中小企業診断士 1次。 2次試験過去問ダウンロード│AAS中小企業診断士 2次試験対策専門校

TBC受験研究会|中小企業診断士

中小企業診断士 1次

2020年度診断士1次試験へのコロナ対応の影響 中小企業診断協会からのお知らせ 2020年6月24日に中小企業診断協会から中小企業診断士1次試験を計画通り実施すると共に、コロナ対策として大きく10点のポイントが示されました。 まだご確認されていない方は要チェックです! コロナ対策による1次試験への影響・注意点の検討 それでは、今回実施されるコロナ対策が試験勉強や当日の試験にどのような影響を及ぼすのか検討していきたいと思います。 なお 本記事は6月24日時点の情報をもとに記載しております。 アップデートがあるかもしれませんので最新情報は上記の診断協会ホームページをご覧ください。 1.受験の自粛について 発熱、咳等の風邪症状のある方や基礎疾患等があり受験を憂慮する方については、受験を自粛してください。 新型コロナウイルスに感染している方や疑われる方、濃厚接触者の方、過去14日以内に政府から入国制限・入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航又は当該国・地域在住者と濃厚接触がある方、過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方及び過去2週間以内に同様の症状にある人との接触歴がある方等についても、受験を自粛してください。 上記理由により、免除科目を除く全ての科目の試験を受験しなかった方に対しては、申請により受験手数料を返還します。 申請手続は、追って当協会ウェブサイトにて7月下旬を目途にご案内いたします。 また、企業及び組織から自宅待機等の指示並びにご家族の状況等から受験できない方も対象とします。 なお、受験の自粛を理由とした欠席者向けの再試験は行いません。 これまで言及が一切なかった中小企業診断士試験1次試験の 受験料返金に関する明確なメッセージが示されました(普通は応募時にほしい情報ですが・・・)。 色々条件がつけられていますが、返金は実施いただけると思います。 今回は経済も停滞するほどのまさに非常事態。 試験当日も厳しい環境下になるため、1年後に挑戦するという選択もあります。 とにかく無理をせず、そして周りの方に迷惑をかけないことを第一に判断いただければと思います。 ただ、受験者数の関係から今年度の合格率にどのように寄与するかは微妙なところではありますが・・・。 2.科目合格者の免除期間の延長 上記理由により今年受験をされなかった方については、科目合格による当該試験科目の免除期間を延長することといたします。 こちらの対応は再挑戦される方にとってはありがたいですね。 ただし 中小企業診断士1次試験の科目合格制度自体が罠であったりするので適用のご判断は要注意です。 もし翌年に持ち越す場合は、科目免除を活用するか、また勉強時間を確保して全科目に挑むかご検討いただければと思います。 3 .感染防止・体調管理について 4 .当日の注意事項 感染症対策の基本である「手洗い」や「マスクの着用」を行う等、感染防止・体調管理に努めてください。 試験会場に向かう前に、ご自宅等において検温を行ってください。 その際に、発熱、咳等の風邪症状のある方については、受験を自粛してください(上記1.参照)。 会場に来られた場合でも、咳を繰り返す等の体調不良が見られた場合等には、受験の中止をお願いさせていただくことがあり得ます。 あらかじめご了承 ください。 当日、試験会場の入口において、全ての受験者について非接触型体温計による検温を実施します。 その際、受験票をあらかじめご準備ください。 37.5度以上の熱のある方につきましては、 感染拡大防止のために必要な措置として受験をお断りすることとします。 受験者全員の検温を行いますので、時間に余裕をもって会場へお越しください。 試験会場で発熱、咳等の自覚症状が生じた場合は必ずその旨を試験監督員等へ申し出てください。 この場合、その症状により、受験の中止・帰宅の指示をすることがあります。 試験会場では、感染予防のため、マスク(無地に限る)の持参・着用を必ずお願いいたします(マスクの貸与はいたしません)。 試験中もマスクの着用を必ずお願いします。 マスクを着用していない場合は、受験することはできませんので、あらかじめご了承 ください。 ただし、本人確認のための写真照合時等、試験監督員の指示があったときはマスクを一時的にはずしてください。 なお、試験監督員等も、感染予防のため、マスク等の着用をいたしますので、あらかじめご承知おきください。 