生理 前 胸 が 張る 痛い。 胸が張るときは大きくなるチャンス!育乳に最適なタイミングとは?

まさか妊娠の可能性も!?生理前に胸が張る原因と解消法

生理 前 胸 が 張る 痛い

生理前に胸が張る原因 生理前になると胸が張るのは何故なのでしょうか。 胸が張る原因にはさまざまなものがありますが、大きな原因としては女性ホルモンの影響が考えられます。 女性ホルモンとは、女性の身体に生理を発生させるために必要なもので、身体にいろんな作用を生み出します。 また、女性ホルモンには種類がありそれぞれ役割が異なりますので詳しくご説明しておきましょう。 女性ホルモンの影響で 女性の身体に生理が発生するのは、女性ホルモンの働きが作用しているからです。 女性の身体にはさまざまな種類の女性ホルモンが働いていますが、生理を発生させるために関係しているものとしては、黄体ホルモンと卵胞ホルモンがあります。 黄体ホルモンは、排卵された卵子が育つ期間多く分泌され、生理が始まる頃に減少してきます。 卵胞ホルモンは、生理が終わってから卵子が排卵されるまでの期間に多く分泌され、排卵された後には徐々に減少してきます。 どちらのホルモンも、生理が始まるときには急激に減少し最小の分泌量となるのが特徴です。 生理前に分泌されているホルモンは 女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2種類がありますが、生理前に積極的に分泌されているのは黄体ホルモンです。 黄体ホルモンは、排卵された卵子が育つ期間多く分泌されるもので、生理前に近づくにつれてどんどん減少していきます。 そして、生理直前には最も少ない状態になるのが特徴です。 生理前に胸が張るのは、この時期に積極的に分泌されている黄体ホルモンの働きが、大きく影響していると言えるでしょう。 黄体ホルモンには、身体にさまざまな変化をもたらす作用があるため、そのひとつとして胸の張りが発生してしまうのです。 黄体ホルモンと胸の張りの関係 生理前の胸の張りは黄体ホルモンが影響していることが原因ですが、具体的に黄体ホルモンと胸の張りはどのように関係しているのでしょうか。 黄体ホルモンには、排卵された卵子を育てるために必要な準備を整える作用があるため、乳腺を活発に刺激する働きがあります。 黄体ホルモンの働きにより乳腺内の血管が拡張したり、乳腺組織が増えたりすることで、胸が張る感覚が発生するのです。 これは、赤ちゃんのために母乳を出しやすい状況に近づけるために起きるもので、卵子が受精しなかったり着床しなかったりした場合は生理が始まり、胸の張りも消失していきます。 生理前の胸の張り方 生理前に胸が張ると、乳がんなど病気の心配をする方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、生理前の胸の張り方について、さまざまな特徴を取り上げておきましょう。 まず、生理前の減少として胸の張りが起きている場合、両方の胸に同じような張りが発生します。 乳房全体に張りを感じることが多く、生理が始まることで胸の張りは消失していくことがほとんどです。 ただ、人によっては左右で胸の張り方に違いを感じたり、強い痛みを感じたりする場合もあります。 いつもとは違う胸の張りを感じて心配になったときは、一度婦人科で相談してみると良いでしょう。 心配な胸の張り方 生理前に胸が張る場合、左右同じような張り方で生理と共に消失すれば問題ないと考えて良いでしょう。 しかし、中には病気が関係している可能性がある胸の張り方もあります。 以下のような症状が出た場合は、一度婦人科に診察してもらうようにしましょう。 胸の張り方が左右均等ではなく、片方の胸だけが以上に張ったり痛かったりする場合。 胸に強い張りを感じ、高熱が出ている場合。 胸に大きなしこりがあり、触ると痛みを感じる場合。 生理が始まったり、生理が終わったりしても胸の張りが消失しない場合。 乳頭から、分泌液が出てきたり、血液のようなものが出てきたりした場合。 胸の張りが我慢できないほど辛い場合。 このような場合は、我慢せずにすぐに病院で診てもらうようにしましょう。 