オリンピック マーチ 作曲 者。 吹奏楽関係者が考えた!オリンピックの定番曲

大田区ホームページ:おおた オリンピック・パラリンピックメモリー 第4号(オリンピック・マーチ)

オリンピック マーチ 作曲 者

古関裕而によって蘇ったオリンピック讃歌 現在オリンピックの開会式や閉会式で使用される曲「オリンピック讃歌」は1896年に開催された第一回アテネオリンピックの時に作られ、開会式で披露されました。 しかし、その後に楽譜が行方不明となり、長年忘れられた曲だったんですね。 1958年、アジアで初めての開催となる国際オリンピック委員会総会が東京で開かれるのを前に、楽譜がギリシャで見つかり、これを約60年ぶりに再現させようとする動きになったわけです。 この時期、東京はオリンピック立候補地の一つで正式に決まっていませんでしたのでなんとしてでもアピールして良い結果が欲しかったのでしょう。 ピアノ用に編曲された楽譜を短期間でオーケストラ用に編曲をし、演奏を可能にできる人物を探します。 日本オリンピック委員会はNHKを通じて、数々の実績を残してきた古関裕而さんに依頼。 同年5月、総会の開会式でNHK交響楽団の演奏により古関版オリンピック賛歌を披露。 国際オリンピック委員会は日本の善意と曲の素晴らしさに感激し、以後この古関版を公式に讃歌と認定しました。 そして1年後の1959年5月欧米の3都市を大差で破り、アジアで初めての第18回オリンピック競技大会の地が東京に決定されたのでした。 古関裕而先生、神です! 「オリンピック・マーチ」は東京オリンピックの開催に合わせて1964年10月に日本コロムビアからレコードが発売されました。 ジャケット裏の古関裕而さんのコメントを一部引用いたします。 30数年間の作曲生活中最も記念すべき作品の一つとして、全世界に流れるこの曲の完成に力を注ぎました。 快適なテンポ。 若さ溢れる旋律。 そして東京大会をシンポライズする意味で日本的な旋律をと思いましたが、純日本的な旋律はともすれば、雅楽調となり民謡調になり易く行進曲としては適当でないので、それらを離れて私の楽想の湧くままに書き上げました。 しかし最後の部分に国歌「君が代」の一節をとり入れて日本を表しました。

次の

大田区ホームページ:おおた オリンピック・パラリンピックメモリー 第4号(オリンピック・マーチ)

オリンピック マーチ 作曲 者

概要 [ ] 東京五輪開催の前年、の()に楽曲が発表された。 盤のレコードが最も多くの枚数を売り上げ、また三波がレパートリーの一つとして生涯歌い続けた。 現在では元々三波の持ち歌であったと思われることが多いが 、楽曲発表の際に歌唱したのはであり、作曲者の古賀自身も三橋が歌うことを想定して作曲したという。 作曲者の古賀政男は専属であったが、この曲に限って録音権を各レコード会社に開放していた。 レコードは三波春夫()、()、三橋美智也()、()、・(コロムビア)、・()、・()などの競作で発売されたが、最も売れたのは三波盤で、末までに130万枚を売り上げた。 三波サイドが東京オリンピック()の年の『』(『』)のトリを狙う目的で集中的にプロモーションを行ったことが三波盤のヒットに繋がったという。 音楽評論家・は、三波春夫の「東京五輪音頭」が群を抜いたヒットをした理由について、にから三波春夫が顕彰されたことを記念したイベント(於・)において、「歌手は当然のごとく、自分の新曲が出ればその歌を熱心に歌って回るわけだが、当時の三波さんは、自分の新曲はさておき、どんな時も一生懸命『東京五輪音頭』を歌った。 