シャネル トランス パラン。 ボームエサンシエルトランスパラン!爆発的人気な理由と残念ポイント念ポイント

シャネルボームエサンシエルの使い方と悪い口コミまとめ!通販や伊勢丹など購入方法も

シャネル トランス パラン

入力後に決済ページに進めます。 入金後迅速に商品を発送いたしますよろしくお願いします。 入金確認後1-3日営業日で商品を発送いたします。 記入できない場合は取引ナビに連絡をお願いします。 落札後5日を過ぎてもお届け情報・お支払い情報記載が無い場合はお客様都合でのキャンセル扱いとさせて頂きますのでご了承下さい。 悪い評価が多い方はお断りしています。 キャンセル等が多く困ってしまったのでお断りしています。 ご希望の方はキャンセルのないようにお願いします。 ご連絡の取れない方が多くいらっしゃいます。 落札後に落札者様のご都合によるキャンセル希望やご連絡の取れない方が多くいらっしゃいます。 私だけでなく他の入札者様にもご迷惑になりますので、キャンセルはご遠慮ください。 入札する際は、送料などよくお考えの上ご入札ください。 当店では製品のサポートは行っておりませんので使用法など説明できない場合もございますのでご了承ください。 本品は輸入品の為、外箱にへこみ・傷等ある場合がございますが商品関しては問題ありません。 また改善などに伴いパッケージが変更される場合もございますがご了承下さい。 ・センター止めは受付出来ません。 ・お手持ちのパソコン・携帯の画面により商品のお色に若干の差がございます。 ・画像をご参考上ノークレーム・ノーリターンで宜しくお願い致します。 ・落札後の質問、写真添付などには対応できませんので質問は終了1日前までお願いします。 ・入札後のキャンセルは出品者が金銭的負担があるため一切お受けする事はできません。 1.丁寧、迅速に対応いたします。 2.消費税や、落札手数料は頂いておりません!! 3.土日祝祭日2は質問や落札されてもメールや商品発送等、対応できない日もございます。 ご了承下さい。 217. 002. 002.

次の

シャネルボームエサンシエルの使い方と悪い口コミまとめ!通販や伊勢丹など購入方法も

シャネル トランス パラン

アットコスメの2019年上半期ベストコスメに選ばれた、シャネルのスティックハイライト。 アットコスメ1位縛りメイクをするので買ってみました。 どこも売り切れだったのですが、丁度再入荷した日にたまたまカウンターに立ち寄ることができて。 偏光ラメ入りとクリアタイプとすごく迷ったのですが、どうしてこちらを選んだのかも含めレビューしていきます。 CHANEL(シャネル) ボーム エサンシエル トランスパラン 8g・5,500円(税抜) 全2色 肌に濡れたようなつやをプラスするグロウ スティック。 頬、まぶた、唇など、輝かせたいところにのせるだけ。 メークアップの可能性がぐっと広がります。 スティックハイライトって結構使い方が難しい上に、5,000円超えというかなりいいお値段なので、これがアットコスメ1位ってちょっと不思議でした。 (ちなみに別売りで専用ブラシがありますが、こちらはサイズも小さめで化繊なのに4,000円超えとこれまたすごくいいお値段。 両方買ったらほぼ1万円じゃんっていう。 ) 私が購入したのはクリアタイプのトランスパラン。 偏光パール入りのスカルプティングも展開があります。 それぞれオススメの使用箇所が違うんだそう(もちろん他の箇所に使っても大丈夫です)。 ボーム エサンシエル トランスパランのオススメ使用箇所 使う順序はメイクの最後。 アイシャドウの上からポンポンと重ねて濡れたような瞼に。 この時決して擦らずにポンポンと乗せること。 毛先がボサボサしたようなブラシを使うとより簡単に仕上げられるそうです。 瞼のキワまで乗せてしまうと、二重の溝に落ち込んでしまうので注意です。 あとはリップメイクの最後にグロスのように重ねてもOKです。 クリアなので下の色を邪魔しません。 ボーム エサンシエル カルプティングのオススメ使用箇所 こちらもメイクの最後にポンポンと重ねて使います。 目尻のCゾーンや鼻筋などに使うのがオススメです。 もちろんこちらも濡れた感じになるのですが、偏光パールが入っているので少し白っぽく見えます。 ツヤツヤのキラキラに仕上がりますが、リップなどに重ねると色味が白っぽく変わって見えます。 (あえてそれを狙って使うのもアリかと。 ) トランスパランを選んだ理由 使用箇所は普段ハイライトを乗せている鼻筋と目の下部分なので、上記のBAさんのオススメに沿って選ぶならスカルプティングになるのですが、このハイライトならではの魅力を存分に楽しむのであればクリアだと思いました。 何故かというと、普段使っているパウダータイプのハイライトだと、パールかラメでツヤ感を出すことになります。 この「完全にクリア」のツヤ感(濡れ感)をプラスできるのは練り状アイテム、スティックアイテムならではだと思うんです。 ハイライトもたくさん持っていますが、完全にクリアな物って今まで持っていなかったかのでトランスパランにしました。 リップに重ねる=クリアリップグロス、目元に重ねる=アイグロスと同じといえば同じなんですけどね。 せっかくのベスコス縛りであれば、やっぱりそのアイテムの一番ポテンシャルを発揮できるものを選ぶのがいいかなと思ってこちらにしました。 ボーム エサンシエル トランスパラン スウォッチ この通り完全にクリアなツヤです。 塗ってしばらくするとペタペタ感は減るということでしたが、それでもサラサラになるわけではなくやっぱり触るとペタッとしているので、触らないのが一番だと思います。 触ってしまうと下のメイクもヨレるし指に付いて取れてしまいます。 ボーム エサンシエル トランスパラン 感想 使い方にコツは必要ですが、面白いアイテムだと思います。 普段練りアイテムを使わない私でも、これは練習して使いこなしたいなと思えました。 今まではこの手のアイテムを使うときは、ベースアイテムに混ぜるかベースの下に仕込んでいたんですよね。 最後に重ねるというのも新鮮でした。 とりあえず指づけしているのですが、ブラシでも使えるというところに希望を感じます。 ツールをいろいろ変えてみて、仕上がりの良い使用方法を引き続き探したいと思います。 濡れ感っていうのはここ最近のトレンドなので、そういう意味ではベスコス入りしたというのも理解できますね。 アイグロスや濡れ感の出る練りハイライターもいくつか使ってきましたが、その中ではまだ使いやすい方かなと思います。 , , ,• コメント:•