乳腺症の可能性 胸の痛みは生理前の女性ならある程度発生するものなので、毎月同じような痛みなら病気の可能性は少ないといえます。 しかし歩くだけで胸に響いて痛いとか、生理後も酷い痛みが続くような場合は乳腺症を疑って見ましょう。 乳腺症は乳腺に弾力性のある良性のしこりが胸に大小できる病気で、セルフチェックをして触ったしこりを乳がんだと勘違いしてしまう方も多いです。 しかし、乳腺症のしこりは乳がんのしこりと違って、生理周期にあわせて排卵後から生理直前までは大きくなり、生理後は小さくなるという特徴があります。 乳腺症は体の変化の一つと考えられているため、特に治療は行いませんが、乳がんやその他の病気を疑い精密検査と定期検診を行う必要があります。 胸の張りの予防策 生理前にいつも胸が張って不快な思いをしているという方は、事前に予防策を行っておきましょう。 胸の張りは、黄体ホルモンの働きから乳腺が刺激されることから発生します。 黄体ホルモンの分泌が多すぎたり、乳腺が詰まりやすくなったりしていると、胸の張りを強く感じてしまいますので、調整することが必要になります。 規則正しい生活習慣 胸の張りを予防するなら、まずは規則正しい生活習慣を心掛けるようにしましょう。 規則正しい生活習慣を心掛けることにより、ホルモンの分泌量が安定し過剰に多くなりすぎることを予防することができるからです。 睡眠やストレスなどを緩和するだけでも、ホルモンの分泌量を抑えることができるでしょう。 食生活で予防 生理前に起きる胸の張りは、食生活でも予防することができます。 規則正しい生活習慣の中に、バランスの良い食生活も追加しておけばより安心です。 黄体ホルモンの働きにより、乳腺が活発になって胸が張る現象が発生しますが、脂肪分の多い食事をとりすぎていると乳腺が詰まりやすくなり、胸が張る感覚がさらに強くなる可能性があります。 血液がドロドロの状態になると乳腺をスムーズに通過できなくなるため、血液をサラサラにさせる食物繊維やビタミン、ミネラルを積極的に摂るようにしてください。 脂っこい食事や、甘いスイーツを毎日のように食べているという方は、生理前の少しの期間だけでもいいので、ヘルシーな食生活を心掛け、血液をサラサラにして乳腺を必要以上に張らないようにしましょう。 カフェインに注意 生理前に胸が張るという方は、カフェインの摂取も控えた方が良いでしょう。 カフェインには、血管を拡張させる作用があるため、胸の張りがより強くなることがあるからです。 また、カフェインを過剰に摂取することで女性ホルモンの分泌量が変化し、胸が張りやすくなることもあります。 コーヒーや紅茶だけでなく、チョコレートや栄養ドリンクなどにもカフェインは含まれていますので、嗜好品としてちょっと取り入れる程度に抑えておきましょう。 張りを和らげるマッサージ 生理前に胸が張って辛いという方は、優しくマッサージするのもオススメです。 乳房を手で包むようにしたら、時計回し、反時計回しにゆっくりとマッサージしていきましょう。 優しくマッサージすることで、詰まりがちな乳腺や血流の流れを改善し、胸の張りや痛みを和らげることができます。 ただ、マッサージすることで痛みを感じたり、張りがさらに強くなったりした場合は中断するようにしてください。 また、強くマッサージすると血管を傷つけて逆効果になりますので、グリグリと強い力は入れないようにしましょう。 ストレスに注意 規則正しい生活をしていても、優しくマッサージしていても、ストレスが溜まり続けている状況だとホルモンの分泌量は乱れ、胸の張りが強くなることがあります。 ストレスを強く感じることが多いという方は、定期的に発散することを心掛けましょう。 軽く運動をして汗を流すのも良いですし、好きな香りでリラックスするのもオススメです。 また、お風呂のお湯にゆっくりつかることで身体の緊張がほどけ、気持ちも和らぎやすくなるので試してみてください。 ゆったりした服装を考える 生理前は体に水分を溜め込むため胸が大きくなりやすいのですが、通常の下着に大きくなった胸を押し込んでしまうと、余計に痛みが酷くなります。 