タイムズ 比較。 TimesPay(タイムズペイ)とSquareの比較

【2019年】カーシェアリングを徹底比較!!≪人気ランキング≫

タイムズ 比較

photo by 資産形成の入門書として有名な書籍「 」では、 マイカーは負債である、と説明されています。 車を所有しているだけで• 車両代(ローン)• 税金(自動車税、重量税)• 駐車場代• 車検代• 消耗品代(タイヤ、バッテリー、オイルなど) など多額の出費が必要になります。 これらの出費はマイカーの利用頻度に関わらず永久に続いていきますし、車を動かせばその分の燃料代が消費されます。 車自体には確かに資産価値があるものの、その値段は時間が経つにつれてどんどん下がっていきます。 カーシェアやレンタカーは利用するたびにお金がかかるものの、利用頻度によってはマイカーより安く済むというケースも多いのです。 レンタカーとカーシェアリングの違い カーシェアリングは毎回の手続きが楽 レンタカーでは、車をレンタルする前に毎回担当者と契約内容の確認、免許証の提示などの事務手続きが必要なので時間がかかります。 また営業時間が限られている店舗が多く、渋滞に巻き込まれて時間内に到着できなかった場合などに面倒なことになります。 カーシェアリングでは、一度会員登録を済ませればインターネットから予約、会員用のICカードでロックを解除して出発、とすべて自分一人で行うことができます。 予約さえ確保できれば24時間いつでもマイカーに近い形で利用できますし、時間の延長もインターネットから簡単にできます。 カーシェアリングはガソリン代ではなく距離料金がかかる レンタカーの利用料金は、時間料金+使った分のガソリン代になります。 一方、カーシェアリングではガソリン代がかからない代わりに、距離に応じて課金されていきます。 この距離料金は6時間以上経過すると発生するところが多いです。 トータルの利用料金は、「時間料金+距離料金+会員費」、ということになります。 公共交通機関と違い、乗車人数が増えるほど一人あたりの料金が下がるのは車旅のメリット。 会員費の分は毎月の時間料金、距離料金から割り引かれるため、毎月カーシェアを利用するのであれば月額費用は無料のようなものです。 シェアされた全ての車を利用できる カーシェアリングでは、自宅の近くの車だけでなく、職場の周辺にあるステーションの車を使う、ということももちろん可能です。 週末に旅行かばんを駅のロッカーに預けておき、仕事帰りにかばんを回収した後、職場の近くの車を借りてそのまま旅行にでかける、といった使い方もできます。 電車や飛行機と違い、 余計な荷物があっても気にならないのが車移動の大きなメリット。 車の返却前に家に寄ってくることで荷降ろしも楽々行うことが可能。 利用例• 金曜日の朝:旅行かばんを持って出勤• 金曜の夜:退社後、職場近くの車を借りてそのまま旅行へ• 日曜日:自宅へ戻って荷物を下ろし、近所のコインパーキングに車を停める 時間に余裕があれば返却• 月曜日の朝:車で職場へ向かい、返却後そのまま出勤 レンタカーの店舗は営業時間が限られているところが多いので、こういった使い方ができるのはカーシェアならでは。 会社が集中する都市部にカーシェアのステーションが多いのもポイントです。 カーシェアリングは車の清掃が利用者任せ レンタカーでは、借りる前にスタッフの方が車体、内装ともに綺麗にクリーニングをしてくれます。 カーシェアリングでは車の掃除が利用者の自主性に任されているため、自分が利用するエリアに掃除をしない会員がいると汚れた車に乗るハメになることもあります。 シェアリングサービス全般に言えることですが、快適に利用できるかどうかは 一緒にシェアしあう相手次第ということになります。 カーシェアリングはクレジットカードが必須 カーシェアの会員になるにはクレジットカードが必須です。 や は学生や主婦でも申し込めますし、ETCカードも発行できます。 登録はネットから簡単にできます 会員登録もインターネットから簡単にできます。 免許証の提出もスマホで写真を撮ってアップロードする、という現代的な方法で行うことができるので、余計な書類の手続きが必要ありません。 移動手段だけではないカーシェア カーシェアリングは会員登録さえすませてしまえばスマホからいつでも予約ができるのが大きな強み。 この点に目をつけ、 気軽に利用できる個室スペースとしてカーシェアを使っている人もいるようです。 参考: 上述の通りカーシェアはガソリン代を払う必要が無いのでエアコンも使い放題ですし、短時間の利用であれば15分200円ほどから利用できるので、カフェに駆け込むより安い、というわけですね。 もちろんアイドリングする場所には注意が必要ですし、距離料金がかかってくる6時間以上にも渡って全く走らせずにエアコンでガソリンだけ消費する(そんな人はめったにいないと思いますが…)のはモラル的に問題ありですが。 「カレコのカーシェアリング」と「タイムズ カーシェア」を比較 カーシェアサービスを提供している会社としては、• の2つが有名です。 カーシェアを利用できるエリア カレコは三井のリパークが運営しているカーシェアリングサービスで、利用できるのは首都圏、とくに東京が中心になります。 一方タイムズ カーシェアは、島根県と佐賀県以外のすべての都道府県で利用可能です。 また 距離料金の走行距離は車を借りたステーションを起点として計算(=6時間経過前の走行距離の分も課金)される点は要注意!。 上の表はベーシックな一番安い車種の料金なので、利用する車によってはもう少し高くなります。 