ハンターハンターキメラアント編何話。 【ハンターハンター】あの名シーンは何巻?漫画の名場面30選

ハンターハンターのキメラアント編wwwwww: みじかめっ!なんJ

ハンターハンターキメラアント編何話

スポンサーリンク 【ハンターハンター】ゴンの念能力は強化系?変化系? さて、まずはゴンの念の系統からおさらいしてみましょう。 ゴンは、6つの系統の中で最も攻守のバランスの良い強化系に属しています。 ちなみに、ヒソカのオーラ別性格分析では、強化系は単純一途。 かなり当たってますね…。 強化系の能力者は、放出系と変化系とも相性が良く、ゴンはこの3つの性質を上手く組み合わせた、ジャジャン拳という技を編み出しました。 ジャジャン拳には、グーチョキパーのじゃんけんに見立てた3つの技があり、グーは増強したオーラを右手に集中させてパンチを繰り出す強化系、チーはオーラを刃物状に変化させ物を切る変化系、パーでオーラの塊を飛ばす放出系、です。 ゴンはキルアと共に、短期間で念能力を取得し、師匠のウイングもびっくりする才能の持ち主でしたね。 その才能を、グリードアイランドで第2の師匠ビスケに磨いてもらうことで、恩人カイトにも認められるほどに成長しました。 強さとしてはまだまだ他のハンターたちに劣るものの、13歳という年齢を考えると、末恐ろしい存在だと言えるでしょう。 スポンサーリンク 【ハンターハンター】ゴン復活後念が使えないって本当!? ゴンは、キメラアント編で、ネフェルピトーを倒せる年齢まで、自分自身を強制的に成長させました。 カイトを助けられなかったことと、カイトを治すというピトーの言葉が嘘で、カイトは実はもう死んでいたことで、怒りの強制成長を遂げたのです。 筋肉は隆々、髪の毛は頭上に何メートルも逆立ち、その驚愕の姿から、ファンからは畏敬の念を込めて「ゴンさん」と、なぜかさん付けで呼ばれることに。 あの強すぎてどうしようもなかったネフェルピトーを、1蹴り、2ジャジャン拳であっという間に倒してしまいました。 その後、強制成長の反動で、瀕死の重体となりましたが、キルアの妹、アルカの能力によって復活。 しかし、驚いたことに、復活後、ゴンは念能力を全く使えない状態になってしまったのです。 世界樹を命綱なしでサクサク登るなど、身体能力は以前のままですが、どうやら念だけ使えないようです。 ハンターで念は必要不可欠。 まさかハンターライセンス剥奪にはならないと思いますが、今後のハンターとしての活動にも支障をきたしてしまいますよね。 スポンサーリンク 【ハンターハンター】ゴンの念に制約と誓約が関係している? ではどうして、ゴンの念能力が使えなくなってしまったのでしょうか。 ゴンは強制成長するときに、「もうこれで終わってもいい だからありったけを」と願いました。 二度と念能力が使えなくなってもいいから、命を圧縮してでも強制的に成長して、ピトーを倒したいと決意したのです。 この決意によって、ゴンの念に制約と誓約がかけられました。 制約と誓約とは、制約(ルール)を決めてそれを心に誓うことで、そのルールが厳しければ厳しいほど、使う技が爆発的な威力を発揮するという大技、かつ諸刃の剣です。 誓約を破れば反動で念能力そのものを失う危険もあるからです。 ゴンの場合、「命を圧縮する」というルール(制約)を決め、決意(誓約)することで、強制成長を可能にしました。 