたっぷりと指に絡めてクリトリスに触れましょう。 もし濡れにくい彼女だったら唾液をからめたり、場合によってはローションを使うことも考えるのも良いかも。 乾いた状態では絶対に愛撫しないでくださいね。 愛撫は優しく 彼女の気持ちが高ぶるにつれ、あたなも興奮してくるはず。 どれだけ興奮していてもガシガシこすってしまうのは絶対に駄目! 「豆腐を触るような気持ちで」を忘れずに優しく愛撫しましょう。 まずはオーソドックスに上下方向への愛撫してみましょう。 クリトリスだけでなく、膣~クリトリスの少し長い範囲をゆっくり愛撫します。 そうすると自然にクリトリスが愛液で潤いスムーズに愛撫できます。 クリトリスの途中で止めてしまうのではなく、先端までしっかり愛撫してください。 クリトリスの内側の付け根の部分から先端へ抜けるなで上げられるような刺激がより快感を高めるのです。 そして、忘れないでほしいのが彼女への声掛け。 慣れないうちは優しくしているつもりでも強くなってしまいがち。 「弱いほうが良い?」「痛くない?」「どこが好き?」と様子を聞くのを忘れないでください。 そうなったら、クリトリスの側面を愛撫してみましょう。 握る手が強くなるとか、喘ぎ声が変わるとか、 彼女がより気持ちよさそうにしている方を重点的に責めていきます。 「こっちが好き?」「どこがいい?」と聞いてくれると嬉しいかも。 性的な質問に答えるのは女性としてはすごく恥ずかしいし勇気のいること。 もし答えてたら「感じてるのかわいい」「エロい」くらいのことは言ってほしい! 彼のプラスの声かけで彼女のセックスへの積極性が変わってくると本当に思っています。 彼女がイキそうになったら 彼女がイキそうな感じでも強さと速さは一定を保ちます。 触る場所や速さを変えられると途端にイケなくなるのです。 ぜひ強くギュッと 抱きしめてキスしてあげてください。 安心感で女性はイキます。 私の場合イクとき頭が真っ白になるというか、何かが飛ぶような、はじけるような感じがします。 はじめて人の手でイクとき、声が抑えられないとか、おしっこが出ちゃいそうな感覚とか、自分で止められない怖さみたいなのがあるのです。 彼女を安心させてあげることもとっても大切なことですよ! 最後に 女性によって好きな強さや触る場所は違います。 基本はしっかり押さえつつ、彼女に聞きながら進めていくのが彼女をイカせる1番の近道です。 ぜひ試してみてくださいね! 参考記事>>>.

次の

【女性向けオナニー講座】クリ(クリトリス)で簡単にイク方法

クリトリス いじり 方

「クリトリス」を触られることが好きな女性は多いでしょう。 しかし、 クリトリスについて、あなたはどれくらいご存知でしょうか? セックスのうまい・下手は、 「クリトリスのいじり方によって決まる」、といっても過言ではないくらい、クリトリスは女性にとって大切な場所です。 なぜならば、触り方のちょっとした差によって、感じ方が大きく変わってくるからです。 クリトリスは女性の最も感じやすい性感帯ですが、 「クリトリスの役割」や 「どんな場所や位置にあるのか?」を正しく知っている人は意外と少ないものです。 私自身、現役出張ホストですが、最初はクリトリスの場所が分からず、「なんとなくこの場所あたりかな?」と模索しながら、いじっておりました… 闇雲に激しくいじり「痛い!」と幻滅されたこともあります… 実際は薄暗い場所でもなるので、探すのに一苦労。 進化の過程でクリトリスが退化してしまわなかったのは、クリトリスが、 「性的興奮に特化した器官」として存在するからと考えられています。 クリトリスには、 陰部神経(性的興奮にかかわる神経)が集まっていて、そのため、刺激をすると激しい興奮が得られてオーガズムに達するのです。 興奮を感じると、ペニス同様、血液が集まって充血して、「勃起」をしますが、男性と違い、見た目ではわかりにくいことが多いようです。 女性のクリトリス(陰核)そのものには、生命にかかわる機能は存在していません。 男性であればペニスになっていたはずのものの名残と言ってよいでしょう。 男性器の亀頭と同じようにとても敏感な器官で、末端神経が集中しており男性の亀頭全体に存在する神経が、 数ミリ程度の陰核(クリトリス)に集まっています。 そのまま触ると痛いと感じる場合がありますが、それ以上に 女性が1番快感を感じられる場所にもなっています! ちなみに、クリトリスは、男の亀頭の約20倍の神経が集中してるらしいですね。 