胸の痛みがある時はブラジャーのホックを1・2個緩めてみましょう。 太ったわけではなく、生理後には元に戻るので心配しないでください。 また、オフの時にはスポーツブラやブラジャーの代わりにタンクトップを着るなど、胸を締め付けるようなものは避けましょう。 胸だけでなく、生理前はあちこち体調が悪くなるので、1サイズ上のトップスやウエストフリーのパンツなど、体が少しでもリラックスできるような服装にしてみては。 妊娠したときの胸の張り 生理前になると胸が張るという現象が起きますが、実は妊娠したときにも胸の張りが発生することがあります。 生理前の胸の張りと、妊娠による胸の張りを見極めるなら、胸が張っている時期に注目してみると良いでしょう。 通常の生理前の胸の張りは、生理予定日の2週間ほど前から発生することがほとんどです。 妊娠による胸の張りの場合、生理予定日を過ぎても胸の張りが継続する場合は、妊娠している可能性が高くなっていると言えるでしょう。 妊娠検査薬について 胸の張りが生理前によるものだと思っていたら、妊娠が原因だったということは良くあります。 しかし、生理予定日を過ぎてすぐに妊娠検査薬を試しても反応しないこともあるでしょう。 妊娠検査薬が反応するのは、生理予定日を過ぎてから10日ほど過ぎてからが良いとされています。 早く反応する妊娠検査薬もありますが、確実性を求めるなら、2週間ほど過ぎたころが良いでしょう。 できるだけ早く妊娠かどうか確かめたいという方は、基礎体温に注目してみてください。 排卵日から体温が高い状態が継続しているようなら、妊娠している可能性が極めた高いと言えるでしょう。 閉経前の胸の痛みや違和感 45歳ごろから55歳ごろまでを更年期と呼んでいて、女性ホルモンの急激な変化に伴う症状に悩まされる方が多いです。 これまで生理周期が一定で毎月生理があった方でも、この年齢になれば生理不順になってしまう事も珍しくありません。 更年期によってホルモン分泌に影響される月経前症候群の症状は悪化しやすく、胸の痛みもこれまでより酷くなってしまう可能性もあります。 実際、それまで無かった胸の痛みが更年期に入って急に出てくるようになったケースもあり、悩みが更に増えてしまった方もいらっしゃいます。 更年期によるホルモンバランスの崩れにはピルが効果的なので、あまりにも辛い場合には、病院でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。 痛みや張りを我慢しないこと 胸が張る原因は、生理前の黄体ホルモンや、生活習慣、食生活、ストレス、妊娠などさまざまなことから発生します。 しかし、原因不明でいつまでも胸が張る状態が続いていたり、いつもと違う胸の張りを感じたりしたときは、すぐに病院に相談するようにしましょう。 乳腺炎が発生していたり、思わぬ病気を発見したりする可能性があるからです。 たかが胸の張りと安易に軽視せず、違和感がある場合はすぐに対処することが大切です。 まとめ 生理前に胸が張る原因や予防方法、対策について幅広くご紹介しました。 胸が張る原因にはいろいろあるので、ひとつひとつチェックしながら胸の張りと向き合っていきましょう。 毎月訪れることだからこそ、予防策を行い適切に対処していくことが大切です。 生理前に訪れる胸の張りは、さまざまなケアで少しずつ和らげていきましょう。

次の

乳首が痛いのは生理前・妊娠初期どちらの症状?病気の場合も?原因と対処法

生理 前 胸 が 張る 痛い

生理前に胸が張る原因 生理前になると胸が張るのは何故なのでしょうか。 胸が張る原因にはさまざまなものがありますが、大きな原因としては女性ホルモンの影響が考えられます。 女性ホルモンとは、女性の身体に生理を発生させるために必要なもので、身体にいろんな作用を生み出します。 また、女性ホルモンには種類がありそれぞれ役割が異なりますので詳しくご説明しておきましょう。 女性ホルモンの影響で 女性の身体に生理が発生するのは、女性ホルモンの働きが作用しているからです。 女性の身体にはさまざまな種類の女性ホルモンが働いていますが、生理を発生させるために関係しているものとしては、黄体ホルモンと卵胞ホルモンがあります。 