ディヴィニティ 2。 PS4『ディヴィニティ:オリジナル・シン 2』日本語版の発売決定!ストラテジックなパーティーバトルのRPG

PS4/Switch ディヴィニティ:オリジナル・シン2 職業考察と序盤攻略メモ(隔離地域~フォートジョイ脱出までの流れ) │ ページ 2 │ G@MERZ:HACK

ディヴィニティ 2

開始条件 後に自動開始。 スポンサーリンク 攻略の流れ 本編の最終クエスト。 所謂「 ラストバトル」。 入口でマラディが登場。 (生存していればガレス、タルクィン、アルミラも登場。 ) 彼女らの助力のおかげでラストバトルはSPが無制限に使用可能。 奥に進むと ルシアンや ダレス達の会話が発生。 主人公のソースを捧げることを了承すると1戦目の戦闘は回避可能。 拒否すると 戦闘になる。 ゴッドキングと聖約を結んでいる場合も 強制戦闘となる。 ( 聖約時はソースを捧げようとするとゲームオーバーになる。 実際にソースをどうするかはラストバトル後の選択肢で選ぶ。 ラストバトル1戦目 ルシアン、ダレス、フリードマンetc... 周囲の全員が敵となる。 この時点ではフリードマンが本性を出していないので彼も普通に戦う。 開幕突っ込むと敵の集中攻撃を浴びて危険なので全員で距離を置くこと。 距離を置いてAPを溜めて待ち伏せ反撃で各個撃破をするのがオススメ。 前述のようにSP消費がないことを利用してソーススキルを積極的に活用したい。 ある程度ザコを倒したらダリスを集中攻撃して2戦目へ。 ちなみに2戦目は1戦目の状態を引き継ぐ。 なので、1戦目終盤に味方パーティを回復しておくと2戦目が戦いやすくなる。 特殊ルート 全員敵対するルートの場合、フリードマンの生命を2割以下にすると会話が発生する。 (フリードマンの生命を2割以下にしたキャラに対して会話が発生。 ) ここで説得が成功するとフリードマンが消滅し、ラストバトル2戦目がカットされる。 会話の流れとしては 1.「ダリスと対峙する。 3.「何も言わず、武器を掲げる。 ルシアン達は残っている倒す必要あり。 情報提供:ハヤブサ様 ラストバトル2戦目 正体を現したフリードマン= ブラッカスが登場。 ブラッカス+ソースキング軍が相手となる。 これまで登場した悪役が全員復活して登場する。 1戦目を回避している場合は、ルシアン達が味方として参戦してくれる。 1戦目で戦っている場合であっても生存者は味方寄りの中立NPCとしての参加になる。 (1戦目で死亡しているNPCは参戦しない。 ) 彼らが味方で参加してくれているなら1戦目よりも遥かに楽。 この戦闘ではブラッカスを倒せば勝利となる。 ただし、防御値・生命力ともかなり高いので速攻は難しい。 ルシアン側が味方勢力扱いなら開幕速攻も一応可能。 この戦闘で注意したいのはクラーケンの 召喚&復活。 通常は名無しザコを召喚するがケムやサローマンのようなボス格を再召喚することがある。 またクラーケン自体を倒しても、ブラッカスがクラケーンを再召喚する。 なので、お供を倒して長期戦で挑むという作戦が使いにくい。 クラーケンを最優先で倒して、そのまますぐにブラッカスを倒すのが理想。 ( クラーケン撃破でクラーケンの召喚した敵は消滅する。 クラーケンは巨体=ヒット判定が大きいので 複数ヒットスキルがあると簡単に倒せる。 (炎のメテオや狩猟のアローレイン等) この戦いでもSPスキルを最大限活用してボスに大ダメージを狙って行きたい。 普通ならこの戦闘でエンディングへ突入する。 ただし、で医者と協力していると3戦目が発生。 スポンサーリンク ラストバトル3戦目:悪魔共闘 で医者と協力をしていると2戦目終了時に医者が登場する。 ここでの選択肢で3戦目が分岐。 医者との協力を選ぶとこちらの戦闘が発生。 主人公以外の仲間が敵対化する。 味方は主人公と医者だけとなる。 ここでも敵・味方共に2戦目の状態を引き継ぐので注意。 主人公が弱っていると苦戦する可能性あり。 このルートを目指すなら2戦目で仲間を弱くしておくのがオススメ。 医者自体は非常に頼りになるので主人公が万全なら戦闘自体は楽。 透明化等の避難手段を用意しておけばのほとんどを医者任せでも突破可能。 ラストバトル3戦目:悪魔敵対 で医者と協力をしていると2戦目終了時に医者が登場する。 ここでの選択肢で3戦目が分岐。 