ソフトバンク スマホ おすすめ。 ソフトバンクのシニア向けスマホと料金プランは本当にシニアにおすすめか

ソフトバンク回線の格安SIMはここがおすすめ! 速度・料金・サービス内容を徹底比較

ソフトバンク スマホ おすすめ

2 mm) 重量 約353g (本体のみ:約218g) ディスプレイ 約6. 9x75. 7x8. 3mm 重量 194g ディスプレイ 約6. 3Dtouch非搭載、引き続き顔認証(Face ID)のみ搭載で指紋認証はありません。 メインカメラは、デュアルカメラ構成です。 XRにはなかった超広角カメラが魅力的です。 サブカメラはシングルカメラで1200万画素を搭載しています。 初のナイトモードに対応するなど、上位モデルにも劣らないカメラ性能です。 多くのユーザーが十分満足出来る買いやすいiPhoneとなっています。 iPhone 11シリーズで迷ったらまず、間違いなくiPhone 11が最もコスパに優れているのでおすすめです。 9x75. 7x8. 3mm 約158. 0x77. 8x8. 1mm 重量 194g 226g ディスプレイ 約5. 8インチ Super Retina XDRディスプレイ 有機EL 約6. 3x70. 1x8. 2mm 重量 147g ディスプレイ 5. 5インチ超縦長スマートフォンになっています。 大画面により2つのアプリを見やすく同時に表示して、SNSしながら、YouTubeなんてことも縦長だから容易に出来ます。 瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳 AF オートフォーカス 」は、高級ハイエンドカメラに搭載されていたものなのでやはり期待値は高いですね!また、シリーズ初となる標準・望遠・超広角のトリプルレンズカメラを搭載しているのも、カメラが強いXperiaが戻って来てくれた印象です。

次の

[ソフトバンク2020]5Gモデル!!スマホ全機種おすすめランキング

ソフトバンク スマホ おすすめ

5G(第5世代移動通信システム)に対応した上に 8Kカメラ搭載という注目の機能を備えたハイスペックモデルです! 2020年3月27日に発売されることも決定し、予約受付も開始されたのでソフトバンクユーザーでハイエンドスマホが好きな人は大注目ですね。 8GHz+1. 8GHz オクタコア ディスプレイ 約6. シャープの 「Pro IGZOディスプレイ」を備えた 6. 5インチの大画面は高精細な映像表現を可能とし、スマホとは思えない臨場感を与えてくれます。 さらにメインカメラは 8Kでの動画撮影に対応。 独自の人工知能によるフォーカス再生による被写体の自動認識機能に搭載しています。 5G対応、8Kカメラと魅惑のスペックが並びますが、それを支えるメモリも 12GBとこれまでにないパワフルさを備えています! 新時代のハイスペックスマホとして、あらゆる機能がアップグレードされた時代の先端を走るモデルといってもいいでしょう! AQUOS R5Gの特徴 「AQUOS R5G」の特徴として最初に挙げるのが 「 5G」です。 5Gの商用化によって、高速かつ大容量の通信が可能になることで映画などの動画データを素早くダウンロードし、高画質の写真や動画などをスムーズにアップロードできるなどサービスの質が格段に向上します。 5Gによって登場する新たなサービスにも期待ですが、それらを利用するには 5Gに対応したスマホでないと意味がありません。 「AQUOS R5G」は注目の5Gを国内スマホで体感できます。 次に、注目すべきはAQUOSシリーズ初搭載となる 「8Kワイドカメラ」です。 AIを搭載し、被写体を自動認識してフォーカスを合わせる「フォーカス再生」機能を搭載し、アウトカメラは「 広角」「 超広角」「 望遠」「 ToF」の クアッドカメラが採用されています。 ディスプレイはシャープ独自の「 Pro IGZO」を採用。 5インチという大画面と Dolby Visionの採用によって、高精細かつ明るい画面表現を可能にしました。 10億色もの色彩表現が可能なので、映像コンテンツをこれまで以上の臨場感で楽しめます。 さらに、メモリ「 12GB」、CPU「 Qualcomm Snapdragon 865 5G」とハイパフォーマンスを約束する処理能力が搭載されています。 圧倒的な処理能力でゲームや映像をさらに楽しんでみてください。 ソフトバンクの対象機種の購入で、 先着でGサービスも楽しめるVRゴーグルがもらえます! AQUOS R5Gのデザイン AQUOS R5Gのデザインは次世代端末にふさわしい 先進性と 上質な美しさを兼ね備えています。 シンプルなフォルムながらも洗練された表面加工による高級感を演出。 持ちやすさにこだわったアルミフレームのマイナスR形状も魅力的です。 