マイル 貯め方 わからない。 【陸マイラー流】JALマイルの貯め方のすべて!クレカ決済などの定番から裏技まで紹介

マイルの賢いため方・・・1

マイル 貯め方 わからない

ANAの飛行機に搭乗したり、ANAと提携したクレジットカードを利用したりすることで貯めることができる ANAマイル。 マイルの使い方というと 航空券との交換が基本だが、ANAマイルはそれ以外にもさまざまな使い道がある。 本記事では、ANAマイルのお得な使い方についてわかりやすく解説していく。 航空券との交換以外の使い道がいまいちわからない、旅行や出張などで飛行機を利用する機会がなくマイルが有効期限を迎えそうといった場合に、ぜひ参考にしてほしい。 ANAマイルの もっともお得な使い方は、国際線の航空券との交換だ。 また、 国際線の座席のアップグレードや、 国内線の航空券との交換にも使うことができる。 しかし、飛行機の利用機会がないという場合、 ANA SKYコインや提携ポイントに交換することで、有効期限を延ばし、使い道を広げることができる。 その他にも、ANAマイルは ホテルクーポンや レストランクーポンと交換したり、 ANAセレクションで利用したりでき、ちょっとした贅沢をお得に楽しむことができる。 これらの使い道を知ることで、ANAマイルを無駄なく使うことができ、マイルを貯めることがさらに楽しくなるのではないだろうか。 ANAマイルの 有効期限は3年間なので、有効期限内に上手に活用してほしい。 ANAマイルのお得な使い方8選 マイルの基本的な使い方は特典航空券に交換することだ。 しかしANAマイルには、 航空券に交換する以外にもさまざまな使い道がある。 以下に、航空券との交換を含めた、ANAマイルの使い方を9つ紹介する。 これらの使い道を知ることで、有効期限までに飛行機に乗る予定がない場合でも、マイルをお得に使うことができる。 国際線特典航空券に交換する ANAマイルをもっともお得に利用できるのが、 国際線の特典航空券に交換することだ。 往復12,000マイルから利用でき、路線によっては 1マイル=20円もの価値になる。 エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスすべての座席の航空券と交換することができ、 座席のランクが上がるほど1マイルの価値は高まっていく。 たとえば、レギュラーシーズンに羽田空港からロンドンへの直行便、ファーストクラス航空券を購入するとしよう。 普通に購入した場合は、 往路が1,359,670円、復路が1,386,920円、合計2,746,590円(税抜)となる。 以上より、1マイルあたりの価値を計算すると 16. 646円もの価値になることが分かる。 コツコツとマイルを貯めていけば、通常であれば中々手の届かないファーストクラスの航空券を購入することができる。 これだけお得に国際線航空券に交換できるなら、マイルを貯めるモチベーションも上がるだろう。 国際線の座席をアップグレード 国際線の場合、ANAマイルを利用して座席をアップグレードすることができる。 片道12,000マイルから利用でき、 エコノミークラスの料金でビジネスクラスの搭乗することが可能だ。 しかし、アップグレード対象枠には上限があるため、必ずアップグレードできるという保証はない。 利用する場合は、下図のように 「アップグレード対象」と記載されている航空券を予約する。 アップグレードに必要なマイルは、片道の距離(区間基本マイル)とアップグレード利用クラスによって変動する。 羽田空港からロンドンまでの区間基本マイルは 「6,214」のため、エコノミークラスからビジネスクラスにグレードアップする場合は 片道28,000マイル必要になる。 マイルを利用してお得に贅沢な気分を味わいたい場合に、おすすめの利用方法だ。 国内線特典航空券に交換する ANAマイルは、国内線の特典航空券に交換することもできる。 片道5,000マイルから利用可能で、 国際線よりも少ないマイルから利用できる。 ただし、国内線の場合は 旅割や 特割など様々な割引サービスが適用されるので、マイルを利用するよりも割引金額で航空券を購入した方がお得になる場合もある。 国内線特典航空券は搭乗60日前から予約できるので、それ以前から飛行機を利用する予定が決まっているのであれば、 旅割75の方が安く購入できる可能性が高い。 国内線でマイルを利用する場合は、 航空券の値段設定が高い直前での予約で利用するとお得になると言えるだろう。 ANA SKYコインに交換する ANAの航空券や旅行商品の支払いに利用できる、ANA SKYコインに交換するのもおすすめだ。 1マイル=1コインに交換することができ、交換マイル数やANAマイレージクラブ会員のステイタス、ANAカードの種類に応じて 交換率は1. 2倍~1. 7倍にもなる。 コインは 10コイン単位から利用することができ、 航空券だけでなく 燃油サーチャージの支払いにも対応可能だ。 空席がある限り航空券や旅行商品を予約することができるので、 特典航空券の枠がいっぱいになってしまっていた場合でも、お得に航空券を購入することができる。 また、ANA SKYコインで購入した航空券で搭乗しても、マイルを貯めることが可能。 ANA SKYコインの有効期限は、マイルから交換した月から1年間となっている。 そのため、有効期限間近のマイルをANA SKYコインに交換し、 有効期限を先延ばしにするという手もある。 