ぼくの一人戦争。 ぼくの一人戦争

ぼくの一人戦争

ぼくの一人戦争

ぼくの一人戦争,別有深意的名稱。 作為少數會認真說故事的作品,是成是敗取決於故事質量,所以還是先看看本作究竟說了什麼吧。 不過習慣一般純愛模式的玩家,也許會不太能夠適應這種不太踏實的描述方式。 至於那個弱爆的弟弟君就如破布一般理所當然地被扔掉,而再次出場的時候就已經和基友拖手了。 因此,可能會有點難受。 如同上述所說,本作主要是說故事而不是談戀愛,因此在主線出現之前基本上是找不到任何重點的。 也就是常有的那種白開水劇情,有劇情但看不懂、看得懂亦說不清,不明覺厲一詞就此產生。 這種狀態會一直持續到主線來臨,然而接下來就是腦洞的深淵了...... 因為玩家是看不見敵人的,似乎是為了表現那種來自內心、無型的恐懼。 不過,結論就是玩脫了......... 戰鬥不是重點,真正重要的是戰鬥背後的意義。 雖然頗有意識流的風彩,但偏偏內容卻跟不上。 隨著主線的深入,故事氣氛也越發沉重,而這時候、至少要堅持到這時候,本作的亮點才會真正出現。 也就是劇本內容就是主角逐一失去伙伴的過程,一個一個細心地描述,然後一個一個理所當然地失去。 建立的、轉變的、失去的、再到反相成仇的關係,每一個轉折都會令角色的個性更加鮮明。 然而,真正完成的卻只有前女友與岳母大人而已。 自然,理應是本作的優點,但這種自然卻成為一個微妙的地雷。 角色的情感並沒有刻意地描述、劇情氣氛亦沒有過份地渲染,描述一點也不造作,這是相當不錯的敘述手法。 正因如此,作品中某些關鍵的東西卻未能完整地傳達出來。 比如說不太愛坐輪椅的義肢俠,他是惡人,而這點卻沒有深入描述,反而巧妙地隱藏在劇情之中。 藉此再配合上本作那殘念的布局,終於成功建立了一片又一片的地雷原......... 本作其實是單元式劇本,就是那種分開章節,由一個個獨立劇情組成的劇本。 本意應該是節奏調整,免得氣氛過於沉重,順便展現一下本作的戀愛要素。 可惜,這是失敗的布局。 高精度的描述、深刻而沉重的心描,把玩家強行扯下負能量的漩渦...... 這才是萌點,氣氛殺。 但本作卻在這裡放水了,那麼成功從氣氛裡逃脫的玩家也不得不直面本作的地雷。 更何況最後還有一個特大的超展開............ 如果說上述的都不是重點............ 好像,還是不說比較好。 ぼくの一人戦争,一個弱者的故事。 這是一個好故事,但卻無法成為一個好遊戲,這是因為本作的缺點基本上都逃不了,只能選擇面對。 大概只有接受這些缺點的同學,才能老實承認本作是個不錯的作品。 不過能做到這些的,就不會特地來看評論了。

