あまちゃん 大野いと。 大野いとの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

「あまちゃん」大野いと 野球選手との結婚を妄想

あまちゃん 大野いと

恐縮しきりだった大野いとと山田裕貴 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で注目を浴びた女優のが17日、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われた映画『』完成披露試写会に出席し、メガホンを取った監督から演出時に「」をイメージしたと伝えられ、感激の表情を見せた。 この日は、、、、らも登壇した。 本作は角川文庫創刊65周年記念作品となり、「1970年代から1980年代に革命を起こした角川映画のDNAを復活させたくて、オマージュをささげた作品なんです」という井口監督。 そのためキャストに、往年の角川映画のスターたちの姿を重ねていたと明かし、主役を務めた山田を「背が高くて、渋さのある役にしたかったので松田優作さんですね」と評価。 これには山田も「かけ離れ過ぎていて……。 でもそうなれるように頑張ります」と恐縮することしきりだった。 [PR] さらに井口監督は、大野には薬師丸ひろ子を重ねていたといい、「『野性の証明』で薬師丸さんが言うセリフ『お父さん、怖いよ』の裏返った感じをやってほしいと思って。 それから、『野獣死すべし』で目を見開いている松田優作さんもイメージした」と明かすと、大野は「そうだったんですか!」と驚きの表情。 「あまちゃん」で薬師丸と共演した経験があるだけに、「本当に大ファンなのでうれしいですね。 でも、本当に恐縮です。 何か……何か……」と言葉が続かない様子の大野だったが、「この気持ちを忘れずに明日へつなげたいと思います」と素直なコメントで会場を沸かせた。 ちなみに、その角川映画第1弾作品といえば1976年の『』。 そこで、この日はお笑い芸人の(カラテカ)が金田一耕助にふんしてイベントに乱入。 矢部は今年2月のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で本作を鑑賞していたく気に入り、宣伝部長を買って出たとのこと。 井口監督いわく「夕張のホテルの大浴場で、全裸になって語り合った」仲だといい、裸の付き合いを済ませた二人に(?)、観客からは大きな拍手が送られた。 (取材・文:壬生智裕) 映画『ライヴ』は5月10日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開.

次の

のん、あまちゃんメンバー5ショット「かなり貴重」

あまちゃん 大野いと

のんと蔵下穂波(キャンちゃん)があまちゃん以来・のんたれ・おちをつけなんせで共演する! 現在YouTube配信前で共演者として名前が出ているのは以前記事に書いたにも出ていますが、女優・映画監督 桃井かおりさん、『 万引き家族』映画監督 是枝 裕和さん、劇場版『この世界の片隅に』映画監督 片渕須直さんの協力以外の情報は出てきていませんでした。 しかしYouTube公開が決定したのちに過去にインスタなどに出していたものが出てきて今回の共演が明るみに。 instagram. つい先日まであまちゃんのブティック今野・今野 弥生役 渡辺えりさんと舞台私の恋人で共演し、その時にはお父さん役の 尾美としのりさん、GMTメンバー 山下リオさん、 大野いとさんとも舞台裏で合流したことが蔵下穂波さんのインスタから紹介され芸能ニュースなどにも取り上げられていました。 instagram. 早く見たい見たい見たい!• めっちゃ楽しみ〜。 のん ちゃんの大ファンで~す。 キャンちゃんいつも のん ちゃんと仲良くしてくれてありがとう。 キャンちゃん…くーちゃん の インスタストーリーにも! アルファエージェンシー(蔵下穂波所属事務所)公式キター!!• 公式で、のんちゃんの 顔をデカデカと載せることが出来たのが良かったよ〜•

次の

4月からの連続テレビ小説「あまちゃん」新キャスト発表!

あまちゃん 大野いと

NHKドラマ「あまちゃん」に出演中の女優大野いと(18)が1日、東京・港区の八芳園でゆかた撮影会を開いた。 赤いボタン柄のゆかたで登場した大野は、佐賀県出身のアイドル役を熱演中。 この日はあまちゃんのクランクアップ。 「ダンスの練習をやってGMT47に一体感が生まれた。 ドラマで終わるのは惜しい。 もっとやりたかった。 メンバー皆で『紅白に出たいね』と言っていて、機会があれば出たい。 『地元に帰ろう』は歌いたいが、やっぱり『潮騒のメモリー』が一番好き」とドラマの中で歌っている曲で紅白に出場したい意向だ。 福岡県出身で大の鷹ファン。 年2~3回は福岡ドームに応援に行ったという。 「杉内選手が好きだったけど巨人に行ってしまった。 あのころは強かったのに。 巨人め!」と恨み節。 「そういえば共演の橋本愛ちゃん(17)は巨人ファンだって。 以前は野球選手との結婚を妄想した。 食事のこと考えて準備しなきゃとか、マンションかなとか」。 かなりユニークなタイプのようだ。 そろそろ適齢期。 「ほれやすくて、仲良くなると身近にいる人を好きになる。 友達感覚か、恋愛か分からないけど。 外見より中身重視でマンガ『MAJOR』の主人公・茂野吾郎みたいなタイプがいい。 恋人はいてほしいが、今はいない。 姉からは『なんで付き合わんの』と言われる」 憧れの女優は所属事務所の先輩・綾瀬はるか(28)。 「NHKの隣のスタジオで『八重の桜』を収録していて、綾瀬さんに会って声を掛けてもらうと、その日はずっと幸せになる。 性格も芝居も憧れている」 今後はドラマ「山田くんと7人の魔女」(フジ系、8月10日スタート)に出演する。

次の