なので、快感も痛みも男のチンコ以上ってことですね! クリトリスの場所は人によって全然違います。 恥丘の下、小陰唇の合わさる位置にあり、外尿道口の上あたりに存在します。 上の画像をご確認下さい! 小陰唇が合わさるところにある突起部分であるクリトリスですが、その大部分が体内にあるのでわかりにくい場合は、小陰唇を少し広げるようにするととてもわかりやすくなります。 それが原因で突起が見つからないということが多いと思います。 私自身がそうでした… さらに、性器には個性があるので、男性が 思っていた場所にクリトリスがないなんてことは珍しくありません。 その場合は、無理に剥かなくてもそのままクリトリスをうまく愛撫すればイカせらます! ただ、包茎の男性と同じで、女にもクリトリスの包茎がいて、自然に剥けない場合もあるのでその場合は、クリトリスを露出させてから超ソフトに愛撫してあげてください。 男性が1番勘違いを起こしやすい点だと思います。 何かと性感帯を激しくいじると女性は気持ち良いと思ったことはありませんか? 私はそうでした… きっと、AVの見過ぎです… 感度が良い分、すごく痛いようです… 気を付けて下さいね! しかし、自身に置き換えて考えてみて下さい。 チ〇コを激しくつつかれたりしたら、やっぱ痛いじゃないですか! フェラにしろ、優しくエロさを感じる程度がとても気持ちよかったりしませんか? あまりにも強い刺激を加えると、非常にデリケートな部位になるため、快感よりも痛みが勝ってしまいます。 あくまで優しく触ってあげて下さい! クリトリスへのタッチは、直接的な刺激よりも、間接的な刺激の方がいい場合もあります。 「気持ちいい」と「痛い」が隣り合わせの場合があり、ソフトにタッチしながら、だんだんと強くしていくことで、相手の気持ちいい強さなどが分かってきます。 直接クリトリスを触って何かしらの違和感がある場合は、包皮の上から優しく触るようにしましょう。 最初は人差し指か中指で円を描くように優しくタッチします。 最初から指をグリグリと押し付けると痛い場合もあるので、円を描くときもゆっくりと優しくタッチします。 セックスのうまい・下手は、 クリトリスのいじり方によって決まる、といっても過言ではないくらい、 クリトリスは大切な場所です。 私は冒頭にも述べたように、激しくいじり「痛い!」と言われ、幻滅されフラれました… それほど、セックスの上手さは女性を引き付ける力があると思います。 なぜならば、触り方のちょっとした差によって、感じ方が大きく変わってくるんです! ぜひ実践してみてください! クリトリスの位置や触り方については動画でも詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の

【図解】クリトリスの愛撫。女が教える本当に気持ちいい愛撫とは

クリトリス いじり 方

この記事の見出し• クリトリスがどこにあるかを図解と画像で位置を説明 そもそもクリトリスとは何なのかを説明する前に、どこにあるのかを画像つきで説明したいと思います。 図解で説明すると以下の場所にクリトリスというものは存在します。 クリトリスの場所はココ 女性器をガバって開い時に、 膣口の周りを囲む小陰唇(ビラビラ)をなぞって一番上にくる部分にある、直径約5から10ミリくらいの突起物のことを言います。 図解で説明してもわかりづらいと思いますので、超リアルな女性器の形をしたオナホールの画像で説明すると以下の部分です。 最初は男性器の亀頭のように皮をかぶっていて分かりにくいかもしれませんが、指で剥いたりすればピンク色のお豆のようなものが露出するはずです。 また男性器と同じように、クリトリスも性的な刺激を与えたり興奮させたりすることでそこに血が通い、「勃起」をして少しだけ大きくなり、手で剥かずとも露出します。 このクリトリスは、 基本的にはどの女性も同じ形や大きさをしているものですが、よくよく観察をすれば大きさや皮の頭具合など、個体差も見受けられます。 また見た目だけではなく、このクリトリスをどう刺激すれば感じるかや、クリトリスから受ける刺激の度合いなども助成によって本当にまちまちです。 指だけを頼りにしたクリトリスの探し方 上記の図解や画像でクリトリスの位置はだいたいはわかったかと思います。 しかし、想像してもらえるとわかると思いますが、クンニならともかく 実践のセックスでは上記の画像や図解のように、女性器を目視でジロジロと見ながら指でクリトリスを愛撫するということはあまりないでしょう。 