犬 バナナ 食べ れる。 犬はバナナを食べられる?気をつけてあげたいポイントはここ!

犬にバナナは大丈夫?食べられるけど嫌い?アレルギー・皮・量に注意!

犬 バナナ 食べ れる

犬にバナナを食べてさせても大丈夫ですが、初心者向けに食べさせ方と注意点・栄養やメリットについてお伝えしていきます。 「犬にバナナって犬にあげても大丈夫?」 「犬にあげるおやつで何か手ごろな食べ物ないかなぁ?」 と思っているあなた。 実はバナナは、おやつ初心者にとてもお勧めな果物なんです。 バナナを食べさせる方法として、皮を剥いて 包丁か果物ナイフで食べやすい大きさに切ってあげるだけです。 とても簡単なんです。 更に、スーパーやコンビ二などで売っているバナナは手軽に手に入ることができます。 実はバナナは果物の中で犬の代表的な好物に分類されるぐらい定番の食べ物です。 仕事の帰りがけに寄ったスーパーで安売りされているバナナを見て「買って帰ろうかな」と思った経験はありませんか? バナナの特化した長所として、値段が安い割に栄養価が高くコストパフォーマンスが良いところでしょう。 そして気をつけるべき注意点もたった2つだけで簡単。 それは、 皮を食べさせない& 小さく切って与えることです。 バナナの皮と果肉は柔らかく、噛めば細かく小さくなるから消化しやすいだろうと思いがちです。 しかし、それは私たち人間の食べ方の場合です。 犬は食べる時に物を噛むという習慣が無いのです。 犬の場合そのまま飲み込んでいる状態に近いので 消化不良で 下痢を起すこともあります。 最悪の場合、 腸にそのままバナナの皮が残ってしまい 腸閉塞になる可能性だって考えられます。 以上がバナナを与えることで一番気を付けたい所です。 これだけ栄養素があるの。 一応ざっくりでいいからを目を通しておきましょう。 バナナは美容に良いというのは有名な話で日常生活で不足しがちな栄養素をバランスよく含んでいます。 人間に毎日1本のバナナを食べると理想的だといわれているのは有名な話です。 また、犬に一番必要な栄養素の タンパク質が他の果物に比べて多めに含まれているので、犬にとっても当然栄養価が高いということが分かります。 ビタミンC 体内の様々な免疫力を強化してストレスやウイルスに対する対抗力を養う事ができます。 更にコラーゲンを作って強い皮膚や関節を作ることや歯周病予防などその他にも色々な効果があります。 また体内の酸化を防ぐ役割もしているので、 老化やガン予防にも効果を発揮します。 犬はビタミンCを自分の体で作ることが出来ます。 しかし、量が限られていたり体の調子によって作る量が上下しますので、食べ物で常時補給すると安定します。 1日に必要な量として小型犬で500mg必要といわれています。 ビタミンB類 有効にエネルギーを代謝させて、体の全機能をサポートします。 カリウム 体の免疫機能を調整して、正常に保つことが出来ます。 体の中にあるナトリウムを尿と一緒に排泄させることで血圧の上昇を予防します。 バナナ100gあたり360mg マグネシウム 骨や歯を作ったり形成するのに必要です。 バナナ100gあたり32mg 食物繊維 腸内環境を整えたり、要らなくなった便をスムーズに体外に排出する働きがあります。 ペクチン(水溶性) 便に水分を含ませて、便通を良好にします。 セルロース(不溶性) 中性脂肪やコレルテロールを抑えて効果と、便のかさを増やして通弁を促す働きがあります。 タンパク質(植物性) 血液や骨などをつくりながら筋肉を発達させてることが出来ます。 犬にとって一番必要な栄養素です。 バナナ100gあたり1. 1g モリブデン ミネラルの仲間で、糖質や脂質を分解して尿酸の代謝を補充する働きがあります。 摂取しすぎると、 心不全(しんふぜん)になるリスクが高いといわれていますがバナナに対しての 量は僅かなので心配する事はありません。 ポリフェノール ビタミンCと同じように抗酸化作用と、毛細血管を強くする役割を果たします。 バナナの与え方 中型犬以上の犬にあげる場合、切らずに与えている人も多いと思うけど、小型犬は食道や消化器官も小さいからできるだけ小さくして与えたほうが安全よ。 一言にバナナを犬にあげるといっても様々な方法があります。 代表的なあげ方を3つ紹介させていただきますので是非参考にしていただければと思います。 その際は無糖のヨーグルトを使ってください。 注意点としてバナナジュースなどを作りがちですが、バナナを牛乳と一緒にはあげないでください。 人間用の市販の牛乳は乳糖が多く含まれていますので、与えないようする必要があります。 私達でも、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなったり下痢を起こす人がいます。 これは牛乳の中にある 乳糖を消化できない為に起こってしまうのです。 体の中の乳糖を処理するには、ラクターゼという消化酵素が必要になります。 犬の場合は 人間よりさらに乳糖を処理できない体質の子が多い為、 消化不良で 下痢を引き起こす可能性が高いです。 冷えすぎたバナナを与えるとお腹を壊してしまう可能性があります。 解凍して温めてあげることをおすすめします。 犬にバナナをあげることでのメリット 豊富な栄養以外に様々なメリットがあるので紹介します。 