カラーバリエーションは「 アースブルー」「 ブラックレイ」「 オーロラホワイト」の3色です。 新世代の5Gをいち早く体験したい人に、超おすすめのスマホです! 注目!! ソフトバンクの対象機種の購入で、 先着でGサービスも楽しめるVRゴーグルがもらえます! [NEW] 2020年 3月発表 LZTE Axon 10 Pro 5G 2020年3月5日に行われたソフトバンクの5G対応デバイス発表会にてリリースされた 「 ZTE Axon 10 Pro 5G」! 最新の 5G対応スマホでディスプレイやカメラスペックも高いにも関わらず、 コスパの高いお求め安い端末価格が魅力です。 2020年3月27日の発売開始となるので、5G対応スマホが欲しい人は要チェックですね。 今回はソフトバンクから発売される「ZTE Axon 10 Pro 5G」のスペックや特徴について紹介していきます。 8GHz ディスプレイ 約6. 9mm 重量 約176g バッテリー 4000mAh ワイヤレス充電 ー 防水 ー ハイレゾ ー おサイフケータイ ー テレビ ー 5G対応の中でも注目のコスパ機 「ZTE Axon 10 Pro 5G」。 大容量・高速通信によってどのようなコンテンツでも快適に楽しめてしまいます。 それを可能にしているのが高性能プロセッサ「 Qualcomm Snapdragon 865 5G」。 高い処理能力によって、高画質なオンラインゲームでもストレスなくプレイできます。 ディスプレイには 6. 4インチの有機ELを採用。 カメラには 4800万画素のメインカメラを含む トリプルカメラを採用! 細部にわたって高精細な撮影や背景をぼかした撮影が簡単に楽しめます。 2,000万画素のインカメラも備えているので自撮りも綺麗に撮影できます。 ZTE Axon 10 Pro 5Gの特徴 ソフトバンクで新しくラインナップされる「 ZTE Axon 10 Pro 5G」は5G対応などのスペックとコスパを両立したお得な新機種です。 5G(第5世代移動通信システム)に対応した機種で映像サービスやゲームをどこでも快適に楽しめるようになっています! 最新の「 SDM865」を搭載し、 128GBのストレージと 6GBのメモリを採用することで高い処理性能を実現。 大容量のアプリゲームや映画などの動画コンテンツもストレスなく楽しめます。 ディスプレイは 6. 4インチの有機ELを採用。 4,000mAhという大容量バッテリーを備えているので、高精細なディスプレイで映像やゲームを長時間楽しんでも安心です。 アウトカメラには「 メインカメラ」「 広角カメラ」「 望遠カメラ」の3つを採用。 最大 4,800万画素による高画質な撮影や 光学ズーム3倍、 デジタルズーム20倍にも対応し、さまざまなシーンで精確な撮影を可能にします! AIが被写体を認識して自動調整する機能も備わっており、背景をぼかしたプロっぽい撮影も簡単に楽しめます。 インカメラも 2,000万画素なので、加工なしで美しい自撮りが可能です。 「美肌機能」にも対応しており、スマホで自撮りを思いっきり楽しみたい人におすすめです。 ZTE Axon 10 Pro 5Gのデザイン ZTE Axon 10 Pro 5Gは画面占有率を高くすることで、本体のスリム感を出しており、 ディスプレイ内臓型の指紋認証やノッチデザインのインカメラが採用されています。 透き通るような美しいカラーリングとボディの表面加工によって、洗練された美しさを出しています! カラーは 「ブルー」1色で展開されます。 さらに、 トクするサポートを適用すれば、48回払いのうち24回分を免除することができ、 4万4,640円で購入することができます! 圧倒的なコスパの高さを実現した「ZTE Axon 10 Pro 5G」は 2020年3月27日発売予定です。 5Gが始まる年に新しい時代のスマホを手に入れてみてはいかがでしょうか!? 注目!! ソフトバンクの対象機種の購入で、 先着でGサービスも楽しめるVRゴーグルがもらえます! [NEW] 2020年 3月発表 LG V60 ThinQ 5G ソフトバンクから5G対応スマートフォンとして、 LGの 2画面スマホ 「 LG V60 ThinQ 5G」が発売されます! 昨年発売された「LG G8X ThinQ」の後継機種とされ、さらにスペックアップしパフォーマンスが向上。 次世代高速通信 5Gに対応しているため、アプリのダウンロード、動画のストリーミング再生、ゲームのリモートプレイなども 遅延が少なく快適に楽しめます。 特徴となる脱着式のディスプレイ付きケース「 LGデュアルスクリーン」を装着することで、 1画面のスマホを 2画面にでき、2つの画面を見ながら マルチタスク作業が可能です! 普段から スマホを2台持ちで使っている人は大注目のスマホです! LG V60 ThinQ 5G のスペック 項目 スペック SoC Snapdragon865(オクタコア)2. 