ナイナイ。 ナイナイ「電撃復活」のウラに青木裕子の後押しと3年前の“不貞相談”

ナイナイ、極楽、ロンブー…「コンビの絆」が不祥事対応の明暗をわける(AERA dot.)

ナイナイ

番組概要 [ ] ナインティナインがゲストと様々な企画を行うという内容だった。 初めはゲストのアイドルと何の問題の無い企画を放送すると思いきや、岡村のトラブルで企画を変更する。 主な企画として、通常ではありえない問題 「はので注文が出来るか? 」「が『ハイッ! 』でをしたら何枚割れるのか? 後期には番組の30分枠をフルに費やして 「二年越しで放置された岡村の私物のを開けて中を確認する」という破天荒な企画も存在した。 また、扇を使った中国武道・の先生、のカレーショップの店長(通称:駅長)、など、味のある素人を積極的に登場させたのもこの番組の特徴であった。 番組終了間際の放送で、とナイナイが番組を賭けて対決。 ココリコが勝利を収め、番組名が ココリコナになりメイン交代かと思われたが、その回が番組の最終回だった。 ちなみに、この番組について今でも度々ナイナイから語られる思い出のエピソードとしては、現在の岡村の憧れの人である、まだ新人アイドル時代のと共演していた事である。 当時は毎週ゲスト出演している何人かのアイドルの1人として特に意識はしていなかったが、後になってその事を後悔していると語っている。 番組の終了 [ ] 1999年4月に日曜夜8時台への昇格の話があったが他番組とのスケジュール都合や番組自体のコーナー改変に対して、岡村が難色を示し、結果番組自体を終了することに決定した。 その代打として日曜8時に始まったのが、吉本の後輩の「」であり、ナイナイナの製作スタッフもロンドンハーツ製作に参加している。 なお、ロンドンハーツは幾度の番組名変更、放送枠移行をへて後に、ナイナイナが放送されていた火曜ネオバラエティ枠で放送されている。 こうした番組終了の経緯については、ナイナイが「昇格に反対したのではなく、テレビ朝日から降ろされた」という記事がスポーツ新聞に掲載されてもおり、真相は不明である。 ちなみに番組終了後、2000年4月6日にテレビ朝日で「ナインティナインだ! 新番組をやらせろ! スペシャル」を放送。 レギュラー番組の出演者に同局の番組と放送枠を賭けて対決したものの全敗、編成から早朝の放送枠を得て翌7日から「ナインティナインのラジオ体操」という番組を4回放送した(元々2回の予定だったがNG連発により2回延長された)。 番組終了から14年後からCS放送(テレ朝チャンネル1)で放送開始。 それ以降、ナインティナインとしてのテレビ朝日への出演が減少し、本人達は「テレ朝から干された」と度々ラジオでネタにしている。 ただし、コンビでは「」(毎年1月2日)、矢部単体では「」がレギュラー放送中。 この事は「新番組をやらせろ! スペシャル」で局の看板番組「」のスタッフに叱られた事が原因なのではないかと本人達は邪推しているが、いずれも真相は不明。 時を経て中後期にかけてテレビ朝日にて放送された人気番組「」がから1年間限定のレギュラー放送として復活し、からスペシャル時に出演していたナインティナインの二人もレギュラー出演することとなり、事情こそ異なるも番組終了から18年越しでナインティナイン出演のテレビ朝日日曜夜8時台のレギュラー番組が実現する形となり予定通り秋を以って終了した。 番組史 [ ]• 1997. 01 第01回 「できるかな? ナイナイがいろんなことに挑戦()」• 1997. 08 第02回 「クイズナイナイナ(1)(、)」• 1997. 15 第03回 「ハッキリする新宿(、)」• 1997. 22 第04回 「なんでも屋(大河内奈々子、、)」• 1997. 29 第05回 「脱出()」• 1997. 06 第06回 「幸運グッズで大儲け!! ()」• 1997. 27 第07回 「はじめての店番(大河内奈々子)」• 1997. 03 第08回 「岡村プロデュース 矢部のVIPな1日」• 1997. 10 第09回 「ダジャレ(、、、)」• 1997. 17 第10回 「クイズナイナイナ(2)タレント編(、)」• 1997. 24 第11回 「同姓同名を探せ 編()」• 1997. 01 第12回 「の女王決定戦(1)」• 1997. 22 第13回 「同姓同名を探せ 編(市井由理)」• 1997. 29 第14回 「松本さんに立派なプロデューサーになって欲しい(宮内知美)」• 1997. 05 第15回 「ナイナイファン感謝デー(1)()」• 1997. 