江口拓也 借金。 声優・石川界人、“借金の相談”するなら内田雄馬!「養うよ」と言われた!?

江口拓也

江口拓也 借金

声優がホットな存在になった背景は? 雑誌の『FRIDAY』には直撃の様子も掲載されているが、この報道に対し江口は 「週刊誌について」というタイトルで約4か月ぶりにブログをアップ。 《週刊誌、事務所が取材受けて色々否定したんですけど記事としては出るんですね笑》 という書き出しから始まり、 《もしも今後、未来を共にしたいと思うパートナーと結婚という選択をするのであれば、その時は自分から公表したいとおもいます》 と心境を明かした。 さらに、 《細かなプライベートは出さず、非日常を提供する人物でありたい。 でも、そんなこと、お構いなしの方々がいらっしゃるのもまた事実。 そんな時代なんだなって。 だから、必要最低限とされる情報については、自ら発信したほうがいいとの判断に至りました》 と綴り、マスコミに対し苦言も呈した。 江口に限らず、声優の私生活などが芸能人やアイドルと同様に報じられるケースは、ここ数年でかなり多くなった。 「昨年6月にはアニメ『進撃の巨人』エレン・イェーガー役の梶裕貴とアニメ『けいおん! 』の中野梓役で知られる竹達彩奈の結婚が大きく取り上げられました。 5月には前野智昭と小松未可子が結婚。 また先日、結婚を発表した歌手で山口百恵と三浦友和の長男・三浦祐太朗のお相手である牧野由依も、人気の美人声優です。 最近では梶や三石琴乃らがドラマに出演したり、内田真礼のようにアーティストとしても活躍するケースがあったりと、声優が顔出しでの活躍の場を広げています」(スポーツ紙記者) 大ヒットアニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役を務めた花江夏樹は声優として活躍する一方で『おはスタ』(テレビ東京系)のMCを務め、さらにYou Tubeでゲーム実況動画の投稿も行っている。 「チャンネル登録者数も156万人を突破するすさまじい人気ぶりで、江口や小野賢章ら親交の深い声優仲間も、たびたび登場しています」(同前) 江口はブログで週刊誌の報道に対し、以下のように問題提起した。 《人によってはとんでもない精神的苦痛だと思うし、、、普通に考えて怖い。 まあいまのところ、泣き寝入りしかないんだろうな。 システムとして。 これは業界としての今後の課題ですね》 声優がアイドル並みの人気を誇り、熱狂的なファンも多く、マスコミに追いかけられるほどホットな存在になった背景には何があるのだろう。 あるプロダクション関係者はこう話す。 現在のように声優の認知度が高くなったのは、水樹奈々や宮野真守といったスター声優がテレビへ出演する機会が多くなったころから。 キャラクターの声と実際のルックスのギャップも、人気度がアップした理由のひとつなのかもしれません。 NHKの連続テレビ小説『エール』でナレーションを担当している津田健次郎も、知る人ぞ知るイケメンですからね。