医者との敵対を選ぶとこちらの戦闘が発生。 主人公が開幕消滅する。 (残りの仲間 vs 医者という感じになる。 ) ラストバトルの中では一番難しいと思われる。 敵は医者1人だがかなりの強敵。 (ブラックハウスでの戦闘と強さはたぶん同じ。 お供がいないだけ。 ) Lv補正が活かせるLv21以上で挑むようにしたい。 戦い方は基本に忠実に防御を削ってからの無力化狙い。 速攻で防御0にできるならそこまで苦戦はしないはず。 ( この防御0にするのが難しいのだが・・・。 ) 持久戦になるなら 味方の魔法防御には注意。 魅力を使われるとかなりきつい。 エンディング ラストバトル連戦終了後、仲間や周囲のNPCとのイベントを見た後に選択肢発生。 ここでの選択肢でエンディングが確定する。 ラストバトル後の選択肢 仲間達からの信任の後にどうするか選択する。 具体的には2つの選択肢でエンディングが分岐する。 ( ゴッドキング聖約時は強制で「ゴッドキング征服エンド」になる。 ) ( 悪魔と共闘していると強制で「天使と悪魔エンド」になる。 質問1:自身が神になるか?• 質問2:神性をどうするか?•

次の

『ディヴィニティ2(DOS2)』|評価 感想 レビューまとめ

ディヴィニティ 2

オリジンキャラはストーリーがあるキャラクター。 但し能力値・スキル等は作成時から自由に変えられる。 カスタムキャラはストーリーがないキャラクターで自分で自由に種族・能力値・戦闘アビリティ・スキル等を設定出来る。 後は、オリジンキャラはソーススキルが決まっているが、それほど強いものがない。 カスタムキャラは共通で「ドーム・オブ・プロテクション」という強力なバリアが使えるので、フォートジョイ後半はこれを頼りに進められる。 (ソーススキルなのでソースを封じられているフォートジョイ序盤は使えない。 ) お奨めは「カスタムキャラ」・「種族エルフ」・「スキル召喚術」のセット。 カスタムキャラ 「ドーム・オブ・プロテクション」(ソーススキル)が使える。 範囲内にバリアを張り一定時間防御値を回復させる。 防御面でかなり優秀なスキル。 種族も自由なものが選べる。 一番お奨めの種族はエルフ。 エルフ 種族スキルの「フレッシュ・サクリファイス」でAPが戦闘で増やせる。 が、一時的に体格が減るので盾が外れることがあるため注意。 スキルが増えたら悪党スキルの「アドレナリン」を使うほうが戦闘中のリスクは低い。 死肉喰らいでスキルブックがなくてもスキルがある程度増やせる。 序盤はスキルブックを買う金がないため、スキルが無料で増やせるのは貴重。 召喚術 前作とは比べ物にならないほど強力なスキル。 化身召喚の防御値が高く、設置地面に応じて物理タイプか魔法タイプかの選択が可能。 遠隔攻撃も可能。 更に、召喚生物にかけるバフスキルも豊富にあり。 毎ターンエレメンタル・トーテムを出せるのも強い。 高難易度ではサマナーでも戦闘がきついため、少なくともパーティーで一人は専業サマナーにしたい。 ネタバレだが、フォートジョイ島を脱出するまでは、能力値や戦闘アビリティ、社会的能力は一切リセットできない。 そのためキャラクター作成時にフォートジョイを脱出出来る程度のキャラクターは作っておきたい。 フォートジョイを脱出すると船(レディ・ヴェンジェンス号)の下層にある鏡でいつでも変えられるようになる。 ゲームが開始するとオリジンを仲間に入れられるので、こいつは前衛で戦闘、こいつはサマナーで召喚、こいつは後衛で魔法でサポート、などの大まかなパーティーのガイドラインを思い描いておいたほうがプレイを進めやすい。 職業については、以下のリンク先で後述し、先にストーリー進行について述べる。 護送船(メリーウェザー号) チュートリアルステージなので適当に進めてよい。 マギステルと会話すると殺人事件が発生していて犯人捜索の依頼を受ける。 また船の奥にいる名簿係りに名前を登録しに行けとも言われる。 オリジンキャラが船内にいるので適当に会話してもいいし無視してもいい。 ここでの選択は今後に影響しない。 船の奥に行くと魔女ウィンデゴがソース魔法を使って召喚されたヴォイドが船を転覆させようとする。 ヴォイドと戦闘になり、勝つと直ぐに逃げるか船に戻って他のキャラを助けるかの選択があるが、戻るとまた戦闘になる。 戦闘に勝利し甲板に上がると船が転覆して次のシーンに移る。 