その結果、ピトーは倒せましたが、命が圧縮され瀕死の状態になってしまいました。 しかし、ルールを破ってアルカの能力で復活したため、反動が起き、念能力を失うことになってしまったのです。 「もし誓約を破れば反動で念能力そのものを失う危険があることを忘れるな」と、クラピカの師匠イズナビが語ったのが9巻。 ゴンが念が使えなくなったのが33巻。 この伏線回収は、さすがとしか言いようがないですね! スポンサーリンク 【ハンターハンター】ゴンの念が復活しない場合、登場しなくなる? さて、ゴンが念が使えなくなってしまい、345話で最後に登場したきり、380話現在、まだ再登場していません。 せいぜいジャンプの表紙とかでちらっと出てくる程度です。 現実の期間でいうと4年くらい登場していないことになります。 ストーリーでは、クラピカ、レオリオ、ジン、パリストン、ビヨンド、12支ん、カキンの王族、幻影旅団、イルミ、ヒソカ、その他多くの主要メンバーが暗黒大陸行きのB・W号に乗船し、密室頭脳戦を繰り広げているというのに、キルアとゴンだけ取り残されたように戦線離脱しています。 ゴンはクジラ島でお留守番。 キルアは妹のアルカと世界旅行の真っ最中です。 今からハンターハンターを読み始めた人は、そろそろクラピカが主人公だと勘違いしてもおかしくないでしょうね。 さて、B・W号はもう出航してしまいましたから、移動型の念能力でもない限り、ゴンとキルアは暗黒大陸編に全く登場しないことになってしまいます。 とはいえ、移動型の念能力はノヴの4次元マンションや、ルイーニーの空間移動能力、ツボネのバイクなど、続々と登場してきているので、まだチャンスはあります。 例えば、ゴンの知り合い、ノヴの4次元マンションで、仮の暗黒大陸までは簡単に行くことができます。 そうは言っても、念能力のないゴンが暗黒大陸に行っても、全くの役立たずとなってしまいますよね。 やはり、暗黒大陸編が終了するまで、登場はお預けとなるのでしょうか…。 スポンサーリンク 【ハンターハンター】ゴンの念は復活する可能性はあるのか? ゴンは念が使えなくなったとき、ジンに助けを求めました。 ゴンとジンが、再会して初めて、親子らしいやりとりが行われたのがここですね。 「オーラが出ない」と電話してきたゴンに、父ジンはこうアドバイスします。 「オレといた時は出ていたぞ おそらくお前が視えなくなっただけだ」 「全てを捨てる覚悟で戦って普通に戻れたんだぞ それ以上望んだら罰が当たるってもんだ むしろ喜べ」 「現状のお前がやれる事は何か見つけるいい機会だ」 素晴らしい! 父親らしい、ポジティブで前向きなアドバイスですね! ゴンはこのアドバイスを素直に聞き入れ、ミト叔母さんのところでたまりにたまった学校のテストやレポート作成に明け暮れています。 果たして、ゴンの念が復活することは、今後あるのでしょうか。 可能性としては、何でも願いをかなえてくれるアルカの存在ですね。 キルアからアルカに、ゴンの念を復活させてとお願いすれば話は早いのですが、キルアはもうアルカになにもお願いをしない予定ですので、この可能性は低いと思います。 もう一つの可能性は、現在進行中の暗黒大陸編の希望の一つ、万病に効く香草の存在です。 万病に効くというのですから、念能力が視えないという症状にも効くのではないでしょうか? どちらにせよ、ゴンには早く強い才能をもった主人公として復活してほしいですね!.

