レヴォーグ 内装。 新型レヴォーグの外装内装をカスタム!おすすめ改造パーツは?

レヴォーグ おすすめカスタムパーツを内装・外装別に価格や特徴を紹介!

レヴォーグ 内装

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと、これがかなり大切なポイントになります。 ディーラーで 30万円の下取り査定された車が、買い取り業者で 80万円で売れることもよくあります。 一括査定サイトで複数の下取り会社があなたのお車の買取価格を競り合うことによって価格の上昇につながります! 「GTツアラー」として他社の追随を許さないスバルの自信作であるレヴォーグ。 そんなスバルレヴォーグには多くのチューニングショップやドレスアップを得意としているメーカーからカスタムパーツが販売されています。 今回はまさしく「GTツアラー」の名に相応しい、快適な長距離の旅が楽しめるインテリアのカスタム品をご紹介しましょう。 スポンサードリンク おすすめインテリアアイテム それでは、レヴォーグにおすすめのインテリアアイテムをご紹介しましょう。 スバルらしい漢な魅力がある内装を更にカッコよくするアイテムや、便利な機能を持ち合わせているアイテムなど様々なものがあります。 rakuten. 純正のパドルシフトに、このカバーを付けるだけで見た目がカッコよくなるだけでなくパドルシフトの操作性も向上します。 レッド、シルバー、ブルーと3色ありますが個人的におすすめするのはレッド。 純正と比べてよりレーシーな感じになり、ワインディングなどでより楽しく走ることが出来るでしょう。 お値段は4,080円の価格です。 rakuten. こちらはスバル車やその他の車両へのドレスアップパーツや競技用パーツを販売しているクスコがレヴォーグ用に開発したスポーツペダルで、鏡面仕上げとなっています。 鏡面仕上げとなっていることで純正ペダルよりもより高品質で何よりカッコよくなります。 価格は3,108円の価格で販売されています。 スポンサードリンク おすすめのシートカバー 前項ではレヴォーグのインパネ周りのインテリアアイテムをご紹介しましたが、内装のカスタムというのは何もインパネ周りだけではありません。 次にご紹介するのはおすすめのシートカバーです。 車のドアを開けた時に一番に視界に入ってくるのはシートで、この部分の良し悪しによって見栄えが変わってきます。 更に座り心地が良くなると長距離のドライブも楽しくなってくることでしょう。 今回は見た目と座り心地にこだわったシートカバーをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 rakuten. 部分的にボルドー色が採用されていて、どこか高級感があります。 純正のシートの色に飽きたという方は、本革調シートカバーに変えてみると良いでしょう。 こちらのシートカバーの価格は38,880円と、純正品ならではの価格で販売されています。 rakuten. こちらもスバル純正本革調シートカバーと同じく本革仕様ですが、本革にありがちな 通気性の悪さを改善した作りとなっています。 クラッツィオは高級感と快適性を両立させた本革調シートカバーの製作を得意としていて、非常に人気なブランドでもあります。 純正以外で、という方であればクラッツィオのシートカバーを選んでおいて間違いはありません。 価格も39,774円です。 rakuten. 座席中央に赤または青のアクセントをあしらわれていることで、スポーティーな見た目に変化します。 更にこのシートカバーでありがたいのが、 防水加工が施されているところ。 雨の日のドライブも快適にこなすことが出来ます。 個人的におすすめするカラーは上記の画像の爽やかな青色がおすすめです。 やはり青というのはスバルのイメージカラーですので、青の方がスバルらしい仕上がりになるでしょう。 価格は33,339円と本革調シートカバーと比べると比較的リーズナブルです。 レヴォーグの欠点を補うアイテム 最後にご紹介するのはレヴォーグの欠点である収納の少なさを改善するアイテム。 今まではデザインを重視したインテリアアイテムをご紹介してきましたがここでは見た目はもちろんのこと、実用性も考慮したアイテムをご紹介していきましょう。 rakuten. 運転中、飲み物を飲みたくなるドライバーも多いでしょう。 そんな時に便利なのがこのドリンクホルダーで、エアコン送風口に取り付けるタイプのものとなります。 ドリンクホルダーというと、どうしても見栄えが悪くなるものが多いのですがレヴォーグ専用に作られたこのドリンクホルダーは決して見栄えが悪くなるということはなく、むしろ数あるドリンクホルダーの中でもカッコいいと思います。 便利でありながら見た目もカッコよく仕上がり、ますますレヴォーグでのドライブが楽しくなるでしょう。 価格は3,582円と比較的安く、おすすめです。 rakuten. ABS樹脂を使用した高品質なセンターコンソールボックスで耐久性はもちろん抜群、更に滑り止めとしてラバーマットを使用することで散らばりやすい小物類を綺麗に収納することが出来ます。 青のラインが入ったものと赤のラインが入ったもの、2種類ありますがおすすめは赤のラインが入ったもの。 青がスバルのイメージカラーだということはシートカバーの紹介の時に触れましたが、アクセントとして赤を入れることで見栄えが良くなり、カッコよくなります。 価格は3,980円で販売されています。