に行き、でとなっていた三波さんは、彼の言葉を借りれば、『日本は、日本人は、頑張って、こんなに戦後復興を遂げたんですよ、ということを、戦後初めて世界に示すイベントである東京五輪はなんとしても成功してもらいたいと思った』という思いが人一倍強かった。 そういう強い気持ちが乗った歌だった」というような内容の話をしている。 三波本人も五輪開催から30年が経ったに開催された自身の「芸道55周年記念リサイタル」でのMCにおいて、本楽曲について同じく三波が歌ったのテーマソング「」と共に「生涯の宝物でございます」と語っている。 、の開催地が東京に決まったことをきっかけに「東京五輪音頭」が再び注目を集め、テイチクは三波が歌う「東京五輪音頭」のCDとカセットテープを同年10月までに追加で1万枚(本)プレスしたところほぼ完売となり、などでの数もそれまでの約10倍を記録。 での同年9月の「東京五輪音頭」のリクエスト順位が前月比で約9700位上昇するなどの反響があった。 各社競作で発売されたレコードの累計売上は300万枚 に達した。 大手レコード会社からは発売されなかったが、、、が歌うバージョンも存在する。 藤山一郎盤は、ソノレコード株式会社からとして発売。 菅原洋一盤は、の企画で、「体力・気力を生むオルパ錠」の歌のカップリングで、よりソノシートを製作。 初音家賢次盤は、大阪にに設立されたより発売。 また三波春夫のベスト盤にもよく収録されているが、後年の新録音版が収録される事が多く、シングル版と比べて一部節回しが異なる部分がある。 このほか、1964年6月公開の映画『』で、主演のが冒頭の登場シーンで踊りながら1番を歌唱している(ロケ地は) 1964年8月16日放送の『 〜から〜』()で、がトリに東京五輪音頭を歌唱している。 NHK紅白歌合戦では、1963年『』にてエンディングで歌唱された。 紅白のエンディングでは、通常「」が歌われることが恒例となっており、同曲以外の楽曲が歌唱されたのはこの時のみである。 また第一部が「昭和の紅白」として開催されたの『』でも三波春夫によって歌唱された。 2020年の東京オリンピック()開催が決まった2013年の『』では歌われなかったが、翌の『』では、の『』ではによるカバーがそれぞれ披露された。 2017年7月24日、2020年の東京オリンピックに合わせて製作されたリメイク版「東京五輪音頭-2020-」が・・の歌で発表され 、同年8月4日にが公開された。 原曲を元に歌詞の一部を変更しており、さらにオリンピックとを歌った5番を追加している。 収録曲 [ ] 三波春夫盤(テイチク NS-720) [ ]• 東京五輪音頭• 東京五輪おどり(歌:、) 制定曲。 橋幸夫盤(ビクター SV-86) [ ]• 東京五輪音頭• (歌:・) 三橋美智也盤(キング EB-1038) [ ]• 東京五輪音頭• 新日本音頭(歌:・・・) 三橋美智也盤(キング ED-88) [ ]• (歌:)• 東京五輪音頭 坂本九盤(東芝 JP-1581) [ ]• 東京五輪音頭(歌:坂本九・)• 前向きで行こう (・)「」の初代主題歌 坂本九・アメリカ流通盤( Capitol 5080) [ ]• 東京五輪音頭 The Olympics Song• 東芝発売盤(日本流通盤)とは、演奏や歌い方が異なる音源である。 