次の

『ハンターハンター』キメラアント編のあらすじや見どころを徹底解明! 熱い死闘や感涙の最終回もご紹介! | MOVIE SCOOP!

ハンターハンターキメラアント編何話

単行本は何巻から? 「暗黒大陸」に言及されるのは32巻の最終話からです。 現在34巻が発売になったばかりなので、 ストーリー的にはあまり進んでいないというところですね。 ちなみに暗黒大陸とは、 暗黒大陸とは、通常の世界地図には記されていない未開の地の総称。 また暗黒大陸は、若かりしネテロが、調査に赴いたときの感想として「自分でも入口で引き返したお化け屋敷」と述べるほど、通常の世界では考えれれないほど大きい生物が生息しており、魔獣やキメラアント等もその一種とされています。 そして、暗黒大陸の言い伝えとして人類が暗黒大陸に進出しようとする度に大災が起こったと過去の文献や遺跡に記されているため近代5大陸は暗黒大陸の進出を禁止する不可侵条約を締結しています。 ですが、暗黒大陸は人類にとっての災害だけではなく、人類にとって有益な資源も多々眠ってる宝庫でもあります。 ということで、すでに出てきている内容にもかなりグロテスクなものが多いので、 今後もそういった描写は多くなってくることが予想されますね。 登場人物は? 現在までに登場している登場人物やその思惑についてのまとめです。 【カキン国王ホイコーロ】 暗黒大陸への進出で歴史的な偉人に名を連ねることと、この旅を利用して次期王位を決めようとしている。 【カキン第1王子ベンジャミンと第4王子ツェリードニヒ】 14名の王子達の中でも同じ母を持つ兄弟であり、犬猿の仲。 互いに相手を殺害することを目的としている。 【ビヨンド=ネテロ】 カキンの国王を祭り上げる事で暗黒大陸への進出を実現させる。 V5の出した条件を飲んではいるが、暗黒大陸では好き放題に動きたい。 【パリストン=ヒル、十二支んサイユウ】 パリストンはキメラアント編で選別された繭5000個をばら撒く意図があり、その目的の補助のような格好でビヨンド=ネテロの勢力に入る。 本人が暗黒大陸に興味があるか否かは不明。 サイユウはパリストンの内通者であることから、クラピカの予想ではビヨンドを解放する作戦を内側から決行する可能性が高い。 トラブルに乗じてキメラアントの繭で遊びたいのがパリストンの本心。 【ジン】 元々目論んでいた暗黒大陸への進出をビヨンドに先手を打たれた事で一言文句を言うつもりでビヨンド陣営へ。 それに加えてパリストンの凶行を止めるという明確な目的もある。 暗黒大陸での行動についての心情はビヨンド寄りであり、自由に動きたいと考えている。 【クラピカ】 十二支んのミザイストムに持ちかけられた事で最期の緋の眼の在り処を知る。 持ち主であるカキンの第4王子ツェリードニヒから仲間の眼を取り戻す事が第一の目的。 レオリオはチードルによって学位の評価を貰える事を前提に十二支ん入りしている。 また、クラピカの能力によって判明したパリストン側であるサイユウを暗黒大陸の手前でビヨンドに気付かれないように確保するという作戦も立てている。 ハンターとして免除されていた学校関係のレポートやテストが大量にあり、それらの消化が目下の目的。 今回の暗黒大陸編では、ゴンの登場は皆無なのでは!? とも言われていますね。 現に今のところクラアピカがかなり登場しているような状態です。 始まりは? 世界中の渡航を管理している組織「国際環境許可庁」。 そこには今までに暗黒大陸に渡った人の成れの果てが保存されています。 また、世界の渡航状況を管理していることから 暗黒大陸の情報も管理しています。 また、暗黒大陸に渡航して帰ってきた生存者の一人に一切の食事を50年間しておらず、 もはや「人」といっていいのかわからない状態の人もいます。 見れば見るほどすごい光景ですよね・・・ 集まった十二支達は亡き ネテロ会長の遺言のDVDを観ます。 ネテロは暗黒大陸について過去にV5が調査を秘密裏にしていたことを明かし、 そのメンバーの中には自身の 息子のビヨンドもいたことを明かします。 