提携ポイントに交換する ANAマイルは、 Edyや 楽天スーパーポイント、 Tポイントといった提携ポイントに交換することができる。 1マイル=1円相当の価値になるので、航空券を購入するよりもお得度は低くなってしまうが、 マイルを無駄にしないためには賢い利用方法だ。 提携パートナーと、 10,000マイルで交換できるポイントは以下の通り。 ホテルクーポンに交換する ANAマイルをホテルクーポンに交換することも可能だ。 最小20,000マイルから変更可能で、日本やアジアの高級ホテルに宿泊することができる。 提携ホテルは以下となっている。 ザ・ペニンシュラホテルズ• シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ• ザ・リッツ・カールトン• セントレジスホテル&リゾート• ホテルナゴヤキャッスル• ヒルトン• オークラ ホテルズ&リゾーツ• サフィールホテルズ• ハイアットホテルズ&リゾーツ• プリンスホテルズ&リゾーツ• 東急ホテルズ KIZASHI THE SUITE 飛行機を利用して貯めたマイルで、 お得に名だたるリゾートホテルに宿泊できるのは大きな魅力的だ。 レストランクーポンに交換する ANAマイルをレストランクーポンに交換すれば、 ハイクラスな食事をお得に楽しむことができる。 提携先は以下の通り。 ザ・ペニンシュラホテルズ• シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ• ジョエル・ロブション• 東急ホテルズ• INTERSECT BY LEXUS — TOKYO• メルセデス ミー• プリンスホテルズ&リゾーツ• セントレジス ホテル & リゾート• ザ・リッツカールトン• グランド ハイアット 福岡• ホテルナゴヤキャッスル 飛行機に搭乗する予定がなければ、贅沢なコースランチやディナーを楽しんで素敵な思い出を作るのもよいだろう。 ANAセレクションを利用する 10,000マイルから、「ANAセレクション」でANAがセレクトしたおすすめ商品に交換することも可能。 和牛や鰻など高級グルメから高級ブランド財布、家具家電、実用性の高いキャリーバッグまであらゆる商品がラインナップされている。 ただし、10,000マイルの交換商品で5,000円相当の品物もあるため、マイルの交換率はあまり高くないという面もある。 出かける予定がなく、余ったマイルを有効活用したいという場合に活用することをおすすめする。 ANAマイルの有効期限 ANAマイルには有効期限があるので注意が必要だ。 有効期限は3年で、36か月後の月末に期限が切れることになる。 コツコツ貯めたマイルが有効期限切れで無駄にならないよう、常に期限には注意を払っておいてほしい。 期限までに使い切れないマイルは、 提携ポイントやクーポン、ANA SKYコインに交換するとよいだろう。 今回紹介した使い道を参考にして、マイルを有効活用してお得にサービスを受けよう。 ANAマイルを無駄なく活用しよう マイルというと航空券に交換するイメージが強いが、ANAマイルには実はさまざまな使い道がある。 もっともお得にマイルを利用できるのは国際特典航空券に交換することで、 1マイルあたり20円近くの価値になる。 しかし、国際線を利用する予定がないという場合は、日常生活でも気軽に利用できるサービスに交換すると良いだろう。 楽天Edyや Tポイント、 スターバックスカードなどの提携ポイントに交換すれば、日ごろの買い物でも頻繁に利用できるのでマイルを一切無駄にしない。 ホテルクーポンや レストランクーポンに交換すれば、日常では味わえない贅沢な時間を過ごすことができるだろう。 マイルの有効期限間近になった場合、直近で飛行機を利用する予定がなくてもいずれ利用する可能性があるのであれば、 ANA SKYコインに交換しておくとよい。 空席があればいつでも航空券をコインで購入することができるので、 マイルの有効期限を先延ばしする効果が得られる。 マイルの有効期限は3年間、ANA SKYコインは1年間となっているので、コツコツ貯めたマイルやポイントが無駄になってしまわないよう、有効期限には注意を払っておこう。

次の

JALマイル貯め方おすすめ一覧2020年!初心者JALマイラー必見!|JALマイルを貯めて子連れ旅行を快適でラグジュアリーに行く方法節約旅行ブログ

マイル 貯め方 わからない

ANAマイル。 貯めると、特典航空券で飛行機に搭乗することができ、無料(別途、燃油税等の諸税は必要)で旅行に行けるため非常に夢のあるポイントが マイルです。 毎年家族で沖縄旅行• 毎年夫婦でハワイに旅行• ビジネスクラスで世界一周• ファーストクラスでニューヨーク こんなこともマイルなら可能です。 マイルは、他のポイント(楽天スーパーポイントやTポイント)なんかに比べると、大きく夢が広がるポイントで、旅行好きなら絶対に貯めるべきポイントです。 さて、当ブログでは、ANAマイルの貯め方・使い方を色々と紹介してきました。 記事も増えてきて、ANAマイルに関する情報をかなり網羅できるようになってきたので、今回の記事では、 ANAマイルに関するまとめをすることにしました。 ANAマイルの貯め方~使い方・交換方法~有効期限~ANAカード~ANAのステータスまで、幅広くこの記事から全体像を理解できるようにしながら、気になる点がありもっと詳しく知りたい方は、過去の記事が読めるようにリンクをつけています。 