次の

TVアニメ『A3!』Blu

江口拓也 借金

不慮の事故により異世界に転生した、ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」という夢はイマイチ叶わないものの、なんとかそれなりに、異世界での日々を送っていた。 転生特典として道連れにしてきた女神・アクア。 一日一発しか魔法を撃てないアークウィザード・めぐみん。 攻撃が当たらないクルセイダー・ダクネス。 能力は高いのにとんでもなく残念な3人のパーティメンバーたちとも、なんとかそれなりに、クエストをこなしていた。 ---そんなある日。 機動要塞デストロイヤーの脅威からアクセルの街を救ったカズマたちに、王都からやって来た使者は言い放った。 「冒険者、サトウカズマ。 貴様には現在、国家転覆罪の容疑がかけられている!」……平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!? 「これより、被告人サトウカズマの裁判を執り行います」機動要塞デストロイヤーを撃破し、アクセルの街を守ったカズマたちは一躍街の英雄に!! ……のはずが、爆発寸前のコロナタイトは運悪く領主の館へ転送され、館を爆破してしまっていた。 領主の命を狙ったと誤解され、カズマは国家転覆罪の容疑者に。 最初は擁護していた冒険者たちも、とばっちりを恐れて目を逸らし、アクアとめぐみんに至ってはカズマに罪をなすりつけるという始末。 「どいつもこいつも覚えてろよおぉぉ!! 」血を吐くような叫びを残し、哀れカズマは逮捕されてしまう。 国家転覆罪は最悪、死刑! カズマの命は風前の灯火!! めぐみんが連れてきた黒猫ちょむすけが加わるけれど、なんとも侘しい現状なのだった。 ある日、ジャイアントトードの討伐に駆り出されるが、盾役のダクネスがいないため、悪戦苦闘でピンチに陥ってしまう。 「さあ今こそあの時の約束を果たす時! 今日こそは、長きに渡った決着をつけるわよ!」ゆんゆんは、なぜだかものすごく必死に勝負を挑んでくるのだが……。 この私が誰だか忘れてない?」アクアの浪費に賠償金……。 膨れ上がった借金地獄から抜け出すべく、カズマはダンジョン未踏ポイントの探索クエストに行く決心をする。 渋るめぐみんとお宝につられたアクアを引き連れ、目的のダンジョンへ。 カズマはひとり先にダンジョン内を探索しようとするが、人の都合などどこ吹く風のアクアがいつの間にかついて来ていて、いつも通りのいやーな予感の展開に……。 ところが意外や意外、女神の本領を発揮する活躍っぷり。 「日頃からちゃんとこんな感じでやっていれば、信者も少しは増えるだろうに…」と、いつもの駄女神っぷりとのギャップにむしろ哀れみを覚えるカズマだった。 そんな一行がダンジョンの奥で見たものは!? 聞けば、領主アルダープはカズマの執行猶予の代償に、自分の息子とダクネスのお見合いを画策しているらしい。 しかもダクネスの父親もたいそう乗り気で、冒険者を続けたい彼女としては、なんとか断りたいという。 お見合いを破談にする手伝いを頼まれるカズマだが、ちょっと待て!? …とある閃きが。 「寿退社。 ……そう、つまりはめでたいことだ」ある決意を秘めたカズマは、颯爽とダスティネス家へと向かうのであった。 街に溢れる怪しげなモンスターの原因が、カズマたちではないかと疑ってきたのだ。 思い当たることがないカズマだが、アクアが自信満々に聞き捨てならないことを言い出した!仕方なくセナや街の冒険者たちと共にダンジョンへと向かうカズマたち一行。 アクアとめぐみんを待機させ、深部へ潜ったカズマとダクネスが見たものは、せっせと泥人形を作っている怪しい仮面の男だった。 「アレ、どう考えてもこのモンスターたちの主だろ……」その通り、遭遇したのはまさかの魔王軍の幹部だったのだ。 カズマたちの運命は!? 寒さのせいで外に出たくないアクアも、暖炉の前から動かない。 しかし、諸事情により外出を余儀なくされたカズマは、4人で鍛冶屋を訪れる。 なんと、バニル討伐で得た報酬で、カズマは自分専用の武器と鎧をオーダーメイドしていたのだ!そして、早速ギルドでクエストを探し、リザードランナー討伐クエストを受けるカズマたち。 「大丈夫、どんなモンスターだろうと、俺とコイツの敵じゃありませんよ」と刀を携え、ドヤ顔で意気揚々と討伐に向かったが……。 たまには贅沢して、温泉も悪くないなー」コタツの一件以来、バニルと組んで商売を画策するカズマ。 そんな折、バニルは商品開発の知的財産権一括譲渡による高額商談を持ちかけてきた。 この商談に早くもセレブ気分のカズマは、もう危険な冒険者稼業なんかしないとのたまわり、(意外にも)魔王討伐を掲げるめぐみんを怒らせてしまう。 すると、さらにごねるカズマとアクアに、めぐみんが唐突に「湯治に参りましょう。 街の名前に反応したアクアはすこぶる乗り気、ダクネスも否やはなく、ついでにウィズも一緒に。 初めての旅路に気分が上がったのも束の間、早速トラブル発生。 カズマたちの乗合馬車が、硬いもの目がけてチキンレースを行うモンスター・走り鷹鳶たちのターゲットになってしまったのだ!硬いダクネスのせいで……。 大ピンチの中、カズマは走り鷹鳶一掃作戦を思いつく。 「なんてことだ、私の体の上を次々と発情したオスたちが通り過ぎていく……!」 酷い扱いもまるでご褒美とばかりにもだえるダクネスの変態性にあきれつつ、何とか窮地を脱出するのだが、その夜、アクアのせいでまたしても……。 さあ、あなたの罪を打ち明けなさい」アルカンレティアの温泉で、たっぷりゆったりのんびりするはずが、アクシズ教団の執拗な勧誘の波状攻撃に、カズマはがっくりぐったりうんざり。 一方、アクシズ教団が信奉する女神その人であるアクアは、街の人々による自分への深い信仰にご満悦。 アークプリーストとして教会に居候し、懺悔する信者を嬉しそうに説いていた。 あまりにくだらない懺悔のやりとりで、一層ぐったりして宿に帰ってきたカズマ・めぐみん・ダクネスだが、カズマの疲弊したHPを一気に回復させる魔法の言葉をウィズが紡ぎだす。 それでも可愛い信者のために汚染の原因を取り除きたいと言い出すアクアに、カズマたちはしぶしぶ付きあうことに。 山の中にある源泉を訪れたカズマたちが遭遇したのは、街でアクシズ教団の執拗な勧誘にキレていた男。 こんなところで一体何を……?そんななか、思い出したように声を上げるウィズ。 「ハンスさん!お久りぶりです、私ですよ、ウィズです!」 魔王軍幹部のウィズと知り合いってことは、もしかして……? 必ず、生きて帰る。 ある日、カズマはギルドでランという新米冒険者の少女から握手を求められる。 ランは冒険者になったばかりで、魔王軍幹部を次々と倒しているカズマに憧れ、ファンになったと言うのだ! カズマがドヤ顔で気を良くしていると、ギルド受付嬢のルナがやってきて、ゴーレム討伐クエストを依頼してくる。 ファンの前でカッコ悪いところは見せられない。

