丸亀製麺 香川県民。 ゲーム規制可決で罰則は!香川県民が丸亀製麺やリコール、ふるさと納税で報復行為!

丸亀製麺って香川県じゃないって知ってた?ネギ事件で炎上とは?

丸亀製麺 香川県民

そんなうどんですが、うどんと言えば香川県。 香川県には丸亀市があります。 なので、 丸亀製麺は完全に香川県の会社だと思っている人は多いのではないでしょうか? 実はWikipediaによりますと、 焼き鳥ファミリーダイニング「とりどーる」などの運営会社であるトリドールジャパン(神戸市)が運営するお店です。 セルフうどん業態を導入した1号店「丸亀製麺加古川店」を兵庫県加古川市に作り、そこから店舗を増やしていったようです。 なぜ丸亀製麺としたのかですが、運営会社トリドールの創業者・社長である粟田貴也の実父が香川県坂出市の出身で、幼い頃から讃岐うどん文化に慣れ親しんできた事もあり「もっと讃岐うどん文化を広めたい」との思いから、坂出市に隣接し讃岐うどんの聖地とされる地名、香川県丸亀市にちなんで「丸亀製麺」と名付けたとのことです。 香川じゃないんですね!! 名前のインパクトがあるもんね。 コメントに、 「ぶっかけうどんにネギをこれでもかと乗せて食べてる方を見かけたのでやってみました!これネギ好きにはたまらないですね!」 と紹介。 投稿のハッシュタグには、 「#ネギだく」「#新発見」「#やってみた」などの言葉も。 B鯖フォロワー増えたから改めて言うけど、丸亀製麺で釜玉うどんにとろろトッピングして、ゴマネギ醤油かけて食べて見てほしい。 他のメニューも美味いけどこれはダントツで好き。 実は、このTwitterをきっかけに、とある方がコメントを。 香川県高松市にある讃岐うどん専門店「ふる里うどん」の店主が、 店のツイッターで24日夜、丸亀製麺の「ネギだく」投稿を引用する形で、 「讃岐うどんの文化壊すの止めてもらえないですか?」 「讃岐うどん」の名前を使ったチェーン店が、ネギを大量に盛り付ける行為を紹介したことに、本場・香川の同業者として不満を流したんです。 それを発端に、様々な意見が巻き起こりました。 特に香川県民からは、ネギだくは批判の的に。 「ネギの苦味でうどん本来の味が殺されるということに、何故気付かないのかねえ?」 「丸亀製麺がネギ大量に乗せてもいいよ的な奴を投稿したら香川のうどん屋で真似するバカ県外民が出るんだよ」 「個人で死ぬほどネギ入れてる人は今までもいたんだろうけど、公式アカウントが発信するのは迷惑なのでやめて」 そして、勿論逆の意見も。 「うどんくらい好きに食わしてくれ」 「美味しければ良くない?」.

