コロナ 日本 の 奇跡。 新型コロナ「日本の奇蹟」はなぜ起こったのか

やっぱり日本は奇跡の国?

コロナ 日本 の 奇跡

PCR検査の抑制や国民への補償の出し渋りが後に失政と振り返る日が来なければいいが……(写真:ロイター/Issei Kato) 世界各国が、新型コロナウイルスによる都市封鎖の解除に動き始めている。 それぞれの基準を設けて、その範囲内で段階的な解除を模索。 各国によって政策判断はさまざまだが、世界に共通しているのは「検査を徹底して陽性者を隔離する」「医療崩壊を防ぐ」そして「段階的な解除の徹底」と言っていいだろう。 一方の日本の感染症対策は、「検査を強化して感染者を徹底的に隔離する」といった感染症対策の基本が徹底されているようには見えない。 しかも法的根拠なしで国民1人ひとりの自粛に「お願いベース」で対応する感染症対策が続けられている。 休業補償金や給付金といった政府の財政的な負担も相対的に少ない。 仮に、このまま感染症が収束していくのであれば、画期的な感染症対策であり、それを提唱した厚生労働省の専門家会議は国際的に喝采を浴びるかもしれない。 ただ、この方法の欠点は感染者の実態が正確に把握できないために、都市封鎖の解除タイミングを計ることが難しく、経済の回復に時間を要しかねないことだ。 日本経済が致命的なダメージを受ける可能性も出てきている。 感染症の収束と経済再開のバランスについて考えてみた。 大恐慌を上回る景気不況の到来か? 新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以降、世界経済は大きなダメージを受けており、その証とも言うべき統計の数字が徐々に明らかになってきている。 いくつか紹介すると次のような数字が報道されている。 景気の先行指標の1つである「PMI」に絞ってみてみよう。 PMI(Purchasing Managers' Index)とは、その調査対象によって異なるが、簡単に言えば「景況感指数」のこと。 日本では「購買担当者指数」とも言われるが、将来的に景気が良くなるかどうかを消費者やセクター従事者などに、直接聞いた調査統計のことだ。 50を切れば景気が悪くなり、50を上回れば景気が良くなる、と言う景気先行指数のひとつである。 7、ISM非製造業景況指数=41. 4(財新)、製造業PMI=49. 4(CPIS)、建設業PMI=8. 8、製造業PMI=31. 1、製造業PMI=30. 2、製造業PMI=34. 2、製造業PMI=31. 4、同製造業PMI=27. 製造業PMI(同)=36. 7、製造業PMI=33. 5、製造業PMI=41.

次の

新型コロナ感染症_日本で起きていることは奇跡? 日本だけで医学で説

コロナ 日本 の 奇跡

新型コロナウイルスの感染対策で日本は、2月のクルーズ船の隔離停泊以来、海外からの批判にさらされてきたが、最近、認識が改められつつある。 数字は雄弁で、日本の感染死亡率が突出して低いからだ。 日本の対応に懐疑的だった米外交誌はこれを「奇妙な成功」と評した。 香港メディアは、日本人の規範意識の高さが導いた結果と分析した。 だが、まだ気を緩める時ではないのは明白。 ウイルスとの闘いでの勝利は、なお先だ。 米外交誌フォーリン・ポリシー(FP)電子版は14日、この見出しの論評を掲載した。 論評は書き出しから刺激的だ。 「コロナウイルスとの闘いで、日本はすべて間違ったことをしてきたように思えた。 ウイルス検査を受けたのは人口の0・185%にすぎず、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の取り方も中途半端だ。 国民の大多数も政府の対応に批判的である。 しかし、死亡率は世界最低(水準)で、医療崩壊も起こさずに感染者数は減少している。 不可解だが、すべてが正しい方向に進んでいるように見えてしまう」 FPが日本の「成功」の論拠としているのは死者の少なさだ。 感染者数は、検査数が少ないのであてにならないが、死者数は確かな「指標」になるというわけである。 14日時点での人口100万人当たりの死者数は、日本が5人、米国が258人、スペインが584人、欧州での防疫の成功例として挙げられているドイツですら94人に上ると指摘。 日本の少なさは「ほとんど奇跡的」と評した。

次の

新型コロナ、死亡率が異常に低い日本の奇跡とは?原因は何か?日本の生活習慣か?

コロナ 日本 の 奇跡

よくある質問 問1 国内での累計感染者数や死亡者数が厚生労働省の集計より多いのはなぜですか? 当サイトの更新は、各自治体の公式発表を元にリアルタイムで行っています。 自治体が開く記者会見や、Webサイトに掲載された発表資料を確認でき次第、迅速に更新しています。 一方、厚労省でも各自治体からの報告を元に集計作業を行っていますが、当社が同省に確認したところ、自治体からの報告が数日遅れとなる場合もあるということです。 このため、リアルタイムに更新を続けている当社のデータとは数字に差が生じます。 問2 国内での累計感染者数の下に表示されている「前日比」とはどういう意味ですか? 国内での累計感染者数が、前日に比べて何人増えたかを表しています。 累計回復者数や死亡者数要入院・療養者数、の下に表示された数字も同様です。 問3 東京都で新たに感染者が増えたというニュースを見ましたが、このサイトでは増加分がまだ反映されていないことがあります。 それはなぜですか。 東京都を含め、一部の自治体では正式な発表前におおよその感染者数の報道が先行する場合がありますが、当サイトでは原則、自治体の正式な発表や厚労省の集計を確認した後に更新しています。 問4 国内での累計感染者数や死亡者数にダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 の乗員・乗客を含めないのはなぜですか? 当初は便宜置籍船の存在などの理由からダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 を含めた値で表示していましたが、ダイヤモンド・プリンセス号以外での感染拡大ペースが上がっている状況を踏まえ、ダイヤモンド・プリンセス号の乗員・乗客を除いた値をわかりやすく示すために表記と計算を変更しました。 問5 一方で、長崎港のクルーズ船コスタ・アトランチカ号の感染者を国内累計に含めるのはなぜですか? 厚労省の集計基準に合わせています。 同省は検疫法第5条「外国から来航した船舶などは、検疫済証の交付を受けた後でなければ上陸してはならない(概略)」を元に、入国時の検疫の有無を集計基準としています。 入国時に乗船者全員の検疫を終えていなかった横浜港のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の感染者については、入国前の事例として扱い、国内累計には含めていません。 一方、コスタ・アトランチカ号の乗船者については、入国時に全員の検疫が済んでいたため、同号の感染者は入国後の事例として、国内累計に含めています。 当サイトもこれに合わせています。 問6 一度感染し、回復後に再び陽性となった感染者は集計に含めていますか? 当サイトでは、再陽性は集計に含めず、感染者の「実数」で公表しています。 一部自治体では、再陽性も含めた「延べ人数」として公表しているところがあります。 当サイトと一部自治体の集計に差が見られるのは、こうした集計基準の違いによるものです。 一方、回復者の集計には再陽性の事例も含めています。 回復者については人数のみ発表する自治体が多く、年代・性別などの詳細が不明で、突き合わせ作業が難しいためです。

次の