船内に戻らず逃げてもストーリー上問題ない。 船内を漁っても大したものはないが、プレイに慣れる意味でも、最初はここで会話したり探索したりといったことに慣れておきたい。 また、最初は回復手段が少ないので、船に落ちている寝具を拾っておきたい。 HPの回復は、水術スキルの「リジェネレーション」が普通だが、スキルがないうちは寝具やベッドを使って眠ったり、食料を食べることで持続回復する。 メリーウェザー号ではマギステル殺人犯を探したりと色々あるが、何をやっても最後の結末はフォートジョイの浜辺に打上げられることになるのは変わらない。 船内で戦闘が数回あるので、何らかの攻撃スキルはキャラクター作成時に取っておきたい。 お奨めは化身とエレメンタル・トーテムを召喚出来る召喚術スキルだ。 フォートジョイ隔離地域 目的はフォートジョイ島をレディ・ヴェンジェンス号で脱出することだが、まずフォートジョイ隔離地域で衛兵(マギステル)に監視されている中でどうやって隔離地域の外に出るか、というのが当面の目的になる。 隔離地域からの脱出ルートは複数あり、自分で脱出ルートを発見した時は楽しい。 敵を倒してもいいし残したまま街から脱出してもいい。 が、このゲームでは決まった敵しか出現しないので、倒せる敵は全て倒して経験値に変えたい。 レベルゲーでもあるので、レベル差がある敵にはかなり戦闘がきつい。 出来るだけ敵を倒してレベルアップして先に進めたいところだ。 フォートジョイ脱出の流れ フォートジョイでの主なストーリールートは以下になる。 オリジンキャラによってストーリーが多少変化するが、大筋は大体同じだ。 フォートジョイの浜辺に流れ着く。 沿岸部にいるオリジンキャラと会話して仲間に入れる。 フォートジョイ隔離地域で一帯を支配する神聖騎士団のダリス・ザ・ハンマーが、リザードのアツサを処刑するシーンを目撃する。 フォートジョイの街中でキャプテン・グリフの一味に因縁を付けられているエルフのエロディを助ける このイベントは時限のため、助けに入らないと時間制限で戦闘になってエロディは死ぬ。 シャヒーラクエストのためにエロディを救ったほうがいいだろう。 なお、キャラクターの「タグ」によっては、会話で戦闘を回避してエロディを助けるルートもある。 エルフの洞窟でシャヒーラと会話する。 シャヒーラからグリフに捕まっているアミーロの救出を依頼される。 グリフからドルダネイ入りのオレンジの捜索を依頼される。 エルフのアミーロが開放されるように行動する。 (一例:夢想家リザード(スティングテイル)からドルダネイ入りのオレンジを入手してグリフに渡すなど)グリフから犯人の名前を言えと言われるが、言わないとグリフと戦闘になる。 言うとその場は丸く収まるがスティングテイルに刺客が差し向けられる。 スティングテイルを救う場合は、グリフに犯人の名前を言った後直ぐにスティングテイルの場所に行くと刺客が襲ってくるので、返り討ちにする。 グリフにはその情報は伝わらず、スティングテイルも助かる。 フォートジョイ闘技場で戦闘に勝ちジ・ワンになる。 修理屋のネボラに根源の首輪を外してもらう。 (主人公のみ解除される。 )(ストーリーとは直接関係ないが、ガーウィンから依頼を受けて転送グローブは入手しておきたい。 何らかの方法でフォートジョイ隔離地域を脱出する。 (後述。 フォートジョイ外への脱出ルートを参照。 ウィンタードラゴン・スレインの依頼を受けて魔女ラデカを倒す。 スレインのクエストをクリアすると波止場の砦にいる人間兵器シュリーカーを排除してくれる。 シュリーカーはラデカから入手する粛清の杖のパージスキルでも無力化出来る。 スレインはやり方によっては倒せなくもないが、適正レベルだとキャラクター側がLV7に対して、スレインはL9のHP600。 しかもフィールドは氷結しており、スレインをかなりトレインしてくる必要があり、戦闘がかなりだるい。 倒してもドロップする装備品が不味いので、無理に倒す必要はないだろう。 (戦闘に勝利した場合の戦利品は以下だった。 経験値6000、ウィンタードラゴンの牙(片手剣)、スキルブック、氷のオーブなどアイテム6個ドロップ。 )スレインを倒すと同族のレッドプリンスの好感度が下がる。 ブラッカスレックスの宝物庫(トランプドイの迷宮)をクリアして自分の種族の神と会話する。 (恐らく必須。 