キャベツ おかず。 お弁当にはキャベツを入れよう!おかずにも使える人気レシピ20選!

お弁当にはキャベツを入れよう!おかずにも使える人気レシピ20選!

キャベツ おかず

キャベツはお肉や魚と合わせやすく、栄養バランスのとれたおかずのラインナップをが豊富。 シャキシャキ食感がおいしい千切りキャベツを使ったレシピ、子どもが食べやすい人気のレシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学舘)に掲載された中から厳選してご紹介します。 千切りキャベツを使ったお弁当のおかず 【1】キャベツ巻きみそカツ 薄切り肉とせん切りキャベツでふわっと柔らかいみそカツに仕上げたアイディアレシピ。 【3】【2】に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。 食べやすいように、それぞれ3等分に切り分ける。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『めばえ』2016年1月号 【2】キャベツのチーズお焼き 野菜をよく煮て甘みを出して。 【2】鍋に【1】を入れて、水をかぶるくらいに注ぎ、中火で水が半量になるまで煮る。 【A】を加えて汁けがなくなるまで煮、粉チーズを混ぜ、少し冷めたら卵を加えてよく混ぜる。 【3】フライパンにオリーブ油半量を熱し、【2】の半量をひろげて、両面を焼く。 もう一枚同様に焼き、食べやすい大きさに切る。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん おしゃれで実用的なレシピが人気。 双子の女の子と、男の子の母。 『ベビーブック』2012年5月号 【3】鶏そぼろのり巻き親子弁当 ママは太巻き、子どもは細巻きに。 おかずはフライパン&トースターで 2品を同時に作れます。 ほうれん草は水気をしぼってこまかく刻む。 【2】ボウルに【1】、かつお節、【A】を入れてよく混ぜ、4等分して小判形にまとめる。 【3】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【2】の両面をこんがりと焼き、中までしっかり火を通す。 【くるくるお揚げチーズ焼き】 【1】 油揚げは熱湯をかけて油抜きして、キッチンペーパーで水気をふき、4等分に切る。 キャベツはせん切りにする。 【2】油揚げの表面にみそを塗り、キャベツとチーズを等分してのせ、端から丸めて楊枝で留める。 オーブントースターで5分ほど焼き、楊枝を抜いてから詰める。 【鶏そぼろのり巻き】 【1】 大人用のり巻きはご飯に赤しそふりかけとごまを混ぜる。 きゅうりは縦4等分に切り、たくあんはせん切りにする。 巻きすにのりを置いてご飯を広げ、レタス、そぼろ、たくあん、きゅうりをのせて端から巻き、食べやすい大きさに切る。 【2】子ども用のり巻きはご飯にそぼろを混ぜる。 巻きすにのりを置いてご飯を広げ、端から巻いて食べやすい長さに切る。 1 男1 女の母。 tottoちゃんの愛称で「tottorante」を主宰。 子どもの心と体を支える、ぬくもりと彩りにあふれた食卓にファンが多い。 『ベビーブック』2018年4月号 【4】カップコールスロー シンプルなコールスローは、うずらの卵を飾り切りにして華やかさをプラス! 作り方も簡単で、お弁当や付け合わせに重宝します。 【2】さやいんげんは塩ゆでして輪切りにする。 【3】【1】、【2】 、コーン、【A】 を混ぜ合わせ、塩で味を調える。 【4】1人分ずつカップに盛り、飾り切りにしたうずらの卵をのせる。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネータ ー、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 『めばえ』2013年10月号 【5】野菜たっぷりコールスロー キャベツだけでなく、きゅうり、にんじん、コーンもあわせて彩りよく。 レモンとはちみつを加えた手作りドレッシングで。 【2】【1】がしんなりしたら、水けをしっかりと絞り、缶汁をきったコーンと合わせ、混ぜ合わせた【B】で和える。 教えてくれたのは YOMEちゃんさん 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立をつづ ったブログ「よめ膳@YOMEカフ ェ」が人気で、毎月200万アクセスを誇る。 女の子のママ。 『めばえ』2014年6月号 キャベツを使った人気お弁当おかずレシピ 【1】棒餃子 包まないから簡単で時短。 【2】餃子の皮の中央に【1】を等分に置き、皮の周りに水をつけ、皮の両端をたたんでギュッと握り、棒状にする。 【3】フライパンに【2】の半量を並べ、水の半量を入れ、強火で熱す。 沸騰したらふたをして5分蒸し焼きにし、水けがとんだらふたを取って、ごま油の半量を回し入れ、弱めの中火で2分焼く。 残りも同様に焼く。 教えてくれたのは みきママさん オリジナルの節約ごちそうレシピで人気の〝おうち料理研究家 〟。 ブログ「藤原家の毎日家ごはん。 」は1日平均120万PV以 上のアクセスを誇る。 夫と三人の子どもの五人家族。 『ベビーブック』2015年10月号 【2】キャベツのソーセージチーズロール つまんで食べられるミニおかず。 春らしい彩りが行楽にぴったり。 熱湯でサッとゆで、冷水にとって冷まし、水けを拭く。 ソーセージもサッとゆでる。 【2】キャベツを2切れ重ね、それぞれにチーズとソーセージをのせて巻き、食べやすく切る。