8GHz ディスプレイ 6. アウトカメラにはトリプルカメラ構成で、 約6400万画素のメインカメラが搭載し高画素の綺麗な写真を撮影可能です。 バッテリーはなんと 5,000mAhの 超大容量! 電池切れの心配もかなり少なくなりそうです。 ディスプレイも 6. 8インチ(有機EL)の大画面で視認性が向上し、動画やゲームを楽しむのに向いています。 国内機能として、 おサイフケータイに対応しているので、電子決済もできます。 LG V60 ThinQ 5G の特徴 5Gに対応 「LG V60 ThinQ 5G」は、 5Gに対応! これにより、対応するコンテンツを楽しむことができます。 ソフトバンクから提供されている「 5G LAB」は、5Gを使ったエンタメやスポーツを臨場感あふれる視聴体験を実現するコンテンツを楽しめます。 音楽ライブやスポーツ観戦といったイベントを、まるで自分が会場にいるような感じを リアルタイムで体験することが可能です。 ソフトバンクの対象機種の購入で、 先着でGサービスも楽しめるVRゴーグルがもらえます! さらに、ディスプレイ付きケース「 LGデュアルスクリーン」を装着することで、2画面を使ってそれぞれ違う視点で見ることもできます。 「LG V60 ThinQ 5G」は、アプリのマルチタスクだけでなく5Gコンテンツを楽しむのにも向いています。 6,400万画素のメインカメラで高画素撮影が楽しめる アウトカメラは、 6400万画素のメインカメラと、 1,300万画素の超広角カメラ、 ToFカメラの トリプルカメラ構成。 メインカメラは 8K動画の撮影に対応しており、高画質な撮影が可能です! また 4つのマイクを本体に搭載し、臨場感のある動画撮影もできます。 写真撮影時は、 AIが被写体を認識し、自動的にコントラストや明るさを最適化してくれるので、誰でも簡単綺麗な撮影を楽しめます。 LG V60 ThinQ 5Gのデザイン カラーは 「クラッシーブルー」の1色のみの展開。 フレームには、ゴールドカラーが使われており、オシャレなツートンカラーとなっています。 やはり、2画面の見た目は他のスマホにはないボリュームと魅力があります。 ディスプレイケースは脱着ができ、使わないときは外せるので、 普通のスマホとしても使えるという使い勝手が良い点も、デザイン性としてプラスですね。 LG V60 ThinQ 5Gの発売は、 2020年の4月下旬以降の予定です。 価格は現時点(3月6日時点)では 未定となっています。 LG G8X ThinQの価格は55,440円ですが、それよりも高額になる可能性が高いです。 5G対応となった、LGの2画面スマホ 「LG V60 ThinQ 5G」が発売です。 5Gで高速なデータ通信が可能になり、本体のスペックアップもしています。 SoCは、ハイエンド向けの Snapdragon865、 RAM8GB、 ROM128GBのハイスペック構成! 大容量のRAM8GBで、 2画面でのマルチタスク作業、 ゲームも快適に動作可能です。 また、ディスプレイ付きケース 「 LGデュアルスクリーン 」が脱着可能なことで、通常のスマートフォンとしても使用できます。 5G対応と 2画面仕様で様々な使い方が今後どんどんと出てきそうなスマートフォンとなっているので、 大注目間違いなしです! 注目!! ソフトバンクの対象機種の購入で、 先着でGサービスも楽しめるVRゴーグルがもらえます! [NEW] 2020年3月発表 OPPO Reno3 5G ソフトバンクの 5G通信対応スマートフォン 「 OPPO Reno3 5G」が発売されます! OPPOは コストパフォーマンスが高いスマートフォンを提供している話題のメーカーですね。 ディスプレイはノッチがない 全画面のディスプレイを搭載し、大迫力な映像を楽しめます。 大画面ディスプレイを搭載していながら、 薄くて軽量な本体を実現し、使い勝手が良いです。 スペックは、ハイエンドに次ぐ、 普段使いにちょうど良い性能となっています。 OPPO Reno3 5G のスペック 項目 スペック SoC Snapdragon 765(オクタコア)2. 8GHz ディスプレイ 約6. インカメラも 約3200万画素とアウトカメラ並の高画質で、セルフィーも楽しめます。 国内機能としては、 おサイフケータイに対応し、Suicaなどで電子決済が可能です。 バッテリーも 4,025mAhの超大容量なので、電池切れの心配も少ないのもいいですね! OPPO Reno3 5Gの特徴 5G対応コンテンツを楽しむのに不可欠な大画面ディスプレイ 「OPPO Reno3 5G」は 約 6. 55インチの大画面有機ELディスプレイを搭載。 