ANAマイル初心者の方は、是非読んでみてください。 ANAマイルの全貌を基礎から徹底解説です。 入会は、から行えます。 ANAマイレージクラブ会員には複数の種類が存在しており• 一般会員(年会費完全無料のカードタイプ、プリペイドカードタイプや一部提携のクレジットカード含む)• スマホアプリ会員(年会費無料のスマホアプリ)• 【おすすめ】ANAカード会員(年会費有料のクレジットカード会員) このどれかに加入する必要があります。 最初は、悩んだら年会費無料のスマホアプリ会員でもいいと思います。 (注)一人で複数のANAマイレージクラブへの加入も可能です。 その際はANAマイレージクラブ会員番号はカード毎に異なりますが、すべて紐付けを行い合算可能です。 が、ANAマイルを貯めて特典航空券で無料旅行に行きたいなら、個人的には年会費を払ってでも、ANAのクレジットカード 「ANAカード」を所有することがおすすめです。 ANAカードの大きな特徴・メリットは、• クレジットカードの決済でどんどんマイルが貯まる(還元率0. 継続ボーナスマイル(1,000~10,000マイル)が毎年もらえる という3点が、他のクレジットカードよりかなり優遇されているので、マイルを貯める上でものすごく大きいです。 詳細は、のちほど説明します。 所有していると、非常にANAマイルが貯まりやすくなります。 マイルという制度のスタートはこれです。 今でこそ、クレジットカードなんかでもマイルは貯まりますが、元々が飛行機に搭乗した際にもらえるポイント制度がマイレージ制度の始まりです。 基本的に 実際のフライトマイルってどれくらい??? すこし、具体例でもらえるマイル数を見ておきましょう。 詳しく調べたい方は、を利用してみて下さい。 なかなか便利です。 なお、フライトマイルは実はANA以外の航空会社に搭乗するときにも貯まるんです。 ANAは スターアライアンスという航空会社連盟に加入しており、このスターアライアンスに所属しているシンガポール航空やタイ航空に搭乗する際にもANAマイルが貯まります。 スターアライアンスゴールド所属加盟航空会社は一覧はこちら。 ANA アドリア航空 エーゲ航空 エアカナダ 中国国際航空 エアインディア ニュージーランド航空 アシアナ航空 オーストリア航空 アビアンカ航空 アビアンカ・ブラジル航空 ブリュッセル航空 コパ航空 クロアチア航空 エジプト航空 エチオピア航空 エバー航空 LTOポーランド航空 ルフトハンザドイツ航空 スカンジナビア航空 シンセン航空 シンガポール航空 南アフリカ航空 スイスインターナショナルエアラインズ TAPポルトガル航空 タイ国際航空 ターキッシュエアラインズ ユナイテッド航空 ここにあるどの航空会社を利用したときでもANAマイルを貯めることが可能です。 ANAマイル?シンガポール航空のマイル?どっちも貯まるの? 例えば、シンガポール航空の便に搭乗する際には、• ANAマイルを貯める• シンガポール航空のクリスフライヤーマイルを貯める どちらを選ぶことも可能です。 1回のフライトで両方のマイルを貯めることは不可能で、どちらか一方を選ぶ必要があります。 基本的には、航空券を購入する際に、貯めるマイレージクラブの会員番号を入力する欄があるので、そこに入力した方のマイルが貯まります。 よくわからない場合は、チェックインの際に加算したい方のマイレージカードを提出して「こっちのマイルを貯めてくれ」と言えば通じます。 また、スターアライアンス以外の航空会社でも、直接ANAと提携を結んでいる「 提携航空会社」というものもあります。 こちらに搭乗した際もANAマイルを貯めることが可能です。 提携航空会社はマカオ航空、エティハド航空、フィリピン航空などがあります。 詳細はで。 マイルは一つの航空会社に絞って貯め始めるのが無難です。 せっかくマイルを貯め始めても、ばらばらの航空会社で貯まってしまうと、特典航空券に交換はできません。 なので、まずはANAマイルが貯まる航空会社に集中して、ANAに搭乗、スターアライアンスに搭乗、提携航空会社に搭搭乗して、 ANAマイルに集中してマイルを加算するところからスタートしましょう。 ショッピングで利用する度にポイントが付与されますよね。 実は、このポイントはマイルに交換できるケースが大半です、多くのカードがANAマイルやJALマイルに交換可能です(まれにANAマイル・JALマイルどちらにでも交換可能なクレジットカードも存在します)。 例えば• 楽天カードの楽天スーパーポイントは、ANAマイルに交換可能• Yahoo! JAPANカードのTポイントは、ANAマイルに交換可能• dカードのdポイントは、JALマイルに交換可能 というような感じです。 が、これは実はお得ではありません。 なぜかというと、交換レート50%以下のものが大半なんです。 ANAマイルの還元率でいうと、 0. 5%(200円で1マイル)というものが大半です。 交換レート50%&マイル還元率0. 5%とは? 例えば、楽天カードは100円で楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)付与されます。 ですので、楽天カードは100円で0. 5マイルが貯まるマイル還元率0. そこで、ANAマイルを貯めたい人におすすめなのが、 「ANAカード(年会費有料)」です。 この ANAカードの特徴は、ANAマイル還元率が1%以上になるんです。 