キスをしながらとか、おっぱいを吸いながらとか、後ろからだとか、実践のセックスでクリトリスを目視で確認して指で愛撫するということはほとんどなく、 手探りの感覚だけでクリトリスを見つけ出し、愛撫をしなくてはなりません。 そこで童貞の男性でもわかるクリトリスの探し方です。 答えとしては、経験と勘でなんとなく分かるようになるといえばそれまでなのですが、それでは元も子もありませんよね。 本来であれば焦らしなどのテクニックが入るのですがそれは省いて、僕としてはまずは割れ目に指を添わせるように女性の膣口を探します。 それまでのキスや前戯で、それなりには濡れているはずですので、一番ビッショリとしたところに膣口があると思います。 この段階ではまだ膣口には指を挿れず、愛液で指を濡らすことを目的としてください。 愛液でそれなりに指を濡らして、そのまま指を上の方にスライドし、指にクニュっとした感触があったところがクリトリス。 感触だけでわからずとも、女性の外側で一番感じやすい部位に触れたわけですから、少なからず女性の身体はビクッと反応しますし、 「あん…」という喘ぎ声だって漏れるかもしれませんので、そんな反応があった場所を重点的に責めるるようにしましょう。 パンツの上からクリトリスを探す場合も、股間のど真ん中には膣口があるはずですので、そこから指を上にスライドさせるようにして、女性が上記のように反応した場所こそがクリトリスです。 基本は、自分の指の感覚と、女性の反応を逃さずキャッチすることで、目で見ずともクリトリスの場所を探り当てることができるでしょう。 性感帯としてのクリトリスの機能 クリトリスとは、男性のペニスの亀頭の部分に該当するものだそうです。 精子と卵子が受精した場合はとりあえずは、性別として「女性」として存在し、そのなかで受精卵が胎内で成長する過程で「男性」に変化するわけなのですが、クリトリスはペニスに変化しなかった部分の名残とも言われています。 なので男性がペニスを弄くられて快感を覚えるように、クリトリスは身体の部分としては非常に小さいものですが、膣外の性感帯としては最も刺激を受ける部分となります。 また、オナニーをする女性は、まだ性体験もない処女の頃からこのクリトリスを弄ると気持ちいいことを発見し、オナニーというものを覚えるのです。 よく男性にある勘違いとしては、女性はオナニーするときは膣口に指をズボズボと出し入れしてオナニーをしているという勘違いをしていますが、膣内に指を挿れてオナニーをする女性は少数派で、多く女性は指でこのクリトリスを刺激してオナニーをしているのです。 そういった部分では女性にとっては、膣内に何かを出し入れされる快感よりも、このクリトリスで感じる快感のほうが、ある意味ではポピュラーなものなのです。 実は目に見えるクリトリスはほんの一部なのです! 先程はクリトリスの場所について、小陰唇の一番上に付いっている小さな突起というように説明しましたが、 その突起はクリトリスのほんの一部分であり、クリトリスはそこだけではないのです。 膣周り、クリトリス周辺の女性の筋組織を図解で説明すると以下のようになっております。 クリトリスはほんの一部だった! そう、クリトリスは外部に露出したほんの一部分であり、女性の膣壁の内側にはクリトリスにつながる筋組織がこんなにも広がっていたのです。 その一部には、膣内の性感帯で最も有名なGスポットがあったり、知る人ぞ知る膣括約筋なども含まれていたりします。 もとを辿れば同じクリトリスとはいえ、外部のクリトリスを刺激したときの快感やイクときの感覚、Gスポットなどの膣内からの快感やイクときの感覚は全く別物となっています。 クリトリスは男性の射精のように、一気にピーンとした鋭い快感が刹那的にあり、Gスポットなど内部の者はジュワーッと全身に拡がるような深い快感があります。 クリトリスの愛撫の仕方や責め方の基本 女性からの話を聞くところ、セックスをする時の前戯で、膣内やおっぱいは愛撫するが、このクリトリスを一切愛撫することなく挿入してしまう男性も多いようです。 クリトリスは体の外にある性感帯で、ここを責めずともセックスは出来ますが、僕としてはぜひともこの部分で感じさせ、イカせて欲しいところでもあります。 というのは、やはり クリトリスでもたっぷりと快感を与え感じさせ、そしてイカせてあげることで女性の脳と体の準備ができ、いざペニスを挿入したときの快感は計り知れないものになるからです。 