こちらは色々と1次試験当日に影響がありそうです。 まずは 検温です。 詳細は今後送付される受験票に書かれるとは思いますが、時間ぎりぎりの到着ですと試験開始に間に合わない可能性もあります。 特に遅れた時に走って会場に行くなどして体温が上がると、検温がどうなるかわかりません(これは実験したことないので科学的根拠はありませんが・・・)。 万が一当日37.5度以上だった場合は試験監督に従うしかないですね。 持ち物注意点としては「 マスク」です。 「無地に限る」との指定があります。 無地は「全体が同じ色で模様のないこと」ですので、キャラクターものや自作で作ったカラフルなものを避ければよさそうです。 色はなんでもよさそうですが、わざわざ危険を冒す必要もないので白色のマスクが無難ですかね。 5 .手指等の消毒について 試験当日は、試験会場に設置するアルコール消毒液等をご使用できますが、使用状況により消毒液等がなくなる場合があります。 自己管理の観点から、各自においても携帯用手指消毒用アルコールや消毒作用のあるウェットティッシュ等の持参を推奨します。 ただし、試験時間中はカバン等にしまってください。 使用済みのマスクやウェットティッシュ等につきましても他のゴミと同様に、各自でお持ち帰りください。 注意点としては持ち物に 「ウェットティッシュ」を加えることでしょうか。 下の項目でも記載しますが食べ物や飲み物は持ち込んだほうがいいと思います。 その際に手軽に消毒できるウエットティッシュがあると安全です。 また1次試験の持ち物の注意点などは以下の記事をご覧ください。 6 .試験室について 試験室では、換気のため、適宜窓やドア等を開けます。 室温の高低に対応できるよう服装には注意してください。 注意書きの記載のあるように服装は注意です。 通常だと真夏の冷房対策がカギとなる1次試験ではありますが、今年は喚起による暑さ対策も必要です。 8月ではなく7月実施が不幸中の幸いではありますが調整できる服装でいきましょう。 7.試験室の入退室について 受験会場の入退室時には、必ず受験票を携帯して入退室してください。 受験票を携帯していない場合、再入室して受験することをお断りすることがあります。 これは今までの1次試験にはない要注意ポイントです。 ホテルのカードキーや会社のセキュリティカードと同じような取り扱いが必要になります。 試験会場から出入りする回数を減らせるようにお昼などを持ち込んだほうがよさそうです。 8 .移動等に際しての注意 最寄り駅から試験会場への移動や、試験会場内での移動、検温やトイレの順番待ちの際には、周囲の方との距離(最低1m以上を目安)を保って行動してください。 試験前・後、休憩・昼食時においても、対面での会話や飲食など、受験者同士の接触を控えるようお願いいたします。 1次試験再挑戦の方はご存知かもしれませんが、トイレは注意が必要です。 長蛇の列が予想されるため余裕のある行動を心がけましょう。 1会場当たりの受験生の人数も制限をかけているとは思いますが油断はできません。 また7月なので 熱中症を避けるためにも水分確保は重要です。 くれぐれも飲み物を我慢するということは避けましょう! またお昼ご飯にも注意が必要です。 接触禁止の意味合いもありますが、1次試験のお昼の休憩時間はもともとそこまで確保できないと思いますので、持ち込んだほうが無難です。 また周囲の飲食店、 特に大学などの周辺であれば、土日の登校が制限されており、それに応じてやっていない可能性もあります。 リスクを避けるためにも昼食は持ち込みましょう。 また長蛇の列という意味では 自販機も注意が必要です。 持ち込み可能なペットボトルを買う方が多いと思われるので、今年度は売り切れだけでなく、待ち行列も注意です。 重いかもしれませんが事前に2本くらい持ち込んでもいいかもしれません。 また大学など会場事情によっては2日目に補充されないケースがありますのでご注意をください。 まとめ 本記事では 2020年度(令和2年度)の中小企業診断士1次試験のコロナ対策への注意点を検討してみました。 まとめると以下でしょうか。 あとは体調管理ですかね。 いろいろ窮屈ではありますが、当日の準備、イメトレ、そして何よりこれまで勉強してきた知識を活用すれば十分対応可能だと思います。 もし来年度に延期するという判断をされた方は、モチベーション管理が大変とは思いますが1次試験、2次試験の勉強配分などを検討しながら挑みましょう。 くれぐれも体調に気を付けてご無理なさらずに挑戦していただければと思います。 ご武運をお祈りしています。 それでは、また! 関連記事.