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター、料理研究家。 テーマは「おいしくて、作りやすい家庭料理」。 NHK Eテレ『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん! (2013年3月で放送終了)の料理も監修。 『ベビーブック』2015年4月号 【3】キャベツときのこの青椒肉絲 子どもの苦手なピーマンをキャベツに代えて。 【2】フライパンにサラダ油を熱して【1】を炒め、しんなりしたら取り出す。 【3】【2】のフライパンにサラダ油を足し、牛肉を加えて炒め、肉の色が変わったら【2】を戻し、混ぜ合わせた【A】を加えて調味する。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 男の子のママでもある。 『めばえ』2014年2月号 【4】お好み焼き風つくね しょうがの風味をほんのり効かせて。 小さなサイズで子供でも食べやすく、子供に人気のメニュー。 【2】ボウルに【1】、ひき肉、【A】を入れてよく混ぜ、5mm厚さの小判形8〜9枚に丸める。 【3】フライパンに油を中火で熱し、【2】の半量を入れて2分焼き、返してふたをして3分焼く。 残りも同様に焼く。 【4】器に盛り、マヨネーズ、削り節、青のりをかける。 青菜をあしらっても。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッ ツ所属。 2つの保育園に7年 間、栄養士として勤務。 0歳児 の離乳食〜5歳児の給食とお やつ作りを担当。 現在は、雑 誌やWEBなどで活躍。 『ベビーブック』2016年11月号 【5】キャベツと鶏ひき肉のシュウマイ 鶏ひき肉と相性のいいキャベツは蒸すことで一層柔らかくふわふわに。 野菜たっぷりでカニがほんのり香るシュウマイを召し上がれ。 【2】ボウルにひき肉と塩2つまみ、ごま油を入れて混ぜる。 水気を切った【1】とカニを加えてさらに粘りが出るまで混ぜたら、大さじ1の量ずつシュウマイの皮で包む。 【3】フライパンに【2】を並べ、水(分量外)をはって蓋をして中火にかけ、沸騰後、5〜7分蒸す。 蒸し汁にしょうゆ少々(分量外)を加え、たれにする。 教えてくれたのは 井澤由美子さん いざわゆみこ/料理家。 調理師、国際中医薬膳師、中医師の免許をもち、健やかな体作りをサポートする食レシピを多数考案。 旬の食材の効能と素材の味を生かした料理に定評があり、発酵食と身近な薬膳を組み合わせた独自のメソッドが人気。 テレビの料理番組、雑誌、書籍、カタログなど幅広く活躍。 『めばえ』2017年3月号 【6】いろいろなもので巻く!ししゃもの春巻き 見た目も楽しい揚げ物は、さかなが苦手な子にもおすすめ。 【2】春巻きの皮に【1】をのせてくるくる巻き、巻き終わりを水で溶いた小麦粉で留める。 【3】揚げ油を熱して、【2】を揚げる。 教えてくれたのは ほりえ さちこさん 栄養士、フードコーディネ ーター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 『ベビーブック』2012年7月号 【7】にんじんとキャベツのミニ春巻き チーズを効かせて食べやすく。 春巻きは子どもが大好きな鉄板メニューです。 ボウルに入れて塩をふり、30秒ほどもんで少ししんなりしたら、ミックスチーズとこしょうを加え、10等分する。 混ぜ合わせたAを皮の四隅に塗り、右、左、上、下の順に折りたたむ。 留め口を下にして乾燥しないよう布巾をかけて置き、全部で10個作る。 【3】フライパンにサラダ油の半量を中火で熱し、【2】の半量を留め口を下にして並べ入れ、表裏2分ずつ焼く。 同様に残りも焼く。 【4】【3】を器に盛り、混ぜ合わせた【B】を添える(好みでつけて食べる)。 『ベビーブック』2014年7月号 【8】ほうれん草とキャベツのお好み焼き お好み焼きにもほうれん草をプラス。 ほうれん草は細かく刻む。 豚肉は大きいものは切る。 【2】【1】のキャベツとほうれん草をボウルに入れ、【A】を順に加え、さっくりと混ぜ合わせる。 【3】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【1】の豚肉を炒め、火が半分通ったら【2】を全量流し入れ、平らにする。 【4】中火でふたをして3分焼き、返してふたをして弱火にし、3分焼く。 【5】【4】を切り分けて、合わせた【B】をかける。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食〜5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍。 『ベビーブック』2014年7月号 【9】いか入りお好み焼き 弾力性のあるいかを小さく切って加えて。 【2】ボウルに【A】を合わせ、【1】とコーンを加えて混ぜる。 同様に3枚焼く。 【4】食べやすく切り、お好みでソースやマヨネーズをかけ、かつお節や青のりをのせる。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族 のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのよいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『ベビーブック』2015年9月号.