次の

CHANEL(シャネル) ボーム エサンシエル トランスパラン

シャネル トランス パラン

ボームエサンシエルは美肌効果が高いフェイスカラー ボームエサンシルはスティック状のフェイスカラーで、ファンデーションを塗った上から直接肌に塗ることができます。 肌に濡れたようなツヤがでるので、頬、まぶた、唇など、ツヤを出したいところに塗ると顔が立体的に見え、小顔効果もでます。 ボームエサンシエルを塗るとお肌にツヤがでてかなり美肌に見える!ということでインスタグラムで火が付き、売切れ続出のアイテムで、公式サイトでは常に「入荷待ち」状態になっています。 ボームエサンシエルの2つの違いはツヤ感 ボームエサンシエルはトランスパランとスカルプティングの2種類あります。 トランスパランは濡れたようなツヤ ほんのりローズ色のトランスパランは「Transparent」という意味のごとく、透き通った濡れたようなみずみずしいツヤがでます。 色も香りもないので使いやすいです。 スカルプティングはパールのツヤ スカルプティングはパール入りなので、繊細なパールがサテンのようなツヤを出し、顔色がぱあっと華やぐかんじです。 ボームエサンシエル どっちを選ぶ? 私のおススメはスカルプティングです。 使用する前は50代なのでナチュラルなツヤの方がいいかな・・・と思ったのですが、トランスパランはただ濡れているように見えるだけで(笑)、ツヤ・・・というより顔が皮脂でテカってるいるような、汗をかいてるような仕上がりになります。 でもナチュラル感はあるんですよね。 顔に皮脂がでない方はトランスパランの方が自然に仕上がるかもしれません。 一見、派手にみえるスカルプティングの方が、パールが肌にのってツヤがでるし、見た目ほどギラギラするわけではないので、40代以降ならこちらのスカルプティングをおススメします。 ボームエサンシエル 使い方と実際のレビュー スカルプティングを使用しています。 スティック状態で見ていると派手な印象でしたが、お肌にのせるとほどよいパール感がでて、きれいなツヤが出ます。 塗っている場所はこの赤い部分です。 リキッドファンデーションで仕上げたあとはスティックで直塗りできますが、パウダリーファンデーションを使っている方はよれるので、指の腹にとってポンポンとのせた方が良いかも。 塗るときの注意点は3つあります。 頬にちりめんジワができる場合、そのシワにも塗らないようにします。 ちなみに私は上まぶたが腫れぼったい奥二重の目なので、まぶたの上には塗りません。 ボームエサンシエル デメリット シワに塗らないで~と先ほど書きましたが、手の甲に塗ると顔よりもキメが荒いので、キメが目立ちます。 なので頬が乾燥気味な方はシワが悪目立ちする可能性もあります。 2つとも塗ってみたのですが、どちらもやっぱりキメが目立ちます。 でも手の甲とファンデーションを塗った頬とでは土台が違うので、そこまで気にしなくてもいいかなとも思います。 じつは最大のデメリットは「ベタベタする」ことなんです! ベタベタするので、髪の毛がくっつくんですね。 髪の毛もくっつきますが、ホコリとか糸くずとかもつきそうなイメージ。 でもベタベタするせいか、保湿力はけっこう高いです。 口コミサイトでは若い人からの大絶賛が多い 口コミで大絶賛されているので、私も購入してみましたが、これはシミやシワがない若い子向きのアイテムだなあと感じました。 顔がプリプリしてるからこそ、ボームエサンシルのツヤが最大限に生かされるんですね。 50代のシワっぽい肌には、正直むずかしいです。 私は同じツヤを出すアイテムなら、クレドポーのレオスールデクラの方がよっぽど使いやすいし、べたつかない分、仕上がりもキレイだと感じました。

次の