インカメラを画面内に内蔵することで、ノッチをなくし、 画面占有率 93. またリフレッシュレートは 90Hz、タッチサンプルレートは 180Hzと滑らかで、正確なタッチ操作に対応。 これにより ゲームプレイをより快適なものにしてくれています。 ソフトバンクの対象機種の購入で、 先着でGサービスも楽しめるVRゴーグルがもらえます! クアッドカメラと3200万画素のインカメラ アウトカメラは、メイン4800万画素、望遠1300万画素、超広角800万画素、モノクロ200万画素の クアッドカメラ(4眼カメラ)構成! メインレンズと超広角レンズには、手ブレ補正機能ががそれぞれ搭載されており、2つのレンズの手ブレ補正をダブルで使う「 ウルトラステディ」で、ワイドな画角も手ブレを抑えた撮影も可能です。 また、 マクロモードや ウルトラナイトモードなど様々なシーンに合わせた撮影も簡単に楽しめます。 インカメラ(自撮りカメラ)は、 約 3200万画素の高画質! 美肌などのカスタマイズもでき、 理想のセルフィー撮影ができます。 OPPO Reno3 5G のデザイン カラーは「 ミスティ ホワイト」の1色のみです。 前面、裏面、ともにカメラがあるのみで、見た目も シンプルなデザインとなっています。 横からみるとカメラが出っ張っていますが、厚さは 7. 7mmとかなり薄いです。 重さも 171gと軽量で、薄く、扱いやすいスマートフォンとなっています。 OPPO Reno3 5Gの発売時期は、 2020年7月下旬と少し遅れて発売されます。 価格は、現時点(3月6日時点)では 未定となっています。 OPPOのスマホは、コストパフォーマンスに優れているのでお手頃な価格で登場するのではないでしょうか。 SoCは、 Snapdragon765、 RAM8GB、 ROM128GBとハイエンドに次ぐハイスペック構成。 55インチの大画面有機ELディスプレイなのに、 171gと軽く、 7. 7mmと薄いので、扱いやすいスマートフォンとなっています。 カメラは、アウトカメラは クアトロカメラ仕様、 3200万画素のインカメラ。 スペック、ディスプレイ、カメラ、どれを取っても十分な性能を持っているので 普段使いにちょうど良いです。 価格次第では、5Gスマートフォンのエントリーモデルにもなると思います。 コストパフォーマンスの高いスマートフォンを求めている人は 大注目のスマホです! 注目!! しかしPixelのその真骨頂はハードウェアのスペックではなく、カメラやハードを制御・処理する 高性能なソフトウェア処理にあります! ハードではなく、 ソフトでスマホを進化させる。 8GHz(クアッドコア) オクタコア ディスプレイ 3: 5. 5インチ(有機EL) 3 XL: 6. 9mm 3 XL: 158. 5インチ、3 XLが 6. 3インチとなっており、それ以外の基本スペックは共通です。 デザイン的には、Pixel 3 XLにはiPhone Xのような「 ノッチ 切り欠き 」が画面上部にあります。 リアカメラは今どきのハイエンドモデルでシングル?と思ってしまいますが、これこそがハードウェアではなく、画像処理などの ソフトウェアによる高画質をGoogleが実現したからなのです! また、このリアカメラに使われているセンサーは他社のスマホと違い、「 デュアルピクセルセンサー」です。 デュアルピクセルセンサーは、一眼レフに使われている高速なオートフォーカス AF センサー( 位相差センサー)を、なんと撮影用のセンサーに組み込んだ高度な技術を持ったセンサーです! その為、 高速なAFを可能とし、さらに シングルカメラのみで被写体の 距離を測定することができます(iPhoneなどは標準と望遠の二つのカメラによって被写体との距離を測定する)。 このデュアルピクセルとGoogleの高度な画像処理により、 シングルカメラでありながら一眼レフのような 背景ボケの写真を綺麗に作り出すことができます。 これは、 超広角レンズのカメラが搭載されており、1~2人のときは標準レンズで自撮り、グループ複数人のときは 広角レンズを使うことで、みんなが写る自撮り写真をとることができるようになっています。 5インチと6. 3インチの画面サイズで、それ以外の基本スペックは共通なので、自分に合った大きさを選ぶとよいです。 Pixel 3 XLはiPhone XSのように ノッチ(切り欠き)のあるデザインになっています(Pixel 3にはない)。 ソフトバンク版ではカラーがクリアホワイト、ジャストブラック、ノットピンクの 3色すべてが揃っています(ドコモ版では3 XLのノットピンクはなし)。 Image: また、専用の ファブリックケースも発売され、握ってGoogleアシスタントが起動するActive Edgeにも対応しています。 