次の

キャベツの作り置きレシピ22選!お弁当に合うおかずや常備菜を簡単に!

キャベツ おかず

キャベツの栄養素について ビタミンCをはじめ「栄養の宝庫」ともいえるキャベツ。 よく知られるとおり、ビタミンCには風邪予防や美肌に効果がありますが、大き目の葉3枚で大人の1日分のビタミンC摂取量をカバーできるというから驚きです。 「キャベジン」とも呼ばれるビタミンUは、抗潰瘍作用があり、胃が弱っているときに効果的です。 血液の凝固促進や骨の形成に効果があるビタミンK、妊婦さんの必須栄養素である葉酸、高血圧予防のカロチンも接種できます。 抗がん作用、便秘の改善も期待できます。 さらに嬉しいのが、カロリーの低さ。 丸々1個食べても約230kcalで、ご飯1杯分のカロリーに相当します。 4分の1カットも食べればお腹いっぱいになるため、ご飯の代わりにキャベツに置き換えるダイエットも注目されています。 キャベツの調理法について キャベツを購入するときは、ずっしり重く鮮やかなグリーンの葉のものを選びましょう。 外側の葉は大きいので、ロールキャベツなどの巻き物に使うのに適しています。 内側の葉は、柔らかく甘みが強く、生でも茹でても美味しく食べられます。 芯は固いので捨ててしまいがちですが、実は栄養価が高い部分なので、薄切りしてぜひ食べたいものです。 栄養価を逃さず食べるには、生で食べるのが1番。 ただし、長時間水につけておくと、水溶性のビタミンCが減ってしまうので注意が必要です。 量をたくさん食べるには、煮たり炒めたり蒸したりしてかさを減らします。 加熱調理することで甘みも増し一石二鳥です。 シャキシャキした食感が楽しめ炒め料理のほか、最近ではシリコンスチーマーで蒸す方法も人気です。 つくれぽ6000件超え、キャベツの人気検索1位という大人気のサラダレシピです。 ざく切りしたキャベツは生のままではなく、耐熱容器に入れてレンジで加熱するので、栄養価を損なわず、かさも減ってたくさん食べられます。 材料はキャベツの他にゆで卵とハムだけ、材料を切って調味料と和えるだけなのでとっても簡単お手軽です。 マヨネーズとにんにく、すりごまのこってり味がたまりません。 材料はキャベツと乾燥わかめだけという、お手軽なサラダレシピです。 キャベツは太めの千切りにしてレンジで加熱します。 水で戻した乾燥わかめとキャベツに、ごま油・醤油・いりごま・塩を混ぜるだけで完成。 短時間でできる簡単レシピなので、あと1品欲しい時に覚えておくと便利です。 ごま油の風味がナムル風なので、もやしをプラスしたり、冷ややっこにのせたりしてもおいしいです。 メインにも副菜にもなるロールキャベツは家庭料理の定番のひとつですが、実は1世紀頃から現在のトルコ付近で食されていた料理が始まりです。 ぶどうの葉で肉や米を包んだものが世界へと伝わる過程でキャベツを使ったレシピが生まれ、日本に広まりました。 冬・春キャベツとこれからの季節ますます活躍する野菜のひとつ。 ぜひバリエーション豊かに楽しみたいですね。 この記事では、ロールキャベツの基礎知識に加え、コンソメ味のロールキャベツ、トマト味のロールキャベツ、ホワイトクリームのロールキャベツ、和風のロールキャベツにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 生のままでも、火を通してもおいしく食べられるキャベツは常に常備しておくと便利な野菜の一つです。 サラダはもちろん、炒め物や蒸し物、スープなどいろいろな食べ方ができ、さまざまな料理に合わせやすいのでレシピも豊富です。 通年で出回っていますが、春に出回る「春キャベツ」は鮮やかな緑色をしており、葉の巻きがゆるくてやわらかく、甘みがあるのが特ちょうで、サラダなど生のまま食べるのがおすすめです。 一方「冬キャベツ」は葉の巻きがつまっていて固さがあり、火を通しても形が崩れにくい特ちょうがあります。 キャベツの葉のシャキシャキ感も楽しめます。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