九ちゃんの炭坑節 Tankobushi 北島三郎・畠山みどり盤(コロムビア SAS-77) [ ]• 海をこえて友よきたれ(歌:・・コロムビア合唱団)• 東京五輪音頭 大木伸夫・司富子盤(ポリドール DJ-1366) [ ]• 海をこえて友よきたれ(歌:)• 東京五輪音頭 つくば兄弟・神楽坂浮子盤(ビクターVS-1061) [ ]• 海をこえて友よきたれ(歌:)• 東京五輪音頭 初音家賢次盤(ニッポンレコードNS-1) [ ]• 東京五輪音頭• (歌:) 藤山一郎盤(ソノレコードOOC-A114) [ ]• 東京五輪音頭• 海を越えて友よきたれ 菅原洋一盤(朝日ソノラマ) [ ]• 東京五輪音頭• オルパの歌(歌:) ハルオロイド・ミナミ盤 [ ] ハルオロイド・ミナミは、の声を元に音声合成技術で開発されたバーチャル歌手。 東京五輪音頭(配信限定シングル) 映画 [ ] 東京五輪音頭 監督 脚本 、 原作 出演者 音楽 撮影 中尾利一郎 製作会社 公開 上映時間 96分 製作国 言語 本曲をモデルとしたが、東京オリンピック開幕1か月1日前のに系で公開された。 モノクロ作品で、上映時間は96分。 内容は「藤源」の孫娘・藤崎ミツ子が祖父・源造の反対にもめげず、東京オリンピックの水泳選抜で優勝するまでを描いたもので、三波が寿司屋「松寿司」の主人と本人役で出演し、劇中で本曲を歌っている。 にはで放送された。 には日活からDVDが発売された。 スタッフ [ ]• 原作:• 監督:• 脚色:、• 企画:• 音楽:• 撮影:中尾利太郎• 美術:西亥一郎• 録音:八木多木之助• 編集:近藤光雄• スチル:坂東正男 出演者 [ ]• 藤崎ミツ子(主人公):• 栗田勇(「藤源」店員):• 谷雅江(ミツ子の親友):• 松宮れい子(同上):• 阿部弘:• 青木正光(「山宗」店員、ミツ子の恋人):• 松吉(「松寿司」主人)/三波春夫:三波春夫• 藤崎源造(「藤源」主人、ミツ子の祖父):• 青木キヨ(正光の叔母、のコーヒー園の主):• 日出代:• 松宮房代:• 河野(ミツ子の水泳のコーチ): 脚注 [ ]• 三波はこの年の第15回紅白歌合戦で大トリを務めた(ただし歌唱曲は「」であった)。 「東京五輪音頭 再び脚光」『』2013年10月21日付夕刊、10頁(東京本社版)。 紀田順一郎、間羊太郎『記録の百科事典 日本一編』竹内書店、1971年、199頁• 第66回 出場歌手・曲順• 、、[2017年7月25日9:56。 、、2017年8月4日3:00。 ORICON STYLE. 2016年10月20日. 2016年10月20日閲覧。 外部リンク [ ]• 酒の苦さよ~新相馬節~ - 瞼のふる里~南部牛追唄~ - かっぱ踊り - はてなき涙 - 角帽浪人 - - ご機嫌さんよ達者かね - 里恋がらす - - 噂のこして - 島の船唄 - - - 船頭追分 - 草枕幾度ぞ - 御存知赤城山 - - - 笹川月夜 - - 玄海船乗り - 豊年まつり - 神戸みなとおどり - 泪と侍 - 篭つるべ - さすらいの唄~津軽山唄~ - 逢いぞめ笠 - 縁があったらまた逢おう - お花ちゃん - 手まり数え唄 - みれん峠 - 木曽恋がらす - - あゝ想夫恋 - おさよ可愛や - 旅行く一茶 - おとこ三味線 - 俺ら炭鉱夫 - 東京見物 - 一本刀土俵入り - 利根の夕焼け - おけさ舟唄 - 美智也さのさ - 峠の馬ッコ - みんな輪になって - リンゴ花咲く故郷へ - 別れ笛 - 僕は郵便屋さん - - 里恋い越後獅子 - - すってんてん人生 - ギター鴎 - 船は三十石櫓は八丁 - 流転波止場 - 草笛の丘 - 夕焼けとんび - 民謡酒場 - 夜霧のデッキ - 美智也馬子唄 - 東京ばやし - 島の見える峠 - 海の騎士 - 札幌音頭 - センチメンタルトーキョー - 月の峠路 - 重の井子別れ - おしどり新打 - 東京よいとこ - 帰る日が楽しみさ - 赤い夕陽の故郷 - ごろすけほゥ - 男の旅笠 - 木枯し子守唄 - 民謡風呂 - 笛吹峠 - 風の中の男 - 夢で逢えるさ - 夜風に聞いたよ - 風流弥次喜多ぶし - やくざ三味線 - かすりの女と背広の男 - てんまり波止場 - 道産子音頭 - 東京タワーをやぐらに代えて - お城音頭 - 関西ロマンス - 九州よかとこ - - ちんから馬子唄 - 俺は機関手 - たった一人の人でした - 壁 - 泣くなよしきり - 情け無用の男 - 麦ふみ坊主 - 北海の終列車 - 東京が泣いている - 燕が帰る 1960年代 迷子のとんびッコ - 雪のだるまさん - 大江戸まつり唄 - 保津川下り - あばよ - あゝ故郷 - 夜のマネキン人形 - みかんの故里 - 船出哀しや - 紅白音頭 - こけしぼっこ - 故郷はどこさ - 城ヶ島慕情 - あゝ大阪城 - 白菊の唄 - 兄ちゃん案山子 - 恋の八丈太鼓 - - 達者でナ - 恋慕舟唄 - 津軽追分 - 恋の一刀流 - さすらい流し - センチメンタル・ガイ - 雨の九段坂 - 富士の雲笠踊り - 岸壁の男 - - 北から南から - 北海道函館本線 - 美智也子守唄 - アヤヤ・アパパ - あゝ城山 - 館林新調 - じゃんがら囃子 - 旅情小唄 - 懐しの高原 - 津軽恋しや - 啄木旅愁 - 山は百万石 - 石狩川悲歌 - 赤い林檎ッコ - さいはての岬町 - 通りゃんせ小路 - シベリアの母 - 日本人 - 男の恋唄 - 津軽の三男坊 - ノサップの風 - 日本音頭 - 星屑の街 - つばくろやくざ - 新撰組の唄 - てもても音頭 - 東京はふるさと - 美智也都々逸 - さすらい列車 - 舞扇花柳流 - 歌ひとすじに - さすらい小唄 - 乃木将軍の歌 - あゝ日蓮 - マドロス家業はやめられぬ - 流れ星だよ - 新・十三の砂山 - ソーラン唄便り - 大番 - 旅路 - こけしの故里 - 徳川家康~啼くまで待とう時鳥~ - 花ッコ追分 - はてなき旅路 - いつでもおかあさんはおかあさん - 涙の花嫁船 - あゝこの街に雨が降る - あゝ太平洋 - 梅川忠兵衛 - メノコ恋唄 - 明治一代男 - 天竜やくざ - 俺らつらいなァ - 流転の唄 - でかいこの夢 - 流れ三味線 - ひとすじの道 - 生きる喜び - 男の舞扇 - 母恋だより - - - 俺らの街が目をさます - あゝ新戦場 - 星と歩こう - 夜のブランコ - 信濃川悲歌 - さらば雪国 - 青空のブルース - 今夜も星がいっぱいだ - あの人は遠い人 - 酔って候 - 山がある川がある - 祭り獅子 - 大漁太鼓 - 話をしようよ眠るまで - 二本松少年隊 - 美智也ぶし - 女形かずら - 源義経 - あゝさすらい - 恋とさむらい - 日本よい国 - 泣くな東京 - 旅の風車 - 緋牡丹仁義 - ふるさとの笛 - 東京ってそんなにいいとこか - 一本杉は男杉 - 浜木綿の花咲けば - 博多の月 - 堀のある町 - 東京の鳩 - 東京百年音頭 - わがこころ - 夕陽の旅路 - 黒潮の男 - 星のこだま - 城山 - 男の出船 - 白鳥の恋 - 哀愁平野 - 機関車物語 - 1970年代.