シーカーの隠し村を発見しグラティアナと会話してシーカーたちの指導者ガレス捜索の依頼を受ける。 ガレスがいる廃城でマギステルからガレスを救い出す。 (城の1Fのブラッカスの兵器庫はレバーに祝福をかけてレバーを操作すると扉が開く。 奥の部屋は学者タグを持つキャラクターがルーン文字に手を置くと開く。 (暴君のヘルメットを入手。 シーカーの隠し村にいるドワーフのドゥガンかレヤに話しかけて根源の首輪を外す。 (ドワーフキャラクターやローゼで会話する。 ガレスと会話してアレクサンダーを倒してレディ・ヴェンジェンス号を奪う計画になる。 シーカーの集結場所に移動する。 主教アレクサンダーのいる砦へ攻撃を仕掛けてアレクサンダーを倒す。 シュリーカーを何らかの方法で排除する。 (スレインクエストで無力化してもらうか、ラデカから入手した粛清の杖のパージスキルで無力化。 召喚されたドリルワームを倒す。 (ワームとアレクサンダーの部下を同士討ちさせると楽に倒せる。 シーカーの仲間のマラディに話しかけてレディ・ヴェンジェンス号に乗船する。 (乗船後はフォートジョイに戻れない。 フォートジョイを脱出。 ACTが進行しレディ・ヴェンジェンス号船内へシーンが移る。 レディ・ヴェンジェンス号船内では、船が動かない原因を調べるショートクエストと、追っ手のダリス・ザ・ハンマーとの戦闘になる。 戦闘で一定時間耐えると、ドリフトウッドに移動する。 (レディ・ヴェンジェンス号船内の探索と、ドリフトウッドのクエストについては、この記事では割愛する。 ) フォートジョイ外への脱出ルート フォートジョイ外への脱出ルートは主に、以下の4つがある。 マギステル城地下のボート(いかだ)から城外に脱出するルート• マギステル城地下の解剖医ナイルズのいる部屋の奥の通気口から外に抜けるルート• マギステルの城の城門の跳ね橋から城外に脱出するルート• マギステルの城の港から城外に抜けるルート 実はフォートジョイ街中とマギステル城地下は自由に行き来可能になっており、街中にあるルシアンの像の近くのスイッチを押せば地下入り口がある。 (スイッチが見つからない場合は、パーティーの中の誰かの機知を高めると発見し易い。 序盤は機知極めで上げても問題ない。 機知はスイッチや隠された穴などの発見率を高めるほか、戦闘で行動優先度を上げて敵より先に行動することが可能なため、極めて重要な能力。 ) 地下にある像の近くに行くとファストトラベルが解禁されてどこからでも城の地下に行ける。 (ファストトラベルはoptionsを押すとどこからでも移動可能。 但し発見済みのファストトラベルポイントに限られる。 また、像に直接アクセスしてもファストトラベルメニューになる。 ) ボートでの脱出ルートは地下監獄の奥のマギステルを倒さないといけないが味方のレベルが低いので結構きつい。 脱出までに、海岸のミゴのクエスト、エルフの洞窟のカエル、地下洞窟の炎のナメクジ、海岸の亀、海岸のワニ、フォートジョイ闘技場などをクリアしてレベルアップしておきたい。 (このゲームではレベル差でダメージ量などが顕著に変わるため、低レベルで高レベル敵と戦うのはかなり不利になる。 ) 特にワニを倒して入手出来る「テレポーテーション」スキル付与の転送グローブは入手しておきたい。 テレポがあれば、戦闘で敵一人だけ引っ張ってきたり、面倒な敵を遠ざけたり、味方を移動できない場所へ移動させたり、高い場所にある宝箱を取ってきたりとあらゆる状況で使える万能魔法になる。 マギステル城地下で拷問されているデローラスを助ける場合、マギステル・ハウンドマスターと戦闘になる。 予約購入特典に付属する序盤攻略ガイドでは、難易度タクティカルでレベル4程度あると余裕を持って戦える、と書かれている。 奥にいるレンジャーの弓が厄介だが、牢が沢山あるので地形を利用して戦う。 マギステルを正面に見て、左の牢屋は入り口が壊れていて、移動系スキルでしか入れないのでここを使うと戦闘が楽になるだろう。 左の牢屋に入ると通路の一番奥にレンジャーが座っているので、牢屋にテレポートさせて部屋の中で戦う。 敵は牢屋に侵入出来ないので、1対1で戦える。 レンジャーを倒した後は、一旦逃亡して仕切り直して戦ってもいい。 隠密で近付いて、倒したい敵を手前にテレポートさせ、敵が追いついてくるまでに倒す、というのはこの場面でも出来るし、他の場面でもよく使う戦術になる。 