あじさい 挿し木 方法。 紫陽花の挿し木に最適な時期はいつ?失敗しないための注意点

あじさいの切り花で挿し木する方法と成功ポイントや時期

あじさい 挿し木 方法

花が終わった山アジサイの剪定方法 山アジサイの鉢植えの開花株は、5月のゴールデンウィーク明け、母の日近くから園芸店で販売されるようになります。 アジサイ類の特徴として、花が終わり退色しても茎から花が散ることは無くそのまま残っています。 花の色が褪せて中心の両性花が散った頃に花が咲いていた軸を切り取り、それと同時に植え替えをしませんと枯れてしまうことがあります。 庭植えされた山アジサイの剪定 十分な日光を浴び紅色に染まった山アジサイの紅の花です。 時期は5月下旬、それから数週間した6月半ば、赤く染まった装飾花は下向きになり弁が反り返って花の終わりを知らせます。 装飾花も少しずつ色が褪せてきますので来年の花に向けて枝の剪定作業に入ります。 枝の剪定をする場合、幾つか注意しなければならないことがあります。 それは枝剪定の時期と位置。 山アジサイ海峡の両性花が本来の色を失い装飾花が下を向き反り返ったところです。 花弁が反り返った状態は花の観賞期間が終わったことを知らせています。 花が終わったことを確認し来年の花芽を作り株の姿を整えるための枝の剪定作業に入ります。 山アジサイは花の真下の二つの葉基には芽が作られません。 枝剪定の基本は上から二番目の芽の上「ハサミを入れる部分」か、株下部分の芽を確認して、その芽の上で切り取ります。 株が大きく育って、背丈や株幅を小さくするときには、芽当たりを確認して下の芽の上で切り取る。 終わった花と不必要な葉を切り取ったところ。 矢印は夏にかけて伸びてくる芽。 庭植えの山アジサイ紅、枝の剪定作業が終わりました。 枝剪定前の状態 枝剪定後の状態 株の幅は6割程度に切り詰められました。 山アジサイ 鉢植え株の剪定作業 庭植えでも鉢植えでも、山アジサイの花後に控えている枝の剪定作業方法は基本的に同じです。 一番大切なのは茎に着いている葉、葉の基に芽があるのを確認して、その上部にハサミを入れることです。 葉の無い部分に隠れ芽が見られないときには、その上部に必ず芽当たりを確認して作業してください。 剪定作業後 芽当たりのある部分をのこして不要な枝を切り取ると株の背丈は半分程度になり残した枝葉の付け根にある芽が生長して、秋10月頃になると翌年の花を咲かせる花芽を作ります。 鉢植えの剪定作業が終わりましたら植え替えをします。 現在の鉢が4〜5号サイズとしたら6号サイズの鉢に植え替えます。 株を鉢から抜き出し根鉢の周囲に回った根を剥がすようにして新しい鉢に植え込みます。 増やし方 山アジサイの挿し木 花が終わったらお気に入りの山アジサイを増やすことにチャレンジしてみましょう。 誰にでもできる難しくない方法ですのでぜひ挿し木をして増やし友達にプレゼントし花友達を増やしてください。 挿し木を行う時期は関東地方を基準として、6月の末から7月の梅雨の季節が空気中の湿度もあり山アジサイの発根に最も良い季節です。 花が終わった枝の芽当たりを確認のうえ二節残して切り取ります。 切り取った先端の部分を鋭利な刃物で斜めに切り、活力剤のメネデール100倍液に4〜5時間浸けて挿し穂に水を吸わせます。 その際に挿し枝に残っている葉は半分程度に切り取ります。 (下の画像参照) 5〜6号の鉢に小粒の鹿沼土を深さ10センチほど入れ水を吸わせておきます。 水を吸わせた挿し穂の発根する部分に発根促進剤(商品名 ルートン)を付けて挿し床に斜めに挿します。 枝に着いている葉は挿し木後の水分蒸散をできる限り少なくするため葉面積の半分程度を切り取ります。 挿し木が終わったら灌水し風通しの良い半日陰の場所で管理し朝夕二度の灌水を行い鹿沼土が乾燥しないよう注意します。 山アジサイは約2〜3週間ほどで茎の先端あたりから発根を開始しますので用土を乾燥させないようにし週に1回程度メネデール100倍液を与えます。 秋雨前線が日本列島に張り付き湿度の高い頃、8月末頃から3号(直径9センチ)のビニールポットに赤玉土と鹿沼土の小粒を等分の配合で作り植え替えします。 植え替え後10日位すると新しく新根と新芽が伸び出して来た頃に油かすを少量与えるようにします。 挿し穂を直接、ビニールポットに挿す方法もあります。 鹿沼土と赤玉土の小粒を等量、混合して挿し床にします。 翌年の春にビニールポットから抜き出して一回り大きな鉢に植え替えします。