黄体ホルモンは、排卵された卵子が育つ期間多く分泌され、生理が始まる頃に減少してきます。 卵胞ホルモンは、生理が終わってから卵子が排卵されるまでの期間に多く分泌され、排卵された後には徐々に減少してきます。 どちらのホルモンも、生理が始まるときには急激に減少し最小の分泌量となるのが特徴です。 生理前に分泌されているホルモンは 女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2種類がありますが、生理前に積極的に分泌されているのは黄体ホルモンです。 黄体ホルモンは、排卵された卵子が育つ期間多く分泌されるもので、生理前に近づくにつれてどんどん減少していきます。 そして、生理直前には最も少ない状態になるのが特徴です。 生理前に胸が張るのは、この時期に積極的に分泌されている黄体ホルモンの働きが、大きく影響していると言えるでしょう。 黄体ホルモンには、身体にさまざまな変化をもたらす作用があるため、そのひとつとして胸の張りが発生してしまうのです。 黄体ホルモンと胸の張りの関係 生理前の胸の張りは黄体ホルモンが影響していることが原因ですが、具体的に黄体ホルモンと胸の張りはどのように関係しているのでしょうか。 黄体ホルモンには、排卵された卵子を育てるために必要な準備を整える作用があるため、乳腺を活発に刺激する働きがあります。 黄体ホルモンの働きにより乳腺内の血管が拡張したり、乳腺組織が増えたりすることで、胸が張る感覚が発生するのです。 これは、赤ちゃんのために母乳を出しやすい状況に近づけるために起きるもので、卵子が受精しなかったり着床しなかったりした場合は生理が始まり、胸の張りも消失していきます。 生理前の胸の張り方 生理前に胸が張ると、乳がんなど病気の心配をする方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、生理前の胸の張り方について、さまざまな特徴を取り上げておきましょう。 まず、生理前の減少として胸の張りが起きている場合、両方の胸に同じような張りが発生します。 乳房全体に張りを感じることが多く、生理が始まることで胸の張りは消失していくことがほとんどです。 ただ、人によっては左右で胸の張り方に違いを感じたり、強い痛みを感じたりする場合もあります。 いつもとは違う胸の張りを感じて心配になったときは、一度婦人科で相談してみると良いでしょう。 心配な胸の張り方 生理前に胸が張る場合、左右同じような張り方で生理と共に消失すれば問題ないと考えて良いでしょう。 しかし、中には病気が関係している可能性がある胸の張り方もあります。 以下のような症状が出た場合は、一度婦人科に診察してもらうようにしましょう。 胸の張り方が左右均等ではなく、片方の胸だけが以上に張ったり痛かったりする場合。 胸に強い張りを感じ、高熱が出ている場合。 胸に大きなしこりがあり、触ると痛みを感じる場合。 生理が始まったり、生理が終わったりしても胸の張りが消失しない場合。 乳頭から、分泌液が出てきたり、血液のようなものが出てきたりした場合。 胸の張りが我慢できないほど辛い場合。 このような場合は、我慢せずにすぐに病院で診てもらうようにしましょう。 乳腺症の可能性 胸の痛みは生理前の女性ならある程度発生するものなので、毎月同じような痛みなら病気の可能性は少ないといえます。 しかし歩くだけで胸に響いて痛いとか、生理後も酷い痛みが続くような場合は乳腺症を疑って見ましょう。 乳腺症は乳腺に弾力性のある良性のしこりが胸に大小できる病気で、セルフチェックをして触ったしこりを乳がんだと勘違いしてしまう方も多いです。 しかし、乳腺症のしこりは乳がんのしこりと違って、生理周期にあわせて排卵後から生理直前までは大きくなり、生理後は小さくなるという特徴があります。 乳腺症は体の変化の一つと考えられているため、特に治療は行いませんが、乳がんやその他の病気を疑い精密検査と定期検診を行う必要があります。 胸の張りの予防策 生理前にいつも胸が張って不快な思いをしているという方は、事前に予防策を行っておきましょう。 