カレコ、タイムズ共に1回のレンタルにつき最大72時間まで利用できます。 カレコ、タイムズ共に 月会費の料金分は無料で乗ることができるので、毎月1回以上利用するのであれば会費は無料のようなものです。 学生は月額が4年間無料です。 車種の比較 photo by カレコは、コンパクトカーやミニバンに加えて、スポーツカー ロードスターなど のような趣味性の高い車のラインアップが豊富です。 キャンピングカーまでレンタルすることが可能。 また最近ではメルセデスベンツやレクサス、ジープ、ランドローバー、ボルボ、ジャガーなど輸入車のラインナップが拡充されています。 タイムズはカレコ比べると趣味性の高い車は少ないです。 どちらの車も、ETC、カーナビ、チャイルドシートといった基本装備が搭載されており、全車禁煙、ペット不可になります。 予約期間とキャンセル カレコは2ヶ月先まで10回分の予約ができ、予約時間前ならキャンセル料は無料。 タイムズは2週間先まで予約可能で、予約時間前のキャンセルは無料。 保険 カレコ、タイムズともに、対人対物無制限、車両保証時価額、免責0円の保証がついています。 家族会員 カレコ、タイムズ共に家族会員制度があり、一人分の月会費で家族もカーシェアを利用できます。 カレコは免許取得後1年経過しないと会員登録不可 むかしは免許取得後すぐに会員になれたのですが、現在カレコは免許取得後1年経過していることが会員登録条件となっています。 時間料金が高くなる代わりに月額が無料になるプラン、平日だけさらに安くなるプランなど、料金体系も複数あります。 またカレコはニッポンレンタカーと提携しており、カレコの会員ページからニッポンレンタカーを予約すると大幅な割引があります。 カーシェアは72時間までしか借りられないので、1週間など長期のレンタルをしたい場合にはニッポンレンタカーを安く利用することが可能です。 キャンピングカーもレンタル可能 カレコで借りられる車のラインナップにハイエースをベース車としたキャンピングカーが加わりました。 キャンピングカーの利用条件は特殊で、 3日前までの電話予約が必須、また距離料金がかからない代わりにガソリン代が実費になるなどレンタカーに近いシステムになっています。 キャンピングカーに泊まることで宿泊費がいらなくなると考えれば料金も決して高くないので、複数人で行く旅行のお供におすすめです。 公式LINK: タイムズのみのサービス 充実の保険 タイムズでは、 TCP安心補償サービスとして1回の利用につき309円を支払うことで、NOC(ノンオペレーションチャージ、事故車が営業できない期間の利益を補填する罰金で通常の保険ではカバーされない)を0円にすることができます。 NOCを0円にできる保険は大手のレンタカーでもめったに無いので、ペーパードライバーなど運転に自信がない人には心強い味方です。 また洗車、給油に協力することで15分間の利用料が無料になる、といったサービスもあります。 全国どこでも利用可能 タイムズはほぼ全国どこでもカーシェアステーションがあるので、新幹線や飛行機で移動した後旅行先で車を手配する、といった使い方もできます。 結局どこのカーシェアリングがおすすめ? まず駐車場が一番近いサービスを検討する 利便性を考えれば、自分の家から一番近いところにステーションがあるカーシェアサービスを検討するべきです。 カーシェアにかぎらず、車の利用において家から駐車場までの距離は近いに越したことはありません。 利用頻度にもよりますが、 料金よりもまずステーションとの距離を優先するべきです。 東京でカーシェアを利用するならカレコ 料金に関しては全体的にカレコのほうが安く、車のラインナップも豊富。 さらに会費を年額払いにすれば割引もあるので、東京でカーシェアリングに登録するならカレコで間違いありません。 2ヶ月先まで10回分の予約を抑えることができる、というのも非常に使いやすいです。 公式Link: 東京以外でカーシェアを利用するならタイムズ そもそもカレコは首都圏以外ではほとんど利用できないので、ほかの地域に住んでいる人はタイムズ一択となります。 タイムズは全国で展開しているため、 出張や旅行先で車を手配する、といった使い方もできるのがポイント。 飛行機や新幹線で国内を飛び回っている人はタイムズのカーシェアを検討するといいでしょう。 またNOC(休業補償)を0円にできる保険は大手のレンタカーでも用意されていないことが多いので、心配性の人はタイムズで保険をつけて車に乗ると万一事故に巻き込まれたときも安心です。 公式Link: カーシェアリングが合っているのはどんな人? カーシェアの利用を特に検討するべきなのは、都市部に住んでいるファミリー、そして学生です。 都会の車の維持費の高さは周知の通りですし、マンション住まいの場合駐車場とも距離があることが多く、自家用車のメリットが薄れてしまいます。 マイカーを所持している人の、たまにはファミリーカーではなく別の車でドライブしてみたい、といった用途にも使えます。 また大手のカーシェアは学生の月額を無料に設定しているため、とにかく車に乗ってみたい学生はカーシェアを検討してみるといいでしょう。 友人、恋人と出かけたり、サークル活動の際にスムーズに車を手配できます。 就職後に営業車の運転を任されたり、車通勤必須の地域に転勤なんてこともあるので、運転に対する恐怖心をなくしておくのは重要なことです。 カーシェアリングなら、東京に下宿している大学生でも深夜の首都高ドライブにでかける、なんてことが簡単に実現できますよ。