12 第16回 「クイズナイナイナin韓国(1)(おりも政夫、、)」• 1997. 19 第17回 「クイズナイナイナin韓国(2)(おりも政夫、中森友香、スージー・カン)」• 1997. 26 第18回 「を恐がらせる!! ()」• 1997. 02 第19回 「になりたい!! (、、、)」• 1997. 23 第20回 「モーフィング 矢部と岡村の顔をCGでつなげる(藤崎奈々子)」• 1997. 30 第21回 「総集編(1)(半年間を振り返る! 1997. 07 第22回 「ピンでトーク番組(1)(俳優編:、)」• 1997. 14 第23回 「クイズナイナイナ(4)(、中森友香)」• 1997. 21 第24回 「顕微鏡で見えないものを見てみよう(嘉門洋子、、、、)」• 1997. 28 第25回 「Vシネマの女王決定戦(2)」• 1997. 1997. 08 内「生クイズナイナイナ」• 1997. 25 第27回 「伝説の芸人・を捜せ! ( [ ])」• 1997. 02 第28回 「ピンでトーク(2)(文化人編 、)」• 1997. 09 第29回 「矢部に趣味を! (嘉門洋子、)」• 1997. 16 第30回 「放置炊飯器(1)半年後(市井由理)」• 1997. 30 SPECIAL 「年末おまけ付きスペシャル 昔、住んでいた家を巡ろう! 1998. 06 第31回 「みんなで釣りをして宮路社長に船を買わせる(、林家ペー、、カレー屋駅長)」• 1998. 27 第32回 「クイズナイナイナ(5)(中森友香、ダチョウ倶楽部)」• 1998. 03 第33回 「芸能人の武勇伝は本当か?(、)」• 1998. 17 第34回 「好感度UP大作戦!! (1)」• 1998. 24 第35回 「勇気を養おう! (木内あきら、)」• 1998. 03 第36回 「ナイナイナツーリスト第1弾 さらば東京思い出ツアー()」• 1998. 24 第37回 「総集編(2)(1周年記念)」• 1998. 31 第38回 「ガッツ石松からの呼び出し(木内あきら)」• 1998. 07 第39回 「ナイナイナツーリスト(2)目指せオッパイツアー」• 1998. 14 第40回 「あの人に逢いたいナ(、3時のおやつ中津さん、カゼッタ岡、アテム)」• 1998. 21 第41回 「選手を育てる前(嘉門洋子、、、、燕先生)」• 1998. 28 第42回 「K-1選手を育てる後(嘉門洋子、アーネスト・ホースト、ピーター・アーツ、マイク・ベルナルド、ガッツ石松)」• 1998. 05 第43回 「を接待」• 1998. 26 第44回 「Vシネマの女王決定戦(3)」• 1998. 02 第45回 「山城新伍になろう(嘉門洋子、)」• 1998. 09 第46回 「火事場の馬鹿力はあるのか?(中森友香)」• 1998. 16 第47回 「Vシネマ新・女教師2を作ろう! (菅原まどか、、春一番)」• 1998. 23 第48回 「ポロリをしないように特訓(、遠野みずほ、、)」• 1998. 30 第49回 「花架挙燕先生は本当に強いのか? (嘉門洋子)」• 1998. 21 第50回 「放置炊飯器(2)1年後(嘉門洋子)」• 1998. 28 第51回 「ナイナイナツーリスト(3)チェリーボーイズ目指せキスツアー(、ダチョウ倶楽部)」• 1998. 04 第52回 「お前は俺を愛してるのか? 矢部が岡村を愛しているか試す」• 1998. 11 第53回 「岡村監督・脚本・主演の「新・女教師2」が博多の映画館で上映」• 1998. 18 第54回 「トイレに落ちた電話を救出! (中森友香)」• 1998. 25 第55回 「女風呂チラリ大作戦!! (ダチョウ倶楽部、)」• 1998. 01 第56回 「ちぃーこい事はいい事だ! (、、)」• 1998. 08 第57回 「総集編(3)(半年間を振り返る! 1998. 29 第58回 「ナイナイナサスペンス トイレにいるのは誰か?大捜査線(中森友香、、)」• 1998. 06 第59回 「世紀の散髪ショー(嘉門洋子)」• 1998. 13 第60回 「ネジ屋救出大作戦(中森友香)」• 1998. 20 第61回 「ナイナイファン感謝デー(2)リクエスト特集」• 1998. 27 第62回 「ナイナイナツーリスト(4)みやむー熱烈ファンツアー()」• 1998. 03 第63回 「ナイナイナツーリスト(5)外国人限定!! 目指せ 日本人女性ツアー()」• 1998. 24 第64回 「キャンプDAISUKI!! 