次の

まさかの同棲中!江口拓也&西山宏太朗、俺癒コンビの仲良しエピソード

江口拓也 借金

声優がホットな存在になった背景は? 雑誌の『FRIDAY』には直撃の様子も掲載されているが、この報道に対し江口は 「週刊誌について」というタイトルで約4か月ぶりにブログをアップ。 《週刊誌、事務所が取材受けて色々否定したんですけど記事としては出るんですね笑》 という書き出しから始まり、 《もしも今後、未来を共にしたいと思うパートナーと結婚という選択をするのであれば、その時は自分から公表したいとおもいます》 と心境を明かした。 さらに、 《細かなプライベートは出さず、非日常を提供する人物でありたい。 でも、そんなこと、お構いなしの方々がいらっしゃるのもまた事実。 そんな時代なんだなって。 だから、必要最低限とされる情報については、自ら発信したほうがいいとの判断に至りました》 と綴り、マスコミに対し苦言も呈した。 江口に限らず、声優の私生活などが芸能人やアイドルと同様に報じられるケースは、ここ数年でかなり多くなった。 「昨年6月にはアニメ『進撃の巨人』エレン・イェーガー役の梶裕貴とアニメ『けいおん! 』の中野梓役で知られる竹達彩奈の結婚が大きく取り上げられました。 5月には前野智昭と小松未可子が結婚。 また先日、結婚を発表した歌手で山口百恵と三浦友和の長男・三浦祐太朗のお相手である牧野由依も、人気の美人声優です。 最近では梶や三石琴乃らがドラマに出演したり、内田真礼のようにアーティストとしても活躍するケースがあったりと、声優が顔出しでの活躍の場を広げています」(スポーツ紙記者) 大ヒットアニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役を務めた花江夏樹は声優として活躍する一方で『おはスタ』(テレビ東京系)のMCを務め、さらにYou Tubeでゲーム実況動画の投稿も行っている。 「チャンネル登録者数も156万人を突破するすさまじい人気ぶりで、江口や小野賢章ら親交の深い声優仲間も、たびたび登場しています」(同前) 江口はブログで週刊誌の報道に対し、以下のように問題提起した。 《人によってはとんでもない精神的苦痛だと思うし、、、普通に考えて怖い。 まあいまのところ、泣き寝入りしかないんだろうな。 システムとして。 これは業界としての今後の課題ですね》 声優がアイドル並みの人気を誇り、熱狂的なファンも多く、マスコミに追いかけられるほどホットな存在になった背景には何があるのだろう。 あるプロダクション関係者はこう話す。 現在のように声優の認知度が高くなったのは、水樹奈々や宮野真守といったスター声優がテレビへ出演する機会が多くなったころから。 キャラクターの声と実際のルックスのギャップも、人気度がアップした理由のひとつなのかもしれません。 NHKの連続テレビ小説『エール』でナレーションを担当している津田健次郎も、知る人ぞ知るイケメンですからね。

次の