ビヨンドは暗黒大陸の調査を行った際ネテロの忠告を聞かずに未踏のルートに入り、 調査団に多大な被害を出したと言います。 その代償として ネテロは自身の生存期間中にはビヨンドに暗黒大陸への渡航を禁止します。 このようなことにより暗黒大陸の渡航は禁止されていました。 ネテロ自身も暗黒大陸に2度ほど渡航していますが、 その世界が求めていた力とは個人の強さではなく 自然との格闘であったと言います。 そしてネテロは集まった十二支達に「自身の息子より早く暗黒大陸の攻略に成功し、 暗黒大陸の抱えもつ 「厄災」を攻略し、 「希望」を持ち帰ることを伝えます。 あくまで「命令ではないが」という言い方です。 そして、この霧状生物「アイ」を巡った際に帰還者は正気を失ったとされます。 この「アイ」の能力の目撃者証言として「突然目の前でひとりでにねじれた」と・・・・・・そしてこの犠牲者は暗黒大陸には渡航しておらず、その知人・友人・縁故者とされています。 この無人都市には万病に効く香草があるとされるが、採取を試みたサヘルタ合衆国の特殊部隊を「ブリオン」 が壊滅させました。 そしてこのときの生存帰還者はわずか2人です。 ベゲロセ連合国は1000人規模の調査団を送りましたが、人飼いの獣パプによって調査団は壊滅し帰還者は7名であったとされています。 ゴン達の世界にもバブの犠牲者はでており、頭から紐のようなものが伸びており、犠牲者は体中がしぼんでしまっていますが、安らかな顔をして眠っているそうです。 帰還者はわずか11名とされており、そのうちっヘルベルの後遺症がなく日常生活に戻ることができたのはわずか3人(そのうちの一人はビヨンド=ネテロ)です。 また、ヘルベルの後遺症として「殺意を伝染させる」ので非常に厄介です。 この病気は不死の病ですが「人としての食事を一切せずに50年近く生きているが、元の人間の姿ではなくなっている」とされ施設に保護されています。 この5厄災は国際環境許可庁の地下室に 非公認でお暗黒大陸の犠牲者の遺体とともに保存されています。 これはジン曰く 戒めの為に案内人が持ち帰らせたとのこと。 いずれも危険度はキメラアントを超えるとされていて 普通の人にはとても扱える代物ではないですね・・・。 暗黒大陸編の勢力図は? 勢力その1【カキン帝国(現V6の1国)】 暗黒大陸への進出を首脳国家の集まりであるV5と呼ばれる政府連合を無視して独断で発表した、 ビヨンド=ネテロが背景にしている国。 カキンを背景として暗黒大陸へと進出しようとしているキャラクターは• ビヨンド=ネテロ及びその部下• パリストン=ヒルと協専ハンター(ジン曰くそれぞれがスペシャリスト)• ジン 勢力その2【ハンター協会&V5】 ハンター協会ではネテロ会長の遺したビデオメッセージでビヨンドよりも先に 暗黒大陸の攻略をして欲しいという要望を受けています。 V5からは直々に要請が出されており、ビヨンド=ネテロ及びカキン帝国の暴走を止めるべく 暗黒大陸探索への同行を求められており、現在会長のチードルがこれを承諾して参加が決定しています。 ハンター協会の目的は 【5大災厄のいずれかの攻略】と【リターンを持ち帰る事】に加えてビヨンド=ネテロの監視で、 カキン帝国とは目的がおおきくちがうことがわかりますが、 暴走を止めることなど要請されているのでカキン帝国とは一悶着ありそうですね。 所属キャラクターは• ジン、パリストン以外の十二支ん(但しサイユウはパリストン側)• レオリオ(チードルの要請を受けて十二支ん入り)• これは十二支んとは別口で、カキンの王子達が独自に身辺警護を募集した事によって クラピカが立てた作戦でもあります。 イズナビ(クラピカの師匠、第6王子の警護)• ハンゾー(同期、第12王子の警護)• バショウ(ノストラード組繋がり、第7王子の警護)• センリツ(ノストラード組繋がり、第10王子の警護)• ビスケ(キルア経由での依頼、第13王子の警護)• クラピカ(第14王子の警護) まだ暗黒大陸に到達していないのですが、 すでにいろんな人物の思惑が蠢いています。 暗黒大陸等直後にはもっと面白い展開が期待されますね!! スポンサードリンク.