キャベツだけを使ったレシピ15選!人気のサラダや簡単炒め物など紹介!

キャベツ おかず

定番ロールキャベツの作り方とアレンジレシピ おいしい定番ロールキャベツの作り方|材料編 定番のコンソメ風味のロールキャベツの材料をご紹介します。 基本の材料は下記になりますが、お好みで肉だねの中にしいたけやニンジンを加えたり、あればナツメグを少々入れてもおいしいです。 他にも盛り付けの時にパセリやローリエを乗せると彩りが良くきれいに見えます。 【6個分】材料• キャベツ 6枚• 合いびき肉 250g• パン粉 30g• 牛乳 大さじ2• 卵 1個• 水 600cc• コンソメ 2個• 塩こしょう 少々 おいしい定番ロールキャベツの作り方|レシピ編 手間がかかると思われがちなロールキャベツですが、完成までの工程は意外とシンプルです。 料理初心者の人にも挑戦しやすいレシピであるにも関わらず、食卓が豪華に見えるのでおすすめですよ。 ロールキャベツの作り方• 1沸騰したお湯に芯を取り除いたキャベツを入れ1分ほど茹でます。 茹で上がったらザルにあけておきましょう。 2肉だねを作ります。 ボウルにみじん切りした玉ねぎと合いびき肉を合わせ、パン粉・卵・塩こしょうを加えて手でよく捏ねます。 3肉だねを6等分して形成し、茹で上がったキャベツに乗せて巻いていきます。 これを6個分作ります。 4キャベツの巻き終わりを下にして鍋に入れ、水・コンソメを入れて火にかけます。 5沸騰したらアクを取り、弱火で30分ほど煮込みます。 小さ目の鍋で煮込むと煮崩れを防ぐことができます。 6塩こしょうで味を整えたら出来上がりです。 ローリエやパセリがある場合はここで上に乗せましょう。 ロールキャベツの和風ベースアレンジレシピ スープの味を変えるだけで何通りものバリエーションを楽しむことができるのもロールキャベツの魅力です。 コンソメスープが王道ではありますが、和風だしと醤油を使って和食寄りのスープにすれば洋食が苦手な人にも喜んでもらえる味になります。 和風ベースのロールキャベツにアレンジすれば付け合わせも和食のものが合うので、サイドメニューのバリエーションもさらに増えます。 家族に高齢者がいる人にもおすすめできるアレンジですよ。 ロールキャベツをおかずに白いご飯を食べるのも美味しいですが、炊き込みご飯なら薄味のロールキャベツでもお箸が進むことでしょう。 ロールキャベツのスープが洋風なら炊き込みご飯も洋風に、スープが和風ならご飯も和風に合わせると簡単に統一感のある献立になります。 ロールキャベツも炊き込みご飯も作り置きすることができるメニューなので忙しい日の献立にもおすすめです。 ミートソースはしっかりした味付けなのでロールキャベツのスープはさっぱりしたコンソメベースが合うでしょう。 ミートソースはスパゲティソースの王道なので、オリジナルレシピのあるご家庭も多いのではないでしょうか?ロールキャベツを付け合わせにすれば満足感のある献立になるため、育ち盛りのお子さんやたくさん食べるご主人にもきっと喜ばれますよ。 晩ごはんのロールキャベツが残ったらそれを使って翌日のランチにしても良いですね。 バケットを用意するだけなら、付け合わせやサイドメニューのいらない簡単献立の出来上がりです。 