し て いただき たく 存じ ます。 「いただきたく存じます」は二重表現だから使えない?!意味や正しい使い方、言い換え表現を解説

「存じます」の意味とは?正しい敬語の使い方や類語を例文で紹介

し て いただき たく 存じ ます

「 私があなたに お送りします」「 私があなたを ご案内します」 「お送りしてください」は相手の行為に謙譲表現をつかっているので、誤りです。 「 あなたが お持ちしてください」「 あなたが ご用意してください」は誤りです。 「 あなたが お申し込みできます」「 あなたが ご利用できます」は誤りです。 正しくは「お申し込みになれます」「ご利用になれます」ですが、 「お申し込みいただけます」「ご利用いただけます」も許容されるでしょう。 「お」「ご」がつかない「呼んでいただく」「指導していただく」などは正しい謙譲表現です。 「いただく」が謙譲を表しますが、「呼んで」の部分には謙譲の意はありません。 その意味で、敬意のレベルがそれほど高くないと言えます。 「ご返送して」と言った時点で謙譲表現になります。 したがって両者のうち 「ご返送いただきたく存じます」 が正解です。 「願う」という行為の主語は自分です。 ここで問題にしているのは、お願いの内容の、つまり「~よう」の部分です。 「送ってくださる」「送ってくれる」…主語は相手です。 「送っていただく」「送ってもらう」…主語は自分です。 ただこれも文法的にはやはり正しい形ではないということは、前の回答に書いた通りです。