クリトリスには、指マンやクンニ、はたまたローターなどのおもちゃで責める方法がありますが、どういう責め方をするにせよ 基本的に大事なことはいきなり激しく責めたりはせず、最初は優しく責めるようにしてください。 自分のペニスで例えて想像してみてほしいのですが、仮に勃起状態であったとしても、いきなり女性に乱暴にぎゅっと手で握られて何かされても気持ちよくは無いと思いますし、なんなら痛みすら覚えるはずです。 それは女性のクリトリスにおいても同様であり、さらに言えば男性のペニスよりもさらにデリケートなクリトリスであるからこそ、最初は優しく愛撫することを心がけてほしいと思います。 もちろん、ただクリトリスを愛撫すればいいかというとそういうことでもなく、最初はフェザータッチなどで全身の神経を敏感にさせておき、クリトリスに触れそうであえて触れないなどの焦らしを取り入れることで、クリトリスに更なる快感を与えることも出来ます。 また、クリトリスは体外の性感帯でもありますので、挿入中にも忘れずにクリトリスを刺激することで中からの刺激と外からの刺激のダブルでの快感を与えることが出来ます。 クリトリスは女性の最も分かりやすい性感帯であり、どんな女性であってもクリトリスを刺激して感じないという女性がほとんどでしょう。 だからこそ、 セックスが上手くなりたいと思っている男性は、せめて10人中7人の女性は必ずクリトリスでイカせてあげられるくらいであってほしいと思います。 とくにGスポットやポルチオなどは多少の開発が必要なことがありますが、クリトリスであればその日のうちにすぐにイカせてやることは造作も無いことです。 クリトリスで自在に女性をイカセられるようになって初めて中級者とも言えますからね。 さらにクリトリスで感じさせてあげるには? クリトリスは、女性の外性器としては最も敏感に刺激を感じ取る性感帯です。 そのクリトリスで受ける刺激をもっと大きなものとするために、闇雲にクリトリスを刺激するではなく、もっとその刺激を大きく感じられるようにしてあげたいところですよね。 難しい指マンテクやクンニテクニックを抜きにして簡単に行える方法をご紹介します。 焦らした果てに最後にクリトリスで感じさせる。 クリトリスといえば、指でも舌でも簡単に触れることができる性感帯であり刺激も大きいので、前戯の最中にその流れでなんとなく愛撫を開始してしまうかもしれませんが、せっかくの外性器で最大の刺激を感じ取れるクリトリスです。 どうせならもっともったいぶって、焦らしに焦らしまくった上でクリトリスを刺激することで、その歓びもより一層大きなものとなります。 例えば、 クリトリスの周りで円を描くようにねちっこく指先でフェザータッチを繰り返したり、クリトリスに向かって息を吹きかけたり、あたかもクンニするかのように舌を出してクリトリスに近づけるだけで、空気の揺れ、温度、小さな吐息でさえもクリトリスは敏感に感じとります。 クリトリス吸引器でクリトリス調教する! ちょっとアブノーマルな内容になりますが、クリトリス吸引器を使ってクリトリスを肥大化させて、さらに感度を高めるという方法もあります。 クリトリス調教のひとつですね。 クリトリスは男性でいう亀頭の部分に当たりますので、そこには血液を流し込んで大きくなるというものです。 そしてクリトリス吸引器を使ってクリトリスを真空状態にすることで、一時的にクリトリスにより多く血液を流し込むことが可能になり、より神経が浮き出て感度が高まるというものです。 また、M女性に対してはまさに調教という感じで雰囲気エロスによる興奮度アップも狙えます。 クリトリス吸引具は安いものから高いものまでいろいろありますが、個人的には以下のクリキャップという安価な吸引器がお手軽でもありますし、ソフトな素材でデリケートなクリトリスを痛がらせるということも少ないのでおすすめです。 電動式クリトリス吸引具は、電マ以上の大きな快楽をもたらす もう一つ紹介すると、電動パワーによってクリトリスを吸引しつつ、刺激を与えるクリトリス専用のアダルトグッズもありますが、性能が確かなだけにやりすぎると人間の愛撫では物足りなくなる可能性がありますので注意が必要です。 どういう刺激かといえば、電マやローターなどの振動系のものでは、快感の波もすぐに押し寄せてきますが、 その分イッたときの快感指数も浅く尖ったような感じのものになります。 