正しいリアクション講座(中森友香、ダチョウ倶楽部、三津間JAPAN)」• 1998. 01 第65回 「 を探せ」• 1998. 08 第66回 「ボウリング大好き! (、嘉門洋子)」• 1998. 15 第67回 「目指せパンチラ! 大作戦(ダチョウ倶楽部、)」• 1998. 22 SPECIAL 「矢部パーマショースペシャル(・)」• 1999. 05 第68回 「COMEBACK 木内あきら(、、春一番)」• 1999. 26 第69回 「ナイナイナツーリスト(6)外国人限定!! 目指せ 日本人女性ツアー リベンジ()」• 1999. 02 第70回 「全裸の矢部を家まで送る! (嘉門洋子)」• 1999. 09 第71回 「にさわやかさを学ぼう!! (嘉門洋子)」• 1999. 16 第72回 「エロ本争奪大作戦!! (ダチョウ倶楽部、石塚英彦)」• 1999. 23 第73回 「いちご狩りDAISUKI!! ヤンキーの職探し(中森友香)」• 1999. 02 第74回 「カレー大好き!! 岡村の二年越しの炊飯器のお釜を洗う()」• 1999. 09 第75回 「番組争奪 ナイナイvsココリコ」• 1999. 30 第76回 「ココリコナ ナイナイナ最終回」 番組終了後のスペシャル [ ]• 2000. 04 SPECIAL 「元ADアビコを連れ戻せ! 2001. 05 SPECIAL 「緊急企画 矢部の八重歯を捜せ!! 2001. 30 SPECIAL 「岡村隆史のモッコリが止まらない!! 2001. 05 SPECIAL 「1000万円争奪! コンビ対抗かくしてかくれんぼ!! 」 同スタッフによる特番 [ ]• 1999. 05 「ナインティナインの世紀のタイムスリップショー」(ゲスト:、)• 2000. 06 「ナインティナインだ!! 新番組をやらせろスペシャル」• 2000. 12 「ナインティナインだ!! 新番組をやらせろスペシャル2」 エピソード [ ]• の名物ギャグである「どうぞどうぞ」はこの番組から生まれた。 よって、ダチョウ倶楽部・ナインティナイン・ゲスト 石塚英彦、中村有志など の6人で行ったのが最も初期型の形だといえる。 第70回では衣装協力として矢部が家に帰るまでに使用したものがエンドロールで表示された。 風呂桶、コンビニ袋など• 第71回ではにてが「青空オンリー・ユー」を熱唱。 岡村もと共に踊った。 上島竜兵が企画のクレーンスタントを拒否したため、代わりに全身まみれになる「竜ちゃんハチまみれショー」ならやると公言したが、現在まで実行されていない。 本番組終了後もラジオ番組などで共演するときにこの話題が出ることがあり、いつか実行すると本人は明言している。 スタッフ [ ]• ナレーター:、、、• 構成:、、、、、、• TD:田中祥嗣(スタジオ)• カメラ:(ロケ)、藤原朋巳(スタジオ)• 音声:渡邊拓・近藤良弘(ロケ)、中本清(スタジオ)• VE:小松淳(スタジオ)• VTR:渡邊由香(スタジオ)• 照明:朝倉若菜(ロケ)• 美術デザイン:高原篤• 美術進行:黒目樹司• CG:木村啓作• タイトル:()• ヘアメイク:高柳尚子、naoko• スタイリスト:insi-De、TEES• 編集:若山広明、長谷川一彦• MA:首藤英一郎• 音効:井澤利幸、栗田勇児• TK:横田麻美• 広報:牧野秀幸• AD:ほか• ディレクター:、塚田秋春、北村要、• 技術協力:、、、、• 美術協力:• 制作協力:• 制作著作:テレビ朝日 関連項目 [ ]• - の元になった番組。 ナイナイがココリコの後番組が「ココリコナ」だと思っていたが、「ナイナイナ」の最終回で知った番組。 火曜日 前番組 番組名 次番組• EstaesMAYA! 地球体感テレビDトリップ• (月・火曜日の第1部の前)• (・以外の金曜版第1部時間帯)• (関西での第1部時間帯)• (関西での金曜版第1部時間帯)• ドラマランド11• (金曜版の第2部時間帯)• (金曜版の第3部時間帯)• (金曜版の第3部時間帯)• (第1部と第2部の間)• (第2部・第3部時間帯)• (第4部の前、土曜未明のみ4部時間帯終了後、毎月最終金曜日の翌日未明は放送なし)• (毎月最終最終金曜の翌日未明の金曜版の第4部時間帯)• (毎月金曜金曜日の翌日未明・早朝の金曜版の第4部時間帯以降)• (新作のみでの水曜版第1部時間帯、それ以外は「Classic」として水曜版第2部時間帯に放送)• (北海道テレビ)• (での第2部時間帯) 関連項目.