次の

新型レヴォーグの外装内装をカスタム!おすすめ改造パーツは?

レヴォーグ 内装

レヴォーグの不満点 レヴォーグユーザーの方々は車の評価をTwitterにいろいろ投稿されており、今回はその中から不満点をピックアップしてみました。 アイポイントがちょっと高め レヴォーグの1. 6乗ってきました。 とても1. 6とは思えないパワーあり。 総じて良いクルマです。 自転車縦積みは中央席の3点式シートベルトが邪魔で微妙か。 欠点はアイポイントの高さとちょっと安っぽい内装が気になったくらいですかね。 パワステ、ペダルは今ドキ基準では重い部類。 (外観の詳細は以下の記事をご参照ください。 ) ステーションワゴンはアイポイントの低いセダンをベースにワゴン化している車であり、便利でありながらセダンやクーペなどと同じ運転感覚なのが魅力です。 レヴォーグはレガシィ後継とはいえセダンモデルはなく、ステーションワゴン専用の車種として誕生しました。 そのためアイポイントは見切りや運転のしやすさを考えて高めに設定したのだと思いますが、低いアイポイントを期待していた人には不満に感じてしまう点でしょう。 重視するのが便利さかスポーティーさかは難しいところですが、レヴォーグは便利さを重視しているようです。 シートのランバーサポートが擦れる レヴォーグの運転席のシートのランバーサポートの擦れが有るなぁ~!乗り降りの仕方が悪いのかな~! ・・; — こじぱぱ 湖岸Midnight北九州! papakozi こちらの方の不満はシートの擦れが目立ってきたことで、ランバーサポートという腰をサポートするシートの背もたれ部分のことです。 レヴォーグのシートは結構ホールド性の高い形状のシートになっており、運転席への乗り降りではランバーサポートは確かにこすれやすい場所ではあります。 しかしレヴォーグのシート、とくに本皮シートでは擦れのあとがわりと早い時期から目立ってくるようで、そのまま擦れが進行すると一部剥離することもあるようです。 この件は口コミなどでも何件も報告されており、レヴォーグのシートの泣き所となっています。 シートの補修には高額の修理費がかかってしまいますので、気になる方は別の生地を当てたりクッションを使ったりした方がよいでしょう。 CVTの違和感はスポーツリアトロニックのせい? 軽の時はあまり苦じゃなかったけどレヴォーグ乗ったらCVTの感覚はイマイチ合わなかった。 これはスバルのCVTだけに搭載されているスポーツリニアトロニックというシステムの影響かも知れず、一般的なCVTに慣れた方には少々違和感があるかもしれません。 CVTは無段変速機という名前のとおり、変速の繋ぎ目のないスムーズな変速が特徴です。 それに対してスポーツリニアトロニックはマニュアルシフトの変速フィールをCVTで出そうと試みた意欲作で、MT車の持つスポーティな走行感覚を取り入れようとしたものです。 そのため機構はCVTであるものの、制御面であえて8段階に分けて変速させるようにしてあり、普通のCVTとは変速フィールが違います。 そのあたりがユーザーさんの違和感の原因となっているのでしょう。 走りについては以下の記事でも詳しく解説しています。 こちらもあわせて参考にしてみてください。 ボディの組み合わせがズレている さっきレヴォーグの塗装が微妙に合わないのが話題になったけどパネルのチリが合ってないのもしかり。 リアパネルなんか酷いもの。 これぞスバルクオリティー、されどスバラブなの。 ボディパネル同士やバンパーなどとの合いは設計の段階ではぴったりあっているものの、部品自体のばらつきや組み立てのズレなどによってわずかにずれてしまうことがあります。 組み立ての段階でこういった部分にチェックが行き届いていれば修正されるのですが、スバルではあまり対策できていないようですね。 写真で見るとわずかなズレに思えますが、ユーザーさんからしてみれば完成度の低い車だとわかってしまう点で、一度気になるといつまでも気になってしまうものです。 完璧に修正するのもなかなか大変な部分なので、これは車やメーカーに対する大きな不満となるでしょう。 燃費があまり良くない あ、欠点というか、スゲー燃費悪いっす。 まあ、一般道しか走っていないのですが、レヴォーグのメーターで出た平均燃費が一度も8Km/Lを越えることは無かったです。 まあ、ほとんどS#だったけど、道路は混んでいたのでそれ程アクセル開かなかったですけどね。 デザイン秀逸でワゴンだから簡単な機材もすぐ詰める。 