ネ へん の 漢字。 「禮」の字ですが 「ネ」辺に「豊」を書いた「れい」をPCで出したいのです...

部首名一覧(読み方から検索)

ネ へん の 漢字

2013年の7月に出た疑問。 当時の番号は「平成ことば事情5170」でした。 書きかけて止まっていましたが、また今年も7月が巡って来ました。 「ぎおん祭」の季節です。 その「ぎおん」の「ぎ」の字、漢字で書くと、 「祇」 なのか、はたまた、 「衹」 なのか?つまり 「へん」が、「示」なのか「ネ」なのか? という問題です。 京阪電車の駅で、 「衹園四条駅」 の 「衹」 は、「示」ではなく「ネ」でした。 これは「2013年」に調べたところね。 その後、いろいろ見ているんですが、今年「2015年」、京阪電車の中のポスターでは、 「衹園祭」 と「ネ」でした。 新聞では、2015年6月25日の朝刊各紙に、「祇園祭ドローン禁止」という記事が出ましたが、その際の字体は、 (読売新聞)衹園(ネ) (朝日新聞)祇園(示) (産経新聞)祇園(示) と分かれました。 ことし、読売テレビの報道デスクからも、字体について質問を受けたのですが、 「両方あるけど、やはり伝統のあるお祭りだから旧字体の『示へん』の『祇』のほうがいいんじゃない?」 と答え、そのようになりました。 しかし、実は去年、もっとややこしい問題が出ました。 「示へん」の「祇園」と書いた(打った)つもりが、 「漢字が違った」 のです。 つまり、 祇園 と書いたつもりが、 祗園 となっていたのです。 なぜ「ぎおん」で変換して、そんな字が出るのか?そもそも、そんな漢字があるのか?あるとすれば何と読むのか? 調べたところ、あるんですね、別の字が。 『漢字源』を引くと、下に横棒が引かれた漢字は、「音読み」で、 「シ」 意味(訓読み)は、 「つつしむ」「うやまう」「ただ」 だそうです。 「示へん」は「神に仕える」という意味で、「つくり」は「テイ」という音を表しているそうです。 注釈には、 「祇(ギ)=(地の神)とは別字」 とあるので、やはりよく間違われるのでしょう。 「祇園」の「祇」の字 で思い出しました。 しかし、彼はこう答えました。 「ええやんか、1本ぐらい!まけといてや!」 もちろん、先生はまけてくれませんでしたが、彼はその回答に納得できず、授業の途中だというのに、 「窓から飛び出してエスケープ」 してしまいました・・・、1階だから、よかったようなものの・・・。 今、もし私が国語の先生なら、 「別の漢字なんだよ」 と教えてあげたのになあ。 (追記) 今、これをプリントアウトしたところ、「明朝体」で書かれた「ぎおん」の「ぎ」は、どちらの字体も「ネ」で出ているではありませんか!真ん中あたりの「ゴチック体」のものは「ネ」と「示」に分かれています。 「書体」によって、印刷する際に「書体が違う」のですね!面倒な話だなあ・・・。 (2015、7、9) (追記2) 「スギヤマ ケイイチさん」という読者の方から連絡を頂きました。 ありがとうございます。 『2013年の7月に出た疑問。 当時の番号は「平成ことば事情5170」でした。 書きかけて止まっていました』 と書いてある部分、「5170」は「なぜ『サケ』は濁るのに『サンマ』は濁らないのか?」なので、間違っているのではないか?というご指摘です。 ややこしいことを書いてしまいました。 すみません。 実は、ブログにアップするまでに「タイトルだけ書きかけて置いてあるコラム」がたくさんありまして、この間、整理したら「(仮)の通し番号」はすでに「6054」まで行っています。 その中で、気が向いたものを書いていくので、「(仮)の通し番号」と、「実際にアップされる時の番号」が異なるのです。 実際にアップする際には、「(仮)の通し番号」は消してしまいますが、 『その「(仮)の通し番号」が「5170」であった』 という意味だったんです。 これは分かりにくいですよね。 今後、この番号のことを書くのは、やめます。 いつ頃書きかけたかだけを記します。 ご指摘ありがとうございました。 (2015、7、14) (追記2) 大変久しぶりに、川崎市の西尾さんからメールを頂きました。 『川崎の西尾です。 5810「祇園か?衹園か?」を拝読して気づいたことをご報告します。 この「衹」は、示へんの「ネ」ではなく、衣へんになっています。 つまり、「祇」とは別字と思われます。 』 え!そうなの?と確認した所、文字を拡大してみたら、あ!確かに!「ネ」の「へん」で出したつもりが「衣へん」になってる! 『示へんの「祇」は、音読:キ・ギ・シ・ジ、訓読: 衣へんの「衹」は、音読:キ・ギ・シ・テイ・タイ、訓読: 従来の JIS 漢字コード規格は、示へんは「ネ」になっていましたが、 2004 年の改定で常用漢字は「ネ」のまま、表外字は「示」に統一(本来の字形に変更)されました。 これは御承知かと思いますが 2000 年の国語審議会答申「表外漢字字体表」を反映したものです。 第 22 期国語審議会答申「表外漢字字体表」(平成 12 年 12 月 8 日) 経済産業省「 JIS 漢字コード表の改正について」(平成 16 年 2 月 20 日) Windows パソコンでは、 Windows XP までは旧漢字コード規格でしたが、 Windows Vista 以降は 2004 年版の漢字コード(俗に「 JIS2004 」と呼ぶ)を採用していますので、表外字は基本的に「表外漢字字体表」の字形で表示されます。 文字コードは変更されていないので、同じ文書でも、旧規格のフォントを内蔵したパソコンでは「ネ」へんの「ネ氏」で、新規格のフォントを内蔵したパソコンでは「示へん」の「示氏」で表示されます。 また、昔のパソコンで「ネ氏」で書いたはずの古い文書を、新しいパソコンで開いてみると、勝手に「示氏」で表示されます。 表外字の「辻」などの「一点しんにょう」が「二点しんにょう」に変わったり、「葛」の字形が変わったのも、同様に「 JIS2004 」のせいです。 』 うーんややこしい、難しいけど、途中で規格の変更などもあったことが原因のようですね。 そして、結論としては、 『いずれにしても、同一文書内で同一フォントを使って「ネ氏」と「示氏」を書き分けることはできません。 』 そうなのか!困ったな。 『5810「祇園か? ~」の記事は、 Wondows8 パソコンでは( MS 明朝でも MS ゴシックでも)「示氏」で表示されます。 スマートホンの 2 種類のフォント「 Droid Sans (サンセリフ)」「 UD 新丸ゴ」では「ネ氏」で表示されます。 「衣へん」の「衹」のほうは、 JIS 漢字コードに存在せず、 unicode に存在する漢字ですが、パソコンでもスマートホンでも「衣へん」で表示されます。 俗にいう「環境依存文字」なので、機器によっては表示できません。 』 こうなったら、もう、 「どちらでも同じ字なので、許してね」 としか言えないですねえ・・・。 きょう・16日は「宵山」ですが、「台風11号」のほうも気になりますけど、「字体」も気になる「事態」で・・・。 (2015、7、16) (2015、7、9) 2015年7月12日 18:54.

