ポケモン 剣 盾 ギルガルド。 【ポケモン剣盾】たすき+剣舞 ASギルガルド 育成論【単体考察】

【ポケモン剣盾】「ギルガルド」が上位勢で人気!その強さのヒミツ教えます【種族値と育成論】

ポケモン 剣 盾 ギルガルド

つまり、 リストラ互換切りされることが決まっています。 ガオガエンはタイプ相性が最悪で、ギルガルドのせいなるつるぎも普通に耐えてきます。 どのパーティにも自然と入り、使用率80%以上のこの2体がポケモン剣盾で登場しないとなると、ギルガルドが刺さるパーティは増えます。 つまり、ランドロスとガオガエンが消えることで、ギルガルドが相対的に強くなることが一つの理由といえます。 メガシンカとZクリスタルが消える メガシンカとZクリスタルはポケモンソード・シールドでは登場しません。 メガシンカはいうまでもなく強く、Zクリスタルはどのポケモンからもびっくり高火力技が飛んでくることから、耐久寄りのポケモンは動きづらい環境でした。 それが消えることで、高火力技を押し付けづらくなった剣盾環境では、ギルガルドを処理することは容易ではありません。 弱点が少ない優秀な複合タイプと、クレセリア以上のぼうぎょ・とくぼう種族値を持つギルガルドは、受けサイクルにも活躍してくれそうです。 まず、ポケモンがダイマックスするとどうなるかをおさらいしましょう。 一部?能力値が上昇する• ひるまない• 技がタイプに応じたダイマックス技に変化する 全体攻撃• 3ターン後、元の姿に戻る この3つ目のダイマックス技に注目してください! ダイマックス技は全体攻撃になるので、ギルガルドのワイドガードで防ぐことが出来ます。 極端な話、ダイマックスしている3ターンの間、ギルガルドはワイドガードをし続ければ、それだけで相手のダイマックスを完封することができます。 他にもワイドガードを覚えるポケモンはいますが、その中でも非常に優秀なのがギルガルド。 皆さんもぜひ育ててみてください! ダブルバトル用ギルガルドの育成論は? 前作までだと、大きく2つのギルガルドが存在していました。 「ゴーストZギルガルド」と「たべのこしギルガルド」です。 単純に、攻め型か受け型かの違いなのですが、この2種が最もメジャーかつ強い育成方法でした。 攻めガルド ポケモンソード・シールドではZクリスタルはありませんので、代替は「いのちのたま」「きあいのタスキ」「じゃくてんほけん」「ダイマックス型」が定番なのかなと思っています。 努力値配分はお好きなようにしてもらっていいと思います。 きあいのタスキならCSぶっぱでいいですが、他の方は役割に応じた耐久調整や素早さ調整をしなければなりません。 シャドーボール• ラスターカノン• せいなるつるぎ• かげうち• シャドークロー• アイアンヘッド 受けガルド 私も愛用しているどくまもみがガルドです。 基本的にHDぶっぱで持ち物はたべのこし。 場持ちが良く、あらゆる攻撃を耐える鉄壁君にします。 シャドーボール• どくどく• みがわり• キングシールド が鉄板ですが、上記のダイマックス対策をするなら、シャドーボールかみがわりがワイドガードになるのかなって気がします。 技構成も、パーティの役割に応じて決めるのが当たり前なので、一概にコレだ!と言えませんので予めご理解ください。 もしワイドガードを使わなくてもダイマックスの処理ができるのであれば、ワイドガードを無理して入れなくてもよさそうです。 まとめ いかがでしたか? ギルガルドはポケモンソード・シールドで間違いなく使用されるポケモンです。 パーティの相性補完にもピッタリのポケモンなので、育てておいて損はありません。 ギルガルドの流行を逆手にとって、ギルガルドメタ構築をつくっても面白いかもしれません! ただギルガルドメインのパーティってのはおそらく無いので、メタるほどでもないかなと思ったり思わなかったり。 以上、さいごまでお読みいただきありがとうございました! ぐっち.