Image: Pixel 3 の価格 内容 価格 機種代金(一括) 64GB: 98,400円 128GB: 108,960円 48回分割払いで、 25ヵ月目に機種変更する場合 64GB: 49,200円 128GB: 54,480円 Pixel 3 XL の価格 内容 価格 機種代金(一括) 64GB: 119,520円 128GB: 131,040円 48回分割払いで、 25ヵ月目に機種変更する場合 64GB: 59,760円 128GB: 65,520円 Pixel 3 XLは画面サイズが大きいので価格もPixel 3よりも高くなります。 価格差が3万円ほどあり、基本スペックは変わらないので 価格で選ぶならPixel 3がいいですね。 48回分割払いで、25カ月目に機種変更するのであれば機種代金は半額になるので、一番高価な Pixel 3 XL 128GBを選択するのもアリでしょう。 Image: Androidの開発元である Googleが自ら開発したスマートフォンであるPixelシリーズ! Googleが OSもハードも作ったわけですから、いわばアップルのiPhoneと同じやり方です。 8GHz(クアッドコア) オクタコア ディスプレイ 6. OSも最新の Android 9 Pie を搭載しているのも注目です! ハイスペックスマホではデュアルカメラが当たり前になっていますが、Xperia XZ3は残念ながら シングルカメラとなっています。 しかし、1900万画素、高感度、HDR撮影など十分な性能のカメラです。 注目するカメラ機能のひとつに、スリープ状態から 本体を持ち上げるだけでカメラが起動する「 スマートカメラ起動」機能があります! ロックの解除やカメラアプリの立ち上げも必要ないので、シャッターチャンスを逃しません! 更に、シャッターチャンスを逃しても「 先読み撮影」機能により、 シャッターを押す前から写真を記録しているので、撮る前のベストな画像を選ぶことができます! フロント(自撮り用)カメラは1300万画素とiPhoneやGalaxyなど他社のスマホに比べて高画素となっており、自撮りも高精細に撮ることができます! Xperia XZ3では、新たな機能として本体側面にセンサーを搭載した「 サイドセンス」機能があります。 本体の側面を2回タップすることでよく使うアプリの一覧がでてくるので、スマホの使い勝手がよくなります! また、画面オフのスタンバイ状態でも時計やお気に入りの画像を表示しておける「 Always on display」機能も搭載しました。 Xperia XZ3 の価格 内容 価格 機種代金(一括) 119,040円 48回分割払いで、 25ヵ月目に機種変更する場合 59,520円 国内AndroidではiPhoneの次に人気の高い ソニーのXperiaシリーズ。 2インチの大型ディスプレイを持つハイスペックスマホながら、重量を 146gという驚異的な軽さに仕上げたところです! そしてその軽さを実現するために、IGZOで有名な 「液晶のシャープ」が 有機ELディスプレイを採用したことも話題となりました! ソフトバンク独占販売ということで、ソフトバンクユーザーにはかなり注目のスマホです! AQUOS zero のスペック 項目 スペック SoC Snapdragon 845 2. 8GHz(クアッドコア) オクタコア ディスプレイ 6. AQUOS zero の特徴 やはり最大の特徴は6. 2インチの大型スマホでありながら、 146gという驚異的な軽さです! 同程度の大きさのiPhone XS Max 6. 5インチ やGalaxy Note9 6. 4 インチが約200gであること、6. 0インチのXperia XZ3でも193gであることと比べると、その圧倒的な軽さが分かると思います! ネットニュースの記事では、そのコメントで「 本物ではなく模型かと思えたほど、その軽さに驚く。 アップルも同様ですね。 シャープ自社開発の有機ELは、デジタルシネマの 標準規格 DCI-P3 準拠の広色域パネルで HDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応し、非常に高画質・高性能なディスプレイです。 カメラは軽さを優先したためか、最近のハイスペックスマホでは主流となっているデュアルカメラではなく、 シングルカメラです。 カメラを重視する人には少し残念ですが、メインカメラのスペックは 2,260万画素の広角レンズと新画質エンジンとなっており、 ノイズリダクションによりノイズが乗りやすい夜景シーンでもきれいな写真を撮れるとしていますので、十分キレイな写真を撮ることができます。 フロントカメラ(自撮りカメラ)はiPhoneなどと同じ800万画素で、こちらも必要十分な性能といっていいでしょう。 また特徴的な機能として、 パラレル充電機能があります! これは充電ICを二つにすることで、充電時の発熱を分散させて 発熱を押さえる機能です。 