年会費は有料なのですが、年会費無料の楽天カードとは比べものにならないくらいのマイルが貯まります。 マイル還元率は、ANAカードは楽天カードの 倍以上ですからね。 他にもANAカードには、カードの種類に応じてフライトボーナスマイルの加算、毎年継続ボーナスマイルの付与等のサービスもついており、非常にマイルが貯まりやすくなっています。 年会費は発生するのですが、十分に元を取ることが可能でしょう。 ただ、ANAカードは種類も多い・・・・。 年会費も異なれば、還元率も異なる。 カードブランドも異なる。 非常に複雑で。 そこで、当ブログでは 「ANAカードの全貌」を記事にしました。 まずは下記の記事をじっくり読んでください。 国内線特典航空券は大半が往復15,000マイル以下なので、毎年夫婦で国内旅行に行くことも可能です。 また3年貯めると9万マイル貯まります。 香港のビジネスクラス往復特典航空券も4万マイルです。 9万マイルあれば、夫婦での海外旅行も可能です。 毎日の生活の中で、 お金を払う際には可能な限りクレジットカードで支払う。 これがマイルを貯めるための基本中の基本です。 Tポイントや楽天ポイントもありますが、そもそもポイントサイトは活用していますよね? え???使ってないんですか??? 人気ポイントサイト「モッピー」や「ハピタス」を知らない??? 陸マイラーを知らない???? そりゃ、なかなかANAマイルも貯まりませんね・・・・。 まず下記の記事読んでください。 陸マイラーとは何なのか、 年間30万ANAマイルを貯める方法について徹底解説しています。 ちなみに、自分のマイル数はこんな感じです。 292,197ANAマイル。 多少は、フライトマイルもありますが、大半はポイントサイトをメインに貯めたものなんです。 ポイントサイトには、こんな爆発力があるんですよね。 知っていましたか?? 先ほども書きましたが、世の中の大半のポイントはマイルに交換できたりします。 楽天スーパーポイントなら500ポイント=250ANAマイル、Tポイントなら500ポイント=250ANAマイルというようになっています。 が、楽天ポイントやTポイントはなかなか貯まりません。 その上、ANAマイルに交換するときに半分になります。 そこで利用するのが ポイントサイトなんです。 みなさんインターネット経由で下記のようなショッピングやカード発行をしたことはありませんか? 楽天市場 Yahoo! ショッピング ヤフオク 楽天カード発行 イオンカード発行 セゾンカード発行 ANAカード発行 JALカード発行 アメックス発行 LOHACO ユニクロオンライン ZOZOTOWN じゃらんnet 楽天トラベル Expedia FX口座開設 銀行口座開設 アプリダウンロード• 楽天市場を楽天アプリから購入していませんか?• クレジットカードを公式サイトのページから申し込みしていませんか?• 旅行の予約の際も公式サイトを利用していませんか?• 本はAmazonで購入していませんか? 実は、こういったものすべて ポイントサイト経由で利用すると大量ポイントがもらえるんです。 そして、そのポイントはANAマイルに交換が可能です。 特に有名で陸マイラーの定番となっているポイントサイトは2つ。 「 モッピー」と「 ハピタス」です。 まず、ポイントサイト未登録者は「モッピー」に登録して、ポイントを貯めるところからスタートしましょう。 モッピーは、• 運営会社は東証一部上場のセレス• サイトが見やすく、案件もかなり多い• 貯めたポイントをANAマイルに高レートで交換する可能• 実は、JALマイルにも交換可能 というポイントサイトで、陸マイラーが最初に登録するポイントサイトと言ってもいいでしょう。 その モッピーは入会キャンペーン中にて、下記バナーより登録の方限定で入会ボーナスポイントがもらえます(詳細)! こちらのバナーを見てもわかるように、モッピーは「 陸マイラー」を名指しで指名しています笑。 陸マイラーなら登録必須のポイントサイトであることは間違いありません。 今すぐに登録して、本日から使ってみましょう!!!! それが、マイルを貯めて、無料で飛行機に乗る第一歩です。 自分は、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換して夢のANAファーストクラスに搭乗もしてきました。 最高過ぎました陸マイラー。 ANAマイルの使い方・交換方法 マイルを貯めたら、次は「マイルを使う・交換する」というステップに進めます。 ANAマイルの使い方は、非常に多岐に渡ります。 ANA国内線特典航空券 ポイント交換(Tポイントなど) ANAご利用券 ANA国際線特典航空券 ホテル予約 レストラン スターアライアンス特典航空券 レンタカー予約 マイレージモールクーポン ANAショッピング ANAカード会員限定イベント ANA SKYコイン ANAセレクション 寄付 こんな感じで色々なマイルの使い方があるわけですが、実は 重要なANAマイルの使い方は2つです。 ANA SKYコインに交換して利用する• 特典航空券に交換して利用する この2つを理解しておけばいいでしょう、というのもこれ以外のANAマイルの使い方は1マイル=0. 5~1円程度の価値しかないため、利用するメリットが極端に少ないのです。 