次の

【カーシェアリング】タイムズ カーシェアとカレコの2強を比較

タイムズ 比較

土地活用でコインパーキング経営を検討している人は多いでしょうが、月極駐車場と違い下記のような管理が必要となってくるため、個人経営とせず運営会社に管理・運営を委託するケースが一般的です。 機器メンテナンス• クレーム対応 特に初期投資費用が全くかからないケースが多いため、低リスクな土地活用という点に惹かれる地主は多いことでしょう。 ですが運営会社は数多くあることから、契約する先によって条件が大きく違っているのが実情です。 そこで今回はコインパーキング経営で人気の運営会社を徹底比較し、その実態を検証していくことにします。 その特徴や実際の両者の評判を参考にして、検討時の材料としてください。 このページの目次 CLOSE• コインパーキング経営で人気会社を比較 それでは早速、各コインパーキングの運営会社の特徴と評判を見ていくことにしましょう。 特徴については各社HPから詳細を記載していますが、評判についてはネット上に挙げられたコメントとなるため、その真偽には高い信ぴょう性を求めることはできません。 あくまでも一意見という見解となりますので、1つの参考意見として認識するようにしてください。 タイムズ パーク24 タイムズは2017年10月時点で全国に約18,000件、約60万台のコ管理実績を持つ国内最大級の運営会社の1つです。 土地の大きさや形状に合わせた活用を得意とすることから、土地に合わせた運営方法が大きな特徴と言えるでしょう。 特徴 タイムズの条件概要は下記のとおりです。 毎月一定額の賃料が支払われる• 契約期間は基本2年• イニシャルコスト不要 開設時の費用• 駐車場の管理、運営はタイムズ任せ• 契約期間終了後は3か月前の申告で解約可能 タイムズの一番の特徴は契約期間中の収入が毎月定額で支払われるという点です。 運営会社との契約においては駐車場収益に応じて毎月の収入が変動するケースもありますが、タイムズの場合は安定した収入が約束されています。 この点は安心して駐車場経営に取り組める大きなメリットと言えます。 支払われる額面に関してはHP等では詳細が公表されていませんが、地代収入にプラスアルファされたものが期待できます。 またイニシャルコスト不要で管理・運営もタイムズ任せですから、基本的には土地を貸して後は丸投げという駐車場経営となるので、副業に手間や時間をかけずに遊休地を有効利用したいという人にはおすすめの運営会社と言えるでしょう。 評判 それではネット上に挙げられたタイムズ利用者の意見を見ていくことにしましょう。 大手かつ知名度の高さから安心感を持って契約しました• 現在は毎月定額の賃料を受けているので安心ですが、一部の話では値下げ交渉があるとのことなので将来的には不安があります• 業界トップであることに対する安心感はもとより、担当者の人柄や対応力がタイムズを選ぶ理由となりました• 開業後の管理に手がかからず、収入が得られ、本業に影響しないのが最も嬉しい点です• やはり安心感があることが選ぶ一番の原因となりました やはりタイムズというブランドがもたらす安心感が契約した理由の一つとなっているようです。 ですが値下げ交渉があるという声は見逃すことができません。 毎月の賃料が地代にどれくらいのプラスアルファが上乗せされているのか不明ですが、交渉時にはどれくらいの賃料が保証されるのか、将来的な値下げ交渉があるのかをしっかりと確認しておく必要があるでしょう。 ユアーズパーク ユアーズパークは東京・埼玉を中心に展開しているユアーズコーポレーションが運営する今パーキング事業です。 