シューター バスケ。 バスケのポジションの1つ【シューティングガード(SG)】を7分で学ぶ!

【少人数・個別指導】シューターバスケスクール岐阜《小中学生/初心者/ミニバス指導》

シューター バスケ

こんにちは!イシコです。 シューターに1番必要な物は何だと思いますか? 私は、「 メンタルの強さ」だと思います。 私は、中学から8年間バスケをしてきて、中学の3年間はポイントガードで、3年生の時には部長を任されていました。 そこから高校に入り、高校ではシューターとしてプレイしました。 社会人に入っても、チームではシューターをしています。 高校の大会では、最高57得点をした試合もあります。 そうやって今まで5年間シューターをやってきた結果、シュート力なども大切だと思いますが、1番大切なのはメンタルの強さだなと思いました。 これから、シューターとして活躍するコツをいろいろ紹介しますが、まず初めに 1番大切だと思うメンタルの強さから解説します。 ・練習ではいつも通り打てて、入るのに大会だと緊張してしまいいつも通り打てない。 ・大会になるとシュートを外すのが怖くて打つか迷ってしまう。 ・ブロックされるのが怖くて、シュートを打てない。 ・調子が悪い日は次もシュートを外す気がして打てない。 ・シュートを外すとチームに迷惑をかけてしまう。 なんて思っている間は、シューターはつとまりません。 僕も実際、そういう時期はありましたが、悪いイメージが少しでもあれば シュートの確率は下がってしまいます。 練習では、何も考えずにシュートが打てて、最大の力を発揮できますが大会だとどうしてもプレイの重要さが変わってくるので、緊張してしまいますよね ですが、緊張をしたりチームのみんなに申し訳ないと思っていたら、さらにシュートを外すことにつながり、さらに迷惑をかけてしまいます。 それではどうしたらいいのか? それは、、、図太い心を持つことです。 シュートを何本外しても気にしない。 外しても外してもシュートを迷わず打つ。 自分のリズムで打つ。 いいイメージを持って打つ。 といったことを心がけて、シュートを外しても、100%シュートが入る人なんていない!と割り切りましょう。 シュートを外しといてそんなの無責任だと思うかもしれませんが、その方がシュートの確率は上がり、チームのためになります。 (と思って割り切りましょう笑) もちろん、シュート練習をたくさんして、自信につながるシュート力を身に着けることも大切です! 練習から入らなければ試合ではもっと入りませんからね。 【バスケ】シューターなら調子が悪いときでもチームに貢献する シュート力もあり、メンタルの強い人でも、調子の悪いときというのは絶対にあります。 そんな時は、シュート以外のできる事、調子に左右されないことを頑張りましょう。 人1倍ディフェンスを頑張る。 リバウンド、ボックスアウトを頑張る。 ドリブルで切り込んでレイアップに行く。 など、できることはたくさんあります。 特に、ディフェンス、リバウンド、ボックスアウトは誰でも意識するだけでできます。 人一倍努力しましょう。 そうすることによって、シュートの調子が悪いときでも チームに迷惑をかけない&試合に出してもらえます。 チームメイトからも信頼されてさらなる好循環をうみますよ。 チームのためになる選手を目指しましょう。 【バスケ】シュートのコツ 今までシューターをしてきた経験をいかして、いくつかコツを紹介します。 【バスケ】シュートのコツ1:シュート練習は、本番と同じように 練習の時から本番を意識して、ステップやスピード、ボールの受け方など本番と同じように行いましょう。 練習と本番でスピードなどを変えて練習していると、正直言って意味ありません。 うまくなるのはフリースローくらいです。 ボールを受け取るところからフォロースルーまで、本番をイメージしましょう。 【バスケ】シュートのコツ2:フォロースルーを残す シュートを打ったら、フォロースルーをしっかり残しましょう。 ゴールにボールが到達するくらいまでは残しましょうね。 近い距離からのシュートだからと言って、手が伸びきっていないのもNGです。 距離感をつかむために、どんな距離からでも同じフォームで、フォロースルーまでやりましょう。 【バスケ】シュートのコツ3:練習ではリングに当てないことを心掛ける 普段の練習ではリングやボードに当てないシュートを心掛けましょう。 そうすることによって、本番で少しずれてもシュートが入るようになります。 自然と、リングに当たらずに入るかっこいいシュートも増えるのでかなりおすすめですよ。 【バスケ】シュートのコツ4:力は抜く 余計な力みはシュートのブレに繋がります。 腕を軽く振ったり、肩を回して余計な力を抜きましょう。 また、シュートの飛距離が足らないと無理に飛ばそうと力んでしまいます。 シュートの飛距離を伸ばして、軽く届くようになれば、力を抜いて打てるので、 シュート率も向上します。 私自身も筋トレをするようになって、シュートの安定性がましたので、筋トレもおすすめです。 バスケでおすすめの筋トレに関しては、下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。 些細な変化ですが、シュートにはその些細な変化が命取りです。 私は少し伸びた爪が打ちやすいので、大会の1週間前に決まって切るなどして、調節していますよ。 もちろん、短い方が打ちやすい方は、大会の前日に短く整えるのでもいいでしょう。 【バスケ】シューターとしてシュートを決めるコツ:まとめ シュートを決めつづけるということは、簡単なことではありません。 毎回同じような気持ち、体の状況で試合に臨めるように、自分の中でルーティーンを作ることが大切です。 例えば、「前日は必ず軽いランニングをする」とか「寝る前にストレッチをしてから寝る」とか 工夫して、毎回同じ流れで試合に臨めるようにするといいですね。 何回外しても打ち続けるメンタルで、打ち続けましょう。 そのために練習でシュートを決めてあなたのシュートを仲間に信頼してもらうのも 大切です。 シューターを目指しているのであれば、絶対にチームで1番シュート練習をしましょう。 練習が始まる前や、練習後など、大変ですが毎日打ち続けることでシュート力は必ず向上します。 練習をする際は、初めからスリーポイントを打つのではなく、基礎を意識して毎日ゴール下から練習を始めて、徐々に距離を伸ばすやり方がおすすめですよ。 点を決めまくれるシューターになって、大活躍しちゃいましょう。 読んでいただきありがとうございました。