建物の死角に入るなどして、レンジャーの弓でダメージを受けない事が重要だ。 範囲魔法を打ち込むと、デローラスが巻き沿えで死にかねないため、出来るだけデローラスから離れて戦いたい。 マギステルを倒すと、合言葉(マダムズーアの情報)を入手する。 近くに落ちている牢の鍵を拾っておく。 牢獄の待機房の北の扉を開き、フォートジョイ牢獄へ移動する。 牢獄の南の地下のボートが係留してある埠頭付近のマギステルと会話して、正しい合言葉を伝えると、マギステルが移動するのでいかだを使っての脱出が出来る。 また、城のつり橋を降ろすハンドルを回してからつり橋から城外に脱出するルートもあるが、この場合も城内のマギステルとかなりの確率で戦闘になる。 城の海岸側もマギステルの人数が多いので、隠密で脱出するのはほぼ不可能だろう。 やはり、合言葉を入手して地下からいかだで脱出するルートが一番楽そうに思えるが、この辺りは個人の判断や趣味だろう。 いかだで脱出後は、虚ろの沼地になる。 ここで更に強力な敵が出現してくるが、シーカーたちの隠れ村を探して探索を続けなければならない。 フォートジョイ闘技場をクリアすると、根源の首輪を外すことが可能になる。 首輪を外すと街中のマギステルが襲ってくるので、フォートジョイ脱出寸前まで首輪があったほうが動き易い。 根源の首輪が外れるとソースポイントが1になりソーススキルが使用可能になる。 カスタムキャラはソーススキルの「ドーム・オブ・プロテクション」が使えるので、かなり戦闘が楽になる。 ソーススキルを使うとソースポイントが減る。 ソースポイントの補充は、フィールドに暗緑色の液体があるのでそれに触れるとポイントが増える。 また、ガレスがマギステルと戦っている廃城の1Fのブラッカスの兵器庫にソースを無限に補充出来る「根源の力の源泉の装置」がある。 ソーススキルを使ったらそこでソースポイントを補充する。 特に、主教アレクサンダー戦や、レディ・ヴェンジェンス号に乗る前は、確実にソースポイントを補充しておく。 戦闘でキャラクターが死んだ場合、リザレクションの巻物を使って生き返らせることが出来る。 戦闘中に生き返らせると、生き返った直後はHPが減少、物理・魔法防御がない状態になるので、レスキルされないために注意したい。 リザレクションの巻物は、商人や取引が出来るキャラクターから買うことが出来る。 金がなければ窃盗を持っているキャラクターでスリをして盗んでもいい。 次のページへ•

次の

力の種

ディヴィニティ 2

仲間とパーティー考察 フォートジョイで船で出会ったオリジンキャラのうち3人仲間に出来る。 オリジンキャラは以下のキャラクターがいる。 レッドプリンス リザード王族の王子。 王国に戻るため夢想家のリザードを探している。 種族特性としてショベルなしでも穴掘りが可能。 ドラゴンブレスで火元をいつでも起こせるので戦士や召喚士に向いている。 セヴィル エルフの女。 奴隷にされていた過去があり、自分を奴隷にした暗殺組織「孤狼(ローンウルフ)」の首魁のリザードを付け狙う。 リザードを見かけると見境がなくなり勝手に攻撃することがある。 エルフの種族スキル「死肉喰らい」で、死体の一部を食べると残留思念を取り出してスキルを覚えることが可能。 ローゼ 悪魔憑きの女。 エルフのシャヒーラに会うと、悪魔憑きに変貌して襲い掛かる。 悪魔憑きローゼを倒すと人格が元に戻る。 マギステル城地下のフォートジョイ監獄にいるドワーフと話すと、ドワーフの師匠が悪魔祓い師(エクソシスト)という情報を入手する。 ドリフトウッドでエクソシストに会うことがローゼの目的となる。 なおエクソシストは前作にも出ていたあの人である。 イファン・ベン・メッズ 人間の男。 暗殺組織「孤狼(ローンウルフ)」の元暗殺者。 レンジャー出身で弓が得意武器。 動物と薬物が大好き。 「孤狼」から主教アレクサンダー暗殺の命を受けてフォートジョイに潜入した。 主人公でもパーティーで仲間にしても、序盤にクエストの流れでアンデッド商人ザレスカーから「シャドウオブアイ」という(序盤にしては)強力な弓をもらえる。 シャドウオブアイはダメージが序盤では桁違いに強く、「カメレオンクローク」のスキル付きなので、非常に強い。 イファンを仲間にする利点は序盤のシャドウオブアイである。 