ユアーズコーポレーションは不動産事業を多角的に経営している会社で、駐車場関連事業は創業当初から主力としていることから高いノウハウを持ち、月極駐車場と合わせて約5,000台の運用実績を誇ります。 特徴 ユアーズパークの条件概要は下記のとおりです。 借り上げ形式と個人運用形式の2つから選べる• 借り上げ形式なら毎月一定の賃料が保証• 借り上げ形式ならイニシャルコスト不要 開設時の費用• 借り上げ形式なら駐車場の管理、運営はユアーズ任せ• 月極駐車場の一部をコインパーキングとして利用可能 先のタイムズと違い、土地オーナー自ら駐車場運営できるのが大きな特徴です。 借り上げ形式ならばタイムズと同様に開業後は運営・管理を丸投げできる上、イニシャルコスト不要で始めることができますが、駐車場収益をまるごと手にしたいという人には個人運用形式がおすすめでしょう。 しかし、個人運用形式の場合には開設時の初期投資費用が全て自費となり、開業後の管理業務委託費用が発生する為、実質の儲けは売上から初期投資費と管理業務委託費を引いいたものとなります。 実質的に実利益が上がるのは初期投資費用が回収できてからのこととなります。 長期的な運営を目指すのであればおすすめの方法ですが、運営に手間や時間がかかるため副業としての土地活用を検討している人には借り上げ形式の方がおすすめでしょう。 評判 それではネット上に挙げられたユアーズパーク利用者の意見を見ていくことにしましょう。 立地条件のいい駅に近い月極駐車場をコインパーキングにして売上が倍増しました• 狭く利用価値のなかった土地をコインパーキングにして毎月5万円の収入が生まれました• 月極駐車場の一部をコインパーキングにして駐車場収入が2. 5倍にアップしました• 月極駐車場からコインパーキングにして1台あたりの賃料は減りましたが、安定収入が得られるようになった ユアーズパークは月極駐車場として利用していても、空いたスペースだけをコインパーキングにできる点を評価している人が多いようです。 利用者の声を見ているとやはり個人運用形式よりも借り上げ形式で契約している人が多いことが伺えます。 全国展開している運営会社ではないため利用できるのは関東と一部の地方だけに限定されますが、利用者の声を見ると月極駐車場の契約者数に頭を悩ませている人には検討してもらいたい運営会社と言えるでしょう。 NTTル・パルク NTTル・パルクはその名から分かるとおりNTTグループの関連会社で、不動産のコンサルティング事業をメインに取り扱っている総合的不動産利活用会社です。 NTTという名から駐車場運営は弱いのではというイメージを持つ人もいるでしょうが、NTTならではのIT技術を駆使した駐車場管理が持ち味です。 そして何よりそのブランドイメージは絶大なことから、信頼性の高い運営会社と言えるでしょう。 特徴 NTTル・パルクの条件概要は下記のとおりです。 一括借り上げ形式• 毎月一定額の賃料が支払われる• イニシャルコスト不要 開設時の費用• 駐車場の管理、運営はNTTル・パルク任せ• NTTの先端IT技術を駆使した駐車場システムの導入• 自己運営者への駐車場システムの販売もあり コインパーキング運営会社に多い一括借り上げ形式ですが、注目してもらいたいのはNTTのIT技術を駆使した駐車場システムが利用できる点でしょう。 NTTグループならではのIT技術を駆使したIT駐車場システムや防犯用ネットワークカメラ等の最先端のコインパーキングシステムが利用でき、そのシステムの販売のみも取り扱っている点は見逃せません。 自分でコインパーキングの運営をしたいという人は開設から維持・管理・保守に至るノウハウを得て、駐車場システムを利用した運営ができるので、ぜひ検討してみる価値はあるでしょう。 