僕 は ついて ゆける だろ うか 君 の いない 世界 の スピード に。 アイマスSSまとめ:モバP「僕は、ついてゆけるだろうか」

BLEACHですげえシャレにならない矛盾見つけたwwwwwwwwwww

僕 は ついて ゆける だろ うか 君 の いない 世界 の スピード に

43 ID:GP45T7me0. 38 ID:tbBpIeqp0. 22 ID:ajA4qYYy0. net 僕は、ついてゆけるだろうか。 君のいない世界のスピードに。 17 ID:E0zMLryEi. 07 ID:n87NJ5aoi. 99 ID:XjdXOBqt0. 67 ID:pRoCV4mq0. 38 ID:uN9wB1h90. 44 ID:Bh3uLP2c0. 61 ID:8eeZxwsUi. 81 ID:3RogmIFS0. 77 ID:yb8Zq0v30. 96 ID:Dq2SzdVkO. net 拳西結構好きだったんだけど 好きなキャラが死んで爆笑したのって初めての体験だわ やはり師匠は天才 総レス数 89 19 KB.

次の

【第1回】ジャンプの連載マンガ家ってどんな生活をしてるの?ピザパーティを口実に若手ギャグ作家の作業場を見学してきた

僕 は ついて ゆける だろ うか 君 の いない 世界 の スピード に

毎日同じ仕事ばかりしていて疲れませんか? そんな仕事を少しでも楽しくすべく、ネタで仕事出来たら楽しいと思いませんか? てなわけで、仕事で遣えるネタをご紹介。 何……だと…… これはもう使いやすさNo. 1 いつでもどこでも使えるネタですね(ニッコリ 例 先輩「昨日僕君がやった作業だけど、ログに吐き出されて無いよ」 僕「何……だと……」 とまあこのセリフはこれに問わずいつでもどこでも使えます。 あまりに言い過ぎて、先輩(パンピーの女性)もこのセリフを言ってくれるようになりました。 ちなみにこれを言った後先輩に怒られたのは内緒です(汗 でも先輩も 僕「僕がいない間に回答しといてくれたんですよね?」 先輩「いつから私が回答していたと錯覚していた?」 と言ってくれるようになりました。 継続は力なりです! 3. 例 昼休みから戻ってきたら隣の席に先輩がいなくて 僕「先輩の霊圧が……消えた……?」 誰かがいなくなった時や、デスマで誰かが死んでいる時などで使えるネタだと思います。 あまりに言い過ぎて、疲れてると先輩に「霊圧が消えてるぞー」と突っ込まれるようになったのは内緒w 4. 弱く見えるぞ」 怒られた時にこの言葉を返すのがとてもCOOLだと思います。 ……これを僕は一度忘年会で酔った勢いで言ったんですが…… 怒られました(汗 5. 13kmや 例 先輩「ここから本社までどれくらいあるんだっけ?」 僕「しゃァない、よう分かるようにキミの言葉で教えたげるわ 13kmや 距離を聞かれた時は全部この言葉で返すと良いのでは無いでしょうか? 早さを聞かれた時は「パンッ!」と手を叩き 届いた?今の500倍や と答えると尚良しかと。 ちなみに距離の話を先輩にしたら「ふーん、そんなもんだっけ?」と一蹴されました(涙 6. 僕はついてゆけるだろうか 君のいない世界のスピードに 例 先輩「来週1週間私いないから、一人で切り盛りお願いね」 僕「僕はついてゆけるだろうか。 君のいない世界のスピードに The Lost Agent」 もうこのポエム最高ですね。 コーヒーでも一口入れた後に落ち着いてこのセリフを言ったのなら、僕が後輩なら間違いなくイチコロ(死語)ですよ!!! 先輩に完全にスルーされて反対側の協力さんに笑われたのは良い……嫌な思い出です(汗 とまあ、こんな感じで仕事中にネタのスパイスを一振りするだけで、普段の仕事が少し楽しくなりませんか? これ以外にもどんなシーンでネタやポエムを入れてやろうか……と考えていると結構面白いですよ! 是非皆さんもネタで仕事を頑張りましょう。 おまけ これを仕事で遣えないか全力で考えていますが、中々使う場面がありません(涙 遣う場面を見つけた!!!と言う方は、是非僕にメッセージをください。 yo-mei777.

次の

KinKi Kidsの歌詞一覧リスト

僕 は ついて ゆける だろ うか 君 の いない 世界 の スピード に

それは紛れも無い武器です」 P「だからどうか、決してそれを錆びつかせないでください」 瞳子「ええ…。 …ありがとう。 むむむ…」 P「も、もういいだろ? 都。 わかるわ」. ミオチャン!! ミオー!! ミオチャーン!! ワアアアァァァ…!! その偉志は、すべての臣民の志の総算たるが故に! (プロデューサーは1人じゃないです。 私やみんな…いつも一緒の、仲間がいます!)」 P「蘭子…!」 P(『俺も彼女欲しいなぁ』って意味だったんだけど。 何か言ったか?」 凛「ううん。 …ねぇ、プロデューサー」 P「ん?」 凛「私をアイドルにしてくれてありがとう。 P「エンッ!!!」 拓海「ふぅ。 でも…」 美優「この幸せは…過ぎ去ってほしくないです…」 P「大丈夫です。 ナナはもう昔を振り返りません」 菜々「じっと前を見て…! ファンの皆に、最高の笑顔を見てもらいますっ!」 P「ああ…。 行ってこい、ウサミン。 そこのロリコン1人お願いしまーす」 片桐早苗「はーい。 あの」 柊志乃「ちょっと。 ウワァー! ブシャアァァ…!!

次の