というのも 1マイル=2~5円程度の価値はあるとマイラーの中では言われているので、やはり1円以下で利用するのは基本的にはおすすめしません(有効期限が切れそうなときや、マイルが余り過ぎている場合を除いて・・・)。 なので、1マイルが1円以上の価値になるような先ほどの2つのマイルの使い方をしっかりマスターしましょう。 1ANA SKYコイン=1円としてANAの航空券の購入や、航空券とホテルがセットになった旅作に利用できます。 なぜこの利用方法が重要かって???簡単に航空券が取れるからです。 マイルの一番得な利用方法は、特典航空券(それもファーストクラスやビジネスクラス)に利用することです。 1マイル=5円以上の価値になるケースも多々あります。 が、特典航空券に用意された座席数は非常に少ないです。 人気のホノルル路線なんかは、一般会員だとビジネスクラスは2席しか開放されません。 家族4人だと発券不可能なんです。 しかも搭乗355日前の予約開始日にはすべて売り切れ・・・・。 特典航空券は取りにくいんです。 が、マイルをANA SKYコインに交換すると、特典航空券ではなく、通常の航空券の購入と同じ扱いになるので、 空席のある限り4席でも5席でも簡単に予約できるんです。 飛行機に無料で搭乗して、家族4人でハワイに行くなんて夢のようなことが特典航空券で可能になるわけです。 特典航空券に交換するマイル数は、最低5,000マイル~です。 それくらいなら簡単に貯まります。 さて、マイルを特典航空券に利用するにしても• ANA国内線特典航空券(公式サイトは)• ANA国際線特典航空券(公式サイトは)• スターアライアンス特典航空券(公式サイトは)• 提携航空会社特典航空券(公式サイトは) により、必要マイル数、予約開始日、発券ルールが大きく異なります。 非常に細かいルールがあるうえに、ちょこちょこルールが変更になるのがややこしい点です。 ルールの一部を表にします。 詳細は。 個人的にANAマイルの一番面白い使い方は、「 スターアライアンス特典航空券」だと思っています。 ANAのホームページでは、特典航空券を探す際に自分で経由地を指定したり、便をどの航空会社にするのかかなり自由に選べます。 実は、JALマイルだと、ホームページ上では、経由地の指定が自由にできなかったり、同じアライアンスのワンワールドでもネット上では予約できない航空会社もあるし、複数の航空会社を利用するワンワールド特典航空券もホームページ上では探すことができません。 コースセンターに電話です・・・・。 しかも待ち時間長い・・・。 例えば、ANAマイルで羽田からフランクフルトに行く際には、もちろん直行便の検索も可能ですが、直行便にビジネスクラスの空席ないしな・・・・。 ついでに、どっか経由したいな・・・。 そんな時には、 こんな感じで、ソウル経由のビジネスクラスの空席を探したり、帰りにバンコクで遊んでから帰国するなんて検索も自由にできます。 ちなみに、上記で検索して経路ごとに1つずつ便を選んでいくと、 こんな特典航空券も発券できます。 ANAとアシアナ航空とタイ航空を楽しめる• ビジネスクラスとファーストクラスを楽しめる• ソウルとバンコクも楽しめる すごく楽しそうじゃないですか笑??? 個人的には、3日に1回くらいANAのホームページでスターアライアンス特典航空券の検索をしています笑。 検索するのが好きみたいでして・・・・。 マイルが足りなくても検索は自由なので、楽しんでみてください。 こちらのページより検索できます。 上記記事にANAカードの重要な情報は整理していますが、別の意味で特殊なカードを追加で紹介します。 このクレジットカードは、クレジットカード決済でマイルを貯めるということ以外にも、各種ポイントをマイルに高レートで交換するという特徴を持っています。 【重要】ソラチカカードはメトロポイントから交換レート81%でANAマイルに 陸マイラーの必須クレジットカード「ソラチカカード」ですね。 持ってますよね??? このカードがないと、ポイントサイトのポイントを高レートでANAマイルに交換することはできません。 所有していると、 ANAマイルにレート81%で交換可能ですが、所有していないとTポイント経由で交換レートが50%に落ちてしまったりします。 最重要クレジットカードの一つです。 詳細は。 追加で読みたいANAカードのおすすめ記事はこれ!!• ANAのステータス上級会員制度を徹底解説 マイルとは少し異なりますが、上級会員というANAのステータスについても整理しております。 実は、飛行機に搭乗した際には、マイル以外にプレミアムポイントと呼ばれる「 ステータスポイント」も付与されるんです。 これはマイルのように使うことができるものではなく、ANAでのステータスを決めるためだけのポイントです。 ANAには3ランクの上級会員制度があり、上から順に• ダイヤモンドメンバー• プラチナメンバー• ブロンズメンバー となっています。 特に ダイヤモンドメンバーとプラチナメンバーは、まさに上級会員です。 プラチナランク以上になると、上級会員であることを感じさせてくれるサービスが多数あります。 専用カウンターで優先チェックイン• の利用• プレミアムエコノミーへの座席変更• 優先搭乗• 手荷物受取の優先• 特典航空券の優先予約 なんかが、特典としてあります。 ANAラウンジなんかは、上級会員の花形ですね。 テレビなんかで、たまに放送されることもあります。 ラウンジを利用して食事&アルコールをソファで楽しみながら飛行機の搭乗を待つというのが、なんとも言えない贅沢な時間です。 