内装はトヨタ系お得意のちょっとした高級さ。 欠点はスバル特有の燃費。 BRZはかゆいところに地味に手が届かない。 トヨタならC-HR。 レヴォーグはレガシィツーリングワゴンの後継の中型のステーションワゴンです。 そこに組み合わされるエンジン2種類あり、1. 6Lと2. 0Lの水平対向エンジンが搭載されています。 (エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) 車重が1. 5tを超えていることもあり、燃費は次のとおり確かに低めにとどまっています。 エンジン カタログ燃費 平均実燃費 1. カタログ燃費が最近の車よりあまり延びていないのはレヴォーグの車重もありますが、ハイブリッドなどの低燃費技術が入っていないせいもあり、どうしてもレヴォーグの燃費に不満を持つ方が多いのもわかります。 デザインが良いだけに経済性が悪いのは残念ですよね。 MEMO ただ燃費を気にするより車購入時の値引き交渉を気にした方がいいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 — 越谷の開脚前転 ieyasukoshigaya レガシィツーリングワゴンは車内の広さと使い勝手のよさが好評を博した車でしたが、それと比較してしまうとレヴォーグはどうしてもすこし狭い印象があるようです。 そもそも レヴォーグは代を重ねるごとに大型化するレガシィが日本に合わなくなってきたために作られた車で、レガシィより多少小型化されています。 サイズ感は昔のレガシィに近くステーションワゴンとしての使い勝手は十分にあるのですが、それでスバル車としてはどうしてもレガシィツーリングワゴンと比較してしまい狭く感じてしまうでしょう。 レヴォーグは運転や取り回しはしやすくなっているはずなのですが、室内広さではレガシィより不満が出てしまうのはしかたないでしょう。 — 越谷の開脚前転 ieyasukoshigaya レヴォーグの不満点で以外なのが、室内の収納が少なく不便というところです。 ステーションワゴンは利便性が高く収納も多いイメージがありますが、レヴォーグの運転席廻りの収納スペースは少な目で、他の車で使っていたのと同じ感じでは使えない部分があります。 センターコンソール廻りにはあまり大きい収納スペースはなく、小物入れぐらいだけです。 またドア下のサイドポケットも少々小さめであまり使い勝手はよくありません。 あとドリンクホルダーが少ないのも不満なようですね。 レヴォーグはレガシィツーリングワゴンよりコンパクトになったのですが、その弊害がこういった部分に現れています。 レヴォーグは収納こそ微妙なものの、キャンプには十分最適な車です。 詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 アイサイトにもちょっとした不満あり 「レヴォーグ」 試乗してきました! アイサイトの自動追従に関しては馴れが必要かなー・・ 欠点としては、アイサイトの自動追従でないとオートホールドが利かないところかしら?見積もりしてもらって乗り出し300万円代後半、多少値引きはしてくれるだろうから、乗り出し370くらいかなぁ? — ちゃわん 働きたくないでござる tyawan 近年のスバル車にはアイサイトと呼ばれる衝突安全システム、および走行支援システムが標準装備されるようになり、レヴォーグにも全車標準装備となっています。 この アイサイトについてこの方はクルーズコントロールの自動追尾に制限があるのが不満だそうで、使うには慣れが必要とおっしゃっています。 最新の便利な機能ではありますが、まだまだすべての不満を解消してくれるというわけではないようです。 レヴォーグは不満点はあるが完成度が高く買いの車 レヴォーグには燃費を初めとしたさまざまな不満点があるのは確かですが、クルマの走行性能や利便性といった点では高いレベルにある車でもあります。 ステーションワゴンという便利な車ですし、エンジンも足回りもスポーツカー並みの完成度の高さを誇っています。 レヴォーグのこれらのメリットを見込んで買う人も多くその後に不満点に気づくこともあるのでしょうが、車としての満足度は決して低いものにはならないでしょう。 レヴォーグはスバル車としてはかなり完成度の高い車のひとつです。 これからレヴォーグを買おうと思っている方は、以下の記事もぜひあわせてご覧ください。 購入の参考になりますよ。