これにより、充電しながらゲームをプレイするときなど、発熱によってスマホの処理能力が落ちるのを防ぐことができるので、 充電しながらゲームや動画を快適に楽しむことができます! AQUOS zero のデザイン AQUOS zeroは、軽量化とデザイン性を両立した美しいフォルムとなっています! 実はディスプレイが、弓なりに 緩やかに曲がっており、これは有機ELでなければ実現できませんでした。 ボディの素材は、側面にマグネシウム合金、背面に アラミド繊維という軽量で強度の高い素材を用いることで 軽さと剛性を両立しています! 側面は指がかかりやすく、 落としにくい形状に考えられており、こういった細かな点に気を使う工夫は、 日本メーカーらしくていいですね! AQUOS zero の価格 内容 価格 機種代金(一括) 未定 48回分割払いで、 25ヵ月目に機種変更する場合 未定 AQUOS zeroの発売日は 2018年12月上旬以降ですが、 価格はまだ未定となっています。 スペックから考えて、10万円を超えてくる可能性は十分あると思います。 最近は中国メーカーのスマホが勢いづいていますが、シャープは 日本らしい繊細な工夫によりその存在感をかもしています。 2インチ大画面で 146gの圧倒的軽量なスマートフォン。 まさに素晴らしいとしか言いようがないです。 はコチラ AQUOS R2 compact AQUOS R2 compactに続いて、シャープはなんと、手のひらサイズの 小型スマホで5. 2インチ ベゼルレスの全面ディスプレイスマートフォンを発表しました! 実はこれは、 ありそうでなかった発想なのです! iPhone Xのようなベゼルレスの 全画面モデルは、画面を いかに大きくするかを目的として開発されてきました。 そのため、スマホ本体も大型化なものがほとんどです。 しかしシャープは、手のひらに収まる 小型サイズのスマホに、この全画面ディスプレイを搭載することで、 小型なのに大型ディスプレイのスマホを完成させたのです! まさに逆転の発想ですね!シャープすごい! AQUOS R2 compact のスペック 項目 スペック SoC Snapdragon 845 2. 8GHz(クアッドコア) オクタコア ディスプレイ 5. しかも驚くべきことに他のスマホでは実現していない「倍速120Hz駆動」のハイスピードIGZOを搭載しています! 120Hzでは、 残像を抑えたなめらかな動きでスマホを操作できます! AQUOS R2 compact のデザイン 何度も書いていますように、AQUOS R2 compactの小型・全面ディスプレイスマホは、 ありそうでなかったです!! 片手での操作が難しくなっている現在の「 スマホの大画面化」。 スペックから考えて、8万円前後といったところでしょうか? 手のひらに収まる小型サイズながら、5. 120Hzはシャープの液晶を採用したメーカー以外には存在せず、スマホの動きが低残像のなめらかな動きになります! AQUOS zeroと同じく、AQUOS R2 compactも ソフトバンクの独占販売となります! (SIMフリーも検討中とのことです) 同じコンパクト機でライバルのソニーXperia XZ2 compactと比べても、 魅力的なところが多い「AQUOS R2 compact」。 「 コンパクトなスマホが欲しいけど、性能も妥協したくない。 カメラに映ったものの情報が分かるGoogleレンズのような近未来な機能も搭載しています! Pixel 3 とPixel 3 XLの違いは画面の大きさだけですので、好みのサイズを選ぶとよいですね。 👑 【2位】 勢いに乗るシャープがその技術力を発揮したスマートフォンです! 6. 2インチの大型・ハイスペックスマホながら、 驚異の 146gという軽量を実現しました! そして「液晶のシャープ」が 初めてスマホに「有機ELディスプレイ」を採用しました! しかも自社開発・国内生産で、非常に高品質、高性能なディスプレイとなっています。 ソフトバンクの 独占販売なので、他のキャリアでは購入できないのもポイントが高いですね。 200gを超える重量級スマホが当たり前になってきた昨今、望まれていたスマートフォンと言えます! 👑 【3位】 3位もシャープのスマートフォンです! AQUOS R2 compactも、シャープの柔軟な発想と技術力を使った注目のモデルです。 手のひらに収まる 小型サイズに、ベゼルレスの 全面ディスプレイという、これまで ありそうでなかったタイプのスマホです! 小型ながらハイスペックモデルなのも注目で、大型化するスマートフォンにおいてコンパクトサイズを求める人には、これ以上のモデルはないでしょう! 以上、ソフトバンクの2018年秋冬モデルを紹介しました! ぜひ機種検討の参考にしていただければと思います!!.