次の

アナベル(アジサイ)の挿し木の方法と時期について詳しく解説

あじさい 挿し木 方法

Sponsored Links あじさいの育て方地植えするには? あじさいってどうやって育てたらいいのか? 全く知識がない人にとってみると、なかなか難しそうに感じてしまいますよね。 ですが、心配はいりません。 簡単です。 正直なところ地植えなら誰でも、花を咲かせる事ができますよ。 それでは、まず地植えする場所はどんなところがいいかを簡単に説明します。 あじさいは梅雨時期に花を咲かせますので、乾燥を嫌います。 ですから、西日に当たりすぎてしまうと葉っぱ自体や土が乾燥してしまうので、水分不足になります。 でも、光合成は必要ですので日中の日差しはしっかりと当たるところがいいです。 できることなら、西日からは影になって、日中はしっかり日差しを浴びることのできる家の東側を選びたいですね。 とは言っても、それも難しいようであれば植える場所自体はあまり気にする必要はありません。 場所が決まったら土づくりを始めます。 あじさいの場合は土壌が酸性だと青、アルカリ性だとピンク色の花が咲きます。 青色の花を咲かせたい場合には、庭土:腐葉土:ピートモス=5:3:2の割合で耕して土づくりをします。 基本的には酸性雨と言われているくらいですから、土も酸性になりやすいです。 放っておくと青の花が咲く可能性が高くなります。 ピンク色を咲かせたい場合は、土をアルカリ性にしないといけませんね。 この苦土石灰がアルカリ性なので、雨の季節が始まる前(春先)にもう一度混ぜておきましょう。 ただ、どうしても雨が降ってしまうと酸性に傾いていきますので、アルカリ性を維持していくには、それなりのケアが必要になってきます。 こうして、できた土にあじさいを植えていきます。 あじさいの地植えする時期はいつ頃がいい? あじさいの苗を地植えする時期は、3~4月と9月が最適です。 上で述べました土作りは1か月前に行っておくといいです。 当然ながら苗よりも一回り大きな穴を掘って、苗を植えます。 言ってみれば、これだけでとても簡単な作業ですね。 その気になればすぐにでもできそうですね。 挿し木は6月~7月に枝の切り口を斜めに整えて、水に浸します。 その後、庭に植えます。 根がしっかり生えるまで水やりを欠かさず行います。 (土が乾かない程度) Sponsored Links 地植えのあじさいを植え替えるには? あじさいは、放っておくとすごく株が大きくなります。 それを上のような挿し木や株分けによって、増やしていきます。 大きくなりすぎた株は、株分けをして増やす方がコンパクトでいいですよ。 全ての花が咲き終わった後に、株を掘り出します。 このとき根に傷がつかないように注意しましょう。 なるべくなら手で土を払い落とし、株分けをします。 硬い時は、マイナスドライバーやナイフを使います。 株分けができたら、同じ土に分けて植えましょう。 どんどん大きくなっていきますので、邪魔にならなければ問題ありませんが、邪魔になるようであれば剪定します。 来年も花を咲かせるためには、花の時期が終わったらその咲いていた枝を花から二節下の脇芽が出ている部分からカットします。 7月半ばまでに行った方がいいでしょう。 例え、花が咲いている状態でもこの時期までに剪定しておくようにします。 花の咲かなかった枝は、切らずに残します。 ただ、どうしても大きくなりすぎてしまって邪魔に感じてしまう場合には、取りあえず来年の花は諦めて、花の咲かなかった枝もカットする方法もあります。 それでも、意外と咲いたりしますけどね。 まとめ あじさいって土の管理で色が変わるのが面白いですよね。 鉢植えもいいですが、場所があれば庭に植えて毎年咲くのを待つっていうのも楽しいですよ。 きれいなあじさいが咲くと、雨の時期も本当に嬉しくなってきます。 自分の育てたあじさいが今年も花を咲かせている! うれしいですよね。 しかも、鬱陶しいはずの雨によく映えるっていうのがもっといいんです。 あなたも、一緒に楽しみましょうよ!.

