大艦巨砲主義まとめ。 日本は大艦巨砲主義だから負けたという風潮

大艦巨砲主義とは (タイカンキョホウシュギとは) [単語記事]

大艦巨砲主義まとめ

あらすじ 日本と欧米が対立する昭和8年。 巨大戦艦ヤマトの建造計画に大きな期待を寄せる日本帝国海軍上層部は、山本五十六の代替案を提案されるも、世界に力を誇示するため、この計画を決行へ移した。 山本は大和建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造の裏にある不正を暴くために天才数学者「櫂直」を海軍へ招き入れる。 大和の誤算を暴いていく櫂直だったが、帝国海軍が立ちはだかり__。 『アルキメデスの大戦』の人間関係について 『スポンサーリンク』 『アルキメデスの大戦』では主に、 2つの派閥が戦艦を作るのか、 空母をつくるのかでもめており、 空母を作ろうとする側の人間が、 戦艦側の案を撤回させるために、数学の力で偽装された本当の費用を算出するといった内容が描かれています。 映画をみれば人間関係もくそもへったくれもわかりやすくて解説は不要ですが、これから見たいという方はあらすじを読んだだけではわからない可能性があるので下記にて詳しく書いておきます! 主人公サイド:航空機が戦艦に成り代わる!航空主兵主義(建造反対派) 巨大戦艦は不要であり、今後の主戦力は航空機であるという思想をもつのは主に「航空主兵主義」と呼ばれます。 今作『アルキメデスの大戦』では山本五十六と永野修身(五十六の上司で海軍中将)、藤岡喜男が航空主兵主義の人間。 主人公「櫂」は天才数学者で、もともと国民の血税を無駄遣いする美しくないやり方の軍人を毛嫌いしていました。 しかし、 「戦艦が建造されれば戦争が始まる」 という山本五十六の言葉に思い直し、 海軍少佐へ抜擢されて戦艦を建造しようとする派閥へ対抗することになります。 主人公サイドの人間は、 ・主人公:櫂直(菅田将暉) ・主人公のおつき:田中正二郎(柄本佑) ・山本五十六(舘ひろし) ・永野修身(國村隼) ・藤岡喜男(山崎一) 上記5人。 これに加えて櫂が以前家庭教師をしていた尾崎造船のご令嬢「尾崎鏡子(浜辺美波)」と、大阪で小さな造船会社を営む「大里清(笑福亭鶴瓶)」が手を貸してくれます。 協力者も合わせると、主人公に味方してくれるのは主人公を差し引いて6名。 建造を推進する側:大艦巨砲主義 「巨大な戦艦による強力な砲撃こそ海戦の真髄である」という考え方は「大艦巨砲主義」と呼ばれ、航空機による攻撃を主とする航空主兵主義と相反する思想。 劇中、主人公サイドとバチバチやりあいます。 大艦巨砲主義は『アルキメデスの大戦』では、 A級戦犯で終身刑を食らった実在の人物 「嶋田繁太郎」をはじめ、 ・造船中条の平山忠道(架空の人物) ・海軍大臣の大角岑生 主に上記3名が大艦巨砲主義者として登場。 海軍大臣の大角は序盤は中立に見ているように構えていますが、実は裏で平山や嶋田とつながっていて、暗に大艦巨砲主義を擁護。 出来レースをひっくり返そうというのが今作の見どころの一つでしょうか。 その他! どちらに属しているのか不明な人物も『アルキメデスの大戦』では登場。 櫂(菅田将暉)が平山案(新しく作ろうという戦艦の製図)の虚偽の予算を暴くため、正しい算出をすることを目的としてモデルとなる戦艦の見学に行きます。 そのモデルとなる戦艦(長門)の艦長(小日向文世)はどちら派と明言されていないため不明。 ただ、航空主兵主義の「永野修身」とは朋友であることは明かされています。 航空主兵主義(航空主兵論) 日露戦争の日本海海戦で、戦艦の活躍(大砲撃戦)によって勝利をつかんだ日本。 これを経て戦艦の活躍は認めているものの、 大艦巨砲主義はもう古い考えであり、めきめきと性能が向上している航空機に重きをおくべきだという主張をするのが「航空主兵主義」。 実際に、航空機における攻撃は大砲による攻撃に比べて10倍の交戦距離をとることができる上、命中率も40倍で数字にすればその差は歴然。 