次の

「4Gスマホ」おすすめ3選ソフトバンク編 人気機種はもちろん2画面やコスパ重視モデルも【2020年春最新版】

ソフトバンク スマホ おすすめ

ソフトバンクのおすすめ機種 1位:iPhone SE 第2世代 ソフトバンクでも iPhone SE 第2世代 が発売中です。 私も購入しましたが、高性能な割に価格が安く非常におすすめです。 7インチとコンパクトで、iPhone7や8のケースやフィルムも流用できます。 顔認証がなく指紋認証だけですが、マスクをしていることが多い現在ではこちらのほうが便利かもしれません。 シングルレンズカメラながらポートレートモードも搭載し、4K動画の撮影も可能です。 もちろん 防水や Felica(おサイフケータイ)にも対応しています。 カメラ性能はiPhone11などに比べると落ちますが、この価格でこの性能はかなりお買い得です。 iPhone11やiPhone XR・XSユーザーは買い直す必要はないかもしれませんが、 iPhone7までの機種を使っている方はぜひ買い替えましょう。 <端末代金>• 64GB:28,800円~• 128GB:32,040円~• 待望のコンパクト機種• 11Proと同じ高性能CPU• 価格が非常に安い• ポートレート・4K動画撮影可能• ホームボタン・指紋認証が復活• 防水・おサイフケータイ搭載• カメラはシングルレンズ• 顔認証なし• 発売から時期が経過しましたが、今でも一番おすすめです。 AQUOS sense3 plusよりも15,000円ほど安く、性能も高いです。 おサイフケータイにも対応しており、カメラ性能もPixel 3とほとんど違いがないです。 防水性能がPixel 3に比べて落ちるなど廉価版らしいところもありますが、価格差ほどの差はありません。 Pixel 3aとPixel 3a XLはサイズの違いのみですので、好みで選んで構いません。 ただし価格がかなり違うので注意してください。 Android端末を買うならPixel 3aまたはPixel 3a XLが断然おすすめです。 <端末価格>• Pixel 3a:36,720円• Google純正のスマホ• Pixel 3の半額程度で買える• 大きな性能差なし• おサイフケータイ対応• 全キャリアの回線に対応• 防水性能はPixel 3より落ちる• 端末価格が非常に安く、26,000円ちょっとで購入できます。 価格の安さが最大の魅力ですが、 カメラはレンズが2つあるデュアルレンズで一眼レフのようなポートレート撮影も可能です。 CPUはSnapdragon450なので高性能とは言えませんが、普段使いには十分でしょう。 防水・防塵はもちろん、 耐衝撃も特徴で故障しにくいのがあんしんです。 おサイフケータイも搭載しています。 ただし、 ワンセグや指紋認証には非対応なので注意してください。 一括26,640円の低価格スマホ• 普段使いに十分な性能• 富士通製で安心の国産スマホ• 防水・防塵・耐衝撃• おサイフケータイ対応• デュアルレンズカメラ搭載• 性能は最低限• 指紋認証・ワンセグなし• 他社で発売されているAQUOS sense3より高性能なモデルです。 AQUOS sense3はSnapdragon630、メモリーRAMは4GBですが、 AQUOS sense3 plusはSnapdragon636、メモリーRAMは6GBです。 個人的には、性能の割に少々価格が高い気がします。 もう少し価格が下がるまで待ったほうがよいかもしれません。 <端末代金>• 安心の国産スマホ• Snapdragon636+6GBのRAM• AI搭載カメラ• おサイフケータイ・防水対応• オーディオも進化• 0インチの大画面• 性能の割に価格が高い? 価格の安いiPhone SE 第2世代 が発売されましたが、カメラにこだわる方・大きな画面が良い方(動画をよく見る・ゲームをする)方はiPhone11にしましょう。 iPhone 11のカメラはレンズが2つの デュアルレンズカメラで、 「超広角」「広角」カメラが搭載されています。 夜景での写真撮影に強く、動画は 4K動画も撮影可能です。 個人的に気になるのが、 iPhone 11は6. 1インチと本体サイズが大きい点です。 片手での操作はギリギリで、女性や手の小さい方は難しいでしょう。 本体サイズは5. 8インチのiPhone 11 Proの方が小さいです。 <端末代金>• 64GB:89,280円• 128GB:95,040円• 2019年最新のiPhone• 11 Proより価格が安い• デュアルレンズカメラ搭載• 超広角撮影も可、夜景にも強い• 最高峰A13 Bionic搭載• 本体カラーがカラフルで豊富• 性能は11 Proに劣る• 先に発売されたXperia 1 802SOとほぼ同じ性能で、Snapdragon855、21:9の縦長画面、トリプルレンズカメラを搭載した Xperiaのハイスペック機種です。 