胸の張りは、黄体ホルモンの働きから乳腺が刺激されることから発生します。 黄体ホルモンの分泌が多すぎたり、乳腺が詰まりやすくなったりしていると、胸の張りを強く感じてしまいますので、調整することが必要になります。 規則正しい生活習慣 胸の張りを予防するなら、まずは規則正しい生活習慣を心掛けるようにしましょう。 規則正しい生活習慣を心掛けることにより、ホルモンの分泌量が安定し過剰に多くなりすぎることを予防することができるからです。 睡眠やストレスなどを緩和するだけでも、ホルモンの分泌量を抑えることができるでしょう。 食生活で予防 生理前に起きる胸の張りは、食生活でも予防することができます。 規則正しい生活習慣の中に、バランスの良い食生活も追加しておけばより安心です。 黄体ホルモンの働きにより、乳腺が活発になって胸が張る現象が発生しますが、脂肪分の多い食事をとりすぎていると乳腺が詰まりやすくなり、胸が張る感覚がさらに強くなる可能性があります。 血液がドロドロの状態になると乳腺をスムーズに通過できなくなるため、血液をサラサラにさせる食物繊維やビタミン、ミネラルを積極的に摂るようにしてください。 脂っこい食事や、甘いスイーツを毎日のように食べているという方は、生理前の少しの期間だけでもいいので、ヘルシーな食生活を心掛け、血液をサラサラにして乳腺を必要以上に張らないようにしましょう。 カフェインに注意 生理前に胸が張るという方は、カフェインの摂取も控えた方が良いでしょう。 カフェインには、血管を拡張させる作用があるため、胸の張りがより強くなることがあるからです。 また、カフェインを過剰に摂取することで女性ホルモンの分泌量が変化し、胸が張りやすくなることもあります。 コーヒーや紅茶だけでなく、チョコレートや栄養ドリンクなどにもカフェインは含まれていますので、嗜好品としてちょっと取り入れる程度に抑えておきましょう。 張りを和らげるマッサージ 生理前に胸が張って辛いという方は、優しくマッサージするのもオススメです。 乳房を手で包むようにしたら、時計回し、反時計回しにゆっくりとマッサージしていきましょう。 優しくマッサージすることで、詰まりがちな乳腺や血流の流れを改善し、胸の張りや痛みを和らげることができます。 ただ、マッサージすることで痛みを感じたり、張りがさらに強くなったりした場合は中断するようにしてください。 また、強くマッサージすると血管を傷つけて逆効果になりますので、グリグリと強い力は入れないようにしましょう。 ストレスに注意 規則正しい生活をしていても、優しくマッサージしていても、ストレスが溜まり続けている状況だとホルモンの分泌量は乱れ、胸の張りが強くなることがあります。 ストレスを強く感じることが多いという方は、定期的に発散することを心掛けましょう。 軽く運動をして汗を流すのも良いですし、好きな香りでリラックスするのもオススメです。 また、お風呂のお湯にゆっくりつかることで身体の緊張がほどけ、気持ちも和らぎやすくなるので試してみてください。 ゆったりした服装を考える 生理前は体に水分を溜め込むため胸が大きくなりやすいのですが、通常の下着に大きくなった胸を押し込んでしまうと、余計に痛みが酷くなります。 胸の痛みがある時はブラジャーのホックを1・2個緩めてみましょう。 太ったわけではなく、生理後には元に戻るので心配しないでください。 また、オフの時にはスポーツブラやブラジャーの代わりにタンクトップを着るなど、胸を締め付けるようなものは避けましょう。 胸だけでなく、生理前はあちこち体調が悪くなるので、1サイズ上のトップスやウエストフリーのパンツなど、体が少しでもリラックスできるような服装にしてみては。 妊娠したときの胸の張り 生理前になると胸が張るという現象が起きますが、実は妊娠したときにも胸の張りが発生することがあります。 生理前の胸の張りと、妊娠による胸の張りを見極めるなら、胸が張っている時期に注目してみると良いでしょう。 通常の生理前の胸の張りは、生理予定日の2週間ほど前から発生することがほとんどです。 妊娠による胸の張りの場合、生理予定日を過ぎても胸の張りが継続する場合は、妊娠している可能性が高くなっていると言えるでしょう。 