次の

目指せシューター!バスケのスリーポイントシュートのコツを動画付きで徹底解説!

シューター バスケ

ボールが外に出て、タイマーが止まった時• ファウルによって、タイマーが止まった時• タイムアウトの時• 各クォーターの間 インターバルの間• 負傷者が出た場合 上記条件を満たす時に交代をすることができます。 「交代が認められる時機」は次のときに始まる:• ボールがデッドでゲームクロックが止められたとき ただし、ファウルまたはバイオレーションの後は、審判がテーブルオフィシャルズに伝達を終えたとき(両チームとも交代することができる)• 最後のフリースローが成功してボールがデッドになったとき(両チームとも交代することができる)• 第4クォーター、各オーバータイムでゲームクロックが2:00あるいはそれ以下を表示していて相手チームがフィールドゴールで得点したとき(得点されたチームは交代することができる) (出典: 交代のルール19-2-2より) ごく稀に、プレイを見ていた監督が交代を取り消すことがありますが、取り消す場合には必ずプレイヤーがテーブル・オフィシャルズに「取り消す」旨を伝えましょう。 バスケの交代は何人までできる? バスケでは、基本的に何人まででも交代をすることができます。 サッカーのように「3人まで」という決まりがありません。 もっと厳密に言うと、ベンチメンバーに登録されていて、5ファールや負傷退場などで試合に出られない場合を除いて、試合に出場することができます。 また、ベンチ入りできるメンバーについては、大会の規模やカテゴリー 小中高大学、プロ、NBA によって人数が変わってきます。 詳しい内容は以下の記事にて紹介しているので、併せてご覧ください。 フリースローのシューターが交代することもある ごく稀に「フリースローのシューター」が交代をしなければならないケースが発生します。 ルールブックには以下のように記載されています。 次の場合、フリースローシューターであっても交代しなければならない:• 怪我をした場合• 5個のファウルを宣せられた場合• 失格・退場になった場合 これらの場合、そのフリースローはフリースローシューターと交代したプレーヤーが行わなければならない。 交代して代わりにフリースローを行ったプレーヤーは、フリースローのあと、ゲームクロックがいったん動いた後でなければ交代してチームベンチに戻ることはできない。 (出典: 交代のルール19-2-2より) まとめ:バスケの交代のルール 今回の記事では、バスケの交代のルールについて紹介してきました。 サッカーなどとは違い回数・人数に制限はないため、何度でも交代をすることができます。 バスケは攻守の入れ替えが早いスポーツなので、疲労ももちろん溜まりますし、常にスピードやディフェンス、オフェンスの質を重視するとなると、交代で元気なフレッシュなプレイヤーを使いながら試合を進めていく必要があります。 NBAではスタメンではなく、控えから出てくるプレイヤー5人を「セカンドユニット」などと言ったりしますが、セカンドユニットの出来次第で試合の流れは大きく変わり、勝敗に大きく関わります。 交代は「戦力を下げる」ために使うことはもったいないです。 試合の流れや雰囲気を変えるためにも、上手に駆使したいルールですから、今はベンチからの控えだとしても、チームの勝利に貢献することは大いに可能なので、諦めずに練習を行ってください。