次の

オリンピックマーチ作曲者はNHK朝ドラのエール古関裕而?讃歌は?|マルタスのSP盤レコード情報サイト

オリンピック マーチ 作曲 者

概要 [ ] 東京五輪開催の前年、の()に楽曲が発表された。 盤のレコードが最も多くの枚数を売り上げ、また三波がレパートリーの一つとして生涯歌い続けた。 現在では元々三波の持ち歌であったと思われることが多いが 、楽曲発表の際に歌唱したのはであり、作曲者の古賀自身も三橋が歌うことを想定して作曲したという。 作曲者の古賀政男は専属であったが、この曲に限って録音権を各レコード会社に開放していた。 レコードは三波春夫()、()、三橋美智也()、()、・(コロムビア)、・()、・()などの競作で発売されたが、最も売れたのは三波盤で、末までに130万枚を売り上げた。 三波サイドが東京オリンピック()の年の『』(『』)のトリを狙う目的で集中的にプロモーションを行ったことが三波盤のヒットに繋がったという。 音楽評論家・は、三波春夫の「東京五輪音頭」が群を抜いたヒットをした理由について、にから三波春夫が顕彰されたことを記念したイベント(於・)において、「歌手は当然のごとく、自分の新曲が出ればその歌を熱心に歌って回るわけだが、当時の三波さんは、自分の新曲はさておき、どんな時も一生懸命『東京五輪音頭』を歌った。 に行き、でとなっていた三波さんは、彼の言葉を借りれば、『日本は、日本人は、頑張って、こんなに戦後復興を遂げたんですよ、ということを、戦後初めて世界に示すイベントである東京五輪はなんとしても成功してもらいたいと思った』という思いが人一倍強かった。 そういう強い気持ちが乗った歌だった」というような内容の話をしている。 三波本人も五輪開催から30年が経ったに開催された自身の「芸道55周年記念リサイタル」でのMCにおいて、本楽曲について同じく三波が歌ったのテーマソング「」と共に「生涯の宝物でございます」と語っている。 、の開催地が東京に決まったことをきっかけに「東京五輪音頭」が再び注目を集め、テイチクは三波が歌う「東京五輪音頭」のCDとカセットテープを同年10月までに追加で1万枚(本)プレスしたところほぼ完売となり、などでの数もそれまでの約10倍を記録。 での同年9月の「東京五輪音頭」のリクエスト順位が前月比で約9700位上昇するなどの反響があった。 各社競作で発売されたレコードの累計売上は300万枚 に達した。 大手レコード会社からは発売されなかったが、、、が歌うバージョンも存在する。 藤山一郎盤は、ソノレコード株式会社からとして発売。 菅原洋一盤は、の企画で、「体力・気力を生むオルパ錠」の歌のカップリングで、よりソノシートを製作。 初音家賢次盤は、大阪にに設立されたより発売。 また三波春夫のベスト盤にもよく収録されているが、後年の新録音版が収録される事が多く、シングル版と比べて一部節回しが異なる部分がある。 このほか、1964年6月公開の映画『』で、主演のが冒頭の登場シーンで踊りながら1番を歌唱している(ロケ地は) 1964年8月16日放送の『 〜から〜』()で、がトリに東京五輪音頭を歌唱している。 NHK紅白歌合戦では、1963年『』にてエンディングで歌唱された。 紅白のエンディングでは、通常「」が歌われることが恒例となっており、同曲以外の楽曲が歌唱されたのはこの時のみである。 また第一部が「昭和の紅白」として開催されたの『』でも三波春夫によって歌唱された。 2020年の東京オリンピック()開催が決まった2013年の『』では歌われなかったが、翌の『』では、の『』ではによるカバーがそれぞれ披露された。 2017年7月24日、2020年の東京オリンピックに合わせて製作されたリメイク版「東京五輪音頭-2020-」が・・の歌で発表され 、同年8月4日にが公開された。 原曲を元に歌詞の一部を変更しており、さらにオリンピックとを歌った5番を追加している。 