画面 スクショ パソコン。 【今さら聞けない】パソコン画面をスクショする対処法!

知ってて良かった!PC画面をスクショするいろんな方法【Windows向け】

画面 スクショ パソコン

「通販サイトの気になる商品画像を保存したい」「PCゲームなどでめったに見られない瞬間の画像をすぐに保存したい」PCを使用しているとPC画面のスクリーンショット(以下、スクショ)をしたいと思う機会が意外と多くありませんか? PCでのスクショは、スマホのスクショとは異なりいろいろな方法があります。 ワンボタンでPC画面をすべてスクショする方法、範囲を指定してスクショする方法など、ユーザーによって使い分けることも可能です。 今回はWindowsPCでおこなえるいろいろなスクショの方法や、Windows10に搭載してるスクショツールを紹介していきます。 紹介する際に使用するOSはWindows10で、2017年春に配信されたCreators updateを適用しています。 キーボードの「Windowsキー」+「prt scキー」 キーボード左下の「Windowsキー」と「prt sc」を同時に押すとPC画面全体をスクショすることが可能です。 瞬時にスクショが可能な便利な操作ですが、デスクトップ全体をスクショしてしまう為、デュアルモニターだと横長の画像として保存されてしまう点がデメリットです。 内部的にコピーされるだけなので「prt scキー」を押しただけではスクショの保存はされていません。 保存するには「prt scキー」を押した後、Windowsに標準インストールされている「ペイント」を立ち上げ、「ctrlキー」+「Vキー」を押して貼りつけてから保存します。 Creators updateでインストールされた「ペイント3D」でも同様の操作が可能です。 「prt scキー」がなくてもOK!「Windowsキー」+「Shiftキー」+「Sキー」 ノートPCの機種によって「prt scキー」がないキーボードの場合でも使用することができるスクショの方法です。 「Windowsキー」+「Shiftキー」+「Sキー」を押すと画面がうっすら白くなり「+」が表示され、指定した範囲をクリップボードにコピーすることができます。 コピーした画像は「ペイント」を立ち上げ「ctrlキー」+「Vキー」で貼りつけることができます。 キーを3つ同時押ししないといけませんが、必要な部分だけをスクショすることが可能なので、慣れると非常に便利なショートカットキーです。 「prt scキー」を押した時と同様に「ペイント」などの画像編集ソフトを立ち上げる必要があり、瞬時に保存することができないという点がデメリットです。 Windowsに標準搭載されている『Snipping Tool』を使用 Windows7以降のOSには、『Snipping Tool』という直感的に使用することができるスタンダードなスクショツールがインストールされています。 四角で切り取ることはもちろん、マウス操作で自由形式に切り取ってスクショすることも可能です。 ペンやマーカーなどを使用して簡単な画像編集、電子メールでサッとスクショした画像を送信することもできます。 「遅延」をクリックすると「待ち時間なし」から5秒までセルフタイマーのような設定をすることも可能です。