次の

依頼のフレーズ

し て いただき たく 存じ ます

気になる項目をクリック• 1.「~いただきたく存じます」の意味 「確認してほしい」の敬語表現 まずは、「~いただきたく存じます」の意味を理解するところから始めましょう。 「~いただきたく存じます」は、 複数の単語から成り立つ敬語表現です。 ここでは「ご確認いただきたく存じます」を例に、以下の表で詳しく見ていきましょう。 イメージとしては、 「~してほしいと思っているのですが…」です。 上司や目上の人、取引先やお客に対して適切なへりくだる表現として使えます。• 「いただきたく」と「頂きたく」の使い分け 何かをしてもらいたいとき、「~いただきたく存じます」の 「いただきたく」を「頂きたく」と書いてしまうのは誤りです。 漢字で「」と書くのは、食べ物や贈り物をもらう時です。 「~をしてもらう」ときは、ひらがなで書きます。 また、ひらがなで「いただきたく」は食べ物や贈り物をもらう時でも使うことが出来るので、無難な表現だと言えるでしょう。 2.「~いただきたく存じます」は敬語として正しい? ここで何となく気になってしまうのが、「~いただきたく存じます」が本当に正しいかどうかですね。 確かに上司に対する表現としてはこれ以上ないですが、心配なのは 「二重敬語になっていないか?」でしょう。 「~いただきたく存じます」は上司に対して失礼のない表現として、本当に正しいのか、詳しく見ていきましょう。• 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではない 脱線しましたが、「~いただきたく存じます」は、「~してもらう」のと「~思う」の謙譲語を合わせたものです。 しかし、 一つの単語に二つ以上の敬語表現は用いられていません。 よって、「~いただきたく存じます」は二重敬語とは言えないのです。 とはいえ、二重敬語には気をつけよう 「~いただきたく存じます」それ自体は二重敬語ではないとはいえ、安心はできません。 「お伺いいただきたく存じます」のように使うと、二重敬語になってしまいます。 理由は「訪問する」の敬語表現である「」に、敬語表現の「お」を使ってしまっているからです。 正しくは「ご訪問いただきたく存じます」と表現します。 3.「~いただきたく存じます」の使い方 「~いただきたく存じます」を使うのは、上司など自分より目上の人に「~してほしい」と頼み込む時です。 ビジネス文書やメールやプレゼン等においては、 「いただきたく存じます」のように、最初に「ご」や「お」をつけて使います。 「ご多忙のところが」と前置きをするなどして、相手に対して姿勢を低く見せることが肝心です。 ただし、二重敬語には気をつけましょう。• 「を取りたいとき」• お時間 いただきたく存じます。 「教えてほしいとき」• ご教示 いただきたく存じます。 お教え いただきたく存じます。 「送付した資料を見てもらいたいとき」• ご確認 いただきたく存じます。 ご高閲 いただきたく存じます。 「その他」• ご いただきたく存じます。 お いただきたく存じます。 ご参加 いただきたく存じます。 お断り。 一度説明させて いただきたく存じます。 4.「~いただきたく存じます」を用いる際の注意点 確かに、「~いただきたく存じます」は目上の人を丁重にもてなす表現としては適切です。 しかし、 失礼のない対応をするなら、使い方を誤ってはなりません。 ここでは、やってしまいがちな注意点を紹介します。• 〇返信 いたします。 あまり重要でない話題を振る時や相手が初対面でない場合には、「~いただきたく存じます」よりも、むしろ「~いたします」の方が適切です。 以上の例文でも、「~いたします」を使ったほうがスマートで、好印象を与えられますね。 4-2.「~をしていただきたく」のような省略表現はNG 「~をしていただきたく」のように、「存じます」を略して伝えていないでしょうか? もし心当たりがあるなら、今すぐにやめましょう。 「存じます」を省略した表現は大変失礼にあたります。 せめて「~していただきたく思います」「~していただきたく願います」のように、省略せず完結させましょう。 5.「~いただきたく存じます」の言い換え表現 ここでは、 「目上の人に何かをしてほしいとき」に便利な「~いただきたく存じます」の言い換え表現も覚えておきましょう。 言い換え表現を使いこなせば、上司や取引先からは知的に見られ好印象です。 加えて、相手に「~してほしい」時には、敬語とはいえ相手や状況によって適切な言葉は変わってきます。 状況に合わない言葉の使い方で恥をかかないためにも、しっかり覚えましょう。 5-1.~していただければ幸いです 「~いただきたく存じます」の言い換え表現として、 「~していただければ」は代表的です。 「~いただきたく存じます」と同じように、ビジネスメールや文書で「相手に何かを依頼する」ときに用いられます。 「~をしてくれるとありがたい」という意味の表現になり、「~してください」よりも柔らかい印象を与えられます。 お手数ですが、 お送り いただけますよう申し上げます。 ただし、「申し上げます」は堅苦しく、シンプルさに欠けた表現だと言えます。 くどい表現を嫌う人もおり、人によっては悪印象を与える場合がありますので注意しましょう。 そんな時は、代わりに 「~なさってください」を使うといいでしょう。 「する」の尊敬語「なさる」を、「~してください」で活用した表現です。 「~してください」よりも丁寧に伝わります。 くれぐれも お大事に なさってください。 くれぐれも ご養生 なさってください。 「~なさってください」は、おもに体調を気遣う意味合いが強い表現です。 イメージとしては 「体に気をつけてください」といった感じでしょう。 6.上司へのビジネスメールでも使える「~いただきたく存じます」の例文 それでは、本格的に「~いただきたく存じます」の「ビジネスにおいての使い方」を例文で見ていきましょう。 「~いただきたく存じます」の使い方を、5つのシーンにおける例文で見ていきます。 今回は「~いただきたく存じます」に加え言い換え表現も交えて、「目上の人に対してものを頼む表現」をマスターしましょう! 6-1.アポイントを取りたいとき• I would like to ask for your help. 意味:お願いさせて いただきたく存じます。 We would like to ask you to let us know. 意味:我々に知らせて いただきたく存じます。 We would like you to contact us immediately regarding the status of the shipment. 意味:早急に配送についてご連絡を いただきたく存じます。 なお、「like」と「to」の間に「you」など相手を指す単語を入れることもあります。 これでも一般的に使われる表現です。 ただし、使い時はビジネスメールに限られます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:ぶしつけなお願いでまことに恐縮ではございますが、を いただきたく存じます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:実際に製品を使用した後の感想などについて、お聞かせ いただきたく存じます。 そのため、 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」という表現も覚えておきましょう。 「気が乗る時でいいので」という柔らかいニュアンスの表現です。 「I would be grateful if you could ~」• I would be grateful if you could let me know when you receive the product. 意味:商品受け取り後ご一報 頂けると幸いです。 I would be grateful if you could give him some information on local conditions. 意味:彼に現地の情報を 教えてくださるよう、お願いいたします。 「Would you be willing to ~」• Would you be willing to attend the meeting? 意味:会議に出席して くださいませんか。 I am extremely interested in your research, so would you be willing to explain a little bit about it? こちらにはへりくだる意味合いは少なく、初対面でない人や同僚との会話する場合に合っているでしょう。 I apologize for the sudden changes and ask for your understanding. 意味:急な変更をおわびいたしますとともに、ご理解を いただきたく存じます。 まとめ 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではないため、そのまま用いても失礼には当たりません。 しかし、 上司を相手に使うなら、何よりも一歩譲る姿勢が大切です。 丁寧な表現を心がけながらもくどい表現は避け、乱用には気をつけましょう。 「ご検討いただきたく存じます」のように用いるのが基本的な使い方です。 英語表現では「would you like~」「could you please~」のように表現します。 海外のビジネスパートナーを相手にするときは覚えておくと便利ね。•

