コロナ 禍 何 て 読む。 外岡秀俊の「コロナ 21世紀の問い」(6) 欧州のコロナ禍、国による違いは何だったのか: J

『コロナ禍』なんて読む?読み方は?意味は何?

コロナ 禍 何 て 読む

KNNポール神田です。 突然ですが、ウェブの媒体で、『コロナ禍』という文字をよく見かけるようになりました。 『コロナ化する昨今…』とか、テレビニュースなどをよく聞く今日この頃…。 なので、『コロナか』と読む。 老眼でスマートフォンでガン見しても、『禍』も『鍋』も『渦』すべて一緒に見えてしまうから面倒だ。 テレビで聞いていた『コロナ化する社会』は『コロナ禍する社会』と言っていたのか…。 別に『コロナ化する社会』でも意味が通じるので、まったくよいのだが…。 むしろ、読めない文字は、打てないということの方が問題だ。 読めないと検索もできない。 しかし、まちがった言葉のという便利な世の中だ。 そう、まずは、まちがった読みかたで、なんでも検索してみよう! コロナ鍋『コロナなべ』というと、コロナビールで煮込んだ鍋をイメージできるが、検索すると、しっかりと『コロナ禍』が説明されて驚く。 それだけ読めない人が多いことの証でもある。 しかし、読み方がわかったけれども、書けるかというと、実はとっても書きにくい…。 『わざわい』で変換すると、『災い』が登場し、いくつか候補を探すと『禍』が登場する。 しかし、何度も、『コロナわざわい』を打ち込み『コロナ禍』を表記するのはとても大変だ。 そう、プログラマー的な発想で考えると、2回以上、面倒くさいことはプログラムを組んでしまえと発想するのだ! まずは、そんな時のための『単語登録』だ。 PCでの単語登録は知っているが、スマートフォンでの便利な単語登録が意外に知られていない…。 この『コロナ禍』を『ころなか』で登録するには、まずは、『コロナわざわい』を打ち込み、それを選択する…。 すると…ほら~! 『ユーザ辞書』で登録 出典 筆者 こんなところに『ユーザ辞書』が隠れていました…。 ここでは知られないはずだ。 そして、『よみ』を『ころなか』にすれば… よみ を打ち込みます 出典 筆者 次回から『ころなか』で『コロナ禍』が候補として現れます。 これであなたの残りの人生は余裕ができるはずだ! 問題は、アルファベットの辞書登録…だ。 そう、アルファベットや数字だけでは、『ユーザー辞書』では登録できない。 しかし、これはとても簡単なクリア方法がある。 とても簡単で、一番最後の語尾に『あ』などの日本語をいれて登録するのだ。 登録した単語で、 『ユーザー辞書』変換してから、カーソルがある最後の文末の『あ』だけを削除すればよいのだ。 長いURLも最後に『あ』を入れて辞書登録 あとで削除すればよい 出典 筆者 自分のブログやYouTubeアドレスなどもいちいちコピーペーストするのではなく、単語登録に『あ』を挿入しておくと、スマートフォンなどでもすぐに変換できて便利になる。 これで、自分のマイナンバーなども最後に『あ』を入れればすぐにでてくるようになる。 たった一回の『ユーザー辞書』の登録で人生の大幅な時間短縮につながる…。 一番の問題は、その時間短縮した効果を何に使うかだが…。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

『コロナ化』する今日この頃…『コロナ禍』ってどう読めばよい?『コロナ禍』とは?(神田敏晶)