次の

讃岐うどん「ネギだく」は邪道?! 丸亀製麺に香川県民なぜキレたか: J

丸亀製麺 香川県民

SNSで話題となった内容は、「丸亀製麺の粟田社長が、小さな製麺所にお茶碗を持った客が並び、釜からもらったうどんにしょうゆだけをつけて食べている様子を見たことから思いついたのが丸亀製麺、と話しているがそれは嘘ではないか」「丸亀製麺は香川の会社でなく、香川における実績がないのに『讃岐うどん』を名乗り、『讃岐うどんチェーン』を名乗ること、香川に『丸亀製麺所』という会社があるのに『丸亀製麺』という名前を付けたことはいかがなものか」と苦言を呈するものだった。 この内容に対し、香川出身者のみならず、そうでない人までもが持論を書きこみ大炎上、「いいね」は4万件、「リツイート」は3万件にも及び、「丸亀製麺」は一時Twitterのトレンドにも入った。 事実、「丸亀製麺」を運営する株式会社トリドールホールディングスは、香川県丸亀市発祥ではなく、本社は東京都渋谷区にある。 「丸亀製麺」1号店「丸亀製麺加古川店」も兵庫県加古川市にオープンしている。 ネット上での声は、主に以下のような内容だ。 「(自分は香川県出身者だが)美味しいうどんが食べられるのであればどちらでも良い」 「丸亀製麺のうどんを本場の讃岐うどんだと思っている人はいないのでは」 「丸亀市出身だが、自己紹介する度に『丸亀製麺の!』と言われ、関係ないと説明しています」 「香川県民からすると味は全然ちがう。 丸亀製麺は舐めすぎている。 本場の味を食べに来てほしい」 賛否両論ではあるものの、香川県出身者の多くは「認めない(丸亀製麺は本場の讃岐うどんではない)」と感じている傾向が強いように思えた。 香川県発祥ではないにも関わらず、「讃岐うどん」という名称を使用することについては、全国生麺類公正取引協議会の生めん類の表示に関する公正競争規約で定められており、「名産」「特産」「本場」「名物」などを表示する場合に適用される。 だが、そうではない場合は、他県で作られた「讃岐うどん」でも問題はないらしい。 ・創業者が香川出身者ではない ・本場の讃岐うどんとは全く味が違うのに同じものだと思われたくない ・無関係であるのに「丸亀」を名乗っている 実は似たような事例として、 ・「大阪名物伝統の味」を謳う「串カツ田中」は東京発祥であり、本社所在地も東京都品川区 ・「名古屋めし」と思われている味噌カツは名古屋ではなく三重発祥 など多数ある。 決して丸亀製麺だけが特殊な事例ではない。 しかし、これだけ物議をかもした今回の騒動について丸亀市はどう感じているのだろうか。 丸亀市に「最近ネットで丸亀製麺が丸亀市の発祥ではないことが話題になっていますが、どのように思われますか?」と直撃してみると……。 「丸亀製麺様が丸亀発祥ではないことは皆さまご存じかと思います。 丸亀製麺様と丸亀市はつながりが直接あるわけではありませんが、協力関係にございます。 たとえば、協力関係の一環として、全国の丸亀製麺の店舗に丸亀市のイベントのポスターを貼って頂いていますし、丸亀市の公用車には丸亀製麺様の広告を出して頂き、広告料も頂いております。 昨年、日本一の高さを誇る丸亀城の石垣が、西日本豪雨の影響で崩落した際には、粟田社長個人から1000万円のご寄付を頂きました。 さらに、全国の丸亀製麺の店舗に石垣復帰のポスターや募金箱も設置頂きました。 お子様向けのうどん作り食育チャリティイベントも開催頂き、その収益はすべて丸亀市に寄付をして頂きました。 昨年12月に丸亀製麺の粟田社長が丸亀市で講演をされ、その際にお話を聞かせて頂いたのですがお父様が丸亀のご出身ではないものの、隣の市のご出身であるということ、讃岐うどんの店を出す時に『丸亀』という名前がすごく好きだったということをおっしゃっていました。 丸亀製麺様の新入社員の研修には必ず丸亀市内のうどん店をめぐり研修をされています。 また、丸亀製麺様は香川には店舗を極力出さない方針だとおっしゃっていて、丸亀市にも絶対に出さないとお話されていますが、それは我々に対して遠慮してのことだと言います。 このように、丸亀製麺様とはとても良好な関係であると考えております」 丸亀製麺が香川県に2店舗しか出店していないのは「香川の人に味が認められなかった」からではなかったのだ。 丸亀製麺、及び粟田社長は丸亀市に対しきちんと筋を通し配慮をするばかりか、協力関係を構築していたという。 発祥がどうあれ、丸亀製麺が丸亀市や讃岐うどんの知名度に貢献してきたことは事実である。 決して敵対関係にあるわけではなかったのだ。 今後、事態はどのような方向にいくのか見守りたい。 最近、読んだ本 関連サイト 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に より• に より• に 山口英代 より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

丸亀製麺がオススメの「ネギだく」本場の香川県民から怒りの声

丸亀製麺 香川県民

積極的に食べに行くお店ではないと思います。 個人的な見解でいうと、香川のうどん店として評価した場合、5段階評価の2弱ぐらいだと思います。 もともと、製麵所というのは麺を製造販売するお店の呼称です。 家庭や販売店は、この製麺所から麵を買っていました。 その場で食べたい人がいて、鉢を持参して、醬油をかけて食べだした。 そのうち、それが定番となって店側が鉢を置いたり、出汁を提供し始めた。 これが、製麺所スタイルのうどん店です。 あくまでメインは製麺です。 最近は、うどん販売を主目的にしながら製麺所と名乗っている所が増えてきていますが、昔を知っている香川県民から見ると???です。 香川には、本当に多くのうどん店があります。 讃岐うどんは、香川県民のソールフードです。 365日うどんを食べるという方も少なからず存在します。 安さでいうと、今でもかけうどん150円ぐらいから食べられるお店が多くあります。 数年前までは、100円玉握っていって食べられましたWW。 お店それぞれで味が違い、また、行く人の好みも違うので、一概には言えませんが、5段階評価の4や5のお店がごろごろあるとお考え下さい。 是非、一度、四国にお越しください。

次の