次の

中小企業診断士の科目合格制度について(1次試験)

中小企業診断士 1次

目次-クリックでジャンプ!-• このように書くと成績自慢で嫌味に聞こえるかもしれません。 しかし、結果だけ見れば余裕・・・ということで、 受験本番は最後の苦手科目、中小企業経営まで、足切りの恐怖と戦い胃をキリキリしながら取り組んだ結果です・・・ 資格試験って、どれもそうですが落ちたら本当に時間が無駄に感じてしまうので、ブログも書かずにひたすら勉強してきました・・・ 中小企業診断士の勉強をどのように・何時間やったのか 私は 通信講座のスタディングを中心に勉強しました。 ちなみに私の条件は、次のとおりです。 スタディングの学習レポートによると「186時間42分50秒」• 紙などで勉強時間は、ものすごく適当ですが、50~100時間くらい• なので、合計で300時間以内? 画像を見ると5月がかなり少ないのですが、これはアウトプットの時期にかかっていたので、紙ベースで勉強したことと、単純にさぼったことが重複しています。 おそらく、かなり少ない勉強時間ではないかと思います。 もしかすると、そんな勉強時間で合格できるわけがない!と疑う人もいるかもしれませんが、ワタシウソツキマセン。 この勉強時間で合格できた要因を自分でも考えてみたいと思います。 1次試験の合格要因はなんだったのか 1次試験を比較的少ない勉強時間で合格できた原因を考えました。 短時間が合格できた要因• 教材は必要十分で自分にあっていた(一部不満あり)• もともと知っていた知識や分野があった• 私は勉強を始めるまでが面倒になるタイプなので、机に向かってPCやノートを開くまでがつらい・・・ でも スタディングの教材だと、最悪、ソファやベッドに寝ころびながら始められます。 タブレットかスマホで問題を解きだせば、波にのってきて、計算問題では机に移動したりすることもできます。 今回、私としても初の勉強方法だったのですが、 テキストをほぼ使いませんでした。 スタディングにもPDFテキストがありますがほぼ見てませんし、紙テキストは別料金ですが購入しませんでした。 動画の授業を受けて、問題を解いてわからないところは 「学習マップ」(下の図)に書き込みました。 これだとがさばらないので、試験直前までにらめっこしていました。 学習マップはプリンタで出力しましたが、今考えれば購入してもよかったかなと思います。 (確か1万円くらい) 一方で、スタディングの不満点は、大手ではなく教材も安いせいか、結構ミスが多くて修正が入っていました。 私は勉強が遅かったので、直った後に取り組むことが多かったのですが、 法律の改正などについて、いまいち反映しきれていないのでは?という点もあり、注意が必要と感じました。 なぜそれに気づいたかというと、LECの模試を受けてスタディングと書いていることが違う!と気づいた点があったからです。 とはいえ、 スタディングでも大筋の論点は網羅していますので、私はスタディング+LECの模試で対応して、全く問題ありませんでした。 ちなみに 私はスタディングとLECの模試(1次ファイナル全国模試)以外の教材は、本当に一切使っていません。 普通の試験は、頭の回転が速い若い人が有利ですが、これまでのいろいろな経験が役に立つので、 数少ない「おじさん」に有利な試験ではないかと思います。 まずは当たり前ですが、既にもっている資格の知識は役に立ちました。 私の場合、簿記2級と社労士が役に立ちました。 特に簿記2級があれば、財務会計にすんなり入っていけます。 社労士の知識は、みんなが落とすマニアックな問題をとれるという程度の強みです。 (本番で、私が労務問題を落としたのは内緒です) ただ、それ以上に大きいと感じるのが社会を生きていく中で身につけた知識です。 私を含めたおじさんは、• 株式投資に興味をもったり• 仮想通貨に投資してみたり• 会社の就業規則を読み込んでみたり• IT企業で働いていたり• PCを自分で組み立てたり• ブログを書いてSEOを勉強したり• 副業と称して、嫁の名前で会社を設立してみたり• 補助金・助成金などの申請に携わったり• 家のローンで真剣に悩んだり• 住宅ローン減税で所得税と住民税と向き合ったり• 環境問題を真剣に考えたり• 子供や親の将来を案じてみたり• 転職を真剣に考えてみたり• 日々の時事ネタで飲んだくれたり おじさんは、人生の中でさまざまな知識を得ています。 (例には少数派も混ざっていますが、私はすべて経験済みです。 ) おじさんなら、住宅ローンを借りた場合、この先、インフレ、デフレどっちが有利なのか、真剣に考えたことがあるのです。 逆にその場面でも、そんなこと考えたことがない・・・って人は、中小企業診断士は向いていないかもしれません。 もし、あなたが興味をもって勉強できるのなら、集中力アップで強いパワーになります。 また、 何のために資格をとるのか目的も大事です。 私は社労士として働いているので、将来的に中小企業診断士もとって、なんとなくよさげな雰囲気を醸し出したいと考えています。 (あれ、たいした目的じゃない・・・) 例えば、士業でどの資格が難しいのか???などよく話題になりますよね。 私の持っている社労士 と 中小企業診断士の1次試験合格 どっちが難しいかは、たぶん人それぞれです。 全然科目が違うので、個人の相性が違います。 私の経験から1つ言えるとすれば、 私の場合は、社労士の方が、断然勉強がつらかった・・・難しいとかじゃなくて、勉強内容がつまんないんだもん・・・ 雇用保険の給付日数とか覚えるの楽しい人がいたら、連れてきてほしいですね。 そんなのHPで調べればいいよね~ まぁ・・・ それぞれに相性の良い資格ってあると思いますが、中小企業診断士は試験は、経済の動きが好きなひとなど、特にハマる人がいると思います。 中小企業診断士試験はおじさんになってから受けた方がコスパが高いかも? 2次試験対策は、スタディングで大丈夫なのか。 2次試験対策は、スタディングだけで大丈夫なのでしょうか。 これから勉強を始めるために教材を選んでいる人は、みんな気になっているかもしれません。 私も気になっています・・・(答えなし) そもそも、私は2次試験の勉強をまだ始めていないので、科目なんだっけ?っていうレベルなのです。 現時点では、2次試験の勉強はスタディングと、大手予備校の模試、「企業診断」という雑誌で対応しようと思っています。 無料で体験できる内容• 勉強に苦労する前に読んでおきたい 「中小企業診断士 加速合格法」• 無料セミナー 「短期合格の戦略」• 中小企業診断士講座の初回版 ビデオ・音声講座、学習マップ、スマート問題集など 資格の勉強は、実際に試してみないとわからないことも多い! 私も最初、中小企業診断士を受ける計画はなかったのですが、試験内容があまりにも自分の知識、興味と近いこともあり、 無料体験講座からやる気が出てきて受験をすることに決めました。 資格試験は時間もお金もかかるし、資格自体が目的になっても意味がないですが、国家資格は 有効に活用すれば、一生使える財産になります 何かを始めるには 「やる気」がなにより大事!もしあなたが今、「やる気」があるならチャンスです!.