他にはドリフトウッドの酒場でストーリーが有利に進む選択肢がイファンのみある。 フェイン アンデッドの男。 アンデッドは通常の回復がダメージになり毒で回復という逆の形になるので、パーティーに組み込むのが難しいキャラ。 パーティーをアンデッドで固めるのが一番楽なのだが……。 街中では、アンデッドという理由で攻撃を受けるので、顔を隠したり変装しないといけない。 (フェインの変装マスクは序盤で入手可能。 ) 骨の指で開錠が可能なため、ロックピックが不要。 ビースト ドワーフの男。 ストーリー上、ドリフトウッドのロハールやドワーフの女王・ジャスティニアと絡みがある。 キャラクターとしては初期キャラクターにいなかったが、途中で追加されたキャラクター。 ドワーフの種族特性として、小さい穴など狭い場所に潜り込める。 オリジンキャラは正直誰を選んでもいいが、個人的には、レッドプリンス、イファン、セヴィルが少し強い印象。 レッドプリンスはドラゴンブレスでいつでも火が吹けるので火元が要らないのが楽。 地面を掘り返せるのでショベルも不要。 が、レッドプリンスがいるとストーリー上、頻繁に暗殺者に狙われてしまう。 イファンは孤狼関連のストーリーやドリフトウッドの街のクエストでいると多少便利。 また序盤で「シャドウオブアイ」というカメレオンクローク付きの強力な弓をもらえる。 カメレオンクロークがあるとかなり死に難くなるので、スキルブックが少ない序盤では貴重なアイテム。 半面、イファンの性格設定が厄介ごとに巻き込まれやすいので注意が必要。 セヴィルはエルフであること自体が強い。 種族スキル「死肉喰らい」でスキルの修得があるので他のキャラクターよりスキルが増えやすい。 また、種族スキルの「フレッシュ・サクリファイス」で戦闘でAPが増えるので少し有利。 ただ、ストーリー上リザードと敵対しやすいので、レッドプリンスとパーティー同居させ辛いのが難点か。 オリジンは6人(レッドプリンス、イファン、セヴィル、ローゼ、ビースト、フェイン)いるので、1周目のプレイでは全員のオリジンストーリーを見られない。 2周することを考えると、好きなメンバーをパーティーに入れてプレイして問題ないだろう。 仲間の初期スキルは、仲間に入れるときの会話の選択肢である程度のスキル系統を選べる。 質問「私はファイターとしての剣術は完璧だが魔法の神秘にも精通しているし、謀略の覚えもある。 さあどうする?」 選択肢• 「ファイターは理想的だと思うと言う。 「多少の筋肉を持つ人物に興味があると言う。 「技巧に長けた人物に興味があると言う。 「神秘の技に親しみをもっている人物に興味があると言う。 」 選択肢から1を選ぶとファイターのスキルがセットされる。 2だとファイター系の職業の選択肢(ファイター・インクィジター・ナイト・メタモルファ)が表示されて更に選択肢を選ぶ。 3はローグ系の職業の選択肢が表示、4は魔術師系の選択肢が表示、というようにスキル系統を選択肢で選ぶ。 欲しい職業の選択肢を選ぶとスキルが自動でセットされるので、パーティーの戦闘バランスを考慮したメンバー構成にしたい。 但し、この時点ではそれほど厳密に考える必要はない。 職業を選んでもスキルレベルは所詮レベル1か2なので、何を選んでもそれほど影響は少ないし、無駄にもならない。 お試しで使用感を確認して、使えると思ったらスキルを伸ばす感じでいいだろう。 使えないと思ったスキルは、レディ・ヴェンジェンス号の鏡で、いつでもスキルリセット出来る。 (リセットしてもスキルブックから覚えたスキルを忘れることは出来ない。 ) このゲームの戦闘は物理防御と魔法防御の2種類の防御値どちらかを0にしないとHPが削れないので、パーティーの攻撃方法がどちらかに偏っていると倒すのが難しい敵が出てくる。 (常時超回避で物理攻撃無効化、魔法効果無視、魔法効果吸収など) そこで、物理防御と魔法防御が両方削れるパーティー構成がバランスがいいということになる。 筆者が現在、オナーモードでプレイしている職業とキャラクターは以下である。 主人公 種族:エルフ(「死肉喰らい」でスキル入手可能。 ) スキル:召喚サブ+悪党系+サポート系スキル(水・土・風・武術・多形 低レベル)+隠密系スキル(悪党 低レベル) 役割(戦闘):化身召喚とエレメンタルトーテムを出す。 