次の

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

し て いただき たく 存じ ます

「いただきたく存じます」の意味・敬語 「いただきたく存じます」の意味は「〜してほしいと思う」 「いただきたく存じます」は 「〜してほしいと思う」ことを意味しています。 「いただきたく存じます」は「いただきたく思います」をより丁寧にした表現になります。 「〜していただきたく」のみでも「〜してもらいたい」という意味になりますが、「存じます」が付くことによってより丁寧な表現となります。 「いただきたく存じます」は二重敬語ではなく正しい謙譲語 「いただきたく存じます」は、 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「たい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いただきたく存じます」は、「〜してもらいたい」と「思う」とをそれぞれの言葉を謙譲語にしたものなので、 二重敬語ではありません。 二重敬語とは、一つの単語に、同じ種類の敬語を二つ以上使った言葉のことを言います。 例えば、二重敬語の例としては「おっしゃられる」「お伺いいたします」などがあります。 「いただきたく存じます」の使い方 「いただきたく存じます」は少々堅い表現のため、日常会話では使うことが少ないです。 ビジネスシーンにおいては、メールや文書、スピーチなどでよく使われます。 「いただきたく存じます」は、 取引先の相手やお客様など目上の人に対して使います。 同等や目下の人に対しては使用しないので注意しましょう。 「いただきたく存じます」は「対応させていただきたく存じます」というように、主に何かをお願いするときに使います。 単に「確認してください」というよりも「いただきたく存じます」と言った方が丁寧に聞こえます。 ・ご検討いただきたく存じます ・ご参加いただきたく存じます ・お時間いただきたく存じます ・お返事いただきたく存じます ・ご教示いただきたく存じます ・お知らせいただきたく存じます ・お送りいただきたく存じます ・お問い合わせいただきたく存じます ・お祝いの言葉をいただきたく存じます 「~をしていただきたく」で終わるのは失礼 「〜をしていただきたく」という表現は誤りになります。 「〜をしていただきたく」は「していただきたいと思います」を省略した言い回しになります。 もし「〜をしていただきたく」という表現を使いたい場合は、「〜していただきたく思います」「〜していただきたくお願いいたします」と完結した文章にします。 目上の人に対して、メールなどで省略した文章を送るのは失礼です。 社内の規則で決まっている場合は仕方ないですが、社外の人に対しては略さずにしっかりとした文章を使うようにしましょう。 「させていただきたく存じます」の乱用は避ける 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「〜させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「〜させていただく」には、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いが含まれます。 本来「させていただく存じます」は相手の許可を得てさせてもらう場合に使います。 例えば、「熱が出たので、早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は許可を得るためなので、適切な使い方になります。 「させていただく存じます」を多用することを「させていただく症候群」と言います。 多用し過ぎると、文章自体が読みにくかったり、回りくどくて何を伝えたいか分からなくなります。 丁寧な印象より、逆に慇懃無礼な印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。 「〜させていただく」よりも「〜いたします」などを使った方が自然です。 メールで資料を添付する場合は「ご確認いただきたく存じます」など ・企画の詳細についてはファイルを添付しましたのでご確認いただきたく存じます。 ・先ほどお送りした資料についてご不明な点がございましたら、私の方までお問い合わせいただきたいと思います。 その他の例文 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、一度お時間のほどいただきたいと存じます。 ・今回は当方よりご案内させていただきたく存じます。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 ひらなが「いただく」の例文 ・(正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 (誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。 ・(正)今日はお休みさせていただきます。 (誤)今日はお休みさせて頂きます。 ・(正)こちらをお召し上がりいただけますか。 (誤)こちらをお召し上がり頂けますか。 「頂く」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語 「いただく」を漢字で書くと「頂く」となります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」と表記する場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 ・頂いたお菓子、とても美味しかったです。 「いただきたく存じます」の類語・言い換え 〜していただければ幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使用場面としては、何かをお願い・依頼する場合になります。 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 例文 ・来週までにご連絡いただければ幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただければ幸いです。 〜いただきますようお願い申し上げます 「〜いただけますようお願い申し上げます」は「〜していただきたいと願っています」という意味になります。 例えば「参加していただけますようお願い申し上げます」と言った場合は「参加していただけることを願っています」といった意味合いになります。 「〜いただきますようお願い申し上げます」は非常に丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことができます。 ・お手数ですが、お送りいただけますようお願い申し上げます。 〜してください 「〜してください」は、お願いをするとき用いる言葉で、日常会話でも頻繁に使われています。 「〜してください」は、同僚や部下に対しては使えますが、目上の人に対して使うと上から目線だと、受け取られてしまう可能性があります。 目上の人にはなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 また、「〜してください」をより丁寧にした「〜なさってください」という言い方もあります。 「〜なさてください」の「なさる」は「する」の尊敬語です。 目上の人に何かをお願いするときは「〜なさってください」を使うのが適切になります。 例文 ・来月歓迎会を開催することにしました。 ぜひお越しください。 ・今確認してくるので、少々お待ちください。

次の