収録曲 [ ] 三波春夫盤(テイチク NS-720) [ ]• 東京五輪音頭• 東京五輪おどり(歌:、) 制定曲。 橋幸夫盤(ビクター SV-86) [ ]• 東京五輪音頭• (歌:・) 三橋美智也盤(キング EB-1038) [ ]• 東京五輪音頭• 新日本音頭(歌:・・・) 三橋美智也盤(キング ED-88) [ ]• (歌:)• 東京五輪音頭 坂本九盤(東芝 JP-1581) [ ]• 東京五輪音頭(歌:坂本九・)• 前向きで行こう (・)「」の初代主題歌 坂本九・アメリカ流通盤( Capitol 5080) [ ]• 東京五輪音頭 The Olympics Song• 東芝発売盤(日本流通盤)とは、演奏や歌い方が異なる音源である。 九ちゃんの炭坑節 Tankobushi 北島三郎・畠山みどり盤(コロムビア SAS-77) [ ]• 海をこえて友よきたれ(歌:・・コロムビア合唱団)• 東京五輪音頭 大木伸夫・司富子盤(ポリドール DJ-1366) [ ]• 海をこえて友よきたれ(歌:)• 東京五輪音頭 つくば兄弟・神楽坂浮子盤(ビクターVS-1061) [ ]• 海をこえて友よきたれ(歌:)• 東京五輪音頭 初音家賢次盤(ニッポンレコードNS-1) [ ]• 東京五輪音頭• (歌:) 藤山一郎盤(ソノレコードOOC-A114) [ ]• 東京五輪音頭• 海を越えて友よきたれ 菅原洋一盤(朝日ソノラマ) [ ]• 東京五輪音頭• オルパの歌(歌:) ハルオロイド・ミナミ盤 [ ] ハルオロイド・ミナミは、の声を元に音声合成技術で開発されたバーチャル歌手。 東京五輪音頭(配信限定シングル) 映画 [ ] 東京五輪音頭 監督 脚本 、 原作 出演者 音楽 撮影 中尾利一郎 製作会社 公開 上映時間 96分 製作国 言語 本曲をモデルとしたが、東京オリンピック開幕1か月1日前のに系で公開された。 モノクロ作品で、上映時間は96分。 内容は「藤源」の孫娘・藤崎ミツ子が祖父・源造の反対にもめげず、東京オリンピックの水泳選抜で優勝するまでを描いたもので、三波が寿司屋「松寿司」の主人と本人役で出演し、劇中で本曲を歌っている。 にはで放送された。 には日活からDVDが発売された。 スタッフ [ ]• 原作:• 監督:• 脚色:、• 企画:• 音楽:• 撮影:中尾利太郎• 美術:西亥一郎• 録音:八木多木之助• 編集:近藤光雄• スチル:坂東正男 出演者 [ ]• 藤崎ミツ子(主人公):• 栗田勇(「藤源」店員):• 谷雅江(ミツ子の親友):• 松宮れい子(同上):• 阿部弘:• 青木正光(「山宗」店員、ミツ子の恋人):• 松吉(「松寿司」主人)/三波春夫:三波春夫• 藤崎源造(「藤源」主人、ミツ子の祖父):• 青木キヨ(正光の叔母、のコーヒー園の主):• 日出代:• 松宮房代:• 河野(ミツ子の水泳のコーチ): 脚注 [ ]• 三波はこの年の第15回紅白歌合戦で大トリを務めた(ただし歌唱曲は「」であった)。 「東京五輪音頭 再び脚光」『』2013年10月21日付夕刊、10頁(東京本社版)。 紀田順一郎、間羊太郎『記録の百科事典 日本一編』竹内書店、1971年、199頁• 第66回 出場歌手・曲順• 、、[2017年7月25日9:56。 、、2017年8月4日3:00。 ORICON STYLE. 2016年10月20日. 2016年10月20日閲覧。 外部リンク [ ]• 酒の苦さよ~新相馬節~ - 瞼のふる里~南部牛追唄~ - かっぱ踊り - はてなき涙 - 角帽浪人 - - ご機嫌さんよ達者かね - 里恋がらす - - 噂のこして - 島の船唄 - - - 船頭追分 - 草枕幾度ぞ - 御存知赤城山 - - - 笹川月夜 - - 玄海船乗り - 豊年まつり - 神戸みなとおどり - 泪と侍 - 篭つるべ - さすらいの唄~津軽山唄~ - 逢いぞめ笠 - 縁があったらまた逢おう - お花ちゃん - 手まり数え唄 - みれん峠 - 木曽恋がらす - - あゝ想夫恋 - おさよ可愛や - 旅行く一茶 - おとこ三味線 - 俺ら炭鉱夫 - 東京見物 - 一本刀土俵入り - 利根の夕焼け - おけさ舟唄 - 美智也さのさ - 峠の馬ッコ - みんな輪になって - リンゴ花咲く故郷へ - 別れ笛 - 僕は郵便屋さん - - 里恋い越後獅子 - - すってんてん人生 - ギター鴎 - 船は三十石櫓は八丁 - 流転波止場 - 草笛の丘 - 夕焼けとんび - 民謡酒場 - 夜霧のデッキ - 美智也馬子唄 - 東京ばやし - 島の見える峠 - 海の騎士 - 札幌音頭 - センチメンタルトーキョー - 月の峠路 - 重の井子別れ - おしどり新打 - 東京よいとこ - 帰る日が楽しみさ - 赤い夕陽の故郷 - ごろすけほゥ - 男の旅笠 - 木枯し子守唄 - 民謡風呂 - 笛吹峠 - 風の中の男 - 夢で逢えるさ - 夜風に聞いたよ - 風流弥次喜多ぶし - やくざ三味線 - かすりの女と背広の男 - てんまり波止場 - 道産子音頭 - 東京タワーをやぐらに代えて - お城音頭 - 関西ロマンス - 九州よかとこ - - ちんから馬子唄 - 俺は機関手 - たった一人の人でした - 壁 - 泣くなよしきり - 情け無用の男 - 麦ふみ坊主 - 北海の終列車 - 東京が泣いている - 燕が帰る 1960年代 迷子のとんびッコ - 雪のだるまさん - 大江戸まつり唄 - 保津川下り - あばよ - あゝ故郷 - 夜のマネキン人形 - みかんの故里 - 船出哀しや - 紅白音頭 - こけしぼっこ - 故郷はどこさ - 城ヶ島慕情 - あゝ大阪城 - 白菊の唄 - 兄ちゃん案山子 - 恋の八丈太鼓 - - 達者でナ - 恋慕舟唄 - 津軽追分 - 恋の一刀流 - さすらい流し - センチメンタル・ガイ - 雨の九段坂 - 富士の雲笠踊り - 岸壁の男 - - 北から南から - 北海道函館本線 - 美智也子守唄 - アヤヤ・アパパ - あゝ城山 - 館林新調 - じゃんがら囃子 - 旅情小唄 - 懐しの高原 - 津軽恋しや - 啄木旅愁 - 山は百万石 - 石狩川悲歌 - 赤い林檎ッコ - さいはての岬町 - 通りゃんせ小路 - シベリアの母 - 日本人 - 男の恋唄 - 津軽の三男坊 - ノサップの風 - 日本音頭 - 星屑の街 - つばくろやくざ - 新撰組の唄 - てもても音頭 - 東京はふるさと - 美智也都々逸 - さすらい列車 - 舞扇花柳流 - 歌ひとすじに - さすらい小唄 - 乃木将軍の歌 - あゝ日蓮 - マドロス家業はやめられぬ - 流れ星だよ - 新・十三の砂山 - ソーラン唄便り - 大番 - 旅路 - こけしの故里 - 徳川家康~啼くまで待とう時鳥~ - 花ッコ追分 - はてなき旅路 - いつでもおかあさんはおかあさん - 涙の花嫁船 - あゝこの街に雨が降る - あゝ太平洋 - 梅川忠兵衛 - メノコ恋唄 - 明治一代男 - 天竜やくざ - 俺らつらいなァ - 流転の唄 - でかいこの夢 - 流れ三味線 - ひとすじの道 - 生きる喜び - 男の舞扇 - 母恋だより - - - 俺らの街が目をさます - あゝ新戦場 - 星と歩こう - 夜のブランコ - 信濃川悲歌 - さらば雪国 - 青空のブルース - 今夜も星がいっぱいだ - あの人は遠い人 - 酔って候 - 山がある川がある - 祭り獅子 - 大漁太鼓 - 話をしようよ眠るまで - 二本松少年隊 - 美智也ぶし - 女形かずら - 源義経 - あゝさすらい - 恋とさむらい - 日本よい国 - 泣くな東京 - 旅の風車 - 緋牡丹仁義 - ふるさとの笛 - 東京ってそんなにいいとこか - 一本杉は男杉 - 浜木綿の花咲けば - 博多の月 - 堀のある町 - 東京の鳩 - 東京百年音頭 - わがこころ - 夕陽の旅路 - 黒潮の男 - 星のこだま - 城山 - 男の出船 - 白鳥の恋 - 哀愁平野 - 機関車物語 - 1970年代.

次の