航空機を飛ばすための母艦の費用は、大きな戦艦を作るより経費を抑えることができる利点もありました。 ただ、今作では山本五十六は航空機を使って真珠湾攻撃を行うことを視野に入れていることが明らかとなっていて、航空主兵主義であろうとなかろうと戦争に向かうのは間違いなかったということが描かれています。 大艦巨砲主義 読んで字のごとく大きな戦艦に巨大な砲台を装備し、敵艦を駆逐するという思想。 前述したとおり、日露戦争の日本海海戦において完全勝利を飾った大砲撃戦が原点。 保守派であり、航空機による攻撃は卑劣なやり方であると揶揄するものもこの思想派には存在しています。 しかし皮肉にも、戦艦である「戦艦大和」は3~5機ほどのアメリカ航空機によって駆逐されてしまっているため、この主義が時代に合わなかったのは後から見てわかる通り。 当時の思惑としては、 国会での予算審議で低く見積もりを出すことで敵を欺いておき、一気に畳みかける寸法でした。 が、大きく思惑は外れて「大和」と、その姉妹艦である「武蔵」は沈没。 大和に関してはアメリカ航空機3~5機に沈没させられたとさえ言われています。 キャストは誰? 配役についてまとめ 『スポンサーリンク』 以下、主要キャストについて記載します! 櫂直:菅田将暉 ニコアンドの菅田将暉くんは日常生活のすぐ隣にいてほしい大学生の美青年って感じ — 境(推し礼賛おじさん) ZroMw 今作の主人公天才数学者「櫂直」を演じるのは菅田将暉。 山本五十六にスカウトされて海軍少佐に抜擢され、平山の戦艦案の形状虚偽を暴いていく重要な役。 尾崎造船会社は本編で終始絡んでくる造船会社のため、ご令嬢はただのヒロインとしての登場ではないです。 大里清:笑福亭鶴瓶 家をきれいにする、 約束を守る、お礼の手紙を書く、 そういう基本をきっちり続けることが、 自分の型の基本をつくってくれたと思っています。 — 笑福亭鶴瓶- — 愛にあふれる言葉 ainiafuretukoto 造船会社「大里造船」の社長大里清役を演じるのは「笑福亭鶴瓶」さん。 原作者の三田紀房が鶴瓶をモデルにしてキャラクターを生み出したこともあり、本人が演じることに。 再現度は100%。 いい感じに櫂を手伝ってくれる役。 宇野積造:小日向文世 見た目を完全に二枚目に振り切った小日向文世とかものすごくみたみたい。 振る舞いは殆ど二枚目みたいなキャラ多い気がする。 — 人気のアカウント orange21 戦艦長門の艦長「宇野」を演じるのは小日向文世。 櫂が平山案の嘘の算出を暴く際に必要なモデルとして長門が必要になってくるため、かなり重要な人物。 永野とは朋友。 永野修身:國村隼 個人的にシンゴジラのキャスト面でビビッときたのは圧倒的に「國村隼」さんでした。 どこまでいっても安定の國村隼節と言いますか、鋭い眼光、落ち着いた物腰、風格ある発言がめちゃくちゃカッコイイです!憧れるなあ。 — ロボ石丸 robo1954 櫂や山本を側で彼らを指示する海軍中将「永野」役は「國村隼」。 これからは戦艦ではなく、空から攻撃をすべきだとする航空主兵論を支持しています。 日露戦争で勝利をもぎとった戦艦こそ日本に必要である主戦力とする大艦巨砲主義者。 航空主兵論者。 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! 原作について 今回実写映画化された『アルキメデスの大戦』は同名のコミックスが原作にあります。 ヤングマガジンで2015年に掲載を開始して現在も掲載中の三田紀房による人気コミックス。 日本海軍の造船を始めとする当時の戦術作品をテーマとした作品で、どちらかというと大人向け。 とらえ方などが違う!ということもあるかと思うので、くれぐれもうのみにはしないでくださいね.. ではでは、映画を観るよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしください。 『スポンサーリンク』.