評判 それではネット上に挙げられたNTTル・パルク利用者の意見を見ていくことにしましょう。 要望に合わせた最適な提案をしてくれた• 情報量が多い• 情報更新頻度が多いため、利用状況等がリアルタイムで管理できる• トータルサポートが充実している• 駐車場内に自動販売機の設置もしてくれ、土地を有効に活用できた NTTル・パルクの一番の売りはNTTのIT技術を駆使した駐車場システムですが、それよりも評価が高いのは開業後のトータルサポートのようです。 悪いコメントがないことからも技術力と安心、信頼を兼ね揃えた運営会社と言えるでしょう。 現在、自己運営しており運営・管理に行き詰っているという人には、この駐車場システムだけの導入も検討してみるというのも1つの選択肢となってきます。 タイムパーキング タイムパーキングはアパルトマンイクシーズ株式会社が運営するタイムパーキング運営会社です。 会社自体は設立が平成22年と若いのですが、アパルトマン株式会社のコインパーキング事情を独立させた会社のため、事業運営は平成元年からと長い実績を持ちます。 本社が大阪、事業所が東京・横浜の3店舗のため、利用できる層は限定されることになりますが、該当地域にお住まいならば是非とも検討してもらいたい運営会社の1つと言えるでしょう。 特徴 タイムパーキングの条件概要は下記のとおりです。 借り上げ形式と個人運用形式の2つから選べる• 借り上げ形式ならば毎月一定額の賃料が支払われる• 借り上げ形式ならばイニシャルコスト不要 開設時の費用• 駐車場の管理、運営はタイムパーキング任せ• 資産税対策等の不動産のトータルサポートが受けられる• 綺麗で停めやすいがコンセプト タイムパーキングは借り上げ形式と個人運用形式の2つから選べる運営会社ですが、一番の特徴として挙げられるのは駐車場に対するコンセプトでしょう。 コールセンターや警備担当、保守担当が連携した24時間管理の安心利用と明るい照明や、車路幅5m以上、車室幅2. 5m以上とスムーズ駐車ができるレイアウト等、利用者に対する高い気配りが一番の売りと言えるでしょう。 評判 それではネット上に挙げられたタイムパーキング利用者の意見を見ていくことにしましょう。 とてもキレイで停めやすいと好評です• 道路からも入りやすくなるよう、レイアウトも考えて頂けました• 最初は大手も検討したが最終的に信頼感がもてたので決めました• コインパーキングへの定期巡回が頼もしい• トラブル対応が非常に素早い• 細かい気配りが助かる 運営会社を選ぶならば大手からという人が多いのですが、上記のコメントからもそれを覆すだけの信頼感がタイムパーキングにあることが伺えます。 特にタイムパーキングのコンセプトが反映されたコインパーキングが実際に評価されている点は見逃せません。 まとめ 今回は多くのコインパーキング運営会社を紹介しましたが、初期投資不要で運営・管理が不要なため手軽に始められるのがこの土地活用の一番のメリットでしょう。 しかし、コインパーキング事業は低リスクな反面、収益性が低いのが難点とも言えます。 商業地など、多くの利用者が見込める立地条件であれば高収益も見込めますが、基本的には低リスク、低リターンの土地活用となってきます。 手軽に始められるためコインパーキング事業を検討する人は多いでしょうが、どれくらいの収益を得られえる事業にしたいかによってはおすすめできる土地活用ではありません。 その場合には他にも土地活用の方法は様々あるので、まずは自分の目的にあったものを比較検討し、最適なものを選ぶよう心掛けましょう。