もちろんおサイフケータイや防水・防塵にも対応しており、最近では少なくなったフルセグにも対応しています。 価格が高いのがネックでしたが、先日1. 5万円ほど値下げされました。 Androidのハイスペック機種ならこの機種がおすすめです。 <端末代金>• 有機ELの21:9縦長画面• ゲーム・動画視聴に最適• 高性能トリプルレンズカメラ• 最高峰Snapdragon855• 長寿命バッテリー• Xperiaの最新機種• 縦長画面に違和感あり?• SHARPが誇るハイスペックスマホで、 本体の軽さが最大の特徴です。 6インチ以上で防水対応のスマホでは 世界最軽量の141gしかなく、わたしも本体を持ちましたがモック(展示用のダミー品)かと思うほど軽かったです。 しかし、搭載CPUは 最新のSnapdragon855と超ハイスペック。 ディスプレイは 6. 4インチの有機ELディスプレイで、 おサイフケータイも搭載しています。 スペック上は平凡ですね。 ただし、SHARPの最新の高画素センサーや画質エンジンを搭載しており、非常に美しい写真が撮影できます。 また、SHARPのスマホらしく、 防水・防塵・おサイフケータイ・指紋認証・顔認証と多機能なのも特徴です。 <端末代金>• 最高峰のSnapdragon855• 高負荷作業でも熱くならない• 超長持ちバッテリー• 141gと非常に軽い本体• 4インチ有機EL画面• 防水・防塵・おサイフ対応• カメラは平凡• iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはディスプレイサイズくらいしか違いがないので、画面サイズで選んで良いでしょう。 iPhone 11 ProはiPhoneの最新フラッグシップスマホで、最先端の技術が詰まっています。 カメラは3つのレンズが搭載された トリプルレンズカメラで、超広角や望遠での撮影も可能です。 搭載CPUは最高峰の「 A13 Bionic」で、性能は申し分ありません。 ただし、 価格は非常に高いです。 また、iPhone 11 Pro Maxは本体サイズが大きいので、片手での操作は難しいでしょう。 iPhone 11 Proの性能は通常の使い方ならオーバースペックなので、価格の安いiPhoneSEやiPhone11を上位にしました。 しかし、「やっぱり最新のiPhoneがいい」という方は迷いなくiPhone 11 Proシリーズを購入しましょう。 <端末代金>• iPhone 11 Pro• 64GB:127,200円• 256GB:145,920円• 512GB:172,320円• iPhone 11 Pro Max• 64GB:142,560円• 256GB:161,760円• 最新・最先端のiPhone• トリプルレンズカメラ搭載• 超広角・望遠での撮影も可能• 最高峰A13 Bionic搭載• 価格はかなり高い• 人気のPixelシリーズの最新機種で、キャリアで買えるのはソフトバンクのみです。 最高峰のSnapdragon855を搭載し、メモリーRAMは6GBと超ハイスペックです。 また、最大の特徴はカメラです。 前作Pixel 3はシングルカメラでしたが、 Pixel 4はデュアルカメラが搭載されました。 特に夜景は非常に美しいです。 ただし、 指紋認証センサーが廃止され、顔認証しか無いのがネックです。 顔認証は高精度ですが、顔の前に端末を持ってこないとロック解除できないのが少々不便でした。 また、 バッテリーの持ちが良くないとの声も多いです。 価格が高い割に弱点も多く、個人的にはPixel 3aの方がおすすめです。 <端末代金>• 人気のPixelシリーズの最新機種• Snapdragon855+6GBのRAM• 夜景に強いデュアルカメラ• 防水・おサイフケータイ対応• ワイヤレス充電Qi対応• 顔認証のみ・指紋なし• AQUOS R3のディスプレイは 「Pro IGZO」で10億色の描写が可能です。 もちろん 搭載CPUは最高峰のSnapdragon855で、 メモリーRAMは6GBです。 アウトカメラはデュアルレンズですが、写真用と動画専用に分かれています。 AIにより動画を自動で加工したり動画内の写真に切り取ることができるため、 動画をよく撮影される方におすすめです。 もちろん おサイフケータイや 防水・防塵・ ワンセグ・フルセグに対応しています。 ワイヤレス充電や顔認証もOKです。 ただ2019年夏モデルの機種では若干地味な存在で、個人的にはやの方がおすすめです。 5Gエリアはかなり限られていて日常的には使えないからです。 5Gエリアが広がるには1~2年かかると思いますので、対応スマホを買うのもそれからで問題ないでしょう。 今スマホを買うなら比較的安価な4Gスマホを購入し、5Gスマホは次の機種変更タイミングで良いと思います。 詳細: ソフトバンクのおすすめスマホ購入は公式サイトで! 以上、 ソフトバンクのおすすめスマホランキングの紹介でした。

次の