次の

大艦巨砲主義 (たいかんきょほうしゅぎ)とは【ピクシブ百科事典】

大艦巨砲主義まとめ

あらすじ 日本と欧米が対立する昭和8年。 巨大戦艦ヤマトの建造計画に大きな期待を寄せる日本帝国海軍上層部は、山本五十六の代替案を提案されるも、世界に力を誇示するため、この計画を決行へ移した。 山本は大和建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造の裏にある不正を暴くために天才数学者「櫂直」を海軍へ招き入れる。 大和の誤算を暴いていく櫂直だったが、帝国海軍が立ちはだかり__。 『アルキメデスの大戦』の人間関係について 『スポンサーリンク』 『アルキメデスの大戦』では主に、 2つの派閥が戦艦を作るのか、 空母をつくるのかでもめており、 空母を作ろうとする側の人間が、 戦艦側の案を撤回させるために、数学の力で偽装された本当の費用を算出するといった内容が描かれています。 映画をみれば人間関係もくそもへったくれもわかりやすくて解説は不要ですが、これから見たいという方はあらすじを読んだだけではわからない可能性があるので下記にて詳しく書いておきます! 主人公サイド:航空機が戦艦に成り代わる!航空主兵主義(建造反対派) 巨大戦艦は不要であり、今後の主戦力は航空機であるという思想をもつのは主に「航空主兵主義」と呼ばれます。 今作『アルキメデスの大戦』では山本五十六と永野修身(五十六の上司で海軍中将)、藤岡喜男が航空主兵主義の人間。 主人公「櫂」は天才数学者で、もともと国民の血税を無駄遣いする美しくないやり方の軍人を毛嫌いしていました。 しかし、 「戦艦が建造されれば戦争が始まる」 という山本五十六の言葉に思い直し、 海軍少佐へ抜擢されて戦艦を建造しようとする派閥へ対抗することになります。 主人公サイドの人間は、 ・主人公:櫂直(菅田将暉) ・主人公のおつき:田中正二郎(柄本佑) ・山本五十六(舘ひろし) ・永野修身(國村隼) ・藤岡喜男(山崎一) 上記5人。 これに加えて櫂が以前家庭教師をしていた尾崎造船のご令嬢「尾崎鏡子(浜辺美波)」と、大阪で小さな造船会社を営む「大里清(笑福亭鶴瓶)」が手を貸してくれます。 協力者も合わせると、主人公に味方してくれるのは主人公を差し引いて6名。 建造を推進する側:大艦巨砲主義 「巨大な戦艦による強力な砲撃こそ海戦の真髄である」という考え方は「大艦巨砲主義」と呼ばれ、航空機による攻撃を主とする航空主兵主義と相反する思想。 劇中、主人公サイドとバチバチやりあいます。 大艦巨砲主義は『アルキメデスの大戦』では、 A級戦犯で終身刑を食らった実在の人物 「嶋田繁太郎」をはじめ、 ・造船中条の平山忠道(架空の人物) ・海軍大臣の大角岑生 主に上記3名が大艦巨砲主義者として登場。 海軍大臣の大角は序盤は中立に見ているように構えていますが、実は裏で平山や嶋田とつながっていて、暗に大艦巨砲主義を擁護。 出来レースをひっくり返そうというのが今作の見どころの一つでしょうか。 その他! どちらに属しているのか不明な人物も『アルキメデスの大戦』では登場。 櫂(菅田将暉)が平山案(新しく作ろうという戦艦の製図)の虚偽の予算を暴くため、正しい算出をすることを目的としてモデルとなる戦艦の見学に行きます。 そのモデルとなる戦艦(長門)の艦長(小日向文世)はどちら派と明言されていないため不明。 ただ、航空主兵主義の「永野修身」とは朋友であることは明かされています。 航空主兵主義(航空主兵論) 日露戦争の日本海海戦で、戦艦の活躍(大砲撃戦)によって勝利をつかんだ日本。 これを経て戦艦の活躍は認めているものの、 大艦巨砲主義はもう古い考えであり、めきめきと性能が向上している航空機に重きをおくべきだという主張をするのが「航空主兵主義」。 実際に、航空機における攻撃は大砲による攻撃に比べて10倍の交戦距離をとることができる上、命中率も40倍で数字にすればその差は歴然。 