コロナ 禍 何 て 読む

新型コロナウイルスはまだまだ終息が見えず、先日(2020年4月7日)、約1か月をめどとして1都1府5県に緊急事態宣言も出されました。 この有事の国難とも言える状況を「コロナ禍」という言葉で表されたりします。 ところで、この言葉の読み方がわかりますか? 正解はタイトルにも書いている通り「コロナか」と読みます。 コロナという字はカタカナなので誰でも読めるでしょうが、「禍」という漢字が読みにくいですよね。 今回は、「コロナ禍(か)」という字の意味についてご紹介したいと思います。 (スポンサーリンク) もくじ• コロナ禍とは?読み方は「コロナか」 「コロナ禍」の読み方は「コロナか」であることがわかりましたが、では一体どういう意味なのでしょうか。 「禍」と書いて「わざわい」とも読む 「禍」という漢字は、「か」という読み方の他にも「わざわい」という読み方もあります。 「わざわい」と聞くと「災い」という漢字を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、「災」という字を用いる場合は、台風や地震や洪水や火山の噴火などの自然災害や天災を指し、防ぎようのない災いのことを言います。 一方、「禍」という字を用いる場合は、火事や洪水などの災害を指し、工夫や予防をしていれば防げる人為的な災難のことを言います。 つまり、両者の大きな違いは、• 防ぎようがあったのかなかったのか• 天災なのか人災なのか ということになります。 コロナ禍とは?意味は「コロナウイルスという防げたはずの人災」 前述した「禍」という字の意味を素直にそのまま受け取って「コロナ禍」に当てはめた場合、コロナ禍とは「コロナウイルスという防げたはずの人為的災害(わざわい)」ということになります。 もちろん、言葉や漢字の意味は色々なものを併せ持っていったり、一言で言い表せない含みを持っていたりするので、そのまま当てはめて解釈することが必ずしも適切とは言い切れない場合もあります。 コロナウイルスが事前又は適切な時期に対策や予防措置を講じていれば防げたのか否か、及び人為的な災害と言えるのか否か、ということについては個人の見解では限界がありますので言及は避けますが、そういう意味も込めて「コロナ禍」と言われているのは間違いがないところでしょう。 ウイルスそのものだけでなく、ウイルスが蔓延したことによる二次被害、三次被害もありますので、もちろんそれらも含めての「コロナ禍」だと言えます。 例えば、• 買い占めや品切れ続出• 外出自粛• 経済活動の自粛• 解雇や失業• 収入の減少• 臨時休校• 休校に伴う授業の遅れ• 東京オリンピックの延期• 差別やヘイト などになります。 こうして見てみると、確かに「予防対策できた」「人為的災害」と言えるものも含まれているように思います。 「禍」を「渦」と書くこともある?「鍋」は間違い! 中には「コロナ禍」を「コロナ渦」と書いてある記事や情報発信も見受けられました。 「禍」と「渦」の違いです。 「しめすへん」か「さんずい」の違いで意味が違ってきます。 「渦」の場合も「か」とも読みますが、訓読みでは「うず」と読みます。 つまり、「コロナ渦」と表現している記事は「コロナウイルスの渦中にいる」と言いたいのかもしれませんが、そうなると新語や造語になってきますし、最初に誰かが間違えて発信した字が一部の人に浸透してしまった結果なのかもしれませんね。 デマも広がるスピードが恐ろしく速く、そして突き動かされる人も多かったのはコロナショックのトイレットペーパー買い占めで記憶に新しいところです。 「コロナ渦」の場合は、「まぁそういう造語もありかな?」とも思えますが、中には「コロナ鍋」と書いている人もいて、「さすがにそれは読み間違い&書き間違いでしょう」と思うわけです。 確かに「かねへん」の「鍋」も「か」という読み方をしますが、訓読みでは「なべ」です。 「コロナウイルスのお鍋」という意味は、もう日本語としても文章としても成立しませんし、明らかな間違いだと断言できます。 いや、私が知らないだけで、「コロナ鍋」に深い意味があるのかもしれませんが、その場合は後学のために教えて頂けたら幸いです。 最後に 今回は、「コロナ禍」の読み方と意味についてご紹介しました。 まとめると、• 読み方は「コロナか」• 意味は「コロナウイルスという防げたはずの人為的災害(わざわい)」• 「コロナ渦」という表現もあるが、正しいのかは不明• 「コロナ鍋」は明らかに間違い ということになります。 「コロナ禍」が気になっている人のご参考になれば幸いです。

次の

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ 禍 何 て 読む

最近「コロナ禍」っていうのを良く見かけるけど 「禍」って何て読むの?って思った方、 私以外にもいらっしゃるのではないでしょうか? この「禍」という字は「渦(うず)」と読んでしまいそうになりがちですが 実は(うず)ではないんですね。 「禍」は(か)と読みます。 「コロナ禍」は「コロナか」と読むんですね。 私、実はこの読み方全然知らなくて、 頭の中で 「何このコロナウズって!?」ってずっと思ってました(笑) 渦ってなんかコロナの「台風の目」的なやつなのかとかw 勝手に想像したりしてましたね。。。 で、来る日も来る日もヤフーニュースなどで目にするようになったため これは結局なんなんだ?とネットで「コロナ渦」と検索してみたんです。 すると?案の定と間違えやすいという記事が出てくる出てくる... やはり「ウズ」と読むのは間違いで(当然かw) 正しくは「コロナか」と読む、ということが分かったのでした。 それにしても、「禍」=「災難」なんて皆さん馴染みありましたか? 恥ずかしながら私は今回のコロナ騒動で初めてこの漢字を見ましたし、 そういった表現すら知りませんでした。 今回は色々と宜しくない状況ではありますが、 ちょっと勉強させてもらいました。 一日でも早い収束と経済の再興を願うばかりです!!! meigikanagata.

次の