次の

ナイナイ、覚悟の『ANN』再出発 コンビそろって新たな一歩踏み出す

ナイナイ

のが、かつて噂になったあの女性芸能人の名前を出して世間をドン引きさせた。 7月7日に放送されたラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)でのこと。 さらには「妥協できないな、やっぱり顔も好きな顔でないとやっぱり嫌でしょ」と、好みの顔かどうかが非常に大事だとコメント。 それに続けて、「ずっと好きやもん、の顔」とポロッとかつて噂になった熊田の名前をあげたのだ。 「岡村と熊田は約10年前に写真誌にお泊り交際を報じられている。 実際には交際に発展しなかったものの、熊田から猛烈アプローチを受けて岡村も本気で交際を考えていたほどでした。 ところが、熊田は思わせぶりな態度を複数の大御所たちにとる性格だったようで、それを知った岡村はショックを受け、泣く泣くあきらめた。 岡村が熊田の名前を出すことは今回に限ったことではありませんが、その熊田も今となっては2児の母。 いまさら話題にされても迷惑だと思いますね」(週刊誌記者) やなど幸せの絶頂を迎えている女性たちに難癖をつけたりと、言いたい放題の岡村だが、自信が結婚できないやっかみだったのかもしれない。 (田中康).

次の

岡村隆史

ナイナイ

「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)に矢部浩之(48)が復帰したことが話題となった。 1994年に「ナインティナインのANN」としてスタートし、2014年9月に矢部が卒業を発表。 それからは岡村隆史(49)が単独で出演してきた。 およそ5年7カ月ぶりにコンビが揃ったことになる。 騒動はレギュラー出演するNHK「チコちゃんに叱られる!」に降板嘆願が届くほどの騒動にまで発展する中、「ANN」に相方の矢部が2週連続で出演。 岡村を公開説教し、コンビ仲の不全などを告白するなど、こちらも大きな話題になった。 結果的に矢部が見守ることで岡村が多少、信頼を回復できた部分もあるだろう。 「矢部さんの登場で世間が軟化したのは事実です。 そもそもナイナイは、岡村さんが矢部さんの部活の先輩だったので、変わらぬリスペクトがあるんです。 岡村さんが休養していたときも支えていたのは矢部さんでした。 岡村さんは真面目な人なので、矢部さんが遊び回っていた時期にイラついていたこともあったそうですが、『岡村さんがヤバい時はお前が支えろ』と実兄から言われているみたいですね。 矢部さんのお兄さんは、岡村さんの部活の先輩でもあるので、兄弟揃って絆が深いんです」(芸能事務所関係者) コンビでスターダムにのし上がってからすでに数十年がたち、それぞれピンでの仕事が増えてきた中で、再びコンビの絆が垣間見られたのはファンとしても嬉しいところだろう。 近年、不祥事において「やらかした芸人」が復帰する際、相方の存在がクローズアップされるケースが増えている。 例えば、同じく「めちゃイケファミリー」だった極楽とんぼ。 度重なる不祥事を起こして、事務所をクビになった山本圭一の復帰を何年もサポートしてきたのは相方・加藤浩次だった。 