妊娠検査薬について 胸の張りが生理前によるものだと思っていたら、妊娠が原因だったということは良くあります。 しかし、生理予定日を過ぎてすぐに妊娠検査薬を試しても反応しないこともあるでしょう。 妊娠検査薬が反応するのは、生理予定日を過ぎてから10日ほど過ぎてからが良いとされています。 早く反応する妊娠検査薬もありますが、確実性を求めるなら、2週間ほど過ぎたころが良いでしょう。 できるだけ早く妊娠かどうか確かめたいという方は、基礎体温に注目してみてください。 排卵日から体温が高い状態が継続しているようなら、妊娠している可能性が極めた高いと言えるでしょう。 閉経前の胸の痛みや違和感 45歳ごろから55歳ごろまでを更年期と呼んでいて、女性ホルモンの急激な変化に伴う症状に悩まされる方が多いです。 これまで生理周期が一定で毎月生理があった方でも、この年齢になれば生理不順になってしまう事も珍しくありません。 更年期によってホルモン分泌に影響される月経前症候群の症状は悪化しやすく、胸の痛みもこれまでより酷くなってしまう可能性もあります。 実際、それまで無かった胸の痛みが更年期に入って急に出てくるようになったケースもあり、悩みが更に増えてしまった方もいらっしゃいます。 更年期によるホルモンバランスの崩れにはピルが効果的なので、あまりにも辛い場合には、病院でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。 痛みや張りを我慢しないこと 胸が張る原因は、生理前の黄体ホルモンや、生活習慣、食生活、ストレス、妊娠などさまざまなことから発生します。 しかし、原因不明でいつまでも胸が張る状態が続いていたり、いつもと違う胸の張りを感じたりしたときは、すぐに病院に相談するようにしましょう。 乳腺炎が発生していたり、思わぬ病気を発見したりする可能性があるからです。 たかが胸の張りと安易に軽視せず、違和感がある場合はすぐに対処することが大切です。 まとめ 生理前に胸が張る原因や予防方法、対策について幅広くご紹介しました。 胸が張る原因にはいろいろあるので、ひとつひとつチェックしながら胸の張りと向き合っていきましょう。 毎月訪れることだからこそ、予防策を行い適切に対処していくことが大切です。 生理前に訪れる胸の張りは、さまざまなケアで少しずつ和らげていきましょう。

次の

生理前に胸が痛い・張る…!原因と対処法は?病気の可能性も?

生理 前 胸 が 張る 痛い

プロゲステロンは排卵後に爆発的に分泌量が増えるホルモンで、排卵した卵巣から子宮をきれいに保ち、体温を高めて受精卵が着床しやすい状態に整えて待つという働きがあります。 しかし、受精卵が来ないと認識した途端に子宮内をきれいに掃除し、古くなった細胞や子宮壁をさっと外に排出するという役割も持っているため、痛みや吐き気、熱っぽさなど不快な症状を起こしやすいホルモンでもあるのです。 このプロゲステロンは乳房に大きな影響力を持っており、分泌量が増えると女性体は乳腺を発達させ妊娠に備えよという司令を受け取ったような状態になるのです。 これが生理前の胸の張りとなって、多くの女性に違和感をもたらすのです。 生理が始まって数日でプロゲステロンの分泌量が減少しますので、これに伴い胸の違和感も軽減されます。 代謝が悪くなっていると胸の張りが起こりやすい 生理前になるとプロゲステロンの分泌量が増える、というのは女性共通の生理現象です。 にも関わらず、胸が張るという人と胸に違和感はない、という人に分かれるのはなぜなのでしょうか? 実はそれは「代謝能力」にも影響されると考えられています。 女性はもともと体内に水分や脂質を溜め込みやすく、筋力が細いために代謝も落ちやすいのですが、生理期になるとガクンとこの代謝能力が衰えます。 結果的に、もともと代謝能力が低い人は生理による代謝力低下が伴い、全身にむくみが起きやすくなります。 ただでさえ乳腺がプロゲステロンによって過剰に反応している上に、余分な水分まで乳房や背中付近に溜まったままになってしまうために通常より3〜5cmもサイズアップしてしまうという人も少なくはありません。 