また、もう一つのANAの超人気ステータスが「 SFCメンバー」です。 実は、ANAのプラチナメンバー以上になると、「 スーパーフライヤーズカード(SFC)」というクレジットカードに申し込みをすることが可能です。 通常のANAカードより年会費は数千円アップするのですが、これを所有していると一生ANAのプラチナメンバーとほぼ同等のサービスを受けることが可能なんです。 こんにちは!記事読みまして、お聞きしたくコメントしてしまいました。 去年急にアシアナ航空で韓国往復20回弱したので、まだやっていなかったマイルを始めようと思って色々検索している最中なのですが、ANA 国内外共に にはたいして乗る予定はなく、アシアナの往復で、ショッピングや公共料金等含めて年間200万弱のクレジット決済の場合は、どのカードが一番おすすめでしょうか? アシアナカードだとこのくらいの利用では交換マイルまで届かないのかな、と思い融通がきくANAカードにしようとしたら数が多すぎて混乱してしまい…ワイドゴールドかソラチカカードかな?と思うのですが… 特にビジネスに絶対乗りたい!とかではなく、一往復分の航空券にできたらいいなぁとかその程度の気持ちです。 不躾に申し訳ありません。 よろしくお願いします。

次の

今さら聞けないマイル・マイレージとは?はじめての貯め方・使い方!マイルを貯めてタダで旅行へ

マイル 貯め方 わからない

今回は、マイレージサービスの仕組みやマイルの貯め方など、「マイルの基本」について徹底解説。 獲得したマイルの価値をより高める、お得な使い方もあわせてご紹介します。 (本記事内の価格表記は基本的に税込みです) 1.マイルとは、航空会社のポイントプログラムで貯まるポイント マイルとは、航空会社のポイントプログラムで貯まるポイントのことを指します。 各航空会社のマイレージ会員(会費無料)になると、搭乗距離に応じてマイルが貯まっていきます。 貯めたマイルは特典航空券への交換や国際線の座席のアップグレードのほか、ツアーや航空券の購入に充当できるポイント、もしくは提携先のポイントに交換することができます。 フライト距離が長いほど多く貯まる 毎年秋にIATA(国際航空運送協会)によって定められるTPM(運賃計算に使用する区間距離)が基準となっており、世界中の航空会社でほぼ同じ。 「積算率」:普通運賃などは高く、格安ツアーなどで低く設定される傾向 積算率はチケットの種類と航空会社によってさまざま。 国際線の積算率も、チケットの種類と航空会社によって大きく異なります。 正確な積算率を知るには、予約時にアルファベット1文字(Y、Q、Sなど)で表示される「予約クラス」を確認する必要があります。 一般的に、積算率は普通運賃や正規割引航空券などの高額な航空券ほど高く、期間限定スペシャル運賃や格安パッケージツアーなどの安い航空券ほど低く設定されています。 提携航空会社や、同じ航空連合(アライアンス)を利用しても獲得できる また、提携航空会社やアライアンス加盟航空会社の利用でもマイルは貯まります。 JALは13社が加盟する「ワンワールド」、ANAは28社が加盟する世界最大級の「スターアライアンス」のメンバーです。 ただし、どういった積算率が適用されるのかは、各航空会社で異なりますので、しっかり確認しましょう。 <スターアライアンス> ANA、エアカナダ、中国国際航空、エア インディア、ニュージーランド航空、アシアナ航空、オーストリア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ ドイツ航空、スカンジナビア航空、深セン航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、タイ国際航空、ターキッシュ エアラインズ、ユナイテッド航空、アドリア航空、エーゲ航空、アビアンカ航空、アビアンカ・ブラジル航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、南アフリカ航空、TAPポルトガル航空 3.陸で貯める! マイル系クレカは必須。 日常生活で活用しよう マイルを貯める際に、必ず持っておきたいのが、JALカードやANAカードなどのマイル系クレジットカードです。 先ほど説明したように、マイレージ会員に入会するだけでも、マイルを貯めることはできます。 また、多くのクレジットカードでは、貯まったポイントを航空会社のマイルに交換できるサービスを実施しています。 しかし、JALカードやANAカードなどのマイル系クレジットカードを搭乗時に利用すれば、通常利用に比べてマイルが加算されたり、その年初めて搭乗する際にボーナスマイルが付いたりもします。 また、のちほど紹介しますが、マイル系クレジットカードを持っている人を対象に、ショッピングで付与されるマイルが2倍になるサービス(有料)を実施しているので、マイルが非常に貯まりやすくなるのです。 4.マイルを貯めやすいクレジットカード3選 【1】ANAマイラー必携の「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」 ANAマイルを貯めやすい、ANA提携のクレジットカードは多くあります。 ベーシックなのは年会費2,160円(初年度無料)の「ANA VISA 一般カード」です。 搭乗時にマイルが10%加算されるほか、毎年カードを継続したときに1,000マイルが付与されます。 