「本人は朝の番組のコメンテーターやサッカー番組のMCを務めるなど、事務所を支えるほどの存在になり、クリーンなイメージが求められる一方で、最低なイメージの相方の復帰を願い続けた。 朝の番組や雑誌の対談などでも、積極的に山本の復帰を語っていましたね。 最終的には2016年7月に『めちゃイケ』内で地上波に復帰しましたが、加藤が大叱責し、『当たり前じゃねーからな』と放った台詞は超名言として語り継がれています。 山本さんの事件のせいで吉本の社員たちも大変な目に遭うなか、加藤さんは粘り強く会社側とも交渉し、復帰の準備を進めていたんです。 淳は芸人としての活動のほか、さまざまな個人プロジェクトを展開しているが、闇営業騒動を機に芸能事務所を設立し、ロンブー2人での再出発を誓った。 「ロンブーは、淳さんが亮さんを巻き込む形で結成しているので『責任は全部引き受ける』というスタンスなのでしょう。 なんとなくイメージが湧きますが、復帰させるまでのやり方に関して、その手腕にはさすがという見方が広がっています。 淳さんは相方不在の間も番組などで積極的に亮さんの名前をあげていましたし、うまく彼が復帰できる環境を外堀から埋めてきた。 そして最後の仕上げが事務所設立の記者会見。 鮮やかなプロデュース力を見せつけられましたね」(同) ナイナイ、極楽、ロンブーのケースはまさに「コンビの絆」がもたらした賜物だが、正反対になってしまったケースも。 同じく闇営業騒動の矢面に立った雨上がり決死隊や所得税の申告漏れを追及されたチュートリアルなどの例だ。 「相方に救われる芸人はほんの一部です。 活動再開したチュートリアル・徳井さんも謹慎中に相方の福田さんは1人で頑張っていましたが、コンビのために動いた印象は薄い。 インパルス堤下さんの謹慎騒動も、チュートリアルと似たような感じでした。 雨上がり決死隊にいたっては、すでにコンビは空中分解している状態です。 ひとつ言えるのは、手綱をどっちが握っているかということなのかもしれません。 宮迫さんの暴走を蛍原さんは抑えきれなかったんでしょう。 ナイナイは暴走しがちな岡村さんに対し、矢部さんがいてはじめて成立するコンビだったと痛感しました」(同) お笑い評論家のラリー遠田氏は、お笑いコンビの関係性にこう解説する 「お笑いコンビの関係性というのは、単なる友人でもなければ仕事仲間というだけでもない特別なものなので、一般人にはなかなか理解しづらいところがあります。 コンビでの仕事が少ないと不仲説が流れることもありますが、真実は本人たちにしかわからない。 一般論で言うと、仲がいいかどうかというよりも、それぞれがコンビで仕事をすることに意味があると思っている場合はコンビの活動が続くのに対して、そうではない場合は徐々にソロ活動が中心になっていく、という傾向はあります。 岡村さんや亮さんのケースのように、コンビの片方が窮地に陥ったときこそ、そのコンビの真価が問われるというのは確かです。 ナイナイやロンブーは一連の動きを通して、コンビとしての活動を大事にしているということが伝わってきました」 長くコンビで活動する芸人は安心して笑えるというもの。 視聴者やファンにいつまでも笑いを届け続けてほしいものだ。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の