次の

あじさいの切り花で挿し木する方法と成功ポイントや時期

あじさい 挿し木 方法

Sponsored Links あじさいの育て方地植えするには? あじさいってどうやって育てたらいいのか? 全く知識がない人にとってみると、なかなか難しそうに感じてしまいますよね。 ですが、心配はいりません。 簡単です。 正直なところ地植えなら誰でも、花を咲かせる事ができますよ。 それでは、まず地植えする場所はどんなところがいいかを簡単に説明します。 あじさいは梅雨時期に花を咲かせますので、乾燥を嫌います。 ですから、西日に当たりすぎてしまうと葉っぱ自体や土が乾燥してしまうので、水分不足になります。 でも、光合成は必要ですので日中の日差しはしっかりと当たるところがいいです。 できることなら、西日からは影になって、日中はしっかり日差しを浴びることのできる家の東側を選びたいですね。 とは言っても、それも難しいようであれば植える場所自体はあまり気にする必要はありません。 場所が決まったら土づくりを始めます。 あじさいの場合は土壌が酸性だと青、アルカリ性だとピンク色の花が咲きます。 青色の花を咲かせたい場合には、庭土:腐葉土:ピートモス=5:3:2の割合で耕して土づくりをします。 基本的には酸性雨と言われているくらいですから、土も酸性になりやすいです。 放っておくと青の花が咲く可能性が高くなります。 ピンク色を咲かせたい場合は、土をアルカリ性にしないといけませんね。 この苦土石灰がアルカリ性なので、雨の季節が始まる前(春先)にもう一度混ぜておきましょう。 ただ、どうしても雨が降ってしまうと酸性に傾いていきますので、アルカリ性を維持していくには、それなりのケアが必要になってきます。 こうして、できた土にあじさいを植えていきます。 あじさいの地植えする時期はいつ頃がいい? あじさいの苗を地植えする時期は、3~4月と9月が最適です。 上で述べました土作りは1か月前に行っておくといいです。 当然ながら苗よりも一回り大きな穴を掘って、苗を植えます。 言ってみれば、これだけでとても簡単な作業ですね。 その気になればすぐにでもできそうですね。 挿し木は6月~7月に枝の切り口を斜めに整えて、水に浸します。 その後、庭に植えます。 根がしっかり生えるまで水やりを欠かさず行います。 (土が乾かない程度) Sponsored Links 地植えのあじさいを植え替えるには? あじさいは、放っておくとすごく株が大きくなります。 それを上のような挿し木や株分けによって、増やしていきます。 大きくなりすぎた株は、株分けをして増やす方がコンパクトでいいですよ。 全ての花が咲き終わった後に、株を掘り出します。 このとき根に傷がつかないように注意しましょう。 なるべくなら手で土を払い落とし、株分けをします。 硬い時は、マイナスドライバーやナイフを使います。 株分けができたら、同じ土に分けて植えましょう。 どんどん大きくなっていきますので、邪魔にならなければ問題ありませんが、邪魔になるようであれば剪定します。 来年も花を咲かせるためには、花の時期が終わったらその咲いていた枝を花から二節下の脇芽が出ている部分からカットします。 7月半ばまでに行った方がいいでしょう。 例え、花が咲いている状態でもこの時期までに剪定しておくようにします。 花の咲かなかった枝は、切らずに残します。 ただ、どうしても大きくなりすぎてしまって邪魔に感じてしまう場合には、取りあえず来年の花は諦めて、花の咲かなかった枝もカットする方法もあります。 それでも、意外と咲いたりしますけどね。 まとめ あじさいって土の管理で色が変わるのが面白いですよね。 鉢植えもいいですが、場所があれば庭に植えて毎年咲くのを待つっていうのも楽しいですよ。 きれいなあじさいが咲くと、雨の時期も本当に嬉しくなってきます。 自分の育てたあじさいが今年も花を咲かせている! うれしいですよね。 しかも、鬱陶しいはずの雨によく映えるっていうのがもっといいんです。 あなたも、一緒に楽しみましょうよ!.

次の