航空機を飛ばすための母艦の費用は、大きな戦艦を作るより経費を抑えることができる利点もありました。 ただ、今作では山本五十六は航空機を使って真珠湾攻撃を行うことを視野に入れていることが明らかとなっていて、航空主兵主義であろうとなかろうと戦争に向かうのは間違いなかったということが描かれています。 大艦巨砲主義 読んで字のごとく大きな戦艦に巨大な砲台を装備し、敵艦を駆逐するという思想。 前述したとおり、日露戦争の日本海海戦において完全勝利を飾った大砲撃戦が原点。 保守派であり、航空機による攻撃は卑劣なやり方であると揶揄するものもこの思想派には存在しています。 しかし皮肉にも、戦艦である「戦艦大和」は3~5機ほどのアメリカ航空機によって駆逐されてしまっているため、この主義が時代に合わなかったのは後から見てわかる通り。 当時の思惑としては、 国会での予算審議で低く見積もりを出すことで敵を欺いておき、一気に畳みかける寸法でした。 が、大きく思惑は外れて「大和」と、その姉妹艦である「武蔵」は沈没。 大和に関してはアメリカ航空機3~5機に沈没させられたとさえ言われています。 キャストは誰? 配役についてまとめ 『スポンサーリンク』 以下、主要キャストについて記載します! 櫂直:菅田将暉 ニコアンドの菅田将暉くんは日常生活のすぐ隣にいてほしい大学生の美青年って感じ — 境(推し礼賛おじさん) ZroMw 今作の主人公天才数学者「櫂直」を演じるのは菅田将暉。 山本五十六にスカウトされて海軍少佐に抜擢され、平山の戦艦案の形状虚偽を暴いていく重要な役。 尾崎造船会社は本編で終始絡んでくる造船会社のため、ご令嬢はただのヒロインとしての登場ではないです。 大里清:笑福亭鶴瓶 家をきれいにする、 約束を守る、お礼の手紙を書く、 そういう基本をきっちり続けることが、 自分の型の基本をつくってくれたと思っています。 — 笑福亭鶴瓶- — 愛にあふれる言葉 ainiafuretukoto 造船会社「大里造船」の社長大里清役を演じるのは「笑福亭鶴瓶」さん。 原作者の三田紀房が鶴瓶をモデルにしてキャラクターを生み出したこともあり、本人が演じることに。 再現度は100%。 いい感じに櫂を手伝ってくれる役。 宇野積造:小日向文世 見た目を完全に二枚目に振り切った小日向文世とかものすごくみたみたい。 振る舞いは殆ど二枚目みたいなキャラ多い気がする。 — 人気のアカウント orange21 戦艦長門の艦長「宇野」を演じるのは小日向文世。 櫂が平山案の嘘の算出を暴く際に必要なモデルとして長門が必要になってくるため、かなり重要な人物。 永野とは朋友。 永野修身:國村隼 個人的にシンゴジラのキャスト面でビビッときたのは圧倒的に「國村隼」さんでした。 どこまでいっても安定の國村隼節と言いますか、鋭い眼光、落ち着いた物腰、風格ある発言がめちゃくちゃカッコイイです!憧れるなあ。 — ロボ石丸 robo1954 櫂や山本を側で彼らを指示する海軍中将「永野」役は「國村隼」。 これからは戦艦ではなく、空から攻撃をすべきだとする航空主兵論を支持しています。 日露戦争で勝利をもぎとった戦艦こそ日本に必要である主戦力とする大艦巨砲主義者。 航空主兵論者。 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! 原作について 今回実写映画化された『アルキメデスの大戦』は同名のコミックスが原作にあります。 ヤングマガジンで2015年に掲載を開始して現在も掲載中の三田紀房による人気コミックス。 日本海軍の造船を始めとする当時の戦術作品をテーマとした作品で、どちらかというと大人向け。 とらえ方などが違う!ということもあるかと思うので、くれぐれもうのみにはしないでくださいね.. ではでは、映画を観るよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしください。 『スポンサーリンク』.