次の

パソコンの画面をスクリーンショットし、トリミングする方法【画像で解説】

画面 スクショ パソコン

2018-12-15 19:26 また、その他のスクショ方法として、Windows10のパソコンには標準で「 Snipping Tool」というスクショ用アプリがインストールされていますが、あまり使い勝手が良いものではありません。 ということで、パソコン画面のスクショができないという場合は、だれでも簡単にスクショができるように作られた 「Rapture」や「Screenpresso」などの専用アプリを使うべきです。 単純にパソコン画面を切り取りたいだけの場合は「Rapture」、切り取った画像を編集したい場合は「Screenpresso」がおすすめです。 スクショだけなら「Rapture」の方がはるかに簡単ですので、本記事ではこのアプリを中心にスクショ方法を紹介していきます。 Windows10パソコンでスクショの仕方・やり方 前項で紹介したスクショ専用アプリを使います。 今回はパソコン画面の好きな部分を切り取ることに特化した「Rapture」アプリを紹介します。 ちなみに筆者はプライベートでもビジネスでもこのスクショアプリを使いまくりです。 それくらい便利ですね。 それでは、「Rapture」を使ったパソコン画面のスクショの仕方・やり方の概要を説明します。 例えば、パソコン画面から下図の赤枠部分だけを切り取りたいとします。 「Rapture」アプリを起動した状態で、赤枠の左上をマウスでつかみ、右下までひっぱると下図のようになります。 この状態で Ctrl+ Cを押下します。 Wordなどを立ち上げて、 Ctrl+ Vを押すと下図のように先ほど切り取ったパソコン画面のスクショ画像が張り付きます。 とても簡単にパソコン画面の一部をスクショ(スクリーンショット)することができました。 さらに、この切り取った画面イメージは、指定フォルダ内に画像ファイルとして保存することができます。 フォルダの設定さえしておけば、「Rapture」で画面をスクショしたタイミングで自動保存も可能です。 これだけの操作で印刷画面が立ち上がりますので、印刷するプリンタ等を選択して印刷を実行してください。 Windows10パソコンでスクショを保存する方法 「Rapture」でスクショしたパソコン画面を画像ファイルとして保存する方法です。 2018-03-15 23:05 Windows10パソコンのスクショまとめ 今回は、とても簡単な操作で、Windows10搭載パソコンでスクショ(スクリーンショット)する方法・やり方を紹介しました! 簡単にまとめると、スクショ専用のアプリを使ってスクショすればとても簡単で便利、単純にパソコン画面を切り取りたいだけの場合は「Rapture」、切り取った画像を編集したい場合は「Screenpresso」を使いましょう。 この記事が、パソコン画面のスクショの仕方がわからない、スクショできないという方々の参考になれば幸いです。 Windows10でこれだけは知っておきたい便利情報.

次の

知ってて良かった!PC画面をスクショするいろんな方法【Windows向け】

画面 スクショ パソコン

2018-12-15 19:26 また、その他のスクショ方法として、Windows10のパソコンには標準で「 Snipping Tool」というスクショ用アプリがインストールされていますが、あまり使い勝手が良いものではありません。 ということで、パソコン画面のスクショができないという場合は、だれでも簡単にスクショができるように作られた 「Rapture」や「Screenpresso」などの専用アプリを使うべきです。 単純にパソコン画面を切り取りたいだけの場合は「Rapture」、切り取った画像を編集したい場合は「Screenpresso」がおすすめです。 スクショだけなら「Rapture」の方がはるかに簡単ですので、本記事ではこのアプリを中心にスクショ方法を紹介していきます。 Windows10パソコンでスクショの仕方・やり方 前項で紹介したスクショ専用アプリを使います。 今回はパソコン画面の好きな部分を切り取ることに特化した「Rapture」アプリを紹介します。 ちなみに筆者はプライベートでもビジネスでもこのスクショアプリを使いまくりです。 それくらい便利ですね。 それでは、「Rapture」を使ったパソコン画面のスクショの仕方・やり方の概要を説明します。 例えば、パソコン画面から下図の赤枠部分だけを切り取りたいとします。 「Rapture」アプリを起動した状態で、赤枠の左上をマウスでつかみ、右下までひっぱると下図のようになります。 この状態で Ctrl+ Cを押下します。 Wordなどを立ち上げて、 Ctrl+ Vを押すと下図のように先ほど切り取ったパソコン画面のスクショ画像が張り付きます。 とても簡単にパソコン画面の一部をスクショ(スクリーンショット)することができました。 さらに、この切り取った画面イメージは、指定フォルダ内に画像ファイルとして保存することができます。 フォルダの設定さえしておけば、「Rapture」で画面をスクショしたタイミングで自動保存も可能です。 これだけの操作で印刷画面が立ち上がりますので、印刷するプリンタ等を選択して印刷を実行してください。 Windows10パソコンでスクショを保存する方法 「Rapture」でスクショしたパソコン画面を画像ファイルとして保存する方法です。 2018-03-15 23:05 Windows10パソコンのスクショまとめ 今回は、とても簡単な操作で、Windows10搭載パソコンでスクショ(スクリーンショット)する方法・やり方を紹介しました! 簡単にまとめると、スクショ専用のアプリを使ってスクショすればとても簡単で便利、単純にパソコン画面を切り取りたいだけの場合は「Rapture」、切り取った画像を編集したい場合は「Screenpresso」を使いましょう。 この記事が、パソコン画面のスクショの仕方がわからない、スクショできないという方々の参考になれば幸いです。 Windows10でこれだけは知っておきたい便利情報.

次の