次の

目指せシューター!バスケのスリーポイントシュートのコツを動画付きで徹底解説!

シューター バスケ

皆さんこんにちはさっそくですが、バスケが下手で悩んでいるという方は典型的な間違えたプレースタイルをしているんです。 安心してください。 僕もでした。 そんなバスケに伸び悩んでいる人のためにバスケ歴10年ガチで考え抜いたガードシューターの立ち回りを二個の項目にして簡単にお教えします。 目次 ・ダメなプレイング ボール運び編 ・改善する方法は? ・戦略編 ・まとめ ・ダメなプレイング まずバスケにおいて把握しておいてほしいのは、ルールと技術です。 技術といっても、そんなに難しく考えなくていいです。 ルールについては、トラベリングやダブルドリブル基礎的なルールをまず把握することが大事です。 そして 五人でプレーする競技だということが、一番の注目点です。 なぜなら、一人一人が、違う動き、役割を持っているからです。 それを踏まえたうえで、ダメなプレイングについて話します。 ガードの役割は、相手の陣地 バックコート から、自分の陣地 フロントコート により 安全に運ぶこと、フロントコートでの 点にどれだけつなぐことができるかが一番大事です。 安全に運ぶのは、正直言って、場合によって楽かきついかが変わります。 きつい場合の試合の状況 ・相手が、バックコートからディフェンスをしてくる。 楽な場合は、まったく相手、がバックコートに踏み込んでこないときです。 大体は、フロントコートからディフェンスをしてきます。 なぜなら、体力消耗を防ぐためです。 ガードの皆さんは焦ってボールを運んでいたり、ここでボールを取られたら側溝っされて終わりだとか思って運んでいませんか? ・改善する方法は? 要は 気持ちです。 相手も自分がビビって運んでたら、ディフェンスがどれだけしやすいと思っていることか、、、 まずメンタルは、強く持つということです。 いきなり根性論かよと思った皆さん これはとても大事で、試合で、どうしようなどと思っていたら、気が最後まで持ちません。 なので、しっかり自信を持つことで必要な状況だけを選別することができます。 それによりいらない情報を捨て、試合中により早く戦略を立てることができます。 ボール運びの次は、 戦略を立てることです。 これは、ガードの代名詞といっても過言ではありませんね。 戦略といっても二つあり 事前に組んでおく、テンプレスタイル と 相手の状況に合わせる即興スタイル です。 事前に組んでおくのは、誰でもできます。 ユーチューブなどにいっぱいあります。 難しいのは即興スタイルです。 自分は、コービーブライアント並みにうまいので、一対一で自分のマークマンを振り切り、カバーは、フィジカルとダブルで、問題ないというならこの記事を見ないで、NBAに行ってください笑 即興で考えるのは確かにむずかしいです。 でも、ある程度は事前に準備、対策ができてしまうんです。 それは、 スクリーンとです。 スクリーンは、仲間に自分のディフェンスの横に来てもらい壁として、活用することです。 これは、どんなに強い高校でもやります。 実際に2020年の優勝チームも何回も使っていました。 あんまりやりすぎると読まれてしまうので、そしたら、それを使って外からなんてのもかっこいいですね。 は、体格が大きめの人が仲間にいると有効です。 この戦術は、自分が活躍する場合もありますが、たいていは、サポート役となることが多いです。 そして、 超楽に点が入ります。 要は、大柄なプレーヤーにラインあたりまで来てもらい、パスするだけです。 そのあとパスナー パスを出した人 が動くこともありますけどそれはまた後程 ・まとめ この記事では、二つのアドをしましたが、優先順位は、まずボール運びからがいいと思います。 これからもバスケが上達するコツや考え方を教えていきます。 最初は難しいと思いますが、やっていくうちに慣れましょう! mattyan1315.

次の