次の

桜川めぐ/ぼくの一人戦争 オリジナル・サウンドトラック

ぼくの一人戦争

ストーリー 「最後の独りになるまで、このゲームは終わらない」 恋人の犬塚るみが、抜き身の日本刀を振って、そう言った。 ある穏やかな春の日、里見永治が知っている海辺の田舎町は世界を一変させた。 少年少女たちは大切なものを守るため、それぞれに武器を手に取った。 それは、最後の一人を作らないようにするための、心優しい戦いだった。 極限の運命にもてあそばれた二人を描いた、感動のヒューマンドラマ。 例えば『車輪の国、向日葵の少女』の大音灯花のシーンです。 車輪の国をプレイしたことのある人ならご存知でしょう。 セリフ、BGM、CG、どれを取っても100点満点で、まさにプレイヤーを震えさせるシーンでした。 まあ率直に言えば、「名シーンなんてあったか…?」というレベルです。 2.エテ吉のようなキャラが居なく、何時間もやり続けたいという気にさせられなかった 車輪の国やG線上しかり、主人公が学園生という設定を上手に使い、コメディとシリアスをきちんと分別していました。 故にシリアスばかりで疲れず、何時間でもやり続けたいという気持ちにさせられていました。 (実際、G線上の魔王は寝る間も惜しんでプレイし続けていました。 ) だがしかーし、「ぼくの一人戦争」では コメディ要素が薄いという印象があり、プレイし続けるには少し疲れを感じさせられました。 笑 いや、まぁ笑ったんですよ? 笑ってしまったんですけれども、やはりそれでもコメディシーンが少ないし、良い感じにバランスが取れているとはお世辞にも言えませんでした。 んー、個人的に いちばん残念な点だと思っています。 3.中二病心をくすぐられる選択肢が無い ここも大きな変更点でしたね。 はい、ぼくの一人戦争では選択肢がありませんでした。 「はああぁぁぁぁああ?!!!!」と思いましたね。 いや、少しは考えてもみてくださいよ。 やっぱり主人公になりきって選択肢を楽しむっていうのも楽しみ方の一つとして確立しているはずなんですよ。 もしかして私だけですか…?と不安に思いますが、そうではないはずです。 カッコつけて主人公のフリをし、 あたかもそのゲームの世界にいるような感覚で楽しんでいるはずなんですよ皆さんは。 エロゲーというものはそういうもんでしょう。 せっかく可愛いサブヒロイン達が居たのに、攻略できないというのは大変残念だと思います。 が、 ただの悪役として終了しました。 終了です。 お陀仏です。 例えばどうでしょう。 こいつはただの悪に満ちた冷酷な人間だったでしょうか。 (車輪の国を未プレイの方はすみません) ではこの法月将臣の過去の真相が暴かれました。 もう驚きのなんのです。 さらに終盤では普段おもてに出さないような人間味を悪役らしく、カッコよく魅せつけてくれたのです。 いわば好感が持てる悪役なんですよ。 ですが、今回の長門大地には「ガッカリした」という感想しか持てませんでしたね。 5.ファンディスクに期待させる時点でダメ では「ファンディスクに期待!」と書かれていますが、ファンディスクに期待されている時点でもうダメだろコレと思いました。 今までの作品が良かっただけに、無理やり感が感じられるなと思うレビューが目につきました。 まとめ かなり辛口で叩きのめしてしまいましたが、ぼくの一人戦争にも良いところはたくさんあります。 サブヒロインの可愛さ、CGとBGMの美しさが大きく進化したこと。 注意して欲しいのは いままでのるーすぼーい氏の作品と見れば痛い目にあうということです。 先入観などを捨てて、一般的な作品としてプレイするならば十分やりごたえはあるかと思います。 完全に個人的な意見ですが最初の「あかべぇそふとつぅ」というタイトルコールが無いというのにがっかりしました。 あれを毎回ウキウキ楽しみにしながら起動しているという(私みたいな)超コアユーザーにも目を向けて欲しかったものです。 総評としては【上の下】クラスです。 (偉そうにすみません。 ) しかし、過去のるーすぼーい氏の作品は 歴史に残ると言ってもよいほどの名作揃いなので、まだ未プレイの人には是非おすすめします。 タイトルで最悪と煽り、期待外れと評価しておいて 良いところはたくさんあります! とか もしかして私だけですか? とか えらそうですいません と自己防衛するところが嫌いです ご自身が好きなゲームを褒めるためなら、嫌いなゲームはいくら中傷しても許されると思っていますか? あなたが車輪やG線が好きなように、ぼく戦が好きな人がいるということをどうか頭の片隅においてください そして、その人があなたのレビューを読んで、どんな気持ちになるかを想像してください あなたの文章が見えないところで誰かを傷つけているかもしれない それが公で何かを批判することへの責任です 言いたいことはそれだけです 返信はいりません 失礼しました.

次の

桜川めぐ/ぼくの一人戦争 オリジナル・サウンドトラック

ぼくの一人戦争

DISC 1 1. 「sacrifice Love」 full size ver. 主題歌 歌:桜川めぐ 2. 「ふたりの果て」 full size ver. 挿入歌 歌:しほり 3. 「静かに流れる日々の中で」 full size ver. エンディング 歌:しほり 4. 命の鼓動 5. 命の鼓動 -ピアノ独奏- 6. ぽわんこりっく 7. ふわんこりっく 8. 暗瞑 9. 流れる風は囁いて 10. わたし、犬塚もいっしょです。 願い 12. 願い -ピアノ独奏- 13. 対峙 14. 対峙 -Piano ver. - 15. いつまでも、記憶の中に 16. 懐疑 17. Reverse!! 斑色の恐怖 19. 不狂環音 20. 不狂環音 -Piano ver. - 21. 不狂環音 -Strings ver. - 22. 疾風 23. 願いの存在 DISC 2 1. 狂黒の仙人 2. 狂黒の権化 3. 朝靄が晴れたら 4. 海と風と陽だまりと 5. そして沈む夕空から 6. 草木が眠る星の元へと 7. ぽた、ぽたり 8. 決意の瞳 9. 墜ちてゆく 10. 合戦ヲ始メヨ! 11. 平坦なる恐怖 12. ふれあうこころ 13. ふたりの果て -ピアノ独奏- 14. End of sacrifice 15. sacrifice Love -Instrumental- 16. ふたりの果て -Instrumental- 17. ふたりの果て -Instrumental- 18. a moment 19. 願い -Alone the War- 20. Story of the Rumi 21. First and Last 22. わたし、犬塚もいっしょです。 -Jazz piano solo arrange-•

次の