次の

【ポケモン剣盾】ギルガルドの育成論と弱点・対策まとめ【弱点保険特殊アタッカー型】

ポケモン 剣 盾 ギルガルド

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

ポケモン図鑑ソードシールド|剣盾|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 ギルガルド

バトルスイッチの特徴 ギルガルドのことで必ず覚えておきたいのは、特性「バトルスイッチ」の特徴です。 等倍の技はシールドフォルムで3発耐えることはザラなので、シールドフォルムでの受け出しや、対面性能が非常に強い。 また手持ちに引っ込めると耐久の低いブレードフォルムのギルガルドも耐久の高いシールドフォルムに戻るので、再度受け出しからの再展開も可能になります。 物理特殊どちらも攻撃種族値がかなり強力なため 140 、防御側は受け辛いです。 攻撃する直前にブレードフォルムになるため、出来るだけ相手の攻撃を防御力の高いシールドフォルムで受けた後に、行動できるように、すばやさを落として育成する。 ブレードフォルムは、防御種族値がとても低く脆いが、ブレードフォルムになるのは攻撃技を使う直前のみなので「つるぎのまい」などの補助技はシールドフォルムのまま打てるのも強い。 「キングシールド」の優先度は+4で、どんな先制技よりも早く行動出来るため、後行で攻撃した後に相手の攻撃を受ける前に、防御力の高いシールドフォルムに戻ることができる。 またキングシールドで接触技を受けると、相手のこうげきを1ランク下げることができるためかなりのアドバンテージとなる。 しかし、キングシールドのタイミングで積み技を使われたり、身代わりを置かれたりすると、かなりまずい展開になる為、そこらへんは読み合いである。 キングシールドは「まもる」「みきり」など一般的な防御技と仕様が少し異なる。 ギルガルドのタイプ 「はがね」「ゴースト」 ギルガルドのみの固有タイプです。 ギルガルドのオススメ技 ギルガルドを知るにあたって対戦で使われている技も理解しておきましょう。 対戦で使用されている技は、実はあまり多くありません。 命中安定で安心して打てる。 威力が少し物足りないがこれしかない。 急所には期待しないほうが良い。 タイプ一致物理技。 命中安定で安心して打てる、、 大体後攻で打つのでひるみには期待できない。 「かげうち」 ゴースト技。 威力40 命中100 タイプ一致の先制技。 高い物理攻撃から繰り出されるのでかなり強い打点になり、物理型は勿論、特殊型にも多く採用される。 ギルガルドを相手にする側は、この技を前提とした立ち回りをしなければならず、非常にやり辛い。 「インファイト」 かくとう技。 威力120 命中100 技を当てると、「ぼうぎょ」「とくぼう」が1ランク下がる。 今作から取得した格闘技。 ゴースト技が当たらないノーマルタイプに当たる相性補完技としてとても優秀。 何故こんな強い技を与えてしまったのか、 「せいなるつるぎ」 かくとう技 威力90 命中100 相手の能力変化に関係なくダメージを与える。 積み技で防御を上げる「アーマーガア」や「バイウールー」などに強く出れる。 技の威力も高く通常の攻撃技としても優秀のためよく採用される。 インファイトと選択。 「もろはのずつき」 いわ技 威力150 命中80 与えたダメージの半分を自分も受ける。 高火力岩技。 メインウエポンとなる物理技より威力が出る。 外れた場合はブレードフォルムの無防備な姿を晒すだけになってしまうので恥ずかしい。 「ソーラーブレード」 くさ技 威力125 命中100 1ターン目は攻撃せず、2ターン目に攻撃する。 「ひざしがつよい」ときは1ターンで攻撃できる。 他の天気の時は威力が半減される。 この技をギルガルドが覚える事をあなたは知っていただろうか、私は知らなかった。 「ヌオー」「トリトドン」「ガマゲロゲ」を前にした時に、全く警戒していない相手にダイソウゲンを打ち込んで気持ち良くなりたい人はどうぞ。 「つばめがえし」 ひこう技 威力60 命中100 相手の能力変化に関わらず必ず命中する。 ギルガルド、ダイジェット使えるってよ!最速で採用して2回ダイジェットを積めば最速ドラパルトまで抜くことができる。 特殊技メインウエポン。 威力はシャドークローより10高く、特性「いかく」の影響を受けないため安定したダメージが出せる。 「ラスターカノン」 はがね技 威力80 命中100 10%の確率で相手の「とくぼう」を1ランク下げる。 こちらもタイプ一致技。 まさか特殊方面でも、ポケモン剣盾最強技の「ダイジェット」が打てるとは。 物理型ならではの2段階アップ、じゃくてんほけんを持たせず自ら積み叩く型で用いられる。 デメリットは使った時点で物理型とばれる事。 ギルガルドに有効打がないパターンは割とよくあるので詰む隙は見つけやすい筈。 行動保証のための「きあいのタスキ」や半減きのみを持たせる場合が多い。 「キングシールド」 相手の攻撃技を防ぐ、接触技は防いだ場合は相手のこうげきランクを1段階下げる。 ブレードフォルムの場合はシールドフォルムに戻る。 ギルガルドの代名詞と呼ばれる技。 「まもる」や「みきり」と少し守れる範囲が違い、変化技を防ぐことが出来ないため、少しその面では弱い。 「ボディパージ」 軽量化して素早さを2段階上げる。 一回積めば最速ドラパルトまで抜けるので、上からほぼ全てのポケモンを叩けるようになる。 「みちづれ」 この技を使った後に倒されると、倒した相手をみちづれにする。 「ボディパージ」で素早さで上回り相手を抜き去り、暴れた後最後に「みちづれ」を押す事で相手を2体以上持っていく夢を見たが、 ダイマックス状態の相手はみちづれができない。 しょっぱい仕様になってしまった。

次の