ストレス解消 殆(ほとんど)の犬が甘いバナナは大好きなため、喜んで食べてくれるでしょう。 甘いものを食べることで愛犬の日頃のストレスや食べ物に対する欲求不満をやわらげてあげることが出来ます。 タンパク質 果物では珍しくタンパク質を多く含んでいることも意外なメリットといえるでしょう。 便秘解消 バナナには上質な食物繊維が含まれているので、ちょうど良い量を与えることで便秘を解消する効果があります。 腸内環境を整える バナナにはオリゴ糖の一種でフラクトオリゴ糖という成分があり、腸内環境を整えるといった働きをしてくれます。 1本単位でバナナを買うより、房単位で何本か多めに買ったほうが安かったりするから一応覚えておこう。 ここでは、バナナが長持ちする方法をお伝えします。 基本的には そのまま冷蔵庫の野菜室に入れておくことで鮮度を保つことが出来ます。 この場合、 外側の皮の見た目は黒くなりますが、中身の鮮度はきっちり保っています。 次に皮の部分まで黄色い色を保つ方法です。 バナナを 新聞紙などで包んで更にビニール袋に入れて冷蔵庫に保管することで、 外皮が黄色い色を保ったまま保存できます。 バナナを保存する温度として 大体0度~5度までがベストです。 冷蔵庫の野菜室に入れておくだけで長持ちすると言われています。 美味しいバナナの見分け方 ここでは、新鮮で長持ちする美味しいバナナの選び方を伝えていきます。 美味しいバナナの特徴として3つありそれぞれに特長があります。 また、食べごろのバナナの色についても伝えて行きます。 この場合、 丸みを帯びたほうが美味しいことが多いです。 全体的に まんべんなく明るい黄色になっている物がお勧めです。 傷が付いたバナナは避ける 傷があるバナナは傷みやすかったり、そこから痛んだりする可能性があるのであまり長持ちしません。 すぐ食べるのでしたら大丈夫ですが、家に少し保存するのでしたらあまりお勧めできません。 食べごろの色 バナナは熟してくると茶色になっていきます。 熟して 皮の表面がプツプツと小さい茶色の斑点が現れたころが、甘さが出でいて一番の食べごろです。 バナナを与える時の注意点 はい、分かりました。 先輩(だめ! 絶対ってセリフ言いたかっただけですよね。 ) カリウム 与えすぎると 肥満や ストルバイト結石など 肝臓病のリスクがあります。 バナナ程度では疾患を引き起こす可能性は低いですが、与えすぎないように気をつけてください。 シュウ酸 シュウ酸は多く取りすぎると、結晶化して結石の原因になると言われている成分として有名ですが、僅 わず)かにバナナに含まれています。 しかしバナナに熱を加えてあげることでシュウ酸の量を減らすことが出来ます。 どうしても気になるのでしたらレンジで温めたりすることをおすすめします。 犬にバナナを与える量 1日に与えるおやつの量として多くてもカロリーの10分の0. 5~1ぐらいがちょうど良いといわれています。 バナナは100gに対して84kカロリーあります。 一本のバナナは大体100gですので、犬に与える量を計算すると下記のようになります。 体重5kgの犬の場合 10分の1本分(10g~20g)8. 4キロカロリー~16. 8キロカロリー 体重10kgの犬の場合 5分の1. 5本分(20g~40g)16. 8キロカロリー~33. 6キロカロリー になります。 上記の数値を犬の体重に計算して与えると良いでしょう。 私の場合小型犬だから、10分の1本分で大体2cmから3cmぐらいかな? アレルギー バナナに対してアレルギーを持った犬は少ないです。 ですが、まれに嘔吐や下痢を引き起こす犬に対してバナナが体に合っていないと判断して今後は無理して与える必要は無いでしょう。 またバナナで中毒を起こすことも聞いたことがありませんが良くあるアレルギーの症状として、 下痢・ 嘔吐・ 皮膚をかゆがる・ 元気が無くなる・ 目が充血するなどがあります。 これらの症状が出た場合は今後、食べさせるのをやめたほうが良いでしょう。 犬にあげるオヤツとしてバナナ以外にも、美味しいものはたくさんあります。 こういった症状が出た場合少し様子を見て、少しずつ回復するのを待ってあげてください。 またひどくなったり、一向に回復しない場合は獣医さんに相談しましょう。 最初はなるべく、バナナを少しずつ与えるようにしましょう。 バナナについてまとめ メリット エネルギーを素早く補給できる。 栄養素が豊富。 他の果物と比べてタンパク質がある。 (植物性) 便秘予防。 ガンや老化防止。 注意点 犬にとってはカロリーが高い。 (100g辺り86kカロリー) 小さく切って食べさせる。 食べさせ過ぎない。 皮を絶対食べさせない。 誤食に注意する。 最後に・・・ バナナを有効に使う場面として、素早くエネルギー与えることができるので運動や競技をする直前に犬の食べさせるといった感じでしょう。 普通に小型犬と一緒に住んでいる人にとってあんまり需要が無いかもしれません。 基本的に良質なドッグーフードを与えていれば犬にはおやつは必要ないという意見があります。 しかし、それは個人の考えで 美味しいものを食べたいと思う気持ちは愛犬も同じということを忘れないであげてくださいね。 犬の食欲がない時や、たまにあげるご褒美などバナナが余った時などにあげるといった感じで良いでしょう。 与える量と頻度を守って食べさせてあげてくださいね。