次の

ハンターハンター考察・感想 キメラアント編を振り返る!

ハンターハンターキメラアント編何話

主人公の少年・ゴン=フリークスが父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなって、仲間達との絆を深める様を描いています。 ハンターハンターはテレビで 2011年10月2日~2014年9月24日にて日本テレビで放送されました。 そのハンターハンターキメラアント編のアニメの全話は動画配信サービスでも配信されており、 U-NEXT・dTVであれば見放題の対象作品であるため無料お試し期間であれば視聴することが可能となっています。 U-NEXTなら31日間無料で『ハンターハンターキメラアント編』を視聴することができる ハンターハンターキメラアント編のアニメはU-NEXTで、全61話が高画質で配信されています。 動画配信サービスの中でもU-NEXTならば、 見放題対象作品となっているので31日間無料でハンターハンターキメラアント編の全話を視聴することができます。 登録についてはこちらから 解約についてはこちらから 他のエピソードは視聴できる? 他にも、 ・ハンター試験編 1~21話 ・ゾルディック家編 22~26話 ・天空闘技場編 27~38話 ・幻影旅団 ヨークシン 編 39~58話 ・グリーンアイランド G. I 編 59~75話 ・総選挙アルカ編 137話~148話 が見放題対象作品として視聴できます!^^ Dailymotionやanitubeなどの違法動画サイトで見るのは危険なの? 実際アニメやドラマ、映画などの動画はDailymotionやanitube、アニポなどのサイトで投稿されています。 もちろん無料で視聴することはできますが、 アップロードする人だけではなく、動画を視聴する方も違法となってしまいます。 一番怖いのはわざと悪意のあるリンクが貼ってあったり、 ウィルスに感染してしまうこと もあります…。 動画を視聴したあとに、スマホやパソコンが重くなっていたら要注意です。 実際ツイッターなどで調べるとウィルスに感染したり、危険な目にあっている人は多数います。 今まではdailymotionやyourfilehostの再生画面を画像にしたものを貼り、再生ボタンを押そうとしたら別のリンクに飛ばされるというのが主流だったのに、最近ではわざわざflashを使ってまで本家の再生画面に似せてきてるから本当に危険。 パソコン激重!! — ともみん🌊 tomominmousouch 無料で見ることができるのは確かに魅力的ですごいですが、大きなリスクを考えたときに無料は無料でも正当なやり方で無料視聴した方が絶対的に良いです。 違法サイトで動画を見ると他にもこのようなデメリットがあります。 さらに、最近は取締が厳しくなっているためアニポやアニチューブなどはサイト自体にアクセスができない状態となっています。 ・一般人が違法アップロードしているため画質が悪い ・著作権侵害のため消されていて結局見れないことがある ・視聴している最中に動画が止まってストレスが溜まる この三重苦が揃うことは多々あるので、だったら快適に視聴したほうが絶対にいいです。 動画配信サービスもそれぞれの特徴があり、人によって合う合わないがあると思います。 どうせ映像作品を見るために無料トライアルを試すのであれば、メリット・デメリットを踏まえた上で試しましょう。 U-NEXTを利用すべき人はこんな人 無料トライアルを実際に試すのならば、サービスを色々と利用してみた方が良いです。 特にU-NEXTは月額1990円 税抜き と配信サービスの中でも料金が高い配信サービスとなっていますが、その分メリットも多々あります。 U-NEXTでは、以下のような方が利用するといいですね! ・映画館に映画を常日頃から見に行く人 ・雑誌を普段からよく買って読んでいる人 ・オフラインですぐに視聴したい人 ・複数人で映像作品を観たい人 映画館に映画を常日頃から見に行く人 U-NEXTでもらえるポイントは、配信されている作品以外にも利用ができ、 映画の割引チケットに交換することが可能となっています! 使える場所は『イオンシネマ』と『松竹マルチプレックスシアターズ』の映画館、『オンラインチケット予約KINEZO』の3つとなっています。 無料トライアルが終了したあとにサービスの利用を継続した場合、U-NEXTで毎月貰える1200ポイントを映画の割引チケットに交換すすることで映画を安く見ることができるのです^^ イオンシネマであれば、月曜日はすべての映画が1100円なので、割引チケットを使えば最新作の映画も一本無料で視聴することも可能です! また、最新映画やドラマもいち早く配信が開始されるのも『U-NEXT』のいいところの一つです。 