次の

【おすすめ勉強法】【祈・合格】中小企業診断士 1次試験を受験される方へのラストメッセージ

中小企業診断士 1次

参考: 動画: 勉強時間と合計点数の推移 まず、気になるのは勉強時間ですよね。 1次試験の7科目は合計約1100時間。 本試験の結果は438点でした。 (得点調整があったので、442点が最終結果) 勉強開始当初の知識 中小企業診断士の受験に役立つような簿記やビジネス実務法務などの資格も持っていなかったですし、国家試験もはじめてでした。 要は、真っ新な状態から受験勉強しました。 以下が、7科目の月間勉強時間と合計点推移です。 最初の6ケ月はインプット中心 基本的には学校のプログラム通りに講義を受けてました。 もちろん練習問題を解きますが、基礎講義でインプットが中心。 講義後に暗記カードで基礎知識を暗記、練習問題を繰り返して解いて知識を定着させました。 カリキュラム通り試験勉強を進めるだけでも、結構大変でした。 2月~4月は2次試験対策中心 (1年目の2次試験は不合格だったので、参考にならないですが…) ストレート合格を狙っていたので、2月~4月までは1次試験対策をセーブして、2次試験の勉強するという思い切った作戦を取りました。 理由は…書くのが苦手だから。 1次試験は勉強時間を費やせば合格できるイメージができたのですが、書くことが苦手な私にとって2次試験は鬼門。 絶対に苦労するだろうと考えていたので、前倒して勉強をはじめました。 5~7月は、苦手な分野を重点的に勉強 初期の演習は難易度が低く設定されていることもあり500点を超えました。 それからずっと点数が下がり、6月時点で381点まで落ち込みました。 演習の難易度を徐々に上げて、受講生の危機感を煽るプログラムになっているのだと思いますが…点数が下がっていくと結構ショックを受けます。 5月時点でインプット講義が一通り終わっていていたので、苦手な分野を重点的に勉強。 その結果、7月の模試で412点に上昇。 合格基準420点には到達していないものの、1次試験は合格できる力がついたと感じてました。 おそらく真面目に勉強を続けてきた初学者は、6~7月で急激に得点獲得力が高まります。 自分なりの勉強法も確立できていて、不得意分野が明確になっているので、試験対策をし易くなるんです。 きっと。 1次試験の目標点数と結果 科目 目標 結果 企業経営理論 65点 61点 財務・会計 60点 66点 運営管理 70点 61点 経済学・経済政策 40点 36点 経営情報システム 70点 76点 経営法務 55点 64点 中小企業経営・政策 70点 74点 合計 430点 438点 経済学・経済政策は演習で得点が安定せず、苦手意識もあったので足切りに合わない40点に設定し本試験に臨みました。 結果は36点…最悪な結果になりました。 幸いなことに科目合格率が2. 1%と異常に低かったため、得点調整が入り足切りを回避。 合計点で420点を超えることができ、1次試験は1回で合格することができました。 1次試験の勉強法の悩みと対処法 勉強の仕方・方法がよくわからない 通信教材を使用していたのですが、勉強仲間もおらず…孤独に勉強をする毎日。 知識が増えたり、これまでなんとなく知っていた知識が体系的にまとまってきたり、楽しい反面、かなり孤独でした。 テキストで覚えたはずなのに、問題を解くと解けない。 なぜ??という感覚でした。 中小企業診断士試験は、中学校・高校のように決められた教育プログラムがあって、勉強した範囲から出題される試験ではありません。 ある程度、出題分野が公表されていますが、指定の教科書はありません。 