次の

犬はバナナを食べられる?気をつけてあげたいポイントはここ!

犬 バナナ 食べ れる

犬はバナナを食べても大丈夫? 結論から言いますと「犬はバナナを食べても大丈夫!」です。 バナナは栄養価が高く、カリウム・マグネシウム・ビタミンB6・ビタミンC、食物繊維、ビオチン、鉄分などを多く含んでいますので、犬にとっても最高のオヤツとなります。 ただし、糖分が高いので、主食としてではなく、あくまでもオヤツとしてあげるようにしましょう。 バナナは、手軽に皮をむいてそのままあげられますし、何と言っても市販のオヤツより安くて、かつ防腐剤や添加物など入ってないか気にしなくて済みますのでとってもお手軽にワンちゃんにあげることが出来ます。 バナナが犬のオヤツに良い理由! Photo by バナナが犬のオヤツとして良い理由に栄養価が高い!という点がありますが、ここでは具体的にその効能についてお話します。 バナナにはカリウムが豊富!カリウムは、血管機能を正常に整えてくれるので健康な心臓には欠かせません。 マグネシウムは、血圧を正常に保つ役割をし、特に元気があり過ぎるワンちゃんを落ち着ける作用があります。 ビタミンB6は、貧血予防になります。 ビタミンCは、免疫システムを強くします。 食物繊維は、便秘の解消など健康な腸の動きを助けます。 バナナには多くのフラクトオリゴ糖が含まれており、腸内の善玉菌やビフィズス菌を増やす働きがあります。 ビオチンは、犬の皮膚や被毛を健康に保ちます。 バナナは、鉄・亜鉛・銅が他のフルーツに比べ多いです。 バナナを犬に与える際の注意点! このようにバナナは栄養価も高く添加物の心配がいらない愛犬にとってはヘルシーなオヤツといえそうですが、いくつか注意点がありますので、ご紹介します。 愛犬がバナナにアレルギーがないかどうかチェック! まず、愛犬がバナナにアレルギーがないかどうか確認しましょう。 最初は、ごく少量を与えて1日様子を見て、吐き出したり軟便になったりしないか、または皮膚をかきむしっていないかなど観察してバナナが愛犬の体に合ってるかどうか一度確かめてからオヤツとしてあげることをおすすめします。 バナナの皮は危険? バナナの皮は必ず剥いてあげるようにしましょう。 大型犬ですとガブリと皮ごといってしまいそうですよね~。 しかし、バナナの皮はとても消化に悪く便秘につながり、最悪の場合は腸閉塞になってしまったりしますので、必ず剥いてからあげましょう。 バナナの味を一度覚えたら愛犬の大好物になること間違いなしですので、必ず愛犬の手の届かないところに保管しましょうね。 バナナを与えすぎは注意! バナナ1本(約100g)のカロリーは、約89カロリーです。 私の愛犬ルーシーは、体重4. バナナのあげ方 小型犬でも大型犬でも犬は食べ物を殆ど噛まずに飲み込みます。 一度に大量の食べ物、特に甘い美味しいバナナなどはがっついて一気に飲み込んだりしますので、誤嚥を避けるためにも、このように小さいサイズにして飼い主さんの手から食べさせてあげるか、またはマッシュのようにつぶしてフードのトッピングにしたり、つぶしたバナナをKongのオモチャの中に入れてあげたりしてもいいですね。 バナナを使った愛犬のためのレシピ&アイディア 先ほども申し上げたとおり、バナナは栄養価があって無添加でヘルシーなオヤツ。 