次の

大艦巨砲主義 (たいかんきょほうしゅぎ)とは【ピクシブ百科事典】

大艦巨砲主義まとめ

大艦巨砲主義(たいかんきょほうしゅぎ)とは、20世紀前半の軍戦略において支配的であった、「でっかい船にでっかい積めばじゃね?」という考え方である。 概要 単純に言えば、「強なを搭載し堅固な装甲によって防護された『の』である『』の質と量が上戦の優位を決定する」という思想である。 ただし、その思想のは20世紀のうち前半だけであった。 20世紀初頭、16年にが建造した級が大艦巨砲主義の先駆けであるとされる。 本級は複数配置された同一口径のを一元的に管制する方式を採用し、従来のとは較にならない戦を得たことに加え、蒸気タービンの採用による優れた性も併せ持っていた。 また防御についても列が(そして自身も)運用・建造中のを一気に陳腐化させ、列はに肩るを「(ド)級」(の字は)、駕するを「(ド)級」と呼ぶようになった。 こうして、列強は大建艦競争の時代に突入していくことになる。 自己のを防ぐだけの装甲を持ったは、より優れたを持つをもってしか撃破し得ない。 つまり、強ながどれだけ保有するかが的となり、実際に火を交えることなくそのの持つ軍が明されると考えるに至った。 以後、の列強各では建造が猛な勢いで始まることとなる。 建造されるたびに艦のは大きくなり(と、同時に口径も増大し)、財政を転覆させかねないほどの建造費を必要とするにいたってようやく列強各は頭をて11年、軍条約による中断期間(軍)を迎えることとなる。 7年の条約明け後もこの建造が続くかと思われたが、その直後に発生したにおいて大艦巨砲主義に基づいて建造されたの優位性は、発展著しい及びに覆されることになった。 またこれら一連の流れをもって、の成功経験に基づくものの時勢にそぐわなくなりつつある手法などを揶揄する言葉として「大艦巨砲主義」が使われる場合がある。 大艦巨砲主義の終焉 一般的には、大艦巨砲主義は軍戦略の兵義への転換に伴って終焉をみたとされる。 しかし実際には、それ以前に大艦巨砲主義の没落は始まっていたとする解釈もある。 第一次大戦においてとの・隊が入り乱れたジュッンド(ユンド)戦において発生した予想だにしない中・遠戦は双方に多大な損をもたらした。 それまで巨費を投じてこつこつと培ってきたがわずか数時間、一日の戦によりの藻と化す。 このに衝撃を受けたのか、軍は艦隊保全義により傾倒し、艦隊は「だけ」であれば良いと考え、などを使った戦に注することなる。 対するはの戦に対して上護衛戦を行っていくことになった(このにはととの戦差があまりにも大きかったということもある)。 これはの戦いの有様が など様々な点 を必要、あるいは阻するための となったため、局所的な上支配権を獲得するための手法として「戦」という方法がに合わなくなってきたととしてみるべきかもしれない。 またジュッンド(ユンド)戦の戦訓は、「遠撃戦における大度で落下する弾を防ぐためには、より一層の装甲化が必要」ということであり、結果としてに対する建造・維持の増大をさらに促した。 が実戦ではあまり意味のない食いであるという認識を各の軍関係者がどれほど共有していたかはともかく、財政が傾くほど巨額な経費がかかるの建造を抑えるべく、戦間期にの建造は条約によってされることとなり「軍」と呼ばれる時期を経て、へと至る最後の建艦競争に突入した。 もっとも、この時点での攻撃手段であるによる攻撃というのはに達しようとしていたのもである。 すなわち、どれだけ巨を搭載したとしても観測できる見通しは は丸いので 線を越すことは出来ないというにぶつかることになった。 観測できないでの撃を可にするため、に弾着観測用の観測機を搭載しようという手法も生み出されたが、当時芽しつつあったの集中運用プム、すなわちに搭載されている艦載機によって阻されることは眼に見えていた。 