悪党スキルと各種サポート魔法(リジェネレーション、寒気の鎧、マジックアーマー)でサポート。 悪党は緊急脱出用のクローク・アンド・ダガーに加えて近接戦闘用のスキルも揃っているので、短剣二刀流の回避極め近接サブアタッカーとしても戦う。 役割(社会):窃盗担当。 (窃盗でスリと鍵開けが可能になる。 物価が高く、高価な装備品やスキルブックを買うことが難しくても、盗めば簡単に入手することが可能なので、金策でも非常に重要。 レッドプリンス 種族:リザード(ショベル不要。 ドラゴンブレスで火元不要。 ) スキル:戦士専業(武術・死霊術・多形)+サポート系スキル(水・土・風・武術・多形 低レベル)(リジェネレーション、寒気の鎧、マジックアーマー)でサポート。 悪党はクローク・アンド・ダガー用。 (カメレオンクロークで透明化からクローク・アンド・ダガーで透明化のまま移動が可能。 ) 役割(戦闘):片手剣+盾で戦闘。 武術や多形術で敵の物理防御を削り、バトル・ストンプやバトリングラム、チキンクロウなどの物理デバフで無力化する。 役割(社会):説得担当。 (会話で説得と能力値勝負になることが多く、説得で勝つとストーリーが有利に展開する。 イファン 種族:人間・孤狼関係者(孤狼関連ストーリーで選択が増える。 ) スキル:召喚専業+弓職サブ(狩猟術)+サポート系スキル(水・土・風・武術 低レベル)(リジェネレーション、寒気の鎧、マジックアーマー)でサポート。 悪党はクローク・アンド・ダガー用。 (カメレオンクロークで透明化からクローク・アンド・ダガーで透明化のまま移動が可能。 ) 役割(戦闘):化身召喚とエレメンタルトーテムを出す。 暇になったら弓で攻撃をサポート。 武術1レベルあればシールドバウンシングで物理防御を削れる。 役割(社会):幸運担当。 (幸運が高いキャラクターがパーティーにいると、ドロップで高グレードの装備やアイテムが入手確率が上がる。 金策で重要。 ローゼ 種族:人間(悪魔祓い師ストーリー関連) スキル:魔術師専業(火・風・水)+サポート系スキル(土・武術 低レベル)(リジェネレーション、寒気の鎧、マジックアーマー)でサポート。 悪党はクローク・アンド・ダガー用。 (カメレオンクロークで透明化からクローク・アンド・ダガーで透明化のまま移動が可能。 ) 役割(戦闘):火術魔法と風術魔法を中心に敵の魔法防御を削る。 水術魔法で仲間を回復させる。 武術1レベルあればシールドバウンシングで物理防御を削れる。 役割(社会):物々交換(商品売買)担当。 (金策で重要。 ) テレキネシス、隠密、鑑定は序盤はさほど重視しなくていいだろう。 テレキネシスは筋力で代用可能。 隠密は0でも隠密行動が取れるので序盤は無理して上げる必要はない。 鑑定は最悪NPC商人に頼めば可能。 職業考察 オリジンとの会話の選択肢で「バトルメイジ」や「インクィジター」といった職業名が出るが、雰囲気だけのものなので意識しなくていい。 結局、柱になるメインのスキル系統1~2種と、必須のスキル(回復系・移動系・隠密系)を低レベルで取るハイブリッドタイプになるのでゲーム側で示される職業名には余り意味がない。 自分はこのゲームの職業は大きく近接系、魔術師系、サマナー(召喚士)系、弓職系の4つに考えている。 盾戦士は片手武器と盾を持ち、武術・死霊術・多形術中心のスキル構成のキャラクター。 盾のブロック率と防御の高さで持久戦に強いタイプだが、攻撃力に課題があるので、状況に応じて片手持ちと両手持ち武器を入れ替えながら戦う。 (両手持ちメインの場合、防御が弱すぎるので、片手武器+高ブロック率盾で戦闘し、敵が弱ってダメージを多くしたい場合のみ、両手持ちに持ち替えて戦う。 ) また、盾のブロック率は前作ではキャラクターの能力として上げられたが、ディヴィニティ2では装備依存なので、高ブロック率盾が出るゲーム中盤以降でないとブロック率中心で戦うことは出来ない。 序盤はまず防御値を稼ぐことを考える。 防御値を稼ぐにはキャラクターの能力で何とかするには限界があるので、装備のグレードを上げるしかない。 グレードの高い装備品を得るには、幸運の高いキャラクターを作ってレア装備をドロップするか、装備品を商人に売るか、またはスリ(窃盗)でも何でもいいので金を稼いで店売り品を購入する。 このゲームではスリや窃盗で積極的に金を稼ぐ必要がある。 