少し手を加えてあげて変化をつけてあげたりすると愛犬がもっと喜びそうですね。 バナナを使ったレシピをご紹介しま~す! ピーナッツバター&バナナ ドッグビスケット ご自宅のキッチンにある材料で簡単に作れてしまう犬のためのバナナを使ったビスケットのレシピです。 オーブンを170度にして温めておきます。 フードミキサー、またはブレンダーに ロールドオーツを入れ粉々にします。 ボウルにバナナと無塩無糖のピーナッツバターを入れよく混ぜます。 3に粉々にした ロールドオーツを入れよく混ぜひとかたまりにします。 この時にパサパサして固まらない場合は更にピーナッツバターを少しずつ様子を見ながら入れていきましょう。 ロールピンで4を伸ばし、お好きな型で抜いてもいいですし、シンプルにナイフで長方形の形でもOK. オーブンにいれ、15分焼きます。 (またはビスケットの周りが茶色になるまで)• 冷ましてからタッパに入れて保管します。 常温で1週間ほど持ちますので、残った分は冷凍してしまいましょう。 オーブンを170度に温めておきます。 大きなボウルに全ての材料を入れ、フォークなどでよく混ぜたら、途中からひとかたまりになるまでよく手を使って練ります。 あまりにもパサパサで固まらない場合はかぼちゃのピューレをもう少し足してみてください。 ひとかたまりになったらロールピンで平らに伸ばし、お好きな型で抜いてもいいですし、シンプルにナイフで長方形の形でもOK. 20分焼いて、冷ましたらタッパに入れて保管します。 常温で4日ほど持ちますので、残った分は冷凍してしまいましょう。 冷凍バナナ 真夏の暑い時には冷凍バナナがおすすめです。 あらかじめ愛犬が食べやすいサイズにして冷凍しておきましょう。

次の

犬はバナナを食べれるの?子犬も大丈夫?量や注意点などを解説!

犬 バナナ 食べ れる

クルルさん 調べといてよかった😅 ちびさん グレープフルーツ レモンも良いとは意外ですね あーちゃんママさん いつも果物を自分達だけが食べてるのをワンコが見てるだけでしたから、調べてみてよく分かり、これからは少しずつ与えようと思います。 あーちゃんママさん これからは一緒に食べます😆 テリーさん 意外に多くの種類が食べられると分かったので、 食べられないものを気をつけてあげたいです! さんこうになりました! リクママさん 凄く参考になりました。 もちろん少量ですけど😃 こうちゃんさん 自分も小型犬を飼っています。 よくリンゴを与えています。 結構色々な果物を与えてもいい事にびっくりしました。 レオママさん 我が家の愛犬は、果物が大好きなので調べてよかったです。 愛犬欲しがってたけどあげませんでした。 (汗)中毒おこしたらどうしようと思って検索。 こちらで大丈夫と分かり安心。 しかし、分厚い皮を丸呑みしたので消化できず、多分数時間後に吐くでしょうね。 落とした人間を怒り、チワワも拾い食いで怒られ、叱る私も気分が悪く、散々です。 マルさん 果物だいたい食べます。 いろいろ試行錯誤 ドライフードをあまり食べないので、こまってます。 おやつもほどほど食べます。 今一歳、参考になり有難うございました。 桜宮レイさん 勉強になりました。 ありがとうございます.

次の