女性ホルモンが乳腺に働きかけた影響に加え、多くの女性を悩ますむくみが胸に現れやすくなることによって、代謝能力の低い女性は「胸が張る」という違和感を覚えやすくなるのです。 痛みが強い、続くという場合はPMSの症状であることも 胸の張りによって起こる痛みが強い、という場合、それは一種の疾病を疑って専門家に診察してもらうほうが良い場合もあります。 生理前の胸の張りに痛みを伴う場合、PMS(PremenstrualSyndrome)、いわゆる月経前症候群の症状である可能性もあるのです。 特にその薬剤を飲み始めたばかりの頃に起こるケースが多く、服用している状態に体が慣れる2〜3ヶ月継続して症状が出てくることがあります。 吐き気など他の症状が伴う場合には薬剤自体が体に合っていない可能性があるため、医師と相談するようにしてください。 胸の張りが辛い時にはどう対処すれば良いの? 生理前の胸の張りには様々な原因があります。 体の内側から起こっていることですので「自力で改善する」のは難しい場合が多いですが、緩和することは可能です。 どういった手段があるかをチェックしてみてください。 痛みがないのなら支えをしっかりと作って緩和する 胸の張りだけであれば、支えをきちんと作ることで重力による負担を減らし、ハリ感を緩和することが出来ます。 近年ではノンワイヤーのタイプやヨガブラなど、胸の可動域を制限しにくいタイプのものも多く販売されていて人気がありますが、生理前の胸の張りを緩和したいのであればワイヤー入りでフィット感のあるタイプのものをチョイスすると楽になることが多いようです。 スポーツブラなどは「横」の衝撃には強いですが、「縦」の重力には弱いですので胸の張り緩和の対策としては若干不向きです。 服装も「上から締め付ける」タイプのものではなく、胸周辺を圧迫しないような余裕のあるデザインにするのがおすすめ。 上から圧迫されてしまうと神経が敏感になるため、一層張りを強く感じてしまうことがあります。 イソフラボンやポリフェノールを多めに摂取する ホルモンバランスの乱れによって胸の張りや痛みは起こりやすいので、この乱れを最小限に抑えるのも効果があります。 よく耳にする「イソフラボン」ですが、エストロゲン様作用という女性ホルモンに似た働きをするために女性の体にとって良いものと言われています。 このイソフラボンを摂取することで乱れがちな女性ホルモンを整え、PMSや更年期、生理期の不調を整える効果があるとされています。 また、抗酸化成分であるポリフェノールも一緒に摂取しておきましょう。 体の酸化により痛みや不快感を強く感じるため、それを抑えておくことで胸周囲の違和感を抑制する効果にも期待が出来ます。 生理前1週間は塩分控えめにしてむくみ対策を 生理期にはむくみが起きやすいというのは先述した通りです。 このむくみを最小限に抑えることも、胸の張りや違和感を抑制することに繋がります。 先に述べたとおり、その痛みが別の病気のサインである可能性も否定は出来ませんし、疾病などではなかったとしても本来その痛みは体が「体調が不安定だから休んでほしい」というSOSを自分の体から脳に発しているもの。 痛み止めは「痛み」を「止め」るものですが、「治して」いるわけではないということを覚えておいて頂きたいと思います。 薬効が切れれば痛みは再び感じるようになりますし、ホルモンバランスが乱れているわけですから思ってもみないような副反応を覚える可能性も高くなります。 痛み止めを使いたくなるほど痛みがあるのであれば、一度は医師に相談をしてからにしましょう。 市販薬よりも安全で副反応の少ないタイプの痛み止めを処方してもらうこともできるので、自己判断での痛み止め服用は避けておいたほうが無難です。 女性なら胸の違和感には敏感になっておくべし 乳房は女性特有の疾病や影響に敏感な部位です。 ホルモンの影響も多大に受けますし、脳の影響も大きく現れるいわば「女性体の信号機」と言っても過言ではないでしょう。 その信号機に異常が生じるということは、体にとっては何らかの異変が起こっているということに間違いはありません。

次の