ANAカードの特徴として、買い物などで使ったときに直接マイルが貯まるのではなく、カード会社のポイントが付与され、それをマイルに移行する形を採っています。 「ANA VISA 一般カード」の場合、1,000円の利用で、カード会社のポイントが1P貯まり、それを5マイルに移行することができます。 年間6,480円の手数料がかかる「10マイルコース」を選べば、1Pを10マイルに移行することができるようになります。 日常使いでANA系のカードを使うならば、別途6,480円の費用がかかっても、「10マイルコース」への加入を検討するのがよいでしょう。 数あるANAのマイル系クレジットカードの中でも、圧倒的な人気を誇るのは「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」です。 年会費は2,160円(初年度無料)。 このカードの特徴は、「ANA VISA 一般カード」のスペックに加え、以下の2種類のポイントを貯め、これらをマイルに高い還元率で交換できる点にあります。 ・Oki Dokiポイント:1,000円利用ごとに1P。 Oki Dokiポイント1Pを5マイル(「10マイルコース」に加入すれば10マイル)に移行できる ・メトロポイント:東京メトロ1回の乗車(定期利用区間は除く)で、平日5P、土休日15P獲得。 メトロポイント100Pを90マイルに移行できる 買い物などに加え、東京メトロへの乗車や定期券購入でもマイル獲得 このほか、定期券の購入にこのカードを使うと、Oki Dokiポイントが1,000円で1P、メトロポイントが1,000円で5P、PASMOへのオートチャージでも1,000円で10マイル(10マイルコースの場合)獲得することができます。 メトロポイント100Pを90マイルに移行できるのは、かなり高い還元率と言えます。 【2】JALマイラーにおすすめの「JALカード TOKYU POINT ClubQ」 カードで貯めたポイントをマイルに移行するANAカードと異なり、JALカードの特徴は、クレジット決済のたびにマイルが直接貯まっていく仕組みになります。 ベーシックなのは、年会費2,160円の「JALカード 普通カード」です。 搭乗時にマイルが10%加算されるほか、毎年初回の搭乗時に1,000マイルが付与されます。 そして、通常の買い物では200円で1マイル付与されますが、「ショッピングマイル・プレミアム」(年会費3,240円)に入れば、還元率が2倍の100円で1マイル付与になります。 JALカードにはさまざまな種類がありますが、還元率はほぼ横並びです。 おもな違いは電子マネーへの対応なので、自分が貯めている電子マネーにあわせて選ぶとよいでしょう。 「WAON」と「PASMO」への電子チャージでマイルが貯まる WAONとPASMOの2つの電子マネーで貯めたいユーザーにとって、唯一の選択肢は「JALカード TOKYU POINT ClubQ」。 電子マネー「WAON」へのオートチャージで100円=1マイル、PASMOへのオートチャージで200円=1TOKYU POINT(0. 5マイル相当)のマイルが貯まります。 「Suica」を使っているなら「JALカードSuica」を検討しよう 残念なのは、PASMOオートチャージでのマイル還元率が4分の1に下がってしまうこと。 年会費は33,480円と高額ですが、コスパは抜群です。 以下に3つのメリットをまとめました。 通常のマイル還元率1%。 一度に6万ポイント移行すれば、マイル還元率1. マイル還元率は1. 高級ホテルグループの上級会員資格が。 空室状況によっては無料で客室のアップグレードも カード入会と同時に、マリオットやリッツ・カールトン、ウエスティン、シェラトンなどを擁する世界最大級の高級ホテルグループ「マリオットボンヴォイ」の上級会員になれます。 通常、上級会員になるには最低でも年間25泊以上する必要があるので、かなりお得。 上級会員の特典として、空室状況によっては無料で客室のアップグレードができたり、チェックアウトの延長ができたりと、VIP待遇を満喫できます。 また、カードを更新するたびに、1泊1室(2名まで)の無料宿泊特典がもらえます。 対象となるのは、通常5万ポイントを使って宿泊できる「カテゴリー1〜6」のホテル。 夏休みや年末年始などのピーク時期に使うと、これだけで年会費の元は簡単に取れてしまうでしょう。 ただし、カード入会初年度はこの特典が適用されませんので、注意しましょう。 マイル還元率がアップする特約店をフル活用しよう JALマイラーは「ファミリーマート」、ANAマイラーなら「セブン-イレブン」を選ぶのが鉄則 コンビニに行く場合、JALマイラーは「ファミリーマート」、ANAマイラーなら「セブン-イレブン」を選ぶのが鉄則です。 その理由は、両者がより多くのマイルが貯まる「JALカード特約店」「ANAカードマイルプラス」にそれぞれ指定されているから。 買い物や食事、旅行の際には、以下に挙げたお店を意識して利用すると、マイルが貯まるスピードが上がります。 5〜2倍のマイルが積算される 【買い物】セブン-イレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、阪急百貨店、阪神百貨店、ヤマダ電機LABI、ラオックスなど 【飲食】スターバックス(オンライン入金)、京成友膳(成田国際空港第1ターミナル)など 【交通、宿泊】JXTGエネルギー(ENEOS、エッソ、モービル、ゼネラル)、ホテルルートイン、京急EXイン、西鉄ホテルズ、シギラリゾートなど 5.