次の

新型レヴォーグ 内装デザイン発覚!?フルモデルチェンジで予想できるインテリア

レヴォーグ 内装

この記事の目次• レヴォーグの荷室の寸法は? まずはじめに、リアシート使用時の荷室の寸法を計測してみました。 奥行きは116cmで、幅は一番広い箇所で135cm、ホイールハウス内側の一番狭い箇所で107cmでした。 さすがステーションワゴンだけあり、荷室の奥行きはコンパクトカーの比ではありません。 これだけの広さがあれば日常の買い物で困ることはまずないでしょうし、レジャー用品もかなり積めそうですね。 家族4人で3~4泊くらいの旅行に出掛け、荷物とおみやげを満載してもまだ余裕があるかもしれません。 次に、4:2:4分割可倒式のリアシートを全て折り畳んだ状態で荷室の奥行きを計測しました。 運転席は身長177cmの筆者のポジションに調整し、助手席は一番前にスライドさせてありますが、この状態で運転席側は195cm、助手席側は210cmありました。 定尺ベニヤ板や畳が余裕で積めますし、フロアがフラットなので使い勝手も良さそうです。 しかし、この状態では助手席のレッグスペースが窮屈なので、基本的にドライバーだけの乗車でなるべく沢山荷物を積みたい時に限定されるでしょう。 続いて、助手席に楽に人が座れるように一番後ろにスライドさせた状態で計測してみました。 この状態でも荷室の奥行きは188cmありました。 これなら、大の大人2人が余裕で車中泊できますね。 ミニバンと比べ天井が低いのが玉にきずですが、レヴォーグは隠れた車中泊向きモデルといえそうです。 シートアレンジに関してはミニバンのような多彩さには欠けますが、左側の座席だけを折り畳む、左側と中央席を折り畳む、右側と中央席を折り畳むといったアレンジができます。 それぞれシートアレンジの画像も貼っておきますね。 また、中央席だけを折り畳むこともできるので、4人乗車して物干し竿などの長尺物を積みたい場合に重宝しそうです。 更に、レヴォーグの荷室フロアの下には大容量のサブトランクが隠されています。 工具を収納すると他にほとんど積めなくなってしまう車種も少なくない中で、実用になるスペースを確保している点は評価できます。 その他に、荷室の両サイドには「リヤクォーターポケット」と呼ばれる収納スペースが用意されるなど、荷室の使い勝手は大変良好です。 レヴォーグの荷室スペースの広さや使い勝手が分かったところで、荷室開口部の大きさを見てみましょう。 幅が109cm、高さは71cmでした。 大きな荷物を積み下ろしするのに十分な大きさがありますし、開口部の形状もスクエアに近いので使い勝手は良さそうです。 続いて、地上からバックドアシルまでの高さを計測しました。 高さは63cmで、ミニバンよりは高いもののSUVよりは低い数値です。 重さ数キロのリュックサックを片手で積み下ろししてみましたが、特に負担に感じることはありませんでした。 ミニバンや軽トールワゴンの低床フロアに慣れている方は、最初は「ちょっと高いな」と感じるかもしれませんが、直に慣れてしまうはずです。 レヴォーグのリアシートのスペースは? レヴォーグは家族持ちの方がファミリーカーとして購入するケースも多いと思いますので、リアシートのスペースも重要なポイントになります。 レヴォーグのリアシートが広いという評判はあまり見かけませんが、実際のところどのくらいの広さがあるのでしょうか? まず、リアシートの幅を計測してみました。 シートの端から端までの寸法は134cmで、3ナンバー車だけあってそれなりの幅があります。 また、左右の座席の幅はそれぞれ52cm、中央席の幅は30cmでした。 中央席は幅が狭い上、座面の座り心地が悪いので大人が長時間乗車するのは厳しそうです。 乗車定員は5人となっていますが、シート形状から考えると事実上4人乗りといえるでしょう。 続いて、座面から天井までの寸法を計測してみました。 レヴォーグはミニバンやSUVと比べ全高が低いので、座面から天井までの寸法も92cmと決して大きくありません。 しかし、座高の高い典型的日本人体系の筆者が座っても頭上にゲンコツが1個半入るスペースがあったので、まずは十分といえそうです。 では、リアシートのレッグスペースはどうでしょうか? まず、運転席側の後ろに座ってみました。 運転席は引き続き筆者のポジションに合わせてありますが、その状態で膝とシートバック間のスペースはゲンコツ1個分でした。 膝が当たってしまうよりはずっとマシですが、シートバックとの距離が近いのであまりくつろいだ気分にはなれません。 次に助手席を一番後ろにスライドさせ、その後ろに座ってみました。 ご覧のとおり膝とシートバックの間にスペースはほとんどなく、気分的にとても窮屈でした。 続いて、先ほどとは逆に助手席を一番前にスライドさせてみました。 今度はかなりスペースに余裕ができ、膝とシートバックの間にゲンコツが2個半入りました。 これなら長時間座り続けても問題ありませんが、一方で助手席のレッグスペースがとても窮屈になってしまう問題が生じます。 