ここで諸外の軍関係者の中から、観測機を蹴散らすためのにを積めば、より遠での攻撃が可になるのでは? というに達する者が出てくるのは時間の問題だったといえるだろう。 もっとも、この時点では攻撃によって行動中のを撃破することが可だとはまだ確信されていなかったのであるが。 が始まると、ト襲、次いでにおいて、戦がを撃破ることが明された。 さらにはで航行中の・が攻撃によって撃破される事態に至り、兵は大艦巨砲主義に対する優位をした。 「が戦を発揮するための偵察役」あるいは「偵察役である観測機を撃破する」ためであった機動部隊の地位が、従逆転したのである。 がを建造したことを「時代錯誤な大艦巨砲主義」と評することもあるが、建造計画が立案された当時はまだが流ではなかったので、注意が必要である。 結果だけを見るならば、に先見の明がなかったとも言える(そのが前述のでの有性をに明してしまったのがなんとも皮)。 余談だが、級三番艦「」は建造中にからに変更されている。 一方、諸外ではどうだったかというと、ではの政策による一つとして、建造計画がしていた。 雇用対策、すなわち共事業としての(だけではなくまで)量産が行われていたわけで、もはやの差はいかんともしがたいものがあり泣ける始末である(がに対して優越することが出来たのは、開戦の有に関わらず年前後だというのがの判断で、このがあったからこその「一年、二年であれば…」という有名な発言につながっている)。 もっとも最後のは大艦巨砲主義というよりはの級を意識したようなのとして誕生している。 では級が前に建造開始されたものの、生き残った四隻はが終わるとあっという間に訓練艦、予備役艦艇扱いとなってしまった。 中に建造されたのは級だけ。 さらに言えば級の建造的も未使用の身があったので、もったいないから…というもので、建造されたのは一隻にとどまる(ただしの技術のを結集して作られたのはいうまでもない)。 しかし、大艦巨砲主義が覆されたとしてもの存在意義が否定されたわけではない。 その撃を生かして沿撃で活躍したもある。 (・ヘンダーソン飛行場撃)、ガングート級(攻囲)、によるノディ上陸、やなどの上陸戦で有効な撃を行っている。 陸軍が運用するのはせいぜい口径mm~mmであり、これはのといってもいい。 かたや級のはmm~0mmという大きさである。 がいかに巨大なを扱っているかわかるだろう。 による沿撃の成果は一個師団に匹敵する、という報告があがるのもむべなるかな、ということだ。 大も、はをのたびに沿撃用に引っり出し、後にやを搭載するを。 はどこのウォーンダーだ。 もっとも、当時はを集中運用するプムがなく、「引っりだすならついでに乗せちゃえば? 」みたいなだったとは思うが…そのもはすべて退役し、記念艦やとして余生を過ごしている。 余談ではあるが、最大の功績と言えばと沈黙を世に送り出したことである。 大艦巨砲主義とロマン に強く、堅く!を志向する大艦巨砲主義は、々の意識の単純な部分に強く訴する。 そもそも、つるん、ん、な()よりも豊満でメリの利いたの構造そのものにに惹かれてしまう部分があるのは否めない。 いや、両方好きですけど。 「あれ、に飛行甲つけたらじゃね?」 「あれ、にでっかい積んだらじゃね?」 とが膨らんでしまった人のために、「こうくうせんかん」というものがある。 かつてが保有していたが、、が「重」として。 巨というにはものたりなくもあるが、せっかく予算を組んで建造してもらったのだから、を楽しんでみて欲しい。 個人的な領域における大艦巨砲主義 強く、硬く、太く、長く、多く、そして… よりもい! ・・・という大艦巨砲主義の理想を全に達成することは、的には様々な制約からであることはの教訓からみてである。 … 関連動画 関連コミュニティ 関連項目• (大艦巨砲主義万歳)• :[]大艦巨砲主義を掲げるの一つ。

次の