もし映画を見逃してしまったとしても、Blue-rayやDVDの販売・レンタルが開始される前から配信されることもあるので最新作をいち早く見たい人にとっては嬉しい配信サービスとなっています。 雑誌を普段からよく買って読んでいる人 U-NEXTでは、 『有名雑誌80誌が定額で読み放題』となっています! 女性誌であれば、『セブンティーン』や『non・no』『BAILA』『mina』 『LEE』などあります。 そのため、 普段から雑誌を買っている人であればこれだけ揃っているのでかなりの節約となります^^ オフラインですぐに視聴したい人 U-NEXTは一部作品のみとなってしまいますが、動画を事前にダウンロードしておくことで、ネット環境がない場所でも動画を観ることができます。 そのため、時間があるときや、移動時間などにネットに繋がないで映画を観たりドラマを観たい人にオススメです! 数人で映像作品を観たい人 U-NEXTは1人アカウントを持っていれば、その1人の利用料金で 最大3つの子アカウントを作成することができるのです。 そのため、親アカウントを合わせて最大4人同時にサービスを利用することが可能です。 もしも、家族や恋人などがいて複数人で作品を楽しめるのであればU-NEXTはとても便利なものとなっています^^ U-NEXTまとめ 無料トライアル時には600円分のポイントがもらえるので、課金が必要なものでも1作品は無料で観ることができます。 仮に解約せずに継続したとしても、毎月1200円分のポイントが貰えるので実質掛かるお金は『 2149円-1200円= 949円』となり、ずっと1000円以下で楽しむことができます。 なので、雑誌もU-NEXTで2冊以上読むものがあれば、1000円以上も節約しながら継続して得をすることもできます。 まず無料トライアルでハンターハンターキメラアント編のアニメを視聴しつつ、使い勝手も大事になってくるので自分に合うか合わないかも試してみると良いですね^^ ・docomoの携帯を使っている人 ・とにかく他よりも安く動画配信サービスを利用したい人 ・長期でサービスの利用することを考えている人 docomoユーザーの人 dTVは現在 docomo以外のユーザーの人でも登録することができるようになりました。 しかし、dアカウントを 作成・発行しなければいけないという一手間がかかります。 ケータイの使っているところがdocomoの場合は、その手間を省くことができる上にdTVを利用することでdポイントを貯めることもできます。 とにかく他よりも安く動画配信サービスを利用したい人 dTVは動画配信サービスの中でも月額費用が安く、 月々540円 税込 しか掛かりません。 安さの割には作品数も12万本以上と非常に多いため、 コストパフォーマンスのみを重要視するのであればdTVがオススメでしょう。 長期でサービスの利用を考えている人 dTVは加入期間に応じて月々貰える特典の内容が変わっていくようになっています。 さらに、毎月抽選でポイントのプレゼントが行われるのですが、そのポイントも会員のランクが上がることによって多くのドコモポイントが貰える仕組みとなっています。 dTVまとめ dTVはNTTが提供しているサービスなので、docomoの人であれば特典なども含めてかなり魅力的なサービスとなっています。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、 現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。 登録についてはこちらから 解約についてはこちらから ハンターハンターキメラアント編のアニメを無料で視聴するならU-NEXT一択 無料トライアルの登録と同時にには600円分のポイント付与されるので、課金しなくちゃ見れない作品でも1作品は無料で視聴することが可能です。 仮に解約をしないで継続したとしても、毎月1200円分のポイントが貰えるので実質掛かるお金は 『2149円-1200円= 949円』となります。 雑誌もU-NEXTで2冊以上読むものがあれと、1000円以上も節約することもできるので継続ことで得をすることもできます。 まず31日無料トライアルを体験してハンターハンターキメラアント編のアニメを視聴しつつ、 U-NEXT自体の使い勝手もいろいろ試してみるといいですね!.

次の