ならばと助手席の足元が窮屈にならない程度まで後ろにスライドさせ、再度リアシートに座ってみました。 膝とシートバックの間にはゲンコツが2個入るスペースがあるので、これなら助手席の乗員も後席の乗員も満足できそうです。 レヴォーグの乗降性は? レヴォーグを街乗りで使う場合は、乗り降りの機会が多くなるので乗降性も無視できないポイントになります。 まず、前席の乗降性をチェックしてみました。 地上からサイドシルまでの高さは36cmで、ミニバンや軽トールワゴン並みの低床であることが分かりました。 しかし、だからといって乗り降りがしやすいわけではありません。 それは、ミニバンなどと比べルーフが低いので、乗り込む時に身をかがめる必要があるからです。 また、着座位置も低いため乗り込んだ瞬間にお尻がストン!と落ち込む感じで、違和感がありました。 そして降りるときもミニバンやSUVのようにすんなりと降りられず、若干「ヨイショ」という感じになります。 レヴォーグの前席の乗降性はイマイチなことが判明しましたが、後席はどうでしょうか? 後席の地上からサイドシルまでの高さは、前席より1cm高い37cmでした。 これも数値的には十分低床なのですが、ドア開口部が狭い上にドアの開度も小さいことが問題と感じました。 ルーフも前席と同様に低いので、乗り込む際は身をかがめながら狭い開口部から体を滑り込ませなければなりません。 降りる際も、スライドドアのミニバンのようにはスムーズに降りられません。 前席以上に乗降性に問題があるので、ご家族にお年寄りがいる場合はディーラーに連れて行き、実際に乗り降りを試してもらった方がよいでしょう。 レヴォーグの収納・小物入れの使い勝手は? ミニバンの場合は豊富な収納が用意され、使い勝手にも配慮されているケースが多いのですが、ステーションワゴンのレヴォーグはどうでしょうか? レヴォーグ運転席側の収納・小物入れの使い勝手 レヴォーグの運転席側の収納・小物入れには、まずボトルホルダー付のドアポケットがあります。 ポケットの容量はあまり大きくはなく、収納できる物はノートやスマホなどに限られそうです。 ボトルホルダーは500mlのペットボトルを収納できるので、実際に置いてみました。 位置が少し低過ぎますが、それでもミニバンと比べると着座位置が低い分、取ったり置いたりするのが楽に感じました。 インパネ部の収納としては、プッシュスタートスイッチの下の方に開閉式のコインホルダーが備わります。 どうも壊れていたようで建付けが悪く、開けようとするとホルダーごとポロっと取れてしまったりしました。 本来はETCカードが使えない料金所などで重宝しそうな収納です。 続いて、運転席専用というより助手席と共用の収納ですが、センタークラスター下部にセンタートレイが備わります。 スマホや携帯などが置けるほか、USB電源も備わるので充電時も重宝するでしょう。 筆者の携帯を置いてみましたが、底面が滑り止め処理されているので振動で落ちる心配もなさそうでした。 また、シフトレバーの後ろ側には2人分のカップホルダーが用意されています。 シャッター付なので埃が入る心配もなく、なかなか気が利いた設計ですね。 実際に500mlのペットボトルを入れてみましたが、位置的にはシフトレバー側のホルダーが丁度良く、後ろ側のホルダーは少し後ろ過ぎるように感じました。 とはいえ、どちらのホルダーもドリンクを置いたり取ったりする際に肘がどこかに干渉することもなく、基本的に使い勝手は良好です。 そして、ドリンクホルダーの後部には蓋付のフロアコンソールボックスが備わります。 容量はそこそこですが、内部に電源ソケットが用意されるなど気が利いています。 容量のイメージをつかんでもらうために、携帯を収納してみました。 レヴォーグ助手席側の収納・小物入れの使い勝手 続いて、助手席側の収納・小物入れの使い勝手を検証します。 まずはグローブボックスから見てみましょう。 位置的に下過ぎることもなく、容量も十分でダンパー付でソフトに開くので使い勝手は良好です。 取扱説明書などの書類を収納した画像もアップしておきます。 そして、助手席側のドアにも運転席側と同じ形状のボトルホルダー付ドアポケットが備わります。 運転席と助手席の収納・小物入れは、以上の6箇所になります。 レヴォーグ後席用の収納・小物入れの使い勝手 続いて、レヴォーグの後席用の収納・小物入れを見てみましょう。 まず左右のドアに、ボトルホルダー付のドアポケットが備わります。 前席用と同様、ボトルホルダーとしては位置的に少し低過ぎる感じがありますが、取ったり置いたり自体はスムーズにできました。 ボトルホルダー後部のポケットは、前席用とは異なり書類などは収納できず、スマホや携帯などの小物類に限られそうです。 そして後席用の収納はもうひとつ、折り畳み式のセンターアームレストにカップホルダーが備わります。 試乗車はレンタカーでしたが、まだ後席用カップホルダーを誰も使っていなかったようで、透明フィルムが貼ったままでした。 位置的には問題ないのですが、ペットボトルを取ったり置いたりする際に引っ掛かるのが気になりました。 