しかし、 マイメアリーを代表するクリトリス吸引器は、ジワジワとゆっくりと快感の波が押し寄せ、ゆっくりと絶頂へと登っていくことで、オーガズムに達した時はまるで全身の力のすべてが抜け、そして頭が真っ白になるような絶頂感があります。 たまにはローションを使ってあげよう クリトリスを愛撫するときはローション代わりに女性の愛液を利用することは基本中の基本でもありますが、 やはりヌメッとした食感はローションには敵いません。 というわけで、素直にローションを使ったクリトリス愛撫もたまにはいいかもしれません。 風俗を経験したことのある男性であればおわかりかもしれませんが、亀頭をローションまみれにしてもらってマッサージしてもらえば、これまた独特な気持ちよさを感じることがあるでしょう。 あれを女性のクリトリスにも試してあげるのです。 少量のローションを自分の指につけてゆっくり愛撫したり、感じてきたらちょっぴり激しめにしてみたり、どんなふうにどんなスピードで、どんな強さで責めてあげればいいかはその女性によって異なりますのでいろいろと試してみてください。 ローションの方はホテルによってはコンドームと一緒に1つだけ使い捨てタイプのものが置かれている場合もあるのでそれを使えばいいのですが、ない場合は自分で用意しましょう。 個人的には、ボトルタイプのものよりも使い捨てタイプのもののほうが携帯性もよく、衛生的にもいいのでおすすめです。 クリイキ未経験女性に電マはあまりよろしくない? これはあまりやってほしくないことなのですが、 「クリイキ未経験の女性への電マ責め」です。 男性とのセックスではもちろん、オナニーをするときもクリトリスでイッたことがないという女性は少なくはありません。 そういう女性に対してもある程度はセックスの雰囲気を作ってあげ、電マのような強い刺激をクリトリスに与えることによりとりあえず「クリトリスでイク」ということは可能になるでしょう。 しかし、クリトリスでイッたことが無いという女性だからこそ、いつも電マばかり使ってイカせるということはやめてほしく思います。 これは女性がオナニーをするときに、電マばかりを使うのもよろしくはありません。 というのも、 電マのような強い刺激でイクことに慣れすぎてしまうと、クンニや指マンといったものではどうしても物理的な刺激では電マには叶いませんので、刺激不足により人の手ではクリイキができなくなってしまう危険性があるからです。 これは、右手の強い圧力でのオナニーに慣れすぎてしまい、いざ女性の膣内で射精しようとしてもイケないという、射精障害の男性と同じ症状になります。 なので、相手の女性をクリイキさせるときも、オナニーでクリトリスを弄るときも、常に電マを使って絶頂を迎えるというのは推薦できません。 もちろん、指マンやクンニでクリイキするのであれば時々には使うのもいいですし、クリイキ未経験であっても感度が高まるまで電マを使うのもいいですし、とりあえずクリイキしてみるためにも悪くはありません。 「電マじゃないとクリイキできない」というレベルになるまで、電マばかりを使うのはよろしくはないということです。 セックステクニックの教材を初めて購入される方や、セックスに自信がない方に一番おすすめでしたいと思えるのがこのAV男優しみけんのセックステクニック教材である『快感制覇』です。 しみけんといえば超有名AV男優ですが、このネームバリューとは関係なく、この教材は奇をてらわない堅実なテクニック、視聴者にもわかりやすい解説、しみクンニという一撃必殺技まで解説してくれるからです。 紹介されるテクニックの数事体は決して多くはないが、一つ一つのテクニックをしっかり分かりやすく解説してくれるのがこの教材のもっとも良いところであろうし、しみけんさんの明るいキャラクターも相まって気持ちよく学べる。 一回のセックスで女性に使用できるテクニックの種類も限られてくるわけなので、この教材で身につけたテクニックをしっかり使うことができれば、相手の女性にも十分に気持ちいい時間を過ごしてもらえるはずである。 そして何より、内容自体は初心者に向けて作られてあるが、しみけんが考案し僕が愛用する「しみクンニ」という必殺のクンニテクニックも紹介される。 しみけんさんはこのテクニックで確実に女性をイカせることができると豪語されていて、実際に僕もこのクンニテクニックで8割型の女性をクリイキさせる自信と実績があります。 初心者向けでありながら、そういった女性をイカせるための強力なセックステクニックも学ぶことができるのがこの快感制覇です。 (レビューページに飛びます).

次の