マイルのお得な使い道「ベスト3」を紹介 頑張って貯めたマイルは、賢く使いたいもの。 マイルは貯めるよりも使うほうが難しいと言われています。 そこで、お得な使い道をランキング形式でご紹介します。 【第1位】特典航空券への交換:マイルの価値を最も高める使い方 最もお得な使い道はもちろん、特典航空券に交換すること。 基本的に繁忙期はより多く、閑散期にはより少ないマイルで交換できます。 JALは期間・路線限定でJALカード会員割引(マイナス500マイル)が適用される 国内線はJALもANAも時期によって必要マイル数が変動しますが、国際線はJALのみ、予測残席に応じて必要マイル数が大きく変動する方式を採用しています。 繁忙期には、特典航空券への交換に莫大なマイルが必要となる場合も。 そのため、特典航空券よりも、第2位で紹介する「eJALポイント」や「ANAスカイコイン」に交換するほうがお得なこともあるので、しっかり比較検討しましょう。 JALの必要マイル数は予測残席に応じて変動 特典航空券に交換する際、意識したいのが1マイルあたり何円の価値になるのか、ということ。 たとえば、東京と台北往復の航空券が1. 8万円で購入できる時期に、2万マイルを使って特典航空券に交換すると、1マイル=1円を切ってしまいます。 それなら、第2位で紹介しているポイントに交換してから航空券を購入したほうがお得です。 多くのマイルが貯まっている人には、国際線ビジネスクラス特典航空券への交換がおすすめ。 たとえば、JALで東京とホノルルを往復するときには、8万マイルからビジネスクラスの特典航空券に交換できます。 同航空券は、閑散期でも20万円以上とかなり高額。 この場合、1マイルの価値は2. 5円以上となります。 【第2位】「eJALポイント」「ANA SKY コイン」への交換:繁忙期で特典航空券を取れないときは検討の価値アリ 特典航空券は繁忙期の予約が取りづらいのがデメリット。 そんなときにおすすめしたいのが、航空券やツアー購入に使えるポイントに交換する方法です。 もちろん、よりお得なのは後者なので、できるだけ1万マイル単位で交換するようにしましょう。 【第3位】電子マネーなどへ交換:マイルの有効期限が切れそうなときは使える手段 JAL、ANAマイルともに有効期限は獲得してから36か月間になります。 当分旅行する予定がない、マイルの有効期限が切れそう、という人は電子マネーやギフト券への交換がおすすめ。 年間交換上限あり 【番外編】座席のアップグレード:出張族に人気 出張族の間で人気なのが、マイルを使って国際線の座席をアップグレードすること。 エコノミークラスからプレミアムエコノミークラスやビジネスクラスへ、ビジネスクラスからファーストクラスへと、ワンランク上の座席に変更できます。 たとえばJALのシンガポール行きエコノミークラス(片道)を持っているなら、プレミアムエコノミークラスへは1万5000マイル、ビジネスクラスへは2万マイルでアップグレード可能です。 ただし、アップグレード特典の対象となる航空券は限られているので注意しましょう。 パックツアーの航空券や特典航空券に加え、JALやANAの公式サイトで購入できる正規割引航空券でも、価格が安いものは対象外となる可能性大。 また、アップグレードできる座席数には上限があり、特典航空券と同様に人気路線は予約が取りづらい状況です。 6.マイルと交換した特典航空券の意外なメリットとは? ここまでマイルのお得な貯め方、使い方をご紹介してきましたが、マイルには一般の航空券やツアーにはない隠れたメリットがあります。 メリット1:突然の旅行でもOK! JAL、ANAともに前日まで予約可能 突然予定が空いて旅行したくなった。 そんなとき、航空券を購入しようとすると、格安航空会社のLCCでもかなり高額になってしまいます。 その点マイルなら、直前予約でも必要マイル数は同じ(JALの国際線は予測残席に応じて変動)。 国内線なら、JAL、ANAともに出発前日まで公式サイトから申し込みができます(国際線はJALが出発48時間前まで、ANAは96時間前まで受け付け)。 人気路線に思わぬ空席が見つかる可能性もあるので、ギリギリまでチェックしてみては? メリット2:出発直前でも、キャンセル料はわずか約3,000円(マイル) 特典航空券のキャンセル料は、国内線・国際線ともにJALが1名・1特典につき3,100円、ANAは1名・1特典につき3,000マイル。 通常、航空券やツアーのキャンセル料金は出発が近づくほど高額になりますが、特典航空券ならいつキャンセルしても一律です。 また、国内線は無料で日時の変更ができるのもうれしいポイント(JALは国際線のみ変更不可)。 JAL、ANAともに国内線は変更希望便出発日の前日まで、かつ元の予約便の出発時間前まで受け付けています。 ANAの国際線は、予約便の出発前、搭乗希望便出発の24時間前まで変更を受け付けています。 マイルを効率よく貯めて、お得に使う。 本記事は情報の提供を目的としています。 本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。 本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格. kakaku. html)にご同意いただいたものとします。

次の