透明フィルムが干渉しているのかと思い、剥がした状態でも試してみましたが同じでした。 どうやら、ドリンクの振動を防ぐためのホルダーがきつ過ぎるようです。 ドリンクをスムーズに取ったり置いたりできないのはストレスを感じるので、もう少しホルダーが緩い方がいいと思いました。 レヴォーグの内装や荷室スペースのまとめ 前席に関してはシートのサイズがたっぷりしていますし、3ナンバー車なので横方向のゆとりも十分でした。 運転席・助手席とも足元のスペースにも余裕がありましたし、ヘッドスペースは余裕たっぷりとはいえないまでも、まずは十分と感じました。 一方、リアシートに関しては決して広いとはいえず、ミニバンと比べると見劣りがしてしまいます。 とはいえ、大人が座るために最低限必要なレッグスペースやヘッドスペースは確保されているので、よほど大柄な人でない限り不満の声が出ることはないはずです。 ただ、大人が3人座るのは難しく、事実上は2人掛けといえるでしょう。 荷室スペースに関しては、リアシート使用時も十分広く、リアシートを畳めば更に広大なスペースが出現するなど高く評価できます。 フロア面がフラットで使い勝手が良いことも、美点です。 高さが低いことを除けば、同クラスのミニバンと比べても遜色ないといえるでしょう。 最後に収納・小物入れの総括ですが、前席用・後席用ともあまり豊富な方ではなく、それぞれもう1箇所は収納スペースが欲しいと感じました。 ボックスティッシュの置き場所がない点も、特に花粉症の方には不便に感じるかもしれません。 下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】 新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、 下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。 やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。 ディーラーの下取り金額に騙されるな!? 新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。 しかしここで注意してもらいたいのが、 「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。 本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。 また「値引きは限界です。 その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言った セールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。 ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・ ディーラーに騙されないためにする事 以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。 ディーラーの査定でフィットは 52万円と言われました。 まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。 買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。 その時の画像です。 出た金額は、なんと ディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。 概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。 もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、 25万円の大損となっていました。。 この時した事は、 査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。 これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。 ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく 1万円プラスの78万円を提示されました。 しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。 この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。 1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のように ディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

次の