少し手を加える余裕があればバケットにカットした野菜などを乗せるだけでも立派なサイドメニューになりますよ。 レシピも特に必要ないほどの簡単デザートですね。 ロールキャベツは比較的低カロリーながら満足感があるので食べ過ぎ防止にもなります。 ダイエット中の人にもおすすめしたい付け合わせです。 コンソメベースのロールキャベツの副菜としてもう一品おかずに追加してみてはいかがでしょうか?いつもよりおしゃれな食卓になること間違いなしです。 さらにもう一品きのこソテーも加えればもっと栄養価の高い付け合わせになりますね。 コンソメベースやトマト・クリームベースなどの洋風スープのロールキャベツのサイドメニューとしておすすめです。 見た目が華やかで目にもおいしい付け合わせになりますね。 食卓に並ぶ食材の種類を簡単に増やすことができます。 ドレッシング次第で味付けも変わるのでアレンジが効くサイドメニューになりますよ。 ロールキャベツの中身に使うミンチが余った時などもレンコンのはさみ焼きに使えるので食材を無駄にしなくて済みますね。 少し手の込んだ印象のおかずになるのも嬉しいところです。 食べ過ぎが気になる場合は副菜としてロールキャベツを並べましょう。 ロールキャベツはボリュームがありつつも油を使わずヘルシーなので、カロリー過多になる前に満腹感が得られそうです。 おもてなし料理や記念日ディナーなどにも是非試してみていただきたいですね。 和風ベースのロールキャベツと合わせれば立派な和食の献立になりますよ。 ロールキャベツも焼き魚もどちらかと言うとヘルシーなおかずなので両方食べても量的にはちょうど良いバランスと言えるでしょう。 トマトベース・コンソメベース・和風ベース・クリームベースとどれもロールキャベツにもパスタにも共通したアレンジなので、ベースの味を揃えるだけで完成するのも嬉しい点です。 ロールキャベツを崩してパスタと混ぜながら食べるのがおすすめです。 パスタに乗せるロールキャベツは、あらかじめスープにとろみをつけておくと良いですよ。 夏のロールキャベツには夏野菜パスタや冷製パスタがおすすめです。 トマトやナスなどの夏野菜を使ったパスタは夏に食べるロールキャベツの付け合わせにぴったりなので是非試してみてくださいね。 ペンネをメイン料理にするなら、もう一品のおかずをロールキャベツにしましょう。 ペンネだけだと少し物足りないという人には肉だねを多めにしたロールキャベツを副菜にするのがおすすめです。 ロールキャベツもパスタももう一品作る時のおかずに悩みがちですが、この組み合わせなら大人も子供もテンションの上がる献立になりますね。 最近は市販されているパスタの種類が増えてきて、太さやゆで時間も様々です。 こちらの記事では業務スーパーのおすすめパスタについてご紹介していますので、参考にしてお気に入りのパスタを見つけてみてくださいね。 薄味のチャーハンならクリームベース、濃いめの味付けならコンソメベースのロールキャベツが合うでしょう。 チャーハンなら冷蔵庫の余り物でも作れるという点もありがたいですね。 コンソメベースのロールキャベツはオムライスのケチャップ味によく合うのでおすすめです。 メインをオムライスにして付け合わせにロールキャベツを合わせれば食卓も少し豪華になります。

次の