過去問を分析した教育機関、出版社が作成したテキストを使って勉強していくわけですから、学んだところが必ず出題されるっていうことではないわけですよね。 私の場合、こうした国家資格の基礎的なところで戸惑いがありました。 ただ、こればっかりは慣れるしかありません。 中小企業診断士の1次試験は100点を狙うテストではなく、60点以上を取ればいいテストという風に捉えて、頻出論点を中心に勉強しました。 勉強のペースを掴むのに2~3ケ月 資格試験は、自主的に取り組むものなのでサボろうと思えば、いつでもサボれます。 または、勉強しようと計画を立てても、仕事が忙して帰宅するのが遅くなると勉強する気にならなかったり…。 勉強方法を確立するのと同様に、勉強の癖付けをするのに時間がかかりました。 決して、効率のいい受験勉強ができていたとは思えないですが、まず勉強していくペースを掴むことはできました。 ) 複数科目を同時並行で進める難しさ 通信教材の場合、1科目ずつ勉強していくことになりますね。 いわゆるインプット講義です。 インプットしたら問題を解いて定着させていくわけですが…7科目勉強しなければならないのでインプット講義はずっと続きます。 1日3時間の勉強時間を確保しても、3科目勉強する場合は単純計算で1科目1時間です。 あまり勉強できないんですね。 ようやく勉強癖が付き、勉強方法がわかってきたのに…と、複数科目を勉強するのに苦戦しました。 インプット講義で完璧に暗記できて問題を確実に解ける人は、ほぼいない。 ですから、問題を解いて不足している分野を再度勉強してインプットするんですね。 結局、インプットだらけになる。。 でも、インプット講義はどんどん進む。。。 1日3科目以上勉強すると、効率が悪いと思ったので、1日2~3科目勉強するようにしてました。 中小企業診断士に合格してから思うこと 勉強時間は人それぞれ。 他人は気にしない。 中小企業診断士1次試験合格までの平均学習時間は800~1000時間といわれているようです。 1次試験は択一のマーク式なので、暗記力が優れていて、勘が鋭く、運の強い人は、すごく短い勉強時間で合格できる可能性もあります。 実際200時間程度で合格した人も周りにいますが、そういう方は特別。 ふつう、真似しようとしても真似できません。 2年500時間で合格するのか、1年1000時間で合格するのか、どっちがいいと思うかは、 個人の目標や価値観によると思います。 私の場合、合格までの期間を優先していたので、約10ケ月で約1100時間費やしました。 自分に合った勉強法・ペースを確立することが重要 自分に合った勉強法が確立できるか、できないかの差はとても大きいと感じました。 たとえば、公認会計士や税理士など難関国家資格を保持している人、難関大学出身の人は、随分アドバンテージがあるでしょう。 賢いからというのではなく、既に自分に合った勉強法を知っている、または勉強のペースを掴むのが早いんですよ。 しかも科目免除もできますし。 一度、勉強法やペースが確立すると、学習効率が高まってどんどん伸びていく傾向があるので、こうした人たちは比較的短時間で合格に至っているように思います。 ぼく自身、今振り返れば、勉強を開始した最初の3ケ月くらいは勉強効率がすごく悪かったと思う。 じゃ、その時間は無駄だったのか?というと、そんなことはなくて、自分の勉強法・ペースを確立しよう!って、必死に取り組んでいたからこそ、後から軌道に乗ってきたとも思います。 要は、ぼくには必要な時間だったんですね。 そんなこんなで(感覚的ですが)、いかに早く受験勉強を軌道に乗せることができるかが非常に重要だと思います。

次の