クエストをクリアしてもほとんど金は得られないからだ。 アミュレットにルーンが埋め込めるタイプのものだと、根源ルーンを埋め込むと回避が90%になる。 こうしたアイテムで回避率を稼ぐことが重要になる。 二刀流高回避型キャラクターも、ゲーム中盤以降でないと難しいため、序盤は召喚などを軸にしながら、戦闘の状況を見て、スキルリセットで調整して徐々に他のスキルを削って二刀流に移行していく。 近接系と相性がいいスキル系統は死霊術、多形術など。 死霊術は防御を稼いだり相手の防御値を削るスキルが多く近接の相性がいい。 多形術も物理攻撃手段として、また防御を稼いだりサポートが充実したスキル系統で近接と相性が合う。 魔術師 魔術師は土水火風の4種の魔法系統を上げていき、魔法サポートと魔法攻撃を担う。 魔法防御を削る場合に重要な職になる。 4種の系統全てを上げてもいいが、記憶スロットの容量から、スキルを絞る必要が出てくるので、どの魔法系統に特化していくかが重要になる。 一応、回復は水、攻撃は火、移動と攻撃が風、毒や地面への影響が土という感じになる。 サマナー サマナー(召喚術)はこのゲーム最強の職業。 専業で上げ切った化身召喚に召喚バフをマックスでかけたときの強さは半端ではなく、ソーススキルを除けば同レベル帯のキャラクターよりも堅くて強い。 更に、エレメンタルトーテムを毎ターン出す事ができ、設置面に応じた攻撃手段を付与出来る。 サマナーを一人増やせば難易度が一段階下がるくらいに考えてもいいほど。 ただ、召喚だけだと、出した後に遊兵になりやすいので、何かサポート系のスキルを取っておくのもありだろう。 弓職 弓職については、前作では最強職だったが、はっきり言ってそれほど使えない印象。 ディヴィニティ2では防御値のシステムから一番弱体化された職業。 まず弓を持っていると盾が持てないので防御値が下がり、防御が低いキャラクターは一点集中狙いされるため、1ターンで防御を剥がされることが多い。 弓自体の攻撃力もそれほど強くなく、「バラージ」が3本打てるのでダメージは少し強いのと、敵の物理防御をはがした後に矢の本数があれば転倒させられるのはメリットだろう。 ただ、それよりも盾を持てないことによるデメリットの方が上回る。 高所から弓を打つと攻撃力が上がるが、敵は移動スキル持ち・遠隔攻撃持ちが大半なので、高所でも移動したり攻撃を仕掛けてくる。 中盤以降は敵は位置入れ替えなども普通にやってくるので、弓のコンセプトである離れて高所から弓を打つという状況が作れないまま集中攻撃されて落ちる。 よって、弓職専用という職業は厳しいと考えた方がいいだろう。 ただ、弓が意味がないというわけではなく、「離れて高所から敵の物理を削りたい」というシチュエーションが結構あるので、それに備えて、全員分の弓を揃えておく。 狩猟術スキルがなくても、技巧のステータスが足りていれば弓が使えるので、遠隔から敵の物理削り用に弓自体は持っておきたい。 2020年1月4日追記 これまでは自分のプレイから上記のように思っていたが、ゲーム実況動画の兄者弟者さんのプレイから、思ったより弓職が活躍していたので驚いた。 動画では兄者氏、弟者氏、おついち氏の3人でストーリーをマルチプレイしている(難易度クラシック)だが、兄者氏はリザードの弓職。 タレントの「ガラスの砲台」を取っていて、毎ターン、最大APの6APで弓を撃ちまくる。 更に属性付与スキルで地面の血を矢に付与して物理ダメージを底上げ。 大体、弓一発で30数ダメージx3発で1ターン100ダメージを叩き出していた。 ガラスの砲台は防御値があっても敵の魔法などからデバフ効果を受けてしまうので、高リスクだが、兄者氏は上手く使っていた。 ただ、まだフォートジョイの序盤なので、今後テレポ魔法持ち、遠隔攻撃持ち、位置入れ替えなど、ストーリーが進むと敵AIが色々やってくるので、それにどう対応されるのかは興味がある。 また、「弓職+ガラスの砲台」ビルドは、前作をプレイ済みの兄者氏だから運用出来ているが、プレイに慣れていない人がやると難しいかもしれない。 実際、確実に集中砲火を浴びるので、自分は難しいと感じていた。 (ちなみに兄者氏は前作ではおついち氏とマルチプレイ。 兄者氏は前衛戦士で、おついち氏は後衛の召喚士だったので、プレイロールは前作と異なっている。 ) 次のページへ•

次の