次の

【徹底比較】カレコとタイムズカープラスを使い倒して分かった本当のおすすめ

タイムズ 比較

ご経営されている店舗に、クレジットカード決済を導入するかどうかでお悩みのビジネスオーナー様に向けて、このページでは Square(スクエア)と Times Pay (タイムズペイ)の2社の決済サービスについて徹底比較していきます。 私も自身が経営する小さなサロンに決済サービスを導入する際、あらゆる比較検討をおこないました。 スクエアもタイムズペイもどちらも大変人気のある決済サービスですが、ビジネス形態、ご利用されるお客様層、業種によって向き不向きがあります。 このページではそれらを踏まえて、スクエアとタイムズペイについての メリット、デメリット、向き不向きを、4つのポイントをテーマにわかりやすく徹底比較していきます。 1.決済手数料がお得なのは? 2.入金サイクルはどっちが速い? 3.回数券や月謝は決済できる? 4.初期導入費はいくらかかる? スクエアとタイムズペイ。 どっちの決済サービスを導入するか?でお悩みの方は、ぜひ最後までお読みください。 JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナーズクラブ、ディスカバーは 3. JCBのみ 3. また、決済手数料もタイムズペイは基本3. 【加筆】 2019年5月にスクエアとタイムズペイは、どちらも『キャッシュレス・消費者還元事業』の支援事業者として登録されました。 1日~15日までに発生したカード決済売上は月末日に。 16日~末日までの売上は翌月15日に、指定口座に振り込まれます。 その他の銀行であれば、 月に4回(毎週金曜日の7日に1回)のペースで入金されるサイクルです。 特に個人事業主や小中規模の企業の場合は、資金繰りなどを考えれば入金サイクルは速いに越したことはありませんので、この点は大きなメリットとなるでしょう。 また、各社ともどの金融機関を入金先として指定しても、振込手数料はすべて負担してくれますので無料です。 ですので、タイムズペイの場合は1回1回お代金を支払っていいただく、都度払いのビジネスをされている小売業や飲食店、美容院などにおすすめの決済サービス会社と言えるでしょう。 ですので、整体院、整骨院、エステサロン、ネイルサロン、塾、教室、会員制ビジネスなど、回数券やコース制や月謝などに関わるビジネスオーナー様にとっては、最適な決済サービスとなります。 あったとしても、とても高額な決済手数料を取られる所が多いですが、スクエアは一律3. また業種によっても変わりますので、下記にまとめます。 これら3点セットを揃えるための初期導入費として38,000円(税込)がかかります。 タイムズペイとは違ってスクエアの場合は、すでにお持ちのスマホまたはタブレットを使用して決済できます。 スクエアのカードリーダーは通常7,980円で購入しますが、スクエアでは大変お得に導入できるキャンペーンが現在行われています。 また、タイムズペイは独自のタブレット、プリンター、カードリーダーを揃えなければならないのに対して、スクエアはお手持ちのスマホ(またはタブレット)が利用でき、カードリーダーも今なら無料となるため、 初期導入費をはじめ、月額固定費、カードリーダー端末機、入金手数料なども一切かからないという点で、スクエアは大きなメリットとなります。 このページではSquare(スクエア)とTimes Pay(タイムズペイ)の決済サービス会社について、私の実体験を基にして徹底比較させていただきました。 しかし、どちらが良い悪いではなく、向き不向き・得意不得意と感じてもらえれば良いかと思います。 ビジネス形態、業種、ターゲットとなる利用者層によっても比較の結果は大きく異なります。 そして、最近では決済サービス会社を1つに絞って導入するのではなく、2~3社の決済サービスを導入されている店舗さまも多くなってきています。 なぜなら、予期せぬシステム障害、カードリーダーの故障、決済アプリの不具合などが、起こってしまうかも知れないからです。 ですので、万が一に備えて保険という意味で複数導入をされている所や、お客様が利用されるクレジットカードの種類、決済の種類などによって決済手数料が安い方を上手く使い分けておられる事業主さんも多々おられます。 決済サービスを導入するかどうかでお悩みの方々にとって、このページがお役に立てれば幸いです。 最後に、スクエアおよびタイムズペイの最新情報は下記の公式サイトでも必ずご確認ください。

次の