次の

偏(へん)の部首一覧

ネ へん の 漢字

2013年の7月に出た疑問。 当時の番号は「平成ことば事情5170」でした。 書きかけて止まっていましたが、また今年も7月が巡って来ました。 「ぎおん祭」の季節です。 その「ぎおん」の「ぎ」の字、漢字で書くと、 「祇」 なのか、はたまた、 「衹」 なのか?つまり 「へん」が、「示」なのか「ネ」なのか? という問題です。 京阪電車の駅で、 「衹園四条駅」 の 「衹」 は、「示」ではなく「ネ」でした。 これは「2013年」に調べたところね。 その後、いろいろ見ているんですが、今年「2015年」、京阪電車の中のポスターでは、 「衹園祭」 と「ネ」でした。 新聞では、2015年6月25日の朝刊各紙に、「祇園祭ドローン禁止」という記事が出ましたが、その際の字体は、 (読売新聞)衹園(ネ) (朝日新聞)祇園(示) (産経新聞)祇園(示) と分かれました。 ことし、読売テレビの報道デスクからも、字体について質問を受けたのですが、 「両方あるけど、やはり伝統のあるお祭りだから旧字体の『示へん』の『祇』のほうがいいんじゃない?」 と答え、そのようになりました。 しかし、実は去年、もっとややこしい問題が出ました。 「示へん」の「祇園」と書いた(打った)つもりが、 「漢字が違った」 のです。 つまり、 祇園 と書いたつもりが、 祗園 となっていたのです。 なぜ「ぎおん」で変換して、そんな字が出るのか?そもそも、そんな漢字があるのか?あるとすれば何と読むのか? 調べたところ、あるんですね、別の字が。 『漢字源』を引くと、下に横棒が引かれた漢字は、「音読み」で、 「シ」 意味(訓読み)は、 「つつしむ」「うやまう」「ただ」 だそうです。 「示へん」は「神に仕える」という意味で、「つくり」は「テイ」という音を表しているそうです。 注釈には、 「祇(ギ)=(地の神)とは別字」 とあるので、やはりよく間違われるのでしょう。 「祇園」の「祇」の字 で思い出しました。 しかし、彼はこう答えました。 「ええやんか、1本ぐらい!まけといてや!」 もちろん、先生はまけてくれませんでしたが、彼はその回答に納得できず、授業の途中だというのに、 「窓から飛び出してエスケープ」 してしまいました・・・、1階だから、よかったようなものの・・・。 今、もし私が国語の先生なら、 「別の漢字なんだよ」 と教えてあげたのになあ。 (追記) 今、これをプリントアウトしたところ、「明朝体」で書かれた「ぎおん」の「ぎ」は、どちらの字体も「ネ」で出ているではありませんか!真ん中あたりの「ゴチック体」のものは「ネ」と「示」に分かれています。 「書体」によって、印刷する際に「書体が違う」のですね!面倒な話だなあ・・・。 (2015、7、9) (追記2) 「スギヤマ ケイイチさん」という読者の方から連絡を頂きました。 ありがとうございます。 『2013年の7月に出た疑問。 当時の番号は「平成ことば事情5170」でした。 書きかけて止まっていました』 と書いてある部分、「5170」は「なぜ『サケ』は濁るのに『サンマ』は濁らないのか?」なので、間違っているのではないか?というご指摘です。 ややこしいことを書いてしまいました。 すみません。 実は、ブログにアップするまでに「タイトルだけ書きかけて置いてあるコラム」がたくさんありまして、この間、整理したら「(仮)の通し番号」はすでに「6054」まで行っています。 その中で、気が向いたものを書いていくので、「(仮)の通し番号」と、「実際にアップされる時の番号」が異なるのです。 実際にアップする際には、「(仮)の通し番号」は消してしまいますが、 『その「(仮)の通し番号」が「5170」であった』 という意味だったんです。 これは分かりにくいですよね。 今後、この番号のことを書くのは、やめます。 いつ頃書きかけたかだけを記します。 ご指摘ありがとうございました。 (2015、7、14) (追記2) 大変久しぶりに、川崎市の西尾さんからメールを頂きました。 『川崎の西尾です。 5810「祇園か?衹園か?」を拝読して気づいたことをご報告します。 この「衹」は、示へんの「ネ」ではなく、衣へんになっています。 つまり、「祇」とは別字と思われます。 』 え!そうなの?と確認した所、文字を拡大してみたら、あ!確かに!「ネ」の「へん」で出したつもりが「衣へん」になってる! 『示へんの「祇」は、音読:キ・ギ・シ・ジ、訓読: 衣へんの「衹」は、音読:キ・ギ・シ・テイ・タイ、訓読: 従来の JIS 漢字コード規格は、示へんは「ネ」になっていましたが、 2004 年の改定で常用漢字は「ネ」のまま、表外字は「示」に統一(本来の字形に変更)されました。 これは御承知かと思いますが 2000 年の国語審議会答申「表外漢字字体表」を反映したものです。 第 22 期国語審議会答申「表外漢字字体表」(平成 12 年 12 月 8 日) 経済産業省「 JIS 漢字コード表の改正について」(平成 16 年 2 月 20 日) Windows パソコンでは、 Windows XP までは旧漢字コード規格でしたが、 Windows Vista 以降は 2004 年版の漢字コード(俗に「 JIS2004 」と呼ぶ)を採用していますので、表外字は基本的に「表外漢字字体表」の字形で表示されます。 文字コードは変更されていないので、同じ文書でも、旧規格のフォントを内蔵したパソコンでは「ネ」へんの「ネ氏」で、新規格のフォントを内蔵したパソコンでは「示へん」の「示氏」で表示されます。 また、昔のパソコンで「ネ氏」で書いたはずの古い文書を、新しいパソコンで開いてみると、勝手に「示氏」で表示されます。 表外字の「辻」などの「一点しんにょう」が「二点しんにょう」に変わったり、「葛」の字形が変わったのも、同様に「 JIS2004 」のせいです。 』 うーんややこしい、難しいけど、途中で規格の変更などもあったことが原因のようですね。 そして、結論としては、 『いずれにしても、同一文書内で同一フォントを使って「ネ氏」と「示氏」を書き分けることはできません。 』 そうなのか!困ったな。 『5810「祇園か? ~」の記事は、 Wondows8 パソコンでは( MS 明朝でも MS ゴシックでも)「示氏」で表示されます。 スマートホンの 2 種類のフォント「 Droid Sans (サンセリフ)」「 UD 新丸ゴ」では「ネ氏」で表示されます。 「衣へん」の「衹」のほうは、 JIS 漢字コードに存在せず、 unicode に存在する漢字ですが、パソコンでもスマートホンでも「衣へん」で表示されます。 俗にいう「環境依存文字」なので、機器によっては表示できません。 』 こうなったら、もう、 「どちらでも同じ字なので、許してね」 としか言えないですねえ・・・。 きょう・16日は「宵山」ですが、「台風11号」のほうも気になりますけど、「字体」も気になる「事態」で・・・。 (2015、7、16) (2015、7、9) 2015年7月12日 18:54.

次の

教えてください。漢字ですが、左がしめすへん(ネ)でその右側に豊の漢字を探...

ネ へん の 漢字

釒(かねへん) スポンサードリンク 部首が 「かねへん」の漢字一覧です。 金部に属する部首で左側に位置するとき「かねへん」と呼びます。 金属に関する漢字、「かねへん」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +2画• +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• +16画• +17画• +18画• +19画• +20画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の